鳥料理 小野木/旭川市

2017年9月6日(水)



今回は知人の藻屑さんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


c0378174_13391208.jpg
この日の藻屑さんが向かったのは旭川市の「東旭川エリア」にある鳥料理 小野木


c0378174_13392070.jpg
鳥料理 小野木】の歴史は古く、明治33年松原秀次郎が鶏肉行商の鑑礼を拝受し飼料の独自配合により養鶏を始め大正11年に創業。その名の通り鶏肉を使用した料理に特化しており、味のレベルは非常に高い。市内だけではなく、遠方からもわざわざ足を運ぶファンがいるミシュランガイド掲載の超人気店なんです(´ω`) また、大衆店でありながら高級料亭のような庭があるのも人気のひとつ。


c0378174_13392882.jpg
千鳥揚げ 650円。

北海道では「鶏の唐揚げ」を「ザンギ」と呼ぶ事が多いのですが、ここ【鳥料理 小野木】では「千鳥揚げ」という独自の呼名だそうです。水を使わない衣のサクサク感と、ジューシィであっさりめな鶏肉がたまらなく美味しいんだとか。特製のごま塩で食べるのも【鳥料理 小野木】ならでは(=ω=) 唐揚げってか天ぷらっぽいから塩で食べるのかな?


c0378174_13393590.jpg
とり重 650円。

甘辛で香ばしい雑味のないたれと、脂肪分が少ないのに軟らかい鳥の食感がたまらなく美味しいお重のセット。なめこ汁とお新香もあなどれない存在なんだとか(´¬`)


c0378174_13394252.jpg
新子焼き 700円。

旭川市民のソウルフードとして有名な「新子焼き」。鶏の半身を使うのが一般的だけど、【鳥料理 小野木】ではモモ肉を使用。柔らかくジューシィな味わいで、藻屑家ちびっこに大好評。


c0378174_13395202.jpg
親子丼 600円。

鶏肉、ねぎ、卵、刻み海苔と見た目はオーソドックスな親子丼ですが、味付けと卵のふわとろ感が絶妙でかなり美味しかったようです(´¬`) このレベルで600円は良い意味で反則だってww


うーむ、自分は【鳥料理 小野木】さんの事を全然知りませんでした(´Д`;) 藻屑さんが大絶賛だったので、今度機会があれば行くしかないですねぇ。


藻屑さん、貴重な食ネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m


※記事 モコ平



鳥料理 小野木
●住所 北海道旭川市東旭川北1条6丁目10-27
●電話 0166-36-1146
●営業時間 11:00~22:00
●定休日 火曜・第3月曜
●駐車場 有り




[PR]
by mocohe23 | 2018-02-11 18:00 | 上川地方 | Comments(0)
<< Japanse Ramen N... 居酒屋 きんぼし/札幌市 東区 >>