タグ:焼き鳥・串焼き ( 6 ) タグの人気記事

地鶏串 鳥の舞/岩見沢市

2016年7月04日(月)



c0378174_23153807.jpg
串鳥 岩見沢店で軽く飲み食いした後は次の店へと移動。2次会の店は【地鶏串 鳥の舞】でした。2度目の訪問になります。



備長炭で焼く本格的な焼き鳥がウリの【地鶏串 鳥の舞(ちょうのまい)】は市内でも人気が高く、平日でも満席になることが多いので予約必須のお店。串焼き以外の料理にも定評があり、何を食べてもハズれがない(´ω`)


c0378174_23175194.jpg
お漬け物盛合わせ 400円。

まずは口内をリセットする為、さっぱりした漬け物の3種盛りをオーダー。塩加減が丁度良く美味しい漬け物でした。


c0378174_23181926.jpg
トマトとクリームチーズのバジドレサラダ 650円。

たたみかける様に【串鳥 岩見沢店】で食べ逃したサラダを注文。オリジナルのバジルドレッシングが事の他美味しかったんですよ(´¬`) ネギ入りのハジルドレッシングって珍しいよね。


c0378174_23184988.jpg
もも串(1本) 200円。

「甲州地鶏」という山梨県の地鶏を使用したもも串。締まった肉質で適度な歯ごたえ、クセのない旨みが特徴でウマイッ!(´¬`) このお店の看板メニューです。てか、何で前回訪問時にコレを食べなかったのか謎。


c0378174_23194737.jpg
蛍イカの沖漬け 350円。

普通に美味しい酒の肴。


c0378174_23201066.jpg
若鶏ザンギ 500円。

期間限定メニューの若鶏の唐揚げ。【日本ハム】の「桜姫」というブランド鶏を使用。柔らかくジューシィで美味しい(´¬`)


c0378174_23203882.jpg
アスパラベーコン 150円。

何処産のかはわからないけど、新鮮なアスパラの甘みを感じれました。空知はアスパラの産地でもあるしね(=¬=)


c0378174_23210432.jpg
厚焼き玉子(塩たらこ入り) 480円。

玉子と甘みとたらこの塩味のバランスが良く非常に美味しい厚焼き玉子(´¬`) たらこの他うなぎ入りってのが気になったので覚えていたら次回訪問時に食べてみよう。


前来たときもそうおだったけど、ここは取り扱ってる日本酒も美味しいものばかりなので、帰る頃には記憶が飛び飛びなんですw このときはメンバーの一人が終電に間に合わなく、自分はギリギリ終電に飛び乗ることができました。間に合う事は間に合ったんですが…(´ω`;)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



地鶏串 鳥の舞
●住所 北海道岩見沢市3条西1丁目5-1
●電話 0126-24-2989
●営業時間 18:00~24:00
●定休日 日曜
●駐車場 有り




[PR]
by mocohe23 | 2017-11-07 18:00 | 空知地方 | Comments(0)

串鳥/岩見沢市

2016年7月04日(月)



c0378174_21280295.jpg
この日の夜は岩見沢市の【JR岩見沢駅】から徒歩数分の場所ににある串鳥 岩見沢店で飲み会でした。他店舗は腐るほど行った事がありますが、こちらの店舗は初訪問になります。

昭和55年すすきのに1号店をオープンした【串鳥】も今や、北海道地区にに31店舗、仙台地区に6店舗、東京地区に2店舗を展開する人気の一大焼き鳥チェーンとなりました。岩手山「あはん鶏」をはじめとする良質で安全な国産肉の提供。炭火を使用し、焼き手技術の日々の向上。食材はもちろん、塩やたれなど全てに至るまで味への追求。一人でも多くのお客さんに安価で楽しんでもらう。これらの強いこだわりが長年愛される秘けつ何でしょう(=ω=)


c0378174_21281261.jpg
激辛青南蛮つくね 140円。
つくね青じそ 140円。

激辛青南蛮つくねは自分の中の定番中の定番。激辛ってなってるけど実際はピリ辛程度なんですよねぇ。でもウマイもんはウマイ!(´¬`) つくね青じそも美味しい。てか、【串鳥】のつくねは総じて美味しいのです。ちなみに、これは去年のネタなのでまだ変わってないけど、最近のつくねはなんだか痩せ細ってきちゃってるんですよねぇ(´д`;) 原料の価格高騰のせい?


c0378174_21282177.jpg
手羽先 130円。

手羽先って食べるの面倒くさいけど、何だかたまに食べたくなるんですよね。それにしても肉厚ジューシィでウマイ!


c0378174_21282930.jpg
つくねチーズ 140円。
ささみ 130円。

つくねチーズも高確率で注文するメニュー。上にスライスチーズじゃなく、中にとろけるチーズが入ってるタイプ(=ω=) 長年【串鳥】に通ってるけど、どノーマルなささみを食べたのはこのときが初めてだったかも? ヘルシーで良い感じ。


やっぱ若い頃、週3~5で通ってた大好きな焼き鳥屋なだけあって舌が慣れちゃってるんでしょうね。いまだにどれもこれも美味しく食べれるんです(´ω`) このときは仕事で飲み会参加が遅れ、食べれたのはこれくらい。ホントはもっと食べたかったー!


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



串鳥 岩見沢店
●住所 北海道岩見沢市3条東1丁目
●電話 0126-32-2989
●営業時間 4:00~11:30
●定休日 12月31日
●駐車場 有り




[PR]
by mocohe23 | 2017-11-06 18:00 | 空知地方 | Comments(0)

焼き鳥 どん兵衛/江別市

2017年11月2日(木)



c0378174_22333091.jpg
この日の夜は江別市の「大麻エリア」【大麻中町商店街】の中にある【焼き鳥 どん兵衛】へ飲みに行ってきました。初訪問になります。


串焼き、刺身、一品料理、どれをとってもレベルが高く、長年地域住民から愛され続けている【焼き鳥 どん兵衛】。古き良き昭和臭の漂う店内はいつも大勢の客でにぎわっている。うたってはいないが「室蘭やきとり」の店だそうで、豚串(タレ)は絶品中の絶品なんです(´ω`) カンケーないけど【江別市】、それも「大麻エリア」に「室蘭やきとり」の店が3軒も集中しているのはなんでだろう?


c0378174_22333873.jpg
角切りキャベツ 100円。

お通しがないので「スピードメニュー」の中からチョイスした一品。みずみずしいキャベツと特製みそダレが良く合います。


c0378174_22343511.jpg
ぶた串(2本) 390円。

お店の看板メニューである豚串(タレ)。サイズが大きく1本だけでも食べ応え十分。国産の豚肉は甘み、旨みが丁度良く、コクのあるオリジナルのタレとの相性バツグン! これはマジでウマイ豚串です(´¬`)


c0378174_22350424.jpg
マグロ刺 580円。

同行者に「ここは刺身も新鮮で美味しいから食べてみて」と言われたので注文したマグロ刺。豚串もボリューミィだったけど、刺身の盛りも良いんですよねぇ。もちろん美味しかった(´¬`)


c0378174_22341705.jpg
ぶた串(2本) 390円。

タレが美味しいかったので塩も注文してみました。炭火で焼き上げられた肉はジューシィで美味しい。


c0378174_22334878.jpg
揚げだし豆腐 370円。

凄んごく優しい味の揚げだし豆腐。今の自分には嬉しいかぎり。


c0378174_22335897.jpg
タン串(2本) 300円。

牛タン独特のコリコリ食感がたまらない一品。塩加減も丁度良く食べやすい。


c0378174_22345308.jpg
豚肉のキムチ炒め 580円。

甘みの強い豚肉と美味しいキムチが融合した一品。お酒がすすむヤツです。


c0378174_22340723.jpg
チーズつくね(2本) 380円。

見た目からして一瞬パサパサ系のつくねかと思ってしまったけど、そこは焼き鳥の名店だけありかなり美味しいつくねでした(´¬`)


大麻在住の知人オススメの焼き鳥屋で、今回連れて行ってもらったんですが、何を食べても美味しく非常に満足できるお店で再訪問は確定ですねぇ(´ω`) 全然関係ないけど、帰りに【JR】でちょっとしたアクシデントが発生し、札幌市にも美唄市にも帰れなくなり、カラオケとマンガ喫茶で一夜を過ごしたのは良い思い出www


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



焼き鳥 どん兵衛
●住所 北海道江別市大麻中町2-21 大麻中町商店街内
●電話 011-386-5741
●営業時間 18:00~23:00(店主の都合により早終いする場合あり)
●定休日 日曜・祝日
●駐車場 無し




[PR]
by mocohe23 | 2017-11-05 18:00 | 石狩地方 | Comments(0)

串鳥のワイン酒場 TANTO/札幌市 中央区

2017年8月2日(水)



c0378174_22181318.jpg
九州名物 とめ手羽 札幌駅前店でしこたま飲んで来た後は【串鳥のワイン酒場 TANTO 時計台通店】で軽く2次会。何度も訪問していますがブログで扱うのは2度目になります。


名前にあるように【串鳥のワイン酒場 TANTO】は、道内でも屈指の人気を誇る焼き鳥チェーン串鳥が展開するイタリアン酒場。落ち着いた雰囲気の店内で、こだわりの料理や【串鳥】の串焼きとお酒がリーズナブルに楽しめる人気のお店なんです(´ω`)


c0378174_22182348.jpg
ジムビームハイボール 390円。
ビール 420円。
お通し ???円。

ビールの銘柄は「アサヒスーパードライ」。お通しはトリッパ的なヤツ。これがなかなかウマイんですよねぇ。ジムビームハイボールは先月訪問した【串鳥のワイン酒場 TANTO 駅前通店】で飲んだヤツと同じ。


c0378174_22183288.jpg
えびのアヒージョ 590円。

エビのだしが効いたオイルが美味しいアヒージョ。このオイルをバケットにたっぷりつけて食べると…ウマイッ!(´¬`)


c0378174_22184368.jpg
一口ザンギ 500円。

一口でいけちゃう丁度良い大きさのザンギ。外はふっくら中はジュ~シ~なのは言うまでもありません。奥に映ってるのはえびのアヒージョのバケットw


c0378174_22185252.jpg
ジャガイモのポタージュ ???円。

そもそもこれがジャガイモのポタージュなのかどうなのか全く記憶がありませんw ただ、ジャガイモ味だった記憶があるのでジャガイモのポタージュとしています。メニュー表の写真を撮ってなかったんだよなぁ(´д`;)


なんど来ても【TANTO】はホント良い店です。この日は平日だったし、訪問時間も中途半端だったのですんなり入店できたけど、普段だったらそーわいかない。運が良かったんですねぇ(=ω=)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



串鳥のワイン酒場 TANTO 時計台通店
●住所 北海道札幌市中央区北3条西2丁目 アストリア札幌ビル1F
●電話 011-251-7410
●営業時間 16:30~翌0:30
●定休日 無休(年末年始のみ休み)
●駐車場 無し




[PR]
by mocohe23 | 2017-10-07 18:00 | 札幌市 中央区 | Comments(0)

串鳥のワイン酒場 TANTO/札幌市 中央区

2017年7月1日()



c0378174_14140379.jpg
サッポロビール☆道産子感謝Day 2017を堪能してきた後は中央区まで移動。【串鳥のワイン酒場 TANTO 駅前通店】へ入ってみることに。初訪問になります。


c0378174_14141211.jpg
名前にあるように【串鳥のワイン酒場 TANTO】は、道内でも屈指の人気を誇る焼き鳥チェーン串鳥が展開するイタリアン酒場。落ち着いた雰囲気の店内で、こだわりの料理や【串鳥】の串焼きとお酒がリーズナブルに楽しめる人気のお店なんです(´ω`)


c0378174_14142314.jpg
ジムビームハイボール 390円。
お通し ???円。

サッポロビール☆道産子感謝Day 2017】会場でビールをしこたま飲んだので、ここからはハイボールにシフトチェンジ。お通しはなかなか美味しいトマトのもつ煮的なヤツ。


c0378174_14143237.jpg
キウイコーティングジンジャーエール 340円。

何かでコーティングされたキウイの果汁がはじける食感が面白いジンジャーエール。


c0378174_14144283.jpg
前菜おまかせ3点盛り 680円。

内容は生ハムとオレンジのブルスケッタ、ビーフパストラミチーズ、あさりのクロスティーニの3点。おまかせだから毎回内容が違うのかと思いきや固定っぽいですねぇ。何にしてもウマイ(´¬`)


c0378174_14145411.jpg
つくね梅じそ(1本) 140円。
マッシュルームの豚肉巻き(1本) 240円。

串鳥】のつくねは絶品中の絶品! それがこの【TANTO】でも食べれるのは嬉しいかぎり。 マッシュルームの豚肉巻きはたぶん【TANTO】オリジナルの串焼きメニューだと思われます。


c0378174_14150313.jpg
スモークサーモンのカルパッチョ(1本) 220円。

こちらは完全に【TANTO】オリジナルメニュー。スモークサーモン、チーズ、しその組み合わせが美味しくないわけがない(´¬`)


ここの店舗は初訪問でしたが【串鳥のワイン酒場 TANTO 時計台通店】は何度も行ってるから良いことは最初からわかってたんですよねぇ。「空知地方」にも店舗展開してくれないかなぁ。

ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



串鳥のワイン酒場 TANTO 駅前通店
●住所 北海道札幌市中央区北4条西4丁目 ニュー札幌ビル2F
●電話 050-5285-7550
●営業時間 16:30~翌0:30
●定休日 無休
●駐車場 無し




[PR]
by mocohe23 | 2017-10-01 18:00 | 札幌市 中央区 | Comments(0)

ジャンボやき鳥 うえき/札幌市 東区

2017年1月13日(金)



c0378174_19212011.jpg
この日は札幌市東区の「元町エリア」にある【ジャンボやき鳥 うえき】に飲みに行って来ました。初訪問になります。


c0378174_19213012.jpg
白石区の「南郷7丁目エリア」にある人気店【ジャンボやき鳥 つかさ】で店長を務めていた店主が独立して【東区】の「元町エリア」に2014年2月16日にオープンさせたのが【ジャンボやき鳥 うえき】。【ジャンボやき鳥 つかさ】の魂を受け継ぎつつ独自の進化を遂げている【ジャンボやき鳥 うえき】はオープン当初から人気が高く、今では平日でも日によっては予約すらとることができない事もある人気焼き鳥屋さんなんです(´ω`)


c0378174_19213883.jpg
ビール 380円。
お通し ???円。

ビールの銘柄は「アサヒスーパードライ」でスッキリとした飲み心地。お通しは鶏だんごと海苔のスープ的なもの。直球的な感想を言わせてもらうと絶品!! 本気で美味しいお通しでした(´¬`)


c0378174_19214675.jpg
豚串 150円。

ジャンボ焼き鳥の名に恥じぬ大きさはさすがといったところ。食べごたえじゅうぶんなのは最初から判明していたけど、味が予想以上に美味しい。お通しと豚串を食べ終えた時点で【ジャンボやき鳥 うえき】のレベルの高さが判明しました。


c0378174_19220485.jpg
鳥串 150円。

これも食べてビックリ! 自分の中のとり串ランキング最強四季の味 くいしんぼうの焼き鳥の味に勝るとも劣らない美味しさッ!! そしてこの時点で心をガッツリわしづかみされちゃいました(=¬=)

c0378174_19215524.jpg
????? ???円。

丁度この頃、胃を壊して病院に通ってた時期だったんですが、店員さんに「何か胃に優しいもの、または胃をガードできそうなものはありますか?」と聞いたところ、メニューにはなかったけど特別に胃に優しそうな料理を作ってくれました。オクラや長いもといったネバネバ野菜とミニトマト、たくあん、青ねぎ、刻み海苔をオリジナルの出し汁で和えたもの。もちろん美味しいんですが、店員さんや店主さんの優しい対応力に満足しちゃいましたねぇ。


c0378174_19222045.jpg
まるちょう 180円。

柔らかく脂が多いので火が通りやすい。なので焼き加減が難しいといわれてるまるちょうですが、そこは絶妙な焼き加減で提供してくれます。甘みが強くてウマイ!


c0378174_19222860.jpg
つくね(チーズ) 250円。

スライスチーズが上に乗ってる系のつくねがはこばれてきたとき正直ちょっとガッカリしましたが、一口食べてガッカリした自分が愚かだったことに気づきます。よくありがちなもっさり系のつくねではなく肉汁ジューシィ系の超美味しいヤツ(´¬`) 常日頃からつくねにウルサイ我々をも納得させるつくねです。


c0378174_19224592.jpg
選べる刺身盛り(3点) 990円。

数種類あるお刺身の中から好きなものを選べるお得な刺身盛り。このときチョイスしたのは本マグロ、活タコ、タチかまの3種。どれもこれも鮮度が良く美味しいんですが、注文の決め手はやっぱりタチかまですよねぇ。この時期にしか味わえないタチかまは独特の食感と味はクセになる美味しさ。居酒屋で見たのも初めてだったかも。


c0378174_19221293.jpg
牛サガリ 300円。

さすがにもう大きさに驚くことはなくなったけど、やっぱり味の美味しさには驚かされます(´¬`) このクオリティの高さで1本300円なら安いんじゃないかと。


c0378174_19223579.jpg
ポークチャップステーキ 750円。

串焼きもの以外のメニューも非常に豊富な【ジャンボやき鳥 うえき】。日替わりメニューっぽいものの中にはポークチャップなんかも。思わず注文しちゃったけど、道内産の四元豚を使用したポークチャップは厚切りだけど柔らかく旨みが強くて食べ応えがあるパーフェクトな完成度。もう、このポークチャップだけでも勝負できるようなレベルだったんですけどww


いや~初訪問で驚かされることばかりの【ジャンボやき鳥 うえき】さん。再訪問は超絶確定なんですッ!! お店を出た後、歩いて帰るのがメンドウだったのでタクシーに乗ったんですが、そのタクシーの運転手さんがたまたま食べ飲み歩きが趣味の人で、運転手さん曰く「ジャンボやき鳥系のお店は全店行ったけど、間違いなく【ジャンボやき鳥 うえき】がNo.1ですよ」と絶賛していましたねぇ(=ω=) 自分豊平区の「南平岸エリア」に「あるジャンボやき鳥 ちねんには行ったことがあるけど、本家の【ジャンボやき鳥 つかさ】は未訪問なんですよ。そちらのほうも機会があれば行ってみたい。



更にもうひとつ【ジャンボやき鳥 うえき】にまつわるエピソードが。自分には食に関する師匠的存在が4人いるんですが、そのウチの一人酒飲み関係に特化した手羽先師匠さんにこのお店をオススメしたところ、たいそう気に入ってもらえたらしく、今ではすっかり常連レベルになっているとか。友達や会社の同僚、挙句の果てに両親まで連れてくっていうんだから【ジャンボやき鳥 うえき】はやっぱ本物だったんですねぇ。よかったよかった(´ω`)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



ジャンボやき鳥 うえき
●住所 北海道札幌市東区北23条東13丁目2-10
●電話 011-752-2989
●営業時間 17:00~翌1:00 
●定休日 水曜
●駐車場 有り




[PR]
by mocohe23 | 2017-09-22 18:00 | 札幌市 東区 | Comments(2)