牡蠣喰家来(かきをくうならうちにこい) かきくけこ/札幌市 中央区

2018年11月22日(木)



c0378174_10240063.jpg
この日は【札幌市】の「南3条エリア」にある【牡蠣喰家来(かきをくうならうちにこい) かきくけこ 3.4店】に行ってきました。初訪問になります。


c0378174_10235372.jpg
牡蠣喰家来 かきくけこ】は、【活菜旬魚 さんかい】系列の新ブランド店。元々人気のある【活菜旬魚 さんかい】が基盤になっているだけあり、味と価格には絶対の自信とこだわりを持つ。「牡蠣を喰うなら家に来い!」がコンセプトになっており、昆布森産の牡蠣を毎日1個100円で提供している。また、手羽先の本場【名古屋市】で毎年開催されている【第5回 名古屋手羽先サミット】で金賞を受賞したという特製の手羽先も大人気。店内は個室席や掘りごたつ席、テーブル席、カウンター席等あり、色々なシーンに合わせて使える。週末のみならず平日も予約の絶えない人気居酒屋なんです(´ω`)


c0378174_10240835.jpg
飲み放題(90分) 780円。
お通し ???円。

飲み放題はクーポン利用でビール付き90分780円と格安。お通しは業務用のマカロニサラダ。これは安心安定のヤツです。


c0378174_10241533.jpg
牡蠣(1個) 100円。

昆布森産の牡蠣は小ぶりながらもプリッとした食感と甘みが堪らない。さすが店名にもなってるだけありレベルの高さが伺えます(´¬`)


c0378174_10242472.jpg
牛ユッケ 590円。

フレンチを起源とした低温調理をフル活用した牛ユッケ。旨みが濃いのにあっさりとした牛肉と卵黄の相性は異常なほど良い。


c0378174_10243431.jpg
炙り〆さば刺 690円。

ガスバーナーを使い客の目の前で豪快に炙ってくれるしめさばの刺身。パフォーマンスと美味しさが融合した一品。脂がのってて美味しい。


c0378174_10244223.jpg
焼き手羽先(1個) 100円。

注文したのは、塩、旨タレ、レッドホット、ハーブの4種。 ひとつひとつが大ぶりで、熱々ジューシィ。【第5回 名古屋手羽先サミット】で金賞を受賞したのがマジで理解できる美味しさ。中でもハーブと旨タレがお気に入り(´¬`) ひとつ難点を上げるとしたら熱々過ぎて手で掴むのに一苦労したところww


c0378174_10244961.jpg
DENO旨辛痺れ鶏唐揚げ 590円。

担担麺の超人気店【175°DENO 担担麺】とコラボしたという鶏の唐揚げ。特製のラー油と中国四川省の山椒で味付けされた唐揚げは旨みと辛味と痺れ味のバランスが絶妙。


c0378174_10245646.jpg
手作りカタラーナ 290円。

〆のデザートに注文したカタラーナは、甘くて美味しいんだけど想像を上回る固さでバッキバキww


祝日前だったので予約しての訪問だったのですが、後で店員さんに聞いたらギリギリセーフだったんだとか。人気があるのはわかったし、次回訪問時も予約は必須って事ですねぇ。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



牡蠣喰家来(かきをくうならうちにこい) かきくけこ 3.4店
●住所 北海道札幌市中央区南3条西4-20 東昌3.4ビルB1F
●電話 011-211-5335
●営業時間 17:00~24:00
●定休日 無休(臨時休業有り)
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-12-15 18:00 | 札幌市 中央区 | Comments(0)

ぐうりん亭/美唄市

2018年11月30日(金)



c0378174_19243759.jpg
この日は【美唄市】の中心部、「国道12号線」に面したビルの2階にある【ぐうりん亭】に行ってきました。3年ぶり2度目の訪問になります。

c0378174_19244571.jpg
美唄市】で青春時代を過ごした人なら誰でも知っているというぐらい地元では有名な老舗喫茶店の【ぐうりん亭】。食事メニューは豊富かつリーズナブル。ちょっと暗めでノスタルジックな店内は非常に落ち着いた雰囲気でゆったりとした時間を過ごせる。今年で創業43年を迎え、親子3代で通うお客さんもいる地元民ご用達の人気店なんです(´ω`)


c0378174_19245380.jpg
ラザニア風スパゲティ 550円。

ぐうりん亭】の人気メニューといえばこのラザニア風スパゲティ。見た目じゃちょっとわからないけど、この溶けたチーズの下にクリームパスタが敷き詰められています。チーズの香ばしさとコクが優しい味付けのクリームパスタと相性抜群ッ! リーズナブルだし、これは良いものです(´¬`)


c0378174_19250038.jpg
しょうが焼定食 500円。

しょうが焼き、ライス、野菜サラダ、サラスパの4種が乗ったワンプレートにお新香とみそ汁がセットになった定食。メインのしょうが焼きの味付けは絶妙でご飯が進みまくります。この品数とボリュームでワンコインとか!Σ(ΦДΦ;)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



ぐうりん亭
●住所 北海道美唄市大通西1条南1丁目3-3
●電話 0126-62-0922
●営業時間 10:00~18:30
●定休日 火曜
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-12-13 18:00 | 空知地方 | Comments(0)

焼肉 風樹/札幌市 東区

2018年10月3日(水)



c0378174_18502705.jpg
c0378174_18503668.jpg
この日は【札幌市】【東区】の「伏古エリア」にある【焼肉 風樹】へ行って来ました。初訪問になります。


今年で創業25年になる【焼肉 風樹】は、国産の和牛にこだわり、安心かつ高品質なお肉を提供してくれる焼肉店。鮮度の高いお肉を提供するため一つ一つ手切りで加工している。また、ランチ営業もしており、高品質でリーズナブルなランチメニューは、知る人ぞ知る人気メニュー。【東区】で焼肉を食べるなら【焼肉 風樹】と言われるぐらいの名店で、ランチタイムはもちろん、夕方の通常営業時も満席になるほどの人気店なんです(´ω`)


c0378174_18504580.jpg
赤肉ランチ 880円。

肉の種類は上カルビ、上サガリ、ジンギスカンの3種。それに、ライスとスープとお新香がセットになったランチメニュー。昼のメニューといえど肉は新鮮でそれもこれもウマイ!(´¬`)


c0378174_18505239.jpg
ジンギスカンランチ 550円。

前日の夜中、猛烈にジンギスカンが食べたくなり、迷う事なく注文した味付けジンギスカンの定食。かなりリーズナブルな価格設定なのに、ジンギスカンの味は間違いなく本物。全く臭みがなく旨味がハンパないヤツでした。タレがまた美味しいんですよ。


c0378174_18505904.jpg
自分が学生のときにオープンしたはずだから、創業25年ってのもうなずけます。当時は高いと聞いてたので行こうとは思いませんでしたが、あるラジオ番組で紹介されていたときにランチがリーズナブルだと聞いて今回の初訪問に至りました。夜のメニューを見てもそんなお高いわけではなさそーだったので、次回訪問時は夜にしたいと思います。てか、先週放送された【北海道】の情報番組【発見!タカトシランド】で丁度紹介されてたんですよねぇ。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



焼肉 風樹
●住所 北海道札幌市東区伏古8条4丁目7丁目10-11
●電話 011-785-8929
●営業時間 11:30~14:30 17:00~23:00
●定休日 無休
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-12-12 19:00 | 札幌市 東区 | Comments(0)

きたむら田舎フェスティバル2018/岩見沢市

2018年8月19日()



c0378174_14132882.jpg
この日は【岩見沢市】の「北村地区」の【きたむら中央公園】で開催されてた【きたむら田舎フェスティバル2018】へ行って来ました。3年ぶり2度目の参加になります。

c0378174_14133792.jpg
毎年8月に「北村地区」で開催される【きたむら田舎(かっぺ)フェスティバル】は、数ある【岩見沢市】のイベントの中でも屈指の人気祭り。多種多様なイベントをはじめ、数々の屋台、そして豪華なゲストをむかえての迫力満点のライブパフォーマンスと、小規模ながらも熱意がハンパない熱いイベントなんです。なかでも年々グレードアップしてく「沼上連発花火大会」は必見で、毎年多くのファンが訪れる(´ω`)


c0378174_14134752.jpg
ビール 400円。
焼き鳥(10本) 1200円。

酪農青年部】ブースで購入したビールと焼き鳥。前回の冷凍とは違い、今回はちゃんと串打ちをしている本格派の焼き鳥が、キンキンに冷えたビール(アサヒスーパードライ)と相性バツグン! まぁ、しょっぱなからビールがすすむことすすむこと(=ω=)


c0378174_14140152.jpg
かけそば(温) 400円。

快適生活塾岩見沢手打ちそば同好会】ブースで購入した手打ちそば。普段なら冷たいそばを注文するところですが、この日は大雨で気温が低かったので温かいおそばをチョイスしてみました。うーむ、冷えたカラダに温かいそばが染み渡ります。こーいう同好会系のそばってそんじょそこらのそば屋のものよりレベルが高かったりするんですよね。うましッ!!


c0378174_14141196.jpg
ポテカラセット 500円。

もうこのブログではお馴染み【飯酒屋 ぼおの】ブースで購入したフライドポテトとぼおの特製ザンギのセット。揚げたて熱々で超絶美味しいザンギがビールのペースを更に加速。やめられないとまらない(´¬`)

c0378174_14142398.jpg
とり皮 ???円。
ビール 400円。

飯酒屋 ぼおの】さんからサービスでいただいたとり皮の唐揚げ。こんなモン酒の肴に超最適なの決まってるじゃないの。くっそウメェ! てか、【飯酒屋 ぼおの】でビール販売してるのをこのとき初めて知りましたww


c0378174_14143267.jpg
c0378174_14144007.jpg
牛ネギ味噌ガーリック麺 500円。

北村温泉ホテル】の【きたむら屋】ブースで購入したラーメン。牛、ネギ、味噌、にんにく、と魅力的なワードが盛沢山で、注文しないワケにはいかないですよね。あまりの美味しさに一瞬で完食。


c0378174_14144923.jpg
元祖!もちもちクレープ(ストロベリー生クリーム) 400円。

そばと牛タンと日本酒の店 SHIRO】ブースで購入したクレープ。隣町の【当別町】で作られた米粉を使用した生地は、その名の通りもっちもち。生クリームの甘味と苺の酸味のバランスが絶妙。〆のスイーツとしては十二分に役割を果たす美味しさ。


c0378174_14150063.jpg
c0378174_14150873.jpg
c0378174_14151716.jpg
c0378174_14152462.jpg
c0378174_14153152.jpg
c0378174_14153919.jpg
c0378174_14154783.jpg
c0378174_14155523.jpg
嬉しい誤算だったのが【ブギウギ専務】でお馴染みの「上杉周大」のミニライブ。全然イベントの下調べをしてなく、たまたま仕事が休みだったのでこの【きたむら田舎フェスティバル2018】会場に来たら「上杉周大」のライブがあったという。大雨の中でも会場は大盛り上がり! さすがはウエスギ専務といった感じでした♪ 余談ですが、このブログ【貧乏なりに食べ歩く 第二幕】の「第二幕」は【ブギウギ専務】の超人気企画「ブギウギ 奥の細道 第二幕」から取ってます(=ω=)

ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-12-09 18:00 | 空知地方 | Comments(0)

札幌濃厚鶏白湯らーめん 鶏まさ/札幌市 中央区

2017年12月30日()



c0378174_13513695.jpg
薬師 四文屋 すすきの駅前店】で美味しい串焼きを食べてきた後は、同じく「すすきのエリア」にある【札幌濃厚鶏白湯らーめん 鶏まさ】へ行って来ました。初訪問になります。

2017年4月にオープンした【札幌濃厚鶏白湯らーめん 鶏まさ】は、その名と通り濃厚な鶏白湯スープがウリのラーメン店。新鮮な鶏をドロドロになるまで煮込み完成した、「超濃厚鶏白湯スープ」、こだわりの「つくね」、低温調理で炊いた「鶏チャーシュー」など、鶏にこだわり尽したラーメンを提供している。残念ながら現在は閉店しており、跡地には【串カツ 田中】が入っています。


c0378174_13514453.jpg
超濃厚鶏白湯(味玉付き) 900円。

こだわりの鶏白湯スープを更に濃厚にした超濃厚鶏白湯スープは、トロみと旨みがハンパなく、中細麺にからむからむ。こってりしているようでクセがなく、飲んだ後の〆にピッタリなラーメン。胸肉とモモ肉の2種類のチャーシューも良い感じ。これは美味しい一杯(´¬`)


c0378174_13515107.jpg
c0378174_13515954.jpg
知床鶏そば(醤油) 680円。

こちらは知床鶏を使用したあっさり系の中華そば。鶏の旨味が出ている醤油ベースのスープが、飲んだ後の胃袋に優しく染み渡ります。ラーメンを食べ進めていると下のほうからつくねが出てきてビックリ。コイツがまた美味しいんですよ。


この間、久しぶりに店の前を通ったら【串カツ 田中】いなっていて、【札幌濃厚鶏白湯らーめん 鶏まさ】が閉店した事を知りました。なかなか美味しいラーメン屋さんだったので残念ですが、こればかりはしょーがない(´Д`;)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



札幌濃厚鶏白湯らーめん 鶏まさ閉店
●住所 北海道札幌市中央区南4条西5丁目5-8
●電話 011-281-5338
●営業時間 17:00~翌5:00
●定休日 無休
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-12-08 18:00 | 札幌市 中央区 | Comments(0)

薬師 四文屋/札幌市 中央区

2017年12月30日()



c0378174_19224449.jpg
タイ屋台メシ ジダパデラックス】でタイ料理を軽く食べた後は、同じく【中央区】の「すすきのエリア」にある【薬師 四文屋 すすきの駅前店】へ行って来ました。自分の中のレギュラー店なのでもう何回行ってるかわからない。


元々、【北海道】では鶏肉だろうが豚肉だろうが串に刺さっていて焼き上げたものを総じて「やきとり」と呼ぶ文化があり、「やきとん」という言葉は聞きなれないものでした。その「やきとん」をメジャーにしたのが関東圏から【札幌市】に進出してきた【四文屋】と言っても過言ではない。大衆酒場らしくリーズナブルな価格設定はもちろん、味も抜群に美味しいのが人気の秘訣。平日でも夜になると満席はあたりまえの超人気やきとん店なんです(´ω`)


c0378174_19225218.jpg
ハイボール 350円。

3軒目もやっぱりハイボールからのスタート。大丈夫! まだこの頃は記憶が飛んでません。いや、半分飛び掛かってたかな?(´Д`;)


c0378174_19231347.jpg
レバねぎ塩串(1本) 100円。

四文屋】といえばコレッ! お客さんの9割が注文するという超絶美味しいレバ焼きです。法律の改正により以前より生感は失われてしまったけど全然気にしない(´¬`)


c0378174_19232850.jpg
牛赤身冷製三点盛 600円。

どれがドコの部位だったか覚えてないけど、新鮮な牛の赤身の盛り合わせが600円とか。塩、ニンニク、生姜、と自分好みの調味料でいただけるのも嬉しいポイント。


c0378174_19233533.jpg
焼とん カシラ(1本) 100円。

豚串の中でも知る人ぞ知るカシラは、コメカミの部分らしく旨みと歯ごたえがたまらなく美味しいヤツです。ネギま仕様なのも良い感じ。


c0378174_19232084.jpg
豚冷製三点盛 500円。

これもまた【四文屋】ならではのメニューのひとつでしょう。左から、ハラミ、タン、レバー、だったかな? 何にしてもどれもこれもウマイ!(´¬`)


c0378174_19230477.jpg
焼野菜 にんにく(1本) 100円。

熱々ほくほくのにんにくを特製みそダレでいただきます。こんなのどう考えても美味しいに決まってる。


何度も通ってる【薬師 四文屋 すすきの駅前店】ですが、意外にも数回しか記事書いてなかったんですよね。まぁ、食べるものが毎回同じようなモンばっかだからしかたないw


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



薬師 四文屋 すすきの駅前店
●住所 北海道札幌市中央区南4条西3-1 ススキノビルB1F
●電話 011-512-0345
●営業時間 15:00~24:00
●定休日 無休
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-12-07 18:00 | 札幌市 中央区 | Comments(0)

タイ屋台メシ JIDAPA DX(M's仲町)/札幌市 中央区

2017年12月30日()



c0378174_22114760.jpg
c0378174_22115546.jpg
5坪海らふ家】で牡蠣を堪能した後は、「南4条エリア」にある【タイ屋台メシ ジダパデラックス】へ行って来ました。2度目の訪問になります。



c0378174_22120436.jpg
2014年2月【M's仲町】の2階にオープンした【タイ屋台メシ ジダパデラックス】は、【THE MEAT SHOP】や【Q】、【亜細亜的惣菜店 マンハッタン】といった様々なジャンルの人気店を運営する【株式会社BUNS】の系列店の中の1店であり、【株式会社BUNS】を世に出した先駆け的なお店。幼少の頃から現地の屋台で腕を奮っていたというタイ人シェフが作る料理はまさに本場の味。タイの雰囲気が程よく香る店内は2フロアに分かれており、1Fはサクッと食事やバル感覚で、2Fは仲間内での宴会などに使う事ができる。平日でも入店が困難な超人気のタイ料理ダイニングバーなんです(´ω`)


c0378174_22121106.jpg
IPA 880円。
ハイボール ???円。
お通し ???円。

「IPA」は少し甘味を感じるトロピカルナ香りと、ふわっと広がる苦味がクセになるビール。いつものハイボールは安心安定のヤツ。お通しは2種類。南国風にアレンジされた枝豆はちょい辛でビールが進みます。もう一つのカシューナッツ炒めも美味しい。


c0378174_22122045.jpg
トムガーカイ 780円。

話鶏肉のココナッツミルクスープはトムヤムクンよりも優しい辛さのマイルド。冷えたカラダを優しく温めてくれます(=ω=)


c0378174_22122744.jpg
トムヤムクンラーメン 900円。

今まで食べたトムヤムクンの中でかなり美味しい部類ってのは前回訪問時にわかっていたんですが、そのラーメン入りバージョンが新発売されたって事だったので注文してみました。旨みと酸味、辛さのバランスがとれた若干とろみのあるトムヤムクンのスープが麺と良く絡みます。これは普段味わう事のできない超絶美味しいラーメン(´¬`)


数年前訪問時も思ったけど、オサーン2人で入るにはかなり勇気のいるオシャレなお店。店内は若い女性客ばっかだし。まぁ、1軒目の店から飛ばしてるので全然カンケーないんですがw


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



タイ屋台メシ JIDAPA DX
●住所 北海道札幌市中央区南4条西1-6-2 M's仲町2F
●電話 050-5890-9937
●営業時間 18:00~24:00
●定休日 月曜(第一日曜)
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-12-06 18:00 | 札幌市 中央区 | Comments(0)

5坪海らふ家(M's EAST Ⅱ)/札幌市 中央区

2017年12月30日()



c0378174_19482547.jpg
この日は【札幌市】【中央区】の「創成イーストエリア」にある【5坪海らふ家】へ行って来ました。初訪問になります。


「すすきのエリア」に本店がある牡蠣の名店【5坪】と、油そば専門店【海らふ家】がコラボし誕生した【5坪海らふ家】が【M's EAST Ⅱ】内にオープンしたのは2015年7月のこと。5坪といいながら店内の広さが3坪なのはお約束。どちらの店の良いとこ取りのハイブリッド店なのはいうまでもなく、数種類揃うクラフトビールも人気。今では客の絶えない人気店なんです(´ω`)


c0378174_19483392.jpg
ハイボール 500円。

この頃の自分といえば、まんずハイボールからのスタートが決定事項。今ではたまーに飲むぐらいだけどw


c0378174_19484144.jpg
油そば(和風醤油) 700円。

平内麺が特製の和風醤油ダレと良く絡む。汁がないぶん意外にもさっぱりとした味わいで美味しい。〆じゃなくスタートダッシュで食べるのがツウ。なのか?w


c0378174_19485036.jpg
牡蠣の山わさび漬(3個) 490円。

他では味わえないであろう牡蠣の山わさび漬をオーダー。クリーミィな牡蠣と山わさびのツーンと来る辛さ… 合いますッ! ウメェ! (´¬`)


c0378174_19485930.jpg
牡蠣のアヒージョ(3個) 690円。

牡蠣の変化球系その②。どちらかっていうとアヒージョというよりバジル味のオリーブオイルで漬け込んだ感じ。これもまた絶品!


c0378174_19490703.jpg
ヴァイスブルスト(1本) 240円。

脂っこくなくあっさり系の白いソーセージ。ハイボールと相性が良い。


c0378174_19491475.jpg
牡蠣(1個) 105円。

そして最後は【5坪海らふ家】の名物である厚岸産牡蠣を生でオーダー。冬の寒さで身が引き締まった牡蠣は甘味が強くクリーミィで超美味い!(´¬`)


c0378174_19492142.jpg
お店を出ると空は真っ暗。雑居ビル【M's EAST】&【M's EAST Ⅱ】が良い感じに映えます。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



5坪海らふ家
●住所 北海道札幌市中央区南2条東1-1-8 M'sEAST II
●電話 011-271-1230
●営業時間 15:00~23:00(牡蠣が売り切れ次第終了)
●定休日 不定休
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-12-05 18:00 | 札幌市 中央区 | Comments(2)

BREAD FACTORY パン工場/札幌市 東区

2018年8月23日(木)



c0378174_18171944.jpg
この日は【札幌市】【東区】の「新道東エリア」にある【BREAD FACTORY パン工場 札幌元町店】へ行って来ました。この店舗は初訪問になります。


BREAD FACTORY パン工場】は【イオン】系列のお店で、全てではないが市内の【イオン】の何店舗かに入っている。品数、味、価格、総じて安定感があり、買い物帰りの客に人気のパン屋なんです(´ω`)


c0378174_18172859.jpg
半熟とろたまバーガー 280円。
塩パン ???円。

とろ~り半熟卵とジューシィなハンバーグがサンドされたバーガー。この組み合わせは間違いなく美味しい。塩パンは焼き立てでバターの風味と塩加減が絶妙! 天気の良い日に外で食べると更に美味しい。


c0378174_18173858.jpg
白身魚のタルタルバーガー 250円。

白身魚のフライとタルタルソースをさっくりとしたパンにサンドしたバーガー。安心安定のゴールデンコンビです。


c0378174_18174820.jpg
イタリアンパニーニ 240円。

イタリア生まれのパニーニに、ベーコン、チーズ、トマトを挟んだもの。素材も美味しいけど、やっぱ決め手はオリジナルのバジルソース。コイツがまたウマイのよ(´¬`) ちょいちょい写ってるパーフェクトフリー(ノンアルコールビール)は、ちょっとでもビールの気分を味わいたかったので購入したものw


c0378174_18175971.jpg
c0378174_18180962.jpg
c0378174_18181825.jpg
丘珠空港】の横にある【丘珠緑地公園】。ここの駐車場で購入してきたパンを食べてました。最後の写真の奥にチラっと写っているのは「ゴールデンマーケット」でお馴染みの【つどーむ】ですね。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



BREAD FACTORY パン工場 札幌元町店
●住所 北海道札幌市東区北31条東15丁目1-1 イオン札幌元町店1F
●電話 011-750-5200
●営業時間 8:00~22:30
●定休日 無休
●駐車場 有り(イオン札幌元町店)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-12-04 18:30 | 札幌市 東区 | Comments(0)

炭焼きイタリアン酒場 炭リッチ/札幌市 東区

2018年10月19日(金)



c0378174_19093184.jpg
この日は【札幌市】【東区】の「環状通東エリア」にある【炭焼きイタリアン酒場 炭リッチ 環状通東店】へ行って来ました。この店舗は初訪問になります。


c0378174_19094003.jpg
炭焼きイタリアン酒場 炭リッチ】は、数年の間にどんどん店舗数が増えてるイタリアン系居酒屋。花畑牧場のチーズや、仙鳳趾産の牡蠣など厳選した良質な食材を使用するこだわりと、名物のフォアグラステーキ串や、自家製のマルゲリータなどの豊富なメニューがウリ。また、格安の飲み放題もあり、老若男女問わず重宝される人気居酒屋チェーンなんです(´ω`)


c0378174_19094853.jpg
飲み放題(90分) 980円。
お通し ???円。

LINEの会員登録をするとビール付き飲み放題が90分で980円に。といいつつ、久しぶりにハイボールスタートをかまします。お通しはカニの足。ダイナミック過ぎるが食べるのがメンドイw 写真は2人分。


c0378174_19095702.jpg
炭焼きローストビーフ食べ放題(90分) 300円。

そしてこれが【炭焼きイタリアン酒場 炭リッチ 環状通店】の目玉コンテンツといっても過言ではない。ローストビーフ食べ放題って! 本来は90分500円なんですが(それでも安い)、LINE登録をすると300円になるから驚きを隠せない。しかも1皿の盛りがなかなかなので3皿いければ良いほうかな? ちなみに同じ条件で生ハム食べ放題もあるんです。


c0378174_19100755.jpg
つくねトマトソース 180円。
つくねわさびマヨ 160円。

自家製バーグイタリアンつくねにオリジナルのソースがかかったシリーズから2品をチョイス。ジューシィでウマイ!


c0378174_19101499.jpg
炭リッチの牡蠣(2個) 250円。

本来レギュラーサイズの牡蠣は1個で150円なんですが、これまたLINE会員登録でお得になっちゃうヤツです。しかもレギュラーサイズとうたっておきながらあきらかに2Lサイズはあというシロモノ。ぷっりぷりで濃厚クリーミィ、隙のない美味しさ(´¬`) 当然追加注文しています。


c0378174_19102260.jpg
朝〆豚ハツ串 130円。
朝〆レバー串 130円。

朝〆だけありどちらも臭みは全くなく美味しくいただけました。串焼き系はそんなに種類はないけど満足できます。


多店舗とは異彩を放つ【炭焼きイタリアン酒場 炭リッチ 環状通東店】、かなり気に入ってしまいました。てか、店舗によっていろいろ趣向が異なるんでしょうね。侮れないッ!


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



炭焼きイタリアン酒場 炭リッチ 環状通東店
●住所 北海道札幌市東区北16条東16 東豊ビル2F
●電話 011-299-1091
●営業時間 16:00~翌1:00
●定休日 無休
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-12-03 19:15 | 札幌市 東区 | Comments(0)

YUNI-CAFE/由仁町

2018年11月8日(木)



c0378174_19184945.jpg
当別うどん かばと製麺所】で美味しいうどんを食べてきた後は、【由仁町】の「本町エリア」にある【ユニ・カフェ】へ行ってきました。初訪問になります。

c0378174_19185874.jpg
ユニ・カフェ】は、就労継続支援B型事業所【ユニ・ファクトリー】運営するカフェで、障がいを持ったメンバーが社会復帰や技能の向上、地域貢献を目標として働く福祉施設。イベントスペースはコンサートや個展、発表会、会議など、いろいろな用途で利用可能。カフェスペースではカフェメニューはもちろん、食事メニューも充実している。また、町の中心部にあり、メニューもリーズナブルなことから、町民や観光客からも非常に重宝されている今話題のカフェなんです(´ω`)


c0378174_19191844.jpg
c0378174_19190964.jpg
由仁町ユニファーム新鮮卵のホットケーキセット 300円。

セット内容はホットケーキ、トッピング、ドリンクの3種。【ユニファーム】で生産された新鮮な卵を使用したホットケーキに、アイスクリーム&チョコをトッピング。ドリンクはホットカフェオレで。こんなの当然美味しいに決まってるヤツです。てか、この価格が凄い!(=ω=)


c0378174_19192681.jpg
紅茶 120円。

こちらは単品のホットティー。わりと寒い日だったので温かい飲み物が染み渡ります。


今回はスイーツとドリンクだけでしたが、ランチメニューなどもかなり安かったので次回訪問時は食事をしたいと思います。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



YUNI-CAFE
●住所 北海道夕張郡由仁町本町266番地
●電話 0123-83-4111
●営業時間 10:30~17:00
●定休日 土・日・祝日
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-12-02 18:00 | 空知地方 | Comments(0)

当別うどん かばと製麺所/当別町

2018年11月8日(木)



c0378174_09033499.jpg
この日のランチは【当別町】の「国道275号線沿い」にある【当別うどん かばと製麺所】でした。2度目の訪問になります。


2011年7月にオープンした【当別うどん かばと製麺所】はその名の通り当別産の小麦や野菜といった地産地消にこだわりを持つ本格手打ちうどん専門店。平日でも行列が絶えず、閉店時間が迫っても客足が途絶えない超人気店なんです。12月~3月の約3ヶ月間は冬季休業になりますが、その間は【札幌市】【北区】にある【まんでがん外伝】が営業します。

c0378174_09034419.jpg
釜たま(1玉) 490円。

香川仕込みのほどよいコシ、当別産小麦キタホナミならではのモチモチした食感とほんのり甘みのあるうどんと卵と醤油のコラボレーション。シンプルなのに奥深い美味しさ。


c0378174_09035291.jpg
きのこうどん(1玉) 550円。

うどんよりもきのこの方が多いんじゃね!?Σ(ΦДΦ;) ってぐらい大量のきのこが入っている温かいうどん。そんなワケだからきのこの出汁がめちゃめちゃ出ていて超ウマイッ!(´¬`)「期間限定メニュー」です。


お店に到着したのが11時3分。多少の行列は覚悟してたけど、このときはすんなり入店できました。その数分後から行列ができはじめていましたねぇ。相変わらずの人気の高さが伺えます。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



当別うどん かばと製麺所
●住所 北海道石狩郡当別町樺戸町355
●電話 0133-22-3377
●営業時間 11:00~15:00
●定休日 不定休(12月~3月は休業)
●駐車場 有り(12台)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-12-01 18:00 | 石狩地方 | Comments(0)

レストラン よねくら/池田町

2018年11月27日(火)



今回は知人のMEG BEAMさんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


c0378174_18310592.jpg
この日のMEG BEAMさんが向かったのは【池田町】の【JR池田駅】スグ近くにある【レストラン よねくら】。初訪問だったようです。


c0378174_18311775.jpg
池田町】の中心部【JR池田駅】の目の前にある老舗洋食店【レストラン よねくら】。メニューは色々豊富ですが、なんといってもあの「池田牛」が食べられる事で人気を博す。また、昔からの名物である「バナナ饅頭」はお土産に最適。【JR帯広駅】内の土産屋でも購入できるが、【よねくら】では出来立て熱々状態のものが購入可能。地元民だけではなく遠方から足を運ぶファンの多い人気洋食レンストランなんです(´ω`)


c0378174_18312620.jpg
十勝牛サーロインすてーき丼 2500円。

「通常メニュー」の「十勝牛」を使用したサーロインステーキ丼。「十勝牛」の旨味を全面に出したいので、ステーキソース(デミグラスソース)の味はあえて薄目にしあげてるんだとか。当然文句なく美味しかったようです(´¬`) サラダ&みそ汁付き。それにしても、相変わらず容赦なく高額なモノを食べるねww


c0378174_18314554.jpg
カットステーキセット(みそ汁付) 980円。

こちらは「ランチメニュー」のカットステーキセット。この価格で「池田牛」を味わえるのは非常に有難い。てか、「池田牛」と「十勝牛」は別モンなのだろうか??? 気になるところです。


もう6年前になりますか。【池田町】で毎年開催される超絶人気イベント【第39回 池田町 秋のワイン祭り】に参加したときのこと。イベント会場でワインと牛肉をしこたま食べ飲みした自分は帰りにこの【レストラン よねくら】へ寄って名物の「バナナ饅頭」を購入してるんですよ。ただし、べろんべろんに酔っ払っていたので全く記憶が残っていないというww だもんで、機会があれば再訪問してみたいです。てか、ことしこそ【池田町 秋のワイン祭り】に再参加したい!!

MEG BEAMさん貴重な食ネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m

※記事 モコ平



レストラン よねくら
●住所 北海道中川郡池田町字大通1-27
●電話 015-572-2032
●営業時間 9:00~20:00
●定休日 木曜
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-11-30 18:00 | 十勝地方 | Comments(0)

瑠玖&魚平/札幌市 中央区

2018年5月10日(木)



c0378174_18242867.jpg
ビストロボン タブロイドテーブル】で軽くランチを済ませた後は、同じく【中央区】の「狸小路6丁目」にある【瑠玖&魚平】へ行って来ました。初訪問ですがブログにUPするのは2度目になります。



瑠玖&魚平】は新鮮な魚介類をリーズナブルな価格で提供する居酒屋さん。魚介類の他、1時間980円の飲み放題や、1皿に好きなだけ盛り放題のお通し、無料のあら汁など良い要素が沢山ある超人気店なんです。1人飲みやちょい飲みに適した店内はいつもオッサンたちで賑わっているとか(´ω`) ちなみに、元々は市内の有名店だった【お刺身居酒屋 瑠玖】の社長が始めたお店で以前の店名は【さかなや金ちゃんの店・魚平】。で、【お刺身居酒屋 瑠玖】の本体が閉店したので【さかなや金ちゃんの店・魚平】に【瑠玖】の名前が加わったという。もう瑠玖なのか魚平なのか金ちゃんなのかワケがわからねぇww


c0378174_18244176.jpg
c0378174_18245171.jpg
飲み放題(60分) 980円。
お通し 300円。
あら汁 無料。

ビールの銘柄は「サッポロクラシック」。制限時間60分と他店と比べるとちょっと短いですが、ちょい飲みぐらいなら全然オッケーでしょう。お通しはテーブルにおかれている5種類の惣菜から好きなものをチョイスして小皿に盛れるだけ盛るという斬新なシステム。ただし1回のみ。あら汁が無料なのも高ポイント。


c0378174_18250284.jpg
本日のお刺身 3点盛合わせ 1200円。

メニュー表にある「本日のお刺身」欄から3種類選べる盛り合わせ。まぐろ、甘えび、サーモンをチョイス。てか、まぐろが赤身なのかと思ったら中トロクラスでビックリ! これは嬉しい誤算(´¬`)


ほんとウワサ通りの優良店。お店のシステム上一人飲みのお客が多いのかと思ったら、海鮮丼などの種類も豊富で、意外にも観光客も多かったです。これは再訪問決定!


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



瑠玖&魚平
●住所 北海道札幌市中央区南2条西6丁目 狸小路6丁目
●電話 011-241-2925
●営業時間 11:00~23:00
●定休日 年末年始
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-11-29 18:00 | 札幌市 中央区 | Comments(0)

BistroBON tabloid table/札幌市 中央区

2018年5月10日(木)



c0378174_11413027.jpg
この日ランチは【札幌市】【中央区】の「札駅エリア」にある【ビストロボン タブロイドテーブル】へ行ってきました。初訪問になります。


c0378174_11414168.jpg
2017年3月【sitatteサッポロ】の1階にオープンした【ビストロボン タブロイドテーブル】は、本格肉料理と酒のアテがいろいろ楽しめるちょいと小洒落たビストロバル。生ビール&もっきりワインが380円とリーズナブル。オープンキッチンを囲むカウンターとテーブル席があるので、グループでも会社帰りのお一人様でも気軽に立ち寄れるのがポイント。現在人気上昇中の飲み屋なんです(´ω`)


c0378174_11415336.jpg
生ビール 380円。

銘柄は「キリン一番搾り」。昼間から飲めるのは非常にありがたい(=¬=)


c0378174_11420951.jpg
デリ&サラダラップサンド(単品) 680円。

水菜やレタス、キャロットラペ、鶏肉などがトルティーヤに巻かれたラップサンド。ファーストフード感覚で手軽るに食べれて栄養満点。それでいてヘルシーなのが良い。ウメェ!(´¬`)


c0378174_11422832.jpg
フレッシュサラダプレート 880円。

大地ノ果実店】がセレクトしたという新鮮な野菜がごっそりとプレートに乗った外国風ごちそうサラダ。見た目はボリューミィだが、ほぼ野菜なので女性でもペロっといけちゃいます。スープとバケット付き。ちなみに、サラダラップサンド同様に野菜の種類は日替わりです。


料理の味、お店の雰囲気共に良かったので次回は夜営業のときに訪問したいです。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



BistroBON tabloid table
●住所 北海道札幌市中央区北2条西3丁目 札幌フコク生命越山ビル1F
●電話 050-5594-6508
●営業時間 11:30~14:00 17:00~23:00
●定休日 無休
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-11-28 18:00 | 札幌市 中央区 | Comments(0)

道の駅 230ルスツ/留寿都村

2018年7月24日(火)



c0378174_11485590.jpg
道の駅 真狩フラワーセンター】の後は、【留寿都村】の国道230号沿いにある【道の駅 230ルスツ】へ行って来ました。もう何度も訪問している道の駅ですね。



「蝦夷富士」と呼ばれる【羊蹄山】を眺望できる絶景地に位置する【道の駅 230ルスツ】。併設する【ルスツふるさと公園】の多目的芝生広場、遊戯広場で思う存分自然と親しむことができる。 また、【農林水産物直売所】では、【留寿都村】でとれた新鮮な野菜を販売している。休日は大勢の人で賑わう人気の道の駅なんです(´ω`)


c0378174_11490305.jpg
道の駅裏手にある【ルスツふるさと公園】。この広大な自然に包まれたロケーションがたまらない(=ω=)


※記事 モコ平



道の駅 230ルスツ
●住所 北海道虻田郡留寿都村字留寿都127番地
●電話 0136-47-2068
●営業時間 9:00~18:00(4~10月) 9:00~17:00(11~3月)
●定休日 年末年始
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-11-27 18:00 | 後志地方 | Comments(2)

道の駅 真狩フラワーセンター/真狩村

2018年7月24日(火)



c0378174_14533688.jpg
羊蹄山の湧き水】&【湧水の里】で名水を汲んで来た後は、同じく【真狩村】の「光エリア」にある【道の駅 真狩フラワーセンター】へ行って来ました。初訪問ですがブログで扱うのは2回目になります。



c0378174_14534416.jpg
平成9年、花きの生産振興、花をテーマとした観光拠点とすることを目的にオープンした【真狩フラワーセンター】は、4月28日に【道の駅 真狩フラワーセンター】としてリニューアルオープン。【ニセコ町】と【留寿都村】を結ぶ道道岩内洞爺線の中間に位置し、北に【羊蹄山】を望み、約4万㎡の敷地内に、センターハウス、ガラスハウス、円形ハウス、トイレ棟、多目的施設などの施設と、花壇や芝生広場などを配置し、花に囲まれた癒しの空間を提供している。 花にこだわり、鉢花やユリ切り花の販売、加えて、四季折々に、食用ゆり根、馬鈴しょなどの自慢の農産物を販売。また、施設内にはあの演歌界の大御所である「細川たかし」大先生のコーナーは必見(´ω`)


※記事 モコ平



道の駅 真狩フラワーセンター
●住所 北海道虻田郡真狩村字光8番地3
●電話 0136-48-2007
●営業時間 9:00~18:00(4月下旬~10/31) 9:30~16:30(11/1~4月下旬)
●定休日 年末年始
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-11-26 18:00 | 後志地方 | Comments(2)

湧水の里/真狩村

2018年7月24日(火)



c0378174_20441683.jpg
名水うどん 野々傘】でうどんを食べた後は、【真狩村】の【羊蹄山の湧き水】の敷地内にある【湧水の里】へ行って来ました。初訪問ですがブログで扱うのは2回目になります。



c0378174_20442910.jpg
c0378174_20443880.jpg
道道66号岩内・洞爺線沿いにある【羊蹄山の湧き水】は、その名の通り【羊蹄山】がもらたした名水スポット。その豊富な湧き水を惜しげもなく使用して豆腐を作っているのが同敷地内にある豆腐工房【湧水の里】。美味しい水と豆腐を求め連日人の絶えない人気店(スポット)なんです(´ω`)


c0378174_20444849.jpg
名水鶴の子わらび餅 350円。

「羊蹄山の湧き水」と、道南をルーツとする大豆「鶴の子」を惜しげもなく使用したわらびもち。わらびもち自体は非常に優しい味だが、本葛使用の黒みつをかけると甘さがプラスされまた違った味に(´¬`)


c0378174_20445663.jpg
ここの名水スポットは駐車場から近く、水汲みしてる人が大勢いました。てか、以前名水で洗車してる人がいると聞いた事があるけど、たしかにここなら洗車してる人がいてもおかしくないかもw


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



湧水の里
●住所 北海道虻田郡真狩村字杜217-1
●電話 0136-48-2636
●営業時間 8:00~18:00(4~10月) 8:30~17:00(11~3月)
●定休日 火曜
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-11-25 18:00 | 後志地方 | Comments(0)

名水うどん 野々傘/京極町

2018年7月24日(火)



c0378174_15374546.jpg
道の駅 名水の郷きょうごく】&【ふきだし公園】で自然を満喫してきた後は、同じく【京極町】の「更進エリア」にある【名水うどん 野々傘】へ行って来ました。初訪問ですがブログで扱うのは2回目になります。



c0378174_15375303.jpg
湧水で有名な【京極町】にある【名水うどん 野々傘】はその名の通り名水を使用した作った手打ちうどんが人気のお店。遠方から訪れるお客さんも多く、日によっては駐車場があふれることも珍しくないとか。また店前方には雄大な羊蹄山が見えるロケーションスポットでもあるんです(´ω`)


c0378174_15380101.jpg
鶏天ぶっかけ 950円。

店主が修行した大阪の有名店【釜たけ】がルーツの冷たいおうどん。道産小麦100%のうどんは鰹や昆布からとった風味豊かな甘目のつゆと相性がとても良くツルツルと食が進みます。とゆーか、つゆが想像以上に甘いッ!! 甘いとは聞いていたけどここまでとは。鶏天はサクサクジューシィでウマイやつです(´¬`)


c0378174_15381217.jpg
梅ぶっかけ 800円。

こちらは高級南高梅が上にのったシンプルなぶっかけうどん。梅の酸味と塩味が甘目のつゆと良く合います。


c0378174_15381978.jpg
野菜天ぷら盛り合わせ 450円。

内容は、ズッキーニ、ブロッコリー、なす、ピーマン、長芋、の5種。その日に採れた新鮮な野菜を使用しているのでどれもこれも美味しい。中でもズッキーニの天ぷらがお気に入り(´¬`)


c0378174_15383068.jpg
平日に行ったのにもかかわらず入店まで約1時間待ちでした。味良し、雰囲気良し、ロケーション良し。うーむ、さすが超絶人気うどん店ですねぇ。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



名水うどん 野々傘
●住所 北海道虻田郡京極町更進466-5
●電話 0136-42-2381
●営業時間 11:00~14:30(平日) 11:00~15:00(土日祝)
●定休日 月曜
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-11-24 18:00 | 後志地方 | Comments(0)

道の駅 名水の郷きょうごく ふきだし公園/京極町

2018年7月24日(火)



c0378174_19265250.jpg
道の駅 望羊中山】で軽く新商品を食べてきた後は、【京極町】の「川西エリア」にある【道の駅 名水の郷きょうごく】&【ふきだし公園】へ行って来ました。もう何度目の訪問になるかわかりませんがブログにUPするのは初になります。

c0378174_19264407.jpg
c0378174_19263509.jpg
c0378174_19262086.jpg
c0378174_19261264.jpg
c0378174_19260271.jpg
c0378174_19255479.jpg
c0378174_19254195.jpg
c0378174_19253384.jpg
c0378174_19252490.jpg
c0378174_19251577.jpg
京極町】と【倶知安町】を結ぶ「道道京極倶知安線」に位置し、【ふきだし公園】は環境庁の名水百選に選ばれた「羊蹄のふきだし湧水」があり、名水を求める多くの人々が訪れる。公園内には、名水プラザ、三角ステージ、トイレ棟、販売施設、遊具などの施設や芝生広場などを配置されており、連日多くの観光客で賑わう。付近には温泉やパークゴルフ場、キャンプ場などがあり、非常に集客力の高い道の駅なんです(´ω`)


天気の良い日はホント素敵に過ごせるナイスな公園ですよね。ポリタンクを何個も持って行きましたが、名水の汲めるポイントが駐車場から遠いので別の名水ポイントで汲む事にしました。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



道の駅 名水の郷きょうごく
●住所 北海道虻田郡京極町字川西45番地1
●電話 0136-42-2292
●営業時間 8:00~18:00(5月~10月) 8:00~17:00(11月~4月)
●定休日 年末年始(12月31日~1月2日)
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-11-23 20:00 | 後志地方 | Comments(2)

道の駅 望羊中山/喜茂別町

2018年7月24日(火)



c0378174_18565506.jpg
この日は【喜茂別町】の【中山峠】にある【道の駅 望羊中山】へ行って来ました。もう何度目の訪問になるかわからんぐらい来てますね。

年間約400万人の旅行者が訪れるという、【中山峠】の頂上にある【道の駅 望羊中山】。この駅は蝦夷富士とよばれる「羊蹄山」が見える絶好のポイントにあり、天気のいい日には、山頂の残雪と青空とのコントラストがまぶしいほど美しく見える。また、全国的に有名な名物「あげいも」や、「観光トイレ」の素晴らしい設備なども訪れる人々の話題を呼んでおり、長いドライブの疲れを癒す駅として人気が高い道の駅なんです(´ω`)


c0378174_18570930.jpg
c0378174_18572055.jpg
チージャ(6個入) 350円。

中山峠】に来たら必ずといっていいほど食べるのが名物の「あげいも」。もちろん「あげいも」を購入するつもりだったのですが、このとき「チージャ」という新商品(?)を見つけてしまったので買ってみる事に。カリカリホクホクに揚がったジャガイモ団子の中にトロトロに溶けたチーズが入った一品。常識的に考えてどう見ても間違いなく美味しいヤツです。あげいもほどのボリュームはないですが、今後コイツが人気商品になる事でしょう。ウメェッ!!(´¬`)


c0378174_18572900.jpg
道の駅 望羊中山】から「羊蹄山」が見える絶好のビュースポット。若干雲に隠れちゃってるけど気にしない。若い時はこのアスパラモニュメントにのぼったりして写真を撮ったなぁww


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



道の駅 望羊中山
●住所 北海道虻田郡喜茂別町字川上345番地
●電話 0136-33-2671
●営業時間 8:30~17:30
●定休日 無休
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-11-22 18:00 | 後志地方 | Comments(2)

本場大阪お好み焼 じゅう奏/札幌市 東区

2018年5月25日(金)



c0378174_18254814.jpg
岩見沢精肉卸直営 牛乃家 本店】で昼飲みしてきた後は、【東区】の「北20条エリア」にある【本場大阪お好み焼 じゅう奏】へ行って来ました。初訪問になります。

c0378174_18255628.jpg
豊平区】の「月寒エリア」で営業していた【本場大阪お好み焼 じゅう奏】が、2017年12月1日【東区】の「北20条エリア」に移転オープン。店内が広くなり、駐車場も増えたが本場大阪の味は変わらずの安定感。お好み焼き以外のメニューの他に、ねぎ焼きやとんぺい焼き、おつまみや一品料理などもあり品数が非常に豊富。元々評判の良い店だったこともあり、移転後もスグに人気店の仲間入り(´ω`)


c0378174_18260559.jpg
緑茶ハイ 390円。

1軒目の【岩見沢精肉卸直営 牛乃家 本店】ではビールがメインだったので、こちらでは酎ハイ系にシフトチェンジ。さっぱりしてて飲みやすいやーね(=ω=)


c0378174_18261538.jpg
c0378174_18262392.jpg
お好み焼 ぶた玉 730円。

お好み焼き界では1番ベーシックな「ぶた玉」をノーマルサイズでオーダー。ノーマルといえど、なかなかのボリュームで食べ応えじゅうぶん。もちろん美味しいのはいうまでもありません(´¬`)


実はこのお店の事は全く知らなくて、たまたま目の前を通ったから勢いで入店したんです。そしたら、お好み焼きは美味しいし、店内は綺麗で良い感じでしたねぇ。飲み屋としても使えるようなので機会があれば再訪問したいところです。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



本場大阪お好み焼 じゅう奏
●住所 北海道札幌市東区北20条東1丁目3-1
●電話 011-704-0013
●営業時間 11:30~16:00 17:00~23:00
●定休日 月曜
●駐車場 有り(16台)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-11-21 18:00 | 札幌市 東区 | Comments(2)

岩見沢精肉卸直営 牛乃家/札幌市 中央区

2018年5月25日(金)



c0378174_11240163.jpg
この日は【札幌市】【中央区】の「南2条エリア」にある【岩見沢精肉卸直営 牛乃家 本店】へ昼飲みに行って来ました。この店舗は初訪問になります。


炭火居酒屋 炎】をはじめ、食材と美味しさにこだわった飲食店を展開している【伸和ホールディングス】の焼肉専門店【岩見沢精肉卸直営 牛乃家】。【岩見沢市】にある精肉店直営だからこそ実現できた新鮮さと美味しさ、そして価格。厳選した黒毛牛とホルモンを存分に堪能できる今人気上昇中の焼肉店なんです(´ω`)


c0378174_11241011.jpg
飲み放題(90分) 750円。
お通し ???円。

さすが【炭火居酒屋 炎】の系列だけあり、飲み放題はプレミアムモルツ込みで驚愕の750円。しかも、ラインチタイムから飲み放題できるのがポイント高しッ!! お通しは一般的な枝豆。


c0378174_11242016.jpg
牛カルビサガリ定食 990円。

「ランチメニュー」の中から人気No.1の定食をチョイス。内容は牛カルビ、牛サガリ、豚カルビ、道産ホルモン、焼き野菜、ライス、の全6種。ちなみに、ランチを食べに来たのではなく、同行者がライスを食べたいというので注文してみました。単品で注文するよりお得だしね(´ω`)


c0378174_11243222.jpg
牛タンお手軽セット 590円。

お得な牛タンと牛サガリの2種セット。タンのコリコリ食感はたまらなく美味しい(´¬`)


c0378174_11245028.jpg
生ラム塩〆ジンギスカン(もやしバター付) 390円。
道産生レバー 190円。

デフォルトでジンギスカンにもやしとバターが付いているのが非常に有難い。数量限定だというレバーはなんと190円とかなりリーズナブル。そして、いうまでもなくどっちもウメェ!


c0378174_11245945.jpg
せせり山わさび 490円。

牛タンとはまた違ったコリコリ食感が楽しめるせせり。ツーンと辛い山わさびとの相性抜群。


c0378174_11250753.jpg
うん! 昼間から焼肉を食べてビールを飲む。これはもう最高以外の何物でもない(=ω=)


c0378174_11251932.jpg
トマトキムチ 390円。

ラストはさっぱり系のトマトキムチをオーダー。トマトの酸味とキムチの辛味がクセになる美味しさ。初食でしたがコレはアリです。


東区】にある【備長炭火焼肉 牛乃家】は【炭火居酒屋 炎 東区役所前店】と隣接してたから【】のメニューも少し注文できたけど、ここの【岩見沢精肉卸直営 牛乃家 本店】はどうだったんだろ? ちゃんとメニュー表を確認しなかったなぁ。まぁ、再訪問は確定だしチェックは次の機会でいいか。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



岩見沢精肉卸直営 牛乃家 本店
●住所 北海道札幌市中央区南2条西4丁目 ラージカントリービル1F
●電話 050-5593-0336
●営業時間 11:30~翌1:00
●定休日 無休
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-11-20 18:00 | 札幌市 中央区 | Comments(0)

2016 Beer Garden(ピパの湯 ゆ~りん館)/美唄市

2016年7月8日(金)



c0378174_13373409.jpg
この日は【美唄市】の「東明エリア」にある【ピパの湯 ゆ~りん館】で開催された【2016 ビアガーデン】に参加してきました。


c0378174_13374491.jpg
ピパの湯 ゆ~りん館】前の広場で毎年夏季に開催されている【ビアガーデン】は、【美唄市】で1番早くに始まるビアイベント。通常の前売りチケットの他に、温泉施設ならではの入浴券がセットになっているチケットもあり、ビール・ジンギスカン・温泉が1度に楽しめる。ちなみに、ビアガーデンは2016年で終了しており、2017年以降はビアパーティという会費制のコース料理イベントになっている。

c0378174_13375943.jpg
c0378174_13382092.jpg
ジンギスカン 500円。
野菜盛合わせ 500円。

道民のソウルフードのひとつであるジンギスカンがこのビアパの目玉。味付け羊肉なのでタレいらずでウメェ! 写真は撮ってないけどキンキンに冷えた生ビール(エクストラコールド)がめちゃ進みます(´¬`) 肉とタレを吸い取った野菜たちも美味しい。


c0378174_13383977.jpg
フライドポテト 300円。

作り置きなのでモサモサ感はいなめないけど、それはそれで美味しい。


c0378174_13384845.jpg
豚汁 ???円。

夏場に出てくるのは意外なような気もしますが、【北海道】は夏場でも夜は肌寒い日があったりするので、こーいった温かい汁モノの存在は有難い。


c0378174_13385613.jpg
唐揚げ 400円。
たこ焼き 400円。
枝豆 300円。

フライドポテト同様こいつらも作り置き。いや!美味しいからそれで良いんですww


もう2年も前のネタで2017年のビアパの記事を先にUPしちゃってるけど気にしない。しっかし、なんでビアガーデンを止めてコース料理主体のパーティ制にしちゃったんだろう(´Д`;)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



ピパの湯 ゆ~りん館
●住所 北海道美唄市東明町3区
●電話 0126-64-3800
●営業時間 7:00~22:00
●定休日 無休
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-11-19 18:00 | 空知地方 | Comments(0)

Restaurant Joyfull/札幌市 東区

2018年11月13日(火)



c0378174_19303995.jpg
この日のランチは【札幌市】【東区】の「東苗穂エリア」にある【ジョイフル 札幌東苗穂店】へ行って来ました。初訪問になります。

九州地区を中心に店舗を展開している【ジョイフル】。美味しい料理とリーズナブルな価格設定で老若男女問わず人気のファミリーレストランです。ちなみに、2018年9月5日にオープンした【ジョイフル 札幌東苗穂店】は【北海道】の第1号店になります。


c0378174_19304758.jpg
日替りランチ 495円。

火曜日の日替りランチの内容は「ハンバーグ&唐揚げ」。このハンバーグが良い意味で肉くさくてジューシィでめちゃ自分好みの味だったんです。【マクドナルド】のパティみたいなイメージ。思わずパンに切れ目を入れてハンバーガーにして食べてしまったというw うーむ、唐揚げも美味しかったし、ワンコインでなかなかの満足度でした(´¬`)


c0378174_19305551.jpg
カットステーキ丼 754円。

少々残念だったのがこっちのカットステーキ丼。肉が柔らかく味も良いんだけど、何故か冷えてるってゆーね。ご飯との温度差が(´Д`;)


オープンしてまだ2ヶ月ちょっとだけど、店内は近所の奥様たちで非常に賑わっていましたねぇ。全席禁煙でドリンクバーもあるし長居しやすいんでしょう。タバコが吸えないのは残念だけど良い店だったので再訪問確定です


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



Restaurant Joyfull 札幌東苗穂店
●住所 北海道札幌市東区東苗穂4条2丁目5-24
●電話 011-789-3003
●営業時間 24時間営業
●定休日 無休
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-11-18 19:45 | 札幌市 東区 | Comments(0)

道の駅 いわない/岩内町

2018年8月15日(水)



c0378174_08090415.jpg
道の駅 シェルプラザ・港】で小休憩をした後は、【岩内町】の「万代エリア」にある【道の駅 いわない】へ行って来ました。初訪問になります。

c0378174_08091232.jpg
c0378174_08092273.jpg
旧【国鉄岩内駅】の跡地につくられた【岩内マリンプラザ】が【道の駅 いわない】に進化。ヨットをイメージしたガイドセンターたら丸館を中心に、木田金次郎美術館や岩内地方文化センター、岩内町のシンボルであるカリヨンモニュメント、噴水など水・光・音をモチーフにした美しい公園などがある。中でも人気を集めるのは、平成6年に完成した【木田金次郎美術館】で、岩内港や岩内山など力強いタッチで描いた作品が約100点収録されている。観光案内所では、岩内町の食事やおみやげ情報はもちろん、後志管内の情報を教えてくれる(´ω`)


c0378174_08093036.jpg
たら丸焼き 130円。

岩内町】のご当地キャラクター「たら丸くん」をモチーフにしたたい焼き系スイーツ。岩内海深層水を使用したという生地は非常に薄く、中には十勝産のあずきで作った餡子がびっしり。焼き立てはさっくさくだが、時間がたつともっちもち食感に。甘すぎないので、自分でも食べられる美味しいヤツです(´¬`)


この日は【道の駅 いわない】の敷地内で何かのイベントが開催されていたんですが、激しい雨のせいでお客さんはほとんどいなかったんですよ。天候が良ければもっと楽しめたと思うんですけど(´Д`;) たら丸くんファンとしては再訪問しないといけない道の駅ですねぇ。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



道の駅 いわない
●住所 北海道岩内郡岩内町字万代47番地4
●電話 0135-63-1155
●営業時間 9:00~18:00(4月~10月) 9:00~17:30(11月~3月)
●定休日 無休(5月~10月)、毎週月曜日(11月~4月) 年末年始(12/31~1/5)
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-11-17 18:00 | 後志地方 | Comments(2)

道の駅 シェルプラザ・港/蘭越町

2018年8月15日(水)



c0378174_19242773.jpg
ハセガワストア 七重浜店】でランチ(車中飯)をした後は、【蘭越町】の「港町エリア」にある【道の駅 シェルプラザ・港】へ行って来ました。初訪問になります。

c0378174_19243787.jpg
道の駅 シェルプラザ・港】は、美しい日本海沿いを走る国道229号線沿いに位置し、海岸線でもひときわ目を引く貝の形をイメージしたユニークな【貝の館】に隣接している。物販コーナーでは、山の幸を素材に美味しさを引き出した加工品などお土産を多数販売。また、世界の珍しい貝も販売しており、アクセサリーやインテリアなどにぴったり。人気の高いドライブコースである「追分ソーランライン(国道229号)」上にあるので日本海の心地よい潮風を満喫できる道の駅なんです(´ω`)


道内の市町村で道の駅が2箇所ある町って【蘭越町】と【美瑛町】ぐらい? 今回はコースの都合上【道の駅 シェルプラザ・港】にしか立ち寄れなかったけど、機会があればもうひとつの【道の駅 らんこし・ふるさとの丘】にも行ってみたい。


※記事 モコ平



道の駅 シェルプラザ・港
●住所 北海道磯谷郡蘭越町港町1402番地1
●電話 0136-56-2700
●営業時間 9:00~17:00(通常) 9:00~18:00(GW、お盆期間中7月・8月の土・日・祝)
●定休日 火曜(11月~3月、祝日の場合は翌日) 年末年始
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-11-16 18:00 | 後志地方 | Comments(0)

ハセガワストア/北斗市

2018年8月15日(水)



c0378174_21024850.jpg
ラッキーピエロ 函館駅前店】で、お土産用のバーガーを購入した後は、【北斗市】の「七重浜エリア」にある【ハセガワストア 七重浜店】へ行って来ました。この店舗は初訪問になります。

ハセガワストア】と言えば【ラッキーピエロ】と並ぶ函館(道南)地方を代表する超人気チェーン店。コンビニでありながらコンビニの枠を遥かに超えた存在感で全道のみならず全国のファンの心をガッチリつかんで離さない。人気の秘密は店内に調理スペースがあり(ホットシェフの調理場とは違う)そこで作る函館名物のひとつ「やきとり弁当」。このお弁当を求めて遠方から来る人が後を絶たない。ちなみに【根室市】には【タイエー】というコンビニがあるが、【ハセガワストワ】と業務提携をしておりチェーン店の関係なんだとか。なので根室でも焼き鳥弁当が買える。


c0378174_21025832.jpg
c0378174_21030666.jpg
やきとり弁当(小)うま辛 490円。

茶碗1杯分のごはん(200g)にのり。函館のやきとりの定番「豚串」3本を乗せ、うま辛のタレをたっぷりかけた人気のお弁当。普通の辛口とは違い後からじわっとくる辛味がたまりません。ホント何味を食べても【ハセガワストア】のやきとり弁当はうまし!(´¬`)


本当は前回訪問した焼き立てパンも販売してる【ハセガワストワ 昭和店】を目指していたんだけど、いつのまにか【北斗市】にinしてたので【ハセガワストア 七重浜店】にw まぁ、やきとり弁当はどこで買っても同じだからいーんですけどねぇ。

ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



ハセガワストア 七重浜店
●住所 北海道北斗市七重浜6丁目11番1号
●電話 0138-49-0021
●営業時間 24時間営業
●定休日 無休
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-11-15 18:00 | 渡島地方 | Comments(0)

ラッキーピエロ/函館市

2018年8月15日(水)



c0378174_14151998.jpg
丸善 瀧澤商店】で記憶が飛ぶほど飲んだ次の日の朝は、同じく「若松町エリア」にある【ラッキーピエロ 函館駅前店】へ行って来ました。ブログにUPするのは初ですが2度目の訪問になります。

北海道】でも道南地方にしか出店していない【ラッキーピエロ】。その人気は道南地方だけに留まらず、今では道外にもファンがいるほどの超人気店。厳選した素材を、徹底した鮮度管理の下、手作りこだわって調理します。出来てたを提供したいのでオーダーを受けてから調理を開始しするスタイルも人気のひとつ。また、店舗によっては店限定の商品があったり、各店舗にテーマが決められてたりと非常にユニークなのも魅力なんですよね(=ω=)


c0378174_14152950.jpg
チャイニーズチキンバーガー 350円。

ラッキーピエロ】の人気No.1といえばもちろんこの「チャイニーズチキンバーガー」。甘辛チキンとシャキシャキレタスがバンズにサンドされたデカウマバーガー。何度食べてもウマイもんはウマイ(´¬`)


ホテルから一番近い【ラッキーピエロ 函館駅前店】買いに行ったんですが、外までプチ行列が。自分たちは前日に予約をしていたので並ぶ事なく購入する事ができたけど、お土産用に買うんだったら予約しといたほうがいーね。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



ラッキーピエロ 函館駅前店
●住所 北海道函館市若松町17-12
●電話 0138-26-8801
●営業時間 10:00~0:30(月~金・日) 10:00~1:30(土)
●定休日 無休
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-11-14 18:00 | 渡島地方 | Comments(0)

丸善 瀧澤商店/函館市

2018年8月14日(火)



c0378174_10030886.jpg
デリカレストラン ラ・ブヴェット】で美味しいウィンナーを食べた後は、同じく「若松町エリア」にある【丸善 瀧澤商店】へ行って来ました。4度目の訪問になります。



c0378174_10031635.jpg
【丸善 瀧澤商店】は立ち飲みカウンターのある酒屋。店の右手が酒屋、左手がショットバー風のカウンターになっていて、午前10時から酒を飲ませてくれる。料理や缶詰、おつまみなども多彩に用意されおり、どれもこれも安くて美味しい。この雰囲気、各打ちスタイルが好きな人には本当にたまらない素敵なお店(´ω`)


c0378174_10032461.jpg
ビール(中) 400円。
梅酒 ???円。

〆のドリンクはやっぱり生ビール。銘柄は何だっけな? 梅酒のほうは焼酎に自家製の梅ペーストを入れて作るタイプのヤツ。マスターが美味しいからと塩を入れてくれました。コイツはウメェ!(´¬`)


c0378174_10033257.jpg
トバ(自家製) 600円。

プロの料理人も買いに来るというマスター手作りの「鮭トバ」をオーダー。脂や塩味が丁度良くソフィティーな仕上がり。文句なくウマイ!(=¬=) 実は帰り間際の常連さんに少し御裾分けしてもらい、更に追加注文したんですw


久しぶりに訪れた【丸善 瀧澤商店】でもっと美味しくて安いものを食べたかったんですが、なんせこの日は色々なところで飲み食いしまくったのでお腹がパンパン。結局1品しか食べる事ができませんでした。うーむ、次回はもうちょっと品数を増やしたい。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



丸善 瀧澤商店
●住所 北海道函館市若松町19-7
●電話 0138-22-3623
●営業時間 10:00~22:00
●定休日 日曜
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-11-13 18:00 | 渡島地方 | Comments(0)