<   2018年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧

大衆酒場 八重洲居酒場商店/札幌市 中央区

2017年11月11日()



c0378174_14505338.jpg
東区SAPPORO餃子製造所で軽く飲んできた後は、中央区の「チカホエリア」にある大衆酒場 八重洲居酒場商店 札幌北一条チカホ店へ行ってきました。初訪問になります。

c0378174_14510084.jpg
大衆酒場 八重洲居酒場商店】は【とりの介】や【山の猿】などを手掛ける株式会社アイックスの新事業で、2017年の7月に1号店である【大衆酒場 八重洲居酒場商店 札幌北一条チカホ店】がオープン。仕事帰りに一人でふらっと、週末には仲間ととことん、サラリーマンやOLさんを毎日暖かく迎える八重洲の雰囲気をコンセプトに札幌に誕生したお財布に優しい大衆酒場なんです(´ω`)


c0378174_14510863.jpg
ハイボール 190円。

本日2軒目もハイボールでスタート。しかもこの【八重洲居酒場商店】さんは居酒屋でありながらお通しや席料が一切かからないのが良いところ。更に毎日11時~17時までは「昼飲み」タイムになるらしく、ビールやサワー、ハイボールなどが100円引きなのも嬉しいポイント(=ω=)


c0378174_14511510.jpg
かしら(1本) 159円。

串焼きカテゴリーの中から店オススメの「かしら」をチョイス。香ばしい匂いに食欲を刺激され、ひと口噛むと広がる甘みと柔らかさに感動。


c0378174_14512283.jpg
カリカリチーズ 399円。

こちらもお店オススメの一品。チェダーチーズを春巻きの皮で巻き、高温の油で揚げたお酒のススムおつまみ(´¬`)


以前この場所には【本場タイ屋台メシ JIDAPA SPECIAL】という人気タイ料理のお店があったんですよねぇ。ある日タイ料理が食べたくなりここに来るといつの間にか【八重洲居酒場商店】になってたとゆう。そのときは別のお店に行ったけど、気になっていたのでこのとき訪問してみました。とにかく安いしナイスなお店で良かったです。再訪問決定(´ω`)

ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



大衆酒場 八重洲居酒場商店 札幌北一条チカホ店
●住所 北海道札幌市中央区北1条西4-2-2 ノースプラザビルB1F
●電話 011-205-0035
●営業時間 11:00~16:00(ランチ) 16:00~23:00(ディナー)
●定休日 不定休
●駐車場 無し




[PR]
by mocohe23 | 2018-01-22 18:00 | 札幌市 中央区 | Comments(0)

SAPPORO餃子製造所/札幌市 東区

2017年11月11日()



c0378174_15481301.jpg
この日の昼は札幌市東区の「環状通東エリア」にある【SAPPORO餃子製造所】で軽く飲んできました。初訪問になります。


c0378174_15483087.jpg
c0378174_15482011.jpg
大阪王将を運営する【イートアンド株式会社】が新事業【SAPPORO餃子製造所】を2016年の4月にオープン。【大阪王将】の餃子製造機能を有し、餃子専門店ならではのメニューを提供する。今ではメディアの取材も多い人気餃子店なんです(´ω`)


c0378174_15484048.jpg
ハイボール 400円。

とりあえずこの日の一杯目はハイボールで決まり。昼間から飲めるのは非常にありがたいですよねぇ(=ω=)


c0378174_15485039.jpg
バラ売り大粒餃子(1個) 200円。

SAPPORO餃子製造所】の看板商品。道内産小麦、キャベツを使用したジューシィな大粒の餃子。こだわりの鉄鍋でカリカリに焼き、噛めば溢れ出す肉汁と肉の旨み。そしてモチモチの皮との絶妙なバランス。どれを取ってもハイレベルでウマイ(´¬`)


c0378174_15485820.jpg
自家製たれザンギ(3個) 490円。

餃子と双璧をなすほどの人気商品がこのザンギ。何かの番組で言ってたけどカレー粉を隠し味に使用しているんだとか。なんにしても熱々ジューシィでこれまた美味しい。


c0378174_15490662.jpg
水餃子(5個) 490円。

焼き餃子とは真逆の存在。モッチモチなのは変わらないけど、それに加えプリップリなのがたまらない。たまには水餃子も良いものですねぇ。


c0378174_15491786.jpg
自家製キーマカレーまぜそば 820円。

自家製乱切り麺を使用しているという他にはないまぜそば。カレーが放つ絶妙な風味と、最後に付いてくる「追い飯」がたまらない(´¬`)


この場所は、かつて道内の無化調ラーメンブームの火付け役となった人気店【ラーメン 道】があった場所なんですよねぇ。いつの間にか【ラーメン 道】は閉店していて、この【SAPPORO餃子製造所】がオープンしていたというワケです。ランチやお持ち帰り餃子をやっているようなので、今度はそっち目的で利用したいとおもいます。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



SAPPORO餃子製造所
●住所 北海道札幌市東区北12条東13丁目2-31
●電話 050-5590-6782
●営業時間 11:00~22:00
●定休日 年末年始
●駐車場 有り(13台)




[PR]
by mocohe23 | 2018-01-21 18:00 | 札幌市 東区 | Comments(2)

宇宙軒/岩見沢市

2018年1月20日()



いや~食ネタとはまったく関係ないんですが、「Windows10」がクラッシュして、復旧するのに数日かかってしまいました。更に今まで貯めこんでいた食ネタの1/2を初期化によってロストしてしまうってゆーね…。まぁ、しょーがないっちゃしょーがないけど、みなさんバックアップはこま目にしましょうね(;ω;)


では気を取り直して…


c0378174_23082468.jpg
本日のディナーは岩見沢市の「6条エリア」にある【宇宙軒 本店】でした。初訪問になります。


店名は宇宙でも味は懐かしさのある正統派の【宇宙軒】。素材や麺へのこだわりが強く、市内でも屈指の人気を誇るラーメン店なんです(´ω`)


c0378174_23083936.jpg
正油ラーメン 750円。


c0378174_23084689.jpg
説明分にもかいてある通りスープはまさに正統派。特出した部分はないけれど安心安定の味。通常よりも加水率が多いという西山製麺の麺はつるっつるでぷりっぷり。熟成させすぎてないので、小麦の香りがたち、のびにくいのが特徴。道内産の豚を使用したこだわりのチャーシューは、見た目大きいけど薄ッ! シュージィ感はないけど、しっかりした旨みと絶妙な歯ごたえで満足。


c0378174_23085515.jpg
みそラーメン 750円。

もちろんこちらも正統派の北海道ラーメン。10時間以上煮込んでいるというスープは、しつこくすっきりとした味わい。ほんのりとした甘みと生姜の味がクセになる美味しいヤツです(´¬`)


c0378174_23090185.jpg
玉子かけご飯 250円。

通常のTKGに海苔、かつお節、青野菜がプラスされたもの。お店オリジナルの専用醤油をかけていただきます。これはウマイッ! けど、250円ってちょっと高いような?


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



宇宙軒 本店
●住所 北海道岩見沢市6条東13丁目1-5
●電話 0126-25-0969
●営業時間 11:00~20:00
●定休日 火曜・第三月曜
●駐車場 有り(9台)




[PR]
by mocohe23 | 2018-01-20 23:15 | 空知地方 | Comments(0)

Cafe Stoven/美唄市

2017年12月28日(木)



今回は知人のHe is Devilくんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


c0378174_18315302.jpg
この日のHe is Devilくんが向かったのは美唄市の「西5条エリア」にあるカフェ ストウブ。ブログで扱うのは5度目になります。

c0378174_18320070.jpg
「アスパラひつじ」で有名な西川農場が満を持してオープンさせた【カフェ ストウブ】は地元や近隣の農家さんから仕入れた小麦などを使い、石釜で焼いた焼き立てハード系パンの販売と、地元の食材や「アスパラひつじ」などを使った食事メニューを提供するベーカリーカフェ。また、近隣の地域で作られるワインなども取り揃えており、のどかな風景を眺めながら美味しいパンとワインを堪能するといった贅沢な時間を過ごせる今メディアで話題の人気カフェなんです(´ω`)


c0378174_18320850.jpg
c0378174_18321631.jpg
ローストポークとしいたけステーキのサンド(サラダつき) 900円。

ローストポークの上にしいたけを乗せ、全粒粉のパンで挟んだもの。ローストポークは自家製で非常にジューシィ。旨味の強いしいたけも絶妙な味加減でソテーされています。それを小麦の風味が舞い上がる焼き立てのパンでサンドしているわけだから美味しくないわけがない!(´¬`)


c0378174_18322223.jpg
ちなみに【カフェ ストウブ】で使用しているしいたけは、市内にある【小西ファーム】のもので、自分がよく使っているのもこのしいたけなんです(´ω`)


He is Devilくん貴重な食ネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m


※記事 モコ平



Cafe Stoven
●住所 北海道美唄市西5条北5丁目5-5
●電話 0126-35-4077
●営業時間 10:00~18:00
●定休日 水曜・木曜
●駐車場 有り




[PR]
by mocohe23 | 2018-01-15 18:45 | 空知地方 | Comments(0)

そば処 叶庵/札幌市 豊平区

2017年12月5日(火)



今回は知人のMEG BEAMさんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


c0378174_17385805.jpg
この日のMEG BEAMさんが向かったのは札幌市豊平区の「豊平6条エリア」にあるそば処 叶庵


1984年オープンの【そば処 叶庵】は、道内産のそば粉、数種類のカツオ、アルカリイオン水、富良野産地鶏など、素材にとことんこだわりを持つ手打ちそばのお店。週末にもなると待ち時間の発生する人気店なんです(´ω`) ちなみにほぼ全てのメニューはうどんにも変更可能。


c0378174_17390545.jpg
とりもつそば(田舎蕎麦) 1100円。

お店の看板メニューのひとつで、鶏のもつがたっぷり入ったおそば。通常は1000円なんですが、MEG BEAMさんはオプションの「田舎蕎麦」にチェンジしているので+100円、さらに2種類あるタイプのうち、温かい汁に冷たいおそばをつけて食べる「つけ麺タイプ」をチョイス。もつ独特の強い風味が手打ちそばの風味をかき消してしまうなんてことはなく、非常にバランスの取れた美味しいおそばだったんだとか(´¬`)


c0378174_17391276.jpg
天ざるそば 1550円。

田舎蕎麦も美味しいけど、更科系も美味しいのがこのお店。もちろん素材にこだわった揚げたての天ぷらもレベルが高く、少々お値段が高くても納得しちゃうレベルなんだとか。


うーむ、自分は全く知らないお店でしたが、これは1度訪問してみないとダメっぽいですねぇ。やはり1番人気のもつそばを食べてみたい(´ω`)


MEG BEAMさん貴重な食ネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m


※記事 モコ平



そば処 叶庵
●住所 北海道札幌市豊平区豊平6条10丁目3-3
●電話 011-831-7935
●営業時間 11:00~19:00
●定休日 日曜・祝日
●駐車場 有り(7台)




[PR]
by mocohe23 | 2018-01-14 18:00 | 札幌市 豊平区 | Comments(0)

さっぽろオータムフェスト2017/札幌市 中央区

2017年9月16日()



c0378174_23361385.jpg
この日は札幌市中央区の「大通公園」で毎年秋に開催される超人気イベントさっぽろオータムフェスト2017へ参加してきました。期間中2度目の参加になります。

さっぽろオータムフェスト】は、石狩川流域をはじめ北海道全域の農産物、海産物を集めて、生産者や料理人、醸造者などの作り手の顔が見えてくるぬくもりあふれる祭であり、その旨い食べ方を知っている市民、そして会場を訪れる人々がこの街の生活を祝う札幌を代表する秋の超絶大人気イベントなんです(´ω`)


c0378174_23363266.jpg
ふかがわシードル(200ml) 450円。

8丁目の「札幌大通ふるさと市場」会場にある深川市ブースで購入したりんごの果実酒。深川産のりんご100%使用しています。ほのかな甘さと口当たりの良いきめ細かな炭酸が生み出す自然のハーモニー(=¬=)


c0378174_23364986.jpg
たっぷり野菜と魚介類の黒米クリームリゾット 500円。

同じく【深川市】ブースで購入したリゾット。市内にある人気フレンチレストラン【レストラン 空音】考案・作成で、風味のよい黒米とふっくりんこを使ったリゾットは、エビやホタテの旨みたっぷりのクリーム味で美味しい。


c0378174_23370797.jpg
ジャンボやきとり 600円。

月形町ブースで購入した串焼き。ジャンボというか超ロングw 普通の焼き鳥の3.5本分ぐらいあり、これ1本で満足できちゃう(´¬`)


c0378174_23380600.jpg
新・別海バーガー 500円。

別海町ブースで購入したバーガー。あの「新・ご当地グルメグランプリ北海道」で殿堂入りを果たした「別海ジャンボホタテバーガー」の後継機として2016年に誕生。肉とホタテの卵巣の春巻き、オニオンスライスとレタス、マヨネーズベースの万能だれとタコス風のピリ辛トマトソースを袋状になっているピタパンにはさみこんだもの。味は間違いなく美味しいのですが、いかんせん具材は飛び出まくりで食べずらかった(´д`;)


c0378174_23370063.jpg
アスパラひつじソーセージ 600円。

我が街美唄市ブースで購入した「アスパラひつじ」の肉を使ったソーセージ。生産者曰く改良に改良を重ね、去年のより美味しくなってると。たしかに以前食べたものより旨みと香り、ジューシィさが格段にUPしていました(´¬`)


c0378174_23372908.jpg
豚串 150円。

上富良野町ブースで購入した串焼き。ブランド豚の「かみふらのポーク」を使用しているのでしまりのある優しい美味しさ。てか、味よりも上富良野従業員さんたちの呼び込みが物凄くてどーしてもそっちに気を取られちゃうww


c0378174_23373705.jpg
しんとく地鶏炭火焼き 600円。

新得町ブースで購入した地鶏の炭火焼き。ブランド鶏の「新得地鶏」を使用しているので筋肉質でシコシコ 、赤身が多く甘さが強い。炭焼きなのでとても香ばしく、ジュワーっと口いっぱいに広がる肉汁がたまらない一品(´¬`)


c0378174_23372234.jpg
むかわ和牛ハンバーガー 500円。

むかわ町ブースで購入したハンバーガー。本来は700円なんですが、購入した時間はタイムセール中で500円でした♪


c0378174_23375056.jpg
ブルーベリーのご褒美ヨーグルト 750円

10丁目の「Oh!ドーリファーム”お肉じゅっ丁目”」会場にある【Chaco NY】ブースで購入したスイーツ。ご褒美と書いてあるとおりブルーベリーの量がハンパなくヨーグルトが見えませんw ちょっとお値段お高めだけど、購入して正解! 8丁目会場で肉系ばっか食べていたので、口の中がすっきり爽やかめちゃ美味しい(=¬=)


c0378174_23375911.jpg
チミチャンガ 600円。

同じく10丁目の【ジェーンズフライドチキン】ブースで購入したチミジャンガ。聞きなれないチミジャンガとは、トルティーヤ生地に鶏肉やチーズ、サルサソースを巻いて揚げたメキシカンブリトーのこと。お店の店主が「美味しくなかったら返品していいよ!」と自信満々に進めるから購入して食べてみたけど、これがほんとマジで超絶品ッ!!(´¬`) さすがオススメしてくるだけあるわ~。てか、食べてから思い出したんですが【ジェーンズフライドチキン】って【さっぽろオータムフェスト2016】のトキに物凄く美味しいフライドチキンを出す店としてTVとかで紹介されていたんですよねぇ。催事系専門のお店なのかな?


c0378174_23374480.jpg
お花のクレープ 500円

同じく10丁目の【リトルダイニング】ブースで購入したお花の形をしたクレープ。見た目はこんな感じだけど、これは安心安定型のチョコバナナクレープなんです。


c0378174_23371407.jpg
正油ラーメン 600円。

7丁目の「大通公園7丁目屋台」に出店していた超人気ラーメン店いせのじょうで購入したラーメン。鶏と魚介系のスープはあっさりしていて毎日食べても飽きのこない優しい味。麺は中細でスープと良く合います。【いせのじょう】のラーメンは初体験だったんですが、これは本気でお店に行ってみたくなるレベルでした(=¬=)


ふぃ~今回は久しぶりにフードファイターモードが発動し、色々なものが食べれて満腹満足(=ω=) しかも、この日はいつもネタをくれるMEG BEAMさんと偶然バッテングしてるんですよねぇ。そのうちMEG BEAMさん側のネタもUPするんで乞うご期待♪


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平




[PR]
by mocohe23 | 2018-01-13 18:00 | 札幌市 中央区 | Comments(0)

煮干らぁめん なかじま/札幌市 北区

2017年12月4日(月)



c0378174_13055821.jpg
この日は札幌市【北区】の「北34条エリア」にある煮干らぁめん なかじまへ行ってきました。2度目の訪問となりますが、ブログで扱うのは初になります。


2010年7月オープンの【煮干らぁめん なかじま】は、その名の通り「煮干スープ100%」のラーメン店。今でこそ市内で煮干系のラーメンを出す店が増えたけど、札幌煮干系ラーメンブームの火付け役といえばこの【煮干らぁめん なかじま】。パイオニア的存在であり、ラーメン激戦区札幌でも常にランキング上位という超人気店なんです。そして「ミシュラン ビブグルマン店」でもあります(´ω`) ちなみに12歳以下のお子様は入店禁止という他ではあまり聞かないルールがある。


c0378174_13060708.jpg
醤油らぁめん 680円。

お店No.1人気メニューの醤油ラーメンをチョイス。煮干100%のスープですが、臭みやエグみはもちろんあるはずもなく、程よい煮干の旨味と香り、優しくアッサリした味なのでいくらでも飲めてしまいます。平打ち麺との相性が良く総じてウマイッ!(´¬`)


c0378174_13061555.jpg
そしてこれがTV番組ハナタレナックスの人気コーナー「KING OF RAMEN 北区編」で優勝した証。てか、賞状がやたら高い場所に貼ってあったなぁww


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



煮干らぁめん なかじま
●住所 北海道札幌市北区北35条西4-1-1 サトービル1F
●電話 非設置
●営業時間 11:00~14:30(営業時間内に完売した場合早仕舞い有り)
●定休日 木曜・金曜(その他臨時休業有り)
●駐車場 有り(3台)




[PR]
by mocohe23 | 2018-01-12 18:00 | 札幌市 北区 | Comments(0)

味の大王/美唄市

2017年12月22日(金)



今回は知人の三豆腐さんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


c0378174_21263194.jpg
この日の三豆腐さんが向かったのは美唄市の「茶志内エリア」にある【味の大王 美唄店】。


味の大王】といえばカレーラーメン発祥の店として知られる「元祖 カレーラーメン」の店として有名。カレーラーメン以外のメニューも豊富で、総じて完成度が高く、お昼時ともなれば広い店内が満席になることもしばしば。苫小牧市が誇る人気ラーメン店のひとつ。ちなみにフランチェイズ展開しているので、道内各地に店がある。


c0378174_21263857.jpg
カレーラーメン 700円。

以前ブログで紹介したことがある【味の大王 総本店】のカレーラーメンはスパイシーでとろみのあるスープが特徴の苫小牧系だったのですが、こちらの店主は元々室蘭市で【味の大王】をやっていたとのことなので、カレースープはサラサラの室蘭系。若干緑がかった黄色のスープはカレー風味がそんなに強くなくラーメンらしさの残るハイブリットなスープ。麺はプリプリでスープとの相性は◎ 具材のワカメは人によって意見が分かれそうだけど、三豆腐さん的にはアリとの事でした。

c0378174_21264424.jpg
よほど美味しかったのかカレースープを全部飲み干す三豆腐さん(´¬`) 初訪問にして再訪問は確定だそうです。


三豆腐さん貴重な食ネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m


※記事 モコ平



味の大王 美唄店
●住所 北海道美唄市茶志内町本町5 南茶志内神社横
●電話 0126-65-2290
●営業時間 11:00~15:00
●定休日 火曜
●駐車場 有り(南茶志内神社)




[PR]
by mocohe23 | 2018-01-11 18:00 | 空知地方 | Comments(2)

レストラン 四季の惠/富良野市

2017年8月19日()



c0378174_12133414.jpg
上富良野町かんのファームで綺麗な花々を見てきた後は、富良野市の「新富町エリア」にあるレストラン 四季の惠 富良野店へ行ってきました。初訪問になります。

c0378174_12134213.jpg
レストラン 四季の惠 富良野店】は富良野で唯一のファミリーレストラン。富良野の中心に位置する便利な立地で明るい店内は140席と広々とした空間。地元民と観光客が集うコミュニティースペースとしても親しまれている。料理は和食をはじめ、洋食やデザート、子供からご年配のお客様まで幅広い年齢層に対応。 地元住民に愛されている地域密着型レストランなんです(´ω`)


c0378174_12134985.jpg
ハンバーグ&エッグ 980円。

豚と牛の合い挽き肉で作られたハンバーグはジューシィで昔懐かし系の味。特製のデミソースもよくある味で安心安定系(´¬`) ライス付き。


c0378174_12135718.jpg
エビドリア 1080円。

トマトベースの手作りライスにホワイトソース&チーズがたっぷりとかかった濃厚なドリア。こちらも突出したところはなく安心安定系の味。


うーむ、ファミレスにしては価格設定が高いような気がしないでもないかなぁ(´Д`;)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



レストラン 四季の惠 富良野店
●住所 北海道富良野市新富町2-5 エーコープフォーレスト店2F
●電話 0167-22-1755
●営業時間 11:00~20:00
●定休日 無休
●駐車場 有り(エーコープフォーレスト店)




[PR]
by mocohe23 | 2018-01-10 18:00 | 上川地方 | Comments(2)

かんのファーム/上富良野町

2017年8月19日()



c0378174_22045872.jpg
けむり屋(ソーセージ工場&直売所)で2種類のソーセージをGETとしてきた後は、同じく上富良野町にあるかんのファームへ行ってきました。初訪問になります。

かんのファーム】は「国道237号線」沿いの【上富良野町】と美瑛町の境界にある丘の農園。ラベンダーの他、数10種類の花々を栽培。入場無料で誰にでも気軽に散策できる【上富良野町】の人気観光スポットのひとつ。園内にある売店【きん・こん・かんの】では、ラベンダーグッズやクラフト作品を販売。農園で収穫したじゃがいも、とうもろこしなど、季節の味覚も楽しめるんです(´ω`)


c0378174_22052866.jpg
c0378174_22051787.jpg
c0378174_22050803.jpg
c0378174_22053713.jpg
自分が訪れたとき、あるカップルがウエディングドレスとタキシードに身を包み、広大な丘に広がる花畑をバックに動画や写真の撮影をしていました。アレってあのカップルの結婚式で上映するヤツなんでしょうねぇ。なんだか微笑ましくなりました(=ω=) 砂埃舞う砂利道でドレスの裾をズルズル引きずってたのが少し気になったけどw まぁ、なんにしても絶景で素敵なところでした♪


ごちそうさま(いろんな意味で)m(_ _ )m


※記事 モコ平



かんのファーム
●住所 北海道空知郡上富良野町西12線北36号 美馬牛峠
●電話 0167-45-9528
●営業時間 9:00~18:00(6月中旬~10月中旬)
●定休日 期間中は無休
●駐車場 有り(約50台)




[PR]
by mocohe23 | 2018-01-09 18:00 | 上川地方 | Comments(2)