蕎麦鳥/札幌市 北区

2018年7月20日(金)



c0378174_14413214.jpg
炭火居酒屋 炎 北24条店】で飲み食いした後は、同じく【北区】の「北24条エリア」にある【蕎麦鳥 北24条店】へと移動。初訪問になります。



蕎麦鳥(ソバチョウ)】は、その名の通り「そば」と「焼き鳥」を扱うハイブリット居酒屋。そばは本格的なものから変わり種そばまで種類が豊富。毎日手刺しの焼鳥と札幌の名物を目指した「札幌みそ焼鳥」のような市内では珍しい味噌味の焼き鳥などがある。週末は朝方まで営業しているので、始発待ちの飲兵衛には非常に有難い。価格が全体的にリーズナブルなのも庶民には嬉しいところ。総じてポイントの高い居酒屋なんです(´ω`)


c0378174_14413969.jpg
飲み放題(90分) 750円。
お通し ???円。

1杯目はサッポロ麦とホップ(樽生)をオーダー。飲み放題に生ビールを付けると+230円の合計980円になります。お通しは手作り感満載のポテトサラダ。太いソーセージが入っているのが好印象。


c0378174_14414632.jpg
c0378174_14415302.jpg
濃厚とり蕎麦(赤) 680円。

普通のそばにしようかどうか散々迷った挙句、店員さんオススメの濃厚とり蕎麦(赤)をオーダー。どんなものかっていうと、濃厚で旨味の強い鶏白湯スープにそばが入った新感覚なラーメン的そばって感じですかねぇ。さすがオススメしてくるだけあってウマイ!(´¬`)


c0378174_14420171.jpg
茄子揚出し 380円。

本日のおすすめメニューの中からナスの揚げ出しをチョイス。濃厚とり蕎麦(赤)のようなアグレッシブなタイプではなく、教科書通りタイプで安心安定の味。こーいうのがまた良いんですよ。


うーむ、2軒目だったのであまり種類食べれなかったけど非常に料理が美味しかったので再訪問確定です。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



蕎麦鳥 北24条店
●住所 北海道札幌市北区北24条西4丁目3-6 シェーベル24 1F
●電話 050-5593-4329
●営業時間 18:00~翌3:00(月~木) 18:00~翌5:00(金土)
●定休日 日曜・祝日
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く
別ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く playback



[PR]
# by mocohe23 | 2018-08-14 18:00 | 札幌市 北区 | Comments(0)

炭火居酒屋 炎/札幌市 北区

2018年7月20日(金)



c0378174_12292324.jpg
この日は【札幌市】【北区】の「北24条エリア」にある【炭火居酒屋 炎 北24条店】へ飲みに行ってきました。2度目の訪問になります。

食材と美味しさにこだわった飲食店を展開している【伸和ホールディングス】の居酒屋チェーン店【炭火居酒屋 炎】。生つくねがウリで、道内契約養鶏所にて、つくねに合う若鳥を育ているほどのこだわりっぷり。もちろんつくね以外にもチカラを入れており、どれを食べてもハズレがない。通常メニュー、飲み放題共にリーズナブルで、週末にもなると大勢のお客でにぎわう人気居酒屋なんです(´ω`)


c0378174_12293153.jpg
飲み放題(120分) 980円。
お通し ???円。

飲み放題はプレミアムモルツ込みで驚愕の980円。ビール好きにはたまりません。いつもポテサラ率の高いお通しがこの日はチャーシューでした。


c0378174_12294129.jpg
生つくね(1本) 100円。

炭火居酒屋 炎】の代表作である生つくねはぷりっぷりでジューシィ。他の焼き鳥店とはひとあじ違います(´¬`)


c0378174_12294874.jpg
とり皮ポン酢 390円。

パリパリに揚げられたとり皮にポン酢がかけられた酒の肴。本当は柔らかいのを想像してたんですが、全く真逆のもので驚きましたw まぁ、これはこれで美味しいんですけどね。


c0378174_12300104.jpg
赤もつ串(1本) 90円。
鶏レバー串(1本) 140円。

この店で初めて食べたとき衝撃を受け、それ以来何処の【炭火居酒屋 炎】に行っても必ず注文するようになった赤もつ串。問答無用に美味しい串焼きです。鶏レバー串は定番中の定番。どちらも甲乙つけがたい美味しさ(´¬`)


c0378174_12301098.jpg
チーズつくね(1本) 120円。
おろしニンニクつくね(1本) 150円。

チーズつくねは安心安定。おろしニンニクつくねは初食だったけど、大根おろしとニンニクって合うんですね。これはアリ!


c0378174_12301930.jpg
牛すじポン酢 290円。

とり皮ポン酢がイメージと違ったので牛すじポン酢なら間違いないだろうと注文。ぷるぷる濃厚コラーゲンが良い感じ。


c0378174_12325427.jpg
豚ねぎ串(1本) 140円。
牛タン串(1本) 290円。

豚ねぎ串に使われてるバラ肉は甘味があり青ネギ効果でさっぱりいただけます。牛タン串はコリコリの食感と旨味が同時に楽しめる。ウメェ!(´¬`)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



炭火居酒屋 炎 北24条店
●住所 北海道札幌市北区北24条西5丁目1-1
●電話 011-758-4129
●営業時間 15:00~翌1:00(月~木日祝) 15:00~翌3:00(金土祝前)
●定休日 無休
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く
別ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く playback



[PR]
# by mocohe23 | 2018-08-13 18:00 | 札幌市 北区 | Comments(0)

kitchen FARM YARD/由仁町

2018年6月21日(木)



今回は知人のMEG BEAMさんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


c0378174_15114564.jpg
この日のMEG BEAMさんが向かったのは【由仁町】の「西三川エリア」にある【キッチン ファームヤード】。


ファーム大塚】の農場直営レストランとして1999年にオープンした【キッチン ファームヤード】。直営農場で収穫された新鮮な野菜やハーブを使った季節ごとに変化する、その季節にしか食べることのできない大地の恵みがぎっしりつまったメニューがたくさん。 人気は「スープスパイス」と呼ばれるオリジナルのスープカレー。 メイン食材と十数種類もの旬の野菜が入った深い味わいが堪能できる。収穫時にしか食べることのできない看板メニューの「季節のタルト」は絶品で、タルト目的で遠方から足を運ぶファンも多い。また、農場ではブルーベリー狩り体験やドッグランもあるので老若男女犬問わず楽しめる人気のファームレストランなんです(´ω`)


c0378174_15115739.jpg
季節の天ぷら(紫アスパラ) 280円。

珍しい紫アスパラを使った揚げたての熱々天ぷら。新鮮なので甘味が強くシャキシャキ食感たまらない。激ウマッ!!(´¬`) ちなみに、このときは280円だったようですが、収穫の時期やサイズにより価格が変動するそうです。


c0378174_15120928.jpg
c0378174_15121884.jpg
スープスパイス(セット) 1250円。
チーズ(トッピング) 160円。

スープカレーはチキン、辛さは中辛、トッピングはチーズ、ライスは黒米の小サイズ、サラダのドレッシングはさらさらレッドでオーダー。スリランカ産のスパイスと野菜やハーブが入ったスープカレーはコクと旨味、辛さが絶妙。すっきりしていて非常に飲みやすいんだとか。具材は、ブロッコリー、カブ、ナス、ズッキーニ、かぼちゃ、ごぼう、キャベツ、水菜、じゃがいも、にんじん、えのき、うずらの卵の12種と驚きの品数。野菜が多いので必然的にボリュームアップされるのでライスは小サイズで頼んだらしい。サラダも超新鮮だし、さらさらレッド(赤いたまねぎ)のドレッシングで血液が綺麗になった感じがするとかしないとかw まぁ、何にしても非常に美味しく満足度が高かったみたいですねぇ(´¬`)


c0378174_15122945.jpg
スープスパイス(セット) 1250円。
チーズ(トッピング) 160円。

こちらのスープカレーはポーク、中辛、チーズトッピング、鉄鍋バターライスの中サイズ、サラダのドレッシングは不明(画像無し)でオーダー。チキンとはまた違った旨味とポークの甘味が良い感じに仕上がっているんだとか。


c0378174_15123982.jpg
c0378174_15124692.jpg
c0378174_15125326.jpg
ポットティーとケーキのセット 800円。

内容は、いちごタルト、長いもシフォン、フレッシュハーブティー。一応画像は2人前です。甘酸っぱいいちごが大量に乗ったタルトは間違いなく美味しいヤツ。長いものシフォンは生地と生クリームの間に長いものクリームが塗ってあり、独特の食感と味が楽しめます。フレッシュハーブティーはその名の通りフレッシュで食後のドリンクにぴったり。


c0378174_15130091.jpg
いちご(大) 680円。

ファームヤード】で店売りしていたといういちご。タルトでいちご本体の美味しさがわかっていたのでお土産用に購入。めちゃウマ♪


実は前にもMEG BEAMさんから【キッチン ファームヤード】のネタを送ってもらった事があるんですが、保存していたPCがクラッシュしたとき、そのネタも一緒に吹き飛んでしまったんですよ。データが消去されてしまった事をMEG BEAMさんに伝えたところ、わざわざもう1度【キッチン ファームヤード】に行ってくれたんです。まぁ、再訪問したいと思ってたところだったから丁度良かったんだとか(´ω`)


MEG BEAMさん貴重な食ネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m


※記事 モコ平



kitchen FARM YARD
●住所 北海道夕張郡由仁町西三川913
●電話 0123-86-2580
●営業時間 11:00~18:00
●定休日 火曜・水曜・年末年始
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く
別ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く playback



[PR]
# by mocohe23 | 2018-08-12 18:00 | 空知地方 | Comments(2)

レストラン くじら/新十津川町

2018年6月24日()



c0378174_13273207.jpg
北竜町】の【道の駅 サンフラワー北竜】でスタンプをGETした後は、【新十津川町】の「中央エリア」にある【レストラン くじら】へ行ってきました。初訪問になります。



c0378174_13280334.jpg
c0378174_13283233.jpg
屋根の上にある大きな「くじら」が目印の【新十津川 物産館】。今から約30年ほど前、【新十津川町】で500万年以上前の化石が発見され「シントツカワクジラ」と命名されたことから、【新十津川 物産館】はクジラをモチーフに使っているんだとか。そしてその2階にあるのが【レストラン くじら】。新十津川産のお米はもちろん、とれたての美味しいアスパラを使ったアスパラ天丼や、地元たまねぎをふんだんに使ったコクのあるカレー、地元の酒蔵【金滴酒造】の味を感じてもらえる金滴酒粕ラーメン、【奈良県】【十津川村】の郷土料理でもある「めはりずし」なども取り揃えている。


c0378174_13290382.jpg
天ざるそば 800円。

そばは自分の大好きな更科系。濃いめのつゆと相性バツグン。天ぷらの内容はエビ、イカ、ナス、アスパラ、海苔、キスの6種。レストランだから正直期待してはいなかったけど、想像を遥かに超える美味しさに大満足! そばも天ぷらも専門店に引けを取らない美味しさでした(´¬`)


c0378174_13293386.jpg
冷し天ぷら笹うどん 800円。

こちらは珍しい笹が練り込まれたうどん。やはり総じてレベルが高く非常に満足のいくうどんでした。天ぷらの内容は天ざるそばと一緒。


てか、【新十津川 物産館】の隣にそばの専門店(チェーン店)があったんですが今は閉店してました。専門店の味をも凌ぐ【レストラン くじら】の美味しさに勝てなかったんでしょうかねぇ? 再訪問確定!


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



レストラン くじら
●住所 北海道樺戸郡新十津川町中央5-1 新十津川物産館2F
●電話 0125-76-3141
●営業時間 11:00~14:30(平日) 11:00~17:30(土日祝)
●定休日 月曜
●駐車場 有り



前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く
別ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く playback



[PR]
# by mocohe23 | 2018-08-11 18:00 | 空知地方 | Comments(4)

道の駅 サンフラワー北竜/北竜町

2018年6月24日()



c0378174_12273788.jpg
増毛町】の【遠藤水産 港町市場 増毛店】で買い物をした後は、【北竜町】の「板谷エリア」にある【道の駅 サンフラワー北竜】へ行ってきました。2回目の訪問ですがブログにUPするのは初になります。



国道275号沿いにある【道の駅 サンフラワー北竜】は、二頭の龍が守る門の中にそびえるオランダ風の建物というユニークな外観。この道の駅は温泉保養センターと物産販売、宿泊研修施設を兼ねた施設。 特に温泉は観光客ばかりではなく、地元はもちろん近隣市町村から温泉を楽しみにやってくるという人気ぶり。目玉はもちろん「ひまわり」で、季節には道の駅の裏手に一面のひまわり畑が見えるほか、ひまわりグッズの販売やひまわり湯、ひまわりアイスなど、さまざまな「ひまわり」を満喫することができるんです(´ω`)


道の駅スタンプラリースタンプGET!


※記事 モコ平



道の駅 サンフラワー北竜
●住所 北海道雨竜郡北竜町字板谷163番地2
●電話 0164-34-3321
●営業時間 8:00~22:00(道の駅) 9:30~22:00(温泉)
●営業時間 8:00~21:00(売店) 11:00~20:00(レストラン)
●定休日 無休
●駐車場 有り



前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く
別ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く playback



[PR]
# by mocohe23 | 2018-08-10 18:00 | 空知地方 | Comments(2)

遠藤水産 港町市場/増毛町

2018年6月24日()



c0378174_12045893.jpg
小平町】にある【道の駅 おびら鰊番屋】で軽くランチをした後は、【増毛町】の「港町エリア」にある【遠藤水産 港町市場 増毛店】へ行ってきました。3回目の訪問ですがブログに単体でUPするのは初になります。



c0378174_12050738.jpg
港町市場】は【増毛町】でも有名な【遠藤水産】の直売店。名物はな「エビ」。うまさとろける甘エビをはじめ、ボタンエビ、ましけエビ、ゴジラエビなど、豪快に量り売りをしています。その他の海産物や加工品も豊富に取り揃えており、時期にもよるが色々なものが浜値で購入できると遠方から足を運ぶ客の多い超人気店なんです(´ω`) ちなみに【札幌市】の【白石区】に【遠藤水産 港町市場 札幌店】があります。


c0378174_12051334.jpg
味付ホッケ 600円。

増毛産のほっけを使った加工品。ほっけの旨味がぎゅっと凝縮された美味しいヤツで酒の肴にピッタリ。そのまま食べても美味しいのですが、ちょっと炙ると更に美味しくなります(´¬`)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



遠藤水産 港町市場 増毛店
●住所 北海道増毛郡増毛町港町4-26
●電話 0164-53-2000
●営業時間 8:30~16:00
●定休日 火曜
●駐車場 有り



前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く
別ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く playback



[PR]
# by mocohe23 | 2018-08-09 18:00 | 留萌地方 | Comments(4)

道の駅 おびら鰊番屋/小平町

2018年6月24日()



c0378174_10524399.jpg
苫前町】の【道の駅 風W(ふわっと)とままえ】でスタンプをGETした後は、【小平町】にある【道の駅 おびら鰊番屋】へ行ってきました。初訪問になります。



c0378174_10525113.jpg
c0378174_10525891.jpg
2015年4月にオープンした【小平町】のランドマーク【道の駅 おびら鰊番屋】。特産品の販売や歴史文化保存展示ホールなどを有している「小平町観光交流センター」、日本海の海の幸が楽しめる食堂が人気の「食材供給施設」、道内屈指の重要文化財「旧花田家番屋」など、様々な施設がある。【苫前町】の【道の駅 風W(ふわっと)とままえ】同様こちらの【道の駅 おびら鰊番屋】も非常に人気の高い道の駅なんです(´ω`)


c0378174_10530568.jpg
小平バーガー 450円。

道の駅内にある【concept caffe ぷろぺら】で購入したご当地バーガー。小平産小麦ルルロッソと道産のバターや卵、牛乳を使用したバンズはふわもち食感。ハンバーグは小平の黒毛和牛100%で旨味が強くジューシィ。【内田農園】のトマトを使った程良い酸味のソースが良いアクセントに。これはウマイ!(´¬`)


c0378174_10531287.jpg
クロックムッシュ 250円。

こちらもほぼ小平産の材料で作られています。中でも地元の海で獲れたホタテを使用したクリームソースが良い感じ。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



道の駅 おびら鰊番屋
●住所 北海道留萌郡小平町字鬼鹿広富
●電話 0164-56-1828
●営業時間 9:00~18:00(12月~3月まで10:00~17:00) (観光交流センター)
●営業時間 8:00~17:00(5月~10月) 9:00~16:00(11月~4月)(レストラン)
●定休日 無休(観光交流センター) 月曜(レストラン)
●駐車場 有り



前ブログはコチラ →【貧乏なりに食べ歩く
別ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く playback



[PR]
# by mocohe23 | 2018-08-08 18:00 | 留萌地方 | Comments(0)

道の駅 風W(ふわっと)とままえ/苫前町

2018年6月24日()



c0378174_10095068.jpg
羽幌町】でグルメや温泉を堪能した次の日の最初の目的地は、【苫前町】にある【道の駅 風W(ふわっと)とままえ】でした。初訪問になります。


c0378174_10095703.jpg
c0378174_10100407.jpg
国道232号線沿いに位置する【道の駅 風W(ふわっと)とままえ】のメイン施設である「とままえ温泉ふわっと」はコンクリートの素材を活かした壁とドーム球場を思わせる白い屋根が特徴で、温泉、露天風呂、レストラン、ラウンジ、特産品売店やB&G温水プールなどさまざまな施設がある。ラウンジや露店風呂からは日本海に浮かぶ【天売島】・【焼尻島】も一望することができ、心も体もリラックスできる。隣接する夕陽ヶ丘オートキャンプ場、ホワイトビーチ、未来港公園は家族連れにはとても人気のアウトドアスポット。道内外の車中泊キャンパーから絶大な支持を得ているS級道の駅なんです(´ω`)


c0378174_10101020.jpg
無料の足湯があったので足を突っ込んでみたけど丁度良い湯加減で気持ち良かった(=ω=) 熱めと温めが同じぐらいの温度で差がなかったけどw


道の駅スタンプラリースタンプGET!


※記事 モコ平



道の駅 風W(ふわっと)とままえ
●住所 北海道苫前郡苫前町字苫前119番地1
●電話 0164-64-2810
●営業時間 7:00~22:00(道の駅) 11:30~15:00 17:00~21:00(レストラン)
●定休日 無休
●駐車場 有り



前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く
別ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く playback



[PR]
# by mocohe23 | 2018-08-07 18:00 | 留萌地方 | Comments(0)

La.frasca/羽幌町

2018年6月23日()



c0378174_15474084.jpg
道の駅 ほっと・はぼろ】で温泉を堪能した後は、同じく【羽幌町】の「南6条エリア」にあるレストラン【ラ・フラスカ】へ行ってきました。初訪問になります。



c0378174_15474950.jpg
国道232号線から若干奥まった場所にある【ラ・フラスカ】は、地元の食材にこだわったイタリアンレストラン。メニューはパスタとピザが中心だが、海老ピラフやチキンライスといったご飯ものもある。アルコールも扱っているので夜は飲み屋としても利用可能。地元民に愛される家庭的なレストランなんです(´ω`)


c0378174_15481408.jpg
ハートランドビール 450円。

厳選されたアロマホップが醸し出すおだやかな香りが、麦の旨味を引き立てて、軽やかなのど越しに。本格的な味わいで何杯でもイケちゃう良い意味で危険なビールです(=¬=)


c0378174_15475630.jpg
羽幌産甘えびソース 600円。

羽幌町】といえば甘エビなのでお店の一押しメニューだという羽幌産甘えびソース(パスタ)をオーダー。甘エビをふんだんに使用したソースはめちゃめちゃ濃厚で、ストレートに甘エビの旨味を感じれる。留萌管内産の小麦ルルロッソを使ったパスタはモチモチの弾力系で濃厚ソースとの相性が良い。こんな贅沢なパスタが600円で食べられるんだからたまりません(´¬`)


c0378174_15480799.jpg
小平産共同学舎の酒蔵サラミとポテト Pizza 700円。

こちらは今流行り(?)の薄型クリスピータイプのピザ。薄いのでボリューム感はないけどビールのおつまみとしては申し分ないヤツです。豚肉のサラミが美味しかったなぁ。


店員さんによると、【はぼろ甘エビまつり】の期間中は普段とはメニューの構成が違うらしい。まぁ、普段のメニューを知らないから全然気にならなかったけどw 何にしても甘えびを使った美味しいパスタを食べれて満足でした。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



La.frasca
●住所 北海道苫前郡羽幌町南6条4丁目1-2
●電話 0164-62-5078
●営業時間 11:00~14:00 18:00~21:00
●定休日 不定休
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く
別ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く playback



[PR]
# by mocohe23 | 2018-08-06 18:00 | 留萌地方 | Comments(0)

道の駅 ほっと・はぼろ/羽幌町

2018年6月23日()



c0378174_15413434.jpg
c0378174_15412787.jpg
第8回 はぼろ甘エビまつり】で飲み食いした後は、【道の駅 ほっと・はぼろ】へ行ってきました。初訪問になります。



c0378174_15414159.jpg
国道232号沿いに有り、通称「オロロンライン」の中継点にもなっている【道の駅 ほっと・はぼろ】。メイン施設「はぼろ温泉サンセットプラザ」は真っ白な豪華客船をイメージし、天然温泉大浴場・露天風呂・屋外プールや地元特産品を扱う物産店などの施設があり、また7階展望ラウンジからは、天売島、焼尻島など日本海が一望でき、心も体もリラックスできる。隣接する「はぼろバラ園」では、珍しい北方系バラなどが咲き誇り、「北海道海鳥センター」では、天売島の海鳥のことが全てわかる展示室や研究施設がある。「物産店」では特産品の甘エビ(地方発送)や数々のお土産品がそろい、レストラン「二島物語」では、新鮮な海の幸、山の幸を使って、和洋中と豊富なメニューが味わえる。非常に使い勝手の良い人気道の駅なんです(´ω`)


この日は気温が低く、イベント会場が若干寒かったので道の駅内の温泉で温まりました。まぁ、当然温泉の画像はないですけどw 説明文にも書いてあるけど、ホント使い勝手の良い道の駅だったので機会があれば再訪問したいです。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



道の駅 ほっと・はぼろ
●住所 北海道苫前郡羽幌町北3条1丁目
●電話 0164-62-3800
●営業時間 7:00~22:00(売店) 11:30~15:00 17:30~21:00(レストラン)
●定休日 無休
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く
別ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く playback



[PR]
# by mocohe23 | 2018-08-05 18:00 | 留萌地方 | Comments(0)

第8回 はぼろ甘エビまつり/羽幌町

2018年6月23日()



c0378174_23071554.jpg
この日は【羽幌町】の【道の駅 ほっと・はぼろ】の敷地内で開催されてた【第8回 はぼろ甘エビまつり】へ行ってきました。初参加になります。


c0378174_23072615.jpg
毎年、【はぼろバラ園】の敷地内で開催される【はぼろ甘エビまつり】。特に日本一の水揚げ量を誇る羽幌産「甘エビ」の浜値即売が大人気で、毎年大勢の人で賑わいます。また、ステージショーなどのイベントや飲食店ブースも充実しており、子供から大人まで家族で楽しめる超人気イベントなんです(´ω`)


c0378174_23081801.jpg
ビール ???円。
羽幌産甘エビのスパイシー唐揚げ 300円。

記念すべき【はぼろ甘エビまつり】1食目に選んだのは、【札幌ベルエポック製菓調理専門学校】ブースで購入した甘エビの唐揚げ。この手のエビの唐揚げって固いのが多いけど、これは適度に柔らかくてめちゃめちゃ美味しかった。ビールのおつまみに最適過ぎる(´¬`)


c0378174_23082582.jpg
浜鍋 500円。

北るもい漁協羽幌女性部】ブースで購入した浜鍋。具材はホタテ・イカ・エビ・しめじ・しらたき・ネギ・白菜の8種。味噌ベースの汁にエビとイカの出汁が凄い出ててウマイ! さすが本場の浜鍋は一味違う。


c0378174_23083343.jpg
白ツブ 500円。

こちらも【北るもい漁協羽幌女性部】ブースで販売されていたもの。釜茹でされたツブがこれでもか!ってぐらい袋に入ってるんですが、これで500円はマジで安すぎる(´Д`;) 当然味は美味しいヤツです。


c0378174_23084375.jpg
ホタテフライ 600円。

居酒屋 ほろ】ブースで購入したホタテフライの串揚げ。店員さんにめちゃめちゃすすめられたので購入してみたんですが、これがまた大正解! ホタテフライの身が大きくて食べ応え十分。味も文句の言いようがない美味しさでした(´¬`) あまりの美味しさに夜は【居酒屋 ほろ】で飲みたかったんですが、【はぼろ甘エビまつり】の期間中は店を閉めてイベントに専念してるんだとか。う~ん、残念。


c0378174_23085526.jpg
甘エビのアヒージョ 600円。

炭火直焼 壱発】ブースで購入した甘エビのアヒージョ(バケット付き)。これもまた甘エビの出汁が凄く出てて美味しかった。思い出しただけでもヨダレが出てしまう(´¬`)


c0378174_23090383.jpg
厚切りベーコン(バジルチーズ) 500円。

同じく【炭火直焼 壱発】ブースで購入した厚切りベーコン。バジルソースとチーズのトッピングは別料金で、デフォルトベーコンは400円。まぁ、バジルソースとチーズがあるならトッピングしないわけにはいかないですよねぇ。うまし!


c0378174_23091252.jpg
ネギまみれからあげ 300円。

大分唐揚げ割烹 鳥吉】ブースで購入した鶏の唐揚げ。甘辛ダレに漬け込んだ唐揚げはビールのお供にピッタリ。本来は600円なんですが、閉店時間間際だったので半額の300円になってました。


c0378174_23092045.jpg
甘エビ 1500円。

このイベント最大の目玉である甘エビを1番小さいサイズで購入。早朝から行列に並んで購入したので1番最初にGETした商品ですが、食べたのはこの日の夜。さすがというかなんというか甘エビ品質の高さには目を見張るものがあります。甘くてめちゃウメェ!(=¬=) ただ、その苦労してGETした甘エビの写真を撮り忘れるという痛恨のミスを犯してしまいました。この写真は以前別のとこで食べた甘エビの写真の流用です…。本当はこれよりももっと量があるから!(´Д`;)


はぼろ甘エビまつり】初参加でしたがイベント内容や飲食ブースの充実っぷりに大満足。前乗りしてたので甘エビをGETする事もできたし(写真撮り忘れたけどw)。前年度(?)まで開催されてた「EBI-1(エビワン)グランプリ」があったらもっと良かったんだけどなぁ。まぁ、なんにしてもまた参加したいと思える優良イベントでした。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く
別ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く playback



[PR]
# by mocohe23 | 2018-08-04 18:00 | 留萌地方 | Comments(0)

和ごころ 雄大/札幌市 中央区

2018年6月7日(木)



c0378174_13014343.jpg
大衆串横丁 てっちゃん 南1条店】で飲み食いした後は、同じく【中央区】の「創成川イーストエリア」にある【和ごころ 雄大】行ってきました。初訪問になります。



中心部から若干離れた隠れ家的居酒屋の【和ごころ 雄大】。長年飲食店で経験を積んだ、店主が研究を重ねて作る道産地鶏と昆布の合わせダシのおでんと一品料理の数々と、店主自ら1本1本味見・吟味をした、日本各地のオススメのお酒が楽しめる居酒屋。また、夜の部でも定食があるので飲みながらご飯を食べる事も可能。知る人ぞ知る穴場的お店なんです(´ω`)


c0378174_13014931.jpg
飲み放題(90分) 1280円。
お通し ???円。

飲み放題はサッポロクラシック樽生付きで90分1280円。チェーン店とは違い個人店だからこの価格はしょうがない。まぁ、酒が飲めればなんでも良いんですけどねぇ(=ω=) お通しはふきの和え物。シンプルな料理ですが手造り感が伝わってくる優しい味で美味しい。


c0378174_13015895.jpg
雄大盛り 890円。

その道20年という店主自らが朝市で買い付けたという刺身はどれもこれも新鮮で間違いがない。特に気に入ったのは増毛産の甘えびと自家製のしめさば。ほんとマジ美味しい。


c0378174_13020580.jpg
室蘭焼とり(1本) 180円。

豚の肩ロース肉を自家製のタレにくぐらせ炭火で焼き上げた串焼き。これは本家にも引けを取らない美味しさ(´¬`) 来店した客の90%以上が注文するというのもうなずけます。


2軒目だったのであまり注文しなかったけど、おでんや他の料理も食べてみたかったなぁ。再訪問時は1軒目に設定して色々食べてみよう。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



和ごころ 雄大
●住所 北海道札幌市中央区南2条東6 朝日プラザビル1F
●電話 011-206-0365
●営業時間 12:00~14:00 17:00~23:00
●定休日 水曜・その他不定休あり
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く
別ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く playback



[PR]
# by mocohe23 | 2018-08-03 18:00 | 札幌市 中央区 | Comments(0)

大衆串横丁 てっちゃん/札幌市 中央区

2018年6月7日(木)



c0378174_12043466.jpg
この日は【札幌市】【中央区】の「南1条エリア」にある【大衆串横丁 てっちゃん 南1条店】に行ってきました。初訪問になります。


c0378174_12044154.jpg
「早い・安い・旨い」がモットーの【大衆串横丁 てっちゃん】。こだわりの串カツをはじめ、とんこつベースの鍋にたっぷりのキャベツの甘みとまるごと明太子のパンチを加えた明太もつ鍋、ただただ美味い餃子などお酒によく合うメニューが豊富。15時開店なので早飲みもできる今注目の大衆居酒屋なんです(´ω`)


c0378174_12044941.jpg
飲み放題(120分) 790円。
お通し・席料 300円。

飲み放題はプレミアムモルツ付きで2時間790円。とある事情でハイボールが飲めなくなってしまったので、低価格でビール付きの飲み放題は非常にありがたい(=ω=) お通しは串カツ屋らしく普通のキャベツ。


c0378174_12050355.jpg
ラッキーセット 450円。

串カツが1本100円~なので5本で450円はその名の通りお得でラッキーなセット。こーいうネーミングセンス好きだわw 内容は豚肉、鶏肉、アスパラ、赤ウインナー、レンコンの5種。全部好きなものだったので本当にラッキー♪


c0378174_12045743.jpg
鶏ハラミとネギの炭焼き風 580円。

オススメメニューの中からチョイスした一品。炭焼き風というのは炭火で焼いたかのような味のするタレで味付けしたもののこと。弾力の強いハラミを噛むと鶏の旨味が口の中に広がります。これはなかなかウマイ(´¬`)


他に馬刺しとか冷やしトマトとか食べたのに何故か写真撮り忘れ。まぁ、たまにはそんな事もあります(´Д`;) それにしてもこのお店は店員さんの元気が良く(良過ぎw)、非常に活気がありました。全体的にリーズナブルだし再訪問は有りですね。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



大衆串横丁 てっちゃん 南1条店
●住所 北海道札幌市中央区南1条西5丁目17-2 プレジデント松井ビル1F
●電話 050-5286-0892
●営業時間 15:00~24:00
●定休日 無休
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く
別ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く playback


[PR]
# by mocohe23 | 2018-08-02 18:00 | 札幌市 中央区 | Comments(0)

唯我独尊/富良野市

2017年6月23日(金)



今回は知人のMEG BEAMさんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


c0378174_10502832.jpg
この日のMEG BEAMさんが向かったのは【富良野市】の「日の出町エリア」にある【唯我独尊】。


JR富良野駅】から徒歩5分の場所にある【唯我独尊】は、地産地消にこだわった富良野カレー先駆けの店。その味は30種類以上のスパイスが効いてピリ辛。ただし、味わえば味わうほど旨味とコクがやみつきになり、リピーターになる人が多い。カレーやソーセージと一緒に富良野地ビールも楽しめるので、幅広い年代に好まれている超人気店なんです(´ω`)


c0378174_10503558.jpg
自家製ソーセージ付カレー 1130円。

唯我独尊】開店当初からの定番メニューであり、食べてほしいベスト3にも入ってる自家製のソーセージがトッピングされたカレーをオーダー。カレールゥはスパイスが効いていて辛さとコクのバランスが良くクセになる美味しさ。山桜の薪を使って燻したという自家製のソーセージは、ピリ辛のカレーと相性抜群なんだとか(´¬`)


それにしても、いつもはネタをすぐに送ってくれるMEG BEAMさんが、1年以上前のネタを今頃送ってくるなんて珍しい。それにしてもホント美味しそうなカレーだなぁ。


MEG BEAMさん貴重な食ネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m


※記事 モコ平



唯我独尊
●住所 北海道富良野市日の出町11-8
●電話 0167-23-4784
●営業時間 11:00~21:00(夏季7月8月は15:00までの営業)
●定休日 月曜
●駐車場 有り(10台)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く
別ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く playback



[PR]
# by mocohe23 | 2018-08-01 18:00 | 上川地方 | Comments(2)

居酒屋 きんぼし/札幌市 東区

2018年7月28日()



c0378174_16063574.jpg
この日は【札幌市】【東区】の「元町エリア」にある【居酒屋 きんぼし】に行ってきました。5度目の訪問になります。

c0378174_16064374.jpg
居酒屋 きんぼし】は元相撲取りという肩書きを持つ店主がはじめたお店。相撲取り=ちゃんこ鍋というイメージがありますが、ちゃんこ以外でも串焼きやお刺身、揚げ物や釜飯などなどいろいろなものがあり、お一人からファミリーまで幅広い層に人気があるアットホームな雰囲気で落ち着ける居酒屋さんです。夏季限定の外席もオススメ。


c0378174_16065137.jpg
飲み放題(90分) 1300円。
お通し ???円。

飲み放題は生ビール付き制限時間90分で1300円とちょっとお高め。個人店だからしょーがないっちゃーしょーがない。まぁ、クソ暑い中キンキンに冷えたビールが飲めるだけで幸せかねぇ(=ω=) お通しは【居酒屋 きんぼし】お得意の柿ピーと、肉団子の甘酢餡かけ。


c0378174_16065919.jpg
生タコ刺 480円。

今年は豊漁なのに価格が上昇してるといわれてるタコのお刺身。ここはリーズナブルだけどススキノとか行ったらお高そう。独特の歯ごたえがたまらない。


c0378174_16070783.jpg
チーズメンチ 480円。

サクサクの衣も中にジューシィなメンチカツとトロトロに溶けたチーズが入ったメンチカツ。これがまた絶品でこの日のNo.1メニューでした(´¬`) レギュラーメニューに昇格してくれないかなぁ。


c0378174_16071589.jpg
トラふぐ皮刺 480円。

こりっこりの食感がクセになる一品。皮自体の味は薄いのでポン酢と紅葉おろしが必須。


c0378174_16072442.jpg
手羽餃子 480円。

手羽先の中に餡がはみ出るほどたっぷり入った手羽餃子。 手羽先の脂と肉々しい餡が合わさって旨味が倍増。これも間違いなく美味しいヤツです(´¬`)


c0378174_16073272.jpg
激辛ちゃんこ(醤油) 680円。

元力士の店主が造る特製ちゃんこの激辛版。白菜や肉団子、きのこ類など具材がたっぷり入った鍋で1人前でも結構ボリューミィ。ほんのり甘い醤油ベースのスープに唐辛子が大量に入っており、侮れない辛さに仕上がっています。


前回訪問時から結構日が空いちゃったんですが、やっぱ【居酒屋 きんぼし】はイイ! しかも、今回は初の外席でビアガーデン的な気分が味わえたのも良かったなぁ。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



居酒屋 きんぼし
●住所 北海道札幌市東区北25条東21丁目3-1
●電話 011-788-5924
●営業時間 17:00~24:00(平日) 17:00~25:00(土) 17:00~23:00(日) 
●定休日 木曜
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く
別ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く playback



[PR]
# by mocohe23 | 2018-07-31 18:00 | 札幌市 東区 | Comments(0)

道の駅 あかいがわ/赤井川村

2018年5月24日(木)



c0378174_15513373.jpg
積丹町】の【神威岬】で絶景を堪能してきた後は、【赤井川村】にある【道の駅 あかいがわ】へ行ってきました。初訪問でしたがブログにUPするのは2度目になります。



c0378174_15514636.jpg
道の駅 あかいがわ】は平成27年4月に登録された道内でも比較的新しい部類の道の駅。札幌圏とニセコ道南エリアを結ぶ国道393号(メープル街道393)の中間に位置しており、明治の時代から昭和初期にかけて官設の駅逓所が置かれていた場所で、今も昔も交通の要衝となっている。村初のパン屋や農産物直売所、お土産、テイクアウトコーナーなど施設内は非常に充実。休日平日問わず多くの人が訪れる人気の道の駅なんです(´ω`)


c0378174_15515697.jpg
道の駅の裏にいたのは… トッ、トーマス!?Σ(ΦДΦ;) いや、人違い(汽車違い)かww


道の駅スタンプGET!m(_ _ )m


※記事 モコ平



道の駅 あかいがわ
●住所 北海道余市郡赤井川村字都190番地16
●電話 0135-34-6699
●営業時間 8:30~19:00(5月~9月) 9:00~17:00(10月~4月)
●定休日 第1、第3水曜(10月~4月)
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く
別ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く playback



[PR]
# by mocohe23 | 2018-07-30 18:00 | 後志地方 | Comments(0)

神威岬/積丹町

2018年5月24日(木)



c0378174_12000171.jpg
余市町】の【燻製料理の店 燻香廊 (けむかろう)】で美味しい燻製料理を食べた後は、【積丹町】の観光名所【神威岬】へ行ってきました。2度目の訪問ですがブログにUPするのは初になります。

c0378174_12003289.jpg
c0378174_12001623.jpg
c0378174_12002479.jpg
c0378174_12010794.jpg
ニセコ積丹小樽海岸国定公園】に属している【神威岬】は、【積丹町】にあり、積丹半島の北西部から日本海に沿って伸びている岬。先端には神威岬灯台と神威岩があり、この付近は古くから海上交通の難所として知られている。駐車場内には【カムイ番屋】があり、しゃこたん土産や海鮮料理を堪能できる。平日でも多くの観光客でにぎわう超人気観光スポットなんです(´ω`)


c0378174_12004832.jpg
c0378174_12005614.jpg
何年前か忘れたけど、前回訪問時はめちゃめちゃ豪雨の日で岬の先端まで行けなかったんですが、今回は超快晴で初めて先端まで到達する事ができました。うーむ、積丹ブルー綺麗じゃないの(=ω=)


c0378174_12011329.jpg
c0378174_12012115.jpg
しゃこたんブルーソフトクリーム(ミックス) 380円。

積丹ブルーを忠実に再現したというソフトクリームをミックスでオーダー。ブルー部分は爽やかなミント風味で暑い日にはピッタリ。さすがしゃこたん名物だけあって美味しいソフトクリームでした(´¬`)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



しゃこたん土産と喰処 カムイ番屋
●住所 北海道余市郡余市町港町75-2
●電話 0135-46-5730
●営業時間 11:00~17:00(レストラン) 10:00~17:00(売店)
●営業期間 5月~11月
●定休日 無休(営業期間内)
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く
別ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く playback



[PR]
# by mocohe23 | 2018-07-29 18:00 | 後志地方 | Comments(2)

燻製料理の店 燻香廊 (KEMUKAROU)/余市町

2018年5月24日(木)



c0378174_13433966.jpg
道の駅 スペース・アップルよいち】で道の駅スタンプをGETした後は、同じく【余市町】の「港町エリア」にある【燻製料理の店 燻香廊 (けむかろう)】へ行ってきました。初訪問になります。



c0378174_13434807.jpg
c0378174_13435677.jpg
様々な燻製料理の製造・販売を行っている【燻製屋 南保留太郎商店】が運営する古民家レストラン【燻製料理の店 燻香廊】。昭和初期の古民家を改装した店内へ一歩踏み入れると、吹き抜けの開放的な空間が広がり、木の温もりあふれる落ち着いた雰囲気が漂う。冷燻法で、1~3週間じっくりと燻煙し、香りづけしたオリジナル燻製の創作料理は、素材の良さを閉じ込めた味わいが魅力。静かに時を刻むノスタルジックな雰囲気と、スモークの味と香りが楽しめる、隠れ家的人気店なんです(´ω`)


c0378174_13440931.jpg
スモークチキンとベーコンのオレンジソース煮 1180円。
パン+ミニサラダ 350円。

燻製した鶏肉とベーコンをオレンジで煮込んだ一品。【燻製屋 南保留太郎商店】のチキンとベーコンがオレンジソースと合わさる事により、通常の燻製料理とはまた違った美味しさへ進化。非常にさっぱりとしたオレンジソースとこれほど相性が良いとは。てか、これめちゃめちゃウマイッ!(´¬`) サラダはトマトと【燻製屋 南保留太郎商店】の超人気商品である「燻し奴」のカプレーゼ。そのあまりの美味しさに追加注文しようかと思ったほど。パンは見た目は小さいけど中がびっしり詰まっているので結構お腹いっぱいになるヤツです。


c0378174_13441980.jpg
スモークサーモンのきのこクリーム煮 1260円。
パン+ミニサラダ 350円。

こちらは燻製したサーモンと通常のサーモンがきのこクリームで煮込まれたもの。スモークサーモンのレベルはいうまでもなく美味しいんですが、通常のサーモンのほうも引けを取らず美味かった。クリームソースが良い仕事してるんですよねぇ(´¬`)


c0378174_13442979.jpg
c0378174_13443735.jpg
帰りに隣にある【燻製屋 南保留太郎商店】へ寄って「燻し奴」を購入したんですが写真を撮り忘れるってゆうね(´Д`;)



ちょっとお高めの価格設定だけど、料理は美味しいし雰囲気が良いので再訪問は確定です。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



燻製料理の店 燻香廊 (KEMUKAROU)
●住所 北海道余市郡余市町港町75-2
●電話 050-5868-0224
●営業時間 11:00~17:00(14時以降はカフェタイムとなり軽食と飲み物のみの提供)
●定休日 水曜
●駐車場 有り(10台)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-07-28 18:00 | 後志地方 | Comments(2)

道の駅 スペース・アップルよいち/余市町

2018年5月24日(木)



c0378174_12480067.jpg
この日は【余市町】の「黒川エリア」にある【道の駅 スペース・アップルよいち】に行ってきました。初訪問ではないですがブログにUPするのは初になります。


c0378174_12480893.jpg
道の駅 スペース・アップルよいち】は、国道229号と国道5号の分岐点にほど近い余市川河畔、国道229号沿いにあり、余市宇宙記念館「スペース童夢」や農産品直売所、無料体験コーナーなど、楽しさ満点の道の駅。宇宙記念館では郷土出身で日本人初の科学者宇宙飛行士「毛利衛」さんの業績を紹介。さらに、CGドーム映像で星空がご覧いただける「デジタルプラネタリウム」や3Dシアター「2041年太陽系ミッション」など大人から子供まで楽しめる。ショップでは10種類以上の「宇宙食」などが手に入るほか、地元水産加工品、農産品をはじめ「フルーツのまち余市」ならではの旬の味覚を提供。フルーツやワインを使用したこだわりの手作りアイスクリームやアップルパイも大好評の道の駅なんです(´ω`)


かなり久しぶりの再訪問でしたがあらためて見ると【道の駅 スペース・アップルよいち】は市街地にあるので、酒好きの自分にとってはもってこいの車中泊スポットっぽいですねぇ。これはいずれ余市の酒場で飲んだくれる日が来そう。


道の駅スタンプごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



道の駅 スペース・アップルよいち
●住所 北海道余市郡余市町黒川町6丁目4番地1
●電話 0135-22-1515
●営業時間 9:00~17:00(スープがなくなり次第閉店)
●定休日 月曜(余市宇宙記念館・ミュージアムショップ) 無休(売店)
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-07-27 18:00 | 後志地方 | Comments(2)

くろすくらぶ(長栄堂)/美唄市

2018年7月20日(金)


今回は知人のOCHIKA TEMPESTさんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


c0378174_13153144.jpg
この日のOCHIKA TEMPESTさんは、【美唄市】で「美唄い(うまい)としめし」の製造・販売をしている【くろすくらぶ】のおかーさま方に手作りの昼食をご馳走になってきたようです。場所は【くろすくらぶ】の活動拠点である【長栄堂】裏の食堂スペース。


c0378174_13153716.jpg
うなズッキーニ丼。
お吸い物。
きゅうりの浅漬け。

炊き立てのお米は美唄の高給ブランド米である「阿部さんのおぼろづき」。その上にほっくほくに焼かれたウナギとズッキーニの天ぷらを乗せ、特製の蒲焼ダレをかけたありそうでなかった丼ぶり。国産のウナギが美味しいのはもちろんですが、今回から初参戦となる朝採れズッキーニの天ぷらが予想以上の美味しさだったんだとか。更に米の中には米ナスの蒲焼が隠されており、それがまた良い仕事をしていたようです(´¬`)


自分も2年前にご馳走になった事があるけど、【くろすくらぶ】のうな丼はホント美味しいんですよ。店舗を構えて営業してるわけでもないし、気が向いたときにしか作らないのでいつ食べれるのかわかりませんけど(´Д`;)

OCHIKA TEMPESTさん貴重な食ネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m


※記事 モコ平


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-07-26 18:00 | 空知地方 | Comments(0)

焼きとり 福よし/美唄市

2018年3月27日(火)



c0378174_09112473.jpg
この日の夜は【美唄市】の「銀座街」にある【焼きとり 福よし 本店】で飲み会でした。もう何度も訪問してますが、ブログで扱うのは4度目になります。

「美唄やきとり」の創始者「三船福太郎」から1文字とった店名を掲げる【焼きとり 福よし】は、その伝統の味も同様に引き継いでいる焼き鳥の名店。炭焼き・タマネギ・塩コショウの「美唄やきとり三大定義」をしっかり守り、頑固にかつての味を守り抜いている。【札幌市】をはじめ郊外、【東京都】などにも出店しているが本店の人気の高さは絶大で、遠方からわざわざ足を運ぶファンも多い焼き鳥屋なんです(´ω`)


120分飲み放題付きもつ鍋コース 5000円。


c0378174_09113592.jpg
漬け物盛り合わせ。

福よし】オリジナルの漬け物2種。お通し的ポジションのヤツです。


c0378174_09115148.jpg
串カツ。
たこザンギ。

意外と知られてないけど【福よし】の串カツは美味しくて評価が高い。それがコースに含まれてるのは良かったなぁ。たこザンギは初食だったけど、外はサクサク中はぷりっぷりで普通に美味しいものでした。


c0378174_09115900.jpg
もつ串。

串1本で皮やモツの各部位を楽しめる串焼き。これが「美唄やきとり」ってヤツですねぇ。説明不要の美味しさ。


c0378174_09120846.jpg
もつ鍋。

醤油ベースのスープにもつやきのこの出汁が加わり、あっさりとしつつ深いコクと旨味が味わえる。これはマジで美味しいヤツです(´¬`)


c0378174_09121614.jpg
酢豚。

何故か最後に出てきた酢豚。〆が酢豚だなんてさすが本店はエキセントリックだなぁww


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



焼きとり 福よし 本店
●住所 北海道美唄市西1条南3丁目2-16
●電話 0126-63-3451
●営業時間 16:00~23:00(火~土) 16:00~21:40(日)
●定休日 月曜・不定休
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-07-25 18:00 | 空知地方 | Comments(0)

Fromage Danish DANI LeTAO/小樽市

2018年7月15日()



今回も知人のMEG BEAMさんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


c0378174_12493319.jpg
SNOOPY茶屋 小樽店】で美味しいゼリーソフトを食べたMEG BEAMさんが次に向かったのは、同じく【小樽市】の「堺町エリア」にある【フロマージュデニッシュ デニ ルタオ】。こちらも初訪問だったようです。




小樽市】を中心に、道内外に数店舗を展開をする超人気洋菓子店【ルタオ】。小樽市内にある6店舗はそれぞれコンセプトが違っており、【フロマージュデニッシュ デニ ルタオ】は1998年の創業以来1番人気の「ドゥーブルフロマージュ」をはじめ、チーズケーキを専門とした店舗になっています。また、店舗は工房もかねていてパティシエの丁寧な手作りの様子を楽しむこともできます。全ての店舗人気があるんですが、その中でもこの【フロマージュデニッシュ デニ ルタオ】は1.2を争うぐらいの人気店なんです(´ω`)


c0378174_12510419.jpg
フロマージュデニッシュ 297円。

道内産クリームチーズとイタリア産マスカルポーネチーズが2層になったミルキーチーズクリームを、道内産小麦100%のデニッシュ生地で包み込んだお店の看板商品。ザクザク食感で甘味のあるデニッシュと、コクと旨味のチーズクリームの融合がクセになる美味しさを生み出すんだとか(´¬`)


MEG BEAMさん貴重な食ネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m


※記事 モコ平



Fromage Danish DANI LeTAO
●住所 北海道小樽市堺町6-13
●電話 0134-31-5580
●営業時間 9:00~18:00(季節によって変動あり)
●定休日 無休
●駐車場 有り(提携駐車場有り)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-07-24 18:00 | 後志地方 | Comments(2)

SNOOPY茶屋/小樽市

2018年7月15日()



今回は知人のMEG BEAMさんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


c0378174_12130356.jpg
この日のMEG BEAMさんが向かったのは【小樽市】の「堺町エリア」にある【SNOOPY茶屋 小樽店】。初訪問だったようです。


「PEANUTS」をテーマにした和カフェ【SNOOPY茶屋 小樽店】が【北海道】屈指の観光都市である【小樽市】に2018年4月にオープン。1階のグッズショップは【SNOOPY茶屋】でしか買えない限定グッズがおよそ300種類以上を販売。2階のカフェスペースは大正ロマンを彷彿させる情緒あるモチーフとPEANUTSとのコラボレーションアートで演出された空間で、【北海道】の特産物を取り入れ、洋風の香りをミックスさせたお料理やスイーツを食べる事ができるんです(´ω`)


c0378174_12131059.jpg
スヌーピー 夏の青空ゼリーソフト 700円。

7月1日(日)~9月30日(日)の期間限定商品のゼリーソフト。パイナップル味の青いゼリーと、ちんご味の赤いゼリーで夏の空色と太陽をイメージ。北海道ミルクの濃厚なソフトクリームと、さっぱりしたゼリーの相性は抜群。上にささってるスヌーピーのオリジナルクッキーがポイントなんだとか(´ω`)


MEG BEAMさん貴重な食ネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m


※記事 モコ平



SNOOPY茶屋 小樽店
●住所 北海道小樽市堺町6-4
●電話 0134-64-7048
●営業時間 10:30~17:00(レストラン) 9:30~17:30(グッズショップ)
●定休日 無休
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-07-23 18:00 | 後志地方 | Comments(0)

麺や けせらせら/札幌市 北区

2018年4月23日(月)



c0378174_09534237.jpg
この日のランチは【札幌市】【北区】の「太平エリア」にある【麺や けせらせら】でした。初訪問になります。


麺や けせらせら】は、名店【らーめんてつや】で修行した店主が2008年9月にオープンさせたラーメン店。看板メニューの塩ラーメンは市内でもトップクラスの美味しさで、その味を求め連日客足の途絶える事がないほど。また、接客は丁寧なのはもちろん、「清掃に力を入れている」という店内はいつもピカピカ。小上がり席もあり家族連れでも入りやすい。まさに非の打ちどころのない完璧超絶人気店なんです(´ω`)


c0378174_09535158.jpg
塩らぁめん 730円。

麺や けせらせら】に来たからには看板メニューである「塩らぁめん」は必食。鶏白湯ベースの塩スープは、野菜などを多めに入れポタージュのようなとろみがあり、中太縮れ麺に良く絡みます。スープの旨味と塩味と甘味のバランス絶妙で普段スープを飲み干す事がない自分ですら我を忘れて全て飲んでしまうほどの美味しさ。程良い歯ごたえを残したチャーシュー、丁度良い味付けの煮卵、どれをとってもハイレベル。全てにおいてパーフェクトなラーメンでした(´¬`)


c0378174_09535970.jpg
醤油らぁめん 750円。

市内屈指と言われる鶏白湯を使用した醤油味のスープはまろやかで優しいこっさりタイプ。もちろん麺との相性抜群でノンストップで食べきってしまうほど。塩ラーメンに負けず劣らずの美味しさでした。


c0378174_09540659.jpg
チャーシューめし(小) 180円。

チャーシューがご飯の上に乗ってる何をどう考えても美味しいヤツです。こだわりのチャーシューはしっかりと味がついており、固すぎず柔らかすぎず丁度良い感じ。タレの染み込んだご飯もウメェ!


うーむ、超絶人気店だってのは知ってたけど、ラーメンの完成度の高さはもちろん接客とかも良くて非常に好感の持てるお店でした。リピーター続出ってのも納得できます。当然自分も再訪問確定ですねぇ。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



麺や けせらせら
●住所 北海道札幌市北区太平7条5丁目2-5
●電話 011-771-5246
●営業時間 11:30~15:00(但しスープが無くなり次第閉店)
●定休日 木曜・第3水曜
●駐車場 有り(7台)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-07-22 18:00 | 札幌市 北区 | Comments(0)

大衆餃子酒場 Choi/札幌市 豊平区

2017年4月15日()



c0378174_15400279.jpg
北区】の「札駅エリア」にある【旬菜酒場 キタバル】で昼飲みして来た後は、【豊平区】の「南平岸エリア」にある【大衆餃子酒場 Choi】へ行ってきました。初訪問になります。



c0378174_15400913.jpg
市内に数店舗ある酒場チェーン【Choiグループ】初の餃子専門店【大衆餃子酒場 Choi】が2016年8月「南平岸エリア」にオープン。その名にあるようこだわりの手作り餃子がメインではあるが、大衆酒場ならではのメニューも豊富に取り揃えており、普通に居酒屋として使える。また「立ち呑み」で有名な【Choiグループ】の店舗としては珍しく椅子があり普通に座り飲みができる。元々若者たちから絶大な人気を誇る【Choiグループ】ブランドに、【地下鉄南北線 南平岸駅】から徒歩20秒という高立地条件が加わって、まだオープン2年目でありながら連日客の絶えない繁盛店なんです(´ω`)


c0378174_15401749.jpg
生ビール 500円。

銘柄は「ザ・プレミアムモルツ」。とりあえず餃子にはビールだろって事で注文してみました。ハイボールでも合いそうだけどw


c0378174_15402594.jpg
c0378174_15403316.jpg
ジューシー焼き餃子(5ケ) 550円。

なんていうか羽のインパクトがヤバイッ!Σ(ΦДΦ;) その羽のインパクトに負けず劣らず、皮はこんがり焼かれているけどもっちもち、中の餡は肉々しくジューシィ。さすが専門店だけあり味も今まで食べた餃子の中では上位にランクインする程の美味しさ。思わず2回ほどおかわりをしてしまいました(´¬`)


お店の雰囲気、店員さんの接客態度、どれをとっても文句なし。再訪問は確定です。ってか、もうとっくに再訪問してるけど、そのときも餃子しか食べてないのでネタのUPは割愛w それにしてもこのお店があれと…。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



大衆餃子酒場 Choi
●住所 北海道札幌市豊平区平岸3条13丁目7-12 第2立花ハイツ1F
●電話 050-3370-3073
●営業時間 17:00~翌0:00
●定休日 水曜
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-07-21 18:00 | 札幌市 豊平区 | Comments(0)

旬菜酒場 KiTA-BAL/札幌市 北区

2017年4月15日()



c0378174_14562950.jpg
この日は【札幌市】【北区】の「札駅エリア」にある【旬菜酒場 キタバル】へ昼飲みに行ってきました。初訪問になります。


c0378174_14563729.jpg
北〇】といった居酒屋を運営する【株式会社 アオイダイニング】がバルと居酒屋の良いとこ取りのお店【旬菜酒場 キタバル】を2012年5月【JR札幌駅】の東口にオープン。スタイリッシュな店内で、道内産の旬のものを使ったこだわりの料理を提供する。また、市内では珍しい、きめ細かいミクロの泡「サッポロ・パーフェクト・クラシック樽生」が飲める数少ない店でもある。昼間のランチメニューから、夜のバルメニューまで用途に応じて幅広い使い方ができ、なおかつ【JR札幌駅】直結という立地条件から客足の絶えない人気のダイニングバーなんです(´ω`)


c0378174_14564477.jpg
氷点下のハイボール 480円。
お通し ???円。

1杯目に注文した氷点下のハイボールは別名フリージングハイボール。クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを、アサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽出技術が生み出す、店でしか味わえない新感覚のハイボール。スーッとした独特ののどごしがたまらない(=¬=) お通しはレバーパテとバケットのセット。ミニサイズだけどお通しならこれぐらいが丁度良い。


c0378174_14565307.jpg
十勝産パルメザンチーズとベーコンのサラダ 476円。

新鮮野菜とカリっと焼かれたベーコンの上にたっぷりと十勝産のパルメザンチーズがかかった美味しいサラダ。通常価格は680円。


c0378174_14565957.jpg
本日の自家製スモーク3種盛り合わせ 686円。

内容は枝豆、たこ、白身魚の3種。枝豆はいまいちだったけど、他の2種はなかなか美味しかったです。通常価格は980円。


c0378174_14570775.jpg
自家製ティラミス 315円。

こだわりの素材で丁寧に作られたティラミスは〆にピッタリ。通常価格は450円。


ちなみにこのときは「人気メニュー30%OFFセール」の期間だったので現在の価格とは異なると思われます。セール外のときはCP的にちょっと厳しいかもだけど、この時のようなセール期間中なら再訪問はアリですねぇ。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



旬菜酒場 KiTA-BAL
●住所 北海道札幌市北区北6条西2丁目 札幌駅東口パセオ1FJR高架下
●電話 011-213-5321
●営業時間 11:00~翌1:00
●定休日 無休
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-07-20 18:00 | 札幌市 北区 | Comments(0)

元気応援食堂 札幌ラーメンの栄鳳/札幌市 東区

2018年6月19日(火)



c0378174_13510022.jpg
元気応援ダイニング 北の居酒屋 風雲児 本店】で飲み食いした後は隣接する【元気応援食堂 札幌ラーメンの栄鳳】へ〆のラーメンを食べに行ってきました。初訪問になります。



c0378174_13510880.jpg
その昔【東区】の「伏古エリア」にあった【札幌ラーメンの栄鳳】の味を受け継いだ【二代目 栄鳳】が、【元気応援ダイニング 北の居酒屋 風雲児】の店主らの熱い呼びかけにより【元気応援食堂 札幌ラーメンの栄鳳】として2012年「元町エリア」に移転オープン。味噌ラーメンやカレーといった【栄鳳】伝統の味を味わえる他、【二代目 栄鳳】オリジナルのラーメンや定食も味わえる伝統と革新の両方が入り混ざったハイブリットなラーメン屋なんです(´ω`)


c0378174_13511526.jpg
まぼろし昇天編ラーメン 897円。
チャーシュー増し 150円。

「超激辛ラーメン」カテゴリーの中から店員さん曰く結構辛さが来るという「まぼろし昇天編ラーメン」をチャーシュートッピングでオーダー。辛いことは辛いんですが味噌ベースのスープの甘味が強く激辛というよりは甘辛系。中太縮れ麺との相性抜群で普通に美味しいラーメンでした。


元気応援食堂 札幌ラーメンの栄鳳】は初訪問だったけど、子供の頃【札幌ラーメンの栄鳳】は何度か行った事があります。まぁ、小さいときの話なんで味は全く覚えてないんですけど。なんにしても居酒屋と繋がっているのでお酒を飲みながら本格ラーメンを注文して食べる事ができるのは良いですねぇ。実際この時も【元気応援ダイニング 北の居酒屋 風雲児 本店】で食べてるんですが、あえて記事は別々に書いてみました。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



元気応援食堂 札幌ラーメンの栄鳳
●住所 北海道札幌市東区北24条東22丁目3-3
●電話 011-299-6697
●営業時間 11:00~18:00
●定休日 水曜・第2.4火曜
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-07-19 18:00 | 札幌市 東区 | Comments(0)

元気応援ダイニング 北の居酒屋 風雲児/札幌市 東区

2018年6月19日(火)



c0378174_21170501.jpg
この日は【札幌市】【東区】の「元町エリア」にある【元気応援ダイニング 北の居酒屋 風雲児 本店】へ飲みに行ってきました。20年ぶりぐらい? 3度目の訪問になります。


c0378174_21190608.jpg
2018年で創業23年目となる【元気応援ダイニング 北の居酒屋 風雲児】。沖縄県泡盛、奄美大島黒糖焼酎、北海道産焼酎、全国の焼酎、道産地酒を含める約350種のお酒と、樽前ホエイ豚を一頭買いした料理をはじめ地鶏料理、石狩から上がった新鮮海鮮刺身などがウリのお店。また、かつて「伏古エリア」にあった【札幌ラーメンの栄鳳】が店舗横で復活。店内が繋がっているのでラーメンを注文する事もできる(会計は別)。常に進化し続け、良い意味で味のある、地元民に愛され系の居酒屋なんです(´ω`)


c0378174_21191541.jpg
飲み放題90分(生ビールコース) 1188円。
お通し 300円。

888円のスタンダードコースで良かったんですが、店員さんの「1杯目は生ビールでいいですか?」と言われとっさに「ハイ!」と答えてしまい強制的に生ビールコースへ突入。ちゃんとメニューを確認してから注文すりゃ良かったww お通しは優しい味の高野豆腐の含め煮。


c0378174_21192485.jpg
塩つくね(2本) 390円。
豚精(2本) 359円。

自家製の手ごねつくねはシンプルな味で良い感じ。「樽前ホエイ豚」を使用している豚串は甘味と旨味のバランスが丁度良くウマイ。


c0378174_21193355.jpg
ホエイ豚のモツ煮込み 389円。

味噌ベースのスープでトロトロになるまで煮込まれたモツが美味しい。かなり甘目なので好みが分かれそうですが。


c0378174_21195387.jpg
いぶりがっこクリームチーズ 390円。

この組み合わせはもうどこで食べても安心できる美味しいヤツです。


c0378174_21194405.jpg
オホーツクの塩ざんぎ 559円。

カラっと揚げられたあっさり塩味のザンギ。ひとつひとつがボリューミィでウマイ(´ω`)


上記にも書きましたが、もうホント凄く久しぶりの訪問となりました。あまりにも久しぶり過ぎてオープン当初の面影は全くなく料理もだいぶ変わってましたねぇ。実際には食べた事がないけど、チョコレートのかかった焼き鳥(裏メニュー)とかはまだあるのかな?


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



元気応援ダイニング 北の居酒屋 風雲児 本店
●住所 北海道札幌市東区北24条東22丁目3-3
●電話 011-787-3911
●営業時間 16:00~24:30(月~木・日・祝日) 16:00~翌2:00(金・土・祝前日)
●定休日 不定休・大晦日
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-07-18 18:00 | 札幌市 東区 | Comments(0)

Farine/札幌市 北区

2018年7月4日(水)



c0378174_11462032.jpg
この日の昼食は【札幌市】【北区】の「篠路エリア」にある【ファリーヌ ラッキー篠路店】で購入したサンドイッチでした。初訪問になります。


c0378174_11462752.jpg
道内に数十店舗スーパーを展開している【北雄ラッキー(株)】が運営するベーカリーショップ【ファリーヌ】は、種類豊富な美味しいパンとリーズナブルな価格設定で地域住民のハートをがっちりキャッチする人気のパン屋。また、店舗によってはイートインスペースが設けられカフェ的な使い方ができるのも魅力のひとつ(´ω`)


c0378174_11463452.jpg
プチサンド(ハムカツ&ポテトサラダ) 222円。

ポテサラサンドは安心安定の味で美味しいやつ。ハムカツサンドのハムカツが分厚くて食べ応え十分。たっぷり染み込んだソースとキャベツの千切りの存在が良いんですよねぇ。プチサンドって書いてあったけど、わりとボリューミィでお腹いっぱいになりました。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



Farine ラッキー篠路店
●住所 北海道札幌市北区篠路3条4-1 ラッキー篠路店内
●電話 011-772-7111
●営業時間 10:00~22:00
●定休日 元旦
●駐車場 有り(ラッキー篠路店)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-07-17 18:00 | 札幌市 北区 | Comments(0)

洋菓子専門の店 クランベリー/帯広市

2017年9月2日()



c0378174_15093058.jpg
2017 とかちマルシェ】で十勝の食を堪能してきた後は、同市内の「西20条エリア」にある【洋菓子専門の店 クランベリー 白樺通り店】へ行ってきました。初訪問になります。



洋菓子専門の店 クランベリー】は、1972年の創業以来、十勝・帯広で洋菓子を製造・販売しているお店。創業当初からの看板商品である「スイートポテト」をはじめとして、素材の味を最大限に活かす商品作り続けている。地元民はもちろんのこと、名物のスイートポテトを求め遠方から足を運ぶお客も多いという超人気スイーツ店なんです(´ω`)


c0378174_15093725.jpg
スイートポテト 1421円。

帯広市】のソウルスイーツと言っても過言ではない【クランベリー】のスイートポテトは、味・見た目ともにさつまいもの素材の良さをそのまま生かしたスイーツ。甘さ控えめで甘いのが苦手な自分でもパクパクいけちゃう美味しさ(´¬`) まぁ、お土産用に購入したのでそんな食べてないんですけどね。価格はグラム数によって異なるので必ずしも上記の値段だとは限りません。


今回の「十勝食べ歩きツアー」は数年ぶりでしたが、美味しいものが沢山あってやっぱ十勝は良いッ! 仕事の都合上1泊2日だったけど本当は2泊したかったーッ! まぁ、なんだかんだいって1泊でも十分楽しめたからいーんですけどねぇ。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



洋菓子専門の店 クランベリー 白樺通り店
●住所 北海道帯広市西20条南3丁目2-19
●電話 0155-34-6656
●営業時間 9:00~20:00
●定休日 元旦
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-07-16 18:00 | 十勝地方 | Comments(2)