雄武町のお土産




今回は知人の聖衣俱樂部さんが【雄武町】に旅行に行ったときお土産として買ってきてくれたものをUPさせて頂きます。m(_ _ )m


c0378174_13274742.jpg
いただいたのは【雄武漁業協同組合】のかにやかまぼこの詰め合わせ。雄武沖で獲れた新鮮なかにをボイルしたもので、旨味がハンパないヤツです。もちろん、かまぼこも雄武産の素材を使用したもの。かにが入っていたり、辛いのがあったりと
バラエティにとんでいました。美味い!(´¬`)


わざわざかにを買う為だけに【雄武町】まで日帰り運転で行ってきたらしいけど、相変わらずパワフルさがハンパない。自分だったら宿泊コースなのになぁ。聖衣俱樂部さん雄武土産ありがとうございましたm(_ _ )m


※記事 モコ平


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-09-03 18:00 | いただき物 | Comments(5)

焼きたてパンの店 DONGURI/札幌市 東区

2018年8月29日(木)



c0378174_11384775.jpg
イタリアンワイン&カフェレストラン サイゼリヤ アリオ札幌店】でランチをした後は、同じく【アリオ札幌】内にある【焼きたてパンの店 どんぐり アリオ札幌店】へ行ってきました。この店舗は初訪問になります。



元々は「円山エリア」で小さな喫茶店【珈琲舎どんぐり】をやっていたのが【焼きたてパンの店 DONGURI】のルーツといわれています。現在は市内に数店舗をかまえる超絶人気パン屋までに成長。色々な種類のパンがありますが、なんといっても看板メニューの「ちくわパン」は全国区のTV番組でもとりあげられるほどの人気ぶり。とにかく市民から絶大な人気を誇るお店なんです(´ω`)


c0378174_11385606.jpg
ベーコンエッグ 175円。

どんぐり】に来るたびにほぼ毎回購入しているようベーコンエッグ。もう見た目でわかる美味しい惣菜パンです(´¬`)


塩パン 85円。

焼き立てで外はさっくと中はしっとり。ほんのり塩味とバターの風味が素朴な感じでクセになる美味しさ。価格もお手軽なのでリピートしちゃいそう。


テリタマチキンパン 180円。

濃厚テリヤキチキンと卵サラダの組み合わせが絶妙。ある意味親子パンってヤツです。ボリュームも結構あるので食べ応えじゅうぶん。


遂に我が【東区】にも【どんぐり】がオープンしました! これは嬉しい(=ω=) 調べてみたら7月24日がオープン初日で、まだできたばっかりだったんですねぇ。これからはガンガンお世話になりそう。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



焼きたてパンの店 DONGURI アリオ札幌店
●住所 北海道札幌市東区北7条東9-2-20 アリオ札幌1F
●電話 011-214-1193
●営業時間 10:00~21:00
●定休日 不定休(アリオ札幌に準ずる)
●駐車場 有り(アリオ札幌)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-09-02 18:00 | 札幌市 東区 | Comments(0)

Saizeriya Ristorante e Caffe/札幌市 東区

2018年8月29日(木)



c0378174_15574391.jpg
サッポロビール博物館】で見学と軽くビールを飲んできた後は、すぐ横の大型ショッピングモール【アリオ札幌】内にある【イタリアンワイン&カフェレストラン サイゼリヤ アリオ札幌店】へ行ってきました。この店舗は初訪問になります。



株式会社サイゼリア】が運営し、全国展開している【イタリアンワイン&カフェレストラン サイゼリア】は、説明する必要すらないほどのメジャーな人気ファミリーレストランチェーン店。人気の秘密は他では類を見ないリーズナブルな価格設定と豊富なメニュー。【北海道】に上陸したのはここ数年と思われがちだが、実は1992年に「新札幌エリア」にひっそりとオープン。以来約20年間道内では1店舗のみだったのだが、2012年に札幌駅北口店をオープン。それ以降道内でもどんどん店舗数を増やし、今では道民からも愛される人気店となったんです(´ω`)


c0378174_15575191.jpg
スパイシートマトのハンバーグ 500円。

ランチメニューの中から期間限定と表記されていたスパイシートマトのハンバーグセットをオーダー。ハンバーグは固めの弾力系ながら切ると中からジュワっと肉汁が出てくる旨味の強いタイプ。スパイシーなトマトソースと相性が良くかなり美味しい。これにライス(パン)、ミニサラダ、スープ(飲み放題)がセットになって500円とかホント【サイゼリヤ】は最高か! ちなみに、今回はパンを選択したんですが、運ばれてきたのがちょい小さめのバケットでビックリ! これがまた熱々で美味いんですよ(´¬`)


c0378174_15575961.jpg
スパゲッティ アラビアータ 500円。

こちらもランチメニューの中からのチョイスになるのでメインのパスタに、ミニサラダ、スープ、パン(フォカッチャタイプ)のセットになります。ピリ辛のアラビアータにタバスコをふりかけ辛さをブースト! 給水が必要になりますが美味しさがUPします。


前回【アリオ札幌】に来たときは酔っ払ってて気づかなかったけど、いつの間にか、結構店舗が入れ替わってたんですねぇ。超人気のパン屋である【どんぐり】が入ってたり、【ABCクッキングスタジオ】や【サブウェイ】がなくなってたり、2階のフードコートも何間が変わってたし。って、そもそも【サイゼリヤ】があると思わなかったしww


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



イタリアンワイン&カフェレストラン サイゼリヤ アリオ札幌店
●住所 北海道札幌市東区北7条東9-2-20 アリオ札幌1F
●電話 011-750-1850
●営業時間 11:00~22:00
●定休日 不定休(アリオ札幌に準ずる)
●駐車場 有り(アリオ札幌)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-09-01 18:00 | 札幌市 東区 | Comments(2)

サッポロビール博物館/札幌市 東区

2018年8月29日(木)



c0378174_15163016.jpg
この日は【札幌市】【東区】の【サッポロガーデンパーク】の敷地内にある【サッポロビール博物館】へ行ってきました。初訪問になります。


c0378174_15164467.jpg
c0378174_15165717.jpg
c0378174_15170633.jpg
サッポロビール博物館】は、【サッポロビール園】と同じ【サッポロガーデンパーク】の敷地内にある施設であり、国内で唯一となるビールに関する博物館になっている。明治初期、北海道開拓という国策の中で始まったビールづくりから現在の【サッポロビール】へ繋がる歴史物語を、学ぶことができる。また、館内では通常のビールに加え、ここでしか飲めない限定ビールの有料試飲もできる。日本人、外国人問わず連日大勢の観光客が訪れる超人気の博物館なんです(´ω`)


c0378174_15171975.jpg
飲み比べセット(おつまみ付) 600円。

「サッポロビール黒ラベル」、「サッポロクラシック」、「開拓使麦酒」、3種におつまみの付いたお得な飲み比べセット。黒ラベルは麦のうまみと爽やかな後味の完璧なバランスが特徴。ひと口目から飲み終わる瞬間まですっきりとした飲み心地が継続。クラシックはビール本来のうまさにこだわり、福原料を使用してない麦芽100%のビール。飲みごたえと飲みやすさが特徴。開拓使麦酒は創業当時の味を再現した【サッポロガーデンパーク】でしか飲めない限定ビール。麦芽100%、ビール酵母が生きたまま入っている。濃厚でしっかりした味わいが特徴。まぁ、難しく書いてますが、結局のところどれもこれも美味しかったというね(´¬`) ちなみに、おつまみはビールに良く合う豆のお菓子でした。


c0378174_15173147.jpg
リボンナポリン(おつまみ付) 100円。

北海道】で絶大な支持を誇るオレンジ色のロングセラー炭酸飲料。普段炭酸飲料系のジュースはほとんど飲まない自分でも、この「リボンナポリン」と「ガラナ」だけはたまに無性に飲みたくなります。何故かソフトドリンクにもおつまみが付いており、内容は道内産のナチュラルチーズを100%使用したゴーダチーズでした。


わりと近くに住んでいて、イベントなどで何度も来ている【サッポロガーデンパーク】ですが【サッポロビール博物館】は初訪問だったんですよねぇ。無料の見学コースだったけどそれなりに【サッポロビール】の歴史が学べて楽しかったです。まぁ、ぶっちゃけ狙いは有料の試飲なんだけれどもww

ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



サッポロビール博物館
●住所 北海道札幌市東区北7条東9丁目1-1 サッポロガーデンパーク内
●電話 011-748-1876
●営業時間 9:00~18:00
●定休日 年末年始(12/30~1/4)
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-08-31 18:00 | 札幌市 東区 | Comments(2)

五天山公園/札幌市 西区

2018年8月3日(金)



c0378174_12011412.jpg
この日は【札幌市】【西区】の「福井エリア」にある【五天山公園】へ行ってきました。初訪問になります。


c0378174_12013404.jpg
c0378174_12012650.jpg
c0378174_12014469.jpg
c0378174_12015301.jpg
採石場跡地を利用した【五天山公園】は【西区】初の総合公園として、パークゴルフ場、球技広場、炊事広場、子供の遊び場、ホタルの小川、水車、散策路、テニスコートなど様々な施設があり、幅広い層の方が楽しめる公園。事前に予約が必要だが手ぶらで行ってもBBQを楽しめるのも人気のひとつ。車いすやベビーカーを無料レンタルできるのもうれしい。


c0378174_12020695.jpg
c0378174_12021770.jpg
近くのスーパーで購入してきたサンドイッチとサラダ。大自然の中で食べるランチはやっぱひとあじ違う(´¬`)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



五天山公園
●住所 北海道札幌市西区福井423番地
●電話 011-662-2424(五天山公園管理事務所)
●営業時間 9:00~17:00(炊事場) 7:00~19:00(五天山公園駐車場)
●定休日 施設により異なる
●駐車場 有り(12台)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-08-30 18:00 | 札幌市 西区 | Comments(0)

フレッシュフルーツファクトリー FRUTICO/余市町

2018年7月25日(水)



今回も知人のMEG BEAMさんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


c0378174_11294584.jpg
柿崎商店 海鮮工房】で海鮮料理を堪能したMEG BEAMさんが次に向かったのは、同じく【余市町】の「大川エリア」にある【フレッシュフルーツファクトリー フルティコ 余市本店】。初訪問だったようです。



真っ赤な建物が目印の【フレッシュフルーツファクトリー フルティコ】は、【余市町】のベリー農家直営のジェラート・クレープ・スムージー店。自社栽培したベリーとブドウを使った農家が直営するからこそできる特別なジェラート。余市の自社農園で収穫した完熟フルーツを道産小麦のもっちもちクレープ生地で包む贅沢クレープ。 当然クレープソースも自社製。研究を重ね生み出されたスイーツを求め連日客の絶えない人気店なんです(´ω`) ちなみに、旧店名は【フルーツプラネット】。


c0378174_11301433.jpg
クレープ(ラズベリー&ブルーベリー) 580円。

お店の人気No.1商品だというラズベリーとブルーベリーのクレープ。甘味と酸味のベリー、もっちもちのクレープ生地、こだわりの生クリームの三身一体。絶妙なバランス感でむちゃくちゃ美味しいんだとか(´¬`)


c0378174_11304416.jpg
ジェラート (りんご&ハスカップ) 380円。

北海道】でしか栽培されていないハスカップと、【余市町】の特産フルーツであるりんごのダブル。ギュッと凝縮されたフルーツの旨味溢れるジェラートなんだって。


MEG BEAMさん貴重な食ネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m


※記事 モコ平



フレッシュフルーツファクトリー FRUTICO 余市本店
●住所 北海道余市郡余市町大川町8-31
●電話 050-5570-4460
●営業時間 11:00~18:00(火~金) 11:00~19:00(土日祝)
●定休日 月曜
●駐車場 有り(12台)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-08-29 18:00 | 後志地方 | Comments(0)

柿崎商店 海鮮工房/余市町

2018年7月25日(水)



今回は知人のMEG BEAMさんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


c0378174_11003092.jpg
c0378174_11004924.jpg
この日のMEG BEAMさんが向かったのは【余市町】の「黒川エリア」にある【柿崎商店 海鮮工房】。何度も訪問しているようですがネタをくれたのは初になります。


c0378174_11005813.jpg
創業約70年老舗の魚屋【柿崎商店】。【北海道】の新鮮な海の幸をリーズナブルな価格で販売している超絶人気店。その【柿崎商店】が運営する【海鮮工房】も地元民はもちろんのこと、遠方から足を運ぶファンの多い人気海鮮食堂。海鮮丼をはじめ、焼き魚定食や刺身など種類豊富。また、漁がある時期にしか食べることのできない地元余市産のウニや甘エビなどの限定メニューもある。昼時は行列ができるほどの超絶人気店ですが、並んででも食べる価値のある美味しい料理が目白押しなんです(´ω`)


c0378174_11010858.jpg
磯丼 1110円。

ホッキ、ツブ、ホタテという人気貝3種が入った海鮮丼。当然のことながら貝類は全て新鮮でどれもこれも間違いない美味しさ。特出すべき点はネタの多さにあり、これで1110円は非常に安いんだとか。


c0378174_11011610.jpg
焼魚宗八 300円。

宗八カレイを焼いたもの。身はふわふわ、味はしっかりしていてかなり美味しかったと報告を受けてます。


c0378174_11012426.jpg
いか刺し 450円。

いかといえば【函館市】が有名ですが、【余市町】のいかも負けず劣らず美味しいんだとか。新鮮なので弾力と甘味がハンパないらしい(´¬`)


うーむ、【柿崎商店】は超有名なので知ってたけど食堂があるのは知らなかった。これだけ絶賛されると自分も機会があれば行ってみるしかなさそうですねぇ。


MEG BEAMさん貴重な食ネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m


※記事 モコ平



柿崎商店 海鮮工房
●住所 北海道余市郡余市町黒川町7-25
●電話 0135-22-3354
●営業時間 10:00~19:00
●定休日 不定休
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-08-28 18:00 | 後志地方 | Comments(0)

STARBUCKS COFFEE/札幌市 東区

2018年6月30日()



c0378174_16384693.jpg
サッポロビール☆道産子感謝Day 2018】でビールとグルメを堪能してきた後は、【アリオ札幌】の中にある【STARBUCKS COFFEE アリオ札幌店】へと移動。もう何度も訪問してますがブログにUPするのは2回目になります。



1971年にアメリカ合衆国ワシントン州シアトルで開業した【スターバックスコーヒー】、世界規模で展開するコーヒーの人気チェーン店。人気のひみつはコーヒー類やデザート系、軽食の充実と、通りに面したオープンテラス、落ち着いた照明など長居したくなるようなインテリア。とにもかくにも誰もが知ってる超人気のカフェなんです(´ω`)


c0378174_16385413.jpg
加賀棒ほうじ茶フラペチーノ(Tall) 620円。

期間限定のほうじ茶フラペチーノをチョイス。香り高く、まろやかな甘味を持つ加賀棒ほうじ茶を存分に堪能できるフラペチーノ。甘さ控えめなので自分も美味しくいただけました(´¬`)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



STARBUCKS COFFEE アリオ札幌店
●住所 札幌市東区北7条東9-2-20 アリオ札幌1F
●電話 011-702-6745
●営業時間 10:00~22:00
●定休日 不定休(アリオ札幌に準ずる)
●駐車場 有り(アリオ札幌)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-08-27 18:00 | 札幌市 東区 | Comments(0)

サッポロビール☆道産子感謝Day 2018/札幌市 東区

2018年6月30日()



c0378174_14213949.jpg
この日は【札幌市】【東区】の【サッポロガーデンパーク】で開催されていた【サッポロビール☆道産子感謝Day 2018】に行って来ました。3度目の参加となります。

c0378174_14214733.jpg
1876年の創業の【サッポロビール】。長年にわたり道民の方々に支えられてきた感謝の気持ちを込めて年に1度開催するイベントが【サッポロビール☆道産子感謝Day】。会場では生ビールが1杯200円飲める他、道内各地から集まった美味しいグルメが堪能できる。【札幌市】では【サッポロガーデンパーク】と【サッポロファクトリー】の2会場。その他【恵庭市】と【上富良野町】でも同時開催される超人気のビアイベントなんです(´ω`)


c0378174_14215984.jpg
サッポロクラシック 200円。

昨年同様天候に恵まれ気温が高いので自ずとビールを飲むペースが加速します。まぁ、1杯200円だから天候気温関係なく飲みまくるんですけどね(=¬=)


c0378174_14221115.jpg
ほっけスティック 300円。
鹿肉ソーセージ 100円。

稚内・利尻・礼文・サロベツ観光振興協議会】ブースで購入したほっけスティックと鹿肉ソーセージ。ほっけをスティック状に切って炭火で炙ったほっけスティックは脂がのっててめちゃくちゃウマイッ! これで300円はかなりお得。鹿肉ソーセージも普通に美味しい。この2品は満足度◎でした(´¬`) 横に写ってるのは無料でいただいた【幌延町・豊富町・観光促進協議会】オリジナルのうまい棒。家に持って帰ったらいつの間にか誰かに食べられてしまったので味がわからないというw


c0378174_14222453.jpg
びらとり和牛串 400円。
ベーコン串 200円。

平取町】の【ハム工房シグびらとり】ブースで購入した串焼き。和牛もベーコンも食べる前から美味しいのはわかってました(´¬`) それにしても【ハム工房シグびらとり】の商品はお財布に優しくて好きだなぁ。

c0378174_14223785.jpg
マグロキムチ 400円。

松前町】ブースで購入したマグロのキムチ。先に言っておきますがコレめちゃめちゃ美味しい! 酒の肴に最適な一品(´¬`) ちなみに、松前産の本まぐろを惜しげもなく使用しているらしい。


c0378174_14224985.jpg
サフォークラム串 150円。
豚串 150円。

士別市】ブースで購入した串焼き。サフォーク羊は非常に貴重でなかなか食べる機会がないんですが、このイベントだと1本150円という低価格で食べる事ができます。もちろんウメェ!! 羊、豚、共に士別産なのはいうまでもない。


c0378174_14225981.jpg
焼き灯台ツブ(2個) 250円。
鍛高ラムネ(青) 150円。

白糠町】の【道の駅 しらぬか恋問】ブースで購入したツブとラムネ。香ばしい醤油の匂いと、ツブ独特の食感と味がたまらない。見つければ高確率で購入するヤツです。鍛高ラムネ(青)は初飲ですっきり爽快系の味。


c0378174_14230707.jpg
そしてなんと! 【白糠町】ブースの前には「4代目爆食女王」の「アンジェラ佐藤」様がッ!Σ(ΦДΦ;) これは嬉しいサプライズ。イベントのゲストではなく【白糠町】のPR大使として来ていたらしい。写真撮影も快く応じてくれましたよ(=ω=)


c0378174_14231992.jpg
そしてこの子は【苫前町】のご当地キャラクター「くまだとまお」くん。ヒグマがモチーフで、青い帽子には風のまち苫前の風車と特産品が付いている。可愛い外見とは裏腹にあざといキャラクターなんだそうw 以前【羽幌町】で開催された【第8回 はぼろ甘エビまつり】でも見てますねぇ。

いや~【サッポロビール☆道産子感謝Day】は本当良いイベントです。ビールは安いし道内各地の美味しいものがリーズナブルな価格で堪能できるし。来年も参加したいけど今度は【恵庭市】か【上富良野町】の会場に行ってみたい。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-08-26 18:00 | 札幌市 東区 | Comments(0)

第50回 北海へそ祭り/富良野市

2018年7月28日()



今回も知人のMEG BEAMさんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


c0378174_11364700.jpg
中富良野町】の【彩香の里】で絶景とシーツを堪能したMEG BEAMさんが次に向かったのは、【富良野市】で毎年7月に開催されている【第50回 北海へそ祭り】の会場。初参加だったようです。



c0378174_11365463.jpg
北海へそ祭り】は、【北海道】の中心「北海道中心標」の石碑もあり「北海道のへそ」とも言われる【富良野市】の【JR富良野駅】前にある商店街で、毎年7月下旬に開催される市を代表する祭りのひとつ。メインイベントは、お腹に図腹(ずばら)と呼ばれる顔を描いて踊る「へそ踊り」。お腹をくねらせながら踊り歩く姿は観客たちの笑いを誘います。また、グルメも充実しており、楽しく美味しい超人気イベントなんです(´ω`)


c0378174_11370241.jpg
独尊カレーおやき 300円。

市内にある超絶人気カレー店の【唯我独尊】ブースで購入したカレーの入った珍しいおやき。こだわりの本格カレースパイスが効いていて辛さとコクのバランスが良くクセになる美味しさで、おやきの生地と絶妙に合うんだとか。まぁ、元々【唯我独尊】の味を知ってるMEG BEAMさんだからこそのチョイスなんでしょうねぇ。

MEG BEAMさん貴重な食ネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m


※記事 モコ平


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-08-25 18:00 | 上川地方 | Comments(2)

彩香の里/中富良野町

2018年7月28日()



今回は知人のMEG BEAMさんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


c0378174_11090578.jpg
この日のMEG BEAMさんが向かったのは【中富良野町】の「丘町エリア」にある【彩香の里】。初訪問だったようです。


彩香の里】は「富良野盆地」と「十勝岳連峰」を望むラベンダー園。【中富良野町】にあるラベンダー園の中でも、【富良野市】寄りの小高い丘、南西側丘陵に位置するこのラベンダー園は、6ヘクタールもあるその広大さとラベンダーの種類の豊富さがお勧めポイント。「ラベンダー」以外にも、「クレオメ」や「サルビア」、「バーヘナ」「キンギョソウ」「ひまわり」など数種類の彩と香りを楽しむことができる。また、苗木・生花・オリジナル商品の販売や、敷地内にあるカフェレストラン【キッチン SKY】でスイーツなど【北海道】の食材を使用したグルメを食べることができる。道内外から大勢の観光客が訪れる人気の観光スポットなんです(´ω`)


c0378174_11091462.jpg
ラベンダーソフト ???円。

富良野地方の特産品(花)といえばラベンダー。ってことで注文したのは名物のラベンダー味のソフトクリーム。濃厚なのにさっぱりとした味わいでラベンダーの香りがたまらない一品。ラベンダーの香が苦手な人でもこれなら美味しくいただけるとのこと(´¬`)


MEG BEAMさん貴重な食ネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m


※記事 モコ平



彩香の里
●住所 北海道空知郡中富良野町字中富良野西1線北12号
●電話 0167-56-7441
●営業時間 8:00~17:00(6月~9月)
●定休日 冬季休業
●駐車場 有り(180台)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-08-24 18:00 | 上川地方 | Comments(0)

粋な北海道炉端 あいよ/札幌市 中央区

2018年8月17日(金)



c0378174_18084983.jpg
海鮮居酒屋 なむら 本店】で軽く飲み食いした後は、同じく【中央区】の「南2条エリア」にある【粋な北海道炉端あいよ 大通店】に行ってきました。初訪問になります。

粋な北海道炉端 あいよ】は、炉端焼きをはじめ、鮮度抜群のいくらを「これでもか!」というほどにかけた「鮭といくらのぶっかけ釜めし」や厳選素材をふんだんに盛り付けた「大漁刺身盛り」など北海道新鮮素材をリーズナブルに楽しめる居酒屋チェーン。生ビール&地酒込の120分飲み放題もクーポン利用で980円と破格なのも嬉しいポイント。また、全席半個室のテーブル席なので、周りを気にすることなく、プライベート空間でゆっくりできるのも魅力。現在市内各地にどんどん新店がオープンしている人気の居酒屋なんです(´ω`)


c0378174_18085923.jpg
飲み放題(120分) 1580円。
お通し ???円。

飲み放題はクーポン提示忘れで通常価格。ビールは1軒目の【海鮮居酒屋 なむら 本店】同様サッポロクラシック。しっかしこの価格の差はいったいなんなんだろう…。お通しは明太子とたくあんの和え物。これは美味しい。


c0378174_18091096.jpg
鹿肉のタタキ 780円。

料理長イチオシ!という鹿肉のタタキをオーダー。臭みは全くなく肉厚でウマイ。塩も良いけどオリジナルのタレで食べるのが◎


c0378174_18092131.jpg
北あかりのポテトフライ 480円。

メニュー表の写真と違いカタチは酷いですが味は本物。美味しかったのでもう1回これを注文するというね(´¬`)


c0378174_18094583.jpg
月見つくね(1本) 170円。

自家製だというつくねはジューシィでなかなか美味しい。それにしても卵黄が3本で1個というのはいかがなものか。あと、焼き加減がバラバラなのもww


c0378174_18092943.jpg
イカゲソ唐揚げ 480円。

安心安定定番系の酒の肴。一味マヨで美味しさ倍増。


c0378174_18093846.jpg
十勝産長芋とろろ鉄板焼 580円。

長芋のとろろと鉄板で焼き上げたもの。ふわふわとろとろ部分と香ばしいおこげの部分が楽しめるのが特徴。これは良いモンです(´¬`)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



粋な北海道炉端あいよ 大通店
●住所 北海道札幌市中央区南2条西5
●電話 050-5593-0697
●営業時間 17:00~翌5:00(月~土) 17:00~翌0:00(日曜・祝日)
●定休日 無休
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-08-23 18:00 | 札幌市 中央区 | Comments(0)

海鮮居酒屋 なむら/札幌市 中央区

2018年8月17日(金)



c0378174_16215831.jpg
中華居酒屋 香香厨房 PASEO店】でランチした日の夜は、【中央区】の「すすきのエリア」にある【海鮮居酒屋 なむら 本店】で飲み会でした。初訪問になります。



c0378174_16220697.jpg
下鉄南北線 すすきの駅】、【下鉄東豊線 豊水すすきの駅】共に徒歩2分という好立地条件にある【海鮮居酒屋 なむら】。旬の最高級の食材にこだわり、素材の良さを最大限に引き出した懐石料理を提供。宴会・会食・接待にも最適な完全個室は、2名~26名迄 全5室を用意。静かでおちついた環境の中、美味しい料理とお酒を楽しめる大人の高級居酒屋なんです(´ω`)


c0378174_11365985.jpg
ビール(中) 700円。
お通し ???円。

ビールの銘柄は道産麦芽100%使用でお馴染みのサッポロクラシック。お通しはホッキの和え物、鱒の切込み、海老の塩茹での3種。どれもこれも美味しくビールが進みます。


c0378174_16222097.jpg
北海道産 本日の煮付け 1000円。

店員さんに今日の魚は何ですか?と尋ねたらソイという事だったので注文した煮付け。身はふわふわで柔らかく煮加減が絶妙。普段あんま煮付けとか頼まないけどこれはマジで美味しかった(´¬`)


c0378174_16222810.jpg
もち豚ロース岩塩焼き 1100円。

しっかりと火が通っているのにその名の通り柔らかく、身の旨味と脂の甘味がたまらない。岩塩、タレ、柚子胡椒の3種のどれかを付けてたべるんですが、どれを選んでもハズレなし。オリジナルの柚子胡椒は今までに食べた事のないレベルの辛さ!


c0378174_16223682.jpg
鰯の梅肉揚げ 800円。

鰯を開き大葉と梅肉を巻いて揚げた手間暇かかる料理。梅肉の酸味で鰯の魚臭さが抑えられ、大葉の香も手伝ってかなり美味しい。ちなみに、この画像は2人前なのでこの量で1600円になります(´Д`;)


このお店はこの日の飲み会の幹事が見つけてきたんですが、ちょっと我々には敷居が高いというか高級過ぎるというか。料理も美味しいし雰囲気も凄く良いので再訪問したいけど、もっと出世しないとダメだなぁww


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



海鮮居酒屋 なむら 本店
●住所 北海道札幌市中央区南5条西3 N・グランデビル1F
●電話 050-3491-4217
●営業時間 17:30~23:30
●定休日 日曜・その他
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-08-22 18:00 | 札幌市 中央区 | Comments(0)

中華居酒屋 香香厨房/札幌市 北区

2018年8月17日(金)



c0378174_14343464.jpg
この日は【札幌市】【北区】の【札幌 パセオ】内にある【中華居酒屋 香香厨房 PASEO店】でランチしてきました。初訪問になります。


中華居酒屋 香香厨房】は、【JR札幌駅】で本格中華をリーズナブルに楽しめる中華居酒屋。仕事帰りの一杯や宴会といった用途に合わせて利用できる。店で手作りする名物の餃子はリーズナブルでビールのつまみにピッタリ。麻婆豆腐や海老チリ、油淋鶏などの定番も豊富なラインナップ。また、ランチメニューも好評で、昼夜問わず人気の中華居酒屋なんです(´ω`)


c0378174_14353540.jpg
海老と卵のチリソース定食 800円。

お店人気No.1の海老と卵のチリソース定食。ふわふわの卵とプリプリの海老がチリソースと炒められることにより最高峰の美味しさに。ご飯と合わないワケがない。ザーサイと春巻きも普通にウマイ。中華スープがまた良い味してるんです。


c0378174_14350460.jpg
鶏肉の塩レモン炒め定食 750円。

日替わりメニュー「本日の定食」の中から鶏肉の塩レモン炒め定食をオーダー。旨味の強い鶏肉にサッパリとした塩レモンの味が超ベストマッチ! クドくないのでスピーディにご飯が進むヤツです。これは美味しい(´¬`)


昼時だったので店内は混んでたけど、料理の提供が早いので、自ずとお客の回転率が上がる。味も接客も申し分なかったので次回訪問時は夜の居酒屋営業のときかな。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



中華居酒屋 香香厨房 PASEO店
●住所 北海道札幌市北区北6条西2 パセオイースト1F(JR高架下)
●電話 011-213-5571
●営業時間 11:00~15:00 17:00~23:00(月~木・土) 17:00~24:00(金・祝前) 17:00~22:30(日・祝)
●定休日 無休
●駐車場 有り(契約パーキング)


ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-08-21 18:00 | 札幌市 北区 | Comments(0)

旨らーめん おっぺしゃん/札幌市 東区

2018年8月16日(木)



c0378174_13234764.jpg
この日は【札幌市】【東区】の「北14条エリア」にある【旨らーめん おっぺしゃん 北14条光星店】に行ってきました。初訪問だったのですがプログにUPするのは2度目です。

宮城県】に本店がある【旨らーめん おっぺしゃん】は「熊本ラーメン」の専門店。気になる店名は熊本弁で「決してべっぴんではないが気立てのよい人気者」という意味。見栄や格好にとらわれず流行に流されず本当に旨いもんを作りたい。楽しんでいただきたい。という想いからこの店名にしたんだとか。自慢のラーメンをはじめ、野菜やごはんに至るまで旨いものが食べられる、家族連れや学生、社会人などでいつでも賑わってるラーメン店なんです(´ω`)


c0378174_13235956.jpg
c0378174_13241025.jpg
おっぺしゃんらーめん 780円。

創業以来変わらぬ味を貫き通している不動の看板メニュー。豚骨を一昼夜煮出して、搾りだした濃厚スープと、じっくりローストして香りを閉じ込めた黒マー油(焦がしニンニク油)のスープが、無添加の自家製シコシコ細麺にからまり、濃厚な中にほんのり小麦が香る美味しいラーメン。ちょっとビックリしたのが煮卵の味。言い過ぎかもしれないけど、今まで食べた煮卵の中で最高ランクに属するほどの美味しさ(´¬`) お持ち帰りとかやってないのかな?


c0378174_13242485.jpg
魚介醤油豚骨らーめん 880円。
バラ先チャーシュー 320円。

魚介の旨味と醤油のコクが自慢の豚骨スープにプラスされたラーメンにバラ先チャーシューをトッピング。魚介の旨味が強く全体的に味は濃いめ。というかめちゃめちゃ濃い味なのでニガテな人はスープ割りを頼むと良いかも。


チェーン店なので正直どうかな?と思っていたけど想像以上に美味しく満足のいくラーメン屋でした。平日のランチタイムはライスも無料なのでラーメンライス好きにはたまらないかも。再訪問決定。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



旨らーめん おっぺしゃん 北14条光星店
●住所 北海道札幌市東区北14条東6丁目1-17
●電話 011-742-4440
●営業時間 11:00~24:00
●定休日 無休
●駐車場 有り(共同駐車場80台)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-08-20 18:00 | 札幌市 東区 | Comments(0)

ジェラート 札幌 果林樹/札幌市 南区

2018年7月19日(木)



c0378174_17104346.jpg
滝野すずらん丘陵公園】の滝でもっつりマイナスイオンを浴びてきた後は、同じく【南区】の「石山東エリア」にある【ジェラート 札幌 果林樹】へ行ってきました。もう何度も行ってますがブログにUPするのは初になります。



c0378174_17105188.jpg
1997年7月にオープンした【ジェラート 札幌 果林樹】は、併設する【地酒 仙丸】という酒屋さんが経営しているジェラートの専門店。道産の牛乳と旬のフルーツを使用した季節限定メニューや、母体の酒屋ならではのお酒入りのジェラートなど100種類以上あるメニューの中から日替わりで店頭に並ぶ。【北海道】のTV番組で「美味しいアイスの店」視聴者人気投票でNo.1にもなったことのある超人気店なんです(´ω`)


c0378174_17105927.jpg
シングルコーン(マンゴーヨーグルト) 380円。

こんなマンゴー系のアイス食べた事ない!ってぐらいマンゴー感が強いジェラート。というか、冷たいマンゴーを食べているような。それでいてヨーグルトの風味もちゃんとという。さすがというかなんというか、やっぱり【果林樹】のジェラートは美味しい!(´¬`)


c0378174_17110790.jpg
シングルカップ(スペシャル生チョコ) 300円。

見た目は何の変哲もない普通のチョコアイスですが、ひとくち食べてそのスペシャリティー度がわかります。生チョコ特融の食感と味がそのままジェラートに。この美味しさたまらない!


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



ジェラート 札幌 果林樹
●住所 北海道札幌市南区石山東5丁目8-26
●電話 011-592-5151
●営業時間 10:00~19:00
●定休日 月曜
●駐車場 有り



前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く
別ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く playback



[PR]
# by mocohe23 | 2018-08-19 18:00 | 札幌市 南区 | Comments(0)

滝野すずらん丘陵公園/札幌市 南区

2018年7月19日(木)



c0378174_15043591.jpg
サンドイッチ工房 サンドリア】でサンドイッチを購入した後は、【南区】の「滝野エリア」にある【滝野すずらん丘陵公園】へ行ってきました。もう何度も行ってますがブログにUPするのは初になります。



c0378174_15040258.jpg
c0378174_15045382.jpg
c0378174_15044460.jpg
北海道】で唯一の国が運営している【滝野すずらん丘陵公園】。滝野という地名の由来となった「アシリベツの滝」を含む敷地は400haと広大。中心ゾーン・渓流ゾーン・滝野の森ゾーン(東エリア・西エリア)の4つに分かれ、それぞれに違う楽しみ方ができる。共通しているのは豊かな自然。中心ゾーンでは美しく整備されたガーデンが、渓流ゾーンでは滝や川が、森では山野草が出迎えてくれる。一度は見てみたいのが、「アシリベツの滝」にかかる虹。10月、開園直後のほんの一時だけしか見られない。大人から子供まで幅広い層に支持されている超人気の公園なんです(´ω`)


c0378174_15042337.jpg
c0378174_15041265.jpg
「アシリベツの滝」

子供の頃、ここで蜂に頭を刺され、ずっと川の水に頭を付け刺されたところを冷やしてたという苦い思い出が蘇る(´Д`;) まぁ、昔の話ですがw 久しぶりに来たけど、やっぱキレイだねぇ。


c0378174_15050545.jpg
c0378174_15052843.jpg
「鱒見の滝」

こっちは「アシリベツの滝」と違い滝のスグ近くまで近寄れます。なんなら滝にうたれる事も可能。この日は非常に暑い日だったんですが、さすが滝の水は冷たく、川に足を入れたら痛いほど冷たくてとても滝の近くまでは行けませんでした。


c0378174_15051733.jpg
サンドイッチ工房 サンドリア】でGETしてきたサンドイッチと、近所のスーパーで買ってきたサラダとノンアルコールビールを大自然の中でいただきます。サンドイッチは当然どれもこれも美味しいのですが、ピクニック効果が発動し、更に美味しく感じます(´¬`)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



滝野すずらん丘陵公園
●住所 北海道札幌市南区滝野247
●電話 011-592-3333(総合案内)
●営業時間 9:00~17:00(季節によって変動)
●休園日 4月1日~4月19日、11月11日~12月22日
●駐車場 有り



前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く
別ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く playback



[PR]
# by mocohe23 | 2018-08-18 18:00 | 札幌市 南区 | Comments(2)

サンドイッチ工房 Sandria/札幌市 中央区

2018年7月19日(木)



c0378174_13125101.jpg
この日は【札幌市】【中央区】の「東屯田通りエリア」にある【サンドイッチ工房 サンドリア】へ行ってきました。4度目の訪問になります。

1978年8月にオープンした【サンドイッチ工房 サンドリア】は、その名の通りサンドイッチの専門店。取り扱っているサンドイッチの種類が豊富、かつボリューミィでリーズナブルなのが特徴。更に市内でも珍しい24時間営業なのも嬉しいポイント。いつ行っても混雑している超人気サンドイッチ専門店なんです(´ω`) 2018年に老朽化した店舗のスグ隣に移転しました。


c0378174_13125808.jpg
フィッシュ 220円。

丁寧に揚げた白身魚のフライとキャベツの千切りのサンドイッチ。オリジナルのタルタルソースが白身魚のフライとキャベツの美味しさを底上げします。


フルーツ 220円。

数種類の果物とホイップクリームがサンドされた人気No.3のフルーツサンド。スイーツ感覚でいただける美味しいヤツです。


ダブルエッグ 220円。

サンドイッチ工房 サンドリア】といえばやっぱコレ! お店人気No.1のダブルエッグですよねぇ。味とボリューム、そして価格とどれをとっても大満足の一品。オリジナルのたまごサラダが超ウマイ!(´¬`)


看板が変わったかなぁ?と思いきや店ごとスグ隣に移転してたんですね。店の中に入っても気が付かなかったw それにしても相変わらず凄い人気。次から次へとお客さんが来るから優柔不断な自分はゆっくり商品を選んでられないw


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



サンドイッチ工房 Sandria
●住所 北海道札幌市中央区南8条西9丁目758-14
●電話 011-512-5993
●営業時間 24時間営業
●定休日 12月31日~1月2日
●駐車場 無し



前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く
別ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く playback



[PR]
# by mocohe23 | 2018-08-17 18:00 | 札幌市 中央区 | Comments(2)

伏古の酒場笑平/札幌市 東区

2018年8月9日(木)



c0378174_10285946.jpg
この日の夜は【札幌市】【東区】の「伏古エリア」にある【伏古の酒場笑平】へ行ってきました。4度目の訪問になります。

c0378174_10293208.jpg
伏古の酒場笑平】は、素材にこだわり、毎日独自のルートで仕入れる海鮮が自慢の居酒屋。備長炭で焼き上げる焼き鳥や地鶏鍋がリーズナブルに楽しめる地元に根付いた人気居酒屋なんです(´ω`)


c0378174_10313029.jpg
飲み放題Cプラン 1250円。
お通し ???円。

ビールや発泡酒の含まれてない飲み放題のCプランをチョイス。なので前回同様緑茶ハイスタート。お通しはもやしのナムル。美味しいんだけどパワー不足感は否めない。


c0378174_11072848.jpg
レバー串(1本) 150円。

まずは、いつものレバー串を塩でオーダー。独特の食感と全く臭みのない食べやすいレバー。


c0378174_11042159.jpg
本まぐろ刺し 560円。

【伏古の酒場笑平】の名物で数が限られてる限定メニュー。独自のルートから取り寄せてるらしく、安値なのに新鮮で美味しい。わりと早い時間に入店したので食べられてラッキーでした(´¬`)


c0378174_11054604.jpg
とり精 150円。

こだわりの知床鶏を使用したとり精串は大ぶりで旨味が強くジューシィ。


c0378174_11051543.jpg
にんにくの芽の天ぷら 260円。

本日のおすすめメニューからにんにくの芽の天ぷらをチョイス。揚げたての天ぷらは熱々さくさく、素材の美味しさを十分に引き出した一品。このハイレベルの天ぷらが260円という価格に驚きを隠せない。


c0378174_11063275.jpg
赤ウインナー串 90円。

これはもう見たまんまの味わい。安心安定の美味しい串焼きです。


c0378174_11045482.jpg
かみにそ豆腐 360円。

かみにそ豆腐って初めて食べたんですが、かにみその味が濃くめちゃめちゃ美味しかった。これは次回訪問時も注文するメニューに決定(´¬`)


c0378174_11071636.jpg
せせり 130円。
ポンポチ 130円。

せせりはとり精同様に知床鶏を使用しており非常にジューシィで美味い。ポンポチは大ぶりで脂はしつこくなく食べやすい一品。相変わらず串焼きのレベルが高い。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



伏古の酒場笑平
●住所 北海道札幌市東区伏古4条3丁目4-30
●電話 011-786-5850
●営業時間 17:00~翌1:00
●定休日 年末年始
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く
別ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く playback



[PR]
# by mocohe23 | 2018-08-16 18:00 | 札幌市 東区 | Comments(0)

阿寒湖のお土産




今回は知人の車中Hikerさんが道東の【阿寒湖】へ行ったときお土産として買ってきてくれたものをUPさせて頂きます。m(_ _ )m


c0378174_15553056.jpg
いただいたのは【フジタ企画】という会社の「まりもの里」というお菓子。【阿寒湖】の名物である「まりも」がモチーフのチョコサンドクッキーです。


c0378174_15553831.jpg
クッキーというよりはウエハース的な焼き菓子で、まりもの色に見立てた緑色のクリームがサンドされています。抹茶味ではなくホワイトチョコレート系の味。クセがなくて美味しい(´¬`)


うーむ、【阿寒湖】なんて子供の頃親に連れてってもらったとき以来行ってない。行きたいなー。まぁ、何にしても車中Hikerさん阿寒湖土産ありがとうございましたm(_ _ )m


※記事 モコ平


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く
別ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く playback



[PR]
# by mocohe23 | 2018-08-15 18:00 | いただき物 | Comments(0)

蕎麦鳥/札幌市 北区

2018年7月20日(金)



c0378174_14413214.jpg
炭火居酒屋 炎 北24条店】で飲み食いした後は、同じく【北区】の「北24条エリア」にある【蕎麦鳥 北24条店】へと移動。初訪問になります。



蕎麦鳥(ソバチョウ)】は、その名の通り「そば」と「焼き鳥」を扱うハイブリット居酒屋。そばは本格的なものから変わり種そばまで種類が豊富。毎日手刺しの焼鳥と札幌の名物を目指した「札幌みそ焼鳥」のような市内では珍しい味噌味の焼き鳥などがある。週末は朝方まで営業しているので、始発待ちの飲兵衛には非常に有難い。価格が全体的にリーズナブルなのも庶民には嬉しいところ。総じてポイントの高い居酒屋なんです(´ω`)


c0378174_14413969.jpg
飲み放題(90分) 750円。
お通し ???円。

1杯目はサッポロ麦とホップ(樽生)をオーダー。飲み放題に生ビールを付けると+230円の合計980円になります。お通しは手作り感満載のポテトサラダ。太いソーセージが入っているのが好印象。


c0378174_14414632.jpg
c0378174_14415302.jpg
濃厚とり蕎麦(赤) 680円。

普通のそばにしようかどうか散々迷った挙句、店員さんオススメの濃厚とり蕎麦(赤)をオーダー。どんなものかっていうと、濃厚で旨味の強い鶏白湯スープにそばが入った新感覚なラーメン的そばって感じですかねぇ。さすがオススメしてくるだけあってウマイ!(´¬`)


c0378174_14420171.jpg
茄子揚出し 380円。

本日のおすすめメニューの中からナスの揚げ出しをチョイス。濃厚とり蕎麦(赤)のようなアグレッシブなタイプではなく、教科書通りタイプで安心安定の味。こーいうのがまた良いんですよ。


うーむ、2軒目だったのであまり種類食べれなかったけど非常に料理が美味しかったので再訪問確定です。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



蕎麦鳥 北24条店
●住所 北海道札幌市北区北24条西4丁目3-6 シェーベル24 1F
●電話 050-5593-4329
●営業時間 18:00~翌3:00(月~木) 18:00~翌5:00(金土)
●定休日 日曜・祝日
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く
別ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く playback



[PR]
# by mocohe23 | 2018-08-14 18:00 | 札幌市 北区 | Comments(0)

炭火居酒屋 炎/札幌市 北区

2018年7月20日(金)



c0378174_12292324.jpg
この日は【札幌市】【北区】の「北24条エリア」にある【炭火居酒屋 炎 北24条店】へ飲みに行ってきました。2度目の訪問になります。

食材と美味しさにこだわった飲食店を展開している【伸和ホールディングス】の居酒屋チェーン店【炭火居酒屋 炎】。生つくねがウリで、道内契約養鶏所にて、つくねに合う若鳥を育ているほどのこだわりっぷり。もちろんつくね以外にもチカラを入れており、どれを食べてもハズレがない。通常メニュー、飲み放題共にリーズナブルで、週末にもなると大勢のお客でにぎわう人気居酒屋なんです(´ω`)


c0378174_12293153.jpg
飲み放題(120分) 980円。
お通し ???円。

飲み放題はプレミアムモルツ込みで驚愕の980円。ビール好きにはたまりません。いつもポテサラ率の高いお通しがこの日はチャーシューでした。


c0378174_12294129.jpg
生つくね(1本) 100円。

炭火居酒屋 炎】の代表作である生つくねはぷりっぷりでジューシィ。他の焼き鳥店とはひとあじ違います(´¬`)


c0378174_12294874.jpg
とり皮ポン酢 390円。

パリパリに揚げられたとり皮にポン酢がかけられた酒の肴。本当は柔らかいのを想像してたんですが、全く真逆のもので驚きましたw まぁ、これはこれで美味しいんですけどね。


c0378174_12300104.jpg
赤もつ串(1本) 90円。
鶏レバー串(1本) 140円。

この店で初めて食べたとき衝撃を受け、それ以来何処の【炭火居酒屋 炎】に行っても必ず注文するようになった赤もつ串。問答無用に美味しい串焼きです。鶏レバー串は定番中の定番。どちらも甲乙つけがたい美味しさ(´¬`)


c0378174_12301098.jpg
チーズつくね(1本) 120円。
おろしニンニクつくね(1本) 150円。

チーズつくねは安心安定。おろしニンニクつくねは初食だったけど、大根おろしとニンニクって合うんですね。これはアリ!


c0378174_12301930.jpg
牛すじポン酢 290円。

とり皮ポン酢がイメージと違ったので牛すじポン酢なら間違いないだろうと注文。ぷるぷる濃厚コラーゲンが良い感じ。


c0378174_12325427.jpg
豚ねぎ串(1本) 140円。
牛タン串(1本) 290円。

豚ねぎ串に使われてるバラ肉は甘味があり青ネギ効果でさっぱりいただけます。牛タン串はコリコリの食感と旨味が同時に楽しめる。ウメェ!(´¬`)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



炭火居酒屋 炎 北24条店
●住所 北海道札幌市北区北24条西5丁目1-1
●電話 011-758-4129
●営業時間 15:00~翌1:00(月~木日祝) 15:00~翌3:00(金土祝前)
●定休日 無休
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く
別ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く playback



[PR]
# by mocohe23 | 2018-08-13 18:00 | 札幌市 北区 | Comments(0)

kitchen FARM YARD/由仁町

2018年6月21日(木)



今回は知人のMEG BEAMさんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


c0378174_15114564.jpg
この日のMEG BEAMさんが向かったのは【由仁町】の「西三川エリア」にある【キッチン ファームヤード】。


ファーム大塚】の農場直営レストランとして1999年にオープンした【キッチン ファームヤード】。直営農場で収穫された新鮮な野菜やハーブを使った季節ごとに変化する、その季節にしか食べることのできない大地の恵みがぎっしりつまったメニューがたくさん。 人気は「スープスパイス」と呼ばれるオリジナルのスープカレー。 メイン食材と十数種類もの旬の野菜が入った深い味わいが堪能できる。収穫時にしか食べることのできない看板メニューの「季節のタルト」は絶品で、タルト目的で遠方から足を運ぶファンも多い。また、農場ではブルーベリー狩り体験やドッグランもあるので老若男女犬問わず楽しめる人気のファームレストランなんです(´ω`)


c0378174_15115739.jpg
季節の天ぷら(紫アスパラ) 280円。

珍しい紫アスパラを使った揚げたての熱々天ぷら。新鮮なので甘味が強くシャキシャキ食感たまらない。激ウマッ!!(´¬`) ちなみに、このときは280円だったようですが、収穫の時期やサイズにより価格が変動するそうです。


c0378174_15120928.jpg
c0378174_15121884.jpg
スープスパイス(セット) 1250円。
チーズ(トッピング) 160円。

スープカレーはチキン、辛さは中辛、トッピングはチーズ、ライスは黒米の小サイズ、サラダのドレッシングはさらさらレッドでオーダー。スリランカ産のスパイスと野菜やハーブが入ったスープカレーはコクと旨味、辛さが絶妙。すっきりしていて非常に飲みやすいんだとか。具材は、ブロッコリー、カブ、ナス、ズッキーニ、かぼちゃ、ごぼう、キャベツ、水菜、じゃがいも、にんじん、えのき、うずらの卵の12種と驚きの品数。野菜が多いので必然的にボリュームアップされるのでライスは小サイズで頼んだらしい。サラダも超新鮮だし、さらさらレッド(赤いたまねぎ)のドレッシングで血液が綺麗になった感じがするとかしないとかw まぁ、何にしても非常に美味しく満足度が高かったみたいですねぇ(´¬`)


c0378174_15122945.jpg
スープスパイス(セット) 1250円。
チーズ(トッピング) 160円。

こちらのスープカレーはポーク、中辛、チーズトッピング、鉄鍋バターライスの中サイズ、サラダのドレッシングは不明(画像無し)でオーダー。チキンとはまた違った旨味とポークの甘味が良い感じに仕上がっているんだとか。


c0378174_15123982.jpg
c0378174_15124692.jpg
c0378174_15125326.jpg
ポットティーとケーキのセット 800円。

内容は、いちごタルト、長いもシフォン、フレッシュハーブティー。一応画像は2人前です。甘酸っぱいいちごが大量に乗ったタルトは間違いなく美味しいヤツ。長いものシフォンは生地と生クリームの間に長いものクリームが塗ってあり、独特の食感と味が楽しめます。フレッシュハーブティーはその名の通りフレッシュで食後のドリンクにぴったり。


c0378174_15130091.jpg
いちご(大) 680円。

ファームヤード】で店売りしていたといういちご。タルトでいちご本体の美味しさがわかっていたのでお土産用に購入。めちゃウマ♪


実は前にもMEG BEAMさんから【キッチン ファームヤード】のネタを送ってもらった事があるんですが、保存していたPCがクラッシュしたとき、そのネタも一緒に吹き飛んでしまったんですよ。データが消去されてしまった事をMEG BEAMさんに伝えたところ、わざわざもう1度【キッチン ファームヤード】に行ってくれたんです。まぁ、再訪問したいと思ってたところだったから丁度良かったんだとか(´ω`)


MEG BEAMさん貴重な食ネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m


※記事 モコ平



kitchen FARM YARD
●住所 北海道夕張郡由仁町西三川913
●電話 0123-86-2580
●営業時間 11:00~18:00
●定休日 火曜・水曜・年末年始
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く
別ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く playback



[PR]
# by mocohe23 | 2018-08-12 18:00 | 空知地方 | Comments(2)

レストラン くじら/新十津川町

2018年6月24日()



c0378174_13273207.jpg
北竜町】の【道の駅 サンフラワー北竜】でスタンプをGETした後は、【新十津川町】の「中央エリア」にある【レストラン くじら】へ行ってきました。初訪問になります。



c0378174_13280334.jpg
c0378174_13283233.jpg
屋根の上にある大きな「くじら」が目印の【新十津川 物産館】。今から約30年ほど前、【新十津川町】で500万年以上前の化石が発見され「シントツカワクジラ」と命名されたことから、【新十津川 物産館】はクジラをモチーフに使っているんだとか。そしてその2階にあるのが【レストラン くじら】。新十津川産のお米はもちろん、とれたての美味しいアスパラを使ったアスパラ天丼や、地元たまねぎをふんだんに使ったコクのあるカレー、地元の酒蔵【金滴酒造】の味を感じてもらえる金滴酒粕ラーメン、【奈良県】【十津川村】の郷土料理でもある「めはりずし」なども取り揃えている。


c0378174_13290382.jpg
天ざるそば 800円。

そばは自分の大好きな更科系。濃いめのつゆと相性バツグン。天ぷらの内容はエビ、イカ、ナス、アスパラ、海苔、キスの6種。レストランだから正直期待してはいなかったけど、想像を遥かに超える美味しさに大満足! そばも天ぷらも専門店に引けを取らない美味しさでした(´¬`)


c0378174_13293386.jpg
冷し天ぷら笹うどん 800円。

こちらは珍しい笹が練り込まれたうどん。やはり総じてレベルが高く非常に満足のいくうどんでした。天ぷらの内容は天ざるそばと一緒。


てか、【新十津川 物産館】の隣にそばの専門店(チェーン店)があったんですが今は閉店してました。専門店の味をも凌ぐ【レストラン くじら】の美味しさに勝てなかったんでしょうかねぇ? 再訪問確定!


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



レストラン くじら
●住所 北海道樺戸郡新十津川町中央5-1 新十津川物産館2F
●電話 0125-76-3141
●営業時間 11:00~14:30(平日) 11:00~17:30(土日祝)
●定休日 月曜
●駐車場 有り



前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く
別ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く playback



[PR]
# by mocohe23 | 2018-08-11 18:00 | 空知地方 | Comments(4)

道の駅 サンフラワー北竜/北竜町

2018年6月24日()



c0378174_12273788.jpg
増毛町】の【遠藤水産 港町市場 増毛店】で買い物をした後は、【北竜町】の「板谷エリア」にある【道の駅 サンフラワー北竜】へ行ってきました。2回目の訪問ですがブログにUPするのは初になります。



国道275号沿いにある【道の駅 サンフラワー北竜】は、二頭の龍が守る門の中にそびえるオランダ風の建物というユニークな外観。この道の駅は温泉保養センターと物産販売、宿泊研修施設を兼ねた施設。 特に温泉は観光客ばかりではなく、地元はもちろん近隣市町村から温泉を楽しみにやってくるという人気ぶり。目玉はもちろん「ひまわり」で、季節には道の駅の裏手に一面のひまわり畑が見えるほか、ひまわりグッズの販売やひまわり湯、ひまわりアイスなど、さまざまな「ひまわり」を満喫することができるんです(´ω`)


道の駅スタンプラリースタンプGET!


※記事 モコ平



道の駅 サンフラワー北竜
●住所 北海道雨竜郡北竜町字板谷163番地2
●電話 0164-34-3321
●営業時間 8:00~22:00(道の駅) 9:30~22:00(温泉)
●営業時間 8:00~21:00(売店) 11:00~20:00(レストラン)
●定休日 無休
●駐車場 有り



前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く
別ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く playback



[PR]
# by mocohe23 | 2018-08-10 18:00 | 空知地方 | Comments(2)

遠藤水産 港町市場/増毛町

2018年6月24日()



c0378174_12045893.jpg
小平町】にある【道の駅 おびら鰊番屋】で軽くランチをした後は、【増毛町】の「港町エリア」にある【遠藤水産 港町市場 増毛店】へ行ってきました。3回目の訪問ですがブログに単体でUPするのは初になります。



c0378174_12050738.jpg
港町市場】は【増毛町】でも有名な【遠藤水産】の直売店。名物はな「エビ」。うまさとろける甘エビをはじめ、ボタンエビ、ましけエビ、ゴジラエビなど、豪快に量り売りをしています。その他の海産物や加工品も豊富に取り揃えており、時期にもよるが色々なものが浜値で購入できると遠方から足を運ぶ客の多い超人気店なんです(´ω`) ちなみに【札幌市】の【白石区】に【遠藤水産 港町市場 札幌店】があります。


c0378174_12051334.jpg
味付ホッケ 600円。

増毛産のほっけを使った加工品。ほっけの旨味がぎゅっと凝縮された美味しいヤツで酒の肴にピッタリ。そのまま食べても美味しいのですが、ちょっと炙ると更に美味しくなります(´¬`)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



遠藤水産 港町市場 増毛店
●住所 北海道増毛郡増毛町港町4-26
●電話 0164-53-2000
●営業時間 8:30~16:00
●定休日 火曜
●駐車場 有り



前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く
別ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く playback



[PR]
# by mocohe23 | 2018-08-09 18:00 | 留萌地方 | Comments(4)

道の駅 おびら鰊番屋/小平町

2018年6月24日()



c0378174_10524399.jpg
苫前町】の【道の駅 風W(ふわっと)とままえ】でスタンプをGETした後は、【小平町】にある【道の駅 おびら鰊番屋】へ行ってきました。初訪問になります。



c0378174_10525113.jpg
c0378174_10525891.jpg
2015年4月にオープンした【小平町】のランドマーク【道の駅 おびら鰊番屋】。特産品の販売や歴史文化保存展示ホールなどを有している「小平町観光交流センター」、日本海の海の幸が楽しめる食堂が人気の「食材供給施設」、道内屈指の重要文化財「旧花田家番屋」など、様々な施設がある。【苫前町】の【道の駅 風W(ふわっと)とままえ】同様こちらの【道の駅 おびら鰊番屋】も非常に人気の高い道の駅なんです(´ω`)


c0378174_10530568.jpg
小平バーガー 450円。

道の駅内にある【concept caffe ぷろぺら】で購入したご当地バーガー。小平産小麦ルルロッソと道産のバターや卵、牛乳を使用したバンズはふわもち食感。ハンバーグは小平の黒毛和牛100%で旨味が強くジューシィ。【内田農園】のトマトを使った程良い酸味のソースが良いアクセントに。これはウマイ!(´¬`)


c0378174_10531287.jpg
クロックムッシュ 250円。

こちらもほぼ小平産の材料で作られています。中でも地元の海で獲れたホタテを使用したクリームソースが良い感じ。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



道の駅 おびら鰊番屋
●住所 北海道留萌郡小平町字鬼鹿広富
●電話 0164-56-1828
●営業時間 9:00~18:00(12月~3月まで10:00~17:00) (観光交流センター)
●営業時間 8:00~17:00(5月~10月) 9:00~16:00(11月~4月)(レストラン)
●定休日 無休(観光交流センター) 月曜(レストラン)
●駐車場 有り



前ブログはコチラ →【貧乏なりに食べ歩く
別ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く playback



[PR]
# by mocohe23 | 2018-08-08 18:00 | 留萌地方 | Comments(0)

道の駅 風W(ふわっと)とままえ/苫前町

2018年6月24日()



c0378174_10095068.jpg
羽幌町】でグルメや温泉を堪能した次の日の最初の目的地は、【苫前町】にある【道の駅 風W(ふわっと)とままえ】でした。初訪問になります。


c0378174_10095703.jpg
c0378174_10100407.jpg
国道232号線沿いに位置する【道の駅 風W(ふわっと)とままえ】のメイン施設である「とままえ温泉ふわっと」はコンクリートの素材を活かした壁とドーム球場を思わせる白い屋根が特徴で、温泉、露天風呂、レストラン、ラウンジ、特産品売店やB&G温水プールなどさまざまな施設がある。ラウンジや露店風呂からは日本海に浮かぶ【天売島】・【焼尻島】も一望することができ、心も体もリラックスできる。隣接する夕陽ヶ丘オートキャンプ場、ホワイトビーチ、未来港公園は家族連れにはとても人気のアウトドアスポット。道内外の車中泊キャンパーから絶大な支持を得ているS級道の駅なんです(´ω`)


c0378174_10101020.jpg
無料の足湯があったので足を突っ込んでみたけど丁度良い湯加減で気持ち良かった(=ω=) 熱めと温めが同じぐらいの温度で差がなかったけどw


道の駅スタンプラリースタンプGET!


※記事 モコ平



道の駅 風W(ふわっと)とままえ
●住所 北海道苫前郡苫前町字苫前119番地1
●電話 0164-64-2810
●営業時間 7:00~22:00(道の駅) 11:30~15:00 17:00~21:00(レストラン)
●定休日 無休
●駐車場 有り



前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く
別ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く playback



[PR]
# by mocohe23 | 2018-08-07 18:00 | 留萌地方 | Comments(0)

La.frasca/羽幌町

2018年6月23日()



c0378174_15474084.jpg
道の駅 ほっと・はぼろ】で温泉を堪能した後は、同じく【羽幌町】の「南6条エリア」にあるレストラン【ラ・フラスカ】へ行ってきました。初訪問になります。



c0378174_15474950.jpg
国道232号線から若干奥まった場所にある【ラ・フラスカ】は、地元の食材にこだわったイタリアンレストラン。メニューはパスタとピザが中心だが、海老ピラフやチキンライスといったご飯ものもある。アルコールも扱っているので夜は飲み屋としても利用可能。地元民に愛される家庭的なレストランなんです(´ω`)


c0378174_15481408.jpg
ハートランドビール 450円。

厳選されたアロマホップが醸し出すおだやかな香りが、麦の旨味を引き立てて、軽やかなのど越しに。本格的な味わいで何杯でもイケちゃう良い意味で危険なビールです(=¬=)


c0378174_15475630.jpg
羽幌産甘えびソース 600円。

羽幌町】といえば甘エビなのでお店の一押しメニューだという羽幌産甘えびソース(パスタ)をオーダー。甘エビをふんだんに使用したソースはめちゃめちゃ濃厚で、ストレートに甘エビの旨味を感じれる。留萌管内産の小麦ルルロッソを使ったパスタはモチモチの弾力系で濃厚ソースとの相性が良い。こんな贅沢なパスタが600円で食べられるんだからたまりません(´¬`)


c0378174_15480799.jpg
小平産共同学舎の酒蔵サラミとポテト Pizza 700円。

こちらは今流行り(?)の薄型クリスピータイプのピザ。薄いのでボリューム感はないけどビールのおつまみとしては申し分ないヤツです。豚肉のサラミが美味しかったなぁ。


店員さんによると、【はぼろ甘エビまつり】の期間中は普段とはメニューの構成が違うらしい。まぁ、普段のメニューを知らないから全然気にならなかったけどw 何にしても甘えびを使った美味しいパスタを食べれて満足でした。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



La.frasca
●住所 北海道苫前郡羽幌町南6条4丁目1-2
●電話 0164-62-5078
●営業時間 11:00~14:00 18:00~21:00
●定休日 不定休
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く
別ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く playback



[PR]
# by mocohe23 | 2018-08-06 18:00 | 留萌地方 | Comments(0)

道の駅 ほっと・はぼろ/羽幌町

2018年6月23日()



c0378174_15413434.jpg
c0378174_15412787.jpg
第8回 はぼろ甘エビまつり】で飲み食いした後は、【道の駅 ほっと・はぼろ】へ行ってきました。初訪問になります。



c0378174_15414159.jpg
国道232号沿いに有り、通称「オロロンライン」の中継点にもなっている【道の駅 ほっと・はぼろ】。メイン施設「はぼろ温泉サンセットプラザ」は真っ白な豪華客船をイメージし、天然温泉大浴場・露天風呂・屋外プールや地元特産品を扱う物産店などの施設があり、また7階展望ラウンジからは、天売島、焼尻島など日本海が一望でき、心も体もリラックスできる。隣接する「はぼろバラ園」では、珍しい北方系バラなどが咲き誇り、「北海道海鳥センター」では、天売島の海鳥のことが全てわかる展示室や研究施設がある。「物産店」では特産品の甘エビ(地方発送)や数々のお土産品がそろい、レストラン「二島物語」では、新鮮な海の幸、山の幸を使って、和洋中と豊富なメニューが味わえる。非常に使い勝手の良い人気道の駅なんです(´ω`)


この日は気温が低く、イベント会場が若干寒かったので道の駅内の温泉で温まりました。まぁ、当然温泉の画像はないですけどw 説明文にも書いてあるけど、ホント使い勝手の良い道の駅だったので機会があれば再訪問したいです。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



道の駅 ほっと・はぼろ
●住所 北海道苫前郡羽幌町北3条1丁目
●電話 0164-62-3800
●営業時間 7:00~22:00(売店) 11:30~15:00 17:30~21:00(レストラン)
●定休日 無休
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く
別ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く playback



[PR]
# by mocohe23 | 2018-08-05 18:00 | 留萌地方 | Comments(0)