カテゴリ:空知地方( 46 )

宇宙軒/岩見沢市

2018年1月20日()



いや~食ネタとはまったく関係ないんですが、「Windows10」がクラッシュして、復旧するのに数日かかってしまいました。更に今まで貯めこんでいた食ネタの1/2を初期化によってロストしてしまうってゆーね…。まぁ、しょーがないっちゃしょーがないけど、みなさんバックアップはこま目にしましょうね(;ω;)


では気を取り直して…


c0378174_23082468.jpg
本日のディナーは岩見沢市の「6条エリア」にある【宇宙軒 本店】でした。初訪問になります。


店名は宇宙でも味は懐かしさのある正統派の【宇宙軒】。素材や麺へのこだわりが強く、市内でも屈指の人気を誇るラーメン店なんです(´ω`)


c0378174_23083936.jpg
正油ラーメン 750円。


c0378174_23084689.jpg
説明分にもかいてある通りスープはまさに正統派。特出した部分はないけれど安心安定の味。通常よりも加水率が多いという西山製麺の麺はつるっつるでぷりっぷり。熟成させすぎてないので、小麦の香りがたち、のびにくいのが特徴。道内産の豚を使用したこだわりのチャーシューは、見た目大きいけど薄ッ! シュージィ感はないけど、しっかりした旨みと絶妙な歯ごたえで満足。


c0378174_23085515.jpg
みそラーメン 750円。

もちろんこちらも正統派の北海道ラーメン。10時間以上煮込んでいるというスープは、しつこくすっきりとした味わい。ほんのりとした甘みと生姜の味がクセになる美味しいヤツです(´¬`)


c0378174_23090185.jpg
玉子かけご飯 250円。

通常のTKGに海苔、かつお節、青野菜がプラスされたもの。お店オリジナルの専用醤油をかけていただきます。これはウマイッ! けど、250円ってちょっと高いような?


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



宇宙軒 本店
●住所 北海道岩見沢市6条東13丁目1-5
●電話 0126-25-0969
●営業時間 11:00~20:00
●定休日 火曜・第三月曜
●駐車場 有り(9台)




[PR]
by mocohe23 | 2018-01-20 23:15 | 空知地方 | Comments(0)

Cafe Stoven/美唄市

2017年12月28日(木)



今回は知人のHe is Devilくんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


c0378174_18315302.jpg
この日のHe is Devilくんが向かったのは美唄市の「西5条エリア」にあるカフェ ストウブ。ブログで扱うのは5度目になります。

c0378174_18320070.jpg
「アスパラひつじ」で有名な西川農場が満を持してオープンさせた【カフェ ストウブ】は地元や近隣の農家さんから仕入れた小麦などを使い、石釜で焼いた焼き立てハード系パンの販売と、地元の食材や「アスパラひつじ」などを使った食事メニューを提供するベーカリーカフェ。また、近隣の地域で作られるワインなども取り揃えており、のどかな風景を眺めながら美味しいパンとワインを堪能するといった贅沢な時間を過ごせる今メディアで話題の人気カフェなんです(´ω`)


c0378174_18320850.jpg
c0378174_18321631.jpg
ローストポークとしいたけステーキのサンド(サラダつき) 900円。

ローストポークの上にしいたけを乗せ、全粒粉のパンで挟んだもの。ローストポークは自家製で非常にジューシィ。旨味の強いしいたけも絶妙な味加減でソテーされています。それを小麦の風味が舞い上がる焼き立てのパンでサンドしているわけだから美味しくないわけがない!(´¬`)


c0378174_18322223.jpg
ちなみに【カフェ ストウブ】で使用しているしいたけは、市内にある【小西ファーム】のもので、自分がよく使っているのもこのしいたけなんです(´ω`)


He is Devilくん貴重な食ネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m


※記事 モコ平



Cafe Stoven
●住所 北海道美唄市西5条北5丁目5-5
●電話 0126-35-4077
●営業時間 10:00~18:00
●定休日 水曜・木曜
●駐車場 有り




[PR]
by mocohe23 | 2018-01-15 18:45 | 空知地方 | Comments(0)

味の大王/美唄市

2017年12月22日(金)



今回は知人の三豆腐さんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


c0378174_21263194.jpg
この日の三豆腐さんが向かったのは美唄市の「茶志内エリア」にある【味の大王 美唄店】。


味の大王】といえばカレーラーメン発祥の店として知られる「元祖 カレーラーメン」の店として有名。カレーラーメン以外のメニューも豊富で、総じて完成度が高く、お昼時ともなれば広い店内が満席になることもしばしば。苫小牧市が誇る人気ラーメン店のひとつ。ちなみにフランチェイズ展開しているので、道内各地に店がある。


c0378174_21263857.jpg
カレーラーメン 700円。

以前ブログで紹介したことがある【味の大王 総本店】のカレーラーメンはスパイシーでとろみのあるスープが特徴の苫小牧系だったのですが、こちらの店主は元々室蘭市で【味の大王】をやっていたとのことなので、カレースープはサラサラの室蘭系。若干緑がかった黄色のスープはカレー風味がそんなに強くなくラーメンらしさの残るハイブリットなスープ。麺はプリプリでスープとの相性は◎ 具材のワカメは人によって意見が分かれそうだけど、三豆腐さん的にはアリとの事でした。

c0378174_21264424.jpg
よほど美味しかったのかカレースープを全部飲み干す三豆腐さん(´¬`) 初訪問にして再訪問は確定だそうです。


三豆腐さん貴重な食ネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m


※記事 モコ平



味の大王 美唄店
●住所 北海道美唄市茶志内町本町5 南茶志内神社横
●電話 0126-65-2290
●営業時間 11:00~15:00
●定休日 火曜
●駐車場 有り(南茶志内神社)




[PR]
by mocohe23 | 2018-01-11 18:00 | 空知地方 | Comments(2)

沖縄の唄と料理 島々清しゃ/岩見沢市

2017年8月10日(木)



c0378174_12500725.jpg
この日の夜は岩見沢市の【JR岩見沢駅】から徒歩1分の場所にある沖縄の唄と料理 島々清しゃ(かいしゃ)で飲み会でした。初訪問になります。


c0378174_12520197.jpg
c0378174_12521285.jpg
本格的な沖縄料理と島唄ライブが楽しめる【沖縄の唄と料理 島々清しゃ(かいしゃ)】。【石垣島】からり寄せる泡盛と食材に合わせて三線の演奏が聴ける北海道でも数を見ない八重山カラーのお店。沖縄県からのビッグアーティストのライブも年に何度かあるのも魅力の一つ。また、三線教室も定期的に開いている。


c0378174_12540056.jpg
オリオンドラフト 650円。
お通し ???円。

沖縄のビールといえばやっぱ「オリオンビール」ですよねぇ。爽快な飲みごたえとキレ味。若干お高いけど美味しいので気にしない(=ω=) お通しはエビとゴーヤーが乗った島豆腐とポテトサラダ。


c0378174_12542947.jpg
ゴーヤーチャンプル 780円。

塩、胡椒、醤油でシンプルに味付けされたゴーヤーチャンプル。ゴーヤーの苦味がアクセントになっててお酒が進みます。


c0378174_12545348.jpg
ラフティ 800円。

沖縄県】の郷土料理の1つ。豚の皮付きもも肉を泡盛や醤油で甘辛く煮込んだ料理。まぁ、角煮の沖縄バージョンってヤツですねぇ。これはウマイ(´¬`)


c0378174_12552218.jpg
島のソーセージ盛り 800円。

アグーチョリソー、島豚もずく、黒豚にんにくの3種盛り。アグーチョリソーは島とうがらし入りでピリ辛。島豚もずくは県産のもくずを練り込んだ珍しいソーセージ。黒豚にんにくはその名の通りニンニクが練り込まれたもの。どれもこれも普段こっちで食べるのとは一味違って美味しい。


c0378174_12554939.jpg
八重山そば 900円。

いわいる沖縄そば。沖縄県産かつお節と豚骨のだしが出たスープはあっさりしているのにコク深いクセになる美味しさ。【石垣島金城製麺所】直送の太目のストレート麺と非常に良く合います(´¬`)


c0378174_12555711.jpg
残波ホワイト(グラス) 550円。

せっかく沖縄料理のお店に来たので「泡盛」を注文してみることに。というワケでモンドセレクション6年連続金賞受賞した「残波ホワイト」という泡盛を飲んでみました。フルーティーな香りと爽快な飲み口、透明感のある癖のない澄み切った味わいで泡盛初心者の自分でも飲みやすい(=¬=) アルコール度数は25度。

全体的にちょっとお高めだけど、料理は美味しいので機会があれば再訪問してみたいお店でした。ちなみに店内全席禁煙です。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



沖縄の唄と料理 島々清しゃ(かいしゃ)
●住所 北海道岩見沢市1条西7丁目1番地
●電話 090-8292-1237
●営業時間 11:00~14:30 18:00~23:00
●定休日 不定休
●駐車場 無し




[PR]
by mocohe23 | 2017-12-30 18:00 | 空知地方 | Comments(4)

久矢食堂/美唄市

2017年8月4日(金)



c0378174_23434208.jpg
この日の夜は美唄市の【北海道美唄聖華高等学校】スグ近くにある【久矢食堂】で飲み会でした。ブログで扱うのは2度目ですが自分は初訪問になります。

c0378174_23435306.jpg
1977年にオープン、焼肉屋や食堂など店の業態を変えながらもつねに「美唄焼き鳥」を出し続けてきた【久矢食堂】。焼き鳥と焼肉が同時に味わえる市内でも珍しい形態のお店。数年前にご主人が亡くなり、現在はおかあさんが一人で店を切り盛りしているので完全不定休。開いてることのほうがレアな隠れた名店なんです(´ω`)


c0378174_23440615.jpg
瓶ビール ???円。
お通し ???円。

瓶ビールはサッポロ黒ラベル。お通しのもつ煮は歯ごたえと柔らかさのバランスがたまらない。味噌煮込みのお手本のような味で美味しい。


c0378174_23441497.jpg
もつ串 ???円。

基本的に親鳥を使用する「美唄焼き鳥」は、歯応えがあるのが特徴なんですが、この【久矢食堂】のもつ串は下ゆでの時間に工夫を凝らし、絶妙のタイミングで仕込みをしているので、次の日でも硬くならないのが特徴。こいつは硬くもなく柔らかすぎでもなく丁度良い歯ごたえでウマイ(´¬`) しっかし、メニュー表に瓶ビールともつ串の価格が表記されてないのはなんでだろう?w


c0378174_23442494.jpg
ホルモン(上) 450円。
ラムロース 450円。

ホルモンは毎日お母さんが丁寧に下処理をしているので臭みはほとんどなく食べやすい。噛めば噛むほど旨味が増す絶品(=¬=) 専用の付けだれで味付けされたラム肉。こちらもラム肉特有のクセは無く、非常に食べやすい。


c0378174_23443409.jpg
トリモモ(角切) 400円。

特製のネギ塩ダレに付け込まれた鶏もも肉。絶妙な味付けと丁度良い歯応え、ジューシィさが合わさっていて美味しい。


c0378174_23444213.jpg
焼き鳥と焼肉のハイブリッドは市内を探してもココだけなんです。もう遺産レベルですねぇ(´ω`)


c0378174_23445778.jpg
c0378174_23450566.jpg
そして看板猫(名前不明)の存在がお店の雰囲気をより一層和やかにしてくれます。店のドア(夏用で軽い)を前足で開けて勝手に出たり入ったりするのがまたたまらない(=ω=) 問答無用で再訪問確定!


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



久矢食堂
●住所 北海道美唄市東6条北1丁目3-17
●電話 0126-62-5386
●営業時間 16:30~21:00
●定休日 不定休
●駐車場 有り(10台)




[PR]
by mocohe23 | 2017-12-18 18:00 | 空知地方 | Comments(0)

海鮮酒場 仙道/岩見沢市

2017年9月17日()



c0378174_11214270.jpg
第35回 岩見沢ふるさと百餅祭り 2017 いわみざわ情熱フェスティバルで飲み食いしてきた後は、【JR岩見沢駅】から徒歩12分の場所にある【海鮮酒場 仙道】で飲み食い再開。初訪問になります。

新鮮な海産物を使って数々の海鮮料理を提供する事で人気の居酒屋【海鮮酒場 仙道】。焼酎220種、日本酒20種以上、梅酒、果実酒12種以上とお酒の種類も豊富。更に全室個室(掘りごたつ)なので、ゆっくり過ごせるのもポイントが高い(´ω`) ちなみに昼間はスープカレーの専門店【スープカリー 仙道 岩見沢店】として営業しています。本店は深川市にある【スープカリー せんどう&炭焼居酒屋 仙堂】。


c0378174_11215387.jpg
角ハイボール 450円。
お通し ???円。

角ハイボールは何杯でもイケちゃう美味しくて危険なヤツw お通しは豆腐の上に干し海老などがかかっているもの。


c0378174_11220153.jpg
おつまみキャベツ ???円。

今や居酒屋や焼肉屋の定番おつまみ。キャベツ、塩昆布、ゴマ油というシンプルな組み合わせだけど、美味しいんですよねぇ(´¬`)


c0378174_11223927.jpg
かに釜飯 1080円。

炊き立て熱々で一口たべると口の中に蟹の旨みとお米の甘みが広がります。


c0378174_11223259.jpg
ザンギ(若鶏唐揚げ) 550円。

海鮮居酒屋でももちろんザンギを扱っています。そのまま食べても美味しいけど、オニオンソースをかけると更に美味しさがUP!(´¬`)


c0378174_11224799.jpg
奈井江産 生しいたけ天ぷら 580円。

奈井江町の農家さんから直接仕入れているという生しいたけを使用した天ぷら。大きくてぷりっぷりのしいたけは食べ応えじゅうぶん。


c0378174_11230017.jpg
特製ラーメンサラダ 680円。

マグロ、ホタテ、タコなどが乗ったラーメンサラダ。オリジナルのゴマだれが良い感じ。


c0378174_11222460.jpg
あん肝おろしぽん酢 700円。

酒の肴の定番あん肝のおろしぽん酢。とはいっても数えるほどしか食べたことはないような気がする。 やっぱあん肝と言えば【美味しんぼ】を思い出すw(´д`)


c0378174_11221736.jpg
おにぎり(鮭) 220円。
おにぎり(梅) 220円。


c0378174_11220981.jpg
最上級 三陸産 金華鯖の〆さば 980円。

脂がのった高級ブランドの金華鯖をシェフこだわりの製造方で作った〆さばは上質な味わい。これはマジで美味しいヤツです(=¬=)


c0378174_11231409.jpg
イカゴロ味噌焼き 500円。

味噌とイカゴロを合わせたものを塗っていただくスタイル。イカの甘みと味噌の相性が抜群! 日本酒に合う一品かと。


上記の説明文にも書いてあるけど、全室個室なのが凄くありがたい。料理も美味しいし、お酒の種類も豊富だから使い勝手は良いです。これは間違いなく再訪問確定のお店(=ω=) 昼間営業の【スープカリー 仙道 岩見沢店】も何気に気になる。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



海鮮酒場 仙道
●住所 北海道岩見沢市3条東1丁目8-3
●電話 0126-25-1085
●営業時間 17:00~23:00(月~土) 17:00~22:00(日祝)
●定休日 不定休
●駐車場 有り




[PR]
by mocohe23 | 2017-12-17 18:00 | 空知地方 | Comments(0)

第35回 岩見沢ふるさと百餅祭り 2017 いわみざわ情熱フェスティバル/岩見沢市

2017年9月17日()



c0378174_19551455.jpg
この日は岩見沢市の【JR岩見沢駅】周辺で開催されていた【第35回 岩見沢ふるさと百餅祭り】と【2017 いわみざわ情熱フェスティバル】へ参加してきました。ブログにUPするのは2度目ですが、3度目の参加になります。

c0378174_19553102.jpg
岩見沢ふるさと百餅祭り】は岩見沢特産であるお米を使った岩見沢市最大のお祭り。五穀豊穣などを願い、直径2.1m、重さ約5tの世界最大の大臼で豪快に餅をつきは迫力満点。毎年人気の小学生以下を対象にした餅つき体験、各日のラストは長寿を祈念した餅まきも行われ、見物客に振る舞われる。また、飲食系の屋台やイベントも充実しているのはさすが市内最大のお祭りといったところ。


c0378174_19552372.jpg
いわみざわ情熱フェスティバル】は岩見沢の新鮮で安心・安全な農産物、自慢の特産品を販売。さらに地元企業製品の展示や、趣向を凝らしたイベントが盛りだくさん。地元食材をふんだんに使った飲食店が、食欲の秋を満喫させます。2016年からはじまったグルメ企画、空知管内の産炭地の名物料理を集めた「炭鉱グルメ」は今年も大人気。


c0378174_19561776.jpg
がんがん鍋 ???円。

赤平市ブースで購入したホルモン鍋。かつて炭鉱長屋の石炭ストーブで、豚のホルモンや豆腐・野菜などを入れて味噌ベースのスープで煮込んで食べていたもの。赤平市民にとっては昔懐かしいスタミナ料理。


c0378174_19562517.jpg
とろとろねぎみそなんこ串 250円。

三笠市の【ミカサノ食堂】ブースで購入した珍しいなんこを使用した串物。とろっとろに煮込まれたなんことオリジナルのねぎみそダレが良い感じ。これは美味しい。


c0378174_19555003.jpg
c0378174_19555758.jpg
夕張石炭くろラーメン 800円。

夕張市夕張らーめんブースで購入したラーメン。竹炭を練り込んで作ったというオリジナルの縮れ麺と、見た目は濃いけどあっさりしていてコクのある醤油ベースのスープの相性抜群ッ! 見た目も味もオリジナリティーに溢れてウマイ!(´¬`) ネタ系かと思ってたけど、これは完成度高いです。産炭地のイメージにピッタリだしねぇ。


c0378174_19563693.jpg
ガタタン ???円。

芦別市ブースで購入した芦別市民のソウルフードのひとつ。具だくさんで優しい味が特徴の中華スープ。


c0378174_19564779.jpg
元祖!味付ジンギスカン 500円。

岩見沢市】にある【焼肉 松龍】ブースで購入したジンギスカン。コレあれです。以前上砂川町で開催された【秋フェス!!!】に行ったトキに初めて食べてソッコーで虜になったヤツです。肉厚ジューシィで超美味しい(´¬`) そしていまだお店には行けてないってゆーね。

c0378174_19565688.jpg
ぎょうざ自分流 500円。

南幌町ブースで購入した餃子。先に言わせてもらいますがこれバカ旨です! めちゃめちゃウマイ!!(=¬=) 皮に南幌産大麦若葉の粉末を練り込み、具には南幌町特産品キャベツキムチを使用したピリ辛ヘルシー餃子。製造は【AUSグループ】で、【南幌町】の「ふるさと納税」にも出品しているようです。


「炭鉱グルメ」のメンツが去年とちょっと変わっていたり、産炭地ではない町のブースがあったりと新鮮で良い感じでした。これは来年にも期待してしまいますねぇ。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平




[PR]
by mocohe23 | 2017-12-16 18:00 | 空知地方 | Comments(0)

美唄長栄堂/美唄市

2017年12月8日(金)



c0378174_10402743.jpg
美唄市の中心部にある老舗菓子店【長栄堂】が閉店してから数ヵ月後、後継者が見つかり5月にリニューアルオープンした美唄長栄堂へ今更ながら行ってきました。新店になってからは初訪問になります。

c0378174_10403569.jpg
c0378174_10410171.jpg
1913年(大正2年)に創業した【長栄堂】は【美唄市】を代表する銘菓を作り続ける老舗の菓子店。発売から半世紀以上もの間、ベストセラーの座を守っている「べかんべ最中」や、2003年(平成15年)に天皇皇后両陛下が【美唄市】を訪れた際に献上された「くるみ餅」など人気商品が多数ある。跡継ぎ問題の関係で2017年2月28日、103年の歴史に幕を閉じた…。かと思われたのだが、創業者「長岡正次郎」さんのひ孫で、東京の有名店でパティシエ修行をしていた「市川琳那(りんな)」さんが【長栄堂】が後継者不在で閉店する事を知り、4代目を引き継ぐことを決意。店名を【美唄長栄堂】と改名し、2017年5月3日リニューアルオープンする事となった。現在は3代目の「長岡正勝」さんらに味の手ほどきを受け伝統の味を守りつつ、【美唄長栄堂】オリジナルスイーツの開発を目指し、日々研究を進めているんだとか。長年培った伝統の味と、若さ溢れる独創的な感性を併せ持つハイブリッドな4代目の誕生で、今後の躍進が気になるお店のひとつなんです(´ω`)


c0378174_10411187.jpg
サバランケーキ(バタークリーム) 330円。

道内でもあまり作ってるところがないという珍しいサバランケーキ(バタークリーム)をチョイス。【長栄堂】では昭和40年代から販売しているロングセラー商品なんだとか。イーストの発酵を利用して作る生地で製法はパンと同じだけどバター、卵、砂糖、牛乳を多く用い、ブランデーやブレンドした洋酒、シロップをたっぷり染み込ませるのが特徴の大人のケーキ。なので子供やお酒に弱い人、車を運転する人には不向きな商品だったり。味はというとパン生地の甘みと香りとふわふわ感を残しつつ、パン特有のしっとり感もある。噛むと程よい甘さと結構強めのアルコールがジュワっと出てくるのがスイーツ&アルコール好きにはたまらない一品(=¬=) ちなみに3代目時代はお盆や年末、気が向いたとき(?)などの期間限定商品だったのですが、4代目になってからはレギュラー商品に昇格、なので常時販売しています。


c0378174_10412559.jpg
パラソル並木 160円。

数十年前、【美唄市】の中心部を走る「国道12号線」沿いに植えられたパラソルアカシアの並木を記念して作られた【長栄堂】オリジナルのスイーツ。ブランデーやラム酒といった洋酒を使用しているスイーツで、レーズンが入ってるのが特徴。サバランケーキほどアルコール感としっとり感は強くなく、どちらかというとほわっとふんわり系。ティータイムに良く合います(´¬`) 諸事情によりいつまで提供できるかわからない商品とのことなのでお買い上げはお早めに。って店の回し者じゃないからねww


うーむ、新生【長栄堂】ってか【美唄長栄堂】さん。結構メディアなどに取り上げられてて今後の期待ホント大です! 意外だったのは先代の3代目も洋菓子専門の職人さんだったんですねぇ。店名や人気商品からして和菓子専門店かと思ってました(´д`;) なんにしても美味しいスイーツ店が復活してくれて嬉しいかぎり(=¬=)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



美唄長栄堂
●住所 北海道美唄市大通東1条南1丁目1-27
●電話 0126-63-2011
●営業時間 9:00~18:30
●定休日 火曜
●駐車場 無し




[PR]
by mocohe23 | 2017-12-14 18:00 | 空知地方 | Comments(0)

Cafe Stoven/美唄市

2017年12月10日()



c0378174_19193942.jpg
この日ランチは美唄市の「西5条エリア」にあるカフェ ストウブへと行ってきました。4度目の訪問になります。

c0378174_19202331.jpg
「アスパラひつじ」で有名な西川農場が満を持してオープンさせた【カフェ ストウブ】は地元や近隣の農家さんから仕入れた小麦などを使い、石釜で焼いた焼き立てハード系パンの販売と、地元の食材や「アスパラひつじ」などを使った食事メニューを提供するベーカリーカフェ。また、近隣の地域で作られるワインなども取り揃えており、のどかな風景を眺めながら美味しいパンとワインを堪能するといった贅沢な時間を過ごせる今メディアで話題の人気カフェなんです(´ω`)


c0378174_19203091.jpg
レバーケーゼのサンドイッチ 500円。

西川農場】のアスパラ羊を使用したレバーケーゼと、小麦の風味がふわりと香り立つ焼きたてパンのサンドイッチ。肉とレバーを蒸し焼きにしたレバーケーゼはスパイシーでコクがあり羊のクセは全く感じられない。レバーペーストとはまた違った味わいと食感でウマイ(´¬`) ちなみにコレはテイクアウト用のサンドイッチで、店内で食べれるランチ用のサンドイッチはレバーケーゼの他に半熟卵とチーズがサンドされている。

ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



Cafe Stoven
●住所 北海道美唄市西5条北5丁目5-5
●電話 0126-35-4077
●営業時間 10:00~18:00
●定休日 水曜・木曜
●駐車場 有り




[PR]
by mocohe23 | 2017-12-13 19:30 | 空知地方 | Comments(0)

長栄堂/美唄市

2017年2月28日(火)



c0378174_18350915.jpg
長年美唄市で愛され続けた老舗菓子店【長栄堂】がこの日で閉店との情報を得たので、急遽訪問してきました。もう何度も訪問してるけどブログで扱うのは2度目になります。


1913年(大正2年)に創業した【長栄堂】は【美唄市】を代表する銘菓を作り続ける老舗の菓子店。発売から半世紀以上もの間、ベストセラーの座を守っている「べかんべ最中」や、2003年(平成15年)に天皇皇后両陛下が【美唄市】を訪れた際に献上された「くるみ餅」など人気商品が多数ある。跡継ぎ問題の関係で2017年2月28日、103年の歴史に幕を閉じた。


c0378174_18351782.jpg
赤飯 0円。

最終営業日にお店側が今まで来店してくれた地域のお客様に感謝の気持ちをこめて無料で配布したお赤飯。赤色が薄く見た目はお上品。味も甘さ控え目で食べやすい。元々、注文が入ったときにだけ製造していた商品で知る人ぞ知る幻の一品。最期に食べる事ができて良かったぁ(=¬=)


c0378174_18352312.jpg
くるみ餅 129円。

献上銘菓のくるみ餅はカリっとした心地よい歯ごたえと共に、クルミの香ばしい味わいが広がる。うんまい!(´¬`)


最終営業日にお店側が今まで来店してくれた地域のお客様に感謝の気持ちをこめて無料で配布したお赤飯。赤色が薄く見た目はお上品。味も甘さ控え目で食べやすい。元々、注文が入ったときにだけ製造していた商品で知る人ぞ知る幻の一品。最期に食べる事ができて良かったぁ(=¬=)


お疲れ様でしたm(_ _ )m


※記事 モコ平



長栄堂閉店
●住所 北海道美唄市大通東1条南1丁目1-27
●電話 0126-63-2011
●営業時間 9:00~19:00
●定休日 無休
●駐車場 有り


※【長栄堂】が閉店してから数ヶ月後、新たな後継者が見つかり現在は【美唄長栄堂】として営業を再開しています。




[PR]
by mocohe23 | 2017-12-12 19:00 | 空知地方 | Comments(0)