欧風カレーKEN/札幌市 東区

2019年2月16日()



c0378174_18371049.jpg
この日のランチは【札幌市】【東区】の「北15条エリア」にある【欧風カレー KEN】へ行って来ました。初訪問になります。


2013年4月にオープンした【欧風カレーKEN】は、フレンチの調理法を駆使し、2日間かけて作るフォンドヴォライユ(鶏の出汁)ベースのルゥと、食材にとことんこだわりを持つ欧風カレーの専門店。落ち着いた雰囲気の店内で美味しいカレーが食べられると評判で、平日休日問わずいつでも大勢の客が訪れる超人気カレー店なんです(´¬`)


c0378174_18371741.jpg
c0378174_18372487.jpg
チキンレッグカレー 1090円。

お店の人気メニューっぽいチキンレッグが入ったカレーを中辛でチョイス。ご飯とカレールゥが別々に提供されるスタイルは久しぶりかも。2日間かけて作るというカレールゥは甘味とコクが深く濃厚なんですがほんの少し苦味もあり大人の味といった感じ。スプーン1本でほぐれるチキンレッグの旨味と相性抜群でした。さすが絶大な人気を誇るカレーだけあってかなり美味しい。


c0378174_18373161.jpg
豚ひき肉カレー 990円。

こちらはこだわりのカレールゥに炒めた豚ひき肉が入っており、よりいっそう甘味と旨味が濃くなっています。予想外だったのはひき肉のデカさ。ゴロンゴロンしていてなかなかのインパクトw なんにしてもウメェよこのカレー!(´¬`)


ひとつ残念だったのはチキンレッグカレーのお皿がちゃんと洗い切られておらず若干汚れてたんですよねぇ。まぁ、それを差し引いても味は本物で美味しかったし、駐車場数もちゃんと確保されているので再訪問しやすいお店でした。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



欧風カレーKEN
●住所 北海道札幌市東区北15条東1-2-17 イースタンビル1F
●電話 050-5594-8163
●営業時間 11:30~22:15 11:30~15:00(水曜のみ)
●定休日 無休
●駐車場 有り(13台)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



# by mocohe23 | 2019-02-19 18:00 | 札幌市 東区 | Comments(0)

お菓子クラブ Saki/札幌市 豊平区

2019年2月15日(金)



c0378174_13360660.jpg
この日は【札幌市】【豊平区】の「中の島エリア」にある【お菓子クラブ Saki】でスイーツを買ってみました。初訪問になります。


2012年の2月にオープンした【お菓子クラブ Saki】は、「笑顔が咲くお店にしたい」をコンセプトに優しい想いが込められたスイーツ店。常時30種類ほどの色鮮やかなケーキ、パイ、焼き菓子などを提供。中でも店1番のオススメは「がんこシュー」で、この商品を求め遠方から足を運ぶファンも多いんだとか。町内の住民に愛されて止まない人気店なんです(´ω`)


c0378174_13361319.jpg
がんこシュー 150円。

上記にも書いてあるお店人気No.1の「がんこシュー」。その名の通り生地はカチカチサクサクでクッキーを食べているような食感。それが風味豊かなカスタードクリームと合わさる事で美味しさの幅が広がります。これは稀に見る絶品スイーツ(´¬`)


c0378174_13361954.jpg
プリン 240円。

しっとりとしてなめらかで甘さ控えめな極上プリン。注文時に生クリームをかけるかどうか聞かれますが、プリン本体の味をストレートに味わいたいのなら生クリームは無し、別ルートの味に進みたいのであれば生クリーム有りと2択なところが嬉しい。


c0378174_13362620.jpg
先週だったかな? 毎週金曜日の19時から放送している【発見! タカトシランド】の「中の島エリア」特集で訪れていたお店で、前から気になっていたので今回訪問してみました。味のレベルが高く全体的にリーズナブルな感じだったので再訪問は確定でしょう。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



お菓子クラブ Saki
●住所 北海道札幌市豊平区中の島1条7丁目8-12
●電話 011-211- 8248
●営業時間 10:00~19:30
●定休日 火曜・水曜(祝日の場合は営業)
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



# by mocohe23 | 2019-02-17 18:00 | 札幌市 豊平区 | Comments(0)

和ごころ 雄大/札幌市 中央区

2018年12月8日()



c0378174_18523294.jpg
北海道厳選居酒屋 仲町ガバチョ 鉄板串焼店】で飲み食いした後は、同じく【中央区】の「創成川イーストエリア」にある【和ごころ 雄大】行ってきました。2度目の訪問になります。



中心部から若干離れた隠れ家的居酒屋の【和ごころ 雄大】。長年飲食店で経験を積んだ、店主が研究を重ねて作る道産地鶏と昆布の合わせダシのおでんと一品料理の数々と、店主自ら1本1本味見・吟味をした、日本各地のオススメのお酒が楽しめる居酒屋。また、夜の部でも定食があるので飲みながらご飯を食べる事も可能。知る人ぞ知る穴場的お店なんです(´ω`)


c0378174_18524158.jpg
飲み放題(90分) 1280円。
お通し ???円。

飲み放題はサッポロクラシック樽生付きで90分1280円。チェーン店じゃない個人店なのにこの価格は頑張ってる感があります。まぁ、アルコールが酒が飲めりゃ良いんだけどw お通しはコンニャクのごま和え。シンプルな料理ですが手造り感が伝わってくる優しい味。


c0378174_18524999.jpg
雄大盛り 890円。

初訪問時にも注文した刺し盛り。その道20年という店主自らが朝市で買い付けたという刺身はどれもこれも新鮮でウマイ(´¬`)


c0378174_18525691.jpg
??? ???円。

えっと…。何かのフライなのはわかるんだけど、この時点でもう記憶は飛んでいます。なのでこれが何なのか当然覚えてないってゆーねw まぁ、【和ごころ 雄大】のフライなんだから美味しくないワケがない!


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



和ごころ 雄大
●住所 北海道札幌市中央区南2条東6 朝日プラザビル1F
●電話 011-206-0365
●営業時間 12:00~14:00 17:00~23:00
●定休日 水曜・その他不定休あり
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



# by mocohe23 | 2019-02-14 18:00 | 札幌市 中央区 | Comments(0)

北海道厳選居酒屋 仲町ガバチョ 鉄板串焼店/札幌市 中央区

2018年12月8日()



c0378174_20131869.jpg
この日は【札幌市】【中央区】の【狸小路5丁目】にある【北海道厳選居酒屋 仲町ガバチョ 鉄板串焼店】で忘年会をして来ました。2度目の訪問ですがブログにUPするのは初になります。


c0378174_20132724.jpg
2012年9月オープンの【北海道厳選居酒屋 仲町ガバチョ 鉄板串焼店】は、店主のこだわり厳選食材を「鉄板串焼き」で味わえる居酒屋。2階席は随所に「和」を取り入れたモダンで落ち着く空間になっており、そこで食べる美味しい料理に惹かれ週末にもなると予約の取れないこともあるお店なんです(´ω`)


c0378174_20133749.jpg
羅臼昆布出汁 豚しゃぶコース 3480円。

お店の1番人気だという「羅臼昆布出汁 豚しゃぶコース」はクーポン利用で3980円が3480円に。料理の品数は全部で7品。メインの豚しゃぶをはじめバラエティに飛んだ料理が楽しめます。


c0378174_20134663.jpg
冬の彩りサラダ。

冬の彩リサラダですが、夏野菜のズッキーニや秋野菜のカボチャが入ってるのはご愛敬。彩りもキレイだし野菜自体も凄く美味しい。野菜によっては素揚げされてるのも高ポイント。


c0378174_20135513.jpg
お刺身3点盛り。

内容は「マグロ(赤身)」「サーモン」「ソイ」の3種。ここの店主は海産物にもこだわっているので鮮度抜群でどいつもこいつも間違いないヤツです。個人的にはサーモンが1番かなぁ。


c0378174_20140383.jpg
c0378174_20141240.jpg
羅臼産昆布だしの豚しゃぶしゃぶ鍋。

メインの豚しゃぶは羅臼産昆布を使用した贅沢なお鍋。羅臼産昆布の出汁で食べる豚しゃぶは甘味と旨味が強いのにもかかわらず、どこか優しい味で何杯でもいけちゃう。これはウマイ(´¬`)


c0378174_20142181.jpg
c0378174_20143035.jpg
c0378174_20143721.jpg
専門店の特選串6種。

内容は「ハツ(桜姫鶏)」「せせりバジル」「ししとう」「鶏レモンソース」「鶏皮」「ぱりかわ」の6品。珍しいのは鶏のもも肉にレモンソースがかかった串焼き。これが本当に美味しかった。せせりのバジルソースも良い感じだったなぁ。専門店だけに串焼きはどれもこれも◎


c0378174_20144708.jpg
知床鶏のザンギ。

揚げたてで衣はサクサク、中の知床鶏は非常にジューシィ。安心安定の美味しいザンギ。これは単品で注文したい一品。


c0378174_20145471.jpg
c0378174_20150210.jpg
〆のラーメン。

羅臼産昆布と豚肉の旨味が出た出汁で煮るラーメンを、オリジナルのポン酢でいただく〆のラーメン。アッサリしてて美味しい。


c0378174_20151067.jpg
抹茶ブラウニー。

最後に出てくるデザートは抹茶をふんだんに使用したお店特製のブラウニー。甘味と苦味のバランスが絶妙。これなら我々のようなおぢさんにもウケが良い。


記憶は定かではないですがたしかこの【北海道厳選居酒屋 仲町ガバチョ 鉄板串焼店】がオープンしたての頃に1回目の訪問をしています。そのときの印象は「あ~2回目はないかなー」でしたが、今回の訪問で考えが変わりました。料理は美味しいし、何より飲み放題のドリンクを持ってきてくれるスピードのUPが良い感じでした。クーポン利用で安くなったコースが土曜日という事で500円増しの3980円になったのは予想外だったけどww


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



北海道厳選居酒屋 仲町ガバチョ 鉄板串焼店
●住所 北海道札幌市中央区南2条西5丁目 狸小路5丁目
●電話 011-231-4567
●営業時間 17:00~翌1:00
●定休日 無休
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



# by mocohe23 | 2019-02-12 18:00 | 札幌市 中央区 | Comments(0)

岩瀬牧場 ジェラードSHOP/砂川市

2018年4月27日(金)



c0378174_18190424.jpg
滝川市】の【手打そば 加々家(かかか)】で美味しいおそばを食べてきた後は、【砂川市】の「一の沢エリア」にある【岩瀬牧場 ジェラードSHOP】へ行って来ました。初訪問ですがブログで扱うのは2度目になります。




c0378174_18191214.jpg
岩瀬牧場】は【砂川市】の広大な大地で、のびのびと育った乳牛200頭から搾った新鮮なミルクを使用し、プリンやチーズケーキ、ジェラートなどのスイーツを製造・販売をしている牧場。敷地内には自家製のモッツァレラチーズを使用したパスタやピッツァが人気のレストラン【Farm Restaurant RIVISTA】や【岩瀬牧場 ジェラードショップ】が併設しています。【岩瀬牧場】のソフトクリームを取り扱ってる店は多く、【千歳空港】や【宝水ワイナリー】、【アルテピアッツァ美唄】などなどいろんなところで味わえるのも嬉しいポイント(´ω`) ちなみに2018年1月に同敷地内に移転しリニューアルオープンしている。


c0378174_18192215.jpg
ダブル(チョコココア・ストロベリーヨーグルト) 310円。

チョコの甘味と苦味、イチゴの甘味と程よい酸味がベストマッチな「アポロ計画」を発動。この2種類の組み合わせは間違いなく最高の組み合わせなんです(=ω=)


c0378174_18193103.jpg
ダブル(ストロベリーミルフィーユ・クッキークリーム) 310円。

こちらは以前から評価の高かったストロベリーミルフィーユと、これまた人気のあるクッキークリームの組み合わせ。まぁ、早い話どれを食べても【岩瀬牧場】のジェラートは美味しいんですよね。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



岩瀬牧場 ジェラードSHOP
●住所 北海道砂川市一の沢237番地6
●電話 0125-53-5071
●営業時間 9:00~18:00 9:00~19:00(夏季)
●定休日 無休
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



# by mocohe23 | 2019-02-07 18:00 | 空知地方 | Comments(0)

手打そば 加々家(かかか)/滝川市

2018年4月27日(金)



c0378174_18334698.jpg
この日は【滝川市】の「東滝川エリア」にある【手打そば 加々家(かかか)】へ行って来ました。初訪問になります。


JR東滝川駅】から徒歩4分。【滝川市】と【赤平市】を結ぶ「国道38号線」沿いにある【手打そば 加々家(かかか)】は、蕎麦の産地で有名な【幌加内町】から取り寄せている玄そば「キタワセそば」を、そば本来の風味が味わえるように十割で提供するこだわりの強いそば屋。昼時になると地元民はもちろん遠方から来るファンも多い超人気店なんです(´ω`) あまりにも人気が高すぎて開店から1時間もたたずに品切れになり閉店してしまう事もしばしば。


c0378174_18335476.jpg
豚ねぎセイロ 980円。

お店の人気メニューだという豚ねぎセイロをオーダー。毎朝使う分だけ自家製粉しつなぎを使わずに打っているというそばは繊細で香高く、豚肉の旨みとネギの甘みがとけこんだ自慢のそばツユに合うこと合うこと。これはマジで美味しいヤツです。温泉卵で味変もできるので2度美味しい!!(´¬`)


c0378174_18340224.jpg
かしわ 870円。

こちらは温かいかしわそば。甘目で完成度の高いツユに鶏肉の出汁がプラスされ豚ねぎセイロとはまた違ったベクトルで美味しい。

c0378174_18341079.jpg
お店に到着したのが12時ちょっと前だったんですが、なんと我々がこの日最後のお客さんだったんです! 11時30分の開店からわずか30分で品切れになるとかどんだけ人気店なんだよ!Σ(ΦДΦ;) まぁ、ギリギリセーフで超美味しいおそばを食べる事ができたのでラッキーだったんだけどw 再訪問確定ですが、こりゃ開店前から並ばないとダメかもしれんねぇ。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



手打そば 加々家(かかか)
●住所 北海道滝川市東滝川町1-2-6
●電話 0125-28-2534
●営業時間 11:30~16:30(そばが無くなり次第終了)
●定休日 水曜
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



# by mocohe23 | 2019-02-05 18:00 | 空知地方 | Comments(2)

プー横丁/札幌市 東区

2019年1月20日()



c0378174_09145870.jpg
この日は【札幌市】【東区】の「元町エリア」にある【プー横丁】へ行って来ました。約4年ぶり2度目の訪問になります。

c0378174_09151000.jpg
c0378174_09152109.jpg
c0378174_09154030.jpg
1985年に【JR苗穂駅】前の石造り倉庫にて開業した【プー横丁】は、その後の再開発による立ち退きとなり、1992年現在の場所へと移転オープン。1962年たまねぎ倉庫として札幌石山軟石で造られた建物をカフェへとリノベーションしたオシャレな店内は広々とした空間で、どこか懐かしい雰囲気を味わえる。料理は洋食がメインでパスタやピザ、チキン料理など種類が豊富で味も本格的。住宅街にひっそりとたたずむ隠れ家的人気カフェレストランなんです(´ω`) ちなみに、現在は【JR苗穂駅】近くに姉妹店の【レストラン のや】がある。

c0378174_09154937.jpg
子供客用の絵本ではありません。これがこの店のメニュー表なんですよ。遊び心満載ですねぇ(=ω=)


c0378174_09155867.jpg
レモンスカッシュ 400円。
ビール(中瓶) 480円。

レモンスカッシュは甘さ控えめで酸味がメインのすっきりさっぱり系。ビールの銘柄は「サッポロラガービール」。エジソンが蓄音機を発明し、西南戦争が起こっていた時代に登場した歴史深いビールなんだとか。まぁ、何にしても昼間から飲むビールはうまいことうまいことw


c0378174_09160718.jpg
スパゲッティ ビーフストロガノフ(デミグラスソース) 780円。

牛肉の旨味とたまねぎの甘味、マッシュルームの風味とデミグラスソースのコクと深味バランスが超絶妙。ビーフストロガノフがモチモチ&弾力のある伊バリラ社の最高級太麺と絡まる事により美味しさが何倍にも跳ね上がります。こいつはウメェ!!(´¬`)


c0378174_09161560.jpg
パネソテーボロニア風 800円。

ポーク料理の中からチョイスしたパネソテーボロニア風は、豚肉にパン粉を付けてミートソースとチーズをのせてオーブンで焼き上げたもの。何をどう考えても間違いなく美味しい組み合わせ。 日祝はランチタイムがないのでライスは付いてきませんでしたが、ビールを飲んでいたので全く問題無し。


久しぶりの訪問だったけど、雰囲気も料理も非常に良いです。家の近くにあると「いつでも行ける」って気持ちになり、結局なかなか行かないという現象が起こるんですよねぇw 再訪問は確定だけど、次回訪問するのは何年後になることやら。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



プー横丁
●住所 北海道札幌市東区北23条東22丁目2-12
●電話 011-785-1538
●営業時間 11:00~22:00
●定休日 おおむね年中無休(年末年始、コンサートを催す際、休む場合有り)
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



# by mocohe23 | 2019-02-02 18:00 | 札幌市 東区 | Comments(0)

Cafe Stoven/美唄市

2018年9月29日()



c0378174_19285508.jpg
浦臼町】にある【炭焼きやきとり やす】で焼き鳥を買った後は、【美唄市】の「西5条エリア」にある【カフェ ストウブ】へ行って来ました。ブログで扱うのは6度目になります。



「アスパラひつじ」で有名な【西川農場】が満を持してオープンさせた【カフェ ストウブ】は地元や近隣の農家さんから仕入れた小麦などを使い、石釜で焼いた焼き立てハード系パンの販売と、地元の食材や「アスパラひつじ」などを使った食事メニューを提供するベーカリーカフェ。また、近隣の地域で作られるワインなども取り揃えており、のどかな風景を眺めながら美味しいパンとワインを堪能するといった贅沢な時間を過ごせる人気パンカフェなんです(´ω`)


c0378174_19290299.jpg
パイナップルとアプリコットのクランブルケーキ 360円。

パイナップルの甘味と杏子の酸味がバランス良く楽しめるオリジナルのクランブルケーキ。焼き立てだったので美味しさも倍増(´¬`)


スコーン(ほうじ茶と干し柿) 200円

こちらは【カフェ ストウブ】の人気商品であるスコーンの季節限定商品。ほうじ茶の苦味と干し柿の甘さが絶妙にマッチしており、いちど食べたらやみつきになること間違いなしッ! これのひとつ前にあったラベンダーとカシスのスコーンも絶品でした。記事には書いてないけどw


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



Cafe Stoven
●住所 北海道美唄市西5条北5丁目5-5
●電話 0126-35-4077
●営業時間 10:00~18:00
●定休日 水曜・木曜
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



# by mocohe23 | 2019-01-30 18:00 | 空知地方 | Comments(0)

炭焼きやきとり やす/浦臼町

2018年9月29日()



c0378174_12471532.jpg
浦臼町】の【鶴沼公園】で開催された【第18回 浦臼産ぼたんそば 新そば収穫祭in浦臼】をもっつり堪能してきた後は会場のスグ近く、国道275号線沿いにある【炭焼きやきとり やす】へ行って来ました。初訪問になります。

c0378174_12472346.jpg
平成4年創業の【炭焼きやきとり やす】は、【浦臼町鶴沼公園】と【道の駅 つるぬま】のすぐ近く、国道275号線沿いにあるテイクアウト専門の焼き鳥屋。素材と炭焼きにとことんこだわっており、地元民はもちろん遠方から足を運ぶファンも多い知る人ぞ知る人気店なんです(´ω`)


c0378174_12473060.jpg
c0378174_12473745.jpg
とり串(1本) 90円。
ぶた串(1本) 90円。
たん串(1本) 90円。
砂ぎも串(1本) 90円。

さすが炭火焼きだけあってどれもこれも焼きたては間違いなく美味しい。ちょっと小ぶりなのが気になるけど、1本90円というリーズナブルな価格は非常に好感が持てます。どこの焼き鳥屋さんも軒並み値上げしてるのに安価で提供してるのは本当にスゴイ。【炭焼きやきとり やす】の串焼きは5種類あるんですが「もつ串」は【美唄市】に住んでたときにクサるほど食べたので今回は注文してません。


国道275号線を通るたび気になってた【炭焼きやきとり やす】ですがオープンしてるのを見たのはこの時が初めて。【第18回 浦臼産ぼたんそば 新そば収穫祭in浦臼】の臨時駐車場が近かったので今回初めて運良く購入する事ができました。再訪問は確定だけど、いつやってるのかがわからないので、タイミング次第なのかなぁと。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



炭焼きやきとり やす
●住所 北海道樺戸郡浦臼町キナウスナイ186
●電話 0125-67-3378
●営業時間 13:30~18:00(但し、開店時間が遅くなる事もあり)
●定休日 不定休
●駐車場 有り(10台ぐらい)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



# by mocohe23 | 2019-01-28 18:00 | 空知地方 | Comments(0)

第18回 浦臼産ぼたんそば 新そば収穫祭in浦臼/浦臼町

2018年9月29日()



c0378174_18544371.jpg
この日は【浦臼町】の【鶴沼公園】で開催された【第18回 浦臼産ぼたんそば 新そば収穫祭in浦臼】へ行って来ました。初参加になります。


c0378174_18545741.jpg
毎年【鶴沼公園】で開催される【浦臼産ぼたんそば 新そば収穫祭in浦臼】は、道内各地の手打ちそば同好会による、「浦臼産ぼたんそば粉」を使った打ちたてそばが食べられるイベント。恒例のそば早食い大会やわんこそば大会、そば名人による手打ち実演なども見どころのひとつ。また【浦臼町】の特産品の販売などもある。地元や近隣の住民だけでなく、遠方からわざわざ足を運ぶ人も多い人気のそばイベントなんです(´ω`)


c0378174_18550856.jpg
ぶっかけとろろ(冷) 600円。
ビール 400円。

北海道そば研究所】ブースで購入した冷たいおそば。そばをすするとぼたんそばのもつ独特な香りが鼻から抜け、口の中にほのかな甘みと苦味が広がります。若干甘目のそばつゆがそばとの相性バツグン。とろろをからめる事によりまた違った美味しさに。これはウマイ! ちなみに限定40食。ビールの銘柄は「サッポロ黒ラベル」で別のブースで購入。


c0378174_18551649.jpg
天もり 700円。

札幌手打ちそば愛好会】ブースで購入したえびと舞茸の天ぷらが乗ったもりそば。こちらのそばもやはりぼたんそば特有の味で非常に美味しい。揚げたての天ぷらもさくさくで良い感じ。そばつゆがもう少し多ければ尚よかった。


c0378174_18552665.jpg
きのこそば 600円。

うらうす手打ちそば友の会】で購入した温かいおそば。そば本体の味はもちろん、数種類のきのこの旨味が出たそばつゆがめちゃ美味しい。せっかく【浦臼町】で開催してるんだからその土地のそば打ち同好会のおそばも食べてみないとね(´ω`)


c0378174_18553356.jpg
すながわっふる 400円。

砂川市】の【中道ファーム】ブース(移動販売車)で購入した変わったカタチのワッフル。【中道ファーム】で収穫されたお米の米粉を使用しており、従来のワッフルよりもちもち感と甘味がひと味もふた味も違う。〆のデザートにピッタリでした。


c0378174_18581725.jpg
c0378174_18582492.jpg
この日は晴天で【鶴沼公園】の風景がかなり良い感じでした。ここに来たのは十数年ぶりで前回訪問時はスワンボートに乗ったっけなぁ。懐かしい。てか、キャンプ場もあるので、次回訪問時はイベントの日に合わせてキャンプなんてできたら最高だろうなぁ(=ω=)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



# by mocohe23 | 2019-01-26 18:00 | 空知地方 | Comments(0)

美唄焼とり たつみ/美唄市

2019年1月18日(金)



c0378174_19250904.jpg
この日は【美唄市】の「西1条エリア」にある【美唄焼とり たつみ】で、久しぶりに会う仲間たちと新年会をしてきました。ブログで扱うのは5回目ですが、もう死ぬほど訪問していますw

c0378174_19252685.jpg
昭和43年創業の【美唄焼とり たつみ】は、もも肉、卵、ハツ、レバー皮などが1本になったもつ串が特徴の「美唄焼き鳥」が味わえる老舗焼き鳥屋。もちろん「美唄焼き鳥」の父である「三船福太郎」の流れをくんでおりその味は本物。もつ串の他にも様々な居酒屋メニューがあり、老若男女問わず誰でも楽しむ事ができる。またランチ営業もしており、お酒を飲まなくてももつ串や美唄名物のとりめしなどを食べる事も可能。地元民から観光客まで幅広い層に支持されている超絶人気の焼き鳥屋さんなんです(´ω`) ちなみに写真は【美唄市】のご当地キャラクター「やきとり男」。他では見た事ないし【たつみ】のオリジナルコースターなのかな?


c0378174_19251806.jpg
生ビール(中ジョッキ) 525円。

ビールの銘柄は「サッポロ黒ラベル」。仕事が終わってから悪路の冬道を2時間半かけて古巣の【美唄市】へと到着。そしてすぐさま飲むビールはほんとにサイコー! ちなみにビールの銘柄は「サッポロ黒ラベル」の他に「アサヒスーパードライ」もあります。


c0378174_19254516.jpg
もつ串(1本) 108円。
精肉串(1本) 108円。

美唄市】といえばもつ串なのはもう定説。何度食べても飽きないのは、シンプルな塩とコショウの伝統的な味付けがなせる業か。【たつみ】の精肉串は柔らかくて旨みが強い。ちなみに【美唄市】でいう精肉はもも肉ではなくむね肉なんですよね。


c0378174_19260739.jpg
たつみサラダ 480円。

様々な野菜に豆やポテトサラダ、キウイなどが入ったいわいるミックスサラダ。初食だったけど結構ボリューミィでした。


c0378174_19255234.jpg
タコザンギ 500円。

謎のタコ料理押しのメニューからチョイスしたタコザンギ。外はカリカリ、中はぷりっぷりのタコザンギは1度食べるとヤミツキに。これはマジでウマイ(´¬`)


c0378174_19262221.jpg
月見うどん 430円。

鶏の出汁が効いた美味しいうどん。卵を割るとコクが増し更に美味しくなります。


c0378174_19255961.jpg
スタミナキムチ 450円。

漬け物系のキムチかと思って注文したら、出てきたのは豚肉とキムチの炒め物でしたw まぁ、これはこれで美味しいんだけど。


c0378174_19253674.jpg
とりさし 450円。

もつ串と並び必ずと言っていいほど注文する美味しい鶏のお刺身で、知る人ぞ知る【たつみ】の超人気メニューのひとつ。これはマジでオススメ(=ω=)


c0378174_19261317.jpg
とり串カツ(3本) 480円。

揚げたてでジューシィな串カツ。中は精肉なので意外とあっさりしています。


c0378174_19262907.jpg
もつそば 520円。

鶏の出汁がたっぷりと出たつゆにちょっと太めのそばが絡み普通に食べても美味しいおそば。そこにもつ串をぶち込んでもつの旨味をプラスしたもの。地元民が考案したものらしいけど、今ではこれ目当てに観光客が来るほどの人気商品(´¬`)


それにしても豪雪地帯の運転はキッツイものがある。ホワイトアウトとか頻繁に起こるし。でもまぁ、久しぶりだったので楽しかった(´ω`) 次回の新年会(忘年会)は【札幌市】での開催を希望するw


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



美唄焼とり たつみ
●住所 北海道美唄市西1条南1丁目1-15
●電話 0126-63-4589
●営業時間 12:00~14:00 15:00~21:00
●定休日 火曜
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



# by mocohe23 | 2019-01-23 18:00 | 空知地方 | Comments(0)

ふじ屋 NOODLE(さっぽろ名所 新ラーメン横丁)/札幌市 中央区

2018年5月4日(金)



c0378174_17580863.jpg
c0378174_17581645.jpg
酒場ジロー】で飲み食いした後は、同じく「すすきのエリア」の【さっぽろ名所 新ラーメン横丁】内にある【ふじ屋ヌードル】へ行って来ました。初訪問になります。

2015年12月【さっぽろ名所 新ラーメン横丁】内にオープンした【ふじ屋ヌードル】は、スグ近くに店を構える【札幌 Fuji屋】のセカンドブランド店で、つけ麺専門の本店とは違いラーメン本来の姿で勝負するラーメンの専門店。「ミシュランガイド北海道 2017 特別版」で「ビブグルマン」の評価を取得するほどの実力店で、常に行列の絶えない超絶人気店なんです。ちなみに、「TEAM NACS」の冠番組【ハナタレナックス】の超人気企画「KING OF RAMEN in 中央区」で紹介され、【札幌市】【中央区】を代表する4店舗のひとつにも選ばれています(´ω`)


c0378174_17582409.jpg
ビール 500円。

ビールの銘柄は「サッポロクラシック」。飲み屋ではないのでお通しは無し。それにしてもホント良く飲むなぁ。


c0378174_17583352.jpg
c0378174_17583994.jpg
黒醤油 800円。

ふじ屋ヌードル】に来たのであれば「チームナックス」のメンバーが絶賛していた「黒醤油」を食べるしかないという事でオーダーしてみました。今流行りの細麺を使用した中華そば系なのかと思ってたら、【西山製麺】の中太縮れ麺を使用した柔と剛を兼ね備えたハイブリッドなラーメン。風味豊かで煮干が心地良く感じるあっさりした魚介系の柔のスープと、札幌市民では超お馴染み【西山製麺】の剛の麺がバランス良く合わさりめちゃめちゃウマイッ! レアチャーシューの出来栄えも完璧で、隙の無い一杯でした(´¬`)


c0378174_17584776.jpg
白醤油 800円。

こちらは「黒醤油」と対極に位置する「白醤油」。豚白湯と煮干しのWスープが特徴で、あっさりとしているのにコクが深い食べ応えのある一杯でした。これもまたマジで美味しいヤツです。


実は以前にも【ふじ屋ヌードル】にアタックを仕掛けた事があるんですが、そのときはあまりの行列の前に逃げ帰って別のラーメン屋さんに行ってしまったんですよね。この日は行列がそこまででもなく、無事に美味しいラーメンを食べる事ができました。再訪問は確定だけど、本店である【札幌 Fuji屋】にも行ってみたいですねぇ。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



ふじ屋 NOODLE
●住所 北海道札幌市中央区南4西3丁目 第3グリーンビル1F 新ラーメン横丁内
●電話 011-552-0248
●営業時間 18:00~翌3:00
●定休日 日曜・不定休有り
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



# by mocohe23 | 2019-01-16 18:30 | 札幌市 中央区 | Comments(0)

酒場ジロー/札幌市 中央区

2018年5月4日(金)



c0378174_11581305.jpg
北区】の【大阪屋台風居酒屋 恵美須商店 北24条店】で昼飲みした後は、【中央区】の「すすきのエリア」にある【酒場ジロー】へと移動。初訪問になります。

c0378174_11582160.jpg
2018年2月にオープンした【酒場ジロー】は、すすきのの裏路地にある隠れ家的居酒屋。低温熟成の肉料理をはじめ、新鮮な海鮮料理や店主の創作料理が凄く美味しいと情報番組や雑誌などのメディアにとりあげられるほど。オープンしてまだ1年もたってはいませんが現在は予約必須の人気店までに成長。今後も目の離せない注目店なんです(´ω`)


c0378174_11582790.jpg
ビール 450円。
お通し ???円。

ビールの銘柄は「プレミアムモルツ」。お通しは特製の「茶碗蒸し」。旬の食材がふんだんに盛り込まれており、絶品でおかわりしたくなるほどの美味しさでした(´¬`)


c0378174_11584573.jpg
おまかせお肉盛り合わせ 1000円。

酒場ジロー】の名物といえば低温熟成の肉刺。単品でも良かったのですが、どうせなら色々な種類を食べたいので盛り合わせを注文してみました。内容はタン・ハツ・レバーの3種。粗塩かごま油でいただく系のヤツなんですが、こんなの食べる前から美味しいと判明しているフォルムなんですよねぇ。もちろん、どいつもこいつも美味しかったです(=¬=)


c0378174_11585552.jpg
新政 No.6(R-type) ???円。

「新政」は大人気の【秋田県】の銘酒であり、「新政 No.6」は唯一の定番生酒。6号酵母の魅力をダイレクトに表現することを目的に醸造されるラインが「NO.6(ナンバーシックス)」。今では入手困難で定価以上での価格で市場に出回るほどの人気ぶりなんだとか。微かな炭酸を感じる上品な酸味と端麗でキレのある味がなんとも心地良い(=ω=)


c0378174_11590342.jpg
やみつきアボガド 500円。

アボガドにかつお節とわさびと醤油和えた今までになかった酒の肴。ひと口食べて「やみつき」と表記されている理由に納得がいく一品。てか、マジでウマイッ!


c0378174_11591173.jpg
氷結サワー(キウイ) 400円。
氷結サワー(オレンジ) 400円。

リピーター急増中だという「氷結サワー」2種をオーダー。味うんぬんより見た目のインパクトが凄い。メニュー表にも「SNS映え」って書いてあったしw


c0378174_11591700.jpg
鶏セセリ炭火焼き(ネギ塩) 500円。

「ネギ塩」と「おろしポン酢」の2種類から選べるセセリの炭火焼き。鶏肉自体の旨味が強くめちゃめちゃ美味しいヤツでした。今回はネギ塩だったけど、おろしポン酢も間違いないと思われます。


2軒目だったので料理はそんなに食べてませんが、お店の雰囲気や店員さんの対応、もちろん美味しい料理と全てにおいて非常に良い感じでした。オープンしてまだ日が浅いのにメディアに取り上げられるのもうなずけます。間違いなく再訪問決定でしょう。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



酒場ジロー
●住所 北海道札幌市中央区南6条西3丁目 エイトビル1F
●電話 011-563-9900
●営業時間 17:00~翌0:00
●定休日 日曜
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



# by mocohe23 | 2019-01-13 18:00 | 札幌市 中央区 | Comments(2)

大阪屋台風居酒屋 恵美須商店/札幌市 北区

2018年5月4日(金)



c0378174_20395859.jpg
この日のは【札幌市】【北区】の「北24条エリア」にある【大阪屋台風居酒屋 恵美須商店 北24条店】へ昼飲みに行って来ました。2度目の訪問になります。

c0378174_20403739.jpg
ここ数年市内で一気に店舗数を増やしている【大阪屋台風居酒屋 恵美須商店】。その名の通り大阪の屋台をイメージしたような店内は大衆的で落ち着く。飲み物や食べ物はリーズナブルでお財布に優しい。更にお通しがないのも嬉しいところ。昼はランチ営業なんですが、普通に飲み放題もできるし、通常の一品料理も注文できる。非常に使い勝手が良く、人気上昇中の居酒屋さん(´ω`)


c0378174_20410228.jpg
えびすハイボール 290円。
馬肉のカルパッチョ 590円。

この頃の自分はハイボールスタートが常識。ハイボールを飲み続けると記憶が飛びやすい事が後に判明したので今は禁止にしておりますw 馬肉のカルパッチョは【恵美須商店】の大人気メニューのひとつ。あっさりしているのに旨みが強く酒の肴にピッタリな一品。


c0378174_20441167.jpg
牛串カツ 100円。
豚串カツ 100円。
せせり串カツ 100円。
あかせん串カツ 100円。
つくね串カツ 100円。
にんにく串カツ 100円。
チーズ串カツ 100円。
てっちゃん串カツ 150円。
キス串カツ 100円。

肉系の串カツはもちろん美味しいんですが、自分の中ではキス(唯一の魚系)の串カツがNo.1なんです。どこで食べても美味しいんですよね。揚げたてはオールウマイ!(´¬`)


c0378174_20442040.jpg
馬刺しユッケ 590円。

馬肉が大好きな知人と一緒だったので、この日2回目の馬肉系が登場。ホント臭みがないし卵黄パワーでよりまろやかになるし。


c0378174_20442943.jpg
山盛りアサリの酒蒸し 390円。
チャンジャ 320円。

人気No.5だという「アサリの酒蒸し」。これは初めて【恵美須商店】に来たときにも食べた自分の中ではレギュラーメニューです。リーズナブルでボリューミィ。もちろん味も間違いないヤツです。「チャンジャ」もう酒の肴の定番中の定番。チビチビ食べてお酒をグビグビやるのが良いんですよねぇ(=ω=)


c0378174_20443662.jpg
牛ステーキ 490円。

人気No.7の「牛ステーキ」。リーズナブルなのに本格的なカットステーキなんですよコレ。これはビールに良く合います。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



大阪屋台風居酒屋 恵美須商店 北24条店
●住所 北海道札幌市北区北23条西4丁目2-24 第4長寿庵ビル1F・2F
●電話 050-5284-9848
●営業時間 11:30~翌1:00
●定休日 無休
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



# by mocohe23 | 2019-01-10 18:00 | 札幌市 北区 | Comments(2)

牛角/岩見沢市

2018年12月21日(金)



c0378174_14551395.jpg
この日は【岩見沢市】の【JR岩見沢駅】から徒歩10分の場所にある【牛角 岩見沢店】で忘年会でした。初訪問になります。


1996年創業の【牛角】(当時の名前【焼肉市場 七輪】)は、七輪を据え付けたテーブルやカウンターで肉を焼くスタイルの焼肉レストランチェーン。経営は【レインズインターナショナル】で、【牛角】の他にも【しゃぶしゃぶ温野菜】や【鳥でん】といった人気店を展開している。中でも【牛角】の店舗数は圧倒的に多く、日本各地に展開しているので知らない人はほぼいないといっても過言ではない超メジャー焼肉店なんです(´ω`)


焼肉食べ飲み放題コース 4000円。

今回のコースは「忘年会特別企画」だそーで本来は4000円ではなく5356円なんだとか。制限時間は90分と短めだけど、美味しいお肉とお酒がガンガン食べ飲みできるのは良い。年末ぐらいはちょっとぐらい贅沢してもばちは当たらない(´ω`)


c0378174_14552393.jpg
生ビール。
ジンジャーエール。
やみつき塩キャベツ。
タン塩。
キムチ。

何はともあれ1杯目は生ビールで乾杯。仕事帰りのビールはたまらなくウマイ! お通し的なものというか、最初に固定で提供されるのが「やみつき塩キャベツ」と「タン塩」の2品。どちらも安心安定の美味しさ。「キムチ」も良い感じでした。


c0378174_14554714.jpg
牛バラトロカルビ(塩ダレ)。

1番最初に注文した牛バラのトロカルビ。後にも先にもコイツが1番美味しかったかも(´¬`)


c0378174_14555573.jpg
チキンバジル。

鶏モモ肉をバジルソースで絡めた誰がどう考えたって美味しいヤツです。


c0378174_14584322.jpg
デジカルビ(タレ)。

デジカルビってのがなんだかよくわからないけどジャンル的には「豚」のカルビ。豚肉特有の甘味がしっかりしており臭みは全くありません。ウメェ!(´¬`)


c0378174_14580495.jpg
ネギたまごはん(小)。

炊き立てご飯の上に刻みネギと温玉が乗ったもの。自分は酒飲みなので食べてはいませんがネギがめちゃめちゃ固かったらしいww まぁ、それでも温玉効果で美味しいのは間違いないんです。


c0378174_14560972.jpg
ラムジンギスカン。

北海道】のソウルフードといえばジンギスカン。注文しないわけにはいきません。ラム肉独特の味が良いんですよねぇ。


c0378174_14562134.jpg
チーズフォンデュ de チキンバジル

上記に書いてあるチキンバジルにチーズフォンデュがプラスされたもの。ただでさえ美味しいチキンバジルにとろっとろのチーズが加わって旨さが何倍にも膨れ上がります(=¬=)


c0378174_14563850.jpg
熟成上ロースステーキ。

このコースのメニューの中で1番の目玉がこの熟成上ロースステーキ。これが食べ放題プランに入ってるのは驚きですが、写真だけ撮って自分は食べてないってゆーねww


c0378174_14565331.jpg
ヨーグルトアイス。

〆のデザートはヨーグルトのアイスをチョイス。アイスとブルーベリーの甘味とヨーグルトの酸味がマッチして脂っぽくなった胃袋をさっぱりさせてくれます。


c0378174_14570104.jpg
現在【札幌市】在住の自分ですが、16時30分に仕事が終わって18時から【岩見沢市】で始まる忘年会に参加するのは中々の至難業でした。この日はたまたま積雪も少なく車の運転も思いのほかスムーズに行ったけど、それでも【牛角 岩見沢店】に到着したときは18時は過ぎていましたねぇ。制限時間90分も自分にとっては実質60分ぐらいだったのでめちゃめちゃ急いで飲み食いしたんですよ。ゆっくり落ち着いて焼肉を堪能したかったなぁ(´Д`;) あ、帰りは飲まない人に自分の車を運転してもらってるので飲酒運転ではありませんよ。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



牛角 岩見沢店
●住所 北海道岩見沢市四条西1丁目1-1
●電話 0126-24-1129
●営業時間 17:00~翌0:00
●定休日 12月31日、1月1日
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



# by mocohe23 | 2019-01-06 18:00 | 空知地方 | Comments(2)

COCO'S/札幌市 東区

2018年12月30日()



c0378174_11465128.jpg
この日のランチは【札幌市】【東区】の「本町エリア」にある【COCO'S(ココス) 札幌本町店】でした。ブログにUPするのは初だけど2度目の訪問になります。


c0378174_11465945.jpg
株式会社ココスジャパン】が運営する【COCO'S(ココス)】は、ハンバーグなどを中心とする日本型ファミリーレストラン。大人気の「ビーフハンバーグステーキ」をはじめ、国民的大人気アニメ【ドラえもん】を起用した楽しいおこさまメニューなど老若男女問わず誰でも満足できる多種多様なメニューラインナップがウリ。深夜まで営業している事もあり使い勝手の良いファミリーレストランなんです(´ω`)


c0378174_11470713.jpg
ビーフハンバーグステーキ 690円。
ライス 180円。

最大の人気メニューだという「ビーフハンバーグステーキ」に「ライス」を付けてオーダー。4種類あるソースは「メンドテール(ガーリックバター風味)&だし醤油」を選択。表面は焼かれているけど中はレア中のレア状態。それを付属のペレットの上に乗せ自分好みの状態まで焼いて食べるシステムなんですが、これがまた非常に面倒くさい。面倒くさいんだけどウマイ! ガーリックバター醤油と合うこと合うこと。めちゃめちゃご飯が進みます(´¬`) てか、自分の中に 【COCO'S(ココス)】のハンバーグは四角いという記憶があり、昔来たときもコイツを食べたんだと思われます。


c0378174_11471595.jpg
ハンバーグ 690円。
ライス 180円。

こちらは「ビーフハンバーグステーキ」とは打って変わって超正統派の「ハンバーグ」。選べるソースは玉ねぎと醤油の和風仕立てな「ジャポネギソース」を選択。ふっくらジューシィで完成度の高いハンバーグなんですが、良い意味で正統派、悪く言えば普通過ぎる味なんですよね。もっと奇抜なソースを選べばまた違ったのかな。


最大の誤算だったのが年末でランチメニューをやってなかったこと。メインとライスが別なので支払いがかさんでしまいました。税込みにすると一人1000円弱かぁ。う~ん(´Д`;)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



COCO'S 札幌本町店
●住所 北海道札幌市東区本町2条3丁目8-7
●電話 011-789-4115
●営業時間 10:00~翌2:00
●定休日 無休
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



# by mocohe23 | 2019-01-05 18:00 | 札幌市 東区 | Comments(0)

炭焼居酒屋 よってけ屋/札幌市 北区




2019年あけましておめでとうございますヾ(o´∀`o)ノ


最近は仕事の疲れで記事をUPできない日も増えてきましたが、今後ともこの食べ歩き系ブログ【貧乏なりに食べ歩く】と【貧乏なりに食べ歩く 第二幕】をドーゾよろしくお願い致しますm(_ _)m



2018年12月31日(月)



c0378174_14323553.jpg
2018年の大晦日は【札幌市】【北区】の「北34条エリア」にある【炭焼居酒屋 よってけ屋】で毎年恒例のおせち料理を購入してきました。ブログにUPするのは6回目になります。

メインの通りからほんの少し奥まった場所にある居酒屋【炭焼居酒屋 よってけ屋】。店主は元々札幌市内にあった老舗ステーキレストランの出身で、この道うん十年の大ベテラン。焼き物をはじめ煮物や揚げ物にも高い評価を得ている。また、ランチタイム営業もしており、リーズナブルでボリューミィな定食を提供。知る人ぞ知る穴場的人気居酒屋さんなんです(´ω`)


c0378174_14324278.jpg
c0378174_14325099.jpg
c0378174_14330188.jpg
よってけ屋の特製おせち 12000円。

全て店主の手作り、素材にもとことんこだわった特製のおせち料理は予約販売のみ。というか、店主の知り合い限定なんだと聞いたような。今回の内容も非常にゴージャスで食べ応えじゅうぶん。やっぱ1番目を引くのが巨大なロブスター。大好きな出汁巻き玉子やローストビーフ、鯛の尾頭やいくらの醤油漬けなんかもめちゃ良い感じ。かずのこ、煮豆、くりきんとん、チャーシュー、鶏の野菜ロールなどなど正月らしい美味しいものがてんこ盛り(´¬`)


前回の記事にも書いたけど、北海道民は大晦日におせち料理を食べると以前【秘密のケンミンSHOW】でやっていたんですが、本当にその通り。正確には大晦日から三が日の間ダラダラ食べ続けるというパターンのヤツです。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



炭焼居酒屋 よってけ屋
●住所 北海道札幌市北区北35条西5丁目1-15 折目ビル1F
●電話 011-756-2205
●営業時間 12:00~15:00 17:00~24:00
●定休日 不定休
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



# by mocohe23 | 2019-01-01 18:00 | 札幌市 北区 | Comments(4)

炭火居酒屋 炎/札幌市 中央区

2018年12月23日()



c0378174_10290971.jpg
凡の風】で美味しいラーメンを食べた後は、同じく【中央区】の「すすきのエリア」にある【炭火居酒屋 炎 ラフィラ店】へ行ってきました。ブログには数回しかUPしてないけど、実際は物凄い通ってるんですよね。



食材と美味しさにこだわった飲食店を展開している【伸和ホールディングス】の居酒屋チェーン店【炭火居酒屋 炎】。生つくねがウリで、道内契約養鶏所にて、つくねに合う若鳥を育ているほどのこだわりっぷり。もちろんつくね以外にもチカラを入れており、どれを食べてもハズレがない。通常メニュー、飲み放題共にリーズナブルで、週末にもなると大勢のお客でにぎわう人気居酒屋。また、店舗によってはランチ営業を行っておりリーズナブルな価格で定食を提供している(´ω`)


c0378174_10291623.jpg
ウーロンハイ 280円。
お通し 300円。

飲み放題にはしなかったのでアルコールメニューの中で1番安いウーロンハイを選択。お通しは何の変哲もないきんぴらごぼう。可もなく不可もなくといった味でした。


c0378174_10294089.jpg
道産塩ザンギ 290円。

「日本唐揚協会」が主催する【第7回 からあげグランプリ】で金賞を受賞したという鶏の唐揚げ。さすが金賞を受賞しただけあり、やわらかくてジューシィな食感がたまらない。この美味しさで290円はお得過ぎる(´¬`) クリスマスシーズンだったのでチキンを食べにと【炭火居酒屋 炎 ラフィラ店】へ来たけど、ザンギや焼き鳥ではクリスマス感は一切でないねww


c0378174_10293214.jpg
ぱりぱりチーズ春巻き 390円。

揚げたてサクサクの皮の中にはとろーり溶けた美味しいチーズが入ってるという良くあるチーズin春巻きってヤツです。なんだかんだで美味しいんですよねぇ。


c0378174_10294705.jpg
長芋わさび 390円。

青森県産の良質な長芋を使用した酒の肴。風味豊かでコクのある長芋に、わさびプラスしたというものなんですが、全然わさびの味がしなかったという。まぁ、それでも長芋自体が美味しいので結果満足はできたけど。


c0378174_10292529.jpg
どでかなんこつ生つくね串 200円。

「期間限定メニュー」という事で、どでかなんこつ生つくね串をオーダー。「どでか」とうたってるわりにはそこまで大きくはないんですが、【炭火居酒屋 炎】のつくねは棒状が定番なのに団子スタイルで運ばれてきた事に驚きを隠せませんでした。味はもちろんうましです(´¬`)


それではみなさん良いお年をm(_ _ )m


※記事 モコ平



炭火居酒屋 炎 ラフィラ店
●住所 札幌市中央区南4条西4丁目 すすきのラフィラ8F
●電話 011-511-3772
●営業時間 11:00~23:00
●定休日 無休
●駐車場 有り(ラフィラ駐車場)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



# by mocohe23 | 2018-12-31 18:00 | 札幌市 中央区 | Comments(6)

凡の風/札幌市 中央区

2018年12月23日()



c0378174_20350801.jpg
この日のランチは【札幌市】【中央区】の「南8条エリア」にある【凡の風】へ行ってみました。初訪問になります。


2006年5月にオープンした【凡の風】は、店主のこだわりが詰まった繊細で優しい味のラーメンがウリのお店。清潔感があり、まるでカフェのようなお洒落な店内で食べる至極の一杯は、まさに究極。メディアにも数多く取り上げられ、平日でも行列の絶えない超絶人気ラーメン店なんです。ちなみに、「TEAM NACS」の冠番組【ハナタレナックス】の超人気企画「KING OF RAMEN in 中央区」で紹介され、【札幌市】【中央区】を代表する4店舗のひとつにも選ばれています(´ω`)


c0378174_20351856.jpg
c0378174_20352654.jpg
中華そば 純鶏出汁醤油 750円。

凡の風】に来たのであれば「チームナックス」のメンバーが絶賛していた「中華そば 純鶏出汁醤油」を食べるしかないという事でオーダーしてみました。ルックスは美しく繊細で食べる前から美味しいと判明してるタイプのヤツです。見た目とは裏腹にスープが斬新で今まで食べた事がないような味。一般の醤油ラーメンの味とは違い、醤油の味がダイレクトに伝わってくるアグレッシブでありながらどこか繊細で優しい味のスープなんですよね。この今までに味わった事のないパターンのスープが、特注の中細ツルシコ麺と合うこと合うこと。その完成度の高さから一瞬で完食してしまうってゆーね(´¬`)


c0378174_20353471.jpg
中華そば 鶏と魚出汁の塩 750円。

「中華そば 純鶏出汁醤油」とは打って変わってどこまで行っても優しい味の塩ラーメン。鶏と魚介のスープが心と胃袋を優しく包み込んでくれるんですよねぇ。酒飲みには非常に有難い一杯でした。


超絶人気店だけあり40分以上並んで待ちましたが、それでも満足できるほどの美味しいラーメンでした。店の場所が自分の行動範囲外なんですが、このラーメンの為なら普段使う事のない市電に乗るのもいとわないでしょう。再訪問確定ッ!


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



凡の風
●住所 北海道札幌市中央区南8条西15丁目1-1 ブランノワールAMJ815 1F
●電話 011-512-2002
●営業時間 11:00~16:00 18:00~21:00(月火木金) 11:00~16:00 17:00~20:00(土日)
●定休日 水曜
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



# by mocohe23 | 2018-12-24 18:00 | 札幌市 中央区 | Comments(2)

イソップベーカリー/札幌市 東区

2018年10月22日(月)



c0378174_19031095.jpg
この日のランチは【札幌市】【東区】の【地下鉄東豊線北13条東駅】から歩いて数分の場所にある【イソップベーカリー 本店】で購入したパンでした。初訪問ではありますが、ブログにUPするのは2度目になります。

札幌市】に2店舗をかまえる【イソップベーカリー】は、種類豊富は焼き立てパンを提供する市内でも屈指の人気を誇るパン屋。数多くのメディアに取り上げられており、過去に発行された雑誌【poroco】では、読者が選ぶ「美味しいパン屋」特集で1位を獲得したほどの超実力店なんです(´ω`)


ちなみに、以前【東区】の「新道エリア」に存在した【カフェ・ド・イソップ】はなかったことになってます。まぁ、あれは実力を覆すほど立地の悪い呪われ物件だったしね(´Д`;)


c0378174_19032322.jpg
タルタルフィッシュサンド 170円。

白身魚のフライ、タルタルソース、シャキシャキレタスがサンドされたパン。自分はどーしてもこのフィッシュバーガー的なヤツを購入してしまう傾向にあります。だって文句なくウマイから(´¬`)


c0378174_19033306.jpg
醤油ハムエッグパン 210円。

ハムエッグやベーコンエッグ系のパンは数あれど、醤油ベースで味付けされたヤツってあんま聞いた事がないかも。和と洋のコラボレーションがたまらなく美味しい一品です。


c0378174_19034193.jpg
明太ちくわぱん 160円。

北海道】では某有名店のおかげでメジャーなちくわパン。その明太子バージョンみたいな感じです。こんなのどう考えても間違いなく美味しいヤツでしょう。


c0378174_19034825.jpg
厚焼きたまごぱん170円。

卵に浸した厚めのトーストに玉子サラダを挟んだサンドイッチ。うーむ、有りそうでなかったスタイルのパンだなぁ。ウマしッ!(´¬`)


c0378174_19035698.jpg
c0378174_19040479.jpg
c0378174_19042060.jpg
c0378174_19041240.jpg
c0378174_19042687.jpg
元々完成度が高くて美味しい【イソップベーカリー】のパン達を、天気が良かったので【サッポロ さとらんど】で食べました。ピクニック効果発動で美味しさが2倍になった! まぁ、気分の問題ですけどw


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



イソップベーカリー 本店
●住所 北海道札幌市東区北13条東2丁目2-5
●電話 011-723-3713
●営業時間 7:30~20:00
●定休日 月によって変動
●駐車場 有り(25台)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



# by mocohe23 | 2018-12-21 18:00 | 札幌市 東区 | Comments(0)

大衆食堂 半田屋/札幌市 東区

2018年12月15日()



c0378174_19173494.jpg
この日のランチは【札幌市】【東区】の「北34条エリア」にある【大衆食堂 半田屋 新道丘珠店】へ行って来ました。この店舗は4年ぶりの訪問になります。

c0378174_19174215.jpg
c0378174_19175035.jpg
大衆食堂 半田屋】は、直営およびフランチャイズにより全国展開している大衆食堂。元々【めしのはんだや】のブランド名で、【仙台市】や【札幌市】を中心にチェーン展開していた。最大のウリは、並んでいる多種多様の単品おかずから自分の好きなものをトレーにのせ、窓口でご飯や麺類などの主食を注文するセルフシステム。このシステムとリーズナブルな価格設定により自分の好きなものを好きなだけ気兼ねなく食べられるという夢のような食堂なんです(´ω`)


c0378174_19175787.jpg
ハムカツ 140円。
餃子 150円。
めし(ミニ) 100円。

揚げたてではないにしろ大きなハムカツが140円ってのはお得。ソースをかけてライスと一緒に口にかき込めばそれだけでもパラダイス♪ 餃子はミニマムさがハンパないけどジューシィで美味しい。ミニサイズのライスは一般家庭でいう普通盛り。


c0378174_19180470.jpg
ねばねば 200円。
八宝菜 220円。
めし(ミニ) 100円。

温玉、オクラ、ワカメ、とろろ、納豆を邪教の館で5身合体させると誕生するねばねばは、間違いなくカラダに良い属性のヤツです。220円の八宝菜も普通に満足できる味なんですよ。


全然カンケーないけど、隣に座ってた体格の良いオニーサンが、カレーライスとラーメンとナポリタンを同時に食しておりました。オール炭水化物系!?Σ(ΦДΦ;) まぁ、他の店ならそんな食べ方はできないけど、【大衆食堂 半田屋】ならその3種を注文しても合計800円ぐらいなんですよねぇ。好きなものを安く食べたいときは【大衆食堂 半田屋】がオススメです。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



大衆食堂 半田屋 新道丘珠店
●住所 北海道札幌市東区北34条東27丁目7-1
●電話 011-786-1141
●営業時間 24時間営業(年末年始営業時間短縮有り)
●定休日 元旦
●駐車場 有り(25台)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



# by mocohe23 | 2018-12-19 19:30 | 札幌市 東区 | Comments(0)

中華バル SABUROKU360/札幌市 北区

2018年10月13日()



c0378174_19212342.jpg
この日の夜は【札幌市】【北区】の「北24条エリア」にある【中華バル SABUROKU360】で飲んできました。2度目の訪問になります。

2016年の4月にオープンした【中華バル SABUROKU360】。大阪・東京・札幌で修行、あの中華料理界の巨匠「陳建一」の弟子であり 若くして【四川飯店】【ルネサンスホテル】【美麗華】で鍋を振ってきた奇才の作る本格中華をリーズナブル味わえるのが最大の特徴。「北24条エリア」においては数少ない昼からお酒を飲める店であり、ディナーでの食事のみのお客も大歓迎という、客の好みのスタイルで楽しめる人気急上昇中の中華バルなんです(´ω`)


c0378174_19213164.jpg
飲み放題(120分) 1680円。
お通し ???円。

チェーン店の居酒屋ではないので飲み放題の価格はちょっとお高め。とりあえずビールとカルピスサワーでカンパイ♪ お通しは、ほのかに香る紹興酒独特の香りと醤油(?)で味付けされた枝豆の紹興酒漬け。これが通常メニューにして欲しいほどの美味しさ!


c0378174_19213902.jpg
中華タパス 3点盛り 980円。

この日の3点盛りの内容は、よだれ鶏、ピータン、トマトと野菜のピクルスでした。よだれ鶏は鶏もも肉の冷菜に辛味のある香味ソースをかけたものでウマイ。ピータンは外側がゼリー状になっていて、中の卵の部分はクリーミィ。酸味のある中華ソースと相まって絶妙の美味しさ。トマトと野菜のピクルスも甘酸っぱくて良い感じ。


c0378174_19214961.jpg
鱈とクリームチーズ春巻(2本) 480円。

先に言っておくとコイツはマジでヤバイぐらいウマイッ! あっさりした鱈の白身と溶けたチーズと大葉が春巻きの皮で巻かれたシンプルな料理ですが、食材ひとつひとつの味と組み合わせが絶妙で超絶美味しい(´¬`)


c0378174_19215616.jpg
激辛!!陳麻婆豆腐 880円。

前回食べて自分の中で殿堂入りをした麻婆豆腐。【中華バル SABUROKU360】の麻婆豆腐は四川風で旨みや辛味、その他もろもろのバランスが絶妙。これはお店人気No.1の陳麻婆豆腐の激辛バージョンです。


c0378174_19221194.jpg
ザンギ(2ヶ) 380円。

2個だと少ないようなイメージがありますが、ここのザンギ(北海道でいう鶏の唐揚げ)は大ぶりでボリューミィ。カラっと上がっており、外はサクサク中はジューシィという典型的な美味しいザンギです(´¬`)


c0378174_19220470.jpg
海老と卵の塩味炒め 880円。

黒板メニューの中からチョイスした一品。海老、卵、きくらげ、ほうれん草などを炒め、塩味の餡を絡めたシンプルな料理なんですが、これがまた絶品でお土産に持って帰りたいぐらいでしたw


いや~初訪問時にめちゃめちゃ美味しかったので今回2度目の訪問を決行しましたが、やっぱり【中華バル SABUROKU360】は何を食べてもウマイッ!(´¬`) 次はランチ時間に行こうかな。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



中華バル SABUROKU360
●住所 北海道札幌市北区北24条西4丁目4-22 三浦ビル1F
●電話 011-736-5800
●営業時間 11:30~15:00 17:00~23:30(日~水) 17:00~翌0:30(金土)
●定休日 木曜・年末年始
●駐車場 有り(コインパーキング 2000円以上の会計で200円引き)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



# by mocohe23 | 2018-12-17 19:30 | 札幌市 北区 | Comments(0)

牡蠣喰家来(かきをくうならうちにこい) かきくけこ/札幌市 中央区

2018年11月22日(木)



c0378174_10240063.jpg
この日は【札幌市】の「南3条エリア」にある【牡蠣喰家来(かきをくうならうちにこい) かきくけこ 3.4店】に行ってきました。初訪問になります。


c0378174_10235372.jpg
牡蠣喰家来 かきくけこ】は、【活菜旬魚 さんかい】系列の新ブランド店。元々人気のある【活菜旬魚 さんかい】が基盤になっているだけあり、味と価格には絶対の自信とこだわりを持つ。「牡蠣を喰うなら家に来い!」がコンセプトになっており、昆布森産の牡蠣を毎日1個100円で提供している。また、手羽先の本場【名古屋市】で毎年開催されている【第5回 名古屋手羽先サミット】で金賞を受賞したという特製の手羽先も大人気。店内は個室席や掘りごたつ席、テーブル席、カウンター席等あり、色々なシーンに合わせて使える。週末のみならず平日も予約の絶えない人気居酒屋なんです(´ω`)


c0378174_10240835.jpg
飲み放題(90分) 780円。
お通し ???円。

飲み放題はクーポン利用でビール付き90分780円と格安。お通しは業務用のマカロニサラダ。これは安心安定のヤツです。


c0378174_10241533.jpg
牡蠣(1個) 100円。

昆布森産の牡蠣は小ぶりながらもプリッとした食感と甘みが堪らない。さすが店名にもなってるだけありレベルの高さが伺えます(´¬`)


c0378174_10242472.jpg
牛ユッケ 590円。

フレンチを起源とした低温調理をフル活用した牛ユッケ。旨みが濃いのにあっさりとした牛肉と卵黄の相性は異常なほど良い。


c0378174_10243431.jpg
炙り〆さば刺 690円。

ガスバーナーを使い客の目の前で豪快に炙ってくれるしめさばの刺身。パフォーマンスと美味しさが融合した一品。脂がのってて美味しい。


c0378174_10244223.jpg
焼き手羽先(1個) 100円。

注文したのは、塩、旨タレ、レッドホット、ハーブの4種。 ひとつひとつが大ぶりで、熱々ジューシィ。【第5回 名古屋手羽先サミット】で金賞を受賞したのがマジで理解できる美味しさ。中でもハーブと旨タレがお気に入り(´¬`) ひとつ難点を上げるとしたら熱々過ぎて手で掴むのに一苦労したところww


c0378174_10244961.jpg
DENO旨辛痺れ鶏唐揚げ 590円。

担担麺の超人気店【175°DENO 担担麺】とコラボしたという鶏の唐揚げ。特製のラー油と中国四川省の山椒で味付けされた唐揚げは旨みと辛味と痺れ味のバランスが絶妙。


c0378174_10245646.jpg
手作りカタラーナ 290円。

〆のデザートに注文したカタラーナは、甘くて美味しいんだけど想像を上回る固さでバッキバキww


祝日前だったので予約しての訪問だったのですが、後で店員さんに聞いたらギリギリセーフだったんだとか。人気があるのはわかったし、次回訪問時も予約は必須って事ですねぇ。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



牡蠣喰家来(かきをくうならうちにこい) かきくけこ 3.4店
●住所 北海道札幌市中央区南3条西4-20 東昌3.4ビルB1F
●電話 011-211-5335
●営業時間 17:00~24:00
●定休日 無休(臨時休業有り)
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



# by mocohe23 | 2018-12-15 18:00 | 札幌市 中央区 | Comments(0)

ぐうりん亭/美唄市

2018年11月30日(金)



c0378174_19243759.jpg
この日は【美唄市】の中心部、「国道12号線」に面したビルの2階にある【ぐうりん亭】に行ってきました。3年ぶり2度目の訪問になります。

c0378174_19244571.jpg
美唄市】で青春時代を過ごした人なら誰でも知っているというぐらい地元では有名な老舗喫茶店の【ぐうりん亭】。食事メニューは豊富かつリーズナブル。ちょっと暗めでノスタルジックな店内は非常に落ち着いた雰囲気でゆったりとした時間を過ごせる。今年で創業43年を迎え、親子3代で通うお客さんもいる地元民ご用達の人気店なんです(´ω`)


c0378174_19245380.jpg
ラザニア風スパゲティ 550円。

ぐうりん亭】の人気メニューといえばこのラザニア風スパゲティ。見た目じゃちょっとわからないけど、この溶けたチーズの下にクリームパスタが敷き詰められています。チーズの香ばしさとコクが優しい味付けのクリームパスタと相性抜群ッ! リーズナブルだし、これは良いものです(´¬`)


c0378174_19250038.jpg
しょうが焼定食 500円。

しょうが焼き、ライス、野菜サラダ、サラスパの4種が乗ったワンプレートにお新香とみそ汁がセットになった定食。メインのしょうが焼きの味付けは絶妙でご飯が進みまくります。この品数とボリュームでワンコインとか!Σ(ΦДΦ;)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



ぐうりん亭
●住所 北海道美唄市大通西1条南1丁目3-3
●電話 0126-62-0922
●営業時間 10:00~18:30
●定休日 火曜
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



# by mocohe23 | 2018-12-13 18:00 | 空知地方 | Comments(0)

焼肉 風樹/札幌市 東区

2018年10月3日(水)



c0378174_18502705.jpg
c0378174_18503668.jpg
この日は【札幌市】【東区】の「伏古エリア」にある【焼肉 風樹】へ行って来ました。初訪問になります。


今年で創業25年になる【焼肉 風樹】は、国産の和牛にこだわり、安心かつ高品質なお肉を提供してくれる焼肉店。鮮度の高いお肉を提供するため一つ一つ手切りで加工している。また、ランチ営業もしており、高品質でリーズナブルなランチメニューは、知る人ぞ知る人気メニュー。【東区】で焼肉を食べるなら【焼肉 風樹】と言われるぐらいの名店で、ランチタイムはもちろん、夕方の通常営業時も満席になるほどの人気店なんです(´ω`)


c0378174_18504580.jpg
赤肉ランチ 880円。

肉の種類は上カルビ、上サガリ、ジンギスカンの3種。それに、ライスとスープとお新香がセットになったランチメニュー。昼のメニューといえど肉は新鮮でそれもこれもウマイ!(´¬`)


c0378174_18505239.jpg
ジンギスカンランチ 550円。

前日の夜中、猛烈にジンギスカンが食べたくなり、迷う事なく注文した味付けジンギスカンの定食。かなりリーズナブルな価格設定なのに、ジンギスカンの味は間違いなく本物。全く臭みがなく旨味がハンパないヤツでした。タレがまた美味しいんですよ。


c0378174_18505904.jpg
自分が学生のときにオープンしたはずだから、創業25年ってのもうなずけます。当時は高いと聞いてたので行こうとは思いませんでしたが、あるラジオ番組で紹介されていたときにランチがリーズナブルだと聞いて今回の初訪問に至りました。夜のメニューを見てもそんなお高いわけではなさそーだったので、次回訪問時は夜にしたいと思います。てか、先週放送された【北海道】の情報番組【発見!タカトシランド】で丁度紹介されてたんですよねぇ。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



焼肉 風樹
●住所 北海道札幌市東区伏古8条4丁目7丁目10-11
●電話 011-785-8929
●営業時間 11:30~14:30 17:00~23:00
●定休日 無休
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



# by mocohe23 | 2018-12-12 19:00 | 札幌市 東区 | Comments(0)

きたむら田舎フェスティバル2018/岩見沢市

2018年8月19日()



c0378174_14132882.jpg
この日は【岩見沢市】の「北村地区」の【きたむら中央公園】で開催されてた【きたむら田舎フェスティバル2018】へ行って来ました。3年ぶり2度目の参加になります。

c0378174_14133792.jpg
毎年8月に「北村地区」で開催される【きたむら田舎(かっぺ)フェスティバル】は、数ある【岩見沢市】のイベントの中でも屈指の人気祭り。多種多様なイベントをはじめ、数々の屋台、そして豪華なゲストをむかえての迫力満点のライブパフォーマンスと、小規模ながらも熱意がハンパない熱いイベントなんです。なかでも年々グレードアップしてく「沼上連発花火大会」は必見で、毎年多くのファンが訪れる(´ω`)


c0378174_14134752.jpg
ビール 400円。
焼き鳥(10本) 1200円。

酪農青年部】ブースで購入したビールと焼き鳥。前回の冷凍とは違い、今回はちゃんと串打ちをしている本格派の焼き鳥が、キンキンに冷えたビール(アサヒスーパードライ)と相性バツグン! まぁ、しょっぱなからビールがすすむことすすむこと(=ω=)


c0378174_14140152.jpg
かけそば(温) 400円。

快適生活塾岩見沢手打ちそば同好会】ブースで購入した手打ちそば。普段なら冷たいそばを注文するところですが、この日は大雨で気温が低かったので温かいおそばをチョイスしてみました。うーむ、冷えたカラダに温かいそばが染み渡ります。こーいう同好会系のそばってそんじょそこらのそば屋のものよりレベルが高かったりするんですよね。うましッ!!


c0378174_14141196.jpg
ポテカラセット 500円。

もうこのブログではお馴染み【飯酒屋 ぼおの】ブースで購入したフライドポテトとぼおの特製ザンギのセット。揚げたて熱々で超絶美味しいザンギがビールのペースを更に加速。やめられないとまらない(´¬`)

c0378174_14142398.jpg
とり皮 ???円。
ビール 400円。

飯酒屋 ぼおの】さんからサービスでいただいたとり皮の唐揚げ。こんなモン酒の肴に超最適なの決まってるじゃないの。くっそウメェ! てか、【飯酒屋 ぼおの】でビール販売してるのをこのとき初めて知りましたww


c0378174_14143267.jpg
c0378174_14144007.jpg
牛ネギ味噌ガーリック麺 500円。

北村温泉ホテル】の【きたむら屋】ブースで購入したラーメン。牛、ネギ、味噌、にんにく、と魅力的なワードが盛沢山で、注文しないワケにはいかないですよね。あまりの美味しさに一瞬で完食。


c0378174_14144923.jpg
元祖!もちもちクレープ(ストロベリー生クリーム) 400円。

そばと牛タンと日本酒の店 SHIRO】ブースで購入したクレープ。隣町の【当別町】で作られた米粉を使用した生地は、その名の通りもっちもち。生クリームの甘味と苺の酸味のバランスが絶妙。〆のスイーツとしては十二分に役割を果たす美味しさ。


c0378174_14150063.jpg
c0378174_14150873.jpg
c0378174_14151716.jpg
c0378174_14152462.jpg
c0378174_14153152.jpg
c0378174_14153919.jpg
c0378174_14154783.jpg
c0378174_14155523.jpg
嬉しい誤算だったのが【ブギウギ専務】でお馴染みの「上杉周大」のミニライブ。全然イベントの下調べをしてなく、たまたま仕事が休みだったのでこの【きたむら田舎フェスティバル2018】会場に来たら「上杉周大」のライブがあったという。大雨の中でも会場は大盛り上がり! さすがはウエスギ専務といった感じでした♪ 余談ですが、このブログ【貧乏なりに食べ歩く 第二幕】の「第二幕」は【ブギウギ専務】の超人気企画「ブギウギ 奥の細道 第二幕」から取ってます(=ω=)

ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



# by mocohe23 | 2018-12-09 18:00 | 空知地方 | Comments(0)

札幌濃厚鶏白湯らーめん 鶏まさ/札幌市 中央区

2017年12月30日()



c0378174_13513695.jpg
薬師 四文屋 すすきの駅前店】で美味しい串焼きを食べてきた後は、同じく「すすきのエリア」にある【札幌濃厚鶏白湯らーめん 鶏まさ】へ行って来ました。初訪問になります。

2017年4月にオープンした【札幌濃厚鶏白湯らーめん 鶏まさ】は、その名と通り濃厚な鶏白湯スープがウリのラーメン店。新鮮な鶏をドロドロになるまで煮込み完成した、「超濃厚鶏白湯スープ」、こだわりの「つくね」、低温調理で炊いた「鶏チャーシュー」など、鶏にこだわり尽したラーメンを提供している。残念ながら現在は閉店しており、跡地には【串カツ 田中】が入っています。


c0378174_13514453.jpg
超濃厚鶏白湯(味玉付き) 900円。

こだわりの鶏白湯スープを更に濃厚にした超濃厚鶏白湯スープは、トロみと旨みがハンパなく、中細麺にからむからむ。こってりしているようでクセがなく、飲んだ後の〆にピッタリなラーメン。胸肉とモモ肉の2種類のチャーシューも良い感じ。これは美味しい一杯(´¬`)


c0378174_13515107.jpg
c0378174_13515954.jpg
知床鶏そば(醤油) 680円。

こちらは知床鶏を使用したあっさり系の中華そば。鶏の旨味が出ている醤油ベースのスープが、飲んだ後の胃袋に優しく染み渡ります。ラーメンを食べ進めていると下のほうからつくねが出てきてビックリ。コイツがまた美味しいんですよ。


この間、久しぶりに店の前を通ったら【串カツ 田中】になっていて、【札幌濃厚鶏白湯らーめん 鶏まさ】が閉店した事を知りました。なかなか美味しいラーメン屋さんだったので残念ですが、ラーメン激戦区の札幌では生き残れなかったんですねぇ。まぁ、こればかりはしょーがない(´Д`;)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



札幌濃厚鶏白湯らーめん 鶏まさ閉店
●住所 北海道札幌市中央区南4条西5丁目5-8
●電話 011-281-5338
●営業時間 17:00~翌5:00
●定休日 無休
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



# by mocohe23 | 2018-12-08 18:00 | 札幌市 中央区 | Comments(0)

薬師 四文屋/札幌市 中央区

2017年12月30日()



c0378174_19224449.jpg
タイ屋台メシ ジダパデラックス】でタイ料理を軽く食べた後は、同じく【中央区】の「すすきのエリア」にある【薬師 四文屋 すすきの駅前店】へ行って来ました。自分の中のレギュラー店なのでもう何回行ってるかわからない。


元々、【北海道】では鶏肉だろうが豚肉だろうが串に刺さっていて焼き上げたものを総じて「やきとり」と呼ぶ文化があり、「やきとん」という言葉は聞きなれないものでした。その「やきとん」をメジャーにしたのが関東圏から【札幌市】に進出してきた【四文屋】と言っても過言ではない。大衆酒場らしくリーズナブルな価格設定はもちろん、味も抜群に美味しいのが人気の秘訣。平日でも夜になると満席はあたりまえの超人気やきとん店なんです(´ω`)


c0378174_19225218.jpg
ハイボール 350円。

3軒目もやっぱりハイボールからのスタート。大丈夫! まだこの頃は記憶が飛んでません。いや、半分飛び掛かってたかな?(´Д`;)


c0378174_19231347.jpg
レバねぎ塩串(1本) 100円。

四文屋】といえばコレッ! お客さんの9割が注文するという超絶美味しいレバ焼きです。法律の改正により以前より生感は失われてしまったけど全然気にしない(´¬`)


c0378174_19232850.jpg
牛赤身冷製三点盛 600円。

どれがドコの部位だったか覚えてないけど、新鮮な牛の赤身の盛り合わせが600円とか。塩、ニンニク、生姜、と自分好みの調味料でいただけるのも嬉しいポイント。


c0378174_19233533.jpg
焼とん カシラ(1本) 100円。

豚串の中でも知る人ぞ知るカシラは、コメカミの部分らしく旨みと歯ごたえがたまらなく美味しいヤツです。ネギま仕様なのも良い感じ。


c0378174_19232084.jpg
豚冷製三点盛 500円。

これもまた【四文屋】ならではのメニューのひとつでしょう。左から、ハラミ、タン、レバー、だったかな? 何にしてもどれもこれもウマイ!(´¬`)


c0378174_19230477.jpg
焼野菜 にんにく(1本) 100円。

熱々ほくほくのにんにくを特製みそダレでいただきます。こんなのどう考えても美味しいに決まってる。


何度も通ってる【薬師 四文屋 すすきの駅前店】ですが、意外にも数回しか記事書いてなかったんですよね。まぁ、食べるものが毎回同じようなモンばっかだからしかたないw


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



薬師 四文屋 すすきの駅前店
●住所 北海道札幌市中央区南4条西3-1 ススキノビルB1F
●電話 011-512-0345
●営業時間 15:00~24:00
●定休日 無休
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



# by mocohe23 | 2018-12-07 18:00 | 札幌市 中央区 | Comments(0)

タイ屋台メシ JIDAPA DX(M's仲町)/札幌市 中央区

2017年12月30日()



c0378174_22114760.jpg
c0378174_22115546.jpg
5坪海らふ家】で牡蠣を堪能した後は、「南4条エリア」にある【タイ屋台メシ ジダパデラックス】へ行って来ました。2度目の訪問になります。



c0378174_22120436.jpg
2014年2月【M's仲町】の2階にオープンした【タイ屋台メシ ジダパデラックス】は、【THE MEAT SHOP】や【Q】、【亜細亜的惣菜店 マンハッタン】といった様々なジャンルの人気店を運営する【株式会社BUNS】の系列店の中の1店であり、【株式会社BUNS】を世に出した先駆け的なお店。幼少の頃から現地の屋台で腕を奮っていたというタイ人シェフが作る料理はまさに本場の味。タイの雰囲気が程よく香る店内は2フロアに分かれており、1Fはサクッと食事やバル感覚で、2Fは仲間内での宴会などに使う事ができる。平日でも入店が困難な超人気のタイ料理ダイニングバーなんです(´ω`)


c0378174_22121106.jpg
IPA 880円。
ハイボール ???円。
お通し ???円。

「IPA」は少し甘味を感じるトロピカルナ香りと、ふわっと広がる苦味がクセになるビール。いつものハイボールは安心安定のヤツ。お通しは2種類。南国風にアレンジされた枝豆はちょい辛でビールが進みます。もう一つのカシューナッツ炒めも美味しい。


c0378174_22122045.jpg
トムガーカイ 780円。

話鶏肉のココナッツミルクスープはトムヤムクンよりも優しい辛さのマイルド。冷えたカラダを優しく温めてくれます(=ω=)


c0378174_22122744.jpg
トムヤムクンラーメン 900円。

今まで食べたトムヤムクンの中でかなり美味しい部類ってのは前回訪問時にわかっていたんですが、そのラーメン入りバージョンが新発売されたって事だったので注文してみました。旨みと酸味、辛さのバランスがとれた若干とろみのあるトムヤムクンのスープが麺と良く絡みます。これは普段味わう事のできない超絶美味しいラーメン(´¬`)


数年前訪問時も思ったけど、オサーン2人で入るにはかなり勇気のいるオシャレなお店。店内は若い女性客ばっかだし。まぁ、1軒目の店から飛ばしてるので全然カンケーないんですがw


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



タイ屋台メシ JIDAPA DX
●住所 北海道札幌市中央区南4条西1-6-2 M's仲町2F
●電話 050-5890-9937
●営業時間 18:00~24:00
●定休日 月曜(第一日曜)
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



# by mocohe23 | 2018-12-06 18:00 | 札幌市 中央区 | Comments(0)

5坪海らふ家(M's EAST Ⅱ)/札幌市 中央区

2017年12月30日()



c0378174_19482547.jpg
この日は【札幌市】【中央区】の「創成イーストエリア」にある【5坪海らふ家】へ行って来ました。初訪問になります。


「すすきのエリア」に本店がある牡蠣の名店【5坪】と、油そば専門店【海らふ家】がコラボし誕生した【5坪海らふ家】が【M's EAST Ⅱ】内にオープンしたのは2015年7月のこと。5坪といいながら店内の広さが3坪なのはお約束。どちらの店の良いとこ取りのハイブリッド店なのはいうまでもなく、数種類揃うクラフトビールも人気。今では客の絶えない人気店なんです(´ω`)


c0378174_19483392.jpg
ハイボール 500円。

この頃の自分といえば、まんずハイボールからのスタートが決定事項。今ではたまーに飲むぐらいだけどw


c0378174_19484144.jpg
油そば(和風醤油) 700円。

平内麺が特製の和風醤油ダレと良く絡む。汁がないぶん意外にもさっぱりとした味わいで美味しい。〆じゃなくスタートダッシュで食べるのがツウ。なのか?w


c0378174_19485036.jpg
牡蠣の山わさび漬(3個) 490円。

他では味わえないであろう牡蠣の山わさび漬をオーダー。クリーミィな牡蠣と山わさびのツーンと来る辛さ… 合いますッ! ウメェ! (´¬`)


c0378174_19485930.jpg
牡蠣のアヒージョ(3個) 690円。

牡蠣の変化球系その②。どちらかっていうとアヒージョというよりバジル味のオリーブオイルで漬け込んだ感じ。これもまた絶品!


c0378174_19490703.jpg
ヴァイスブルスト(1本) 240円。

脂っこくなくあっさり系の白いソーセージ。ハイボールと相性が良い。


c0378174_19491475.jpg
牡蠣(1個) 105円。

そして最後は【5坪海らふ家】の名物である厚岸産牡蠣を生でオーダー。冬の寒さで身が引き締まった牡蠣は甘味が強くクリーミィで超美味い!(´¬`)


c0378174_19492142.jpg
お店を出ると空は真っ暗。雑居ビル【M's EAST】&【M's EAST Ⅱ】が良い感じに映えます。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



5坪海らふ家
●住所 北海道札幌市中央区南2条東1-1-8 M'sEAST II
●電話 011-271-1230
●営業時間 15:00~23:00(牡蠣が売り切れ次第終了)
●定休日 不定休
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



# by mocohe23 | 2018-12-05 18:00 | 札幌市 中央区 | Comments(2)