ろばた滋味/札幌市 中央区

2017年3月25日()



c0378174_12301256.jpg
北の和食 なかなかで飲み食いした後は、同じく中央区の「すすきのエリア」にあるろばた滋味へ飲みに行って来ました。初訪問になります。

2012年の10月にオープンした【ろばた滋味】は、その日に仕入れる北海道産の季節を感じる新鮮な魚介や広大な大地で育った野菜を和食の調理人がよりおいしく調理してくれる隠れ家的居酒屋。厚岸町から取り寄せるブランド牡蠣「まるえもん」を通年提供出来るお店はすすきのでも珍しい。和の雰囲気感じる落ち着く店内で美味しい料理とお酒が楽しめる人気店なんです(´ω`)


c0378174_12302026.jpg
キンミヤ焼酎 300円。
お通し ???円。

基本焼酎ってほとんど飲まないんですが、「キンミヤ」だけはあればたまーに飲んでしまう(=¬=) お通しは菜の花のおひたし。


c0378174_12303023.jpg
名物 青つぶ焼き(5個) 850円。

厚岸産の青つぶを甘辛い醤油ダレでグツグツ炙って浜風に仕上げたもの。これって釧路市とか道東方面だとメジャーな酒の肴ですが、札幌市で出す店ってそうそうないんじゃ? 珍しいし、なんといってもウマイ!(´¬`)


c0378174_12304620.jpg
行者にんにく天ぷら 600円。

メニューにあれば高確率で注文する行者にんにくの天ぷら。揚げたてサクサク、甘みとニオイにやられます。行者にんにくってなんでこんなに美味いんだ(=¬=)


c0378174_12303889.jpg
肉豆腐(牛煮込み1本付) 400円。

牛煮込みのタレで煮込んだ豆腐は煮汁をたっぷり吸って抜群の美味しさ! これは良い豆腐料理。付属の牛煮込みもとろっとろで美味しいヤツです。


c0378174_12305432.jpg
かつおのたたき ???円。

鮮度抜群で臭みもなく美味しいかつおのたたき。1枚1枚が大きいのも嬉しいポイント。


c0378174_12310399.jpg
あさりの潮汁 300円。

あさりがたっぷり入った潮汁。肝臓にも良いとの事なので〆の一杯に最適。


この日1軒目の【北の和食 なかなか】も美味しかったけど、ここも美味しかったなぁ。幹事に感謝(´ω`)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



ろばた滋味
●住所 北海道札幌市中央区南3条西3丁目3 Gダイニング札幌4F
●電話 050-5590-1789
●営業時間 17:00~24:00
●定休日 火曜
●駐車場 無し




[PR]
# by mocohe23 | 2018-02-21 18:00 | 札幌市 中央区 | Comments(0)

北の和食 なかなか/札幌市 中央区

2017年3月25日()



c0378174_20560390.jpg
この日の夜は札幌市中央区の「すすきのエリア」にある【北の和食 なかなか】で飲み会でした。初訪問になります。


c0378174_20561154.jpg
札幌すすきので、大人の雰囲気に豊富な地酒・地焼酎と、美しく美味しい創作和食と酒の肴でおもてなしするプチ割烹の店【北の和食 なかなか】。旬な食材を生かした会席料理に、30種類以上の豊富な日本酒、新鮮な道産の食材を大胆かつ繊細に作る創作料理が最大のウリ。また、2名から利用できるボックス席や、最大35名で利用できるソファー型座椅子のある完全個室など用途に応じて使えるのも魅力のひとつ。週末は予約を取るのも難しい超人気割烹居酒屋なんです(´ω`)


c0378174_20561906.jpg
ウーロンハイ 500円。
お通し ???円。

お安いお店ではないのでウーロンハイは1杯500円と若干お高めの価格設定。お通しは海老、ホタテの塩辛、煮たソラマメ。もう最初から味付けがハイレベル(=¬=)


c0378174_20562771.jpg
枝豆 500円。

塩加減が絶妙の枝豆。シンプルなおつまみ系料理なのに強いこだわりが感じられる一品。


c0378174_20563470.jpg
珍味三点盛り 1300円。

内容はたこわさ、鰊の切込み、いかの正油漬け。やっぱり3品とも高レベルの完成度。自分的には鰊の切込みが1番のお気に入り。


c0378174_20564380.jpg
いかの一夜干し 800円。

いかの一夜干しを炭火で炙ったもの。マヨネーズを付けて食べても美味しいんですが、一夜干しはいか本来の旨みが凝縮されているので、何も付けなくてもマジで美味しい(´¬`)


c0378174_20565068.jpg
カニのクリームコロッケ 800円。

熱々でサクサクの衣と、カニの旨みが物凄く出たホワイトソースの融合。これもめちゃめちゃ美味しいヤツです(=¬=) 味の満足度も高いんですが、この写真じゃ伝わらないと思いますが盛り付けが超面白かったw まぁ、細かい事は言えないんですけどねぇww


c0378174_20565807.jpg
塩ザンギ ???円。

中札内産の鶏肉を使用した塩味ベースの鶏の唐揚げ。もう「中札内の地鶏=美味い」ってのは判明しているので、食べる前からウマイヤツですw まぁ、実際に美味しかったんですよね(´¬`)


c0378174_20571997.jpg
しめ鯖 800円。
八角刺(揚げ物付き) 1000円。

しめ鯖は旨み、甘み、歯ざわりが絶妙で、想像を遥かに超える美味しさ。これって自家製なのかなぁ? 根室産の八角のお刺身も新鮮でぷりっぷり。これは良いものです(´¬`)


c0378174_20572602.jpg
そしてコレは八角刺しに付いてくる骨の唐揚げ。コイツがまた良い味しててウマイんですよねぇ。価格が1000円でちょっと高いかな?と思いきや、こーゆうサービスがあるんです(´ω`)


c0378174_20573489.jpg
魚介と舞茸のバター炒め 900円。

舞茸とバターだけでも黄金コンビといっても過言ではないのに、そこに厳選された魚介の旨みがプラスされるのだから美味しくないワケがない。こちらも自分の想像を超える一品でした。


c0378174_20570612.jpg
飲み比べセット ???円。

これは飲み会参加者の人が飲んでいたもので自分は飲んでないんですが、お店オススメの組み合わせなんだから多分美味しいんでしょう。本当は日本酒飲みたかった~(´Д`;)


このときの幹事が和食好きで、こんな素敵なお店を選択してくれたワケですが、たぶん自分じゃ見つけられなかっただろーなぁ。お金があれば再訪問したいです(´ω`)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



北の和食 なかなか
●住所 北海道札幌市中央区南4条西4 すずらんビル別館B1
●電話 011-281-7177
●営業時間 17:00~23:30(月~土) 17:00~23:00(祝)
●定休日 日曜
●駐車場 無し




[PR]
# by mocohe23 | 2018-02-20 18:00 | 札幌市 中央区 | Comments(2)

もち吉/札幌市 東区

2017年4月30日()



c0378174_18351551.jpg
この日は札幌市東区の「東雁来エリア」にあるもち吉 札幌東雁来店へ行ってきました。多店舗には行った事がありますが、ここは初訪問になります。

c0378174_18352366.jpg
うるち米を主原料とする「せんべい」、もち米を主原料とする「あられ」等の米菓及び豆腐・生菓子の製造販売をする【もち吉】は、本社が福岡県にあり、日本全国に200店舗以上を展開する人気菓子店なんです(´ω`) ここ数年、道内にも店舗が急速に増えており、知名度がアップしています。


c0378174_18353009.jpg
くりぃむ大福餅(抹茶) 108円。
くりぃむ大福餅(プリン) 108円。
くりぃむ大福餅(塩練乳) 108円。
くりぃむ大福餅(ごま) 108円。

柔らかい餅生地に、生クリームと餡がベストマッチ。和と洋の絶妙なハーモニーを堪能できる。全種類食べたワケではないけどプリンと抹茶が美味しかったなぁ(´¬`)


c0378174_18353756.jpg
プレミアムジェラート(抹茶) ???円。

八女星野村一番茶をふんだんに使用した贅沢な味を香りが楽しめる本格抹茶のジェラート。もっちりでなめらかで濃厚で新食感(=ω=)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



もち吉 札幌東雁来店
●住所 北海道札幌市東区東雁来10条4丁目1-1
●電話 011-788-4821
●営業時間 10:00~19:00
●定休日 無休
●駐車場 有り




[PR]
# by mocohe23 | 2018-02-19 19:00 | 札幌市 東区 | Comments(0)

横浜家系らーめん 三元/札幌市 東区

2017年1月3日(火)



c0378174_20172560.jpg
この日の昼は札幌市東区の「本町エリア」にある横浜家系らーめん 三元 環状通東店に行って来ました。初訪問になります。


c0378174_20173234.jpg
横浜家系らーめん 三元】は2011年11月【札幌市西区にオープンした「横浜家系ラーメン」のお店。本格的な家系ラーメンが食べれると評判で、市内でも人気のあるラーメン店なんです(´ω`) ちなみに現在は「琴似店」、「環状通東店」、「すすきの店」の3店舗を展開中。


c0378174_20174279.jpg
らーめん(豚骨しょうゆ) 700円


c0378174_20174976.jpg
初訪問だったので、ノーマルなラーメンをオーダー。豚のゲンコツ、背ガラ、鶏ガラをじっくりとろみがつくまで煮込み、熟成させた秘伝の醤油タレをあわせたというスープは、クドさはなくコクと旨みのバランスが絶妙。家系ラーメンにしては麺が若干細いかな? と思わせといて、実はスープとの相性が抜群。スープを吸った家系独特のほうれん草がまた良い仕事するんですよねぇ(´¬`)


そーいや、この【横浜家系らーめん 三元】より前に家系ラーメンの発祥店【家系総本山 ラーメン 吉村家】に行った事があるんですが、いまだブログにUPしてないってゆーね。もう2年以上も前のネタになるのかぁ(´ω`;)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



横浜家系らーめん 三元 環状通東店
●住所 北海道札幌市東区本町2条5丁目6-12
●電話 011-299-9565
●営業時間 11:00~16:00 17:30~22:45 
●定休日 水曜
●駐車場 有り(2台)




[PR]
# by mocohe23 | 2018-02-18 18:00 | 札幌市 東区 | Comments(2)

さっぽろオータムフェスト2017/札幌市 中央区

2017年9月30日()



今回は知人のMEG BEAMさんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


c0378174_15522588.jpg
この日のMEG BEAMさんが向かったのは札幌市中央区の「大通公園」で毎年秋に開催される超人気イベントさっぽろオータムフェスト2017。ブログにUPするのは5回目、MEG BEAMさんが参加するのは期間中2度目になります。

さっぽろオータムフェスト】は、石狩川流域をはじめ北海道全域の農産物、海産物を集めて、生産者や料理人、醸造者などの作り手の顔が見えてくるぬくもりあふれる祭であり、その旨い食べ方を知っている市民、そして会場を訪れる人々がこの街の生活を祝う札幌を代表する秋の超絶大人気イベントなんです(´ω`)


c0378174_15523538.jpg
古平産甘エビのいろり焼き 350円。

8丁目の「札幌大通ふるさと市場」会場の古平町ブースで購入した甘エビの串焼き。炭火でじっくり焼き上げる事により殻ごと頭からガブリと食べれます。外はカリカリ、中は柔らかくジューシィ。濃厚なみそも絶品!


c0378174_15564395.jpg
大判しいたけバター醤油焼き(1個) 350円。
大判しいたけチーズ焼き(1個) 350円。

中標津ブースで購入したブランドしいたけ「想いの茸」を使用したバター醤油焼き&チーズ焼き。もうこれ「札幌大通ふるさと市場」会場では定番中の定番ですねぇ。美味しいヤツです(´¬`)


c0378174_16075421.jpg
しいたけのから揚げ 400円。

同じく【中標津】ブースで購入したしいたけのから揚げ。元々美味しいしいたけをから揚げにして、さっぱりした甘酢ダレでいただきます。これってもしかして新商品?


c0378174_16082069.jpg
特大! 厚岸産カキの酒蒸し(1個) 350円。

南幌町にある人気居酒屋旬鮮厚岸漁港直送 南幌 ことぶきやブースで購入した牡蠣の酒蒸し。厚岸直送だという牡蠣はクリーミィで美味しいのは間違いない。自分も他のイベントで【旬鮮厚岸漁港直送 南幌 ことぶきや】さんの牡蠣を食べたことがあるのですが本当に美味しいんですよねぇ。でもなんで【南幌町】で牡蠣なんだろう?

c0378174_16084015.jpg
うにめし 800円。

留萌市ブースで購入したうにを贅沢に使用したうにめし。こちらも【さっぽろオータムフェスト】ではド定番の一品です。


c0378174_16085756.jpg
本ずわい甲羅焼 1000円。

紋別市ブースで購入した本ずわいがにの甲羅焼き。これもまた
さっぽろオータムフェスト】の人気商品のひとつ。自分は食べたことがないんですが、どう考えても美味しいヤツですよねコレ(´¬`)


c0378174_16091692.jpg
いちごけずり 500円。

6丁目の「あおぞら×ほしぞら収穫祭」会場にある【オータム・フレッシュジュース・スタンド】ブースで購入したけずりいちご。いちご100%使用のシャリシャリフローズンが口の中をさっぱりしてくれます。


c0378174_16093725.jpg
焼あわび(中) 800円。

8丁目の「札幌大通ふるさと市場」会場の江差町ブースで購入した焼きあわび。あわびも人気ありますよねぇ。


c0378174_16095271.jpg
八雲牛BIG串焼き 700円。
森乃大吉豚BIG串焼き 500円。

南北海道 地産物流協同組合】ブースで購入した串焼き。八雲好きのMEG BEAMさん「八雲牛」の味は既に知っていたらしいですが、「森乃大吉豚」ってのは初食だったらしく、その甘みの強い肉にえらく感動していました(´¬`)


c0378174_16100980.jpg
三平汁 200円。

ふるさと炉辺屋台】で購入した【北海道】の郷土料理のひとつである三平汁を購入。本来は400円らしーんですが、購入したとき丁度タイムセール中だったらしく半額の200円に。これはナイスタイミング(´ω`)b


c0378174_16103310.jpg
十勝清水牛玉ステーキ丼 600円。

十勝清水町ブースで購入した牛玉ステーキ丼。「新・ご当地グルメグランプリ 北海道」で3連覇、殿堂入りしたメニューです。感想を聞くまでもなく美味しいヤツですが、実は自分はまだ一度も食べた事がないんですよねぇ。グルメイベントで良く見かけるし、いつでも食べれると思ったらなかなか機会が巡ってこないってゆーね(´Д`;)


c0378174_16105496.jpg
音威子府そば(たぬき) 400円。

音威子府村ブースで購入した温かいたぬきそば。音威子府は蕎麦の産地として有名ですが、その最大の特徴は蕎麦の実の殻ごと挽くので黒いんですよねぇ。風味豊かで香りが強く味の濃いそばは何をトッピングしても、そばの風味と味を楽しむことができる濃厚な味。


c0378174_16111554.jpg
ふらのスモークチャーシュー背脂煮干中華 700円。

5丁目の「HOKKAIDOラーメン祭り」会場にある【煮干中華 ゆきと花】ブースで購入した中華そば。煮干し感はそんなに強くなく、背脂が入っているので優しさの中にもパンチがあるスープは苦手な人でも美味しく味わえる。自家製の麺は小麦が香り、スープと良く合います。スモークされたチャーシューの完成度も高いんだとか(´¬`)


c0378174_16113481.jpg
厚岸産焼き牡蠣(2個) 600円。

同じく5丁目の「喰い倒れ広場」会場にある道産食彩HUGブースで購入した焼き牡蠣。昼間8丁目で食べた蒸し牡蠣との食べ比べに挑戦したらしいww MEG BEAMさん的には【旬鮮厚岸漁港直送 南幌 ことぶきや】ブースの勝利だったとか。


c0378174_16114944.jpg
星空の黒牛 鉄板焼き 500円。

8丁目の「札幌大通ふるさと市場」会場の標茶町ブースで購入したブランド牛の鉄板焼き。ジューシーで歯ごたえのある赤身、豊かなコクを持つ脂身のハーモニーが格別。ちなみに「星空の黒牛」は上質な肉質で知られる黒毛和種と、体が大きく育つホルスタイン種のハーフなんだとか。


c0378174_16121359.jpg
新篠津村ブースで購入したいちごのパフェ。たぶんコレが「札幌大通ふるさと市場」会場の1番人気メニューだったんじゃないでしょうか。自分が行ったときも会場内を1周するぐらいの行列が出来ていたし。【さっぽろオータムフェスト】には何度も参加してるけど、他のブースであんな大行列を見た事がない(´Д`;) MEG BEAMさんは最終日の夜に攻めたので10分ぐらい並んだだけで購入できたそうです。


しっかし、この日MEG BEAMさんは朝から晩まで【さっぽろオータムフェスト】会場にいたっぽいですねぇ。ざっと計算したら総額1万円分ぐらい食べてるしw さすがS級グルメ戦士ッ!!


MEG BEAMさん貴重な食ネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m


※記事 モコ平




[PR]
# by mocohe23 | 2018-02-17 18:00 | 札幌市 中央区 | Comments(4)

焼き肉ラーメン 松龍/岩見沢市

2018年2月14日(水)



c0378174_23101901.jpg
この日の夜は岩見沢市の「金子町エリア」にある焼き肉ラーメン 松龍で飲んできました。初訪問になります。


c0378174_23102784.jpg
c0378174_23104032.jpg
精肉店【松本畜産】が営む【焼き肉ラーメン 松龍】は、今では当たり前になった「タレ付きジンギスカン」発祥のお店。1951年【松龍】の初代オーナーが試行錯誤の末開発した「元祖味付きジンギスカン」の店頭販売を開始。「癖がなく手軽で美味い」と評判になり、市内だけではなく市外でも人気となる。お客さんからの薦めもあり、1990年現在の場所に移り直売所と食堂をオープンさせた。少々不便な場所にあるのにも関わらず、遠方から来るファンも多い知る人ぞ知る人気店なんです(´ω`)


c0378174_23104795.jpg
ビール(大瓶) 600円。

瓶ビールをジョッキで飲むというありそうでないスタイル。寒い日だったけど、仕事の後に飲むキンキンに冷えたビールは格別(=ω=)


c0378174_23105805.jpg
ジンギスカン 650円。

上砂川町で開催された【秋フェス!!! 2017】で初めて食べたとき、あまりの美味しさで一発でノックアウトされたあの味に三度ご対面。 肉厚でジューシィ、それでいてクドくなく味付けも完璧なあの超絶美味いジンギスカン(´¬`) お店では大きな肉をハサミでカットして焼くスタイル。


c0378174_23110685.jpg
特上ホルモン(塩) 400円。

同行者が「今まで食べたホルモンの中で1番ウメェ!!」と大絶賛した塩ホルモン。たしかに旨みが強くプリプりコリコリ食感が丁度良く本当に美味しい(´¬`) これもレギュラー入り決定。


c0378174_23111960.jpg
牛タン 950円。

なかなかワイルドな風貌で登場した牛タン。もちろんこれも旨みや歯ごたえが絶妙で美味しい。焼いてるとき炭に脂が落ちファイヤー状態になるので焦げないように注意が必要。


c0378174_23112796.jpg
限定セセリ 500円。

「限定」という文字が気になり思わず注文したせせり。うーむ、よくわからないけど流石「限定」なだけあって、ジューシィさとプリプリ食感がハイレベル。ウマイッ!!


c0378174_23113670.jpg
山賊鍋 ???円。

味噌ベースのスープに、ハートや血管といった様々なモツが入った鍋。モツの旨みがしっかりと出たスープは優しい味の中にもしっかりしたコクがあり、クセになる美味しさ。ちなみにこれはお店のおかーさんがサービスで出してくれたもの(=ω=)


c0378174_23114430.jpg
いや~店内の雰囲気は自分の好きな感じだし、サービスは良いし、何よりどれを食べてもレベルが高く非常に美味しい。次回訪問時は焼肉の他に、もうひとつの看板メニューであり評価の高い醤油ラーメンも食べてみよう(´ω`)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



焼き肉ラーメン 松龍
●住所 北海道岩見沢市金子町394
●電話 0126-26-3229
●営業時間(4月~11月) 17:00~22:00(月) 11:00~22:00(水~日)
●営業時間(12月~3月) 11:00~14:00 17:00~20:00(水~日)
●定休日(4月~11月) 火曜
●定休日(12月~3月) 月曜・火曜
●駐車場 有り(7台)




[PR]
# by mocohe23 | 2018-02-16 18:00 | 空知地方 | Comments(4)

大衆酒場 八重洲居酒場商店/札幌市 中央区

2018年2月12日()



c0378174_12062655.jpg
第69回 2018 さっぽろ雪まつりで軽く食べてきた後は、同じく中央区の「チカホエリア」にある【大衆酒場 八重洲居酒場商店 札幌北一条チカホ店】へ行ってきました。2度目の訪問になります。


大衆酒場 八重洲居酒場商店】は【とりの介】や【山の猿】などを手掛ける株式会社アイックスの新事業で、2017年の7月に1号店である【大衆酒場 八重洲居酒場商店 札幌北一条チカホ店】がオープン。仕事帰りに一人でふらっと、週末には仲間ととことん、サラリーマンやOLさんを毎日暖かく迎える八重洲の雰囲気をコンセプトに札幌に誕生したお財布に優しい大衆酒場なんです(´ω`)


c0378174_12064310.jpg
鶏唐揚げ野菜豚汁定食 568円。

「ランチメニュー」から唐揚げと豚汁がセットになった鶏唐揚げ野菜豚汁定食をチョイス。揚げたての唐揚げはサクサクジューシィ系。甘めのタレとの相性抜群! 具材がたっぷり入った豚汁も◎ このボリュームで568円とか安い(=ω=)


c0378174_12063592.jpg
お茶漬け(梅) 299円。

こちらは「居酒屋メニュー」のお茶漬け。特出する点はないけど、安心安定で美味しいヤツです。



この日はめちゃめちゃ寒かったので【第69回 2018 さっぽろ雪まつり】を早々に切り上げ、食べたりないぶんを【大衆酒場 八重洲居酒場商店 札幌北一条チカホ店】でおぎなうっていうね。居酒屋ランチはまりそう(´ω`)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



大衆酒場 八重洲居酒場商店 札幌北一条チカホ店
●住所 北海道札幌市中央区北1条西4-2-2 ノースプラザビルB1F
●電話 011-205-0035
●営業時間 11:00~16:00(ランチ) 16:00~23:00(ディナー)
●定休日 不定休
●駐車場 無し




[PR]
# by mocohe23 | 2018-02-15 18:00 | 札幌市 中央区 | Comments(0)

第69回 2018 さっぽろ雪まつり/札幌市 中央区

2018年2月12日()



c0378174_21222901.jpg
この日は札幌市中央区の「大通公園」で毎年冬に開催される人気イベント第69回 2018 さっぽろ雪まつりへ参加してきました。期間中は初訪問になります。


c0378174_21224321.jpg
c0378174_21225168.jpg
c0378174_21230031.jpg
1950年(昭和25年)に地元の中・高校生が6つの雪像を「大通公園」に展示して始まった【さっぽろ雪まつり】は、今では国内外から約200万人以上が訪れる【札幌市】の冬を代表する一大イベント。「大通公園」では1~12丁目の約1.5kmに渡り大小さまざまな雪氷像が並び、日没から22時までライトアップされる。11丁目の国際雪像コンクールには世界各国のチームが参加し、会期中に制作過程を見る事もできる。「つどーむ」の会場では巨大なすべり台や雪と触れ合える屋内外のイベントが行われるほか、「すすきの」の会場には氷彫刻コンクールや氷像のライトアップ、アイスバーなどが登場。会場ごとに趣きが変わるので、それぞれに足を運んでたっぷり冬の【札幌市】を満喫できる一大イベントなんです(´ω`) グルメもアルヨ♪


c0378174_21230841.jpg
ホットチョコレート 400円。

4丁目の「STV広場」で購入したホットチョコレート。まぁ、アレです。ココアの超濃い版って感じかな。これは冷えたカラダに染み渡るんですよねぇ(=ω=)


c0378174_21231507.jpg
味噌らーめん 500円。

6丁目の「食の広場」会場、東区の「本町エリア」にある人気ラーメン店【麺や 白】ブースで購入したラーメン。去年は白い醤油ラーメンだったらしいけど、今年は打って変わって白い味噌ラーメン。色はともかく、味はド直球の本格的札幌味噌ラーメン。と、思いきや、背脂がたっぷり入っていて逆にこってり濃厚で斬新な味噌ラーメンでした。さすが【さっぽろ雪まつり】限定だけのことはあるレベル。しかも、ワンコインなのが非常に嬉しい(´¬`)


c0378174_21232384.jpg
ジンギスカンザンギ 500円。

同じく「食の広場」にある【北海道 ジンギスカン 焼きそばの会 会員】ブースで購入したジンギスカンの「唐揚げ。カップに山盛りに積まれたボリューミィな商品と思いきや、下にポテトチップスがひかれており、上げ底率がハンパないww


c0378174_21272208.jpg
第69回 2018 さっぽろ雪まつり】最終日は8年ぶりの寒さとかで、日中でも-8℃だったんだとか。そりゃー写真を撮るたびに手が冷たさと痛さでもげそうになるわ(´Д`;) そんな極寒の中でもこのオネーサンは薄着で元気に歌ってました(=ω=)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平




[PR]
# by mocohe23 | 2018-02-14 21:30 | 札幌市 中央区 | Comments(2)

Cake&Cafe 笑飛巣(えびす)/砂川市

2017年11月27日(月)



c0378174_15232207.jpg
この日は砂川市の「東7条エリア」にあるCake&Cafe 笑飛巣(えびす)へランチを食べに行ってきました。初訪問になります。


c0378174_15235772.jpg
2013年6月にオープンした【Cake&Cafe 笑飛巣(えびす)】。赤い屋根が目印で繁華街から少し離れた住宅街の中にある。ランチが充実したカフェであり、メニューはどれもリーズナブルでボリューミィ。地元民のみならず、看板メニューのひとつであるポークチャップを求め遠方から来るお客も多い人気店なんです(´ω`) また、就労継続支援A型事務所でもあります。


c0378174_15242746.jpg
アイスティー 160円。
ジンジャーエール 160円。


c0378174_15241082.jpg
ポークチャップ(ペアセット) 1950円。

c0378174_15241822.jpg
自分もお目当ては厚さ7cm、重さ600gあるというポークチャップ。ただ、一人でたいらげるのは厳しいので(昔はイケた)同行者にチカラを貸してもらうことに。ペアセットはビックチャップ×1にライス×2、スープ×2、サラダ×2といった内容。こんがりと表面を焼いて旨みを閉じ込めてからじっくりと火を通したという肉塊は、歯応えと旨みが凄い! 焼き上げたときに落ちた脂を使用したソースは味に甘みと深みが出ています。これは美味しいポークチャップでしたねぇ(´¬`)


上記に初訪問って書いてますが、実は3度目の訪問でした。まぁ、前の2回は混雑していて入店できなかったんですけどw 3度目の訪問でやっとお店に入れ、念願のポークチャップを食べることができました。ヨカッタヨカッタ(=ω=)


※記事 モコ平



Cake&Cafe 笑飛巣(えびす)
●住所 北海道砂川市東7条南8丁目1-10
●電話 0125-74-5868
●営業時間 11:00~17:00
●定休日 水曜
●駐車場 有り




[PR]
# by mocohe23 | 2018-02-13 18:00 | 空知地方 | Comments(0)

Japanse Ramen Noodle Lab Q/札幌市 中央区

2017年12月18日(月)



c0378174_17412925.jpg
この日の昼は札幌市中央区の「北1条エリア」にある【Japanse Ramen Noodle Lab Q】でした。初訪問になります。


c0378174_17414920.jpg
昼間はラーメン専門店【Japanse Ramen Noodle Lab Q】、夜は焼き鳥とワインと日本酒が楽しめる居酒屋【Q】と昼夜で異なった顔を持つ新しいスタイルのお店(ラーメン屋と居酒屋は別経営)。2014年の6月のオープン当初から完成度の高いラーメンを提供し続け、今ではメディアで取り上げられることも多く、ラーメン激戦区札幌でも常にランキング上位という超人気店なんです(´ω`) また、時折のれんのロゴが裏返った【裏Q】での営業日があり、普段とは違ったメニューを味わえるのもポイント。


c0378174_17415703.jpg
ビール(小瓶) 400円。

ラーメンを食べる前の食前酒ってゆーことで「サッポロ黒ラベル」をグイっとひっかけます。昼から飲むお酒は格別(=ω=)


c0378174_17420522.jpg
清湯醤油 850円。

注文するのはもちろんTV番組ハナタレナックスの人気コーナー「KING OF RAMEN 中央区編」で優勝したときのラーメン「清湯醤油」。もうね見た目からして凄く綺麗でたまりません(=ω=) 新得地鶏と羅臼昆布、鰹節や数種類の野菜、生揚げ醤油などから作られるスープはコクがありながらも繊細で優しい味。これはマジで美味しいヤツです(´¬`) 鶏と豚の2種類のチャーシューも異なった味付けで飽きがきません。春よ恋やきたほなみといった道産小麦を季節によって使い分けて作る自家製麺は香りが良く程よい甘みとしなやかで力強さが特徴。ちょっと茹で過ぎたのか麺が若干てろんてろーんってなってたけど、総合的に美味しくハイレベルだったのでOK♪


ラーメンを食べ始めたときから再訪問は確定していたけど、次回訪問時も「清湯醤油」を注文しちゃいそーだなぁ。でも、頑張って別のラーメンを注文しよう! あと、夜営業してる焼き鳥屋さんのほうにも訪問しないといけないですねぇ(´ω`)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



Japanse Ramen Noodle Lab Q
●住所 北海道札幌市中央区北1条西2丁目1-3 りんどうビルB1F
●電話 050-5594-9594
●営業時間 11:00~15:00(月~土) 17:00~19:30(月~水)
●定休日 日曜・年末年始
●駐車場 無し(近隣に有料パーキング有り)




[PR]
# by mocohe23 | 2018-02-12 18:00 | 札幌市 中央区 | Comments(2)

鳥料理 小野木/旭川市

2017年9月6日(水)



今回は知人の藻屑さんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


c0378174_13391208.jpg
この日の藻屑さんが向かったのは旭川市の「東旭川エリア」にある鳥料理 小野木


c0378174_13392070.jpg
鳥料理 小野木】の歴史は古く、明治33年松原秀次郎が鶏肉行商の鑑礼を拝受し飼料の独自配合により養鶏を始め大正11年に創業。その名の通り鶏肉を使用した料理に特化しており、味のレベルは非常に高い。市内だけではなく、遠方からもわざわざ足を運ぶファンがいるミシュランガイド掲載の超人気店なんです(´ω`) また、大衆店でありながら高級料亭のような庭があるのも人気のひとつ。


c0378174_13392882.jpg
千鳥揚げ 650円。

北海道では「鶏の唐揚げ」を「ザンギ」と呼ぶ事が多いのですが、ここ【鳥料理 小野木】では「千鳥揚げ」という独自の呼名だそうです。水を使わない衣のサクサク感と、ジューシィであっさりめな鶏肉がたまらなく美味しいんだとか。特製のごま塩で食べるのも【鳥料理 小野木】ならでは(=ω=) 唐揚げってか天ぷらっぽいから塩で食べるのかな?


c0378174_13393590.jpg
とり重 650円。

甘辛で香ばしい雑味のないたれと、脂肪分が少ないのに軟らかい鳥の食感がたまらなく美味しいお重のセット。なめこ汁とお新香もあなどれない存在なんだとか(´¬`)


c0378174_13394252.jpg
新子焼き 700円。

旭川市民のソウルフードとして有名な「新子焼き」。鶏の半身を使うのが一般的だけど、【鳥料理 小野木】ではモモ肉を使用。柔らかくジューシィな味わいで、藻屑家ちびっこに大好評。


c0378174_13395202.jpg
親子丼 600円。

鶏肉、ねぎ、卵、刻み海苔と見た目はオーソドックスな親子丼ですが、味付けと卵のふわとろ感が絶妙でかなり美味しかったようです(´¬`) このレベルで600円は良い意味で反則だってww


うーむ、自分は【鳥料理 小野木】さんの事を全然知りませんでした(´Д`;) 藻屑さんが大絶賛だったので、今度機会があれば行くしかないですねぇ。


藻屑さん、貴重な食ネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m


※記事 モコ平



鳥料理 小野木
●住所 北海道旭川市東旭川北1条6丁目10-27
●電話 0166-36-1146
●営業時間 11:00~22:00
●定休日 火曜・第3月曜
●駐車場 有り




[PR]
# by mocohe23 | 2018-02-11 18:00 | 上川地方 | Comments(0)

居酒屋 きんぼし/札幌市 東区

2017年9月20日(水)



c0378174_12594027.jpg
中央区の「大通公園」で開催していたさっぽろオータムフェスト2017へ参加した日の夜は、東区の「元町エリア」にある【居酒屋 きんぼし】に飲みに行って来ました。4度目の訪問になります。



居酒屋 きんぼし】は元相撲取りという肩書きを持つ店主がはじめたお店。相撲取り=ちゃんこ鍋というイメージがありますが、ちゃんこ以外でも串焼きやお刺身、揚げ物や釜飯などなどいろいろなものがあり、お一人からファミリーまで幅広い層に人気があるアットホームな雰囲気で落ち着ける居酒屋さんです。夏季限定の外席もオススメ。


c0378174_12594957.jpg
角ハイボール 350円。
お通し ???円。

お通しは【きんぼし】定番の柿ピーと、もうひとつはにんにくの芽とホルモンの炒め物。


c0378174_12595709.jpg
相撲部屋の冷や奴 350円。

さっぽろオータムフェスト2017】で結構食べてきたので、ここはあっさり系の物をと、相撲部屋の名物だったという冷奴をオーダー。豆腐にかかっているオリジナルのタレが美味しく、お酒が進む一品でした(´¬`)


c0378174_13000588.jpg
干ハタハタ 380円。

普段あまり食べる機会のない焼魚を食べてみようとハタハタの一夜干しを注文。ハタハタ独特の柔らかさと優しい味で、これもお酒が進みます。とゆーか、何を食べてもお酒が進む体質なんですけどねぇww


この日は2品しか注文してないんですが、隣にいたお客さん(初めて会った人)と会話が弾み、何かいろいろご馳走してもらっちゃったんですよ。たまにはそーゆう出会いも良いものです(=ω=)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



居酒屋 きんぼし
●住所 北海道札幌市東区北25条東21丁目3-1
●電話 011-788-5924
●営業時間 17:00~24:00(平日) 17:00~25:00(土) 17:00~23:00(日) 
●定休日 木曜
●駐車場 有り




[PR]
# by mocohe23 | 2018-02-10 18:00 | 札幌市 東区 | Comments(0)

さっぽろオータムフェスト2017/札幌市 中央区

2017年9月20日(水)



c0378174_11002172.jpg
この日は札幌市中央区の「大通公園」で毎年秋に開催される超人気イベントさっぽろオータムフェスト2017へ参加してきました。ブログで扱うのは4回目ですが、期間中3度目の参加になります。

さっぽろオータムフェスト】は、石狩川流域をはじめ北海道全域の農産物、海産物を集めて、生産者や料理人、醸造者などの作り手の顔が見えてくるぬくもりあふれる祭であり、その旨い食べ方を知っている市民、そして会場を訪れる人々がこの街の生活を祝う札幌を代表する秋の超絶大人気イベントなんです(´ω`)


c0378174_11004565.jpg
食べ比べセット(ほっとほっとセット) 1000円。

7丁目「HOKKAIDO酒肴MARCHE」会場にある【牛たんの旬菜 鈴の屋】ブースで購入したタンシチュー、アヒージョ、煮込み牛たん、バケットの計4種のお得なセット。【第58回 さっぽろライラックまつり】に参加したときにこのブースのアヒージョセットを食べて超美味しかったので今回も購入してみました。やっぱ、全てのメニューに共通してるのは、牛タン独特の旨みが出てて非常に美味しいってこと。中でも初めて食べた煮込み牛たんがお気に入りでした(´¬`)

c0378174_11003821.jpg
牛肉の生ハムユッケ 800円。
ハイボール ???円。

同じく7丁目「HOKKAIDO酒肴MARCHE」会場にある【ダイニング桑名】ブースで購入した牛肉の生ハムユッケ。価格のわりにはボリューム不足。まぁ、酒の肴なんで量はそんな求めてないけど、特出した美味しさがあったワケでもないし、正直ガッカリな一品だったなぁコレ(´Д`;) ハイボールは【ウイスキーBAR】ブースで購入。


c0378174_11010615.jpg
スモークの盛り合わせ(5種) 1500円。

同じく7丁目「大通公園7丁目屋台」会場にあるKWANの屋台で購入した燻製の盛り合わせ。内容は手羽先、牡蠣、チーズ、うずらの卵、枝豆の計5種。燻製系の食材を扱う店にはうるさい自分ですが、5種類全て美味しくてアタリのお店でした! 機会があれば「すすきのエリア」にあるお店のほうにも行ってみたいと思えるデキでしたねぇ。ウマイッ!(´¬`)


c0378174_11011405.jpg
牛サーロインカツレツ 1200円。

10丁目「Oh!ドーリファーム”お肉じゅっ丁目」会場にある【京都きむら】ブースで購入した牛肉のカツレツ。牛カツって初めて食べたんですが、トンカツとはまた違った美味しさがありますねぇ。少々お高いけど、この美味しさならまた食べてみたいです(=¬=)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平




[PR]
# by mocohe23 | 2018-02-09 18:00 | 札幌市 中央区 | Comments(2)

ペンギン Bakery Cafe/岩見沢市

2017年8月4日(金)



c0378174_18275733.jpg
長沼町手打うどん ほくほく庵へ行った後は、岩見沢市の「9条エリア」にあるペンギン ベーカリーカフェ 岩見沢店へ行ってきました。初訪問になります。



c0378174_18280370.jpg
厳選した道産内産小麦を使用し、感じて欲しい「うまみ」「風味」「食感」を職人の技術で表現し、「毎日食べても食べ飽きない」パンを提供する【ペンギン ベーカリーカフェ】。取り扱うパンの種類は豊富だし、カフェスペースもあるので使い勝手の良い人気パン屋なんです(´ω`) 現在は道内に6店舗を展開中。


c0378174_18281039.jpg
塩パン 120円。

道産小麦の生地の中にバターをたっぷり詰め込んだ、【ペンギン ベーカリーカフェ】人気不動だという塩パン。小麦の香りとバターの塩味がベストマッチ。


レンコンごぼうロール 190円。

道産小麦の生地にゴボウサラダをマヨネーズで和えて、スライスしたレンコンをかぶせて焼き上げたパン。これ上にちょこんと具材が乗ってるだけなんですよねぇ。せめてパンの中までゴボウサラダが入っててくれたら良かったのに…。うーん、残念(´Д`;)


シナモンロール 190円。

見るからにボリューミィなシナモンロール。


訪問した2017年8月4日が【ペンギン ベーカリーカフェ 岩見沢店】のオープン初日で、混雑防止の為人数制限がかけられ入店待ちで20分ぐらい外に並ばされたんだっけなぁ。店内はキレイでオシャレだし、パンも美味しいけど、価格設定が若干お高めと感じましたねぇ。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



ペンギン Bakery Cafe 岩見沢店
●住所 北海道岩見沢市9条西8丁目7-1
●電話 0126-32-3335
●営業時間 8:00~19:00
●定休日
●駐車場 有り(9台)




[PR]
# by mocohe23 | 2018-02-08 18:00 | 空知地方 | Comments(2)

手打うどん ほくほく庵/長沼町

2017年8月4日(金)



c0378174_18142597.jpg
由仁町ユニファームのお店 はらぺこパンやへ行った後は、長沼町の「西4線エリア」にある手打うどん ほくほく庵へ行ってきました。初訪問になります。



2004年にオープンした【手打うどん ほくほく庵】。「讃岐うどん」の本場である四国で修行した店主が、道産小麦で毎朝手打ちするできたてのうどんが評判の超人気うどん店なんです(´ω`) また、お店が小麦や野菜の畑の中にあり季節によって様変わりする窓からの絶景も魅力のひとつ。


c0378174_18143414.jpg
冷やしたぬき 780円。

うどんの上には天カス、ネギ、大根おろし、ワカメ、刻み海苔、卵黄、かつお節が乗っていてなかなかゴージャスでボリューミィなフォルム。これにつゆをかけていただくんですが、食べてビックリ! うどんのコシの強さがハンパないッ!Σ(ΦДΦ;) もちろん味は凄く美味しいんですよ。美味しいんだけど、歯応えが強くて顎が疲れるww


c0378174_18144292.jpg
冷山芋かけ(夏のみ) 800円。

こちらは夏季限定メニューのうどん。上に乗っているのは山芋、にんじん、卵黄、ネギ、かつお節、ワカメ、刻み海苔。もちろんこちらのうどんもコシの強さは健在w とろろとつゆと卵黄が合わさると美味しさが何倍も跳ね上がりますねぇ(´¬`)


いや~あまりのコシの強さに驚いちゃったけど、美味しいのは間違いないので再訪問決定! ロケーションも最高だし(=ω=)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



手打うどん ほくほく庵
●住所 北海道夕張郡長沼町西4線南5
●電話 0123-88-1614
●営業時間 11:00~14:00
●定休日 火曜・水曜(祝日は営業)
●駐車場 有り(10台)




[PR]
# by mocohe23 | 2018-02-07 18:00 | 空知地方 | Comments(0)

ユニファームのお店 はらぺこパンや/由仁町

2017年8月4日(金)



c0378174_18063937.jpg
この日は由仁町の「山形地区」にあるユニファームのお店 はらぺこパンやへ行ってきました。初訪問になります。


c0378174_18064640.jpg
由仁町】の小高い小麦畑の丘に【はらぺこパンや】は、りんごやいちご、ブルーベリーなどのくだものや、アスパラガスなどの旬の野菜を生産している【ユニファーム農園】の直売店。自家栽培の小麦、天然酵母を使って焼き上げたパンが人気のお店なんです(´ω`) ちなみにパンを焼かない日があり、その場合はコーヒー、紅茶などの喫茶営業と卵などの販売になるみたい。


c0378174_18065342.jpg
スコーン ???円。

パンを買いに行ったけど、あいにくこの日はパンを焼いてない日でした(´Д`;) まぁ、せっかくココまで来たのでレジ横にあったスコーンを購入。パサパサで口の中の水分を全部持ってかれちゃうけど、香りと甘みが絶妙! これは良いものです(´¬`)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



ユニファームのお店 はらぺこパンや
●住所 北海道夕張郡由仁町山形138番地 ユニファーム内
●電話 0123-83-3736
●営業時間 10:30~17:00
●定休日 火曜・水曜・木曜
●駐車場 有り(10台)




[PR]
# by mocohe23 | 2018-02-06 18:00 | 空知地方 | Comments(2)

さっぽろオータムフェスト2017/札幌市 中央区

2017年9月16日()



今回は知人のMEG BEAMさんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


c0378174_17444844.jpg
この日のMEG BEAMさんが向かったのは札幌市中央区の「大通公園」で毎年秋に開催される超人気イベントさっぽろオータムフェスト2017

さっぽろオータムフェスト】は、石狩川流域をはじめ北海道全域の農産物、海産物を集めて、生産者や料理人、醸造者などの作り手の顔が見えてくるぬくもりあふれる祭であり、その旨い食べ方を知っている市民、そして会場を訪れる人々がこの街の生活を祝う札幌を代表する秋の超絶大人気イベントなんです(´ω`)


c0378174_17445641.jpg
海老麺 塩 ¥700

5丁目「HOKKAIDOラーメン祭り」会場にある函館市から来た【海老麺総本家 地元家】ブースで購入したラーメン。これでもか! というぐらい海老の旨みが出た塩スープが特注の中太麺と良く合います。パンチがありクセにある一杯だったようです。


c0378174_17450491.jpg
オホーツク干貝柱あんかけ焼きそば 700円。

同じく5丁目の「喰い倒れ広場」会場の【オホーツク干貝柱料理推進協議会】ブースで購入した北見市網走市の新ご当地グルメ。ホタテ干し貝柱の旨さがストレートに出る「塩ダレ」と、旨味成分が凝縮された高級食材の「ホタテ干し貝柱」、そして、料理を熱々のまま提供することができる、濃厚な旨味がギュッと詰まった特製の「あん」が旨さが最大のポイント。言うまでもなく美味しい一杯(´¬`)


c0378174_17451268.jpg
ジャンボホタテ串焼き 350円~。

8丁目「札幌大通ふるさと市場」会場にある別海町ブースで購入したホタテの串焼き。【別海町】のご当地グルメといえば「別海ジャンボホタテバーガー」が有名ですが、この串焼きはホタテだけに特化したもの。ストレートにホタテの旨みを味わえる誤魔化しの聞かない商品をチョイスするあたり、流石MEG BEAMさんだなぁと。


c0378174_17451927.jpg
ジャンボ殻付きウニ 1200円。

礼文町ブースで購入したウニの網焼き。まぁもうアレです。感想を聞くまでもなく、絶対に美味しい一品(=¬=) それにしても大きいとはいえウニが1個1200円かぁ~凄い!


この日は事前に打ち合わせたワケでもないのに8丁目会場で偶然MEG BEAMさんとバッティングしたんですよねぇ。自分が帰る頃に合ったので一緒にはまわらなかったけど、食べたものが一切かぶってなくて良かったぁ(=ω=)


MEG BEAMさん貴重な食ネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m


※記事 モコ平




[PR]
# by mocohe23 | 2018-02-05 18:00 | 札幌市 中央区 | Comments(0)

やきいも工藤/札幌市 南区

2018年1月8日()



今回は知人のOCHIKA TEMPESTさんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


c0378174_20410173.jpg
この日のOCHIKA TEMPESTさんが向かったのは札幌市南区の「川沿エリア」にあるやきいも工藤。初訪問だったようです。


c0378174_20411419.jpg
c0378174_20412099.jpg
やきいも工藤】は市内でも珍しい「やきいも」の専門店。常時数10種類のさつまいもを取り扱っており、色々な品種のやきいもを味わえる。また【北海道】ではなかなかお目にかかれないような珍しい品種も取り扱っているので、やきいも好きにはたまらない。地元民だけではなく、遠くからもお客が足を運ぶ人気店なんです(´ω`)


c0378174_20412769.jpg
シルクスイート(100g当たり) 135円。

鹿児島産のシルクスイートは、何もしなくてもスイートポテトのようななめらかさがと程よい甘みが後を引く美味しさ。今回購入した3種の中でOCHIKA TEMPESTさん1番のお気に入りがコレ(´¬`)


安納紅(100g当たり) 135円。

種子島産の安納紅は、ぶっちぎりのねっとり感と甘さが味わえるのが特徴。ちびっこはコレが1番だったようです。


紫いも(100g当たり) 135円。

そして最後は鹿児島産の紫いも。これに関しては特に何もコメントをいただけなかった。まぁ、昔ながらのホクホクしたやきいもってことで。


自分じゃまず行く機会がないであろう【やきいも工藤】さん。でも、ネタをもらって記事を書いてたら何だか気になってきました。シルクスイートめちゃめちゃオススメされたし(=ω=) それにしてもやきいもを袋から出して写真を撮って欲しかったなぁww


OCHIKA TEMPESTさん貴重な食ネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m


※記事 モコ平



やきいも工藤
●住所 北海道札幌市南区川沿12条2丁目2-4
●電話 011-572-2591
●営業時間 9:00~18:30
●定休日 第2、第4、第5火曜
●駐車場 無し




[PR]
# by mocohe23 | 2018-02-04 18:00 | 札幌市 南区 | Comments(4)

shiro cafe/砂川市

2017年10月29日()



c0378174_20253264.jpg
c0378174_20254028.jpg
麺屋たっかで美味しいラーメンを食べてきた後は、同じく砂川市の国道12号線沿いにあるシロカフェ 砂川本店へ行ってきました。初訪問になります。



c0378174_20255660.jpg
c0378174_20260577.jpg
c0378174_20261370.jpg
がごめ昆布、酒かす、ラワンぶき、小豆、生姜など、体に良いとされる食材を使って化粧水や美容液を製造している【砂川市】の化粧品メーカーの【株式会社ローレル】が、自社ブランドの化粧品「shiro」のショップとカフェが融合した【shiro 砂川本店】を2015年10月にオープン。1階はカフェスペース【shiro cafe】で、2階が化粧品の展示・販売スペース。元々「shiro」の化粧品事態かなりの人気商品なんですが、カフェのほうも相当の人気で、週末ともなると駐車場空き待ちがでるほどなんです(´ω`)


c0378174_20262336.jpg
季節のグリーンスムージー 650円。

緑スムージーは、旬の果実や野菜をぎゅーっとMIXした美味しいスムージー。体が内側から目覚めるような素材をストレートに味わえるヘルシーでデトックス効果のある一杯。


パインマンゴーとパプリカのイエロースムージー 650円。

美容に良いビタミン豊富なフルーツと野菜をMIXして作る甘酸っぱくてジューシィなスムージー。黄色パプリカとマンゴー・パイナップルの甘さがベストマッチ。ほんのり甘い味の中にパプリカのアクセントがクセになる体に優しい一杯。


c0378174_20263098.jpg
嶋崎農園のルバーブとチーズクリームパンケーキ 1100円。

芽室町にある【嶋崎農園】が作る甘酸っぱさが特徴の真っ赤なルバーブジャムと、チーズクリーム(マスカルポーネ)がたっぷりとのったパンケーキ。道内産の粉を独自ブレンドして焼き上げたパンケーキはもっちもち食感で単体でも美味しいけど、ルバーブジャムとチーズクリームを付けて食べると美味しさがとんでもなく跳ね上がります(´¬`)


化粧品に興味はないけど、美味しいものには興味深々。パンケーキももちろん美味しかったんですが、自分の中では黄色スムージーの味のほうがインパクト強かったです。再訪問時は食事メニューを攻めてみようかなぁ。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



shiro cafe 砂川本店
●住所 北海道砂川市西1条南5丁目1-4
●電話 0125-52-9646
●営業時間 10:00~20:00
●定休日 木曜
●駐車場 有り(20台)




[PR]
# by mocohe23 | 2018-02-03 18:00 | 空知地方 | Comments(0)

麺屋たっか/砂川市

2017年10月29日()



c0378174_17463244.jpg
この日のランチは砂川市の国道12号線沿いにある麺屋たっかでした。2度目の訪問になります。

2013年12月にオープンした【麺屋たっか】は砂川産や北海道産食材にこだわりを持つ地産地消お店。道内の外食店・宿泊施設のうち、北海道産食材を使用したこだわり料理の提供を通じて、北海道食材の積極的な利用や食材の素晴らしさをお客さんに伝える地産地消(愛食運動)に取り組む店に贈られる「北のめぐみ愛食レストラン」に認定されています。また、メディアに取り上げられる事も多々ある人気店なんです(´ω`)


c0378174_17464132.jpg
まぜ麺!! 800円。


c0378174_17464911.jpg
1日10食限定で新メニューのまぜ麺は、味付けされたひき肉、ねぎ、ニラ、きざみのり、魚粉、卵黄と【麺屋たっか】特製たれと香味油、背油のみで和える無化調汁なし麺。うーん、ラーメンとは一味違うクセになる美味しさ(´¬`) 食べることができてラッキーでした♪


c0378174_17490682.jpg
醤油らーめん 600円。

こちらは初訪問時にも食べた醤油ラーメン。道産の真昆布と4種の節からだしを取るスープは澄んでいてコクがある。全粒粉を含む複数の道産小麦を使うこだわりの自家製麺は、噛むたびに小麦の香が立つ。砂川産豚肉のチャーシューと穂先メンマは名脇役。って、ラーメンガイドに書いてあったw まぁ、何にしても本当に完成度の高い美味しいラーメンなんです(=ω=)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



麺屋たっか
●住所 北海道砂川市東1条南10丁目3-9
●電話 0125-74-6185
●営業時間 11:00~14:30(月水土) 11:00~14:30 17:00~20:00(火金)
●定休日 水曜・日曜
●駐車場 有り(7台)




[PR]
# by mocohe23 | 2018-02-02 18:00 | 空知地方 | Comments(0)

Café restaurant hygge/札幌市 中央区

2017年12月22日(金)



今回は知人のMEG BEAMさんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


c0378174_21220301.jpg
この日のMEG BEAMさんが向かったのは札幌市中央区の「円山エリア」にあるカフェレストラン ヒュッゲ


2015年6月にオープンした【カフェレストラン ヒュッゲ】は、古家を丸みのある「デンマーク風」にリノベーションしたおしゃれ空間カフェ。自慢の料理は新鮮な道産・国産のお肉やお野菜を使用。調理法にもこだわっており、料理の素材を引き立てるソースやドレッシングは「無添加・自家製手作り」で家庭的で優しい味。更にヘルシーなので女性に大人気なんです(´ω`)


c0378174_21221236.jpg
自家製赤ワイン煮込みハンバーグセット 1480円。

内容は煮込みハンバーグ、サラダ、マッシュポテト、スープ、ポップオーバーの計5品。メインのハンバーグは煮込み加減が丁度良くかなり美味しいんだとか。しかも豆腐が入っているのでヘルシー仕立てなのも嬉しいポイント♪ バターが香るポップオーバーは麦ごはんとの2択。


c0378174_21222211.jpg
ボンゴレ(ビアンコorロッソ) 1480円。

アサリの出汁、ニンニク、バター、道内産小麦100%使用の生パスタなどを使用したパスタ。旨みのバランスが絶妙&もちもち食感のパスタが非常に美味かったらしい(´¬`)


c0378174_21223026.jpg
ホエー豚の熟成ベーコンとあら挽きソーセージセット 800円。

ベーコンの旨みが強く、ウィンナーは超ジューシィでウマイ。若干量が少ないけどサイドアラカルトメニューの品なのでしょうがない。


c0378174_21230445.jpg
ティラミスパンケーキ 1250円。

北イタリア生まれのティラミスをパンケーキにアレンジしたお店の人気メニュー。エスプレッソのほろ苦さ、マスカルポーネクリームチーズのまろやかな味わいがたまらない大人のスイーツ(=¬=)


MEG BEAMさん貴重な食ネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m


※記事 モコ平



Café restaurant hygge
●住所 北海道札幌市中央区宮の森2条14丁目1-14
●電話 050-5589-7088
●営業時間 11:00~21:00
●定休日 月曜・年末年始
●駐車場 有り(13台)




[PR]
# by mocohe23 | 2018-02-01 18:00 | 札幌市 中央区 | Comments(4)

北の屯田の館/札幌市 北区

2018年1月27日()



c0378174_12104830.jpg
居酒屋 のむくらで飲んできた後は、同じく北区の「北24条エリア」にある【北の屯田の館】へと行ってきました。初訪問になります。


c0378174_12110517.jpg
北の屯田の館】は創業してから40年以上営業しているという「北24条エリア」きっての老舗居酒屋。焼き魚や郷土料理が評判で、地元民はもちろん、わざわざ遠方から来るお客も多い超人気店なんです(´ω`)


c0378174_12105560.jpg
ハイボール 500円。
お通し 500円。

この日3軒目も安定のハイボールスタート。お通しは白菜のお漬物。美味しいけど500円ってのはちと高目かな。


c0378174_12111271.jpg
手作り水ぎょうざ 500円。

皮はぷりっぷり&もっちもち、餡は肉と野菜のバランスが良く美味しい水餃子。


c0378174_12112111.jpg
牛すじ煮込み 500円。

牛すじの絶妙な柔らかさと、醤油ベースの煮込み汁がたまらない一品。この牛すじ煮込みはめちゃめちゃ好みのヤツです。うめぇ(´¬`)


c0378174_12112846.jpg
いかゴロ焼き 700円。

イカの身とゴロを混ぜ、甘じょっぱ系の味付けで焼き上げたもの。若干ゴロ独特なの臭みはあるものの、クセが少なく調理されているので非常に美味しい。うーむ、これはお酒が進む進む(´¬`)


ここは学生時代から気になっていた居酒屋で、今回やっと訪問することができました。3軒目だったので、ちょっとしか食べれなかったけど満腹満足。次回訪問時はお店の看板メニューである焼き魚を食べないといけないですねぇ。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



北の屯田の館
●住所 北海道札幌市北区北24条西4丁目2-1
●電話 011-757-2621
●営業時間 17:00~翌0:00(月~金) 17:00~23:30(土)
●定休日 日曜・祝日
●駐車場 無し




[PR]
# by mocohe23 | 2018-01-31 18:00 | 札幌市 北区 | Comments(0)

居酒屋 のむくら/札幌市 北区

2018年1月27日()



c0378174_12034928.jpg
中華バル SABUROKU360で軽く飲んできた後は、同じく北区の「北24条エリア」にある【居酒屋 のむくら】へと行ってきました。初訪問になります。

2010年の4月にオープンした【居酒屋 のむくら】。厳選した食材をふんだんに使った、さまざまなジャンルの料理が味わえる居酒屋さん。大将は徹底して「手づくり」にこだわり、「うまいもの」を提供しようという信念のもと、ピザ生地も自家製であったりと、手間をかけることを厭わず、常にお客のことを考える姿勢を貫く。また、メニューにないものでも、材料があればリクエストに応えてくれたり、誕生日に来店したお客には年齢の数だけザンギをプレゼントするといったサービスも行っている。美味しい料理と100種類以上のお酒、【地下鉄南北線 北24条駅】から徒歩1分という立地条件で人気の居酒屋なんです(´ω`)


c0378174_12035735.jpg
ハイボール 390円。
お通し ???円。

この日2軒目も安定のハイボールスタート。お通しは優しい味の特性ポトフ。玉ねぎに味が染み込んでいて美味しい。


c0378174_12042683.jpg
しめサバ(自家製) 680円。

自家製だけあって普通のしめ鯖よりもあっさりしていて食べやすい。これは良いものです(´¬`)


c0378174_12041135.jpg
ぶた精串(1本) 130円。

国産の豚肉を使用しているという豚串。柔らかくて甘みが強くジューシィでウマイ。自家製の辛みそを付けて食べると美味しさが倍増します。


c0378174_12041880.jpg
つくね串(1本) 130円。

このお店のつくねはノーマルでも軟骨が入っていて食感が非常に良いんです。味もジューシィ系で美味しい。てか、豚串もそうだったけど、串の下のほうがやけに細くなっているのはなんでだろう?ww


c0378174_12043514.jpg
いぶりがっこクリームチーズ 450円。

他では見ないミルフィーユ状になった珍しいいぶりがっこ。うーん、手間暇かけてるなぁ(=ω=)


c0378174_12044232.jpg
ステーキ盛り合わせ 980円。

1番最初に注文したのに1番最後に出てきたステーキの盛り合わせ。牛ハンキング、牛タン、牛レバーなど6~7種類のお肉がいろいろと食べられるのは良いんですが、いかんせん量が少ないのと(メニュー表には総重量400gぐらいと記載されていた)、冷めていたのが非常に残念(´Д`;)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



居酒屋 のむくら
●住所 北海道札幌市北区北24条西4丁目4-1 蒲原ビル2F
●電話 011-700-2888
●営業時間 17:00~翌0:00(月~木・祝) 17:00~翌1:00(金・土・祝前)
●定休日 日曜
●駐車場 無し




[PR]
# by mocohe23 | 2018-01-30 18:00 | 札幌市 北区 | Comments(0)

中華バル SABUROKU360/札幌市 北区

2018年1月27日()



c0378174_18293831.jpg
この日の夜は札幌市北区の「北24条エリア」にある【中華バル SABUROKU360】で飲んできました。初訪問になります。


c0378174_18294789.jpg
2016年の4月にオープンした【中華バル SABUROKU360】。大阪・東京・札幌で修行、あの中華料理界の巨匠「陳建一」の弟子であり 若くして【四川飯店】【ルネサンスホテル】【美麗華】で鍋を振ってきた奇才の作る本格中華をリーズナブル味わえるのが最大の特徴。「北24条エリア」においては数少ない昼からお酒を飲める店であり、ディナーでの食事のみのお客も大歓迎という、客の好みのスタイルで楽しめる人気急上昇中の中華バルなんです(´ω`)


c0378174_18295764.jpg
ハイボール 390円。
お通し ???円。

どんなに寒い日でカラダが凍えていても一杯目はハイボールからスタートw お通しは、ほのかに香る紹興酒独特の香りと醤油(?)で味付けされた枝豆の紹興酒漬け。しょっぱなから美味しいッ!(´¬`)


c0378174_18300625.jpg
甕出し紹興酒 390円。

紹興酒は中国独特のお酒で、酸味と渋みと若干のとろみが特徴。砂糖を入れて飲む人がいると聞いた事はあったのですが、ここのお店は最初のオーダー時にザラメがセットで付いてきます。今まで何度か紹興酒を飲んだことはあるけど、砂糖を出してくれるところはなかったなぁ。これは嬉しいサービス♪


c0378174_18301604.jpg
中華タパス 3点盛り 980円。

この日の3点盛りの内容は、よだれ鶏、ピータン、センマイの和え物でした。よだれ鶏は鶏もも肉の冷菜に辛味のある香味ソースをかけたものでウマイ。和え物は湯通ししたセンマイと水菜を和えたコリコリシャキシャキの一品でこれまたウマイ。ピータンは外側がゼリー状になっていて、中の卵の部分はクリーミィ。酸味のある中華ソースと相まって絶妙の美味しさ。初めて食べたけどピータンってこんなに美味しいものだったんですねぇ(´¬`)


c0378174_18302399.jpg
激辛!!陳麻婆豆腐 880円。

中華バル SABUROKU360】の麻婆豆腐は四川風で旨みや辛味、その他もろもろのバランスが絶妙。これはお店人気No.1の陳麻婆豆腐の激辛バージョンなワケなんですが、さすがというかなんというか、本気で美味しいヤツですコレッ! そしてめちゃめちゃ辛いッ! でもウマイッ!!(=¬=) 食べ進めると汗と鼻水が大量に出てくるけど、気にしないww


うーむ、久しぶりに超絶大当たりのお店でしたねぇ【中華バル SABUROKU360】。この日1軒目だったのでそんな品数食べてはいないんですが、お通し~タパスを食べた時点で再訪問は確定していました。お店の雰囲気も良いしね。ランチメニューもあるみたいなので、機会があればランチ時も訪問したいなぁ(=ω=)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



中華バル SABUROKU360
●住所 北海道札幌市北区北24条西4丁目4-22 三浦ビル1F
●電話 011-736-5800
●営業時間 11:30~15:00 17:00~23:30(日~水) 17:00~翌0:30(金土)
●定休日 木曜・年末年始
●駐車場 有り(コインパーキング 2000円以上の会計で200円引き)




[PR]
# by mocohe23 | 2018-01-29 18:00 | 札幌市 北区 | Comments(0)

美唄発!アンテナショップ PiPa/美唄市

2018年1月25日(木)



c0378174_15435381.jpg
この日は美唄市の「進得エリア」にある美唄発!アンテナショップ PiPaへ行ってきました。もう何度も行ってますが、ブログで扱うのは4回目になります。

2009年7月にオープンした【美唄発!アンテナショップ PiPa】は、その名のとおり情報を発信する事を目的とした美唄市の代表的な施設のひとつ。 店内にあるタッチパネル式のコンピュータにより美唄市の様々な情報がわかるようになっています。市内にある温泉や観光名所などのパンフレットなども多数有り。また、「美唄やきとり」や「とりめし」、箸を使わずに食べられる「角屋のやきそば」といった美唄を代表する名物グルメ。美唄の農家さんたちが毎朝届けてくれる採れたて新鮮野菜や、道内でも有数の米どころの実力を誇る美味しいお米。その他、スイーツ、お菓子、雑貨など美唄を代表する様々なジャンルのものも販売しています。秋には【アンテナショップ PiPa 秋の収穫祭】というイベントが開催されます。採れたての新鮮野菜や新米、郷土料理のとりめし、スイーツなどの販売はもちろん、お客さん参加型のミニゲームや抽選会など楽しい企画が盛り沢山な内容となっています。

c0378174_15442205.jpg
焼き鳥真空パック(たつみ) 620円。
焼き鳥真空パック(福よし) 620円。

美唄といえばやっぱりコレ!【美唄市】を代表するグルメのひとつであり、「日本の七大焼き鳥」のひとつにも数えられるご存じ「美唄やきとり」。鶏肉と、鶏レバーや内卵、砂肝、心臓などの内臓および、タマネギを、一つの串に刺して炭火で焼く、美唄独特の焼き鳥。今回はお土産用に2種類購入したけど、普段は【たつみ】のほうを買う事が多いかなぁ。まぁ、どっちも美味しいんですけどねぇ(´¬`)


c0378174_15444334.jpg
中村のとりめし(弁当) 520円。

美唄市】の北西部にある「中村地区」に古くから伝わる郷土料理「とりめし」。美唄産のお米「ななつぼし」と鶏肉のモモやムネ肉だけでなく、レバーや砂ぎも、きんかん(成熟前のたまご)まで余すところなく使われたとり肉の、プリッとやわらかな食感やしっかりとした歯ごたえを楽しめます。味つけはシンプルに醤油とお酒と砂糖のみ。ふわりと漂うおこげの香りが食欲をそそり、鶏肉のお出汁とお醤油をたっぷり吸ったお米のウマみと甘みが口の中にふわっと広がる美味しい炊き込みごはん。製造は最近北海道の「女性・高齢者チャレンジ活動表彰事業」で最優秀賞を受賞した【なかむら えぷろん倶部】。


c0378174_15443440.jpg
袋入りやきそば(ソース) 129円。

美唄市】のB級グルメとして度々テレビにも紹介される【角屋】の袋入りやきそばは発売以来、地元の方々に愛され続けているソウルフードです。袋に入ったまま、ハンバーガーのように手軽に食べたり、フライパンで温めて食べてもOK。昔ながらの「ソース味」、ほんのりバジルが香る「塩味」、石炭をイメージして麺に竹炭パウダーを練り込みソースをからめた「石炭」の3種類があるんですが、この日はソース味しか売ってなかったなぁ。


今回は全てお土産用に購入したんですよねぇ。知人のリクエストに応えて美唄っぽいものばかりチョイスしたら美唄特産品セットみたくなっちゃったww


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



美唄発!アンテナショップ PiPa
●住所 北海道美唄市進徳町1区
●電話 0126-62-4343
●営業時間 10:00~18:00(通常) 10:00~17:00(冬季)
●定休日 年末年始
●駐車場 有り




[PR]
# by mocohe23 | 2018-01-28 18:00 | 空知地方 | Comments(0)

ちはるのやさいキッチン/美瑛町

2017年10月14日()



今回は知人のMEG BEAMさんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


c0378174_22193120.jpg
この日のMEG BEAMさんが向かったのは美瑛町の「白金エリア」にある観光スポット【白金ビルケの森】の中にあるちはるのやさいキッチン】


c0378174_22194052.jpg
c0378174_22194716.jpg
2013年の7月にオープンした【ちはるのやさいキッチン】の食事メニューはその名の通り、自家農園の無農薬、減農薬野菜、その他道内産を中心に旬の野菜を使用している。カフェより20km以内にある自家農園から届くお野菜は、生産者や農場の環境なども確認済のココロに安心、カラダに安全なもの、野菜本来の豊かな味を生かしているんだとか。料理の美味しさもそうですが、北海道ならではの大自然を満喫できるとあって非常に人気のあるカフェなんです(´ω`)


c0378174_22195898.jpg
のむらさんちのレシピ♪サラダランチ 1350円。

町内のオーガニック食品取扱店【のむら商店】オーナーさんのオリジナルレシピを再現した数量限定のランチメニュー。旬の野菜を使ったサラダの上には、むくみの改善に効果的なカリウムたっぷりのドライフルーツ、オイルフリーレーズンといちぢく、身体に栄養素をまるごと取り入れられる、ペカンナッツ、ひまわりの種などが乗る、もうどう考えても健康的になれちゃうヤツです(=ω=) 野菜サラダと焼き野菜とバケットだけですが意外とボリューミィなんだとか。


c0378174_22200660.jpg
やさいときのこのトマト煮込みランチ 1200円。

煮込みのベースには自家製のベジタブルブイヨンを使用。夏季ではないので自家栽培の生バジルとフレッシュトマトは入ってなかったようですが、それでも厳選された野菜を使用しているのでかなり美味しかったらしい(´¬`)


c0378174_22201239.jpg
アールグレイティー(ホット) 450円。

ベルガモットで柑橘系の香りをつけた紅茶で、フレーバーティーの一種。食後の一服に良い感じ。


食べたほうがキレイになる美肌ケーキ 700円。

生きた酵素をまるごと身体に取り入れられるロースイーツ。小麦粉、卵、バター、白砂糖不使用なのに、ほんのり甘くてリッチな味わい。若干お値段高めだけどキレイになれるなら気にしないのがMEG BEAMさん流ww


c0378174_22202268.jpg
美瑛町】を代表する観光スポットの【青い池】。うーむ、自分が行ったトキよりも天候が良いなぁ。

c0378174_22202905.jpg
こちらは、同じく人気の観光スポット【白ひげの滝】。滝よりも「十勝岳連峰」をメインに撮影するとは流石MEG BEAMさん(´ω`)

白金ビルケの森】は自分も行きましたが、ホント素敵なところですよねぇ(=ω=) 今回MEG BEAMさんがくれた【ちはるのやさいキッチン】ネタで【ビルケの森】はコンプリート♪

MEG BEAMさん貴重な食ネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



ちはるのやさいキッチン
●住所 北海道上川郡美瑛町 白金ビルケの森内
●電話 0166-94-3767
●営業期間 4月29日~10月末まで
●営業時間 11:00~16:30
●定休日 第3月曜・火曜
●駐車場 有り(50台)




[PR]
# by mocohe23 | 2018-01-27 18:00 | 上川地方 | Comments(2)

ラーメンの寶龍/美唄市

2017年12月28日(木)



今回は知人のSweet N.O.U.Vさんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


c0378174_20354851.jpg
この日のSweet N.O.U.Vさんが向かったのは美唄市の【JR美唄駅】から徒歩数分の場所にあるラーメンの寶龍 美唄店。ブログで扱うのは2度目になります。

ラーメンの寶龍】は昭和32年(1957年)にすすきのの中心部でのれん揚げした北海道ラーメンの老舗中の老舗。現在は道内に39店舗、道外に11店舗を展開するラーメンチェーンです。FC加盟店が多いのでその店々で特色が違うのも面白いところなんです。


c0378174_20355516.jpg
カツラーメン ???円。


ラーメンの寶龍】自慢の味噌ラーメンに大きなトンカツがトッピングされたボリューミィな一杯。ラーメン自体は昔ながらの王道札幌味噌ラーメン。そのラーメンに揚げたて熱々のカツが乗っているんですが、カツの衣が旨みの強い味噌スープを吸い込むことにより、通常のトンカツとは別物に。これが病みつきになるほどの美味しさなんだとか(´¬`) まさに王道と覇道のハイブリットラーメンなんです。


自分が【ラーメンの寶龍 美唄店】訪問後、Sweet N.O.U.Vさんに「あれ(カツラーメン)は絶対に食べるべき!」と言われたんですが、その後なかなか訪問する機会がなく、結局Sweet N.O.U.Vさんに食ネタをもらうってゆーねww


Sweet N.O.U.Vさん貴重な食ネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



ラーメンの寶龍 美唄店
●住所 北海道美唄市東一条南1丁目2-19
●電話 0126-64-4982
●営業時間 11:00~21:00
●定休日 火曜
●駐車場 有り




[PR]
# by mocohe23 | 2018-01-26 18:00 | 空知地方 | Comments(4)

地鶏串 鳥の舞/岩見沢市

2017年3月14日(火)



c0378174_19460772.jpg
この日の夜は岩見沢市の【JR岩見沢駅】から徒歩数分の場所にある【地鶏串 鳥の舞】で飲んできました。3度目の訪問になります。

備長炭で焼く本格的な焼き鳥がウリの【地鶏串 鳥の舞(ちょうのまい)】は市内でも人気が高く、平日でも満席になることが多いので予約必須のお店。串焼き以外の料理にも定評があり、何を食べてもハズれがない(´ω`)


c0378174_19462354.jpg
ほうれん草のシーザーサラダ 550円。

ここのシーザーサラダは目玉焼きがドンと乗っているスタイル。


c0378174_19463114.jpg
若鶏ザンギ 500円。

期間限定メニューだったはずなのに、9ヵ月後の訪問時でもまだ健在でしたw 若鶏の唐揚げ。【日本ハム】の「桜姫」というブランド鶏を使用。柔らかくジューシィで美味しいのはかわらない。


c0378174_19465597.jpg
枝豆(ガーリック) ???円。

通常の枝豆にニンニクとごま油を和えたもの。これはお酒が進むヤツなんですよねぇ。


c0378174_19464501.jpg
もも串(1本) 200円。

「甲州地鶏」という山梨県の地鶏を使用したもも串。締まった肉質で適度な歯ごたえ、クセのない旨みが特徴でウマイッ!(´¬`) このお店の看板メニューです。


c0378174_19463861.jpg
むね肉の鶏わさ 500円。

鶏料専門店理だけあってこの鶏わさは新鮮で臭みもなく、本気で美味しいヤツなんです(=¬=)


c0378174_19512498.jpg
長なすの一本焼き 時価。

丁寧に焼かれたナスの一本焼き。ナス本体が美味しいのはもちろんですが、炭火の香りとタレが良い仕事をしてます。以前食べたときとフォルムが全然違うけど、時価ってのは変わらないのね。


c0378174_19470215.jpg
月見タレつくね 250円。

鶏肉オンリーなのにジューシィで非常に美味しいつくね。オリジナルのタレと卵の黄身を付けるとマイルドでクリーミィな仕上がりに(´¬`)


前回訪問時に記憶が吹き飛び電車の中で堕ちてしまい旭川市まで行っちゃったあのお店ですw ホントここは日本酒が美味しいのでつい飲み過ぎちゃうんですよねぇ(´ω`;)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



地鶏串 鳥の舞
●住所 北海道岩見沢市3条西1丁目5-1
●電話 0126-24-2989
●営業時間 18:00~24:00
●定休日 日曜
●駐車場 有り




[PR]
# by mocohe23 | 2018-01-25 18:00 | 空知地方 | Comments(0)

お台所 金魚姫(平岸ゴールデン街)/札幌市 豊平区

2017年11月11日()



c0378174_19352636.jpg
c0378174_19354339.jpg
豊平区串カツ 田中 平岸店で軽く飲んできた後は、同じ区内の平岸ゴールデン街にあるお台所 金魚姫へ行ってきました。もう何度目の訪問かわからないぐらい通ってますがブログでUPするのは久しぶりになります。


c0378174_19355115.jpg
地下鉄南北線 平岸駅】直結の【平岸ゴールデン街】にある【お台所 金魚姫】は、キュートなママさんの手作り料理と会話が楽しめる小料理&割烹の素敵なお店。一人で来店してもママさんや常連客が相手をしてくれるので、楽しく愉快に飲めるのがポイント。ママさんの誕生日や〇週年記念、ハロウィンなどにはイベントも。とにかくお客さんを満足させてくれる知る人ぞ知る穴場人気店なんです(´ω`) ちなみに【お台所 金魚姫】は【エキサイトブログ】をやっているんですよねぇ。更新少ないけどww

c0378174_19355949.jpg
ハイボール 500円。
お通し 350円。

本日4軒目もハイボールで決まり。てか、体重が気になるのでここ最近は糖質ゼロ、プリン体ほぼゼロのハイボールしか飲んでないってゆーねw お通しの内容は、金魚ママのお父さん特性の玉子の燻製、韓国風冷奴、ワカメともやしの酢の物の3種。どれもこれも手作りで美味しいんです(´¬`)


c0378174_19360719.jpg
炙りしめサバ 600円。

お台所 金魚姫】の代表メニューといえばコレ!と勝手に思っている炙りしめサバをオーダー。どこぞで仕入れたかわからない新鮮(?)な〆サバをママさんが丁寧にバーナーで炙ってくれます。脂がのっててジューシィで、サバ好きの人には絶対にオススメです。もうね…マジで絶品ッ!(=¬=)


ふぅ~。この日は昼間から4軒巡ったので、1軒あたりそんなに品数を食べてはいないんですが、どのお店も満足のいくお店でした。まぁ、ラストの【お台所 金魚姫】は通いまくってるお店なので安心安定なんですけど、初訪問の中でとりわけ気に入ったのが大衆酒場 八重洲居酒場商店 札幌北一条チカホ店かなぁ。とにもかくにもお財布に優しい♪ これ重要w たまには飲み屋巡りも良いですねぇ(´ω`)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



お台所 金魚姫
●住所 北海道札幌市豊平区平岸2条8丁目2-6 第2松井ビルB1F 平岸ゴールデン街内
●電話 011-811-3919
●営業時間 19:00~24:00
●定休日 日曜・祝日
●駐車場 無し




[PR]
# by mocohe23 | 2018-01-24 18:00 | 札幌市 豊平区 | Comments(0)

串カツ 田中/札幌市 豊平区

2017年11月11日()



c0378174_18415414.jpg
中央区大衆酒場 八重洲居酒場商店 札幌北一条チカホ店で軽く飲んできた後は、豊平区の【地下鉄南北線 平岸駅】から徒歩1分の場所にある串カツ 田中 平岸店へ行ってきました。初訪問になります。

「串カツで、一人でも多くの笑顔を生むことにより、社会貢献する」をスローガンに掲げる【串カツ 田中】は、大阪伝統の串カツをリーズナブルな価格で楽しめる人気の居酒屋チェーン。北海道にはまだ1店舗しかなく、2015年の1月にオープンした【串カツ 田中 平岸店】のみ。


c0378174_18420309.jpg
ジムビームハイボール 370円。
お通し 240円。

本日3軒目もやっぱりハイボールスタート。このお店「チンチロリンハイボール」という名物企画があり、2個のサイコロを振って、出た目の合計で嬉しい特典があるというもの。ただ、土曜の夜で忙しかったのか店員さんは企画の説明をしてくれませんでした(´Д`;) お通しはおかわりし放題のキャベツ。串カツ屋さんならではですねぇ。


c0378174_18421248.jpg
レンコン 100円。
豚 120円。
アジフライ 150円。
たらこ 120円。

レンコンや豚肉、アジフライなんかはよくある具材だけど、たらこってのは初見だったので思わず注文してみました。イメージ的には焼きたらこのカツバージョンって感じですかねぇ。こいつはウメェッ!!(=¬=) 他の串カツももちろん美味しかったです。


以前この場所には【平澤精肉店 平岸店】というモツ料理が売りのお店があったんですよねぇ。なんかいつのまにか閉店してたってゆーね。って、3日連続こんな感じの記事ばかりだなぁw てか、串カツ屋さんで「ソースの二度づけは禁止」ってのはよく見るけど、この【串カツ 田中】は1000円の罰金制なんですねぇ。罰金取るところは初めて見た(ΦДΦ;)



ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



串カツ 田中 平岸店
●住所 北海道札幌市豊平区平岸2条7丁目4-20
●電話 011-876-0072
●営業時間 17:00~翌2:00(月~金) 16:00~翌2:00(土日祝)
●定休日 不定休
●駐車場 無し




[PR]
# by mocohe23 | 2018-01-23 18:00 | 札幌市 豊平区 | Comments(0)