洋菓子専門の店 クランベリー/帯広市

2017年9月2日()



c0378174_15093058.jpg
2017 とかちマルシェ】で十勝の食を堪能してきた後は、同市内の「西20条エリア」にある【洋菓子専門の店 クランベリー 白樺通り店】へ行ってきました。初訪問になります。


洋菓子専門の店 クランベリー】は、1972年の創業以来、十勝・帯広で洋菓子を製造・販売しているお店。創業当初からの看板商品である「スイートポテト」をはじめとして、素材の味を最大限に活かす商品作り続けている。地元民はもちろんのこと、名物のスイートポテトを求め遠方から足を運ぶお客も多いという超人気スイーツ店なんです(´ω`)


c0378174_15093725.jpg
スイートポテト 1421円。

帯広市】のソウルスイーツと言っても過言ではない【クランベリー】のスイートポテトは、味・見た目ともにさつまいもの素材の良さをそのまま生かしたスイーツ。甘さ控えめで甘いのが苦手な自分でもパクパクいけちゃう美味しさ(´¬`) まぁ、お土産用に購入したのでそんな食べてないんですけどね。価格はグラム数によって異なるので必ずしも上記の値段だとは限りません。


今回の「十勝食べ歩きツアー」は数年ぶりでしたが、美味しいものが沢山あってやっぱ十勝は良いッ! 仕事の都合上1泊2日だったけど本当は2泊したかったーッ! まぁ、なんだかんだいって1泊でも十分楽しめたからいーんですけどねぇ。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



洋菓子専門の店 クランベリー 白樺通り店
●住所 北海道帯広市西20条南3丁目2-19
●電話 0155-34-6656
●営業時間 9:00~20:00
●定休日 元旦
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-07-16 18:00 | 十勝地方 | Comments(0)

2017 とかちマルシェ/帯広市

2017年9月2日()



c0378174_17213987.png
北の屋台】の【smoke dining bar 煙陣】で美味しい燻製料理を食べた次の日は、【JR帯広駅】周辺で開催されていた【2017 とかちマルシェ】へ行ってきました。初参加になります。



c0378174_17220495.jpg
c0378174_17215423.jpg
c0378174_17221788.jpg
とかちマルシェ】は、【JR帯広駅】の周辺を会場として開催する十勝最大の食と音楽のイベント。統一感のあるおしゃれな会場で、音楽の生演奏を聴きながら、十勝の食の魅力に触れることができる。【とかちマルシェ】だけの限定メニューや十勝産食材にこだわった料理や加工品、スイーツなど、十勝の食が一堂に会する超人気グルメイベントなんです(´ω`)


c0378174_17223707.jpg
いけだハンバーガー(レタス無し) 450円。

池田ワイン製菓】ブースで購入したハンバーガー。自分が大好きな「いけだ牛」を使用したパティはジューシィ&ボリューミィでめちゃウマイ!(´¬`) ちなみにこのバーガー本来は500円なんですが購入したときレタスが品切れだった為50円引きになってましたw


c0378174_17224976.jpg
c0378174_17225721.jpg
とろ~りとける ラクレットチーズ 400円。

共同学舎新得農場】ブースで購入したラクレットチーズ(バケット付き)。ラクレットチーズヒータの熱で溶けだしたチーズをバケットに乗せて食べる料理が美味しくないわけがない。これもまた酪農王国である十勝を代表する一品ですねぇ。


c0378174_17231104.jpg
十勝産豚串(1本) 200円。

サカモト食品】ブースで購入した豚串。十勝と言えば牛肉が美味しいイメージだけど、豚肉も負けず劣らず美味しいんです。当然この豚串も美味しいヤツ。先端がちょっと焦げちゃってるけど気にしないw


c0378174_17232319.jpg
十勝まるほとシチュー 200円。

帯広大谷短期大学・帯広大谷高等学校】ブースで購入したクリームシチュー。使用されている食材は全て十勝産。シャドークィーンやインカの目覚めといったあまりシチューには入らないような珍しいジャガイモが入っているのが特徴。ちょっとトロみが強かったけど、味は文句なく美味しい(´¬`)


c0378174_17234293.jpg
十勝牛和風ローストビーフ弁当 500円。

酒居】ブースで購入したローストビーフのお弁当。たまねぎと醤油がベースの和風ソースは日本人向けの味で、十勝牛のローストビーフと良く合います。もちろんソースが染み込んだご飯も美味しい。てか、これが500円とかお得過ぎる(=ω=)


c0378174_17235782.jpg
c0378174_17240508.jpg
マルゲリータ 500円。

パピリカ】ブースで購入したピッツァマルゲリータ。阿寒溶岩プレートを炉床に使用した北海道仕様のペレットオーブンで焼き上げたピッツァは本格的。十勝産100%の小麦とモッツァレラチーズ、トマトソースの組み合わせがこんなに美味しいなんて(´¬`)


c0378174_17241520.jpg
特大ゆり根の丸揚げ 500円。

旬彩酒房 海彦山彦】ブースで購入したゆり根の丸揚げ。外はカリっと中はホクホク、甘味がたまらなく美味しい一品。アンデス産の岩塩でいただきます。


c0378174_17242888.jpg
とかち牛じゃん麺 500円。

帯広物産協会】ブースで購入したラーメン。十勝が誇るブランド牛のひとつである「豊西牛」をふんだんに使用した牛じゃんが和風醤油スープに入る事により甘辛で深みのある美味しいスープに。十勝産小麦を使用したこだわりの中太ストレート麺がスープと良く絡み箸が進みます。トッピングの温玉でコクとまろやかさが増し、水菜でさっぱりといった死角のない縦横無尽なラーメンでした。


何年も前からずっと来たかったイベントにやっと参加する事ができました。初参加ということもあり普段食べる事のできないブースの料理の数々にテンションが上がりっぱなし。どれもこれも美味しいのはもちろんですが、全体的にリーズナブルなのも嬉しいところ。なかなか十勝地方に行く機会がないけれど、この【とかちマルシェ】はまた参加したいですねぇ。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-07-15 18:00 | 十勝地方 | Comments(0)

smoke dining bar 煙陣(北の屋台)/帯広市

2017年9月1日(金)



c0378174_11162289.jpg
c0378174_11163075.jpg
芽室町】の【ファミリーとんかつの店 あかずきん】で美味しいランチを食べた日の夜は、【帯広市】の【北の屋台】にある【smoke dining bar 煙陣】へ行ってきました。ブログで扱うのは7度目ですが、自身の訪問は3年ぶり6度目になります。



smoke dining bar 煙陣】は、素材の旨味をひきだした燻製創作料理のお店。生産者直送の食材などこだわりの料理や、店主自ら狩猟した鹿肉を使ったジビエ料理も人気。また、【三笠市】の【山崎ワイナリー】のワインを常時5種類取り扱っており、料理に合う美味しいお酒を提供してくれるのも魅力のひとつ。とにもかくにも想像を絶するぐらいグレートでハイレベルな燻製料理を提供する超人気屋台なんです(´ω`)


c0378174_11163816.jpg
角ハイボール 450円。
チャージ 300円。

とりあえず本日1杯目はハイボールでスタート。お通しは枝豆の燻製だったんですがこれがバカ美旨いんですよ。あまりの美味しさに止まらなくなるタイプのヤツです(´¬`)


c0378174_11164638.jpg
自家製スモーク盛り合せ(5品) 1200円。

燻製盛り合わせの内容は、牡蠣、いぶりがっこ、ローストビーフ、鴨、さんまの5種。牡蠣スーモクは【smoke dining bar 煙陣】のてっぱんメニューでハズレのない一品。いぶりがっこと鴨も同様。ローストビーフとさんまの燻製は初食でしたが、さすがマスターの燻製技術だけありとても満足のいく美味しさでした(=¬=)


c0378174_11165431.jpg
キノコのアヒージョ 850円。

十勝産のマッシュルームを惜しげもなく使った贅沢なアヒージョ。マッシュの旨味が出たオリーブオイルにつけて食べるバケットは最高! この後、バケットをおかわりしてます。


c0378174_11170420.jpg
ベーコンと温玉のシーザーサラダ ???円。

「温玉を使った料理が何かないですか?」と尋ねると、「シーザーサラダができます」とマスターが言ったので注文した一品。しかもベーコンは自家製じゃないと正直に告げてくれるところも好感が持てます。自家製じゃないにしろマスターが使ってるベーコンだからもうなんてゆーか総じてウマイ! 通常のメニュー表には載ってないけど頼めば作ってくれるところが嬉しい(=ω=)


c0378174_11171286.jpg
自家製ソーセージとベーコンのメガ盛り 1000円。

何度もこの店に通ってますが食べるのは初めての一品。ソーセージはプリプリジューシィでビールに良く合い、ベーコンは旨味が強くビールが更に加速します。


数年ぶりに訪れた【smoke dining bar 煙陣】は、やっぱり何を食べてもウマイ! 隣に居合わせた【札幌市】から転勤で【帯広市】に来たという若い男の子も自分同様この店が【北海道】で1番ウマイと言ってました。その後、その男の子と盛り上がり、いつものように記憶が吹き飛び同行者に迷惑をかけるってゆーねww


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



smoke dining bar 煙陣
●住所 北海道帯広市西1条南10-7 北の屋台 いきぬき通り3番街
●電話 090-9087-3171
●営業時間 18:00~24:00
●定休日 日曜
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-07-14 18:00 | 十勝地方 | Comments(0)

ファミリーとんかつの店 あかずきん/芽室町

2017年9月1日(金)



c0378174_20175962.jpg
この日のランチは【芽室町】の「東2条エリア」にある【ファミリーとんかつの店 あかずきん】でした。初訪問になります。


c0378174_20180855.jpg
1977年4月オープンの【ファミリーとんかつの店 あかずきん】。店名にあるように「十勝産SPF豚肉」を使用したとんかつがメインのお店なのだが、十勝名物の豚丼やパスタ、ピザ、ラーメンなど幅広いメニューを提供している。また、【芽室町】の「新ご当地グルメ」である「十勝芽室コーン炒飯」を提供する加盟店でもある。長年地元民から愛される人気のファミリーレストランなんです(´ω`)


c0378174_20181853.jpg
十勝芽室コーン炒飯(単品) 810円。

せっかく【芽室町】に来たんだから「新ご当地グルメ」の「十勝芽室コーン炒飯」を食べてみることに。特製のコーンバターを使用した炒飯の上に、収穫量日本一という芽室産のスイートコーンがまるまる1本分かかっているという他では類を見ない贅沢な炒飯。ふわっと甘い香りが広がり、あっさりめな味付けの炒飯と、バター醤油で炒められたシャキシャキコーンのコラボレーションはクセになる美味しさ(´¬`)


c0378174_20182920.jpg
豚丼 肩ロース(ハーフ) 680円。

十勝地方のソウルフードといえば「豚丼」! って事でハーフサイズでオーダー。旨味の強い「十勝産SPF豚肉」を絶妙な甘辛ダレで味付けした肩ロースが白米と合わないワケがない。ハーフサイズにしてちょっと後悔w


芽室町】って【帯広市】に行く途中通過するだけで今まで市街地に行った事がなかったんです。今回初めて寄ってみたんですが良さげな飲食店が沢山ありましたねぇ。この【ファミリーとんかつの店 あかずきん】もそうですが、町自体が再訪問したくなる魅力溢れる素敵な地域でした。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



ファミリーとんかつの店 あかずきん
●住所 北海道河西郡芽室町東2条2-4
●電話 0155-62-2139
●営業時間 11:00~21:00
●定休日 不定休
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く


[PR]
# by mocohe23 | 2018-07-13 18:00 | 十勝地方 | Comments(0)

Lunch & Cafe papaji & mamaji/三笠市

2018年4月30日(月)



c0378174_19104748.jpg
この日のランチは【三笠市】の「萱野エリア」にある【パパジアンドママジ】でした。初訪問になります。


道道30号線沿いにある【パパジアンドママジ】は、2013年7月にオープンした洋食カフェ。店主がとことんこだわりぬいた食材で作る料理は美味しいと地元での評価が高い。また、店内には奥様が作った数々の木工アートが飾られており見ているだけで楽しい。店内は完全禁煙だが、外席は喫煙可能。


c0378174_19105569.jpg
とろとろ玉子の牛スジ煮込み デミグラス・オムライス 850円。

パパジアンドママジ】人気No.1メニューのオムライス。とろっとろの玉子の中は王道のケチャップライス。牛スジを12時間以上煮込んで仕上げたというコラーゲンたっぷりのオリジナルデミグラスソースとの相性抜群! ウリの牛スジ感はあまり感じられなかったけど普通に美味しいデミソースでした。ちなみにポテトサラダが付いてるんですが写真撮り忘れ。


c0378174_19110294.jpg
鶏ムネ肉のやわらかチキンカツ 800円。

この日の日替わりメニューはチキンカツがメインのディッシュでした。その名の通りチキンカツがめちゃめちゃ柔らかく、自分好みのデミソースが良い仕事をしててウマイ。野菜も新鮮だし、近所のお米農家から仕入れてるというライスもホント美味しい(´¬`) スープかと思ったらみそ汁だったのには驚きを隠せないw


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



Lunch & Cafe papaji & mamaji
●住所 北海道三笠市萱野368
●電話 0126-72-8866
●営業時間 10:00~19:00
●定休日 火曜
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-07-12 18:00 | 空知地方 | Comments(0)

ラーメン櫻島/札幌市 西区

2018年7月2日(月)



c0378174_18151346.jpg
この日は【札幌市】【西区】の「西野エリア」にある【ラーメン櫻島 本店】に行ってきました。初訪問になります。


鹿児島系のラーメンに強いこだわりを持ち続ける【ラーメン櫻島】は、美味しくてボリュームのあるチャーシューがウリのお店。また、本店では絶品カレーも提供しており、開業以来継ぎ足してきたというルゥは、飴色になるまで炒めた玉ネギと豚骨スープが味の決め手。約8時間煮込んで作るラーメン用の豚バラ肉チャーシューがゴロっと入ってるのも人気のひとつ。地元民のみならず、わざわざ遠方から足を運ぶお客さんも多い人気ラーメン店なんです(´ω`)


c0378174_18152351.jpg
櫻島ラーメン 880円。

お店の看板メニューである櫻島ラーメン。見た目と違い意外とアッサリした白半濁スープは、豚骨の風味にガラのコクと和出汁の旨みがたまらない。中細のストレート麺と良く合います。ノーマル、炙り、角煮タイプと3種類入ったチャーシューもそれぞれ特徴が違い美味しくて面白い。中でも気に入ったのは炙りチャーシューで香ばしさがクセになります。ボリューミィでウマイ(´¬`)


c0378174_18153309.jpg
c0378174_18154034.jpg
鯛だしラーメン 830円。

こちらも櫻島ラーメン同様人気のある鯛だしラーメン。透明感のあるスープは鯛の旨味が良い塩梅で塩味も申し分ない。ゆずの皮が入っておりときより来る柑橘系の風味も良い感じ。中細ストレート麺との相性抜群。野菜はねぎ、水菜の他にサニーレタスが入っていてこれが意外と合うんです。チャーシューはノーマルと炙りの2種類。


メニュー表とか床がベトベトでお世辞にもキレイな店内とは言えませんが、ラーメンの美味しさの前ではそんな事気にならなくなります。再訪問は確定ですねぇ。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



ラーメン櫻島 本店
●住所 北海道札幌市西区西野四条3丁目1-38
●電話 011-667-1321
●営業時間 12:00~20:00(スープがなくなり次第閉店)
●定休日 火曜
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く


[PR]
# by mocohe23 | 2018-07-11 18:00 | 札幌市 西区 | Comments(2)

Chocolat Promenade(大丸札幌店)/札幌市 中央区

2018年2月3日()



c0378174_16274778.png
そば処 飲み処 大番 北濃店】でおそばを食べた後は、【大丸札幌店】7階特設会場で開催されていた催事イベント【ショコラプロムナード】へ行ってきました。初参加になります。



大丸札幌店】が送るバレンタインチョコレートの祭典【ショコラプロムナード】は、楽しくて心ときめく、夢いっぱいのショコラワールド。2018年度は3週間のロングラン開催。更に【大丸札幌店】史上最大の約110ブランドが終結。年々規模が大きくなっていくという女性から絶大な支持を得る超絶人気催事イベントなんです(´ω`)


c0378174_16281768.jpg
c0378174_16284880.jpg
マルコリーニ ソフト ショコラ ブラッドオレンジクリーム 594円。

PIERRE MARCOLINI】ブースで購入したチョコとブラッドオレンジのミックスソフトクリーム。カカオの豊かなアロマの濃厚なチョコレートと、ほろ苦さがアクセントの爽やかなブラッドオレンジクリームのマリアージュが美味しすぎる(´¬`) ハートクッキー付きなのもバレンタインっぽくて良い感じ。


この手のチョコレート系催事イベントは以前1度だけ参加したことあるんですが、もうめっちゃ人気で会場がやたら混雑してますよねぇ。1回の買い物で5万円分のチョコレートを買う猛者がいるとかニュースで見た事あるし。チョコレートってホント人々を魅了する食べ物なんだなぁと改めて実感しました(=ω=)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



大丸札幌店
●住所 北海道札幌市中央区北5条西4丁目7番地
●電話 011-828-1111
●営業時間 10:00~20:00(一部22:00まで)
●定休日 元旦
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-07-10 18:00 | 札幌市 中央区 | Comments(0)

そば処 飲み処 大番/札幌市 中央区

2018年2月3日()



c0378174_15421004.jpg
第43回 層雲峡 氷瀑まつり】に参加し【層雲峡 朝陽亭】で美味しい料理と温泉を堪能。一夜明けて無料送迎バスに乗り4~5時間で【JRさ札幌駅】に到着。丁度お腹もすいてたので前々から気になっていた【JR札幌駅】から徒歩数分の場所にある【そば処 飲み処 大番 北濃店】へ行ってみました。初訪問になります。



c0378174_15421742.jpg
「美味しいおそばをお腹いっぱい食べて欲しい」という店主の想いからリーズナブルでボリューミィはそばを提供し続ける【そば処 大番】。もちろんそば粉にもとことんこだわっており、使用するのは道内産限定。夜はお酒を提供している店舗もあるので手打ちそばで日本酒を1杯なんて事も可能。現在市内に数店舗展開している人気のおそば屋さんなんです(´ω`)


c0378174_15422580.jpg
冷やしたぬき 550円。

こだわりのそばは風味が良くめんつゆとの相性が非常に良い。天カスも美味しいなぁ。写真じゃわかりにくいけど、ウワサ通りそばの量が多いッ! 味、量、提供スピード、どれをとってもレベルが高く大満足の一杯です(´¬`)


c0378174_15423280.jpg
山かけそば 650円。

こちらの山かけは温かいおそば。とろろ+卵黄は美味しさを何倍にもUPしてくれる頼もしい存在。当然ボリューミィで納得のいく美味しさ。


ネットのレビューなんか見てると「晩酌セット」なんかもあるようです。自分たちは昼間の訪問だったから気が付かなかったけど。これは次回訪問時は夜営業を狙うしかないようですねぇ。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



そば処 飲み処 大番 北濃店
●住所 北海道札幌市中央区北4条西1丁目1 北農ビルB1F
●電話 011-221-2220
●営業時間 11:00~22:00(お酒・つまみ類は17:00以降の提供)
●定休日 日曜・祝日
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-07-09 18:00 | 札幌市 中央区 | Comments(0)

第43回 層雲峡 氷瀑まつり/上川町

2018年2月2日(金)



c0378174_23473273.jpg
層雲峡 朝陽亭】で美味しい料理と温泉を堪能した後は、同じく【上川町】の「層雲峡エリア」で開催されてた【第43回 層雲峡 氷瀑まつり】へ行ってきました。5年ぶり2度目の参加になります。



c0378174_23475161.jpg
c0378174_23482827.jpg
c0378174_23480207.jpg
c0378174_23481124.jpg
c0378174_23482068.jpg
c0378174_23490161.jpg
c0378174_23484471.jpg
c0378174_23485369.jpg
層雲峡 氷瀑まつり】は冬の「層雲峡」を代表する一大イベント。自然を最大限に生かして作られた氷像が石狩川沿いに立ち並び、ライトアップすることによって幻想的な光景を作り出だす。また、夜にはレーザーショーや花火の打ち上げが行われ会場にいる観客を楽しませる。日本人だけではなく外国から来た観光客にも超人気の【北海道】の冬を代表するイベントのひとつなんです(´ω`)


c0378174_23513974.jpg
上川町】のご当地キャラクター「かみっきー」。モチーフはエスポワールの鐘をかぶった近所に出没するヒグマの子なんだとか。てか、近所に出没するヒグマって…(´ω`;)


c0378174_23521209.jpg
無料配布されてたコンソメスープ。寒い環境でこの温かいスープは有難い。


c0378174_23522132.jpg
ウイスキーお湯割り 350円。
ホットカフェラテ 300円。

無料のコンソメスープを飲んでも超絶寒いこの環境化ではスグにカラダが冷えてしまいます。なので、グルメブースで有料のホットドリンクを購入してカラダを温めようとするんですけど、結局ソッコーで寒くなっちゃうんですよねぇ(´Д`;)


c0378174_23523480.jpg
c0378174_23524651.jpg
前回参加時はあまりの寒さに花火の開始時間まで会場に滞在する事が出来なかったけど、今回はなんとか頑張って花火を見る事ができました。丁度天気も良く月も出ていてより一層幻想ファンタジーな世界観でした(=ω=)


てか、このブログ【貧乏なりに食べ歩く】&【貧乏なりに食べ歩く 第二幕】の一発目の食ネタ投稿が【層雲峡 氷瀑まつり】だったんですよ。もうあれから5年たつのか…。うーむ、月日がたつのは早いなぁ。


ごちそうさまm(_ _ )m


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-07-08 18:00 | 上川地方 | Comments(0)

層雲峡 朝陽亭/上川町

2018年2月2日(金)



c0378174_22490870.jpg
c0378174_22491689.jpg
c0378174_22492523.jpg
札幌市】【北区】の【イタリアンワイン&カフェレストラン サイゼリヤ 札幌駅北口店】で早めのランチを済ませた後は、【JR札幌駅】から出発する無料送迎バスに乗り【上川町】の「層雲峡エリア」にある温泉ホテル【層雲峡 朝陽亭】へと移動。何年ぶりかわからないけど3度目の訪問になります。



c0378174_22522542.jpg
野口観光グループ】が運営する【層雲峡 朝陽亭】は、【上川町】にある温泉街「層雲峡」にある人気観光ホテルのひとつ。「層雲峡」の大自然を肌で感じられる天空露天「朝陽山」は【朝陽亭】が誇る絶景の湯。湯に浸かりながら、目の前にそびえる「朝陽山」が一望でき、「層雲峡」の柱状節理の岩肌を堪能できる。また、地産地消の食材にこだわった料理も人気理由のひとつ。和食本懐席フルコースやバラエティに富んだバイキングと老若男女問わず誰からも受け入れられる料理を提供。とにかくオールシーズンお客さんの絶えない攻守共にバランスのとれた人気温泉ホテルなんです(´ω`)


c0378174_22494035.jpg
c0378174_22494804.jpg
部屋は洋風と和風のどちらの雰囲気も味わえる和洋風の部屋をチョイス。まぁ、なんだかんだ言って普段ほとんど使う事のない和風の畳エリアで寝る事になるんですけどねw


c0378174_22495693.jpg
c0378174_22501006.jpg
c0378174_22502196.jpg
c0378174_22503014.jpg
c0378174_22504107.jpg
野口ホテル観光グループ】が運営する温泉ホテルが同時期に開催する人気グルメイベント「直送 市場めし」の会場。色々な種類の料理があり見てるだけでもテンションがUPします(´ω`)


c0378174_22545261.jpg
c0378174_22540641.jpg
c0378174_22543707.jpg
c0378174_22542878.jpg
c0378174_22541574.jpg
色んな種類の料理を食べたのでひとまとめにさせてもらいますが、どれもこれも美味しかったって事でひとつ。その中で強いてひとつあげるとしたらやっぱ自分の大好きな舞茸の天ぷらかなぁ。あと鹿肉を使た料理は【北海道】らしくて良かった(´¬`)


2018年2月3日()



c0378174_22545974.jpg
これは次の日の朝食の画像。朝食らしくあっさり系のメンツ。


もう本当マジで何年ぶりに宿泊したか覚えてないけど、久しぶりに来た【層雲峡 朝陽亭】は相変わらず満足できました。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



層雲峡 朝陽亭
●住所 北海道上川郡上川町層雲峡温泉
●電話 0165-85-3241
●営業時間 24時間営業
●定休日 無休
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-07-07 18:00 | 上川地方 | Comments(0)

Saizeriya Ristorante e Caffe/札幌市 北区

2018年2月2日(金)



c0378174_21195104.jpg
この日のランチは【札幌市】【北区】の【JR札幌駅】から徒歩数分の場所にある【イタリアンワイン&カフェレストラン サイゼリヤ 札幌駅北口店】でした。この店舗をUPするのは2度目になります。

c0378174_21195859.jpg
株式会社サイゼリア】が運営し、全国展開している【イタリアンワイン&カフェレストラン サイゼリア】は、説明する必要すらないほどのメジャーな人気ファミリーレストランチェーン店。人気の秘密は他では類を見ないリーズナブルな価格設定と豊富なメニュー。【北海道】に上陸したのはここ数年と思われがちだが、実は1992年に「新札幌エリア」にひっそりとオープン。以来約20年間道内では1店舗のみだったのだが、2012年に札幌駅北口店をオープン。それ以降道内でもどんどん店舗数を増やし、今では道民からも愛される人気店となったんです(´ω`)


c0378174_21200662.jpg
グラスワイン(赤) 100円。
クラムチャウダー 299円。

クラムチャウダーは「季節限定メニュー」のひとつ。じっくり煮込まれた野菜とあさりの旨味がクセになるスープ。ブラックペッパーをかけると大人の味になります。そして相変わらず安いグラスワインは値段を気にせず何杯でも飲めちゃう。


c0378174_21201427.jpg
半熟卵のミラノ風ドリア 368円。

創業以来こだわり続ける人気商品のドリア。ミルクのコクと風味を凝縮した後味のよいホワイトソース。コクがあるのにキレがいい美味しい一品。半熟卵でマイルドにもなります。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



イタリアンワイン&カフェレストラン サイゼリヤ 札幌駅北口店
●住所 北海道札幌市北区北7条西2-8-1 札幌北ビルB1F
●電話 011-700-5655
●営業時間 10:00~23:00
●定休日 無休
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-07-06 18:00 | 札幌市 北区 | Comments(0)

中国料理 明珠酒家(野幌食の村)/江別市

2018年6月17日()



今回もOCHIKA TEMPESTさんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


c0378174_17032594.jpg
ゆめちからテラス】内の【Pasco 夢パン工房 野幌店】を諦めたOCHIKA TEMPESTさん次にが向かったのは、スグ隣にある【中国料理 明珠酒家】。初訪問だったようです。



2004年6月【野幌食の村】内にオープンした【中国料理 明珠酒家】。素材や製法にとことんこだわりを持つ店主が作る本場の中華料理が好評のお店。更に、リーズナブル&ボリューミィなので地元民だけに留まらず札幌方面から来るファンもいる人気中華料理屋さんなんです(´ω`)


c0378174_17033239.jpg
刀削麺 880円。

中国料理 明珠酒家】イチオシのメニューの中から刀削麺をオーダー。物凄く辛そうな見た目とは裏腹に実はそんなに辛くないスープ。辛味、甘味、酸味のバランスが良く、とろみがあるけどスッキリ飲めるんだとか。独特のモチモチした食感の麺に絡んで美味いのなんの(´¬`)


c0378174_17033988.jpg
麻婆炒飯 880円。

麻婆豆腐と炒飯のどっちも食べたい欲張りな人専用のハイブリッドメニュー。絶妙な辛味と酸味の麻婆豆腐と、香ばしくて旨味がほどよい炒飯の組み合わせが美味しくないワケがない! ザーサイ、中華スープ、杏仁豆腐がセットで付いてきます。てか、中華料理屋さんは色々行った事があるけど、この組み合わせは見た事ないかも?


この【中国料理 明珠酒家】がかなり当たりだったらしく、OCHIKA TEMPESTさんの中でお気に入りに登録されたようです。これは機会があれば訪問してみたいですねぇ。


OCHIKA TEMPESTさん貴重なネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m


※記事 モコ平



中国料理 明珠酒家
●住所 北海道江別市西野幌106 野幌食の村105
●電話 011-389-7385
●営業時間 11:00~17:00(月) 11:00~22:00(火~日・祝)
●定休日 第1・第3月曜(但し祭日の場合は翌日)
●駐車場 有り(野幌食の村)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-07-05 18:00 | 石狩地方 | Comments(0)

ゆめちからテラス/江別市

2018年6月17日()



今回はOCHIKA TEMPESTさんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


c0378174_16205115.jpg
この日のOCHIKA TEMPESTさんが向かったのは【江別市】の「西野幌エリア」にある【ゆめちからテラス】。初訪問だったようです。


c0378174_16205865.jpg
2018年5月にオープンした【ゆめちからテラス】は、農業の発展、国内自給率の向上、未来の日本の発展のために「夢」を持とう。「ちから」を併せたプロジェクトを成功させよう。というコンセプトの元に作られた商業施設。施設内には【のっぽろ野菜直売所】【Pasco 夢パン工房 野幌店】【プチキッチン OgiOgi】の3店舗が入っている。ちなみに【ゆめちからテラス】がある場所は以前【のっぽろ野菜直売所】が単体で営業していた場所です。

OCHIKA TEMPESTさん達の本来の目的は施設内にある【Pasco 夢パン工房 野幌店】だったようですが、入口前には物凄い行列ができていたらしく、ソッコーで諦めてしまったんだとか(´Д`;) まぁ、まだできたばかりの新しい施設だし、フィーバーがひと段落するまでは待ったほうが良いかもですねぇ。


OCHIKA TEMPESTさん貴重なネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m


※記事 モコ平



のっぽろ野菜直売所
●住所 北海道江別市西野幌107-1 ゆめちからテラス内
●電話 011-382-8319
●営業時間 9:00~17:00
●営業期間 4月中旬~11月上旬
●定休日 営業期間内は無休
●駐車場 有り(ゆめちからテラス)


プチキッチン OgiOgi
●住所 北海道江別市西野幌107-1 ゆめちからテラス内
●電話 080-1972-6109
●営業時間 9:00~17:00
●定休日 未確認
●駐車場 有り(ゆめちからテラス)


Pasco 夢パン工房 野幌店
●住所 北海道江別市西野幌107-1 ゆめちからテラス内
●電話 011-802-8885
●営業時間 8:00~18:00
●定休日 年末年始
●駐車場 有り(ゆめちからテラス)



前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-07-04 18:00 | 石狩地方 | Comments(0)

大阪やき トップ/札幌市 東区

2018年6月27日(水)



c0378174_21054114.jpg
この日のランチは【札幌市】【東区】の「元町エリア」にある【西友元町北24条店】内の【大阪やき トップ】でした。もう何度も利用してるけど店名変更後は初訪問になります。

フランチャイズで全国展開をしているチェーン店【大阪やき 三太】。大きくてふわとろのたこやきなどが有名で全国区のテレビ番組にたびたび取り上げられる人気店。元々この【大阪やき トップ】も長年【大阪やき 三太 西友元町店】として営業していたのですが2017年の12月に店名を変更。独立したのか大人の事情なのか詳しい事はわかりませんが店名変更以前同様味に変わりはなく根強いファンを持つお店なんです(´ω`)


c0378174_21055030.jpg
大玉たこやき(8個) 550円。

その名の通り大玉のたこやきで、中は柔らかくシュークリームのようにとろっとしています。3種類から選べるソースは王道のソースをチョイス。50円の値上がりも気にならないほどの美味しさなんだよなぁ(´¬`)


c0378174_21055808.jpg
広島風お好み焼き(そばチーズ) 700円。

こちらはそばとチーズをトッピングしたフル装備仕様でオーダー。ただでさえボリューミィなのにそばが入る事で更にボリューム感が増します。1回では食べきれそうにもないと思えるけど、その美味しさでペロっといけちゃうんですよね。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



大阪やき トップ 【旧店名 大阪やき 三太】
●住所 北海道札幌市東区北24条東20丁目4-1 西友元町北24条店1F
●電話 011-787-3955
●営業時間 11:00~20:00
●定休日 不定休(西友元町北24条店に準ずる)
●駐車場 有り(西友元町北24条店)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-07-03 18:00 | 札幌市 東区 | Comments(0)

つつみや(KiKiYOCOCHO)/札幌市 中央区

2018年6月9日()



今回は知人のMEG BEAMさんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


c0378174_20213652.jpg
この日のMEG BEAMさんが向かったのは【札幌市】【中央区】の【大丸札幌店】【KiKiYOCOCHO】内にある【つつみや】。ブログで扱うのは2回目になります。

厚別区】にある超人気店【ドーナツ・ベーグル専門店 ふわもち邸】のクレープ専門店店として2018年4月25日にオープンした【つつみや】。春・夏・秋・冬、それぞれの季節に収穫される旬のフルーツをクレープに仕立て、今しか味わえないクレープを提供するお店。オープンしてまだ間もないが週末などは行列ができる事もある人気急上昇中のクレープ屋さんなんです(´ω`)

c0378174_20214303.jpg
よくばりいちごのクレープ 1180円。

もちもち食感の生地と生クリームの甘みにいちごの甘味&酸味が加わりハンパない美味しさに。クレープひとつが1000円以上の価格設定でも納得がいくと報告を受けています(´¬`)


実はMEG BEAMさんと自分は同じ日、ほぼ同じ時間帯にこの【つつみや】を訪問してるんです。実際に会えたわけではないんですけどニアミスとでも言いましょうか。それにしても偶然ってあるんですねぇ(´Д`;) ちなみに店の外観写真は送られてこなかったので自分が撮ったものを再利用しています。


MEG BEAMさん貴重な食ネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m


※記事 モコ平



つつみや
●住所 北海道札幌市中央区北5条西4丁目 大丸札幌店 3F KiKiYOCOCHO内
●電話 011-828-1111
●営業時間 10:00~20:00
●定休日 不定休(大丸札幌店に準ずる)
●駐車場 有り(大丸札幌店駐車場)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-07-02 18:00 | 札幌市 中央区 | Comments(0)

Cafe & Deli ma chi no ki/江別市

2018年6月17日()



c0378174_15442417.jpg
当別町】の【スウェーデンヒルズ公園】で開催された【第35回 夏至祭】に参加してきた後は、【江別市】の「野幌エリア」にある【カフェ&デリ マチノキ】へ行ってきました。初訪問になります。



c0378174_15443357.jpg
c0378174_15444188.jpg
市内の人気フレンチレストラン【シェ・キノ】と、人気農場である【町村農場】がコラボし、2016年12月「野幌地区」にオープンさせた【カフェ&デリ マチノキ】。江別生まれの野菜と果物、そして乳製品を使いこだわりの料理を提供するカフェ&デリ。フードメニューはスネ肉をとろとろになるまで煮込んだシチューをはじめ、どこか懐かしいスパゲッティナポリタンなど多数ご用意。【町村農場】のフレッシュな生乳をふんだんに使用したソフトクリームやオリジナルのふわふわスフレなどスイーツも充実。持ち帰りができるデリ商品も多数あり様々な使い方ができるお店なんです(´ω`)


ma chi no ki ランチセット 1200円。

ランチセットの内容は、ひとくち前菜、本日のスープ、メインディッシュ、パン又はライス、ドリンク、ミニデザートの計6品。4種類から選べるメインディッシュは「ハンバーグ チーズデミグラスソース」、パン又はライスは「パン」、ドリンクは「ハーブティー」でオーダー。


c0378174_15445238.jpg
ハーブティー。
シーフードマリネ。

ハーブティーは鮮やかな赤色のローズヒップ。グラスに盛られたひとくち前菜はシーフードマリネ。味も見た目も良いものです。


c0378174_15450092.jpg
ゴボウの冷製クリームスープ。

本日のスープはゴボウを使った冷製スープ。サラサラでゴボウの味が濃く非常に飲みやすいスープでした。


c0378174_15450838.jpg
ハンバーグ チーズデミグラスソース。
パン。

メインディッシュのハンバーグはナイフを入れるとジュワ~っと肉汁が出てくるタイプ。ふわふわ柔らか系で肉の旨みがしっかりしててウマイ(´¬`) デミグラスソースも自分好みのヤツ。付け合わせのグリーンピースの味がキツくちょっと食べるのが困難でした。嫌いじゃないんだけどなぁ。バター香るパンは見た目小さいけど中がびっしりで結構お腹に溜まります。


c0378174_15451656.jpg
アイスクリーム。

最後に出てくるミニデザートはベリー系。濃いめの甘さとベリーの酸味が良く合います。さすがあの有名な【町村農場】のアイスだけあります。


c0378174_15452464.jpg
ポークピカタカレークリームソース。

これは同行者のメインディッシュ。厚めの豚肉にオリジナルのカレークリームソースがかかっているんですが、これがまた美味しいんです。やっぱり付け合わせのグリーンピースはいらない子ww


ディナーのメニュー表がなかったのでなんとも言えませんが、デリコーナーを見る限りランチタイムにはないような一品料理が良い感じでした。ワインなんかも豊富に取り揃えてるっぽいし夜部も楽しめそうなお店でしたねぇ。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



Cafe & Deli ma chi no ki
●住所 北海道江別市野幌町57-12 八丁目プラザのっぽ1F
●電話 011-378-6640
●営業時間 11:00~14:00(ランチ) 14:00~16:00(カフェ) 18:00~21:00(ディナー)
●定休日 火曜・年末年始
●駐車場 有り(15台)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-07-01 18:00 | Comments(0)

第35回 夏至祭/当別町

2018年6月17日()



c0378174_14194855.jpg
この日は【当別町】の【スウェーデンヒルズ公園】で開催された【第35回 夏至祭】に行ってきました。4年ぶり4回目の参加になります。

c0378174_14200046.jpg
当別町】の丘の上に北欧風の街並みが広がる【スウェーデンヒルズ】。その【スウェーデンヒルズ】内にある【スウェーデンヒルズ公園】で毎年6月の中旬に開催される【夏至祭】は町内でも屈指の人気を誇るお祭り。本場スウェーデン同様、マイストングの立上げ、フォークダンスが楽しめるほか、グリーンコンサート、当別産の食材を使ったオリジナルメニュー「北欧プレート」などが楽しめるといった北欧の雰囲気が味わえる他ではちょっと類を見ないイベントなんです(´ω`)


c0378174_14202555.jpg
パニーニ(ローストポーク) 600円。
たまごサンド 150円。

スウェーデンヒルズ】内にある地中海料理やイタリアンパスタなどが人気の【Restaurant Ari】ブースで購入したパニーニとたまごサンド。【夏至祭】参加時は毎回購入しているパニーニは非常にボリューミィで食べ応えじゅうぶん。というか、値上がりはしょうがないけど大きさが4年前に食べたときの1.5倍ぐらいあるんだけど!Σ(ΦДΦ;) 100円UPで大きさ1.5倍とか…。これは嬉しい誤算(=ω=) 初食のたまごサンドはふっくら柔らかくバターの味がめちゃめちゃ濃い。


c0378174_14203426.jpg
ラーメン 600円。

当別料飲店組合】ブースで購入したラーメン。シンプルなルックス同様、味も非常にシンプルでストレートな醤油ラーメン。この日はかなり寒い日で温かいラーメンがたまらなく美味い。


c0378174_14204288.jpg
北欧プレート 600円。

パニーニ同様こちらも毎回参加時には必ず購入している北欧プレート。内容はジャンボポークハム、ジャガイモのディル茹で、クネッケブレッド、チーズ、ニシンのマリネの5品。それにパプリカとレタス。マスタードはお好みで。北欧の食文化を味わえる美味しいワンプレート(´¬`)


c0378174_14205114.jpg
当別町】のイメージキャラクター「とべのすけ」は初見かも。可愛らしい外見でちびっこたちに大人気。右胸のところが丸く出っ張っているのはファンが入っているかな? いやいや、中の人などいないw


c0378174_14210360.jpg
これは抽選券でGETした「とべのすけ」がデザインされた扇子。こーいうオリジナルグッズっていいですよねぇ。


上記にもチラっと書きましたが、この日も物凄く寒い日でイベント会場滞在時間はわずか1時間。数年ぶりの【夏至祭】参加だったのでもう少しゆっくりしたかったんだけど、寒さには勝てないんですよねぇ。てか、最近参加するイベントは何故か寒い日に当たるような?(´Д`;)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く


[PR]
# by mocohe23 | 2018-06-30 18:00 | 石狩地方 | Comments(0)

お台所 金魚姫(平岸ゴールデン街)/札幌市 豊平区

2018年5月12日()



c0378174_13370799.jpg
この日は【札幌市】【豊平区】の【平岸ゴールデン街】にある【お台所 金魚姫】へ飲みに行ってきました。もう何度目の訪問かわからないし、何回ブログにUPしてるかわからないぐらい通ってるお店です。

地下鉄南北線 平岸駅】直結の【平岸ゴールデン街】にある【お台所 金魚姫】は、キュートなママさんの手作り料理と会話が楽しめる小料理&割烹の素敵なお店。一人で来店してもママさんや常連客が相手をしてくれるので、楽しく愉快に飲めるのがポイント。ママさんの誕生日や〇週年記念、ハロウィンなどにはイベントも。とにかくお客さんを満足させてくれる知る人ぞ知る穴場人気店なんです(´ω`)


c0378174_13372082.jpg
緑茶ハイ(ホット) 450円。
お通し 350円。

珍しくホット緑茶ハイからのスタート。お通しの内容はマトンのカレー風味炒め、行者ニンニク味噌の冷奴、タコのカルパッチョの3種。どれもこれも金魚ママ手作りで美味しいのはあたりまえ。


c0378174_13373156.jpg
ジンギスカンからあげ 490円。

味付けされたジンギスカンに衣付けてカラっと揚げた唐揚げは、ジューシィさと適度な肉の甘味がたまらなくウマイ(´¬`) ジンギスカンが途中で品切れになってしまったらしく、半分は鶏肉の唐揚げです。写真じゃわからないけどww


c0378174_13373886.jpg
わかさぎマリネのサラダ ???円。

通常メニューや黒板メニューには掲載されていない特別メニュー。金魚ママ特製のわかさぎのマリネが美味しいサラダ。


c0378174_13374777.jpg
カマンベールチーズフライ ???円。

外はカリっと中はとろっとろのカマンベールチーズ。ケチャップで食べるのも良いけど、醤油で食べるのもオススメ。これはもう食べる前から美味しいとわかるヤツです。


c0378174_13375470.jpg
鶏ささみとトマトときゅうりのサラダ。

このサラダもメニューには載ってないサラダ。鶏のささみの味付けとオリジナルドレッシングが絶妙。


まだ詳しい話は聞いてないんですが、【お台所 金魚姫】が今年の9月で閉店するみたいなんです。常連さんも多いし人気もあるのに辞めちゃうのはなんだか勿体ないような気がするけど、金魚ママさんが決めた事だからしょうがないかぁ(´Д`;)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



お台所 金魚姫
●住所 北海道札幌市豊平区平岸2条8丁目2-6 第2松井ビルB1F 平岸ゴールデン街内
●電話 011-811-3919
●営業時間 19:00~24:00
●定休日 日曜・祝日
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-06-29 18:00 | 札幌市 豊平区 | Comments(0)

Vegepanna/南幌町

2018年6月14日(木)



c0378174_11413672.jpg
この日の昼食は【南幌町】の「北町エリア」にある【ベジパンナ】で購入してきたパンでした。初訪問になります。


2013年の6月にオープンした【ベジパンナ】。店主の実家が野菜農家で、毎日届く採れたて新鮮野菜を使用した焼きたてのパンが評判のパン屋さん。また、店主自らも野菜を作っており、自家栽培のトマトや自家栽培小豆はジュースや餡にし、1年間通してパンの素材として使う。旬の素材に強いこだわりを持っており、季節によって変わる味わいの違いを楽しめるのも人気のひとつ。お店は住宅街の中にあるので初めて行く場合は道に迷う事もあるかもしれないぐらいの隠れ家的パン屋さんなんです(´ω`)


c0378174_11414381.jpg
ニラパン 160円。

目的だった「南幌キムチマヨネーズ」というパンが売り切れでガッカリしていると可愛らしい店主さんから「ニラパンもオススメですよ♪」と言われ購入した調理パン。ソフト系の生地のパンの中に炒めたニラや挽肉が入ったもので抜群の美味しさでした(´¬`)


ハムロール 140円。

ハムロールはわりとどこのパン屋でも扱ってるパンですが、ここのは「これでもか!」ってぐらいマヨネーズがたっぷり入っていて、パンにかぶりつくと反対側からドロっとマヨネーズが飛び出ちゃうという嬉しいアクシデントがww


昼食時間が若干遅く店に着いたときにはほとんどのパンが売り切れ状態だったんです。人気の高さがうかがえますねぇ。なので次回訪問時は早い時間に行く事にします。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



Vegepanna
●住所 北海道空知郡南幌町北町4-3-4
●電話 011-378-3224
●営業時間 10:00~19:00(火・水・金~日) 11:00~15:00(月・木)
●定休日 日曜・月曜・火曜
●駐車場 有り(3台)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-06-28 18:00 | 空知地方 | Comments(0)

伏古の酒場笑平/札幌市 東区

2018年5月30日(水)



c0378174_11540284.jpg
海鮮居酒屋 海彩】でもっそり飲み喰いした後は、同じく【東区】の「伏古エリア」にある【伏古の酒場笑平】へ行ってきました。3度目の訪問になります。

伏古の酒場笑平】は、素材にこだわり、毎日独自のルートで仕入れる海鮮が自慢の居酒屋。備長炭で焼き上げる焼き鳥や地鶏鍋がリーズナブルに楽しめる地元に根付いた人気居酒屋なんです(´ω`)


c0378174_11541047.jpg
飲み放題Cプラン 1250円。
お通し ???円。

ビール以外は全て飲み放題のCプランをチョイス。ここは珍しく緑茶ハイスタート。お通しは鳥皮の和え物。


c0378174_11541815.jpg
〆サバ刺 560円。

伏古の酒場笑平】の名物メニュー。自家製の〆サバ刺は脂のりのりでウマイ!(´¬`)


c0378174_11542679.jpg
c0378174_11543341.jpg
レバー串(1本) 150円。

レバー好きの我々はタレと塩の両方をオーダー。タレの甘さとレバーの甘味が食のスピードを加速させます。塩加減も丁度良くレベルの高いレバー串。


c0378174_11544594.jpg
鶏皮ギョーザ 460円。

餃子の餡を鶏皮で包んだ手の込んだ一品。鶏皮はパリパリ、中はジューシィで美味しいヤツです。


c0378174_11545270.jpg
和牛ホルモンポン酢 560円。

これは前回訪問時にお通しで出てきたメニューだと思われる一品。これがめちゃめちゃ美味しいんですよねぇ(´¬`) 別メニューにあるから常時あるもんじゃないのかな?


c0378174_11550031.jpg
c0378174_11550836.jpg
笑平ラーメン 560円。

名物メニューのひとつ「地鶏鍋」のスープをベースにしたラーメン。醤油ダレと地鶏の旨味が出たスープが超絶品! というか、他では味わえないような独特の味でクセになるラーメンです。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



伏古の酒場笑平
●住所 北海道札幌市東区伏古4条3丁目4-30
●電話 011-786-5850
●営業時間 17:00~翌1:00
●定休日 年末年始
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-06-27 18:00 | 札幌市 東区 | Comments(0)

弐代目 麺蔵 永久 bibai style/美唄市

2018年6月15日(金)



今回はOCHIKA TEMPESTさんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


c0378174_15060369.jpg
この日のOCHIKA TEMPESTさんが向かったのは【美唄市】の「銀座街エリア」の入り口にある【弐代目 麺蔵 永久 bibai style】。初訪問だったようです。


c0378174_15061086.jpg
2018年6月にオープン(プレオープン)したばかりの【弐代目 麺蔵 永久 bibai style】。店主は【江別市】にある人気ラーメン店【本家 麺蔵 大麻店】で修行した実力派で、支店としてではなく暖簾分けとして【美唄市】に新しい店を出店。まだプレオープン中にも関わらず、美味しいと評判のラーメンを求め連日多くの地元民で賑わっているんだとか。そして嬉しい事にプレオープン期間中はラーメン一杯500円なんです(´ω`)


c0378174_15061859.jpg
炙り醤油ラーメン(プレオープン期間中) 500円。

熱々で香ばしい香りが食欲をそそる炙り系醤油スープは、旨味、塩味、甘味のバランスが絶妙で、コシが強く弾力のある麺との相性抜群。チャーシューは非常に柔らかくとろける系。スープを吸い込んだのりも良い感じ。総合的にレベルの高い美味しいラーメンだったようです(´¬`)


c0378174_15062679.jpg
白旨味噌ラーメン(プレオープン期間中) 500円。

独自配合の白味噌を使用したスープは丁度良い甘味と旨味が味わえる。もちろん麺との相性はいうまでもない。こちらのラーメンも満足のいく一杯だったとか。


自分が子供の頃、近所に【麺蔵】があって家族に良く連れてってもらってた。人気店だったのに急にトマトラーメンだかの店に路線変更してスグに潰れちゃったんですよ。今でこそトマト系ラーメンの店はあるけど当時は珍しすぎてお客さんが着いて行けなかったんだろうなぁ。ってな事を思い出した(´Д`;)


OCHIKA TEMPESTさん貴重な食ネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m


※記事 モコ平



弐代目 麺蔵 永久 bibai style
●住所 北海道美唄市大通西1条南4丁目1-1
●電話 0123-26-9955
●営業時間 11:00~17:00
●定休日 未確認(現在プレオープン中なので定休日は不明)
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-06-26 18:00 | 空知地方 | Comments(0)

KUSHIYAKI & ODEN 然/札幌市 中央区

2018年6月9日()



c0378174_17350292.jpg
つつみや】で非常に美味しいクレープを食べた後は、同じく【中央区】の「札駅エリア」にある【やきとり・おでん 然】へ行ってきました。初訪問になります。



c0378174_17353188.jpg
地下鉄南北線 さっぽろ駅】の8番出口より徒歩1分の場所にある【やきとり・おでん 然】。お店のいちおしはなんと言っても人気のおでん。芯はしっかりしているのにとろける大根を筆頭に、じっくり煮込んだ優しい味が自慢の一品。また、1本150円~という美味しい焼き鳥も大人気。その名の通り美味しいおでんと串焼きがリーズナブルに味わえるとあって地元の人やサラリーマンから絶大な人気を誇る大衆酒場なんです(´ω`)


c0378174_17360267.jpg
飲み放題(90分) 880円。
お通し ???円。

ビール付きの飲み放題が90分で880円とリーズナブル。ビールの銘柄が「サッポロクラシック」ってのがまた嬉しい(=ω=) お通しは中華風春雨サラダ。


c0378174_17363170.jpg
はんぺん 160円。

出汁が染み込んだはんぺんは冷えきったカラダを温めてくれます。はんぺんも良いけどおでんの汁がとにかくウマイ(´¬`)


c0378174_17370215.jpg
豚串(1本) 160円。
にんにくレバー(1本) 240円。

甘味の強い豚串は安心安定の美味しさ。にんにくとレバーが交互にささっている串焼きはありそうでなかった斬新な一品。これは良い串焼き。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



KUSHIYAKI & ODEN 然
●住所 北海道札幌市中央区北4条西4丁目 札幌日興ビル B1F
●電話 050-5868-9277
●営業時間 15:00~23:30
●定休日 日曜・祝日
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-06-25 18:00 | 札幌市 中央区 | Comments(0)

つつみや(KiKiYOCOCHO)/札幌市 中央区

2018年6月9日()



c0378174_17002783.jpg
第27回 YOSAKOIソーラン祭り】でちょっとだけグルメを堪能した後向かったのは、同じく【中央区】の【大丸札幌店】【KiKiYOCOCHO】内にある【つつみや】へ行ってきました。初訪問になります。



厚別区】にある超人気店【ドーナツ・ベーグル専門店 ふわもち邸】のクレープ専門店店として2018年4月25日にオープンした【つつみや】。春・夏・秋・冬、それぞれの季節に収穫される旬のフルーツをクレープに仕立て、今しか味わえないクレープを提供するお店。オープンしてまだ間もないが週末などは行列ができる事もある人気急上昇中のクレープ屋さんなんです(´ω`)

c0378174_17003402.jpg
よくばりグレープフルーツ 980円。

もちもち食感の生地と生クリームの甘みにグレープフルーツの酸味が絶妙に合います。サクサク食感の謎の黄色いヤツのアクセントも良い感じでかなりウマイッ! さすが【ドーナツ・ベーグル専門店 ふわもち邸】が作ってるだけあって今までのクレープとはひと味違います(´¬`)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



つつみや
●住所 北海道札幌市中央区北5条西4丁目 大丸札幌店 3F KiKiYOCOCHO内
●電話 011-828-1111
●営業時間 10:00~20:00
●定休日 不定休(大丸札幌店に準ずる)
●駐車場 有り(大丸札幌店駐車場)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-06-24 18:00 | 札幌市 中央区 | Comments(2)

第27回 YOSAKOIソーラン祭り/札幌市 中央区

2018年6月9日()



c0378174_16234501.jpg
この日は【札幌市】【中央区】の「大通公園」で開催されてた【第27回 YOSAKOIソーラン祭り】へ行ってきました。何度か来てるんですがブログにUPするのは3回目になります。

街が新緑に染まる6月、【札幌市】の目抜き通り「大通公園」を中心とする市内各所が舞台へと変わる活気に溢れた祭りが【YOSAKOIソーラン祭り】。元々【高知県】の【よさこい祭り】をルーツに1992年、よさこい祭りの「鳴子」【北海道】の民謡「ソーラン節」をミックスして誕生したといわれています。今では初夏の風物詩として【札幌市】を代表する人気イベントのひとつなんです(´ω`)


c0378174_16235568.jpg
ビール 550円。
広島レモンからあげ(塩だれ) 700円。

広島県】の【ひろしまグルメギャラリー】ブースで購入した鶏の唐揚げ。道内ではまず見ることのない唐揚げの上に青のりと白ごまがかかっているのが最大の特徴。レモンの味はあまりしなかったけど、青のりの風味が唐揚げに合ってて美味しい。青のりアリですねぇ。


c0378174_16240342.jpg
沖縄そば 700円。

沖縄県】ブースで購入したソーキソバ。かつお節の味が強い和風のスープともちもち食感の太麺がたまらなくウマイッ! ソーキ(スペアリブの煮込み)もしっかりした味付けで美味しい。紅ショウガも良い仕事するんですよねぇ。これは間違いなく完成度の高いソーキソバ(´¬`)


c0378174_16241007.jpg
お好み焼(広島風) 400円。

オタフク】ブースで購入した広島風のお好み焼き。キャベツの甘味が際立ち、そばが入ることで一枚でも満足のいくボリューム。材料を混ぜずに重ねて焼いているので別名「重ね焼き」なんて呼ばれたりするんだとか。


c0378174_16241952.jpg
ひと月前に同じ場所で行われた【札幌ラーメンショー2018】&【ライラックワインガーデン2018】に行った日同様この日もめちゃめちゃ寒い日でゆっくりとグルメを堪能する事ができませんでした。うーん、なんか最近イベントに参加した日に限って寒い日が多いような(´Д`;)

ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-06-23 18:00 | 札幌市 中央区 | Comments(0)

居酒屋 あぶり屋/南富良野町

2016年9月30日(金)



c0378174_11145677.jpg
南富良野町】で「南富良野町災害ボランティア」に参加していた日のランチは、同町内の「幾寅エリア」にある【居酒屋 あぶり屋】に行ってみました。初訪問になります。



c0378174_11150433.jpg
居酒屋 あぶり屋】は串焼きが自慢の居酒屋。【JR幾寅駅】が近い事や真向かいに民宿があるという立地条件から地元民はもちろん観光客や民宿に長期宿泊している現場作業員などからも絶大の支持を得ている人気のお店なんです(´ω`)


c0378174_11151249.jpg
c0378174_11151918.jpg
????? 600円。

ランチメニューの中からチョイスしたのは間違いないんだけど正式名称を忘れてしまった(´Д`;) 大盛のライス、エビフライ、アジフライ、メンチカツ、磯部揚げ、ポテトサラダ、野菜サラダのワンプレートにホルモン汁が付いて600円は安い。一品一品丁寧に作られており味もレベルが高い。中でもホルモン汁は絶品中の絶品!(´¬`) このボリューミィで美味しいランチを食べたので午後からの作業も頑張れました。


この【居酒屋 あぶり屋】の記事を書くにあたり、お店の事を色々調べたんですが、通常ランチ営業はやってないっぽく、災害時期間だけの臨時営業だったのかなと? もう2年も前の事だからあんま覚えてないけどボランティアのゼッケンをしてると割引があったような。なんにしても機会があれば夜の居酒屋営業時に再訪問したいです。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



居酒屋 あぶり屋
●住所 北海道空知郡南富良野町字幾寅906
●電話 0167-52-3315
●営業時間 18:00~24:00
●定休日 日曜
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-06-22 18:00 | 上川地方 | Comments(0)

災害ボランティア/南富良野町




2016年8月、【北海道】を連続して襲った台風の影響で、【南富良野町】を流れる「空知川」は氾濫し、大きな被害をもたらした。水没する市街地の映像や、【南ふらの情報プラザ】に大量の水が流れ込む映像が何度も何度もTVのニュースで放映され被害の大きさを知る事になります。自分はこの数ヵ月前に【南ふらの情報プラザ】で開催された【南富良野エゾシカ料理推進協議会 ビールパーティー】に参加し、非常に楽しい時間を過ごした思い出の地。この状況を黙って見過ごせるはずもなく「南富良野町災害ボランティア」に参加する事を決意しました。


2016年9月6日(火)



c0378174_21240763.jpg
当時住んでいた【美唄市】から【南富良野町】まで車で約2時間半。ボランティア活動は朝8時からの開始だったので5時半には家を出る事に。途中のコンビニで雨具などを購入し、なんとか開始時間には間に合いました。「南富良野町災害ボランティアセンター」になっている体育館でチーム分けと活動内容などの説明を聞き、担当する地区へと移動。


c0378174_21241405.jpg
自分が配属されたチームは屈強な男たちしかいない(自分を除く)パワー系のPT。作業内容はある農家さんの家の半地下に溜まった泥をかきだし地上に運んで捨てるというミッション。溜まった泥をスコップでかき、バケツリレーで地上まで運び、外の農地に捨てるという単純作業だったんですが、なんせ自分はトリッキーなスピードタイプ。もちろんパワー不足で屈強な男たちの動きについていくことが至難の業だったんですが、意外となんとかなるもので全身泥だらけになりながらも最後まで作業を遂行する事ができました。ちなみに写真は泥まみれすぎて昼休憩に入れず一人農家さんちの納屋でメンバーの帰りを待ってるときに撮ったヤツです。でもまぁこれもまだマシなほうで、午後からの作業でパンツまで泥だらけになり(装備不足)、作業終了後は農家さんちの庭で水浴びするハメに。


c0378174_21242277.jpg
作業後に「南富良野町災害ボランティアセンター」でふるまわれたお料理の数々。おにぎりや大根の煮つけ、被害を免れた南富良野産のミニトマトなど、疲れたカラダには非常にありがたいものばかり。美味しくいただきました(´¬`)



2016年9月30日(金)


c0378174_21243137.jpg
c0378174_21243812.jpg
「南富良野町災害ボランティア」2度目の参加は9月最終の金曜日。この日の【南富良野町】は前回と打って変わって超晴天。配属された地区が偶然にも前回参加時と同じ農家さんの家。前回半地下から畑にかき出した泥が固まっており、それをダンプやショベルカーなどが入れる場所まで運び出すミッションでした。


c0378174_21244531.jpg
作業後に頂いたのは【コイケヤ】の人気商品「カラムーチョ」と、【月形町】の「まんまるトマト」というトマトジュース。「カラムーチョ」は【南富良野町】に工場があってそこで生産しているんですが、この時期は災害で工場稼働がストップ。なのでこれは別の地区の工場から送られてきた商品なんですよねぇ。


結局この年は2回しか「南富良野町災害ボランティア」に参加できませんでしたが、今現在もまだ復興作業進行中の【南富良野町】。なんとか陰ながら応援できたら良いなぁと思い、だいぶたってはいますがこの出来事を風化させないためにも今回記事を書かせていただきましたm(_ _ )m


※記事 モコ平


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-06-21 18:00 | 上川地方 | Comments(0)

炭火居酒屋 炎/岩見沢市

2018年4月29日()



c0378174_19152062.jpg
この日は【岩見沢市】の【JR岩見沢駅】から徒歩で数分の場所にある【炭火居酒屋 炎 岩見沢店】で飲みでした。2度目の訪問になります。

食材と美味しさにこだわった飲食店を展開している【伸和ホールディングス】の居酒屋チェーン店【炭火居酒屋 炎】。生つくねがウリで、道内契約養鶏所にて、つくねに合う若鳥を育ているほどのこだわりっぷり。もちろんつくね以外にもチカラを入れており、どれを食べてもハズレがない。通常メニュー、飲み放題共にリーズナブルで、週末にもなると大勢のお客でにぎわう人気居酒屋なんです(´ω`)


c0378174_19161716.jpg
飲み放題(120分) 980円。
お通し ???円。

やっぱ特出するのは飲み放題が安いってこと。大型都市では珍しくないかもだけど、こっち方面に来るとこの価格の店ってほとんどないんですよ。お通しはノーマルなきんぴらごぼう。


c0378174_19163364.jpg
豚ねぎ串(1本) 140円。

豚串にねぎ塩ダレがたっぷりかかったもの。これは食べる前から美味しいのが判明している串焼きですねぇ。


c0378174_19164279.jpg
赤もつ串(1本) 90円。

炭火居酒屋 炎 北24条店】で初食して以来すっかりファンになった「赤もつ串」。もつと脂身(?)の串焼きで旨味がハンパない美味しいヤツなんです(´¬`)


c0378174_19165029.jpg
とり皮パリパリシーザーサラダ 490円。

シーザーサラダにパリッパリに揚げたとり皮が乗ったもの。皮が良いアクセントになってます。


c0378174_19165874.jpg
塩ユッケ 590円。

契約牧場の広大な敷地で放牧、飼育された生食用の馬肉を使用しているという塩で食べるユッケ。おろしニンニクも良い感じ。


c0378174_19170550.jpg
チキン南蛮 390円。

揚げたての鶏の唐揚げに特製のタルタルソースが良く合います。このボリュームで390円はお得。


c0378174_19171256.jpg
生つくね茶漬け 490円。

炭火居酒屋 炎】といえば「生つくね」と「生つくねスープ」が有名ですが、このお茶漬けはそのふたつを組み合わせたようなもの。これは初めて食べたけど白米とスープの融合はマジでウマイ(´¬`)


c0378174_19172408.jpg
かき天ぷら 490円。

「4月 春のおすすめメニュー」の中から牡蠣の天ぷらをチョイス。てか、本当は「天ぷら4種盛」を注文したのに店員さんのミスでこれが届いちゃったんですよねぇ。まぁ、揚げたてだし牡蠣の天ぷらはあんま食べた事がなかったので全然良いですけどw


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



炭火居酒屋 炎 岩見沢店
●住所 北海道岩見沢市3条東1丁目8-8
●電話 0126-22-1129
●営業時間 17:00~翌1:00(月~木) 17:00~翌3:00(金・祝前日)
     15:00~翌1:00(土日祝)
●定休日 無休
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く


[PR]
# by mocohe23 | 2018-06-20 18:00 | 空知地方 | Comments(0)

民宿 岩本/南富良野町

2016年6月3日(金)



c0378174_19432302.jpg
南富良野エゾシカ料理推進協議会 ビールパーティー】でしこたまビールと美味しいものを堪能した後は、同じく【南富良野町】の「幾寅エリア」にある【民宿 岩本】へと移動。初訪問になります。



c0378174_19433893.jpg
JR幾寅駅】から徒歩5分と立地条件が良い【民宿 岩本】は、民宿ならではの家庭的雰囲気、サービスが好評で、釣りや山菜取りなどに訪れる人や家族連れも安心して泊まることができ、夏休みや冬休みに毎年やってくるリピーターも多い人気の民宿なんです(´ω`)


c0378174_19433029.jpg
一泊(素泊まり) 3800円。

シンプルな部屋で非常に落ち着ける空間。2年も前の事なのでもしかしたら今は価格が変更されているかもしれません。


※記事 モコ平



民宿 岩本
●住所 北海道空知郡南富良野町字幾寅市街
●電話 0167-52-2330
●営業時間
●定休日
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-06-19 18:00 | 上川地方 | Comments(0)

南富良野エゾシカ料理推進協議会 ビールパーティー/南富良野町

2016年6月3日(金)



c0378174_16184528.jpg
この日の夜は【南富良野町】の「幾寅エリア」にある【南ふらの情報プラザ】で開催された【南富良野エゾシカ料理推進協議会 ビールパーティー】に行ってきました。初参加になります。


c0378174_16185551.jpg
c0378174_16192308.jpg
南富良野エゾシカ料理推進協議会】とは、【南富良野町】のご当地グルメ開発や町のPRを目的としつくられた団体。積極的に活動を行っており、町内外問わず様々なイベントなどに参加、開発したご当地グルメ「なんぷエゾカツカレー」と町のPRを行っている。【南富良野エゾシカ料理推進協議会 ビールパーティー】は毎年初夏に開催する町民に大人気のイベントなんです(´ω`)


c0378174_16190469.jpg
c0378174_16191324.jpg
ビールパーティー 引換券 1000円。
やきとり(5本) 400円。

引換券は3枚つづりになっているので1000円でビールが3杯飲めるシステム。1杯330円と考えると良心的な価格かと。焼き鳥は冷凍モンだけど、ちゃんと炭火で焼いているので普通に美味しい。


c0378174_16193821.jpg
皮付きポテト 200円。

南富良野産のジャガイモを使った贅沢なフライドポテト。揚げたてホクホクでウマイ!


c0378174_16195427.jpg
エゾカツカレー ???円。

南富良野エゾシカ料理推進協議会】が試行錯誤の末つくりだした「なんぷエゾカツカレー」のミニサイズ版。新鮮なジビエを使用したカツは臭みがなく食べやすい。こだわりのカレーとの相性も良く何杯でもイケちゃう美味しさ(´¬`) 写真のカツが少ないのはPTメンバーに食べられちゃったからww


c0378174_16200190.jpg
いかゲソ 300円。

いかのゲソに衣を付けて揚げたもの。ビールのおつまみにピッタリなヤツです。


c0378174_16201733.jpg
おでん(1本) 100円。

お祭りなんかでよく見るこんにゃくと揚げかまぼこのシンプルな味噌おでん。


c0378174_16202613.jpg
つけもの 100円。

南富良野産のメロンの皮を使った珍しい漬物。きゅうりの漬物とは似て非なるもので、これは本当に美味しい。300円でも購入する価値がある!


c0378174_16203558.jpg
フランクフルト 250円。

自分好みの肉々しいフランクフルト。ケチャップ&マスタードが良く合います。


c0378174_16204637.jpg
ゆでたまご(2個) 100円
えだまめ 100円。
鹿ロースト 300円。

ゆでたまごとえだまめはノーマル。旨味が凝縮された鹿肉のローストは非常に美味しくビールでも良いけど日本酒が飲みたくなる一品でした(=ω=)


c0378174_16210363.jpg
これはビールパーティー引換券に記載されている抽選会で当たったもの。一人暮らしの身としてはこーいう景品が有難い。


c0378174_16211456.jpg
c0378174_16212453.jpg
会場近くにある【JR幾寅駅】。映画「鉄道員(ぽっぽや)」の撮影現場に使われたとかで今も映画内に出た「幌舞駅」として残されています。もちろん主な舞台となった「だるま食堂」も健在。


南富良野町民の為のイベントといっても過言ではないんですが、今回縁有って参加させていただきました。食べものは安くて美味しいしビールは進むわで参加者のみなさん楽しそうでほっこりするイベントでしたねぇ(´ω`)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-06-18 18:00 | 上川地方 | Comments(0)

手打ちそばの店 希林/岩見沢市

2017年11月6日(月)



c0378174_21180061.jpg
札幌市】【白石区】の【カフェ ブルーパン】でランチをした日の夜は、【岩見沢市】の「大和エリア」にある【手打ちそばの店 希林】へ行ってきました。初訪問になります。



c0378174_21181698.jpg
2008年11月にオープンした【手打ちそばの店 希林】は、自慢の手打ちそばはもちろんのこと、定食や丼もの、カレーライスなど幅広いメニューが揃う食事処。中でも1番人気の「元祖もつそば」を求めわざわざ遠方から足を運ぶ客も多い。昼も夜も大勢の客で賑わう【岩見沢市】屈指の人気そば屋なんです(´ω`)


c0378174_21182405.jpg
c0378174_21183179.jpg
元祖もつそば 770円。

せっかくお店の人気No.1メニューを食べるのだから、選べるそばは「元祖もつそば」と1番相性のよい「田舎蕎麦」でオーダー。そばつゆは鶏と鶏モツの出汁が良い感じに出ており、独特の甘味がありつつもめちゃめちゃ濃厚。太目で個性の強い田舎蕎麦との相性抜群。これはクセになる一杯ですねぇ(´¬`)


c0378174_21183815.jpg
とろろそば 850円。

こちらは初心者にも優しい「更科ごまそば」でオーダー。つゆもそばも全体的に優しく万人受けする美味しさだけど、とろろと生卵の存在でスタミナ補給にうってつけ。


TVや雑誌で何度も見ていたそば屋さん。何度も訪問する機会があったにも関わらずこの日やっと訪問することができました。再訪問は決定なんですけどひとつ疑問が…。店前の看板(?)に「ラーメン」と書かれていたんですけどメニューには一切記載されてないんですよ。以前はラーメンも扱っていたってことかなぁ?


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



手打ちそばの店 希林
●住所 北海道岩見沢市大和1条7丁目3-3
●電話 0126-25-6969
●営業時間 11:30~14:30 17:30~20:00(そばがなくなり次第終了)
●定休日 火曜(臨時休業有り)
●駐車場 有り(8台)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-06-17 18:00 | 空知地方 | Comments(0)