タグ:ラーメン ( 14 ) タグの人気記事

宇宙軒/岩見沢市

2018年1月20日()



いや~食ネタとはまったく関係ないんですが、「Windows10」がクラッシュして、復旧するのに数日かかってしまいました。更に今まで貯めこんでいた食ネタの1/2を初期化によってロストしてしまうってゆーね…。まぁ、しょーがないっちゃしょーがないけど、みなさんバックアップはこま目にしましょうね(;ω;)


では気を取り直して…


c0378174_23082468.jpg
本日のディナーは岩見沢市の「6条エリア」にある【宇宙軒 本店】でした。初訪問になります。


店名は宇宙でも味は懐かしさのある正統派の【宇宙軒】。素材や麺へのこだわりが強く、市内でも屈指の人気を誇るラーメン店なんです(´ω`)


c0378174_23083936.jpg
正油ラーメン 750円。


c0378174_23084689.jpg
説明分にもかいてある通りスープはまさに正統派。特出した部分はないけれど安心安定の味。通常よりも加水率が多いという西山製麺の麺はつるっつるでぷりっぷり。熟成させすぎてないので、小麦の香りがたち、のびにくいのが特徴。道内産の豚を使用したこだわりのチャーシューは、見た目大きいけど薄ッ! シュージィ感はないけど、しっかりした旨みと絶妙な歯ごたえで満足。


c0378174_23085515.jpg
みそラーメン 750円。

もちろんこちらも正統派の北海道ラーメン。10時間以上煮込んでいるというスープは、しつこくすっきりとした味わい。ほんのりとした甘みと生姜の味がクセになる美味しいヤツです(´¬`)


c0378174_23090185.jpg
玉子かけご飯 250円。

通常のTKGに海苔、かつお節、青野菜がプラスされたもの。お店オリジナルの専用醤油をかけていただきます。これはウマイッ! けど、250円ってちょっと高いような?


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



宇宙軒 本店
●住所 北海道岩見沢市6条東13丁目1-5
●電話 0126-25-0969
●営業時間 11:00~20:00
●定休日 火曜・第三月曜
●駐車場 有り(9台)




[PR]
by mocohe23 | 2018-01-20 23:15 | 空知地方 | Comments(0)

煮干らぁめん なかじま/札幌市 北区

2017年12月4日(月)



c0378174_13055821.jpg
この日は札幌市【北区】の「北34条エリア」にある煮干らぁめん なかじまへ行ってきました。2度目の訪問となりますが、ブログで扱うのは初になります。


2010年7月オープンの【煮干らぁめん なかじま】は、その名の通り「煮干スープ100%」のラーメン店。今でこそ市内で煮干系のラーメンを出す店が増えたけど、札幌煮干系ラーメンブームの火付け役といえばこの【煮干らぁめん なかじま】。パイオニア的存在であり、ラーメン激戦区札幌でも常にランキング上位という超人気店なんです。そして「ミシュラン ビブグルマン店」でもあります(´ω`) ちなみに12歳以下のお子様は入店禁止という他ではあまり聞かないルールがある。


c0378174_13060708.jpg
醤油らぁめん 680円。

お店No.1人気メニューの醤油ラーメンをチョイス。煮干100%のスープですが、臭みやエグみはもちろんあるはずもなく、程よい煮干の旨味と香り、優しくアッサリした味なのでいくらでも飲めてしまいます。平打ち麺との相性が良く総じてウマイッ!(´¬`)


c0378174_13061555.jpg
そしてこれがTV番組ハナタレナックスの人気コーナー「KING OF RAMEN 北区編」で優勝した証。てか、賞状がやたら高い場所に貼ってあったなぁww


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



煮干らぁめん なかじま
●住所 北海道札幌市北区北35条西4-1-1 サトービル1F
●電話 非設置
●営業時間 11:00~14:30(営業時間内に完売した場合早仕舞い有り)
●定休日 木曜・金曜(その他臨時休業有り)
●駐車場 有り(3台)




[PR]
by mocohe23 | 2018-01-12 18:00 | 札幌市 北区 | Comments(0)

味の大王/美唄市

2017年12月22日(金)



今回は知人の三豆腐さんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


c0378174_21263194.jpg
この日の三豆腐さんが向かったのは美唄市の「茶志内エリア」にある【味の大王 美唄店】。


味の大王】といえばカレーラーメン発祥の店として知られる「元祖 カレーラーメン」の店として有名。カレーラーメン以外のメニューも豊富で、総じて完成度が高く、お昼時ともなれば広い店内が満席になることもしばしば。苫小牧市が誇る人気ラーメン店のひとつ。ちなみにフランチェイズ展開しているので、道内各地に店がある。


c0378174_21263857.jpg
カレーラーメン 700円。

以前ブログで紹介したことがある【味の大王 総本店】のカレーラーメンはスパイシーでとろみのあるスープが特徴の苫小牧系だったのですが、こちらの店主は元々室蘭市で【味の大王】をやっていたとのことなので、カレースープはサラサラの室蘭系。若干緑がかった黄色のスープはカレー風味がそんなに強くなくラーメンらしさの残るハイブリットなスープ。麺はプリプリでスープとの相性は◎ 具材のワカメは人によって意見が分かれそうだけど、三豆腐さん的にはアリとの事でした。

c0378174_21264424.jpg
よほど美味しかったのかカレースープを全部飲み干す三豆腐さん(´¬`) 初訪問にして再訪問は確定だそうです。


三豆腐さん貴重な食ネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m


※記事 モコ平



味の大王 美唄店
●住所 北海道美唄市茶志内町本町5 南茶志内神社横
●電話 0126-65-2290
●営業時間 11:00~15:00
●定休日 火曜
●駐車場 有り(南茶志内神社)




[PR]
by mocohe23 | 2018-01-11 18:00 | 空知地方 | Comments(2)

らぁめん銀波露/江別市

2017年7月19日(水)



c0378174_20120478.jpg
清田区スターバックスコーヒー 札幌北野店でまったりとした時を過ごした後は江別市の「大麻エリア」にあるらぁめん銀波露 江別本店で晩御飯タイムでした。他店舗は何度も行った事がありますが、本店は初訪問になります。


2001年12月オープンの【らぁめん銀波露】は今月で16周年を迎える。オープン当初から評価が高く、長年通い続けている根強いファンも多い人気ラーメン店。ラーメンが美味しいのはもちろんだが、木をふんだんに使用したモダンな雰囲気の店内も◎ 週末は駐車場に警備員がでるぐらい混雑する場合もある超人気店なんです(´ω`)


c0378174_20121334.jpg
ぱいくぅ丼とらぁめんのセット(香ばし塩) 980円。

選べるラーメンは「香ばし塩」をチョイス。厳選された塩と【銀波露】自慢の旨みが凝縮されたスープは絶妙なハーモニー。こだわりの細縮れ麺が良く絡んでウマイ!(´¬`) 特選上質豚バラ肉を特製だれに絡ませサッと揚げたものをご飯に乗せた「ぱいくぅ丼」も箸が止まらなくなる美味しさ。


c0378174_20122108.jpg
のりたまらぁ麺 880円。

チャーシューの旨みがたっぷりの醤油だれと豚げんこつをじっくり煮込んで出来たスープに、香ばしさを加わえた【銀波露】を代表するラーメンに、とろーり半熟玉子と焼き海苔をトッピングした一杯。


たまに食べたくなる【銀波露】のラーメン。やっぱ何度食べても美味しいんですよねぇ(=ω=) 次はいつ訪問できるかな?


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



らぁめん銀波露 江別本店
●住所 北海道江別市大麻ひかり町45-10
●電話 050-5593-7828
●営業時間 11:00~22:00
●定休日 無休
●駐車場 有り(約20台)




[PR]
by mocohe23 | 2017-12-28 18:00 | 石狩地方 | Comments(0)

食事処 しらかば茶屋/美唄市

2017年12月9日()



c0378174_21103369.jpg
この日のランチは美唄市の「茶志内エリア」にある食事処 しらかば茶屋。2度目の訪問になります。

c0378174_21105872.jpg
1970年、市内でも先駆けて「とりめし」をメニューに載せた飲食店として誕生した【食事処 しらかば茶屋】。【美唄市】のソウルフードのひとつであるとりめしの元祖がこの【しらかば茶屋】なんです。また、ラーメンの完成度も非常に高く、とりめしと人気を二分するほど。この2枚看板メニューを求め道内各地からファンが集う人気店なんです(´ω`)


c0378174_21104119.jpg
ラーメン(塩)+とりめし 900円。

看板メニューのとりめしとラーメンのセット。自慢のとりめしは鶏ガラと野菜を7時間じっくり煮込んで取ったスープで炊いたもの。他店のとりめしでは使わないタマネギを使用しているので、ほんのり甘味があるのが特徴。透き通ったスープの鶏ガララーメンは非常にあっさりとした優しい味。塩ラーメンは3種の中でも1番人気。


c0378174_21105059.jpg
ラーメン(醤油)+とりめし 900円。

醤油ラーメンもまた透明度が高く非常にあっさりとした味。スープを飲み干しちゃう系でウマイ(´¬`)


今回2年ぶり2度目の訪問となったワケですが、【しらかば茶屋】は市街地から遠く隣町との境目にあるのでなかなかランチに行く機会がなかったんですよねぇ。以前は街中でとりめしの販売をやっていたけど、今はもうしてないし。遠くてもたまにはこないとなぁ(=ω=)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



食事処 しらかば茶屋
●住所 北海道美唄市茶志内3区
●電話 0126-65-2768
●営業時間 11:00~20:00 11:00~19:00(冬季)
●定休日 第1・3・5火曜
●駐車場 有り




[PR]
by mocohe23 | 2017-12-11 21:30 | 空知地方 | Comments(2)

​麻 SHIBIRE/札幌市 中央区

2017年8月24日(木)



c0378174_19241351.jpg
この日のランチは札幌市中央区の「駅前通りエリア」、sitattesapporoの地下1階にある麻 SHIBIREでした。初訪問になります。


東京神楽坂の四川料理店【芝蘭 チーラン】が人気の担々麺と麻婆豆腐に特化させた店【麻 SHIBIRE】を2017年3月【sitattesapporo】地下1階にオープン。道内初出店の店舗となる。店名にある通り山椒の「しびれ」と「からさ」がウリで中毒性が高く、オープン間もないが既にしびれマニアたちから高い支持を得ているんです(´ω`)


c0378174_19242052.jpg
汁なし担々麺 800円。

見た感じ彩り鮮やか。特にラー油の赤色が辛いもの好きの食欲をそそるんですよねぇ。下のほうからゆっくりとかき混ぜタレと麺を絡ませていただきます。およそ15種類の香辛料で作った自家製ラー油のタレは唐辛子の辛味とピリピリする山椒の痺れがじわっとくる複雑で奥深くそれでいてマイルドな味。タレとよく絡むように作られた無かんすい麺は程よい歯ごたえとモチモチした食感が特徴。これはウマイ!(´¬`) 口直しの冷凍ライチも良い感じ。卓調の青山椒と赤山椒をかけると香りと風味がUPしますが、シビレ度もUPするのでかけすぎ注意です。


c0378174_19242634.jpg
さっぱり鶏塩そば 900円。

打って変わって透明感がありシンプルなルックスの鶏塩そばは味もシンプル。優しい味と言ってしまえばそれまでなのかもだけど、もうひとつ何か特徴が欲しかったかなぁ。まぁ、普通に美味しいんですけどね。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



●​麻 SHIBIRE
●住所 北海道札幌市中央区北2条西3丁目 sitattesapporo B1
●電話 011-213-1485
●営業時間 11:00~22:00
●定休日 無休
●駐車場 無し




[PR]
by mocohe23 | 2017-12-06 19:30 | 札幌市 中央区 | Comments(2)

らーめん山家/滝川市

2017年11月23日()



c0378174_18471358.jpg
この日の夜は滝川市の「本町エリア」にある【らーめん山家 滝川本店】でした。初訪問になります。


c0378174_18472048.jpg
らーめん山家】は滝川本店がお母さん、旭川店がお父さん、札幌店が息子さんと親子それぞれ別地区を担当する家族経営のラーメン屋さん。5日間手間暇かけて作る秘伝のスープがウリで、市内の住民だけではなく遠方からもこの味を求めて来店するお客さんの多い「空知管内」でも屈指の人気店なんです(´ω`) ちなみに三元豚使用の豚丼も必食の一品。


c0378174_18474748.jpg
とんこつ醤油 750円。

豚骨と鶏ガラを丁寧に下処理をして3日間かけて煮込んだ後、2晩寝かせてようやく完成するというオリジナルスープが、喉ごしが良くコシのある中細のストレート麺との相性がバツグンでクセになる美味しさ。わざわざ、遠方から通う人がいるってのも頷けます。柔らか過ぎず丁度良い食感チャーシューと、甘みのあるざく切りネギも◎ トンコツ臭と脂分が非常に強いので苦手な人はダメだろうけど、自分はハマる勢いでしたねぇ(´¬`)


c0378174_18475779.jpg
醤油 700円。

こちらも手間暇かけてしっかりと作ってるスープが印象的で、旨みが凝縮された一杯でした。麺とチャーシューがお気に入り(=ω=)


札幌市にある自分の実家からわりと近い場所に【山家 札幌店】があるんですが、未訪問だったんですよねぇ。まぁ、どうせ行くなら本店って事で今回【山家 滝川本店】に訪問してみました。前情報もなく、何系ラーメンの店か全く知らないでの突撃訪問だったワケなんですが店内に入ってビックリ! もうね、トンコツ臭がハンパないですw 好きな人はとことん好きだろうけど、苦手な人はダメってヤツですねぇ。自分はトンコツ態勢がそれなりに高いので特に問題なかったけど、同行者がノックアウト寸前までイッてました(´д`;) 後半から臭いに慣れたらしく美味しくラーメン食べてたけどww


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



らーめん山家 滝川本店
●住所 北海道滝川市本町2丁目1-28
●電話 0125-24-0207
●営業時間 11:30~20:00(通常) 16:00~17:00(休みの場合あり) 11:30~14:00(12月31日)
●定休日 月曜、元旦
●駐車場 有り(4台)




[PR]
by mocohe23 | 2017-11-28 18:00 | 空知地方 | Comments(2)

元祖室蘭ら~めん 清洋軒/室蘭市

2017年10月25日(水)



今回は知人のカトリイヌさんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


c0378174_18300247.jpg
この日のカトリイヌさんが向かったのは室蘭市の「舟見町エリア」にある【元祖室蘭ら~めん 清洋軒】。初訪問だったようです。


c0378174_18301082.jpg
昭和10年創業(オープン当初は移動式の屋台)の【元祖室蘭ら~めん 清洋軒】はとても歴史の長い老舗中の老舗ラーメン店。味のレベルも高く、地元民はもちろん遠方から来るお客さんも多い人気店なんです(´ω`)


c0378174_18301954.jpg
醤油らーめん 650円。

スープはかつお出汁ベースの和テイストでありながら動物性のコクもある。麺は無添加の自家製。シコシコ感が凄いからたぶん低加水だと思うとのこと。具材も良い感じで、総合的にウマイ!(´¬`) と言ってましたねぇ。


c0378174_18302963.jpg
特製らーめん(塩) 750円。

清洋軒】といえば「塩」が評判のラーメン屋さん。その塩の特製版がこのラーメン。澄んだ色のスープは昔ながらの優しい味を更に突き詰めたような美味しさ。自家製麺との相性が良く、何杯でもイケちゃうぐらい優しい味なんだとか。


室蘭のラーメンと言えば【味の大王】の「カレーラーメン」を思い出してしまいますが、こちらの【清洋軒】が「元祖室蘭ラーメン」のお店とは全然知りませんでした。塩好きの自分としてはいずれ訪問しないとイケないお店ですねぇ。ちなみに、カトリイヌさんはリピート決定だと言ってました(´ω`)


カトリイヌさん貴重な食ネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m


※記事 モコ平



元祖室蘭ら~めん 清洋軒
●住所 北海道室蘭市舟見町1丁目6-4
●電話 0143-22-2923
●営業時間 11:00~19:00(スープがなくなり次第終了)
●定休日 第1・3・5火曜
●駐車場 有り(3台)




[PR]
by mocohe23 | 2017-11-16 18:00 | 胆振地方 | Comments(0)

ら~めん 虎 TORA/札幌市 清田区

2017年3月25日()



c0378174_12374905.jpg
この日お昼は札幌市清田区の「北野エリア」にあるら~めん 虎 TORAでした。初訪問になります。


ら~めん 虎 TORA】はオープン当初、市内に数店舗ある【らーめん くら吉】の別邸としてスタートしたが2年目に独立。某ラーメン雑誌では読者が選ぶ人気店2年連続1位を獲得。現在は平日300食、土日祝は400食を売る札幌屈指のモンスター店なんです(´ω`) 意欲的にいろんな店とのコラボメニューを作ったりしてるのも人気のひとつ。


c0378174_12380353.jpg
琥珀 850円。


c0378174_12381005.jpg
元々ある人気塩ラーメン「白虎」を濃厚化してブラッシュアップし完成したのがこの「琥珀」。博多系のとんこつ塩に札幌系の縮れ麺。仕上げに煮干し油をジュッと掛けた新しいタイプの魚介系ラーメン。スープはあっさりしつつコクがありガブガブ飲めちゃう系でウマイッ!(´¬`) こだわりの縮れ麺とも良く合います。リピート確定な味でした。


c0378174_12382068.jpg
小悪魔醤油 780円。

3種類の豆板醤を独自の配合でブレンドしたというスープ。ビビっと効いちゃうピリ辛さがクセになる一杯。これまたリピートしたくなる味(=ω=)


c0378174_12382714.jpg
炙りちゃーしゅー飯 450円。

山わさび飯も気になったけど、やっぱ肉を食べたいという事で注文したサイドメニュー。ここのチャーシューも本当に美味しい。


ラーメンも飯もパーフェクトッ! 接客も良いし店の雰囲気も良い。さすがは【札幌市】でも屈指の人気店だけあり死角はありませんでした。次回は豊平区にあるスープカレーの人気店【SOUP CURRY KING】とコラボしたというラーメン「虎王」を食べてみようかな。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



ら~めん 虎 TORA
●住所 北海道札幌市清田区北野3条3丁目15-30
●電話 011-376-0730
●営業時間 11:00~15:00 18:00~21:30
●定休日 木曜
●駐車場 有り(約20台)




[PR]
by mocohe23 | 2017-11-15 18:00 | 札幌市 清田区 | Comments(0)

ふかがわ らぁめん道場 極/深川市

2017年10月22日()



今回は知人のOCHIKA TEMPESTさんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


c0378174_21543489.jpg
この日のOCHIKA TEMPESTさんが向かったのは深川市の「音江町エリア」にある【ふかがわ らぁめん道場 極】。初訪問だったようです。


和風ダシの醤油、深川産の米麹を使った塩ラーメンの白、スパイシーな辛味噌の赤など、店主こだわりの「メイドインふかがわ」が食べられるのが【ふかがわ らぁめん道場 極】。元々は札幌市で営業していた繁盛店が【深川市】へ移転し、それを機にスープや麺を一新したのは有名な話。【オータムフェスト】などにも意欲的に出店する人気のラーメン店なんです(´ω`)


c0378174_21544472.jpg
ふかがわ黒 850円。

黒い素材にこだわり、自家栽培の黒千石で作った味噌のほか、5種類の味噌、黒米、練りごまなど「黒」づくしの一杯。あっさりとしつつも奥の深い味のダブルスープが中太ちじれ麺と良く合い美味しいんだとか(´¬`) 通称「ふかがわブラック」。


c0378174_21545166.jpg
ふかがわ赤 900円。

ふかがわ黒の黒の部分に辛味噌を使用し赤バージョン。店主こだわりの深川の味を楽しみつつも辛さも体感できるお得な気分にさせてくれる一杯。


c0378174_21545861.jpg
お子様ラーメン 300円。

醤油味のネギ抜きで、OCHIKA TEMPESTさん一族の最年少ちびっこが食べた一杯。残念ながら麺が口に合わなかったらしくスープだけ飲んでいたそうです(´д`;)


食系情報番組やラーメン雑誌などでよく見てて気になってたラーメン屋の1軒です。【深川市】に行く機会があれば食べてみたいけど、実はもう1件【深川市】には気になってるお店があるんですよねぇ。うーむ、やはり覚悟を決めてハシゴするしかないのかな?ww

OCHIKA TEMPESTさん貴重な食ネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m


※記事 モコ平



ふかがわ らぁめん道場 極
●住所 北海道深川市音江町広里681-11
●電話 011-827-8868
●営業時間 11:00~14:30(火~木・日) 11:00~14:30 17:30~19:30(金・土)
●定休日 月曜
●駐車場 有り(20台)




[PR]
by mocohe23 | 2017-10-31 18:00 | 空知地方 | Comments(0)