人気ブログランキング |

手打そば 滝そば/滝川市

2018年9月4日(火)



c0378174_18464442.jpg
この日のランチは【滝川市】の「花月町エリア」にある【手打そば 滝そば】でした。2度目の訪問になります。

住宅街にひっそりとたたずむ【手打そば 滝そば】は極太の手打ち蕎麦とボリュームがウリのおそば屋さん。1日の営業時間が短いにもかかわらず昼時ともなると大勢の客で賑わう知る人ぞ知る穴場的人気店なんです(´ω`)


c0378174_18465145.jpg
冷し天ぷらそば 950円。

2度目なのでそんなに驚かなかったけど、同行者はこの独特のフォルムをしたエビ天にビックリしてました。 そりゃそーでしょう。こんなカタチのエビ天は他で見た事がないものww まぁ、トリッキーなエビ天はさておき、太目の蕎麦は相変わらずの歯応えでアゴが付かれてくるけど繊細な味のめんつゆと合うこと合うこと(´¬`)


c0378174_18465849.jpg
とろろそば 950円。

こちらはとろろのつけそば。ここのめんつゆはほんのり変わった味がするんですがとろろとの相性は抜群。もちろん黄身も良い仕事をします。ウメェ!


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



手打そば 滝そば
●住所 北海道滝川市花月町3-6-14
●電話 0125-23-1372
●営業時間 11:00~14:00
●定休日 日曜・祝日
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



# by mocohe23 | 2019-04-16 18:00 | 空知地方 | Comments(0)

パンとお菓子の店 Saruta2(サルタセカンド)/滝川市

2019年4月6日()



c0378174_15035207.jpg
芦別市】の【滝里ダム】でダムカードをGETした後は、【滝川市】の「滝の川町エリア」にある【パンとお菓子の店 サルタセカンド】へ行ってきました。初訪問になります。

パンの店さるた】と【ケーキの店さるた】がひとつとなり【パンとお菓子の店 サルタセカンド】として2000年に移転オープン。家族で営むアットホームな店内で作られるパンうあ洋菓子は評価が高く、売り切れになることもしばしば。移転する以前から長年愛されてきた定番メニューを今でも変わらない味で提供しているのも嬉しいポイント。地元民はもちろん、遠方からも足を運ぶファンの多い人気店なんです(´ω`)


c0378174_15040097.jpg
ベリー畑のタルト 330円。

フレッシュなベリー3種(イチゴ・ラズベリー・ブルーベリー)を生クリームとカスタードクリームが入ったタルトに飾り付けたケーキ。甘味と酸味のスパイラルにハマる事間違いなし(´¬`)


c0378174_15040785.jpg
クラシックショコラ 250円。

チョコジュワのしっとり系ケーキかと思いきや、ワリともふもふしたショコラケーキ。万人受けする甘さをおさえた優しいお味。


夜に食べるパンを買いに行ったんですが、売り切れで何もありませんでした。さすが人気店! なのでスイーツにシフトチェンジという次第でございます。次回訪問時はもっと早い時間を狙って行こう。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



パンとお菓子の店 Saruta2(サルタセカンド)
●住所 北海道滝川市滝の川町西5-1-38
●電話 0125-24-0219
●営業時間 5:30~19:00
●定休日 月曜
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



# by mocohe23 | 2019-04-14 18:00 | 空知地方 | Comments(0)

滝里ダム/芦別市

2019年4月6日()



c0378174_18184978.jpg
道の駅 スタープラザ芦別】でランチをしてきた後は、同じく【芦別市】の「滝里町エリア」にある【滝里ダム】へ行ってきました。初訪問になります。

c0378174_18185786.jpg
c0378174_18191252.jpg
c0378174_18192153.jpg
滝里ダム】は石狩川の主要支流・空知川の中流部にある特定多目的ダム。1981年の石狩川大水害を機に、治水と利水を目的に建設され、1999年竣工。堤高50m、堤頂長445.0mの重力式コンクリートダムで、出力52000kWの滝里発電所は、一般水力発電所としては道内最大。天端は開放されている。ダム湖の滝里湖は、流域面積1662.3平方キロメートル。周辺には、資料館「滝里ダム防災施設」のほか、水遊びができる人工岸や、スポーツ・レクリエーションが楽しめる親水公園、コテージを持つオートキャンプ場などが整備されている。ダムとアウトドアが同時に楽しめる人気のダムなんです(´ω`)


c0378174_18193451.jpg
天端の上は車で走行可能。とゆーか、天端を渡らないと【滝里ダム管理支所】までたどりつけない地形。


c0378174_18194280.jpg
「天皇陛下御在位三十年記念」のダムカードGET!! 外枠は違うけど写真はノーマルカードと同じなのね。てか、以前湖畔のキャンプ場のほうでノーマルカードをもらっているので2枚目になるんです。それにしても土日祝でもダムカードを配布してくれてるのは非常にありがたい(=ω=)


※記事 モコ平



滝里ダム管理支所
●住所 北海道芦別市滝里町683
●電話 0124-24-4111
●営業時間 9:00~17:00
●定休日
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



# by mocohe23 | 2019-04-12 18:00 | 空知地方 | Comments(0)

レストラン ラ・フルール(道の駅 スタープラザ芦別)/芦別市

2019年4月6日()



c0378174_19512807.jpg
c0378174_19513793.jpg
赤平市】の【情報発信基地 AKABIRAベース】で美味しいお手軽フードを食べた後は、【芦別市】の「北4条エリア」にある【道の駅 スタープラザ芦別】に行ってきました。初訪問ではないんですがレストランの利用は初になります。



道の駅 スタープラザ芦別】は、国道452号(国道38号バイパス)沿いに位置し、道の駅内にある芦別市観光物産センター1階には、ビデオで市内の見どころ、イベント等を紹介する観光案内所、特産物等の販売コーナーがあり、豆腐等の加工体験ができる農産物がある。2階のレストラン【レストラン ラ・フルール】では、空知川を見ながら食事を楽しむことも。さらに、駐車場の公衆トイレは「星の降る里」らしく星をかたどったユニークなものとなっている(´ω`)


c0378174_19515689.jpg
c0378174_19514848.jpg
滝里ダムカレー 980円。

1999年の完成後竣工20周年の節目を迎える【滝里ダム】をモチーフにしたダムカレーは、2019年2月18日から販売を開始したわりと新しい部類のダムカレー。レストランで人気のオリジナル配合カレールゥに芦別産ななつぼしを使用した甘目のカレーは安心安定の味。特徴としては「星の降る里」をイメージした星形のフライドポテトと、ミニサイズではありますが【芦別市】のソウルフードである「ガタタン」がついてること。鶏肉の唐揚げは非常に柔らかく、温泉卵でカレーをまろやかにする事も可能。全体的にボリューミィで満足のいくダムカレーでした(´¬`)


c0378174_19521560.jpg
ミニラーメン 360円。

醤油味オンリーというミニラーメンは特に突出したところはないけど、安定感のある美味しいラーメン。まぁ、ファミレス系の味ってヤツですね。


ダムカレーを食べながら何気に【滝里ダム】の事を調べてたらなんと「天皇陛下御在位三十年記念」の特別なダムカードを配布していることが判明! 【滝里ダム】のダムカードはもう持っていたけど、特別仕様のダムカードは持っていなかったので食後はカードの配布場所である【滝里ダム管理支所】を目指すことに。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



レストラン ラ・フルール
●住所 北海道芦別市北4条東1丁目1番地 道の駅 スタープラザ芦別2F
●電話 0124-23-1437
●営業時間 11:00~19:00(5月~10月) 11:00~18:00(11月~4月)
●定休日 年末年始
●駐車場 有り(道の駅 スタープラザ芦別)


道の駅 スタープラザ芦別
●住所 北海道芦別市北4条東1丁目1番地
●電話 0124-23-1437
●営業時間 9:00~19:00(5月~10月) 9:00~18:00(11月~4月)
●定休日 年末年始
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



# by mocohe23 | 2019-04-10 18:00 | 空知地方 | Comments(0)

情報発信基地 AKABIRAベース/赤平市

2019年4月6日()



c0378174_19004446.jpg
この日は【赤平市】の「幌岡町エリア」にある【情報発信基地 AKABIRAベース】に行ってきました。初訪問ではないんですがブログにUPするのは初になります。


c0378174_19005618.jpg
c0378174_19010513.jpg
c0378174_19011290.jpg
2015年6月にオープンした【情報発信基地 AKABIRAベース】は、【赤平市】の観光情報の提供と特産品のPRを目的とした情報発信施設。市内で採れた新鮮な野菜や特産品の販売をはじめ、名物のホット系グルメや軽食も充実している。イートインスペースがあるので店内での飲食も可能。国道38号線に面しており、アクセスもしやすい。大きなクマゲラが目印の可愛くて便利な町のランドマーク的施設なんです(´ω`)


c0378174_19011987.jpg
じゃガ~ル(ピザ味) 300円。

赤平産赤ジャガイモを生地に練り込み、惣菜を包んで揚げた「じゃガ~ル」は、新たな赤平名物として開発されました。選べるお味は「ピザ」「しょうが焼き」「カレーウインナー」の3種類。とりあえず初めてだったので1番オーソドックスそうなピザ味をチョイス。サクサクパリパリの生地の中に野菜やひき肉が入っていて、想像してた味とは違ったけどこれはこれで美味しい。まさに揚げ餃子と揚げピザのハイブリッドッ! また、注文してから揚げてくれるので、出てくるまでに多少時間はかかるけど熱々が食べられるのは非常に嬉しい。


メンチカツ 150円。

手作りだという「メンチカツ」の外見は武骨だがコレがまた超ウマイ!(´¬`) 「肉しか入ってないんじゃね!?」と思うほど肉々しく、かなりジューシィで旨味がハンパないんです。お土産に買って帰りたくなるほどのレベル。「じゃガ~ル」同様注文してから揚げてくれるので熱々なのは良いですが火傷には注意が必要ww


うーむ、【情報発信基地 AKABIRAベース】のお手軽フードたち良いですねぇ。こんなに美味しいのが初訪問時にわかっていたらもっと通ってたかもしれない。とりあえず、次回訪問時もこの2品は食べるんだろうなぁ。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



情報発信基地 AKABIRAベース
●住所 北海道赤平市幌岡町54
●電話 0125-32-6760
●営業時間 10:00~18:00(5月~6月) 9:00~18:00(7月~9月) 10:00~17:00(10月~4月) 
●定休日 無休(7月~9月) 火曜(5月~6月、10月~4月)
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



# by mocohe23 | 2019-04-08 19:15 | 空知地方 | Comments(0)

味の里 霧の下/札幌市 東区

2019年2月10日()



c0378174_22565574.jpg
この日は【札幌市】【東区】の「元町エリア」にある【味の里 霧の下 元町店】に行ってきました。なんだかんだ言って4年ぶりの訪問になります。

味の里 霧の下】は、そばとうどんをメインとした和風のファミリーレストラン。そば、うどん以外にも天ぷらや唐揚げなどといった揚げ物があり、それらとそば(うどん)をセットにした定食ものも人気があります。完全に地域に根付いており平日でもランチタイムは満席になるほど。現在は元町店と札幌エスタ店の2店舗のみになりますが、安定感がハンパない人気店なんです(´ω`)


c0378174_22570684.jpg
唐揚そば(ミニライス・漬物付) 896円。

お蕎麦と唐揚げがセットになった定食。セットと言えどお蕎麦はフルサイズでボリューミィ。唐揚げも美味しく満足度の高いランチメニュー。てか、自分はこの組み合わせ以外考えられないぐらい好きです(=ω=)


c0378174_22571719.jpg
天丼とおそばのセット 1188円。

「店主のおすすめ」なのがコレ。ただでさえ美味しいお蕎麦と、むちゃくちゃウマい天丼がセットになっており、ダレでも注文しちゃう魅惑的な組み合わせのヤツです。画像を見てもらってもわかる通り、そば、天丼、サラダなどが全て標準サイズなのでかなりボリューミィ。満腹!


久しぶりの訪問だったんですけど、相変わらずの安定感でとても満足できました。昼時はマジで待ち時間とかあるけど回転が速いので、そのへんはあんま心配ないですねぇ。次回訪問は何年後かになるかわからないけども必ずまた行きます!


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



味の里 霧の下 元町店
●住所 北海道札幌市東区北23条東20丁目5-33
●電話 011-782-0008
●営業時間 11:00~15:00 17:00~21:30
●定休日 無休
●駐車場 有り(30台)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



# by mocohe23 | 2019-04-06 18:00 | 札幌市 東区 | Comments(2)

レストランみやもと/安平町

2018年9月2日()



今回は知人のMEG BEAMさんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


c0378174_19350672.jpg
この日のMEG BEAMさんが向かったのは【安平町】の「早来栄町エリア」にある【レストランみやもと】。初訪問だったようです。


c0378174_19351695.jpg
レストランみやもと】は【チーズ専門店の夢民舎】の直営のレストランであり、自社ブランド製品の販売所でもある。自社のカマンベールをはじめ、ホエー豚の中でも最高級と言われる「夢民豚(ムーミントン)」を使ったメニューは評価が高くリピーターになる人が多い。中でも最強のリピーターは伝説の名俳優「高倉健」さんで、13年間の間、毎月カマンベールチーズを取り寄せていたという。昭和の大スターも愛した味を堪能できる人気レストランなんです(´ω`)


c0378174_19352658.jpg
c0378174_19353338.jpg
カチョカバロと野菜のハンバーグ 1220円。

「夢民豚」100%使用のハンバーグは、肉本来の旨味がギュッと詰っており、柔らかな食感でカチョカバロとの相性がたまらなく良い! グリル野菜も新鮮な物を使用してるので美味しい。黒酢を使った和風ソースをかけることにより食べるスピードが更に増すんだとか。セットのサラダにもひと口大のチーズが乗っているところもポイントが高い。また、カマンベールか牛乳のどちらかが選べるソフトクリームも付いてくる。総じて美味しかったんだって(´¬`)


c0378174_19354055.jpg
モッツァレラハンバーグ&カマンベールコロッケ 1130円。

2種類のチーズが2種類の料理で味わえる味わえるただ者ではないハンバーグとコロッケのセット。こちらの感想はちゃんと聞いてないけどこのルックスの料理は間違いなく美味しいヤツです。


MEG BEAMさんが【レストランみやもと】に行ったのって「胆振東部地震」の数日前なんですね。調べてみたら従業員は全員無事、工場内部の損傷などはあったようですが9月15日(土)から営業を再開できたみたいです。被害が少なくて本当に良かった(=ω=)


MEG BEAMさん貴重な食ネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m


※記事 モコ平



レストランみやもと
●住所 北海道勇払郡安平町早来栄町85-1
●電話 0145-22-2131
●営業時間 11:00~21:00(レストラン) 9:00~21:00(売店)
●定休日 水曜・第三木曜
●駐車場 有り(25台)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



# by mocohe23 | 2019-04-04 20:00 | 胆振地方 | Comments(0)

居酒屋 きんぼし/札幌市 東区

2019年3月9日()



c0378174_18545993.jpg
この日は【札幌市】【東区】の「元町エリア」にある【居酒屋 きんぼし】に行ってきました。6度目の訪問になります。

居酒屋 きんぼし】は元相撲取りという肩書きを持つ店主がはじめたお店。相撲取り=ちゃんこ鍋というイメージがありますが、ちゃんこ以外でも串焼きやお刺身、揚げ物や釜飯などなどいろいろなものがあり、お一人からファミリーまで幅広い層に人気があるアットホームな雰囲気で落ち着ける居酒屋さんです。夏季限定の外席もオススメ(´ω`)


c0378174_18550894.jpg
飲み放題(90分) 1300円。
お通し ???円。

飲み放題は生ビール付き制限時間90分で1300円。お通しは【居酒屋 きんぼし】さんお得意の柿ピーと、今回はひき肉とジャガイモのあんかけ。コレなんか冷たかったんだけど美味しかった。


c0378174_18551827.jpg
ぶり刺 480円。

鮮度抜群とまでいかなかったけど脂がのってて美味しい。


c0378174_18552924.jpg
ポテトフライ 380円。

大人から子供まで幅広い層に愛されるフライドポテト。熱々ほくほくでビールが進みます。


c0378174_18554041.jpg
シーザーサラダ 450円。

クルトンの粉チーズの量にテンションアップ。かつボリューミィで納得の一品。


c0378174_18554899.jpg
チーズメンチカツ 480円。

サクサクの衣も中にジューシィなメンチカツとトロトロに溶けたチーズが入ったメンチカツ。いつの間にかレギュラーメニューに入ってました。マジでうまし!(´¬`)


c0378174_18560011.jpg
たちポン 580円。

クリーミィなたらの白子とポン酢が絶妙に合うあれば高確率で注文する酒の肴。


c0378174_18561206.jpg
ジンギスカン唐揚 480円。

味付きジンギスカンの唐揚げは、外はさくさく中はしっとりジューシィで、ラム肉の甘さが冴えわたる。これがまた超ウマイッ!(´¬`)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



居酒屋 きんぼし
●住所 北海道札幌市東区北25条東21丁目3-1
●電話 011-788-5924
●営業時間 17:00~24:00(平日) 17:00~25:00(土) 17:00~23:00(日) 
●定休日 木曜
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



# by mocohe23 | 2019-04-02 19:00 | 札幌市 東区 | Comments(0)

焼き鳥居酒屋 渡り鳥/札幌市 東区

2018年3月8日(木)



c0378174_14580642.jpg
海鮮居酒屋 海ごころ】でしこたま飲み食いした後は、同じく【東区】の「元町エリア」にある【焼き鳥居酒屋 渡り鳥 東豊店】へ行って来ました。初訪問になります。

東区】の「元町エリア」にオープンして38年の老舗【焼き鳥居酒屋 渡り鳥】は、ボリュームが大きい焼き鳥がウリの焼き鳥居酒屋。焼き鳥の他にも刺身などの、一品料理、ごはんものとメニューが充実しており、老若男女問わず誰もが楽しめる。また、【地下鉄東豊線 元町駅】から近いという好立地条件も良さも見逃せない(´ω`)


c0378174_14582364.jpg
飲み放題 980円。
お通し ???円。

飲み放題は90分で980円なんですが、プレミアムモルツが飲めるコースは1480円になります。お通しはイカゲソとコンブの酢味噌和え。これは胃袋に優しい味。


c0378174_14583156.jpg
豚レバー(2本) 360円。
ガッツ(2本) 390円。
肉つきなんこつ(2本) 390円。

ウリの大きさよりもコゲコゲのレバーにビックリ!Σ(ΦДΦ;) だがひと口食べてコレが計算されたものなのはスグ理解できました。オリジナルのタレを絶妙な焦がし加減で焼き上げた至極の串焼き。甘さと香ばしさのハーモニーは忘れられない美味しさ(´¬`) ガッツ(ガツ)もコリコリで美味いし、ナンコツもコリコリで美味い。てか、串焼きのレベルが高いッ!!


c0378174_14584036.jpg
c0378174_14585068.jpg
渡り鳥とりめん 680円。

串焼き系が大きいのは知ってたけど、とりめんまでもがジャンボだってのにはマジでビックリ!Σ(ΦДΦ;) 画像では伝わりにくいけどたぶん2人前ぐらいのサイズ感です。それでいて非常に優しい味で〆にピッタリでした。さすが名物だけあるなぁ。


長く「元町エリア」の住民として生きてきましたが、何故かこの日が【焼き鳥居酒屋 渡り鳥 東豊店】初訪問だったんですよね。存在はずっと前から知っていたのに。方角的にあまり行かない方向だったからなのかなぁ。とりあえず凄く良いお店だったので次回は1軒目に訪問することにします。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



焼き鳥居酒屋 渡り鳥 東豊店
●住所 北海道札幌市東区北22条東15丁目 おおぎビル1F
●電話 011-731-4629
●営業時間 17:30~翌0:30
●定休日 日曜・年末年始
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



# by mocohe23 | 2019-03-31 18:00 | 札幌市 東区 | Comments(0)

海鮮居酒屋 海ごころ/札幌市 東区

2018年3月8日(木)



c0378174_17482812.jpg
この日は【札幌市】【東区】の「元町エリア」にある【海鮮居酒屋 海ごころ】へ行って来ました。3度目の訪問になります。

c0378174_17483603.jpg
2014年9月にオープンした【海鮮居酒屋 海ごころ】は産地直送の海鮮で作り出す自慢の刺身が評判の海鮮居酒屋。その他居酒屋定番メニューも盛りだくさんで幅広い年齢層に対応。価格は全体的にリーズナブルで懐にも優しい。新鮮な海鮮料理とこだわりの日本酒が楽しめる平日でも予約がとれない事もある人気の隠れ家的居酒屋なんです(´ω`)


c0378174_17484640.jpg
飲み放題 1399円。
お通し ???円。

月曜~木曜限定の飲み放題プランはクーポン利用で2時間から3時間に。これは非常に嬉しいヤツです。当時はハイボールスタートがお決まり。お通しはタラの芽の天ぷらでしょっぱなからお酒がグイグイすすみます。


c0378174_17485688.jpg
c0378174_17490411.jpg
活ボタンエビ刺し(2尾) 399円。

丁度「ボタンエビフェア」ってのがやってたのでお刺身をオーダーしたんですがめちゃめちゃイキが良く小鉢の中で飛び跳ねまくりでした(写真じゃわかりにくいケド)。甘くてプリプリで美味しいのは当然なんですが、【海鮮居酒屋 海ごころ】さん良いトコロは食べ終えて残った殻の部分をサービスで揚げてくれるんですよ。これがまたパリパリでウマイんですよねぇ~2度美味しい!(´¬`)


c0378174_17492187.jpg
サバの1枚炙り 699円。

サバを炙る事により脂と旨味が極限まで引き出される誰がどう考えても美味しいに決まってる焼きと刺身のハイブリッド。付属のガリとゆず胡椒で別次元の美味しさに。


c0378174_17491302.jpg
濃厚 生ウニ刺し 550円。

生ウニ独特の磯の香と甘さが堪能できる一品。これをつまみながらチビチビと飲む日本酒は最高!


c0378174_17493812.jpg
たっぷり炙り! 蟹クリームコロッケ 699円。

このルックスからは想像できませんが、コレは蟹のクリームコロッケですww 年間800個出るだけあって美味しさは最高潮! 蟹好きにはたまらない一品です。てか、コロッケなのに揚げじゃなく炙りで押していくスタイル好きです(=ω=)


c0378174_17494682.jpg
長芋チーズのはさみ揚げ 580円。

長芋+梅+しそ+チーズの組み合わせで既に神レベルの美味しさに。それに衣をつけて揚げる事により超高等次元のレベルへ到達。クソうめぇ!!(´¬`)


c0378174_17492970.jpg
本マグロ2種盛り合せ 799円。

独自のルートがあるだけに【海鮮居酒屋 海ごころ】さんの海鮮系は間違いない。凄く新鮮でマグロマニアじゃなくてもたまらないお刺身。


c0378174_17495729.jpg
若鳥のからあげ 490円。

海鮮系に特化したお店かと思いきや、ちゃんとお肉系もバッチリ抑えてます。揚げたてジューシィな唐揚げはとにかく美味しい。


c0378174_17500471.jpg
活〆カキのなめろう 499円。

牡蠣を提供するお店はよくありますが、牡蠣のなめろうを提供するお店はそうそうないかも。味噌で牡蠣特有のクセを消し、更に旨味を増したお酒がすすむ一品。これはマジで良い肴。


c0378174_17501157.jpg
鮭とばの味噌漬け 430円。

海鮮居酒屋 海ごころ】さんオリジナルの珍味だけあって他では味わえない高品質の酒の肴。こーゆうのが良いんですよねぇ。酒飲みにはたまらない!


訪問自体は3度目ですが、実はもっと行ってます。ただ満席率が非常に高く、このときやっと3回目の入店ができたという。やっぱ人気店は事前に予約を入れといたほうがいーですねぇ。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



海鮮居酒屋 海ごころ
●住所 北海道札幌市東区北22条東17丁目3-17
●電話 011-787-0444
●営業時間 17:00~翌1:00
●定休日 無休
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →【貧乏なりに食べ歩く



# by mocohe23 | 2019-03-29 18:00 | 札幌市 東区 | Comments(0)

レストラン菩提樹/札幌市 豊平区

2019年3月5日(火)



c0378174_19365153.jpg
この日は【札幌市】【豊平区】の「中の島エリア」にある【レストラン菩提樹】へ行って来ました。初訪問になります。


JCHO北海道病院】の1階にある【レストラン菩提樹】は、病院や銀行などの施設内にある食堂運営の大手【株式会社LEOC】が運営するレストラン。リーズナブルでボリューミィ、なおかつ美味しい料理の数々は院内で働く医師や看護師、見舞客などからも絶大の支持を得ているんだとか。入院していて病院食しか食べれなかった患者が1番最初に行く確率の高いレストランでもあります(´ω`)


c0378174_19365886.jpg
本日のBランチ 海老クリームコロッケ 500円。

毎日2種類ある「日替わりメニュー」の中から海老クリームコロッケがメインのBランチをオーダー。主役の海老クリームコロッケは当然揚げたてで衣はサクサク、中はクリーミィでたまらなくうんまい! オマケ(?)のハンバーグは冷凍モノでしたが冷凍故に安心安定の味。小鉢やみそ汁も良い感じ。ひとつ失敗したのがご飯の量が多過ぎた事。量半分で注文すりゃあ良かった。まぁ、何にしてもこの価格でこのクオリティは満足しかありません(´¬`)


c0378174_19370456.jpg
特製中華丼 550円。

「大人気! 具沢山あんかけシリーズ」の中から中華丼をチョイス。その名の通り具沢山なんですが、ご飯の量も多く、たぶんお茶碗2杯分ぐらいはあったかと。あんかけ度合いは絶妙でご飯に良く合う。これはウメェ! スープとミニサラダが付いて550円とか安すぎる。


c0378174_19371169.jpg
アイスコーヒー ???円。

マスターがサービスで出してくれたアイスコーヒー。初訪問でこのサービスはニクイ(=ω=)


なかなか訪問する機会はないけれど、これだけ安くて美味しいなら【レストラン菩提樹】狙いの為だけに病院に行っても良いですねぇ。再訪問確定ッ!


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



レストラン菩提樹
●住所 北海道札幌市豊平区中の島1条8丁目3番18号 JCHO北海道病院1F
●電話 未確認
●営業時間 10:00~15:00(ラストオーダーは15:00までだがレストランは18:00まで開放)
●定休日 日曜・祝日
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



# by mocohe23 | 2019-03-27 18:00 | 札幌市 豊平区 | Comments(0)

晩酌処 かんろ/札幌市 中央区

2018年1月17日(水)



c0378174_15445455.jpg
この日は【札幌市】【中央区】の「北1条エリア」にある【晩酌処 かんろ 北一条店】へ行って来ました。本店は訪問済みですがここの店舗は初訪問になります。

c0378174_15450156.jpg
創業30年以上の歴史を持つ【晩酌処 かんろ】。温かみある木造りの店内は昭和の居酒屋そのもの。毎朝市場から仕入れる海鮮や、道内産の肉を当日オーダー分だけ手作りする串焼き、名物のラーメンサラダ、ファン多数の玉子焼きなど、美味しい料理が盛りだくさん。アットホームな雰囲気で常連さんも多い人気店。【晩酌処 かんろ 北一条店】は2015年8月にオープンしたわりと新しい支店なんです(´ω`)


c0378174_15450991.jpg
ザ・角ハイボール 280円。
お通し 300円。

この頃はハイボールスタートが定番。あまりにも記憶が飛ぶので今はビールスタートにしてますがw お通しはイカの天ぷら。揚げたてではなかったけどこれはこれで美味しい。


c0378174_15451680.jpg
つけめん 500円。

複数の魚のダシを使った自家製海鮮つけダレがマジでウマイ! てか、〆のラーメンを一発目にオーダーするオキテ破りの同席者(香港人)がたまらない(´Д`)


c0378174_15452977.jpg
ナス 300円。

いわゆる焼きナスってゆーヤツです。この手の焼き野菜はハズレがなく普通に美味しい。素材の味がストレートに味わえる一品。


c0378174_15453891.jpg
チーズつくね(2本) 400円。

ここのチーズつくねにはデフォルトで大根おろしが装備されています。つくね本体はモサモサ系ではなくジューシィ系でチーズとの相性抜群。更に大根おろしの効果が絶妙でクドくなくさっぱりイケちゃいます。ウメェ!(´¬`)


c0378174_15454642.jpg
とり串(1本) 130円。
ぶた串(1本) 140円。

鶏も豚もどっちも旨味が強くお酒が進む美味しさ。特に豚はバラ肉ではなく肩ロースなのでちょっと得した気分に(=ω=)


c0378174_15455413.jpg
とり南蛮マヨ串(1本) 120円。

ジューシィで旨味の強い鶏肉にオリジナルのピリ辛南蛮マヨをかけた串焼き。2018年1月時点ではレギュラーメニューじゃなかったけど、この美味しさなら現在はレギュラーに昇格してそう(´¬`)


c0378174_15460174.jpg
もつ煮込み 300円。

味噌ベースのスープに、もつの旨味がしっかりと出たハイレベルのもつ煮込み。味噌が苦手な自分でも美味しくいただけました。


c0378174_15460919.jpg
かんろ玉子焼 250円。

カタチはテキトーだし味噌が乗ってるけど美味しさは本物。250円で美味しい玉子焼きが食べれるのは嬉しいポイント。


c0378174_15461677.jpg
マグロ 500円。
イカ 400円。
ブリ 480円。

バラで頼んでいるのでちょっと割高だけど、どいつもこいつも新鮮でウマイ。さすが鮮度にこだわってるだけあるなぁ。


このときはまだ【美唄市】に住んでいて【札幌市】に出張で来てたんです。今は【札幌市】在住だから特に何とも思わないけど、地方に住んでると飲み屋さんが沢山あるのは羨ましいのよねぇ。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



晩酌処 かんろ 北一条店
●住所 北海道札幌市中央区北1条西8丁目2-38
●電話 011-206-7620
●営業時間 17:00~24:00
●定休日 日曜・祝日
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



# by mocohe23 | 2019-03-24 18:00 | 札幌市 中央区 | Comments(2)

Patisserie Bliss Bliss/札幌市 南区

2019年3月10日()



c0378174_19065044.jpg
らーめん ひなた】で美味しいラーメンを食べた後は、同じく【南区】の「川沿エリア」にある【パティスリーブリスブリス】へ行って来ました。初訪問になります。

c0378174_19065753.jpg
2015年11月にオープンした【パティスリーブリスブリス】は、子供から大人まで、スイーツが好きな人から甘いものが苦手な人まで、誰が食べても美味しい洋菓子作りをモットーに掲げるスイーツ店。洋菓子の街【神戸市】で老舗店で身につけた高い技術と【北海道】の厳選素材で作り上げるスイーツを目当てに連日大勢のお客で賑わう人気店なんです(´ω`)


c0378174_19071263.jpg
レアチーズぴよたん 400円。

外観に惹かれチョイスした「レアチーズぴよたん」。外部はクリーミィなレアチーズ、中にはオレンジ&マンゴーのムースとオレンジゼリーが入っており、マンゴーソースのグラサージュが決め手となっている。可愛さとすっきりした甘さの融合体。


c0378174_19071933.jpg
丸ごと苺のチーズケーキ 450円。

濃厚なチーズケーキの上に苺のコンフィチュールと丸ごと苺を乗せた贅沢なケーキ。小さめのサイズだけど、そこは美味しさでカバー。


c0378174_19072640.jpg
ムースオフレーズ 420円。

バニラムースと木苺のジュレ、フィアンティーヌのサクサク感が楽しい苺のムースケーキ。今回買った3品の中では1番のお気に入り(´¬`)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



Patisserie Bliss Bliss
●住所 北海道札幌市南区川沿2条5丁目1-47
●電話 011-572-2332
●営業時間 10:00~19:00
●定休日 木曜
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



# by mocohe23 | 2019-03-22 19:15 | 札幌市 南区 | Comments(0)

らーめん ひなた/札幌市 南区

2019年3月10日()



c0378174_16452406.jpg
この日のランチは【札幌市】【南区】の「澄川エリア」にある【らーめん ひなた】へ行って来ました。初訪問になります。


店主が「ひなたぼっこをするような、あったかな場所にしたい」という思いを込め、2000年に「澄川エリア」で創業した【らーめん ひなた】。【旭川市】の人気ラーメン店で修業したという店主が作る一杯は非常に完成度が高く、1度食べると虜になってしまうほど。ラーメン激戦区の【札幌市】でも上位に位置付けされるほどの超人気ラーメン店なんです(´ω`)


c0378174_16453247.jpg
c0378174_16453903.jpg
鶏ガラ正油 800円。

鶏ガラと厳選野菜から煮出したスープはあっさりかつ味わい深くいくらでも飲めちゃうタイプ。もちろん中細麺との相性はバツグン。具材はチャーシュー、メンマ、ネギ、岩のりの4種。岩のりが乗ってるのは珍しいかも。肩ロース肉を特製正油でじっくり煮込んだこだわりのチャーシューは柔らかく美味しさを引き立てます。ウメェ!(´¬`)


c0378174_16454747.jpg
鶏ガラ塩 800円。

正油同様鶏ガラベースの塩スープは優しさに優しさをプラスし、とことん優しさを追求したようなお味。塩味と旨味のバランスが良く塩ラー好きにはたまらない一杯。


実は別のラーメン屋さん目的で「澄川エリア」まで行ったんですが、そのお店が臨時休業中だったんですよ。物凄く残念な気持ちになったけど胃袋は完全にラーメンモードに突入しており、ラーメン意外のものは受け付けない状態に陥ってたので急遽ネットで検索したら【らーめん ひなた】さんがヒットしたという次第です。そんなこんなで本来訪問予定のなかった【らーめん ひなた】さんですが、マジで美味しいラーメンを食べる事ができたので結果的には大満足できました。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



らーめん ひなた
●住所 北海道札幌市南区澄川5条4丁目4-5 今野ハイツ1F
●電話 011-812-2340
●営業時間 11:00~14:00 17:00~20:00(平日) 11:00~15:00 17:00~20:00(土日祝)
●定休日 水曜
●駐車場 有り(3台)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



# by mocohe23 | 2019-03-18 18:00 | 札幌市 南区 | Comments(0)

ふるさとの味 山小屋/砂川市

2018年4月9日(月)



c0378174_18212140.jpg
道の駅 田園の里うりゅう】で軽く休憩した後は、【砂川市】の「西2条エリア」にある【ふるさとの味 山小屋】へ行って来ました。初訪問になります。

昭和39年創業の【ふるさとの味 山小屋】は、その名の通りロッジ風の外観が特徴の居酒屋。店の中央には大きな炭火焼き台があり、その周りをカウンターが囲む。炭火の前で職人たちが新鮮な肉や魚、野菜を焼き上げていく姿は臨場感にあふれ食欲をそそる。常連客はもちろん道外にもファンを持つ市内屈指の人気店なんです(´ω`)


c0378174_18213080.jpg
生ビール ???円。
お通し 300円。

ジョッキには「サッポロドラフト」の文字が表記されているけど、「サッポロドラフト」って今はもうなくなったんじゃなかったっけ? たぶんこれは「サッポロ黒ラベル」だと思われる。まぁ、なんにしてもキンキンに冷えたビールはうんまい! お通しはオニオンスライスにポテトサラダが乗ったもの。丁寧に作られた感じが伝わってくる美味しいお通し。


c0378174_18214374.jpg
エビヒライ(2本) 980円。

店員さんに勧められたエビフライはビックリするほど超特大! サクサクの衣、ぷりぷりのエビ、タルタルのソース、この3種が組み合わされば絶対に間違いないヤツ。【ふるさとの味 山小屋】の超人気メニューのひとつだっての思わず納得の美味しさ(´¬`)


c0378174_18215298.jpg
とり串(1本) 100円。

「流氷の地からのおいしいおくりもの」というオリジナルのキャッチコピーが付いた「知床どり」を使用した串焼き。味付けは「塩」のみで鶏肉本来の甘味と旨味がより引き立ちます。これもまたうまし!


c0378174_18220345.jpg
網焼アスパラ ???円。

こちらのアスパラも店員さんに勧められたもの。当時住んでた空知エリアのアスパラは美味しいのはわかっていたけど、炭火で焼き上げたアスパラはまた違った美味しさに。ホクホクで甘くマヨネーズと良く合います(=ω=)


c0378174_18221461.jpg
網焼ポークステーキ 1300円。

「エビフライ」同様【ふるさとの味 山小屋】の超人気メニューのひとつ。道産の豚カタロースをしっかりとタレに漬け込み、炭火でじっくり焼き上げた一品。300g以上の豚肉は想像以上に柔らかく非常にジューシー。にんにくの利いたタレとの相性バツグン!! ウメェ(´¬`)


お店の雰囲気や店員さんの接客が良いし、何より全ての料理が美味しい。これは間違いなく再訪問決定でしょう。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



ふるさとの味 山小屋
●住所 北海道砂川市西2条南1丁目1-15
●電話 0125-54-3301
●営業時間 16:30~23:30
●定休日 不定休(主に日曜日)
●駐車場 有り(30台)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



# by mocohe23 | 2019-03-14 18:00 | 空知地方 | Comments(0)

道の駅 田園の里うりゅう/雨竜町

2018年4月9日(月)



c0378174_18244152.jpg
道の駅 あさひかわ】で休憩した後は、【雨竜町】の「満寿エリア」にある【道の駅 田園の里うりゅう】へ行って来ました。初訪問ではないですがブログにUPするのは初になります。

c0378174_18245093.jpg
「国道275号線」に面し、【暑寒別天売焼尻国定公園】に指定されている「雨竜沼湿原」への入り口に位置する【道の駅 田園の里うりゅう】は、正面玄関までの通路の右側には「雨竜沼自然館」、左側には「特産品直売施設」があり観光の情報発信基地・農産物品物流の中心拠点として都市消費者をはじめ、多くの人々との交流施設として賑わっている。毎年9月には、うりゅう米の新米販売やお米すくい、もちまきや厚岸漁協より海産物の販売など楽しく美味しい催しが目白押しの【秋の収穫大感謝祭・新米祭り】が開催される(´ω`)


c0378174_18245883.jpg
なにやら素敵な作品が! 【雨竜町】出身の作家さんの作品かな?


※記事 モコ平



道の駅 田園の里うりゅう
●住所 北海道雨竜郡雨竜町字満寿28番地3
●電話 0125-79-2100
●営業時間 10:00~18:00(5月~10月)、10:00~16:00(11月~4月)
●定休日 年末年始(12/31~1/2)
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



# by mocohe23 | 2019-03-13 18:00 | 空知地方 | Comments(2)

道の駅 あさひかわ/旭川市

2018年4月9日(月)



c0378174_23170034.jpg
男山酒造り資料館】で日本酒を飲んで来た後は、同じく【旭川市】の「永山エリア」にある【道の駅 あさひかわ】へ行って来ました。ブログにUPするのは2度目ですが初訪問になります。



c0378174_23170889.jpg
道の駅 あさひかわ】は大展示場をはじめとする多くの設備が充実。大展示場は1,500平方メートルの敷地で、自動車ショーなど色々なイベントが開催される。売店は北・北海道の(上川・留萌・宗谷)管内の特産品、フードコートはご当地グルメの「旭川ラーメン」をはじめとする、市内有名店が多数出店。非常に使い勝手の良い道の駅なんです(´ω`)


c0378174_23171570.jpg
c0378174_23172221.jpg
旭川市】のご当地キャラクター「あさっぴー」。本体ではないけど、もうなんども遭遇しています♪


※記事 モコ平



道の駅 あさひかわ
●住所 北海道旭川市神楽4条6丁目1番12号
●電話 0166-61-2283
●営業時間 9:00~19:00(売店) 11:00~20:00(フードコート) 9:00~16:00(パン工房)
●定休日 年末年始(道の駅にお問合せ下さい)
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



# by mocohe23 | 2019-03-12 18:00 | 上川地方 | Comments(0)

男山酒造り資料館/旭川市

2018年4月9日(月)



c0378174_18503853.jpg
c0378174_18513066.jpg
ベローズ フィールド ビーチ】で美味しいバーガーとパンケーキを食べた後は、同じく【旭川市】の「永山エリア」にある【男山酒造り資料館】へ行って来ました。初訪問になります。

c0378174_18520507.jpg
c0378174_18521207.jpg
c0378174_18521941.jpg
c0378174_18522871.jpg
c0378174_18524702.jpg
c0378174_18523820.jpg
北海道】【旭川市】の地酒と言えば道民なら誰もが知ってる【男山】。その【男山】340年の歴史と共に、【日本】の伝統産業の一つである酒造りの歴史と文化を伝える【男山酒造り資料館】では【男山】の由来や歴史的な資料,昔の酒造り道具などが展示されている。また、工場では実際の日本酒造りの工程を見学することもできる。資料館の1階には【男山】で造られるさまざまな日本酒の無料試飲や有料試飲・売店コーナーがある。日本各地の酒好きが足を運ぶ人気の観光スポットでもあるんです(´ω`)


c0378174_18525663.jpg
今朝ノ酒(四月九日搾り) 無料。

「今朝ノ酒」は、仕込み期間のみ【男山酒造り資料舘】限定で販売している生原酒。その日のデキによって酒質と価格が変わるのは資料館の限定品ならでは。


c0378174_18530424.jpg
男山 純米大吟醸 200円。

こちらは【男山】の代表銘柄のひとつでもある「男山 純米大吟醸」。穏やかな含み香、淡麗ながらも豊かに広がる上品な味わい、国内外の酒類コンクールにおいて数多くの金賞受賞を誇る至高の味(=ω=) ちなみにこちらは有料試飲で1杯200円。


c0378174_18531294.jpg
北の稲穂 大吟醸 2149円。

40%まで磨き上げた北海道産酒造好適米を100%使用し、時間をかけて丁寧に醸した大吟醸酒。口当たりが柔らかく、雑味のない上品な余韻が心地良いお酒。自分用のお土産として購入したけど、いつのまにかなくなっていました。多分記憶が飛んだ後いっきに飲み干してしまったんだろうなぁ~勿体ない…。


c0378174_18514175.jpg
日本酒が飲めるのも良いですが資料館も見応えがあり結構楽しめました。機会があれば再訪問したい場所ですねえ。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



男山酒造り資料館
●住所 北海道旭川市永山2条7丁目1番33号
●電話 050-5590-4383
●営業時間 9:00~17:00
●定休日 年末年始
●駐車場 有り(普通車50台・大型バス8台)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



# by mocohe23 | 2019-03-07 18:00 | 上川地方 | Comments(0)

Bellous Field Beach/旭川市

2018年4月9日(月)



c0378174_19453488.jpg
この日は【旭川市】の「緑町エリア」にある【ベローズ フィールド ビーチ】へ行って来ました。初訪問になります。


c0378174_19460171.jpg
2012年の9月にオープンした【ベローズ フィールド ビーチ】。ランチタイムは「ハンバーガーとパンケーキ」を、ディナータイムは「ハワイアンフードと冷たいビール」を楽しめる2つの顔を持つカフェレストラン。看板商品の「ハンバーガー」は、道産食材を中心とした一番力を注いでる商品。特にこだわり深いのは、道産牛100%の肉汁滴る「パティ」と、北海道産の小麦粉を使用した、モッちりと引きが強い「バンズ」。一度食べるとクセになり、何度も足を運ぶリピーターが増殖中なんだとか。夜のメインである「ハワイアンフード」もバーガーに負けず劣らずの高い完成度を誇り、冷たいビールやワイン、カクテルなどと相性抜群。また、オシャレで落ち着いた店内は雰囲気が良く、おひとり様、デート、宴会など様々なシーンに使えるのも魅力のひとつ(´ω`)


c0378174_19461243.jpg
アボガドチーズバーガー 1280円。

お店の人気No.1である「アボガドチーズバーガー」をチョイス。メインのバーガーにフライドポテトとミニサラダが付いてきます。非常に大きくてボリューミィなバーガーは店員さんに頼めば半分にカットしてくれます。説明文にも書いてあるけど道産牛100%のパティは肉汁ジュワッ系でめちゃめちゃジューシィ。旨味も強くもちもち系のバンズとの相性抜群! そこにアボガドとチーズが加わる事でよりパーフェクトなハンバーガーに。うまし!(´¬`)


c0378174_19462059.jpg
ミックスフルーツパンケーキ 1180円。

こちらは桃やバナナ、数種類のベリーを使ったお店オリジナルのベリーソースがたっぷりと乗ったミックスフルーツパンケーキ。ほのかな甘味のパンケーキ本体と、フルーツたちのコラボレーションがたまらない一品。ホイップクリームとメイプルシロップの追加が無料なのも嬉しいポイント。


c0378174_19462925.jpg
アイスティー 200円。
ジンジャーエール 200円。

通常料金は覚えてないけど、バーガーやパンケーキと一緒に注文するとドリンク類が200円になります。


お店の事前情報とかは一切仕入れてなく、たまたま車で店前を通り気になったので入店してみたらアタリだったというパターンのヤツです。料理の味も店内の雰囲気も良かったので機会があれば再訪問してみたいですねぇ。ディナータイムはお酒も飲めるようだし。



ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



Bellous Field Beach
●住所 北海道旭川市緑町12丁目2559-12 ABCヴィレッジ2F
●電話 050-5590-4383
●営業時間 11:00~16:00 18:00~22:00(食材が無くなり次第閉店する場合有り)
●定休日 火曜・不定休
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



# by mocohe23 | 2019-03-05 18:00 | 上川地方 | Comments(0)

鴨だし中華そば専門店 DUCK RAMEN EIJI/札幌市 東区

2019年1月12日()



c0378174_18394598.jpg
この日は【札幌市】【東区】の「三角点通りエリア」にある【鴨だし中華そば専門店 DUCK RAMEN EIJI】へ行って来ました。初訪問ですがブログにUPするのは2度目になります。

c0378174_18395201.jpg
2018年の3月にオープンした【鴨だし中華そば専門店 DUCK RAMEN EIJI】は、【豊平区】にある超絶人気ラーメン店【MEN-EIJI】の3号店。店舗ごとにコンセプトの違い3号店となる【鴨だし中華そば専門店 DUCK RAMEN EIJI】は店名にあるように鴨だしにとことんこだわった中華そばの専門店。当然と言えば当然ですが【MEN-EIJI】のお店なのでオープン後スグに超絶人気店になったのはいうまでもない。「大泉洋」らが出演している【北海道】のローカル深夜番組【おにぎりあたためますか】でも大絶賛でした(´ω`)


c0378174_18400418.jpg
c0378174_18401272.jpg
DUCK醤油 830円。

お店の看板メニューである「DUCK醤油」をオーダー。滝川産合鴨の骨、肉のみで引いたスープに、色々な場所から集めた醤油を独自ブレンドしたタレを合わせる事で、香り、旨味、コク、キレをバランスよく感じられる他にはない仕上がりに。「春よ恋」と「はるきらり」の石臼挽き全粒粉を自社ブレンドしたという自家製麺は中細のストレート麺でツルツルの食感が楽しめスープによく絡みます。鴨肉チャーシューは噛むとジューシィな肉汁と旨味が出て口の中に広がります。はっきり言ってめちゃめちゃウマイッ! 近年食べたラーメンの中では1番かも(´¬`)


c0378174_18401952.jpg
辛いDUCK醤油 880円。

こちらは「DUCK醤油」に特製の辛いオイルが入った亜種的存在。元々土台が完璧に仕上がっているので、後は何をしようが間違いなく美味しい。この辛さクセになるタイプのヤツです。


以前ネタを送ってくれたLovelessさんの感想ではそんな高評価ではなかったけど、自分で食べたらやっぱり美味しかった。てか、美味し過ぎた! 完全に再訪問確定です。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



鴨だし中華そば専門店 DUCK RAMEN EIJI
●住所 北海道札幌市東区本町1条9丁目3-30 三角点通りパーラー太陽苗穂店横
●電話 011-784-3321
●営業時間 11:00~14:45 17:00~20:00
●定休日 水曜・月1不定休有り
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



# by mocohe23 | 2019-03-02 18:00 | 札幌市 東区 | Comments(2)

桂沢湖/三笠市

2018年10月18日(木)



c0378174_18330457.jpg
富良野市】の【ニングルテラス】で雰囲気を満喫した後は、【三笠市】の「幸町エリア」にある【桂沢湖】へ行って来ました。5年ぶり3度目の訪問になります。



c0378174_18324865.jpg
桂沢湖】は、【桂沢ダム】の完成によりできた大人造湖。湖の周囲は62kmあり、森林にかこまれた自然景観の美しいところで、道立自然公園に指定されている。【桂沢湖】の周辺は太古のロマンを秘めた化石の宝庫として世界的にも有名で、アンモナイトやその頃の生物の化石がこの地で多数発見されており、【三笠市立博物館】にもその一部を展示されている。 湖畔には公園があり、湖の四季を楽しむことができる人気の観光スポット。また、毎年10月には【みかさ桂沢紅葉まつり】が開催され、大勢の観光客で賑わう紅葉スポットでもあるんです(´ω`)


c0378174_18325601.jpg
桂沢湖】に行く「国道452号線」は何かと頻繁に利用していたのであまり感じなかったんですが、湖畔(公園内)に入ったのは約5年ぶりだったんですねぇ。紅葉の時期とは若干ずれていたけど、機会があればまた訪問したいと思せる素敵な場所なんですよココは(=ω=)


※記事 モコ平



桂沢湖
●住所 北海道三笠市幸町2番地
●電話 0126-72-3997(三笠市役所 経済建設部商工観光課商工観光係)
●営業時間
●定休日
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



# by mocohe23 | 2019-02-28 18:00 | 空知地方 | Comments(0)

ニングルテラス/富良野市

2018年10月18日(木)



c0378174_18244259.jpg
美瑛町】の【小さなパン店 リッカロッカ】で美味しいランチを堪能した後は、【富良野市】の【新富良野プリンスホテル】の敷地内にある【ニングルテラス】へ行って来ました。初訪問になります。

c0378174_18245411.jpg
c0378174_18250460.jpg
新富良野プリンスホテル】の敷地内にある【ニングルテラス】は、15棟のログハウスがつらなるロマンティックなショッピングエリア。テラス内には多種多様な店が出店しており、鍛冶屋や皮工房、ガラス工房など様々なクラフト系の作品を購入する事ができます。ちなみにニングルとは、脚本家「倉本聰」氏の著書「ニングル」の作品に登場する昔から【北海道】の森に住む身長15cmくらいの「森の知恵者」のこと。今では【富良野市】を代表する人気観光スポットなんです(´ω`)


c0378174_18251510.jpg
c0378174_18252662.jpg
何度も訪れている【富良野市】ですが、【ニングルテラス】に来たのはこのときが初めて。なんてゆーか、森の妖精たちが本当にいるんじゃないかと思わせるよーな雰囲気が非常に良く、機会があれば再訪問したくなっちゃうんですよねぇ。ただ、ほぼ全てのお店が撮影禁止だけど(´Д`;)

※記事 モコ平



ニングルテラス
●住所 北海道富良野市中御料(新富良野プリンスホテル)
●電話 0167-22-1111(新富良野プリンスホテル)
●営業時間 12:00~20:45(7月・8月は10:00~21:30)
●定休日 無休(店舗により異なる)
●駐車場 有り(390台)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



# by mocohe23 | 2019-02-26 18:00 | 上川地方 | Comments(2)

小さなパン店 LIKKA LOKKA/美瑛町

2018年10月18日(木)



c0378174_08534193.jpg
c0378174_08534829.jpg
道の駅びえい 白金ビルケ】をちょこっと覗いてきた後は、同じく【美瑛町】の「美馬牛エリア」にある【小さなパン店 リッカロッカ】へ行って来ました。初訪問になります。

c0378174_08540408.jpg
c0378174_08541256.jpg
2016年4月にオープンした【小さなパン店 リッカロッカ】は、「毎日食べてもからだに優しいパン作り」をモットーに、美瑛産の小麦、天然酵母、塩、てんさい糖のシンプルな素材で最大限の風味や旨味を引き出すテクニカルでマジカルなパン屋さん。【JR美馬牛駅】から徒歩すぐの場所にあるのにもかかわらず、自然に包まれたロケーションも魅力のひとつ。美味しいパンと絶景の両方を堪能できる人気のお店なんです(´ω`)


c0378174_08543007.jpg
トマトと大葉とチーズ 210円
クランベリーとクリームチーズ 210円
7種の野菜たっぷりミネストローネ 390円。

「トマトと大葉とチーズ」は、その名の通りトマトと大葉とチーズが入ったベーグルなんですが、この組み合わせ間違いないヤツです。最初はそのまま食べて「ちょっと固いな」とか思ったけど、そこはご安心。カフェスペースには可愛らしいオーブントースターが設置されているので、数十秒間焼く事により本来のふわもち感が蘇ります。「クランベリーとクリームチーズ」も美味しく、スイーツ系ベーグルの中では定番中の定番。「7種の野菜たっぷりミネストローネ」は非常にほっこりとした優しい味。新鮮な野菜を惜しげもなく使用しているのは美瑛ならでは(=ω=)


c0378174_08543785.jpg
ベーグルのフレンチトーストセット 690円。

お店自慢のベーグルを使ったフレンチトーストは、熱々ジューシィで良い感じ。そこに自家製のハスカップジャムをかけて食べるとまた違った美味しさに。更にアイスを乗せるとレベルが20回ぐらいUPします。コーヒーも付いて690円だなんてこれはホントに良いセット(´¬`)


c0378174_08542262.jpg
どれを食べても美味しく、お店も雰囲気が良く素敵な感じだったので再訪問は確定でしょう。この日はわりと雨脚の強い日だったから次回は絶景も堪能できる天気の良い日を狙うッ!


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



小さなパン店 LIKKA LOKKA
●住所 北海道上川郡美瑛町美馬牛南1-5-50
●電話 0166-73-4865
●営業時間 10:00~17:00(売切次第終了)
●定休日 日曜・月曜
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



# by mocohe23 | 2019-02-24 18:00 | 上川地方 | Comments(0)

道の駅びえい 白金ビルケ/美瑛町

2018年10月18日(木)



c0378174_19234776.jpg
この日は【美瑛町】の「白金エリア」にある【道の駅びえい 白金ビルケ】へ行って来ました。道の駅自体は初訪問ですが【白金ビルケの森】は2度目の訪問になります。

c0378174_19235596.jpg
びえい白金温泉】や【青い池】への入り口にある【白金ビルケの森 インフォメーションセンター】が、2018年5月12日【道の駅びえい 白金ビルケ】としてリニューアルオープン。「白金エリア」をはじめとした【美瑛町】全体の情報発信を行うほか、シャワールームの設置、アウトドアブランドの販売、町の食材をふんだんに使用したハンバーガーショップなど、【美瑛町】をより一層楽しめる施設になっている。現時点で【北海道】で1番新しい道の駅なので2018年度版の道の駅スタンプラリー帳にはスタンプページがない。


美瑛町】に2個目の道の駅がオープンしたってのは知人に聞いて知っていたけど、まさか【白金ビルケの森 インフォメーションセンター】が道の駅に進化していたとは。まぁ、もともと町の中心部にある道の駅よりこっちのほうがずっと道の駅っぽかったけど(´Д`) 施設内に道の駅と同時期にオープンしたとゆうハンバーガーショップでハンバーガーを食べようと思ってたんですが、単品1000円超えの価格にビビリ手が出せなかったww


※記事 モコ平



道の駅びえい 白金ビルケ
●住所 北海道上川郡美瑛町字白金
●電話 0166-94-3355
●営業時間 9:00~18:00(冬季営業 変動あり)
●定休日 年末年始(12/31~1/3)
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



# by mocohe23 | 2019-02-22 18:00 | 上川地方 | Comments(2)

炭焼き 佐ト屋/札幌市 東区

2019年2月16日()



c0378174_18243035.jpg
欧風カレー KEN】で美味しいカレーを食べた日の夜は、同じく【東区】の「伏古エリア」にある【炭焼き 佐ト屋】へ飲みに行って来ました。もう何度も訪問してますが、ブログで扱うのは3度目になります。



炭焼き 佐ト屋】はその名の通り炭焼きにこだわった焼き鳥メインの居酒屋。焼き鳥がメインではありますが、海鮮料理や一品料理も種類が豊富。【日本ハムファイターズ】をこよなく愛すスタッフと店主がいるお店で、ファイターズ戦は全試合放送予定なんだとか。黒で統一された店内はシックで非常に落ち着いた雰囲気。オープンしてからまだそんな年数は経っていませんが今では地元民に愛される人気の居酒屋なんです(´ω`) ちなみに2017年からはランチ営業も行っている。


c0378174_18243859.jpg
飲み放題(90分) 1380円。
お通し ???円。

ビールの銘柄は「サッポロ黒ラベル樽生」。お通しは手作り感満載のポテトサラダ。ビールにポテサラってのも悪くない。


c0378174_18254628.jpg
ヤゲン串(2本) 380円。

コリコリ食感が楽しめるヤゲン軟骨の串焼き。


c0378174_18244817.jpg
つくね おろしポン酢(2本) 350円。

つくねにウルサイ我々も認めている【炭焼き 佐ト屋】のつくね。そのおろしポン酢バージョンがこちら。肉汁ジューシィ系で旨味の強いつくねがおろしポン酢であっさりと(´¬`)


c0378174_18245562.jpg
しめ鯖 ???円。

自家製なのかどうかはわからないけどしめ鯖好きなら納得のいく美味しいさ。


c0378174_18250793.jpg
牛レバ 680円。

炭焼き 佐ト屋】に来たら毎回頼んでるのがこの牛レバー炙り。だがこの日はなんだかいつもとちょっと様子が違う。小さな焼き台を出され自分で焼くスタイルにッ!?Σ(ΦДΦ) まぁ、自分で焼くので多少焦がしちゃったりしたけど味はいつもの超絶美味しいヤツ。うーむ、これは嬉しいサービスだなぁ(=ω=)


c0378174_18251582.jpg
c0378174_18252300.jpg
こまい ???円。

牛レバを焼いた焼き台に炭がまだ残っていたのでマスターに「何か焼き台で焼けるものない?」と聞いたところ「こまいならありますよ」と言われすぐさまオーダー。出てきたのは大ぶりなこまいで焼き台からはみ出ちゃうけど気にしない。焼き立てのこまいの美味いこと美味いこと(´¬`)


c0378174_18253851.jpg
ポンポチ串(2本) 350円。

有名ブランド地鶏である「中札内田舎どり」を使用したポンポチ串。旨味が強い地鶏とポンポチ特有の食感がたまらない。


c0378174_18253169.jpg
赤鶏のたたき 680円。

宮崎から直送しているという赤鶏をたたきでいただきます。噛めば噛むほど奥深い甘味が特徴でうんまい!


前回訪問時からだいぶ日が空いた気がするけど、そのぶん何かやたら進化していました。やっぱ【炭焼き 佐ト屋】さん良い居酒屋です。結局ランチ訪問はしてないけどww


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



炭焼き 佐ト屋
●住所 北海道札幌市東区伏古8条2丁目6-21 パークサイド8・2
●電話 011-792-0507
●営業時間 11:00~14:00 17:00~24:00
●定休日 月曜
●駐車場 有り(10台)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



# by mocohe23 | 2019-02-21 18:00 | 札幌市 東区 | Comments(0)

欧風カレーKEN/札幌市 東区

2019年2月16日()



c0378174_18371049.jpg
この日のランチは【札幌市】【東区】の「北15条エリア」にある【欧風カレー KEN】へ行って来ました。初訪問になります。


2013年4月にオープンした【欧風カレーKEN】は、フレンチの調理法を駆使し、2日間かけて作るフォンドヴォライユ(鶏の出汁)ベースのルゥと、食材にとことんこだわりを持つ欧風カレーの専門店。落ち着いた雰囲気の店内で美味しいカレーが食べられると評判で、平日休日問わずいつでも大勢の客が訪れる超人気カレー店なんです(´¬`)


c0378174_18371741.jpg
c0378174_18372487.jpg
チキンレッグカレー 1090円。

お店の人気メニューっぽいチキンレッグが入ったカレーを中辛でチョイス。ご飯とカレールゥが別々に提供されるスタイルは久しぶりかも。2日間かけて作るというカレールゥは甘味とコクが深く濃厚なんですがほんの少し苦味もあり大人の味といった感じ。スプーン1本でほぐれるチキンレッグの旨味と相性抜群でした。さすが絶大な人気を誇るカレーだけあってかなり美味しい。


c0378174_18373161.jpg
豚ひき肉カレー 990円。

こちらはこだわりのカレールゥに炒めた豚ひき肉が入っており、よりいっそう甘味と旨味が濃くなっています。予想外だったのはひき肉のデカさ。ゴロンゴロンしていてなかなかのインパクトw なんにしてもウメェよこのカレー!(´¬`)


ひとつ残念だったのはチキンレッグカレーのお皿がちゃんと洗い切られておらず若干汚れてたんですよねぇ。まぁ、それを差し引いても味は本物で美味しかったし、駐車場数もちゃんと確保されているので再訪問しやすいお店でした。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



欧風カレーKEN
●住所 北海道札幌市東区北15条東1-2-17 イースタンビル1F
●電話 050-5594-8163
●営業時間 11:30~22:15 11:30~15:00(水曜のみ)
●定休日 無休
●駐車場 有り(13台)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



# by mocohe23 | 2019-02-19 18:00 | 札幌市 東区 | Comments(0)

お菓子クラブ Saki/札幌市 豊平区

2019年2月15日(金)



c0378174_13360660.jpg
この日は【札幌市】【豊平区】の「中の島エリア」にある【お菓子クラブ Saki】でスイーツを買ってみました。初訪問になります。


2012年の2月にオープンした【お菓子クラブ Saki】は、「笑顔が咲くお店にしたい」をコンセプトに優しい想いが込められたスイーツ店。常時30種類ほどの色鮮やかなケーキ、パイ、焼き菓子などを提供。中でも店1番のオススメは「がんこシュー」で、この商品を求め遠方から足を運ぶファンも多いんだとか。町内の住民に愛されて止まない人気店なんです(´ω`)


c0378174_13361319.jpg
がんこシュー 150円。

上記にも書いてあるお店人気No.1の「がんこシュー」。その名の通り生地はカチカチサクサクでクッキーを食べているような食感。それが風味豊かなカスタードクリームと合わさる事で美味しさの幅が広がります。これは稀に見る絶品スイーツ(´¬`)


c0378174_13361954.jpg
プリン 240円。

しっとりとしてなめらかで甘さ控えめな極上プリン。注文時に生クリームをかけるかどうか聞かれますが、プリン本体の味をストレートに味わいたいのなら生クリームは無し、別ルートの味に進みたいのであれば生クリーム有りと2択なところが嬉しい。


c0378174_13362620.jpg
先週だったかな? 毎週金曜日の19時から放送している【発見! タカトシランド】の「中の島エリア」特集で訪れていたお店で、前から気になっていたので今回訪問してみました。味のレベルが高く全体的にリーズナブルな感じだったので再訪問は確定でしょう。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



お菓子クラブ Saki
●住所 北海道札幌市豊平区中の島1条7丁目8-12
●電話 011-211- 8248
●営業時間 10:00~19:30
●定休日 火曜・水曜(祝日の場合は営業)
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



# by mocohe23 | 2019-02-17 18:00 | 札幌市 豊平区 | Comments(0)

和ごころ 雄大/札幌市 中央区

2018年12月8日()



c0378174_18523294.jpg
北海道厳選居酒屋 仲町ガバチョ 鉄板串焼店】で飲み食いした後は、同じく【中央区】の「創成川イーストエリア」にある【和ごころ 雄大】行ってきました。2度目の訪問になります。



中心部から若干離れた隠れ家的居酒屋の【和ごころ 雄大】。長年飲食店で経験を積んだ、店主が研究を重ねて作る道産地鶏と昆布の合わせダシのおでんと一品料理の数々と、店主自ら1本1本味見・吟味をした、日本各地のオススメのお酒が楽しめる居酒屋。また、夜の部でも定食があるので飲みながらご飯を食べる事も可能。知る人ぞ知る穴場的お店なんです(´ω`)


c0378174_18524158.jpg
飲み放題(90分) 1280円。
お通し ???円。

飲み放題はサッポロクラシック樽生付きで90分1280円。チェーン店じゃない個人店なのにこの価格は頑張ってる感があります。まぁ、アルコールが酒が飲めりゃ良いんだけどw お通しはコンニャクのごま和え。シンプルな料理ですが手造り感が伝わってくる優しい味。


c0378174_18524999.jpg
雄大盛り 890円。

初訪問時にも注文した刺し盛り。その道20年という店主自らが朝市で買い付けたという刺身はどれもこれも新鮮でウマイ(´¬`)


c0378174_18525691.jpg
??? ???円。

えっと…。何かのフライなのはわかるんだけど、この時点でもう記憶は飛んでいます。なのでこれが何なのか当然覚えてないってゆーねw まぁ、【和ごころ 雄大】のフライなんだから美味しくないワケがない!


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



和ごころ 雄大
●住所 北海道札幌市中央区南2条東6 朝日プラザビル1F
●電話 011-206-0365
●営業時間 12:00~14:00 17:00~23:00
●定休日 水曜・その他不定休あり
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



# by mocohe23 | 2019-02-14 18:00 | 札幌市 中央区 | Comments(0)

北海道厳選居酒屋 仲町ガバチョ 鉄板串焼店/札幌市 中央区

2018年12月8日()



c0378174_20131869.jpg
この日は【札幌市】【中央区】の【狸小路5丁目】にある【北海道厳選居酒屋 仲町ガバチョ 鉄板串焼店】で忘年会をして来ました。2度目の訪問ですがブログにUPするのは初になります。


c0378174_20132724.jpg
2012年9月オープンの【北海道厳選居酒屋 仲町ガバチョ 鉄板串焼店】は、店主のこだわり厳選食材を「鉄板串焼き」で味わえる居酒屋。2階席は随所に「和」を取り入れたモダンで落ち着く空間になっており、そこで食べる美味しい料理に惹かれ週末にもなると予約の取れないこともあるお店なんです(´ω`)


c0378174_20133749.jpg
羅臼昆布出汁 豚しゃぶコース 3480円。

お店の1番人気だという「羅臼昆布出汁 豚しゃぶコース」はクーポン利用で3980円が3480円に。料理の品数は全部で7品。メインの豚しゃぶをはじめバラエティに飛んだ料理が楽しめます。


c0378174_20134663.jpg
冬の彩りサラダ。

冬の彩リサラダですが、夏野菜のズッキーニや秋野菜のカボチャが入ってるのはご愛敬。彩りもキレイだし野菜自体も凄く美味しい。野菜によっては素揚げされてるのも高ポイント。


c0378174_20135513.jpg
お刺身3点盛り。

内容は「マグロ(赤身)」「サーモン」「ソイ」の3種。ここの店主は海産物にもこだわっているので鮮度抜群でどいつもこいつも間違いないヤツです。個人的にはサーモンが1番かなぁ。


c0378174_20140383.jpg
c0378174_20141240.jpg
羅臼産昆布だしの豚しゃぶしゃぶ鍋。

メインの豚しゃぶは羅臼産昆布を使用した贅沢なお鍋。羅臼産昆布の出汁で食べる豚しゃぶは甘味と旨味が強いのにもかかわらず、どこか優しい味で何杯でもいけちゃう。これはウマイ(´¬`)


c0378174_20142181.jpg
c0378174_20143035.jpg
c0378174_20143721.jpg
専門店の特選串6種。

内容は「ハツ(桜姫鶏)」「せせりバジル」「ししとう」「鶏レモンソース」「鶏皮」「ぱりかわ」の6品。珍しいのは鶏のもも肉にレモンソースがかかった串焼き。これが本当に美味しかった。せせりのバジルソースも良い感じだったなぁ。専門店だけに串焼きはどれもこれも◎


c0378174_20144708.jpg
知床鶏のザンギ。

揚げたてで衣はサクサク、中の知床鶏は非常にジューシィ。安心安定の美味しいザンギ。これは単品で注文したい一品。


c0378174_20145471.jpg
c0378174_20150210.jpg
〆のラーメン。

羅臼産昆布と豚肉の旨味が出た出汁で煮るラーメンを、オリジナルのポン酢でいただく〆のラーメン。アッサリしてて美味しい。


c0378174_20151067.jpg
抹茶ブラウニー。

最後に出てくるデザートは抹茶をふんだんに使用したお店特製のブラウニー。甘味と苦味のバランスが絶妙。これなら我々のようなおぢさんにもウケが良い。


記憶は定かではないですがたしかこの【北海道厳選居酒屋 仲町ガバチョ 鉄板串焼店】がオープンしたての頃に1回目の訪問をしています。そのときの印象は「あ~2回目はないかなー」でしたが、今回の訪問で考えが変わりました。料理は美味しいし、何より飲み放題のドリンクを持ってきてくれるスピードのUPが良い感じでした。クーポン利用で安くなったコースが土曜日という事で500円増しの3980円になったのは予想外だったけどww


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



北海道厳選居酒屋 仲町ガバチョ 鉄板串焼店
●住所 北海道札幌市中央区南2条西5丁目 狸小路5丁目
●電話 011-231-4567
●営業時間 17:00~翌1:00
●定休日 無休
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



# by mocohe23 | 2019-02-12 18:00 | 札幌市 中央区 | Comments(0)

岩瀬牧場 ジェラードSHOP/砂川市

2018年4月27日(金)



c0378174_18190424.jpg
滝川市】の【手打そば 加々家(かかか)】で美味しいおそばを食べてきた後は、【砂川市】の「一の沢エリア」にある【岩瀬牧場 ジェラードSHOP】へ行って来ました。初訪問ですがブログで扱うのは2度目になります。




c0378174_18191214.jpg
岩瀬牧場】は【砂川市】の広大な大地で、のびのびと育った乳牛200頭から搾った新鮮なミルクを使用し、プリンやチーズケーキ、ジェラートなどのスイーツを製造・販売をしている牧場。敷地内には自家製のモッツァレラチーズを使用したパスタやピッツァが人気のレストラン【Farm Restaurant RIVISTA】や【岩瀬牧場 ジェラードショップ】が併設しています。【岩瀬牧場】のソフトクリームを取り扱ってる店は多く、【千歳空港】や【宝水ワイナリー】、【アルテピアッツァ美唄】などなどいろんなところで味わえるのも嬉しいポイント(´ω`) ちなみに2018年1月に同敷地内に移転しリニューアルオープンしている。


c0378174_18192215.jpg
ダブル(チョコココア・ストロベリーヨーグルト) 310円。

チョコの甘味と苦味、イチゴの甘味と程よい酸味がベストマッチな「アポロ計画」を発動。この2種類の組み合わせは間違いなく最高の組み合わせなんです(=ω=)


c0378174_18193103.jpg
ダブル(ストロベリーミルフィーユ・クッキークリーム) 310円。

こちらは以前から評価の高かったストロベリーミルフィーユと、これまた人気のあるクッキークリームの組み合わせ。まぁ、早い話どれを食べても【岩瀬牧場】のジェラートは美味しいんですよね。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



岩瀬牧場 ジェラードSHOP
●住所 北海道砂川市一の沢237番地6
●電話 0125-53-5071
●営業時間 9:00~18:00 9:00~19:00(夏季)
●定休日 無休
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



# by mocohe23 | 2019-02-07 18:00 | 空知地方 | Comments(0)