人気ブログランキング |

レストラン 羊飼いの家/士別市

2019年8月26日(月)



今回は知人のOCHIKA TEMPESTさんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせていただきますm(_ _ )m


c0378174_17395386.jpg
この日のOCHIKA TEMPESTさんが向かったのは【士別市】の「西士別エリア」にある【レストラン 羊飼いの家】。初訪問だったようです。


c0378174_17400414.jpg
レストラン 羊飼いの家】は、【羊と雲の丘】の頂上にあり、めん羊牧場と【士別市】の市街地、「天塩峠」などの眺望を楽しめるレストラン。地域ブランド羊肉である「士別サフォークラム」を使用したオリジナル料理を食べることができる。窓からは一面に広がった放牧場を見渡すこともでき、広大な景色を見ながら様々なメニューを楽しめる観光客から絶大な支持を得る人気レストランなんです(´ω`)


c0378174_17401349.jpg
士別産牛ステーキ丼 1200円。

メインの牛肉は非常に柔らかく、醤油ベースのオリジナルソースとの相性は抜群で、わしゃわしゃと御飯が進みまくる完成された丼ぶりモン(´¬`) 素揚げされた地元産の野菜たちも名脇役の枠を超え主役級の美味しさなんだとか。てか、あえてサフォーク料理を食べないところがOCHIKA TEMPESTさんクオリティーwww


OCHIKA TEMPESTさん。貴重な食ネタありがとうございましたm(_ _ )m


※記事 モコ平



レストラン 羊飼いの家
●住所 北海道士別市西士別町5351
●電話 0165-22-2991
●営業時間 11:00~19:30
●定休日 年末年始 不定休有り
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



# by mocohe23 | 2019-09-18 18:00 | 上川地方 | Comments(0)

モコ平の車中泊🚙





c0378174_10454847.jpg
みなさんこんにちは(´ω`)

今回は最近自分がハマってる「車中泊」について書いていきたいと思います。つっても、去年頃から始めたばかりだし初心者にちょっと毛が生えた程度ですが何卒最後までお付き合いいただけたら幸いですm(_ _ )m


ある日仕事中に物凄く具合が悪くなり、どーしても横になりたくなってしまいました。当時働いてたショップは狭く横になるような場所などなかったので、購入してから2年、1度もフラットにしたことのなかったハスラーの座席を倒しフラット状態にして症状が落ち着くまで仮眠を取りました。ワリと寝心地が良かったのか自分的に合ってたというか「これは…上手く利用すれば旅行先でホテル代とか浮くんじゃね?」という考えに至りました。そこからはネットで「車中泊」というものについて調べだすことになるんですが、まぁ、出るわ出るわ。自分が知らなかっただけで「車中泊」というのは思ってた以上にポピュラーだったんですね。中でも「車中泊系YouTuber」の方々の動画は凄く参考になり見ているだけでもワクワクが止まりませんでした(=ω=)


c0378174_10460010.jpg
これは1年以上前まで住んでた【美唄市】から現在住んでる【札幌市】へ戻る前日の画像。当時家で使用していた布団やクーラーボックス、ミニテーブルなどを車に積んで初車中泊をしたときのものなんですが、専用のアイテムなどなくてもなんとか車中泊ができています。まぁ、窓に張り付けるシェードがない為外からは丸見えなんですけどww


c0378174_10461327.jpg
純正のアイテムは価格が高いのでラケッジボードを作成。木の板を買ってホームセンターでカット。その後は家で色を塗りました。


c0378174_10463164.jpg
丸見えは嫌なのでシェードを購入。純正の商品ではないので作りはちゃちですが十分活躍してくれています。ちなみに、一人で車中泊をするときは運転席はそのまんま。二人でするときは全部倒します。


c0378174_10472488.jpg
c0378174_10474760.jpg
初期の頃はおつまみを買ってきて車内でただ飲み食いして寝る!って感じでした。まぁ、これがまた何とも言えず楽しいんです。秘密基地的なイメージで(´ω`)


c0378174_10480018.jpg
c0378174_10481321.jpg
そしてポータブル電源とトラベルクッカーの導入。これにより車内でできる事の幅が各段に広がりました。


c0378174_10493235.jpg
c0378174_10494546.jpg
c0378174_10484400.jpg
c0378174_10485255.jpg
c0378174_10490396.jpg
c0378174_10491233.jpg
といっても、現在はまだラーメンやカレーを作ったり食材を温めたりしているだけですが、そのうち調理器具を揃えてちゃんとした料理なども試してみたいですね(´¬`)


※記事 モコ平


前ブログはコチラ →
貧乏なりに食べ歩く



# by mocohe23 | 2019-09-14 18:00 | その他 | Comments(4)

STANDING 蕎麦&バル そばる/札幌市 北区

2019年8月28日(水)



c0378174_18091774.jpg
炭焼きイタリアン酒場 炭リッチ 道庁前北4条店】でランチした日の夜は【JR札幌駅】構内にある【STANDING 蕎麦&バル そばる JR札幌店】へ行ってきました。初訪問になります。

2015年7月にオープンした【STANDING 蕎麦&バル そばる】は、朝6:30~17:00までは蕎麦、夕方17:00~22:00まではバルと時間帯によって形態の変わる蕎麦の店。立ち食い(立ち呑み)スタイルで蕎麦もおつまみも全体的にリーズナブル。【JR札幌駅】の構内にあるので電車にのる前や降りた後にサクっと飲み食いできるのも非常に高ポイントです(´ω`)


c0378174_18092776.jpg
c0378174_18093717.jpg
せんベロセット 1000円。

ビール2杯(400円以下のドリンク全て選べる)と日替わりおつまみ2品のお得なちょい飲みセット。ビールの銘柄はアサヒスーパードライで、日替わりおつまみは枝豆と宇和島じゃこ天。特出した美味しさはないけど安心安定のおつまみを食べながらキンキンに冷えたビールを飲む満足感ったらないね(=ω=)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



STANDING 蕎麦&バル そばる JR札幌店
●住所 北海道札幌市北区北6条西3丁目 西通り北口札幌駅構内
●電話 011-211-5080
●営業時間 10:30~22:00
●定休日 無休
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



# by mocohe23 | 2019-09-04 18:00 | 札幌市 北区 | Comments(0)

炭焼きイタリアン酒場 炭リッチ/札幌市 中央区

2019年8月28日(水)



c0378174_17455758.jpg
この日のランチは【札幌市】【中央区】の「道庁エリア」にある【炭焼きイタリアン酒場 炭リッチ 道庁前北4条店】でした。ここの店舗は3年ぶり2度目の訪問となります。

c0378174_17454860.jpg
炭焼きイタリアン酒場 炭リッチ】は、数年の間にどんどん店舗数が増えてるイタリアン系居酒屋。花畑牧場のチーズや、仙鳳趾産の牡蠣など厳選した良質な食材を使用するこだわりと、名物のフォアグラステーキ串や、自家製のマルゲリータなどの豊富なメニューがウリ。もちろん格安の飲み放題も健在。また、店舗によってはランチ営業を行ってるところもあり、昼夜老若男女問わず重宝される人気居酒屋チェーンなんです(´ω`)


c0378174_17460597.jpg
牡蠣フライセット(3個) 750円。

仙鳳趾産のカキフライは揚げたてで外はサクサク、中の牡蠣は大ぶりでプリップリ。特製タルタルソースを付ける事により味の幅が広がる。うましッ! 規模は小さいけどドリンクバーがセットなのよ良いところ(=ω=)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



炭焼きイタリアン酒場 炭リッチ 道庁前北4条店
●住所 北海道札幌市中央区北4条西6 エターナルパンセ3F
●電話 050-5265-8263
●営業時間 11:30~14:30 17:00~翌1:00(月~金) 15:00~翌1:00(土日祝)
●定休日 無休
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



# by mocohe23 | 2019-09-02 18:00 | 札幌市 中央区 | Comments(2)

アサヒビール園 白石 はまなす館/札幌市 白石区

2019年7月21日()



今回も知人のMEG BEAMさんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


c0378174_19461473.jpg

富良野市】の【富良野チーズ工房】で美味しいピザとアイスを食べてきたMEG BEAMさんが次に向かったのは、【札幌市】【白石区】の「南郷エリア」にある【アサヒビール園 白石 はまなす館】。初訪問だったようです。

c0378174_19462569.jpg
札幌市】の都心から東へ6km、南郷通り沿いに位置する【アサヒビール園 白石 はまなす館】は、市内で唯一のビール工場が運営する巨大ビール園。数名の利用はもちろん、40名~500名まで人数に合わせて個室(ホール)貸切宴会が可能。通常メニューの「ジンギスカン」の他にお得なランチメニューも扱っていて、珍しい羊の骨を使用した「羊骨らーめん」なんてのあるんだとか。とにかく、冷たいビールとこだわりのジンギスカンの両方を心行くまで堪能できる人気ビール園なんです(´ω`)


c0378174_19463921.jpg

フレッシュ肩ロース(肉・野菜セット) 1580円。

「フレッシュ肩ロース」は、一頭の子羊からわずか6人前しか取れないほどの希少部位。柔らかくもちもちとした食感がクセになるほどの美味しさ(´¬`)


c0378174_19464798.jpg
昔風 ラム成吉思汗(肉・野菜セット) 1100円。

昭和初期のころの北海道ジンギスカンの味を再現したという醤油ベースの特製タレで揉んだ肉は、とても柔らかく焼き上がりが非常にジューシィ。これも間違いなく美味しいヤツでしょう。


c0378174_19465652.jpg
ビール園なのにジンギスカンだけを食ってビールを一滴も飲まないMEG BEAM夫妻はさすがです!ww それにしても美味しそーだなぁ。


MEG BEAMさん貴重な食ネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m


※記事 モコ平


アサヒビール園 白石 はまなす館
●住所 北海道札幌市白石区南郷通4丁目南1-1
●電話 050-3313-3311
●営業時間 11:30~21:30
●定休日 年末年始
●駐車場 有り(100台)


前ブログはコチラ →
貧乏なりに食べ歩く



# by mocohe23 | 2019-08-31 18:00 | 札幌市 白石区 | Comments(0)

富良野チーズ工房/富良野市

2019年7月21日()



今回は知人のMEG BEAMさんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


c0378174_19520911.jpg
この日のMEG BEAMさんが向かったのは【富良野市】の「中五区エリア」にある【富良野チーズ工房】。ブログにUPするのは3度目になります。

白樺の木々にかこまれた自然豊かな場所にある【富良野チーズ工房】は、チーズの製造室や熟成庫を見学できるのはもちろん、チーズ工房で製造したチーズ、牛乳、バターを使用した菓子類などを販売している商業施設。また、本場イタリアはナポリで修行した職人が焼きあげる本格ナポリピッツアが食べられる「ピッツア工房」も併設されている。ほかにも牛の模型での乳搾り体験やチーズの歴史コーナー、チーズ職人になれる記念撮影コーナーなどがありお子様から大人の方まで楽しめる【富良野市】の人気観光スポットなんです(´ω`)


c0378174_19521921.jpg
ふらのチーズスペシャル 1900円。

ふらのチーズ工房】で作ったワインチェダー、ホワイト、メゾンドゥピエール セピア、モッツアレラといった5種類のチーズを惜しげもなくトッピングしたスペシャリティなピザ。それぞれ個性のあるチーズを5種類も使ってるんだから味がぶつかり合うかなと思ってたら見事に調和。むしろ、この組み合わせが正解何でしょう。うましッ!(´¬`)


c0378174_19523017.jpg
できたてチーズソフトクリーム 350円。

新商品だというソフトクリームは、新鮮な「ふらの牛乳」の甘さと【ふらのチーズ工房】のチーズのコクが見事にマッチした至高の一品。クセにならないワケがない。


c0378174_19523946.jpg
ジェラート ダブル(ハスカップ&アスパラ) 400円。

北海道】らしさを重要視してハスカップとアスパラのジェラートをオーダー。ハスカップの酸味は口の中をさっぱりさせてくれ、アスパラ甘味と苦味が良い意味でちゃんとアスパラだったんだとか。良くわからんけど美味しかったってのは伝わってきたww


c0378174_19524995.jpg
富良野市】といえばラベンダーですよね。これはどこの花畑かわからないけど綺麗なのは間違いない。


MEG BEAMさん貴重な食ネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m


※記事 モコ平



富良野チーズ工房
●住所 北海道富良野市中五区
●電話 0167-23-1156
●営業時間 9:00~17:00(4月1日~10月31日) 9:00~16:00(11月1日~ 3月31日)
●定休日 年末年始
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



# by mocohe23 | 2019-08-29 18:00 | 上川地方 | Comments(0)

Sunflower(移動販売車)/三笠市

2019年5月26日()



c0378174_19290691.jpg

安平町】の【道の駅あびら D51ステーション】で軽く食べてきた後は、【三笠市】の【道の駅 三笠】駐車場に来てた移動販売車【サンフラワー】で買い食いおば。初訪問になります。

東京都】の「新大久保」より今大人気の「チーズハットグ」を仕入れ、本場韓国の味を各地で販売しているキッチンカー【サンフラワー】。本拠地は【美唄市】。各種、出店依頼を受けているとの事なので気になったイベント実行委員会の方や、道の駅関係の方は気軽に問い合わせてみてください(´ω`)


c0378174_19291586.jpg

モッツァレラコメハットグ 500円。

注文を受けてから揚げてくれるスタイル。当然揚げたて熱々を食べる事ができます。ひとくち噛むと中から油がジュワッと出てきて熱々ってよりはアチアチ。モッツァレラチーズものびることのびること。ハットグ初食だったけどこれはウマイ!(´¬`) 最下層にポークビッツ的なウインナーが入ってたのにはビックリww


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



Sunflower
●住所 北海道美唄市字美唄1065-2(本拠地)
●電話 090-3807-8212
●営業時間 出店場所・イベントによる
●定休日 不明
●駐車場 出店場所・イベントによる


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



# by mocohe23 | 2019-08-27 20:00 | 空知地方 | Comments(0)

道の駅あびら D51ステーション/安平町

2019年5月26日()



c0378174_18334043.jpg
この日は【安平町】の「追分エリア」にある【道の駅あびら D51ステーション】へ行ってきました。初訪問になります。


c0378174_18334908.jpg
2019年4月19日にオープンした【道の駅あびら D51ステーション】は、農畜産品や加工品などの特産品、地域の観光情報、歴史・文化情報等を集結させ、町内外の交流やつながりを生み出すことを基本コンセプトにしている新しい道の駅。目玉は何といっても「D51鉄道資料館」で鉄道拠点として発展した「追分地区」の歴史を展示すると共に実際に使われていた蒸気機関車「D51 320号機」や特急列車「キハ183系車両」が展示保存されている。その他、焼き立てパンを販売する「ベーカリーコーナー」や【レストランYOSHIMI】監修による復興応援企画の熟成カレーといった豊富なテイクアウトフードがある「テイクアウトコーナー」も充実。また、近隣市町の生産者も加わった約60戸で構成された生産者協議会が、朝もぎ野菜や各種加工品を販売する農産物直売所「ベジステ」も人気。オープンしてまだ日は浅いですが平日でも客足の絶えない人気道の駅なんです(´ω`)


c0378174_18342594.jpg
もくもくD51ソフト 380円。

もくもくと煙を出しながら力強く走る蒸気機関車をイメージした灰色のソフトクリーム。見た目とは違い、牛乳のコクと控えめの甘さで食べやすい。


c0378174_18343493.jpg
菜の花コロッケ 150円。

特産品のひとつである菜の花を使用したコロッケは、揚げたて熱々サクサクで美味しい。


c0378174_18344263.jpg
c0378174_18345133.jpg
すっごいししゃもだしラーメン 700円。

道の駅前に出店してた【厚真町】の【めぐみ水産】ブースで購入したラーメン。もう名前からしてわかるようにししゃもの出汁が凄いのよ! 凄いんだけど醤油ベースのスープに上手く溶け込んでて食べやすい。これはクセになるタイプのうまし!(´¬`)


c0378174_18341244.jpg
c0378174_18340350.jpg
このときはまだ「D51 320号機」や「キハ183系車両」は展示されてなかったんですよ。ちょっと来るのが早すぎたかね。まぁ、代わりにミニチュアD51の写真でも。再訪問確定!


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



道の駅あびら D51ステーション
●住所 北海道勇払郡安平町追分柏が丘49番地1
●電話 0145-29-7751
●営業時間 9:00~18:00(4月~10月) 9:00~17:00(11月~3月)
●定休日 年末年始(12/31~1/3)
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



# by mocohe23 | 2019-08-22 19:00 | 胆振地方 | Comments(2)

とんかつ和幸/札幌市 東区

2019年6月5日(水)



c0378174_16422508.jpg
この日のランチは【札幌市】【東区】にある【アリオ札幌】の1F【とんかつ和幸 アリオ札幌店】でした。初訪問になります。


昭和33年【神奈川県】【川崎市】で誕生した【とんかつ和幸】は、日本全国展開をするとんかつ専門店のパイオニア。使用する素材は国産にこだわっており、安心安定の食をモットーとする。また、とんかつ以外にも様々なカツを扱っているのも特徴。チェーン店でありながらワンランク上のとんかつが味わえると週末になれば待ち時間が発生する人気のとんかつ専門店なんです(´ω`)


c0378174_16423450.jpg
和幸御飯 850円。

とんかつ和幸】のお昼の定番メニューである「和幸御飯」をオーダー。揚げたてでサックサクの衣に包み込みこまれた甘味と旨味の濃い豚肉はジューシィで本気でうまい! これは間違いなくご飯が進むヤツです(´¬`) ご飯、みそ汁、キャベツがお替り自由なのも嬉しいポイント♪


c0378174_16424147.jpg
一口ひれかつ御飯(小) 830円。

小サイズのヒレカツは2個。まぁ、ひと口といってもひと口では食べきれないサイズなので2個でも満足できるボリューム。とゆーか、ヒレカツが柔らかすぎてウメェ!! さすがヒレ肉アッサリしてて食べやすい。


とんかつは大好きなのにとんかつ専門店ってほとんど行った事がなかったんですよ。この日も自分の中の選択肢にはなかった 【とんかつ和幸】さんですが、同行者がカツが食べたいと言い出したので入店してみることに。なんてゆーか定食屋とかで食べるとんかつとは全然違いますね。美味しすぎてさすが専門店っといった感じでした。再訪問決定ッ!


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



とんかつ和幸 アリオ札幌店
●住所 北海道札幌市東区北7条東9丁目2-20 アリオ札幌1F
●電話 011-743-9256
●営業時間 11:00~22:00
●定休日 無休
●駐車場 有り(アリオ札幌)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



# by mocohe23 | 2019-08-20 18:00 | 札幌市 東区 | Comments(2)

第18回 三笠北海盆おどり/三笠市

2019年8月15日(木)



今回は知人のOCHIKA TEMPESTさんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


c0378174_20224357.jpg
この日のOCHIKA TEMPESTさんが向かったのは、【三笠市】の「中央公園」で開催されてた【第18回 三笠北海盆おどり】。


c0378174_20225296.jpg
三笠市】は「北海盆踊り」発祥の地であり、無形文化として北海道遺産にも登録されている。毎年お盆の時期8月13日~15日までの三日間に【三笠北海盆おどり】が開催され多くの人々で賑わう。また、夜になると【納涼花火大会】も開催され会場は大賑わいに。屋台も数多く出店しており、盆踊りや花火だけでなく美味しいグルメも堪能できる。地元民はもちろん市外から足を運ぶ人多い人気のお盆イベントなんです(´ω`)


c0378174_20230005.jpg
もちもちポテト(コンソメ) 600円。

キッチンカー【もちもちポテト】ブースで購入したコンソメ味のロングフライドポテト。「もちもちポテト」はその名の通りサクっと揚がった外側ともちもちほくほくした内側の食感がたのしめる新種のフライドポテト。これはコンソメパウダーがもっつりかかったパンチのある一品。当然うまし(´¬`)


c0378174_20230930.jpg
もちもちポテト(ダブルチーズ) 700円。

同じく【もちもちポテト】ブースで購入した2種類のチーズがかかったロングフライドポテト。説明不要で美味しいヤツ。


c0378174_20231802.jpg
焼き鳥(1本) 140円。

今回出店してた飲食ブースで人気No.1だった【四季の味 くいしんぼう】ブースで1時間40分並んで購入したという焼き鳥。旨味の濃い大ぶりの鶏肉と甘目のたまねぎを使用した至高の焼き鳥なのは当然知ってるけど、1時間40分も並ぶとか【全国やきとリンピック】じゃないんだから!ww てか、本当は【道の駅みかさ】に焼き鳥を買いに行ったらしーんですが、いつもは駐車場に展開してる【四季の味 くいしんぼう】のキッチンカーがなく、お店に電話をかけたところ【第18回 三笠北海盆おどり】に出店している事を知り、会場である「中央公園」までわざわざ車で行ったらしい。そこまでして食べたかったのね。美味しいからねここの焼き鳥は(´¬`)



OCHIKA TEMPESTさん貴重な食ネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m


※記事 モコ平


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



# by mocohe23 | 2019-08-16 18:00 | 空知地方 | Comments(0)

自宅の庭でひとり昼飲み

2019年8月11日()



c0378174_18351645.jpg

この日は予定がなく天気も良かったので昼から庭でひとり飲み。好きなモノを買って準備をしてるだけでもテンションが上がります。


c0378174_18352620.jpg

野外でキンキンに冷えたビールを飲む! そしておつまみを食べる! うーむ、大した事でもなんでもないのに凄く贅沢な時間に思える
(=ω=)


c0378174_18353714.jpg

おつまみがなくなったのでテーブルの上をパスタ陣形にシフトチェンジ。今回は海老のトマトクリームってのを買ってみました。


c0378174_18354910.jpg

パスタが茹で上がったら…


c0378174_18360819.jpg

トマトクリームと絡めて完成! 絶対美味しいヤツだろコレ~なんて思っていたら酔ってて手元がくるってしまいクッカーが転倒。中に入っていたゆで汁が完成したパスタにドバッとかかってしまうとゆう惨事が…。画像じゃわかりにくいけどかなり汁々したパスタになってしまいました。当然味も薄まったのは言うまでもないわよね(´Д`;)


なにわともあれひとりでも楽しく飲めたので結果オーライ。準備楽だしまた機会があったらやろーかねぇ。まぁ、ビールさえ飲めればいいだけなんですけどねww


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平


前ブログはコチラ →
貧乏なりに食べ歩く



# by mocohe23 | 2019-08-13 19:00 | 宅飲み・宅食 | Comments(0)

第28回 YOSAKOIソーラン祭り/札幌市 中央区

2019年6月9日()



c0378174_19591161.jpg
この日は【札幌市】【中央区】の「大通公園」で開催されてた【第28回 YOSAKOIソーラン祭り】へ行ってきました。何度も来てるんですがブログにUPするのは4回目になります。

c0378174_19592099.jpg
街が新緑に染まる6月、【札幌市】の目抜き通り「大通公園」を中心とする市内各所が舞台へと変わる活気に溢れた祭りが【YOSAKOIソーラン祭り】。元々【高知県】の【よさこい祭り】をルーツに1992年、よさこい祭りの「鳴子」【北海道】の民謡「ソーラン節」をミックスして誕生したといわれています。今では初夏の風物詩として【札幌市】を代表する人気イベントのひとつなんです(´ω`)


c0378174_19592923.jpg
c0378174_19593818.jpg
ビール 550円。
いけだビーフバーガー 600円。

池田ワイン製菓】ブースで購入したハンバーガーですが実は食べるのは2度目。初回は【帯広市】で開催されてた【2017 とかちマルシェ】会場で。【池田町】が誇るブランド牛「いけだ牛」を惜しげもなく使用したパティは肉厚でジューシィ。美味しいのはわかっていたけどやっぱ超ウメェッ!!と再確認(´¬`)


c0378174_19594611.jpg
十勝のコロッケ ゆり根とインカ 300円。

木川商店】ブースで購入したコロッケ。その名の通り「ゆり根」と「インカの目覚め」を使用している。ほんのり甘くてどこか草原の味がするそんなコロッケでした。


c0378174_19595459.jpg
若鶏せせりザンギ 600円。
塩コロジンギスカン 800円。

あづま成吉思汗本舗】ブースで購入したザンギとジンギスカン。先にいっとくけどこの2品マジで美味い! 説明が下手なのでなんて書いたらいーのかわからないけど、とにかくウマイんですよ!! リピート確定だし、なんならお店のある【厚真町】へ行ってこようかなと思ってしまうレベル(=ω=)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



# by mocohe23 | 2019-08-08 18:00 | 札幌市 中央区 | Comments(2)

2019年度 ジェイコー北海道病院 夏まつり/札幌市 豊平区

2019年7月20日()



c0378174_18513016.jpg
この日は【札幌市】【豊平区】の「中の島エリア」にある【JCHO北海道病院】で開催されてた【2019年度 ジェイコー北海道病院 夏まつり】に行ってきました。初参加になります。


毎年7月に【JCHO北海道病院】の駐車場で開催される【ジェイコー北海道病院 夏まつり】は、完成度の高いライブステージや、安くて美味しいものが揃う食べ物屋台など小規模ながらに本格的なお祭り。入院患者さんをはじめ近所に住むちびっ子たちも楽しめる夏のイベントなんです(´ω`)


c0378174_18513938.jpg
ノンアルコールビール 150円。
フランクフルト 150円。

この日は別件の用事があった為車での訪問。当然アルコールの摂取はご法度なのでノンアルコールビールでお祭り気分を堪能。フランクフルトは安心安定の味。


c0378174_18514895.jpg
焼きそば 200円。

どこにでもある普通の焼きそばかと思いきや作り方にこだわりがあるという焼きそば。そのこだわりとは、粉タイプのソースをお湯で戻すというひと手間をかけることでムラなくソースが麺に絡むんだとか。うまし!(´¬`)


c0378174_18520074.jpg
ジンギスカンプレート 300円。
梅干しおにぎり 100円。

北海道】を代表するグルメといえばジンギスカンということでジンギスカンプレートをオーダーしてみました。ジンギスカンとお米の相性はバツグンなのは説明するまでもないか。全体的に画像がオレンジなのはテント内で撮影したからです(´Д`;)


c0378174_18520948.jpg
枝豆 50円。

ビールに合うおつまみランキング不動のNo.1といえばみなさんもうおわかりですよね? そう枝豆です。てか、50円ってッ!!Σ(ΦДΦ)


豊平区】のご当地キャラクターである「こりん」と「めーたん」も来てたんですが、ちびっ子たちに大人気過ぎて全然撮影チャンスが無かった。うーむ、病院や老健が主催するイベントって初参加だったのですが、これがなかなかどーして悪くないじゃないの♪


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



# by mocohe23 | 2019-08-07 19:00 | 札幌市 豊平区 | Comments(0)

庭でミニ焼き鳥パーティ

2019年7月27日()



c0378174_18420576.jpg
この日【amazon】で購入したミニBBQ台が届いたので昼から庭で焼き鳥パーティを開催。つっても、相方と二人だけのミニマム規模ですがw


c0378174_18421754.jpg
それにしても炭火を使うのは非常に久しぶり。以前使ってたBBQ台が壊れて以降、庭で焼き肉なんかやるときはガスコンロやホットプレートを使ってたんですよねぇ。やっぱ炭火は良いわ(=ω=)


c0378174_18422620.jpg
近所のスーパーで購入してきた20本入り冷凍焼き鳥のお味ははたして… うん!マズイッ! 味はダメだけど雰囲気は楽しめビールが進むこと進むこと♪ まぁ、雰囲気とか関係なく自動的にお酒は進むんですけどねwww


c0378174_18423702.jpg
相方がコンビニで買ってきたカニカマ。高級なヤツなのか本物そっくりの見た目と味でウマイ(´¬`)


c0378174_18424908.jpg
みんな大好きウインナーは安心安定の味。ただ焼いただけなのに美味しいわー。


c0378174_18425727.jpg
そしてこれは〆のパスタ。ポータブル電源とマルチクッカーでお湯を沸かしパスタを茹で、市販のトマトソースをゆで汁で温め、最後はパスタにソースをかけて完成。お手軽調理で良い感じ。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



# by mocohe23 | 2019-08-05 19:00 | 宅飲み・宅食 | Comments(0)

元気の出る居酒屋 手羽熊/札幌市 北区

2018年9月1日()



c0378174_18342268.jpg
活菜旬魚 さんかい 北24条店】で飲み食いしてきた後は、同じく「北24条エリア」にある【元気の出る居酒屋 手羽熊】へ行ってきました。イベントで利用したことはあるけど、お店は初訪問になります。


c0378174_18343543.jpg
2013年4月にオープンした【元気の出る居酒屋 手羽熊】は、その名の通り「手羽先」が自慢の居酒屋。その他、お酒と相性抜群の一品料理の種類も数多く取り扱っており、老若男女問わず誰でも楽しめるのが特徴。2018年11月【札幌手羽先 居酒屋 手羽熊】として「すすきのエリア」に移転リニューアルオープンしている。


c0378174_18344423.jpg
絶好調!!生ビール 450円。

ビールの銘柄は「サッポロ黒ラベル」。キンキンに冷えており2軒目でも絶好調に飲まさります!!


c0378174_18350589.jpg
チャンジャ 400円。

メニューにあれば高確率で注文するチャンジャ。酒の肴の絶対エース的存在。


c0378174_18345664.jpg
手羽熊盛り 1200円。

元気の出る居酒屋 手羽熊】名物の看板メニューである「手羽熊盛り」は、1本95円の「究極の手羽先(塩)」が16本セットになっていてかなりお得。外はカリッと中はジューシィ、塩加減も絶妙の絶品で究極! これはウマイ!(´¬`)


c0378174_18351484.jpg
明太厚焼き玉子 580円。

こちらもあれば注文することが多い厚焼き玉子。ふわふわの玉子焼きと明太子の相性は異常。なんでこんなに美味しいんだろう(´ω`)


訪問時が2018年の9月だったので、この2か月後には移転しちゃったんですよね。美味しくてリーズナブル、雰囲気も良かったので次回はすすきののお店に行ってみようかな。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



元気の出る居酒屋 手羽熊移転
●住所 北海道札幌市北区北25条西4丁目 第一タイガービル 1F
●電話 050-5572-4761
●営業時間 18:00~翌4:00(火~土) 18:00~24:00(日)
●定休日 月曜
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



# by mocohe23 | 2019-08-01 19:00 | 札幌市 北区 | Comments(0)

活菜旬魚 さんかい/札幌市 北区

2018年9月1日()



c0378174_19071148.jpg

この日は【札幌市】【北区】の「北24条エリア」にある【活菜旬魚 さんかい 北24条店】へ飲みに行ってきました。この店舗は初訪問になります。


c0378174_19071969.jpg

活菜旬魚 さんかい】は、三世代が楽しめる、地域密着の店づくりをコンセプトに、地元の食材や全国各地の旬の食材を使った四季折々の料理を提供する居酒屋チェーン。料理は、刺身や寿司、備長炭で焼きあげる海鮮や串焼きなどがあり、店内は、テーブル個室、掘りごたつ個室、大型団体も収容可能な大部屋など、宴会や歓送迎会、忘新年会など様々なシーンに合わせて利用ができる。週末は満席になる事も珍しくない人気居酒屋なんです(´ω`)


c0378174_19072886.jpg

飲み放題 500円。
お通し ???円。
ヘパリーゼ 300円。

生ビール付きの90分飲み放題が500円とかヤバ過ぎでしょ!Σ(ΦДΦ;) でもコレ実は土日祝で16時~17時の間に入店した客だけが受けれるサービス。まぁ、このネタは1年ぐらい前のものだし、今このイベントがやってるのかどうかわからないけど。とりあえず、めっちゃお得な飲み放題プランってのは間違いない♪ お通しは…なんだっけ忘れたww ヘパリーゼは女性店員さんにオススメされたので購入してみました相方が(=ω=)


c0378174_19074082.jpg
燻製盛り合わせ 690円。

内容は豚生ハムルイベ、合鴨スモーク、健味鶏の生ハム風タタキの3種。どれもこれも美味しく生ビールのおつまみとして最適でした(´¬`)


c0378174_19075057.jpg
豚串(1本) 180円。
ポンポチ串(1本) 180円。

海鮮系のイメージが強い【活菜旬魚 さんかい】ですが、串焼きも何種類か扱っています。ずば抜けたところはないけど、安心安定レベルで普通に美味しい。


c0378174_19080204.jpg
いかゴロルイベ 390円。

店によっては当たりハズレのあるいかゴロルイベをオーダー。当然【活菜旬魚 さんかい】のいかゴロは生臭いなんてことはなく酒の肴にピッタリ。これは飲まさるヤツだわ~(=¬=)


c0378174_19081302.jpg
手こね生つくね(1本) 180円。
チーズ生つくね(1本) 200円。
おろしポン酢つくね(1本) 200円。

つくねにはちょっとばかりうるさい我々「つくね研究会」のメンバーも満足のいく美味しさ。あっさりはしてないけどクドいワケでもなく食べやすいイメージ。


c0378174_19082214.jpg
桜肉のなめろう 790円。

馬肉のなめろうってあんま食べた事がないのでオーダーしてみました。なめろうを海苔で巻いて食べるんですが、これがまた合うんです! あっさりした馬肉と味噌、そして海苔の風味の組み合わせがマジでうめぇ!(´¬`)


久しぶりの【活菜旬魚 さんかい】でしたが、飲み放題500円にはかなりショックを受けました(良い意味で)。毎回やってたらいーなぁなんて思い別店舗にも行ってみたけどそんな事はなかったwww まぁ、料理のクオリティとCPに満足できるお店なので結構利用する事が多いです。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



活菜旬魚 さんかい 北24条店
●住所 北海道札幌市北区北23条西4-2-27 長寿庵ビル 2F
●電話 011-299-7223
●営業時間 17:00~24:00(月~木) 17:00~翌1:00(金・土・祝前) 16:00~23:00(日・祝)
●定休日 無休
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



# by mocohe23 | 2019-07-31 18:00 | 札幌市 北区 | Comments(0)

Happy Kitchen(移動販売車)/美唄市

2019年6月29日()



c0378174_18021858.jpg
この日のは【美唄市】の「進徳エリア」にある【美唄発!アンテナショップ PiPa】に来ていたイ移動販売車【ハッピーキッチン】でテイクアウトグルメを購入してみました。2度目の訪問になります。


美唄市】の「峰延エリア」に住む農家の奥様方が集まって作った【峰千加(ほうせんか)】は、地元産や道内産の野菜や果物、米や小麦を使用した加工食品などを製造・販売する主婦の会。その中の販売部門がキッチンカーを導入し令和元年5月11日(土)から本格的に移動販売をスタートさせました。現在販売しているのは餃子2種とクラムチャウダーの軽3品ですが、今後メニューを徐々に増やしていくとのこと。まだオープンしたてではありますが料理の完成度の高さから人気のキッチンカーになる事は間違いないでしょう(´ω`)


c0378174_18022911.jpg
c0378174_18024044.jpg
揚げ餃子(7個) 500円。

前回購入した餃子のようにジャンボサイズではないけど、元々完成度の高い餃子を揚げたんだから美味しくないわけがない。皮の表面はカリカリですが、内側はもっちもち。餡は野菜と肉のバランスが良くジューシィ。うまし!(´¬`)


c0378174_18025090.jpg
ハスカップクレープ 400円。

店員さんの自社の畑で採れたハスカップをおしげもなく使用したクレープ。生地&生クリームの甘さとハスカップの酸味の相性が良く、ペロリといけるタイプのヤツです。


前回オープン時は【美唄発!アンテナショップ PiPa】の敷地内だけで活動するといってましたが、現在はお隣【三笠市】の【道の駅 みかさ】や、市内のイベントなどで販売しているとの事です。見かけたら買いですよ(=ω=)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



Happy Kitchen(移動販売車)
●住所 北海道美唄市進徳町1区(アンテナショップ PiPa敷地内)
●電話 未確認
●営業時間 10:00~
●定休日 月曜~金曜
●駐車場 有り(アンテナショップ PiPa)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



# by mocohe23 | 2019-07-29 18:30 | 空知地方 | Comments(0)

Saizeriya Ristorante e Caffe/札幌市 東区

2019年6月23日()



c0378174_20151272.jpg

この日のランチは【札幌市】【東】の「苗穂エリア」にある【イオンモール札幌苗穂店】1階の【サイゼリヤ イオンモール札幌苗穂店】へ行ってきました。何度も訪問しているはずですが何故かブログにUPするのは初めてのようです。


株式会社サイゼリヤ】が運営し、全国展開している【イタリアンワイン&カフェレストラン サイゼリヤ】は、説明する必要すらないほどのメジャーな人気ファミリーレストランチェーン店。人気の秘密は他では類を見ないリーズナブルな価格設定と豊富なメニュー。【北海道】に上陸したのはここ数年と思われがちだが、実は1992年に「新札幌エリア」にひっそりとオープン。以来約20年間道内では1店舗のみだったのだが、2012年に札幌駅北口店をオープン。それ以降道内でもどんどん店舗数を増やし、今では道民からも愛される人気店となったんです(´ω`)


c0378174_20152058.jpg

グラスワイン(赤) 100円。

とりあえずのどが渇いてたのでグラスワインの赤をオーダー。100円にしては量が多くお得な気分になれます。ちなみに、銘柄は「モンテプルチャーノ」というらしい。


c0378174_20154681.jpg
ブロッコリーの彩りサラダ ビスマルク風 399円。

彩りが綺麗なブロッコリーをメインとしたサラダで、色々な野菜の味と食感が楽しめる。半熟卵を割ればまろやかに。「季節限定メニュー」です。


c0378174_20153387.jpg
ミラノ風ドリア 299円。

創業以来こだわり続ける【サイゼリヤ】人気No.1商品のドリア。ミルクのコクと風味を凝縮した後味のよいホワイトソース。量も多からず少なからず丁度良くて美味しい(´¬`)


c0378174_20155883.jpg
ハンバーグステーキ 399円。
スモールライス 119円。

数種類あるハンバーグメニューの中から1番安くてシンプルなものをチョイス。オーストラリア産の良質で安全な牛肉を100%使用したハンバーグは、肉の旨味をストレートに味わえる一品。目玉焼き付きなのも嬉しいポイント。


c0378174_20160807.jpg
フレッシュトマトのスパゲティ 499円。

旬のトマトをたっぷりと使用した「期間限定メニュー」と思われるパスタ。生の国産トマトを店舗で加熱し、食べやすくすることでフレッシュ感を高め、イタリアの限られた地域で生産されたな良質パルマ豚を使ったパンチェッタ・コッタは濃縮された旨味を担当。トドメは独特の風味と濃厚な味わいのチーズであるペコリーノ・ロマーノをすりおろしてかけることにより、完成度が高く味わい深いパスタになるというすんぽーです。うまし!(´¬`)


これだけ食べて合計金額1815円ッ! 普通に考えたら安いのは間違いないけど、【サイゼリヤ】でこの金額だと食べ過ぎなような(´Д`)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



●イタリアンワイン&カフェレストラン サイゼリヤ イオンモール札幌苗穂店
●住所 北海道札幌市東区東苗穂2条3丁目1-1 イオンモール札幌苗穂 1F
●電話 011-789-1655
●営業時間 10:00~22:00
●定休日 不定休(イオンモール札幌苗穂店に準ずる)
●駐車場 有り(イオンモール札幌苗穂店)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



# by mocohe23 | 2019-07-25 20:30 | 札幌市 東区 | Comments(0)

第48回 あかびら火まつり/赤平市

2019年7月13日()



c0378174_19095631.jpg
富良野市】の【富良野チーズ工房】でお土産用のチーズを購入した後は、【赤平市】の「赤平市コミュニティ広場」で開催されてた【第48回 あかびら火まつり】へ行ってきました。初参加になります。

c0378174_19100415.jpg
毎年7月に開催される【あかびら火まつり】は、【赤平市】最大のサマーイベント。「タイマツリレー」「ファイヤーストーム」「ズリ山の火文字点火」など「火」に関する催しは迫力満点。最終日には「市民花火大会」が開催され多くの見物客で賑わう。また、飲食ブースも非常に豊富で様々なグルメを味わえるのも魅力のひとつ。老若男女問わず誰もが熱くなる人気イベントなんです(´ω`)


c0378174_19102078.jpg
ビール 400円。
厚切りベーコン 300円。

ビールの銘柄はイベントでお世話になる事の多い「サッポロ黒ラベル」。【なかふらのラベンダーまつり&花火大会】では500円だったけど、こっちは400円でうれしみ(=ω=) 厚切りベーコンは地元の人気店【焼肉のたきもと】ブースで購入。これがなかなかベーコンとハムのハーフ的な感じで、やわらかい食感と程良い塩味が美味しい。


c0378174_19102964.jpg
豚串(1本) 130円。

同じく【焼肉のたきもと】ブースで購入した串焼き。肉自体はジューシィだったけど、味付けの塩コショウが薄くて残念(´Д`;)


c0378174_19103938.jpg
ポークカレー 500円。

富良野市】にある超絶人気カレー店【唯我独尊】ブースで購入したポークカレー。「カレールゥはスパイスが効いていて辛さとコクのバランスが良くクセになる美味しさ」と前に知人から聞いていたんですが、まさにその通りの味でうまい!(´¬`) まさかこの場所で【唯我独尊】のカレーを初食できるとは♪

この日は【なかふらのラベンダーまつり&花火大会】と【あかびら火まつり】の2イベントをハシゴしたワケだけど、どちらも初参加だったのでとても新鮮でした。そして両イベントとも楽しく美味しかったので、また機会があれば参加したいと思います。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平


前ブログはコチラ →
貧乏なりに食べ歩く



# by mocohe23 | 2019-07-20 18:00 | 空知地方 | Comments(0)

富良野チーズ工房/富良野市

2019年7月13日()



c0378174_15290481.jpg

中富良野町】で【第39回なかふらのラベンダーまつり&花火大会】を堪能してきた後は、【富良野市】の「中五区エリア」にある【富良野チーズ工房】へ行ってきました。初訪問ですがブログにUPするのは2度目になります。



c0378174_15291340.jpg
白樺の木々にかこまれた自然豊かな場所にある【富良野チーズ工房】は、チーズの製造室や熟成庫を見学できるのはもちろん、チーズ工房で製造したチーズ、牛乳、バターを使用した菓子類などを販売している商業施設。また、本場イタリアはナポリで修行した職人が焼きあげる本格ナポリピッツアが食べられる「ピッツア工房」も併設されている。ほかにも牛の模型での乳搾り体験やチーズの歴史コーナー、チーズ職人になれる記念撮影コーナーなどがありお子様から大人の方まで楽しめる【富良野市】の人気観光スポットなんです(´ω`)


c0378174_15292107.jpg

c0378174_15293189.jpg
メゾン・ドゥ・ピェール 895円。

工房の2階にある直売所でお土産用に購入したチーズ。とてもクリーミィで口当たりも良く、ほどよい塩味でビールが進む白カビタイプのチーズでした(´¬`) ちなみに、名前の由来は【富良野チーズ工房】の外観イメージである「石の館」をフランス語に訳したものなんだとか。


さすが一流の観光都市である【富良野市】にあるだけあって施設内は観光客でいっぱい。中でも「ピッツア工房」は1時間待ちだったのでピザはあきらめお土産を買って帰ることに。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



富良野チーズ工房
●住所 北海道富良野市中五区
●電話 0167-23-1156
●営業時間 9:00~17:00(4月1日~10月31日) 9:00~16:00(11月1日~ 3月31日)
●定休日 年末年始
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



# by mocohe23 | 2019-07-18 18:00 | 上川地方 | Comments(2)

第39回なかふらのラベンダーまつり&花火大会/中富良野町

2019年7月13日()




c0378174_16302256.jpg
この日は【中富良野町】の【中富良野町営ラベンダー園】で開催されてた【第39回なかふらのラベンダーまつり&花火大会】へ行ってきました。初参加になります。


c0378174_16303712.jpg
c0378174_16305767.jpg
c0378174_16310877.jpg
c0378174_16321032.jpg
c0378174_16322186.jpg
c0378174_16323025.jpg
まちのシンボル「北星山」にある【中富良野町営ラベンダー園】で毎年ラベンダー開花最盛期に開催される【なかふらのラベンダーまつり&花火大会】は、富良野地方の夏祭りオープニングを飾るイベント。キャラクターショー、バンド演奏をはじめ、【中富良野町】のグルメを味わえる飲食コーナーなども充実。また、夜の花火大会では、道内でも珍しい紫色のラベンダー花火と音楽のコラボなど多彩な仕掛け・演出が楽しめる。町内のお祭りレベルを超え、更に土地柄外国人観光客も多い人気イベントなんです(´ω`)


c0378174_16324278.jpg
ビール 500円。
魯肉飯(ルーローファン) 600円。

ビールの銘柄は安定感のある「サッポロ黒ラベル」。【中富良野町商工会議所】ブースで購入した「魯肉飯」は【台湾】の家庭料理で、豚のバラ肉をタレで煮込んだものを熱々のご飯にかけた美味しい丼物。甘いんだけど匂いはカレーという摩訶不思議アドベンチャー(´¬`)


c0378174_16325250.jpg
焼きホタテ 300円。

同じく【中富良野町商工会議所】ブースで購入したホタテ。貝殻がないので見た目はパッとしないけど、物凄く肉厚で今までで食べたホタテの中では1番美味しかったかも。ちなみに味付けは安心安定のバター醤油味。てか、この見事なホタテは何処産のヤツなんだろ?


c0378174_16330127.jpg
焼き鳥(10本) 900円。

よくある冷凍の焼き鳥ですが、炭火で焼いてるので美味しくなるマジック発動。と、思っていたら焼き過ぎで硬くなってて残念な仕上がりに(´Д`;)


c0378174_16331135.jpg
ポークワイン煮(フランスパン付き) 500円。

先に言っておきますが、これは自分がこれまでに参加したグルメ系イベント史上最も類を見ないほどハイレベルな料理とCPかと。何が良いかって、赤ワインをベースとしたオリジナルの汁に長時間かけて煮込まれた豚肉はホロホロで超絶ウマイッ! 更に、拳ぐらいある肉塊が2個も入ってるとゆうボリューミィさッ! それでいて500円とかマジでコスパが最強過ぎるッ!(=ω=) ブース名の表記がなかったのが唯一の心残り…。


c0378174_16332089.jpg
ビール(小) 500円。

滝川ビールクラフト工房】ブースで購入した「空知エール(小)」。ほんのり甘くフルーティで繊細なビールといった感じ。これはマジで美味しいんだけど小サイズで500円、中サイズで700円、大サイズで1000円とちょっとお値段がはるんですよね。


初めて参加したイベントだったけど、風景と料理にとても満足できました。夜まで滞在してなかったので花火は見てないんですよねぇ。次回参加時は夜に来るかー。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



中富良野町営ラベンダー園
●住所 北海道空知郡中富良野町本町9番1号
●電話 0167-44-2123(中富良野町役場産業建設課産業係)
●営業時間 9:00~18:00(観光リフト)
●営業期間 6月22日~8月31日(観光リフト)
●駐車場 有り(100台)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



# by mocohe23 | 2019-07-15 18:00 | 上川地方 | Comments(0)

支笏湖レイクサイドキッチン トントン/千歳市

2019年4月28日()



c0378174_18305953.jpg
支笏湖】で大自然を満喫した後は、同エリアにある【支笏湖レイクサイドキッチン トントン】へ行ってきました。初訪問になります。

支笏洞爺国立公園】の「支笏湖温泉駐車場」から徒歩3分の場所にある【支笏湖レイクサイドキッチン トントン】は、ジンギスカンやラーメンをはじめ、和食、洋食、軽食、ソフトクリーム、トウキビなど【北海道】の味覚を楽しめる食堂。中でも店主自ら釣り上げた姫マス(チップ)を使った料理(刺身や丼ぶり、塩焼きなど)は店の名物になっており、それを目当てに足を運ぶ観光客も多い。根強いファンも多い人気の食堂なんです(´ω`)


c0378174_18311144.jpg
クレミアミックス 500円。

一時期前に話題になった「クレミア」が店頭販売されていたのでバニラとチョコレートのハーフ&ハーフを購入。当然どちらの味も美味しいのですが、「ラングドシャ」と呼ばれるコーンの部分がめちゃめちゃ美味しかった。こりゃ~人気になるのもうなづけます(´¬`) てか、写真には2体の「クレミア」が写ってるけど左側はダミーですw もう手渡されたときからぐんにゃり曲がっていて、それでも写真を撮ろうと頑張っていたら店員さんが店頭に飾ってある食品サンプルを貸してくれましたww 店員さん曰く「クレミア」って異様に耐久度が低いらしいwww


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



支笏湖レイクサイドキッチン トントン
●住所 北海道千歳市支笏湖温泉外地
●電話 0123-25-4011
●営業時間 9:00~17:00(冬季は天候により変更有り)
●定休日 不定休
●駐車場 有り(支笏湖温泉駐車場)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



# by mocohe23 | 2019-07-10 19:00 | 石狩地方 | Comments(0)

支笏湖/千歳市

2019年4月28日()



c0378174_18453797.jpg
きのこ王国 大滝本店】でランチした後は、【千歳市】にある【支笏湖】へ行ってきました。ここも何度来ていることか。

c0378174_18455053.jpg
c0378174_18460184.jpg
c0378174_18461220.jpg
c0378174_18462216.jpg
千歳市】にある【支笏湖】は【支笏洞爺国立公園】に属するカルデラ湖で、長径13km、短径5kmの湖。また、日本最北の不凍湖としても知られている。周辺には【支笏湖温泉】、【丸駒温泉】、【いとう温泉】の3つの温泉がある。ボート遊びやキャンプ、スキューバダイビング、カヌーなども楽しむこともできるほか、【支笏湖湖水まつり】や【支笏湖紅葉まつり】、【千歳・支笏湖氷濤まつり】など、季節によって様々なイベントが開催される。【千歳市】が誇る人気観光スポットのひとつなんです(´ω`)


※記事 モコ平



支笏湖ビジターセンター
●住所 北海道千歳市支笏湖温泉外地
●電話 0123-25-2404
●営業時間 9:00~17:30(4月~11月) 9:30~16:30(12月~3月)
●定休日 年末年始、火曜日(12月~3月)
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く


# by mocohe23 | 2019-07-08 19:00 | 石狩地方 | Comments(0)

きのこ王国/伊達市

2019年4月28日()



c0378174_18191010.jpg

伊達市】にある【三階滝公園】でマイナスイオンを浴びてきた後は、同エリアにある【きのこ王国 大滝本店】へ行ってきました。ここはもう訪問しまくりです。



きのこ王国】は大滝村の名産品のきのこの製造販売、加工品販売などを手掛ける一方、きのこを使った料理を提供する大型商業施設。名物のきのこ汁は年間60万食を売れ行きを見せる超人気っぷり。観光バスも停車が可能な大型駐車場を備え、道の駅に匹敵する施設となっているんです(´ω`)


c0378174_18192015.jpg

きのこ汁 108円。
きのこ炊込みおにぎり 300円。

きのこ王国】を訪れるほとんどの人が注文するという「きのこ汁」は、しいたけ、しめじ、舞茸など具沢山で、まさに食べるみそ汁。きのこの出汁と旨味がたっぷり出ていてうんまい! もちろん「きのこ炊込みおにぎり」もきのこエキス全快で美味しいヤツです。この組み合わせは間違いない。


c0378174_18192934.jpg
わかさぎときのこ天ぷら盛り合わせ 500円。

いつもなら「きのこ天ぷら」を注文するんですが、今回はこんな美味しそうなコンビネーション天ぷらを見つけてしまったのでコレをオーダーしてみました。もちろんきのこは大滝産で、わかさぎは洞爺湖産なんだそーな。きのこ天の実力は知っていましたが、わかさぎ天が予想を遥かに上回る大きさで、両方合わせてかなりボリューミィでした。熱々サクサクでうましッ!(´¬`)


c0378174_18193958.jpg
冷たいきのこそば 780円。

前回訪問時にも食べているので安心しきっていたんですが、そばが生茹で芯が残っており、とてもじゃないけど食べれるよーなシロモンではなかったです。当然作り直しを要求しようとしたら、そばを注文した当事者が「このまま食べる」と言ったのでクレームなどはしませんでした。お客さんも多く忙しいのはわかるけど、コレはマジでダメなヤツだ!(`Д´)=3=3


上記の説明文に「道の駅に匹敵する施設となっているんです」なんて書いたけど、正確には「匹敵」じゃなく「凌駕」かも…。だって【きのこ王国 大滝本店】の隣にある【道の駅 フォーレスト276大滝】が休館になってたんだモンッ!Σ(ΦДΦ;) 市の公式HPによると「施設の老朽化により建て替え」なんて書いてあるけど、たぶん【きのこ王国】に食われちゃったんだろうと思う人は少なくないハズ。「平成30年3月31日まで」と記載されてた休業期間も現在は「令和3年3月31日まで」に修正されてるしねぇ。てか、【道の駅 フォーレスト276大滝】のスタンプ目的で行ったのに押せないなんて(´Д`;)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



きのこ王国 大滝本店
●住所 北海道伊達市大滝区三階滝町637-1
●電話 0142-68-6270
●営業時間 9:00~18:00
●定休日 無休
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



# by mocohe23 | 2019-07-05 18:00 | 胆振地方 | Comments(0)

三階滝公園/伊達市

2019年4月28日()



c0378174_18270918.jpg

壮瞥町】の【道の駅 そうべつ情報館 i(アイ)】を出発した後は、【伊達市】の「大滝エリア」にある【三階滝公園】へ行ってきました。初訪問ではないんですがブログにUPするのは初になります。

c0378174_18265492.jpg
c0378174_18272042.jpg
c0378174_18273041.jpg
c0378174_18274113.jpg
c0378174_18275141.jpg
伊達市】【大滝区】にある【三階滝公園】は、四季それぞれに違った表情を見せる三段の層をなして落ちる滝と、壮観な渓流美を楽しめるのが最大の特徴。岩肌に砕ける水しぶきは深緑に映え、特に紅葉期の景観はすばらしいの一言。過去には「レストハウス」などがあったのだが現在は営業していない。昔と比べ廃れた感は否めないが絶景と癒しを求めコンスタントに観光客が訪れる穴場的人気観光スポットなんです(´ω`)


前回ここに来たのが2017年の道南旅行の帰り(そのとき写真は撮ったけどブログにはUPしなかった)。その前が【道の駅 そうべつ情報館 i(アイ)】同様20年以上前なんで軽3度目の訪問になるのか。今回はまだ春先だったので木々がイマイチだったけど、次回来るときは紅葉期を狙うべかな(=ω=)


※記事 モコ平



三階滝公園
●住所 北海道伊達市大滝区三階滝町
●電話 0142-68-6111
●営業時間
●定休日
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



# by mocohe23 | 2019-07-04 18:00 | 胆振地方 | Comments(0)

道の駅 そうべつ情報館 i(アイ)/壮瞥町

2019年4月28日()



c0378174_18554996.jpg
伊達市】の【道の駅 だて歴史の杜】を出発した後は、【壮瞥町】の「町字滝之町」にある【道の駅 そうべつ情報館 i(アイ)】へ行ってきました。初訪問ではないんですがブログにUPするのは初になります。

c0378174_18555963.jpg
道の駅 そうべつ情報館 i(アイ)】は、湖と火山と温泉の町【壮瞥町】の総合情報発信基地として平成8年8月5日に道の駅として登録された。館内には【壮瞥町】の特産品であるりんごやトマトを使った加工品や野菜等を販売する「直売所」や、観光情報案内の「エコミュージアム・観光情報館」、町の歴史を知ることができる「火山防災学び館」が併設されている。また、ハッキリと「車中泊禁止」をうたっている道の駅でもあるんです。


前回ここに来たのってもう20年以上前になるかなー。当時はカーナビなどなく、たまたま偶然建物を発見したので入ってみたって感じ。今回はスタンプラリーの為の訪問だったけど、あらためて見ると周りの景色が凄く良かった(=ω=)


※記事 モコ平



道の駅 そうべつ情報館 i(アイ)
●住所 北海道有珠郡壮瞥町字滝之町384-1
●電話 0142-66-2750
●営業時間 9:00~17:30(4/1~11/15) 9:00~17:00(11/16~3/31)
●定休日 年末年始(12/31~1/5) 毎週火曜(11/16~3/31の祝日以外)
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



# by mocohe23 | 2019-07-03 18:00 | 胆振地方 | Comments(0)

道の駅 だて歴史の杜/伊達市

2019年4月28日()



c0378174_19031777.jpg

室蘭市】の【道の駅 みたら室蘭】を出発した後は、【伊達市】の「松ヶ枝エリア」にある【道の駅 だて歴史の杜】へ行ってきました。何度も訪問してるけど道の駅単体として記事を書くのは初になります。あと、この写真の右手側に道の駅本体があります。

c0378174_19032689.jpg
道の駅 だて歴史の杜】は、その名の通り【伊達市】の個性豊かな歴史と文化をアピールする情報発信基地として平成12年8月18日に道の駅として登録された。館内は広く、市内でとれた新鮮な野菜や水産物や加工食品など特産物が豊富に並び、土日や祝日になると大勢のお客が特産物を目当てにやってくる。ロケーションも立地も非常に良く、道内でもトップクラスに入る超人気道の駅なんです(´ω`)


道の駅 だて歴史の杜】といったらあのイベントははずせません! そう今ではすっかり定着した人気グルメ系イベント【だて食のフェスティバル】ッ!! 仕事の関係で数年行けてなかったのですが今年は絶対に行きたい!!\(;´д`)ノ

※記事 モコ平



道の駅 だて歴史の杜
●住所 北海道伊達市松ヶ枝町34番地1
●電話 0142-25-5567
●営業時間 9:00~18:00
●定休日 年末年始(12/31~1/4)
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



# by mocohe23 | 2019-07-02 18:00 | 胆振地方 | Comments(2)

道の駅 みたら室蘭/室蘭市

2019年4月27日()
2019年4月28日()



c0378174_17504403.jpg
やきとりの一平 中島本店】で美味しい室蘭やきとりを食べてきた後は、この日の宿泊地【道の駅 みたら室蘭】へ戻ってきました。宿泊ってか仮眠ってヤツですね。

c0378174_17505365.jpg
ライトアップされた「白鳥大橋」。肉眼で見ると綺麗なんですが、スマホのカメラで撮影したらなんだかしょぼくなる(´Д`;)


c0378174_17510608.jpg
c0378174_17511539.jpg
c0378174_17512715.jpg
早朝の【道の駅 みたら室蘭】周辺を散策してみました。前日は小雨の降るイマイチな天気だったけど、日曜は快晴で良かった良かった♪ で、この後次の目的地を目指す為車を走らせます。


※記事 モコ平



道の駅 みたら室蘭
●住所 北海道室蘭市祝津町4丁目16番地15
●電話 0143-26-2030
●営業時間 9:30~21:00(4月~10月) 9:30~17:00(11月~3月)
●定休日 無休(4月~10月) 毎週木曜(11月~3月) 12/31~1/7は無休
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



# by mocohe23 | 2019-07-01 18:00 | 胆振地方 | Comments(0)

やきとりの一平/室蘭市

2019年4月27日()



c0378174_20184458.jpg
むろらん屋台村】の【天華】で室蘭やきとりをテイクアウトした後は、【JR東室蘭駅】から徒歩10分の場所にある【やきとりの一平 中島本店】へ行ってきました。他の店舗は行った事あるけど本店は初訪問になります。



やきとりの一平】は、昭和25年創業の老舗焼き鳥店。工業の街として栄えた【室蘭市】で、長年労働者に愛されてきた庶民派グルメ「室蘭やきとり」発祥の店として知られ、その「室蘭やきとり」は「日本7大焼き鳥」のひとつに数えられる。現在は道内に数店舗展開しているが何処の店も作りは統一されており大正ロマンをモチーフにしたどこか懐かしいノスタルジックな店内になっている。地元民だけではなく日本全国の焼き鳥ファンからも愛される超絶人気店なんです(´ω`)


c0378174_20185372.jpg
生ビール(中ジョッキ) 470円。
お通し 100円。

まずは長距離運転(自分の中ではw)で疲れたカラダと乾いたのどに極上の「アサヒスーパードライ」を流し込みます。お通しは手作りのお新香。100円とかリーズナブルで嬉しい。


c0378174_20190396.jpg
シーザーサラダ 650円。

みんな大好きシーザーサラダは結構ボリューミィ。どこで食べても間違いのない美味しさのヤツです。


c0378174_20191384.jpg
豚精肉(1本) 150円。
豚レバー(1本) 140円。

いわゆる豚精肉が「室蘭やきとり」と呼ばれてる串焼き。豚肉とタマネギを串に刺し炭火でじっくり焼き上げ、甘じょっぱい秘伝のタレとカラシで食べるのが最大の特徴。豚肉(たぶん肩ロース)の旨味とたまねぎの甘味、タレの甘じょぱ味とカラシのカラシ味、これらが融合する事により超美味しい串焼きになるのです。そして、豚精肉に引けを取らないぐらい人気のある豚レバーの存在も無視できません。レバー特有の臭みなんてものは1ミリも存在するはずもなく、ムチっとした食感でクセになる美味しさ。てか、好き嫌いが多く味と食感に超ウルサイ同行者がこのレバーを追加注文するほど。まぁ、初めからわかっていたけど【やきとりの一平】の串焼きは総じてうましッ!(´¬`)


c0378174_20192311.jpg
ズッキーニ肉巻きアンチョビマヨ(2本) 480円。

ズッキーニとアンチョビどっちも大好き人間の自分が絶対に見逃せない串焼きがコレ。老舗でもこんなアグレッシヴな串焼きを出してくるんだから【やきとりの一平】はたまらないのよ。もちろんこの組み合わせが美味しくないワケがない。


c0378174_20193274.jpg
馬レバー刺 880円。

規制の入ってない馬レバーのお刺身。トゥルントゥルンの身は甘く、ニンニクと塩を溶いたごま油との相性バツグン! こんなの食べる前から美味しいのはわかってました(´¬`)


c0378174_20194152.jpg
月見つくね(2本) 470円。

豚肉と鶏肉の合挽き肉を使用したつくねも「室蘭やきとり」同様タレとカラシで食べるスタイル。そこに卵黄が加わる事によりマイルドさがプラスされます。ウメェ!!


開店30分前に到着し店の前にある駐車場に車を止め車内で待機してたんですよ。雨が降ってたし誰も並んでなかったから入店は余裕かなぁ~なんて思い車内でスマホをいじってたら、目を離した隙にどんどんお客さんが店内に。その事に気づき急いで車を降り店内に入店すると中にはかなりのお客さんが。まぁ、結果ギリギリ入店する事ができたので良かったんですが、気づくのがあと数分遅れてたらと思うと怖いですよね。2時間待ちとか嫌ですもん。さすが【やきとりの一平 中島本店】人気の高さが伺えます(=ω=)


c0378174_20233931.jpg
c0378174_20235042.jpg
ちなみに帰りは同行者の運転なので飲酒運転はしてないですよw 東日本最大のつり橋である「白鳥大橋」を渡り本日の宿泊地へと移動。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



やきとりの一平 中島本店
●住所 北海道室蘭市中島町1丁目17-3
●電話 0143-44-4420
●営業時間 17:00~23:30(月~土) 17:00~22:00(日祝)
●定休日 無休
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



# by mocohe23 | 2019-06-26 18:00 | 胆振地方 | Comments(2)

天華(むろらん屋台村)/室蘭市

2019年4月27日()



c0378174_18474343.jpg
c0378174_18475246.jpg
リニューアルオープンした【道の駅 みたら室蘭】を一通り見た後は、道の駅と同じ敷地内にある【むろらん屋台村】の【天華】へ行ってきました。初訪問ではないですが利用するのは初めてになります。

6店舗が連なる【むろらん屋台村】で【室蘭市】ご当地グルメの「室蘭やきとり」と「カレーラーメン」を同時に食べる事のできるハイブリッド屋台の【天華】。また、ラーメン、そば、うどん、といった麺類や、天丼やチャーハンなどの食堂メニューも充実しているんです(´ω`)


c0378174_18480047.jpg
やきとり(4本) 650円。

道の駅で買えなかったのでこちらのお店で購入してみました。炭火で焼かれているのは間違いないんですが、作り置きだったので若干温め。それでも豚肉は柔らかくオリジナルのタレも良い感じでした(´¬`)


ちなみに、「室蘭やきとり」は鶏肉ではなく豚肉を使います。それって焼き鳥って言わなくね? と思う人も多いでしょうけど【北海道】では串焼き全般を焼き鳥と呼ぶ事が多いんです。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



天華(むろらん屋台村)
●住所 北海道室蘭市絵鞆町4-2-17 むろらん屋台村
●電話 0143-27-2088
●営業時間 11:00~16:30
●定休日 不定休
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く




# by mocohe23 | 2019-06-24 19:00 | 胆振地方 | Comments(0)