丸善 瀧澤商店/函館市

2018年8月14日(火)



c0378174_10030886.jpg
デリカレストラン ラ・ブヴェット】で美味しいウィンナーを食べた後は、同じく「若松町エリア」にある【丸善 瀧澤商店】へ行って来ました。4度目の訪問になります。



c0378174_10031635.jpg
【丸善 瀧澤商店】は立ち飲みカウンターのある酒屋。店の右手が酒屋、左手がショットバー風のカウンターになっていて、午前10時から酒を飲ませてくれる。料理や缶詰、おつまみなども多彩に用意されおり、どれもこれも安くて美味しい。この雰囲気、各打ちスタイルが好きな人には本当にたまらない素敵なお店(´ω`)


c0378174_10032461.jpg
ビール(中) 400円。
梅酒 ???円。

〆のドリンクはやっぱり生ビール。銘柄は何だっけな? 梅酒のほうは焼酎に自家製の梅ペーストを入れて作るタイプのヤツ。マスターが美味しいからと塩を入れてくれました。コイツはウメェ!(´¬`)


c0378174_10033257.jpg
トバ(自家製) 600円。

プロの料理人も買いに来るというマスター手作りの「鮭トバ」をオーダー。脂や塩味が丁度良くソフィティーな仕上がり。文句なくウマイ!(=¬=) 実は帰り間際の常連さんに少し御裾分けしてもらい、更に追加注文したんですw


久しぶりに訪れた【丸善 瀧澤商店】でもっと美味しくて安いものを食べたかったんですが、なんせこの日は色々なところで飲み食いしまくったのでお腹がパンパン。結局1品しか食べる事ができませんでした。うーむ、次回はもうちょっと品数を増やしたい。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



丸善 瀧澤商店
●住所 北海道函館市若松町19-7
●電話 0138-22-3623
●営業時間 10:00~22:00
●定休日 日曜
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-11-13 18:00 | 渡島地方 | Comments(0)

デリカレストラン LA BUVETTE (大門横丁)/函館市

2018年8月14日(火)



c0378174_18472715.jpg
c0378174_18473689.jpg
大衆居酒屋 魚さんこ】で美味しい料理を堪能してきた後は、「若松町エリア」の【函館ひかりの屋台 大門横丁】内にある【デリカレストラン ラ・ブヴェット】へ行って来ました。初訪問になります。

c0378174_18474500.jpg
函館ひかりの屋台 大門横丁】内にある【デリカレストラン ラ・ブヴェット】は、フランスの伝統を守り、防腐剤を使用していないハムやソーセージとワインやビールが楽しめるフレンチビストロ系の屋台。屋台といっても店内は広く14席もあるので小規模なパーティーぐらいだったら開催できる。個性豊かな店が揃う【大門横丁】の中でもフレンチビストロ系屋台はこの店だけなんですよね(´ω`)


c0378174_18475983.jpg
生ビール 530円。
ゆず酒 500円。

ビールの銘柄は「アサヒスーパードライ」。深いコクとギュッと詰まった旨み、そして程良い苦味が特徴のヤツです。グラスでなくジョッキだったらよかったんだけど、それじゃお店の雰囲気に合わないやーねw 「ゆず酒」はその名の通り柚子の甘味と酸味、香りがバランス良くまとまった美味しいお酒。


c0378174_18481992.jpg
c0378174_18482644.jpg
c0378174_18483488.jpg
自家製ウィンナー盛り合わせ(4種8本) 1500円。

ウィンナーは目の前にあるグリルで炙ってから食べる自分焼きスタイル。内容は粗挽き、ハーブ、カレー、ピリ辛の4種で、どいつもこいつもなかなか美味い。中でも1番気に入ったのが意外にもカレー味のウィンナー。自分で焼いて食べるのって楽しくて美味しいですねぇ(´¬`)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



デリカレストラン LA BUVETTE
●住所 北海道函館市若松町7-5 大門横丁 函館ひかりの屋台内
●電話 0138-22-0058
●営業時間 18:00~23:00
●定休日 不定休
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-11-12 18:00 | 渡島地方 | Comments(0)

大衆居酒屋 魚さんこ/函館市

2018年8月14日(火)



c0378174_14081892.jpg
山本商店(山本酒店)】で軽く喉を潤してきた後は、「若松町エリア」の【大衆居酒屋 魚さんこ】へ行って来ました。3度目の訪問になります。



大衆居酒屋 魚さんこ】は新鮮な魚介類が美味しく、コストパフォーマンスが最高の人気居酒屋。鮮魚刺し以外にも唐揚げや串焼き、モッツァレラチーズを使った料理などメニューが豊富。また、お酒の種類も多いのも酒好きには嬉しいポイント(´ω`)


c0378174_14082697.jpg
緑茶ハイ 380円。
お通し 300円。

山本商店(山本酒店)】ではビール系を中心に飲んで来たので、とりあえずココでは緑茶はいからのスタート。お通しはツブとホタテの煮物。


c0378174_14083836.jpg
c0378174_14084835.jpg
どんこ刺し(キモ付き) 600円。

大衆居酒屋 魚さんこ】の名物メニューといえば「どんこ」のお刺身。どんことは道南地方などで獲れるどす黒くヌメヌメした魚で、道南の冬の味覚のひとつ。淡白でトロっとした白身が美味しい。更にキモ醤油でいただくと味がグレードアップします(´¬`)


c0378174_14090277.jpg
しおから 330円。

お店で手作りしている塩辛をオーダー。前回訪問時は鍋に敷かれたキャベツの上に大量の塩辛が乗った「塩辛煮」を食べたので美味しいのは初めからわかっています。うーむ、これは間違いなくお酒が進む。


c0378174_14091061.jpg
ラム肉の炭焼 600円。

海鮮系がウリのお店ですが肉料理の評価も高いんです。炭焼きの香とラム肉の甘味、ジューシィさが絶妙。こいつもウメェ!


c0378174_14091973.jpg
生サバ刺 480円。

生のサバなんてほとんど食べる機会はありませんが、この【大衆居酒屋 魚さんこ】ならいただけちゃうんですよねぇ。臭みなどは全くなく、脂がのっているのにさっぱりしてて美味しい(´¬`)


c0378174_14092812.jpg
あら汁 0円。

会計を済ますと出してくれるサービスのあら汁。無料ですが味は本物。飲んだ後の胃袋に染み渡ります(´ω`)


前回の函館旅行よりレギュラー店に加入した【大衆居酒屋 魚さんこ】。約1年半ぶりの訪問となりましたがやっぱ優良店なんだと再認識。料理は美味いし、リーズナブルだし、これで飲み放題があればパーフェクトだけど、そこまで望んじゃいけないか。そーいや、前回はタコ刺の無料サービスがあったけど、今回はなかったなぁ。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



大衆居酒屋 魚さんこ
●住所 北海道函館市若松町19-3
●電話 0138-22-0008
●営業時間 16:30~翌1:00
●定休日 不定休
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-11-11 18:00 | 渡島地方 | Comments(2)

山本商店(山本酒店)/函館市

2018年8月14日(火)



c0378174_12342389.jpg
まるたま小屋】で美味しいロシア料理を堪能した後は、「大町エリア」の【山本商店(山本酒店)】へ行って来ました。初訪問になります。

c0378174_12343798.jpg
c0378174_12344706.jpg
昭和23年創業の老舗酒屋の【山本商店(山本酒店)】。基本的には普通の古き良き酒屋だが、隣の部屋が角打スペースになっており、レジで会計を済ませた後にその場所で飲むことができる。女将さんの人柄と、市内には数軒しかないという角打スタイルで、長年常連さんたちに愛され続ける憩いの場的酒屋なんです(´ω`)


c0378174_12350044.jpg
c0378174_12350954.jpg
新!のどごし<生> ???円。
氷結(ピーチ) ???円。

まるたま小屋】でランチしてきた後だったので、おつまみ無しのアルコールオンリー。価格を忘れてしまったけど、普通にスーパーとかで販売されてる値段かと。このいかにもな雰囲気の中で飲むお酒はサイコーッ! たまらねぇ(´¬`)


c0378174_12352587.jpg
c0378174_12353493.jpg
c0378174_12354429.jpg
c0378174_12355282.jpg
角打ルームの玄関にスズメが!?Σ(ΦДΦ) なんか人懐っこいなーなんて思っていたら、棚に用意されていた生米がお目当てだったのねw どーやら、常連さんたちがいつも餌やりをしてるらしい(=ω=)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



山本商店(山本酒店)
●住所 北海道函館市大町2-10
●電話 0138-22-2598
●営業時間 8:30~21:00(月~土・祝) 15:00~21:00(日)
●定休日 不定休
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-11-10 18:00 | 渡島地方 | Comments(0)

まるたま小屋/函館市

2018年8月14日(火)



c0378174_15370069.jpg
道の駅 なないろななえ】を出発した後は、一気に【函館市】までノンストップ。予約していたホテルに車と荷物を置き市内観光へ。雨がかなり降っていたので「元町エリア」の観光を早々に終え、同エリアにある【まるたま小屋】でランチをする事に。初訪問になります。

c0378174_15371102.jpg
聖ヨハネ教会】から数軒隣り、向かいには【元町配水場】の緑が広がる場所にある【まるたま小屋】は、素朴な古民家をリノベーションしたカフェ。内装はロシアのダーチャという東屋をイメージした可愛くてお洒落な空間。内装同様フードもロシア料理をメインに提供。また、ロシアの民芸品をモチーフにした作品などの販売もしている。2015年4月オープンとまだ新しい部類の店だが、今では地元民や観光客から愛される人気カフェなんです(´ω`)


c0378174_15372458.jpg
焼きピロシキ+ボルシチセット 750円。

お店の看板メニュー「焼きピロシキ」と「ボルシチ」のセットをオーダー。選べるピロシキは「チキンきのこ」をチョイス。初めて食べる本物のボルシチは想像以上にまっピンク! 豚肉のコクと野菜の甘味、そしてほのかな塩味と色からは想像もつかないほど優しいお味。本場ロシアの製法で作られているピロシキは、ふっくら弾力のある生地の中にチキンやきのこがびっしり。これまた優しい味で美味しい。てか、ボルシチもピロシキも超ウマイ!(´¬`)


c0378174_15373461.jpg
c0378174_15375317.jpg
焼きピロシキ+ドリンクセット 600円。

こちらは「焼きピロシキ」と「ドリンク」のセット。ピロシキは函館人とロシア人に人気があるという「しゃけクリームチーズ」、ドリンクは「ルイボスティー」を選択。先に言っておきますがこのピロシキめちゃくちゃウメェッ!! 鮭、ジャガイモ、リュクスチーズの相性が絶妙で人気があるのがわかります。いや~テレビで見た事があったので美味しいってのはなんとなくわかっていたけど、ここまで美味しいとは…(=¬=)


お店の雰囲気は良いし、店員さんも親切。更に料理も美味しいとなると【まるたま小屋】さんは函館旅行のレギュラー入り決定でしょう。てか、本当に美味しかったのでまたスグにでも訪問したいぐらい。


c0378174_15381407.jpg
c0378174_15385752.jpg
c0378174_15382546.jpg
c0378174_15390906.jpg
c0378174_15383919.jpg
c0378174_15392053.jpg
これらは激しい雨の中、急ぎ足で巡った「元町エリア」の観光名所。ほんと雨さえ降ってなければゆっくり見物できたのにねぇ(´Д`;)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



まるたま小屋
●住所 北海道函館市元町2-3
●電話 0138-76-3749
●営業時間 11:00~18:00
●定休日 火曜・水曜・臨時休業あり
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-11-09 18:00 | 渡島地方 | Comments(0)

道の駅 なないろななえ/七飯町

2018年8月14日(火)



c0378174_13012321.jpg
道の駅 とようら】を出発した後は、【七飯町】の「峠下エリア(国道5号線沿い)」にある【道の駅 なないろななえ】に行って来ました。初訪問になります。



c0378174_13013152.jpg
2018年3月23日にオープンした【道の駅 なないろななえ】は、道内で121番目のまだ出来立てほやほやな道の駅。解放感のある施設内には、七飯の特産品がもりだくさんの物販スペースをはじめ、数軒の飲食店スペースなどがあり、いろいろなグルメを堪能できる。また、子供用のプレイスペースもあるので子供を遊ばせながら休憩できるのも魅力のひとつ。施設内のバランスも良く、国道5号線沿いという好立地条件も相まって、オープンしてまだ間もない道の駅ですが、連日大勢の人で賑わう人気道の駅なんです(´ω`)


c0378174_13013974.jpg
c0378174_13014683.jpg
ガラナフロート 350円。

道の駅直営の【峠下テラス】ブースで購入したガラナシリーズの第2弾であり最新作。道民のソウルドリンクのひとつである「コアップガラナ」の上にガラナ味のソフトクリームが乗ってるんですが、まぁ~こんなの食べる前から美味しいのはわかってました。ガラナソフトは初食だったけど、これもまたウマし(´¬`) それにしても、テレビや雑誌で見るまで【七飯町】でコアップガラナを生産してるとは知らなかった。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



道の駅 なないろななえ
●住所 北海道亀田郡七飯町字峠下380番2
●電話 0138-86-5195
●営業時間 9:00~18:00
●定休日 年末年始(11月31日~1月3日)
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-11-08 18:00 | 渡島地方 | Comments(0)

道の駅 とようら/豊浦町

2018年8月14日(火)



c0378174_13010368.jpg
この日は【函館市】を目指す為、夜9時過ぎに【札幌市】を出発。車を走らせる事約3時間半で【豊浦町】の【道の駅 とようら】に到着。2度目の訪問になります。

道の駅 とようら】のある【豊浦町】は「胆振管内」の西端に位置し、南は噴火湾に面した巨石や断崖が並ぶダイナミックな海岸線、北は蝦夷富士羊蹄山を眺望する風光明媚な場所にあります。【道の駅 とようら】は、国道37号と道道97号が合流する地点に位置し、周辺にはいちごの旬の季節になると直売の露店がならびます。施設内では、町内でとれた農水産物やその加工品を販売しています(´ω`)


といっても、深夜だったのでトイレ以外の施設はとっくに閉店。とりあえずここで数時間の仮眠をとり、朝方【函館市】方面を目指します。テイクアウトコーナーに売ってる「ホタテフライ級(バジルマヨ) 」食べたかったなぁw


※記事 モコ平



道の駅 とようら
●住所 北海道虻田郡豊浦町字旭町65番地8
●電話 0142-83-1010
●営業時間 9:00~18:00(5月~10月) 9:00~17:00(11月~4月)
●定休日 水曜(11月~3月)
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-11-07 18:00 | 胆振地方 | Comments(2)

らーめん 侘助/札幌市 東区

2018年11月3日()



c0378174_18424957.jpg
前田森林公園】をまったり散策して来た後は、【東区】の「元町エリア」にある【らーめん 侘助】に行って来ました。2度目の訪問になりますがブログにUPするのは初になります。

2008年6月にオープンした【らーめん 侘助】。とにかく無化調と自家製麺にとことんこだわりぬき、鶏白湯ベースのスープに魚介や野菜を加え、自然の風味を徹底的に追求したコクと旨味のある力強いラーメンは至極の一杯。数々の賞を受賞したり、「ミシュラン北海道2017ビブグルマン」に掲載されていたりと、区内ではトップクラスの超人気を誇るラーメン店なんです(´ω`)


c0378174_18425718.jpg
醤油らーめん 750円。

化学調味料を一切使ってないというスープは、煮干の風味とパンチの利いた喉越しの良いスープ。自家製の麺はツルスル系で適度な弾力と小麦の香が楽しめる。道産もち豚のチャーシューは大ぶりで肉の旨味がたっぷり。流石お店の看板メニューだけあり、総じてレベルの高い美味しいラーメンでした(´¬`)


c0378174_18430432.jpg
塩らーめん 750円。

が、しかしッ! うーん、なんでしょう。醤油ラーメンがめちゃくちゃ美味しかったのに対し、塩ラーメンが…。良くいえば優しい味なんでしょうけど、油分は濃いのに味が薄すぎて正直食べるのが辛かった。以前食べたときはもっとちゃんと味がしてて美味しかったんだけどなぁ(´Д`;)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



らーめん 侘助
●住所 北海道札幌市東区北21条東16丁目2-29
●電話 011-807-7149
●営業時間 11:00~15:00 17:00~20:00
●定休日 木曜・第2,4水曜
●駐車場 無し(市民生協元町店の有料駐車場有り。1時間100円)



前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-11-06 18:00 | 札幌市 東区 | Comments(0)

前田森林公園/札幌市 手稲区

2018年11月3日()



c0378174_17510084.jpg
この日は【札幌市】【手稲区】の「前田エリア」にある【前田森林公園】へ散歩に行って来ました。何度も訪れてはいますがブログにUPするのは初になります。


c0378174_17513116.jpg
公園内にある全長600m・ 幅15m・ 水深0.3mもある長い運河カナール。西洋風の敷地が有名な【前田森林公園】。天気のよい日はカナールに手稲山・展望ラウンジが写り幻想的。散歩や観光スポットに人気だが、パークゴルフ場、球戯場の施設も充実していて運動も楽しめる。他にも子ども達が遊べる遊具広場、バーベキュー広場もあるので、休日のお出かけにオススメの公園なんです(´ω`)


c0378174_17512296.jpg
前田森林公園】の目玉スポットである運河カナールも秋の装いで水が抜かれていました。てか、台風と地震の影響で木が倒れて危険だとの事なので運河カナールの両サイドは通り抜け禁止に(´Д`;)


c0378174_17511469.jpg
天気が良いし、温かかったので散歩が気持ちい。敷地内では大勢のコスプレイヤーの方が楽しそうに写真撮影をしていました。西洋風ガーデンがあるから写真が映えるんでしょうねぇ。


※記事 モコ平



前田森林公園
●住所 北海道札幌市手稲区手稲前田591番地4他
●電話 011-681-3940
●営業時間 施設により異なる
●定休日 施設により異なる
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-11-05 18:00 | 札幌市 手稲区 | Comments(0)

四文屋/札幌市 中央区

2018年1月2日(火)



c0378174_11271355.jpg
北海道神宮】で参拝してきた後は、同じく【中央区】の【狸小路商店街】にある【四文屋 狸小路店】へ行って来ました。この店舗は初訪問になります。

c0378174_11272400.jpg
元々、【北海道】では鶏肉だろうが豚肉だろうが串に刺さっていて焼き上げたものを総じて「やきとり」と呼ぶ文化があり、「やきとん」という言葉は聞きなれないものでした。その「やきとん」をメジャーにしたのが関東圏から【札幌市】に進出してきた【四文屋】と言っても過言ではない。現在は市内に4店舗を展開しているのですが、2017年5月にオープンした【四文屋 狸小路店】だけは「やきとん」を扱っておらず「串カツ」と「海鮮系」の専門店。扱ってるものに違いはあれど、リーズナブルな価格設定で市民に人気のある大衆酒場なのは間違いない(´ω`)


c0378174_11273970.jpg
串揚正月セット(5本) 880円。

1月1日~1月3日までの「正月メニュー」の中から限定串揚げ5本セットをチョイス。松茸、海老しんじょ、ヒレ肉、黒豆、鴨肉というちょっと豪華な内容。どいつもこいつもワンランク上の美味しさを感じます(´¬`) しいて言うなら黒豆が苦手なので別のものが良かったかw


c0378174_11274859.jpg
四文屋サラダ 350円。

サニーレタスとミニトマトだけというシンプルなサラダ。このシンプルさが良いんですよ。串揚げの油を吸収してくれそうなイメージ。って、油吸収効果があるのはキャベツだっけ?


c0378174_11280140.jpg
あん肝ポン酢 450円。

酒の肴の定番あん肝ポン酢。濃厚でクリーミィ、ほんのり甘味のあるあん肝にポン酢が染み込み深みが増した味になります。ホントどこで食べてもハズレがない。


c0378174_11281278.jpg
ソーセージ 200円。
玉子 100円。

種類はそんなないんですが、煮込みおでんなんてのもあります。味は想像の範囲内だけど寒い冬には嬉しいメニュー。


c0378174_11282171.jpg
レンコン 100円。
長いも 100円。
うずら玉子 150円。
鶏もも 100円。

単品でオーダーした串揚げ4品。レンコンや長いもあたりは自分の中の定番串揚げ。シャキシャキサクサクでうめぇ!(´¬`)


c0378174_11283001.jpg
明太うどん 200円。

釜揚げうどんに明太子と青ネギが乗ったもの。うどんをつまみにお酒を飲むってのも良いかもしれない。


c0378174_11284023.jpg
串揚5本セット 500円。

こちらは通常メニューの串揚げ5本セット。内容は、牛赤身、新生姜、ホエー豚、うずら玉子、しいたけ、の5種類。単品で頼んだうずらの玉子がカブってしまったけど気にしないw それにしても生姜の串揚げって斬新(=ω=)


正月真っ只中だったので昼間から開いている店(飲める店)が少なく、やっとのおもいで見つけたのがこの【四文屋 狸小路店】。【四文屋】といえばやきとんだけど、ここの串揚げも良いモンでした。再訪問確定!


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



四文屋 狸小路店
●住所 北海道札幌市中央区南3条西5-32
●電話 011-271-6811
●営業時間 11:30~14:30 17:00~22:30
●定休日 無休
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-11-04 18:00 | 札幌市 中央区 | Comments(0)

北海道神宮/札幌市 中央区

2018年1月2日(火)



c0378174_15015901.jpg
この日は【札幌市】【中央区】の【円山公園】に隣接してる【北海道神宮】へ初詣に行って来ました。ブログで扱うのは2度目になります。

c0378174_15020738.jpg
創建1869年の【北海道神宮】は【北海道】の総鎮守。毎年、初詣をはじめ、多くの参拝客が訪れるほか、6月には北海道神宮例祭(札幌まつり)が開かれ、お囃子にのって神輿や山車が市内を練り歩く姿が見られる。また、約18万平方mの境内地は桜の名所となっており、春には大勢の花見客で賑わう。


c0378174_15021404.jpg
日本酒(熱燗) 350円。

もうだいぶ前の事なのでこの日が寒かったかどうか覚えてないんですが、熱燗のワンカップを飲んでいることから寒かったんだと予想しますw なんにしても外で飲むお酒は美味いやーね(=ω=)


c0378174_15022208.jpg
ジャンボフランク 350円。

以前知人からネタをもらったとき、ソースの種類がやたら多いジャンボフランクの出店があると聞いており、探してみたらスグに見つかったので、そこで購入してみました。超絶辛いデスソースも気になったけど、「2018年お正月限定メニュー」の中からピザ風ソースをチョイス。チーズ、ケチャップ、バジルがピザっぽさを表現しててウマイ(´¬`)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-11-03 18:00 | 札幌市 中央区 | Comments(2)

炭焼きイタリアン酒場 炭リッチ/札幌市 北区

2018年9月20日(木)



c0378174_20192662.jpg
さっぽろオータムフェスト2018】の会場でしこたまビールを飲んできた後は、【北区】の「北24条エリア」にある【炭焼きイタリアン酒場 炭リッチ 北24条店】へ行って来ました。3度目の訪問になります。


炭焼きイタリアン酒場 炭リッチ】は、数年の間にどんどん店舗数が増えてるイタリアン系居酒屋。花畑牧場のチーズや、仙鳳趾産の牡蠣など厳選した良質な食材を使用するこだわりと、名物のフォアグラステーキ串や、自家製のマルゲリータなどの豊富なメニューがウリ。また、格安の飲み放題もあり、老若男女問わず重宝される人気居酒屋チェーンなんです(´ω`)


c0378174_20193936.jpg
飲み放題(120分) 640円。
お通し ???円。

本来生ビール付きの飲み放題は1280円なんですが、LINE会員登録すると火曜日と木曜日は半額になります。ちなみに、月曜日と水曜日はフード半額なんだとか。【炭リッチ】スゲェ! そしてお通しのいももちなんですがコイツがイモイモしてて美味しい。江別産のとうやという品種のジャガイモらしい。


c0378174_20200311.jpg
日本一のふわとろモッツアレラとミニトマトのカプレーゼ 390円。

日本一かどうかはわからないけど、とってもやわらかいモッツアレラとミニトマトのカプレーゼはクセになります。


c0378174_20195603.jpg
道産長芋のフリット 390円。

道産の長芋を使用した唐揚げ。これはホックホクでウマイ! ビールに良く合う肴ってヤツです(´¬`)


c0378174_20233177.jpg
マリナーラ 390円。

自家製トマトソースが美味しいピザ。ニンニク、オレガノ、オリーブオイルが良いアクセントに。


c0378174_20194880.jpg
アヒージョde北海道 チーズしゃぶしゃぶ 500円。

炭リッチ】の看板アヒージョをオーダー。てか、アヒージョでチーズをしゃぶしゃぶするなんて発送はなかった。とろ~りとろけたチーズをバケットに乗せて食べるんですがコイツはめちゃ美味しいッ! さすが看板メニューだけあります。


うーむ、何年かぶりに【炭リッチ】に行ったけど、曜日によっては凄くお得だし、コイツは短いスパンで再訪問しそうな予感。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



炭焼きイタリアン酒場 炭リッチ 北24条店
●住所 北海道札幌市北区北24条西4丁目1-18 串鳥ビル2F
●電話 050-5592-7186
●営業時間 16:30~翌1:00
●定休日 無休
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-11-02 18:00 | 札幌市 北区 | Comments(0)

さっぽろオータムフェスト2017/札幌市 中央区

2018年9月20日(木)



c0378174_15303298.jpg
この日は【札幌市】【中央区】の「大通公園」で毎年秋に開催される超人気イベント【さっぽろオータムフェスト2018】へ行ってきました。期間中初参加になります。

c0378174_15304280.jpg
さっぽろオータムフェスト】は、石狩川流域をはじめ北海道全域の農産物、海産物を集めて、生産者や料理人、醸造者などの作り手の顔が見えてくるぬくもりあふれる祭であり、その旨い食べ方を知っている市民、そして会場を訪れる人々がこの街の生活を祝う札幌を代表する秋の超絶大人気イベントなんです(´ω`)


c0378174_15305212.jpg
食べ比べセット(ほっとほっとセット) 1000円。

7丁目「HOKKAIDO酒肴MARCHE」会場にある【牛たんの旬菜 鈴の屋】ブースで購入したタンシチュー、アヒージョ、煮込み牛たん、バケットの計4種のお得なセット。もう自分の中では【牛たんの旬菜 鈴の屋】さんのセットはレギュラー入りしています。どのメニューも牛タン独特の旨みが出ててかなりウマイ!(´¬`)


c0378174_15310205.jpg
グリルド・チーズサンドウィッチ(ポーク) 650円。

10丁目「Oh!ドーリファーム”お肉じゅっ丁目」会場にある【BUDDY BUDDY】ブースで購入したグリルド・チーズサンドウィッチ。チーズと豚肉とオリジナルソースが入ったホットサンドは、流石お店の看板メニューだけあって美味しい。フライドポテトが付いてるのも嬉しい。


c0378174_15311222.jpg
「北海道胆振東部地震」の影響で開催期間が短縮された【さっぽろオータムフェスト2018】ですが、それでも会場は大勢の人たちで大賑わいでしたねぇ。自分もお酒をクソほど飲んでイベントを楽しんできたんですが、今まで何度も参加している【さっぽろオータムフェスト】の中で1番食べたフード数が少ないという。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-11-01 18:00 | 札幌市 中央区 | Comments(2)

百合が原公園/札幌市 北区

2018年8月29日(水)



c0378174_21565103.jpg
この日は【札幌市】【北区】の【JR百合が原駅】から徒歩10分の場所にある【百合が原公園】へ行ってきました。もう何度も来てるんですがプログにUPするのは初になります。


c0378174_21565946.jpg
c0378174_21570717.jpg
百合が原公園】は、昭和58年に開園した敷地面積25.4haの総合公園。約25.4haという広大な敷地を持ち、6400種類ほどの花や植物が育てられている。園内には世界中から集められた約100種のユリを観賞できる「世界の百合広場」や、札幌の姉妹都市である4都市の造園家が協力した「世界の庭園」など、様々な工夫を凝らした花壇や庭園が広がる。時期によって見ごろの花が変わるので、初夏から降雪までの間は行くたびに違った花々と出会えるのが特徴。園内をゆっくりと巡る列車の「リリートレイン」の車内から四季折々の花々を観賞できる。パークゴルフ場や百合根を使ったメニューのあるレストランも併設されている。週末ともなると大勢の人で賑わう人気の公園なんです(´ω`)


c0378174_21571513.jpg
一通り公園内を散策した後は車内で遅めのランチタイム。近所のスーパーで買ってきたお弁当を食べようとしたんですが、なんと箸が付いておらず…。店員のおばちゃん「箸をお使いになりますか?」って確認してきたから「ハイ」って答えたじゃん。なのになんでや…(´Д`;) 素手で食べるほどワイルドではないので結局家に持って帰って普通に食べる事になるという。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



百合が原公園
●住所 北海道札幌市北区百合が原公園210
●電話 011-772-4722
●営業時間 施設により異なる
●定休日 施設により異なる
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-10-31 18:00 | 札幌市 北区 | Comments(2)

蕎傳/札幌市 白石区

2018年7月15日()



今回も知人のMEG BEAMさんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


c0378174_15163757.jpg
この日のMEG BEAMさんが向かったのは【札幌市】【白石区】の「平和通エリア」にある【蕎傳】。初訪問だったようです。


c0378174_15164562.jpg
JR白石駅】から徒歩10分の場所にある【蕎傳】は、食材と手打ちそばにこだわりを持つ店主が作り上げる料理がリーズナブルな価格で楽しめるそば屋。また、建物や庭園にも非常に強いこだわりを持っており、全国各地から集めた8名の匠が作り上げたのだという。庭の匠が作り上げた庭園を、建築の匠が作った座敷から眺め、店主が作る美味しいそばを食べる贅沢なひと時を味わえるのも特徴のひとつ。地元民はもちろん、遠方からの客も絶えない超人気店なんです(´ω`)


c0378174_15165937.jpg
天セイロ(手打ち田舎) 1580円。

そばは更科と手打ち田舎の2種類から選べ、手打ち田舎にすると通常価格にプラス100円される。天ぷらは大ぶりなえびが2本となす。コシのある田舎そばに風味豊かなつゆ、そこに熱々の天ぷらが加わるんだから間違いなく美味しいヤツです。全体的に優しいお味なんだとか(´¬`)


c0378174_15170880.jpg
親子そば(手打ち田舎) 1080円。

こちらも手打ち田舎を選択。道東産の親鳥肉はコリコリ食感が楽しめ、京都直送の九条ねぎは甘くて美味しい。これも良いものです。


MEG BEAMさん貴重な食ネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m


※記事 モコ平



蕎傳
●住所 北海道札幌市白石区平和通6丁目南3-14
●電話 011-862-2000
●営業時間 11:00~15:00 17:00~20:30
●定休日 火曜
●駐車場 有り(25台)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-10-30 18:00 | 札幌市 白石区 | Comments(0)

バル ハルヤ/札幌市 白石区

2018年7月13日(金)



今回は知人のMEG BEAMさんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


c0378174_14292400.jpg
c0378174_14293302.jpg
この日のMEG BEAMさんが向かったのは【札幌市】【白石区】の「菊水エリア」にある【バル ハルヤ】。初訪問だったようです。


c0378174_14294247.jpg
白石区】の「本郷通商店街」から2016年「菊水」に移転した【バル ハルヤ】は、普通のアパートの地下駐車場奥でひっそりと営業しているちょっと変わった隠れ家的お店。クラシカルな店内は非常に落ち着く雰囲気でゆったりとした時間を過ごせる。また、昼間は【カフェ ハルヤ】として営業しており、素材にこだわったパスタやカレーなどを食べる事ができる。知る人ぞ知る穴場的人気バル(カフェ)なんです(´ω`)


c0378174_14295254.jpg
ハルヤ特製カレー サラダ付き 780円。

「ハルヤ特製カレー」は日替わりなので日によって素材や作り方が違うのが特徴。この日は燻製されたひき肉を使ったキーマカレー。スパイシーなカレーと燻製の風味が見事にマッチング。今までに味わった事のない新ジャンルの美味しさだったようです(´¬`)


c0378174_14301175.jpg
エスプレッソ(シングル) 250円。

ドリンク(アルコール以外)はランチ・フードを注文すると100円引き。なので本来は350円です。


c0378174_14300251.jpg
たらこクリームパスタ サラダ付き 780円。

こだわりの生パスタはもっちもちでたらこクリームとの相性バツグン。その辺の専門店より美味しかったと報告を受けております。


c0378174_14302289.jpg
小林農園平飼い自然卵フレンチトースト 450円。
アイストッピング 150円。

厚真町】にある【小林農園】で育てられた鶏が生む卵を使用したフレンチトースト。ナチュラルな甘さが特徴で、ランチ後でもペロっといけちゃうんだとか。ちなみに、9月に発生した大規模な地震により現在自然卵の販売は停止中。


c0378174_14303092.jpg
エゾリスの忘れもの(チョコケーキ) 400円。

可愛らしい名前の付いたチョコケーキ。こちらもあっさりめの甘味で食後のデザートにぴったりな一品。


実は自分も以前この【ハルヤ】に行った事があるんですが、駐車場が満車で入店を諦めた事があります。うーん、やっぱ良さげなお店なので再チャレンジしようかな。


MEG BEAMさん貴重な食ネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m


※記事 モコ平



バル ハルヤ
●住所 北海道札幌市白石区菊水3条3丁目2-15 ユーエイコーポラス B1F
●電話 011-867-0397
●営業時間 11:00~18:00(カフェ営業) 18:00~翌1:00(バル営業)
●定休日 月曜・火曜
●駐車場 有り(3台)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-10-29 18:00 | 札幌市 白石区 | Comments(0)

2018スカイ・ビア&YOSAKOI祭/千歳市

2018年7月16日()



c0378174_15222875.jpg
この日は【千歳市】の「千歳市役所西口駐車場 特設会場」で開催されていた【2018スカイ・ビア&YOSAKOI祭】へ行ってきました。2年ぶり2回目の参加になります。

c0378174_15225882.jpg
千歳市】で開催される夏のお祭りイベント【スカイ・ビア&YOSAKOI祭】。全国から集まるYOSAKOIチームの熱い演舞トーナメント・パレードが見られる他、空路交流都市によるPRステージ、サンリオキャラクターショーや、ローカルアイドルのコンサートなど、大人から子供まで楽しめるお祭りイベント。また、お祭り当日はたくさんの露店・屋台の出店もあり、さらにスカイ・ビア千歳の目玉・4大ビールメーカーのビールや地ビールを楽しめるのもポイントのひとつ。三日間の開催期間中、暑い夏がさらに熱く盛り上がる夏の人気一大イベントなんです(´ω`)


c0378174_15232866.jpg
キリン一番搾りフローズン 500円。

キリン】のビール販売ブースで購入した「キリン一番搾り」のフローズンバージョン。泡がフローズン状態になっているのが最大の特徴なんですが、その特徴が自分には合わなかったというかなんというか。苦味だけが際立ってぶっちゃけダメでした。泡だけ食べるってのもなんだかね(´Д`;)


c0378174_15235805.jpg
厚切りベーコンステーキ 500円。

北海道 千歳ハム】ブースで購入したベーコン。イベント会場にあれば100%の確率で買っちゃうヤツです。説明不要の美味しさでビールがグングン進みます(´¬`)


c0378174_15242900.jpg
旬のサラダ 500円。

北のマルシェ】ブースで購入したサラダ。道内産の甘いトマトとブロッコリーを特製のバジルソースとチーズで和えたもの。さっぱりしたものが食べたくて購入したのですが、予想よりもバジルソースのオリーブオイルがキツかったかな。しかし、好みの味である事には違いないんですけどね。


c0378174_15245816.jpg
エゾシカのあぶり焼 600円。

ナチュラルライフ あぷかの森】ブースで購入したエゾ鹿肉の炙り焼き。見た目的には固そうかなと思ったけど、これが食べてビックリ。柔らかくて臭みも全くないんですよ。コイツはウメェ! 流石エゾ鹿肉を使った料理に定評がある【あぷかの森】さんだけの事はある。てか、【清田区】にあったレストランを閉めて【北広島市】に移転するらしい。


c0378174_15252894.jpg
ラスポテト(レギュラーサイズ) 300円。
キリン一番搾り生ビール 450円。

エビス企画】ブースで購入した今流行りのラスポテト。どっかのイベントに行ったときに食べて以来、あれば食べちゃうヤツです。ビールはもう何杯飲んだか覚えてませんww


c0378174_15255851.jpg
明太子チーズナン 400円。

タンドリーレストラン アサ】ブースで購入した明太子とチーズ入りのナン。甘味の強いナンとコクのあるチーズ、更に旨味と辛味の明太子の最強布陣! あまりの美味しさに思わずおかわりしてしまうってゆーね(´¬`) それにリーズナブルでボリューミィなのも嬉しい。

c0378174_15262806.jpg
チーズinフランク 300円。
チーズinカレーフランク 300円。

同じく【タンドリーレストラン アサ】ブースで購入した2種類のフランク。去年行った【復活!第5回夕張もみじ祭り】のときより価格が50円アップしちゃってるけど、このフランクの美味しさの前では些細な出来事(´ω`)

前回同様今回も最終日の参加だったのでYOSAKOIを見ることはできませんでした。まぁ、ビールと美味しい料理をモリモリ食べたので全然満足なんですけどねぇ。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-10-28 18:00 | 石狩地方 | Comments(0)

春一家 三代目 麺宿/札幌市 豊平区

2018年10月14日()



c0378174_14192101.jpg
豊平峡ダム】で残念な紅葉を見てきた後は、【豊平区】の「美園エリア」にある【春一家 三代目 麺宿】へ行って来ました。2度目の訪問になります。



c0378174_14193197.jpg
地下鉄【東豊線美園駅】から徒歩3分、住宅街の中に建つ三角屋根が目印の【春一家 三代目 麺宿】。2007年【北区】の「篠路エリア」に前身の【らーめん 春一番】をオープン、2009年【東区】の「北34条エリア」へ移転を経て、現在の地に店を構える。麺、たれ、スープなどすべて手作りで仕上げた一杯を、木の温もりを生かしたカフェ風のおしゃれな店内で食べる事ができる。地元民だけではなく、遠方からもわざわざ足を運ぶファンの多い人気ラーメン店なんです(´ω`)


c0378174_14193969.jpg
c0378174_14194923.jpg
えびらーめん(チャーシュータイプ) 840円。

昼夜角10食限定だという「えびらーめん」を「チャーシュータイプでオーダー」。甘えびからじっくりと旨味エキスを抽出したえび油と、風味豊かなえびだし、香ばしい特製焙煎えび粉などで作られたスープに、こだわりの自家製麺が絡む絡む。これでもか! といわんばかりのえび感が口の中に広がりたまらなくウマイ(´¬`) ちなみに、「えびらーめん」は2種類あって、もうひとつは「かき揚げタイプ」。そっちも美味しーんだろうなぁ。


c0378174_14195699.jpg
春一味噌らーめん 840円。

春一家】人気No.1といえばこの「春一味噌らーめん」。全国各地から厳選したという5種類の味噌をブレンドしたスープは、旨味とコクが何層にも広がる、厚みのある味わい。普段味噌らーめんをほとんど食べない自分でもココの味噌らーめんは美味しくいただけます。チャーシューもとろっとろで良い感じ。


以前の記事にもチラっと書きましたが、この【春一家 三代目 麺宿】のスグ近くに、いつ行っても50人~100人ぐらいの行列ができているスーパー超絶人気店【麵屋 彩味】があるんですよ。普通だったらそんなバケモノ店の近くに出店なんかしないと思うけど【春一家】の店主はひとあじ違います。そーいうアグレッシブな姿勢好きなんですよねぇ(=ω=)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



春一家 三代目 麺宿
●住所 北海道札幌市豊平区美園11条6丁目1-22
●電話 011-822-3344
●営業時間 11:00~15:00 17:00~20:30
●定休日 木曜
●駐車場 有り(8台)

前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-10-27 18:00 | 札幌市 豊平区 | Comments(0)

豊平峡ダム/札幌市 南区

2018年10月14日()



c0378174_22062346.jpg
この日は【札幌市】【南区】の「定山渓エリア」にある【豊平峡ダム】へ行って来ました。でした。ブログにUPするのは2度目になります。

c0378174_22063118.jpg
c0378174_22064011.jpg
豊平峡ダム】とその周辺は湖と緑が織りなす雄大な自然の景観美あふれる【札幌市】有数のレジャー・スポット。特に紅葉の季節は美しく、林野庁の「水源の森100選」や「ダム湖100選」にも選定されているほど。【レストハウス だむみえ~る】「リフトカー」「展望台」「カムイ・ニセイ橋」「九段の滝」など見所はいっぱい。昭和51年(1976年)から電気自動車を導入し、【支笏洞爺国立公園】の【豊平峡ダム】入口から「豊平峡園地」までの自然環境に優れた地域を運行するほか、「定山渓温泉」からのシャトルバスもハイブリッドバスにより運行し、永年にわたり地域の自然環境保全に尽力しているんです(´ω`)


c0378174_22065034.jpg
からあげ 350円。

シャトルバス停留場の近くにあった外販ブースで購入した唐揚げ。ありきたりな冷凍モノだけど揚げたてで美味しかった。安心安定の味ってヤツですねぇ(´¬`)


駐車場に着いたときはめちゃめちゃ晴れていたのにトンネル抜けたら超曇天。しかも雨まで降ってくるという惨事。まだだったのか終わった後だったのか結局去年同様紅葉を見ることはできませんでした…。なかなかタイミングあわんもんだわ(´Д`;)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



豊平峡ダム
●住所 北海道札幌市南区定山渓840番地先
●電話 011-598-3452(豊平峡電気自動車)
●営業時間
●休業日 1月上旬から4月下旬まで閉鎖
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-10-26 22:30 | 札幌市 南区 | Comments(2)

炭火居酒屋 炎/札幌市 中央区

2018年10月10日(水)



c0378174_12002477.jpg
この日のランチは【札幌市】【中央区】の「札幌駅エリア」にある【炭火居酒屋 炎 札幌駅前北3条店】でした。ここの店舗は2度目の訪問になります。

食材と美味しさにこだわった飲食店を展開している【伸和ホールディングス】の居酒屋チェーン店【炭火居酒屋 炎】。生つくねがウリで、道内契約養鶏所にて、つくねに合う若鳥を育ているほどのこだわりっぷり。もちろんつくね以外にもチカラを入れており、どれを食べてもハズレがない。通常メニュー、飲み放題共にリーズナブルで、週末にもなると大勢のお客でにぎわう人気居酒屋。また、店舗によってはランチ営業を行っておりリーズナブルな価格で定食を提供している(´ω`)


c0378174_12003315.jpg
ザンギ南蛮定食 590円。

数あるザンギ系定食の中からタルタルソースに惹かれ「ザンギ南蛮定食」をチョイス。大きな1枚ザンギは非常にボリューミィで、具沢山なタルタルソース&甘辛南蛮ソースとの相性は抜群! 一気にご飯が進むヤツです(´¬`) 何気に付いてた塩辛も高ポイント。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



炭火居酒屋 炎 札幌駅前北3条店
●住所 北海道札幌市中央区北3条西2丁目8-3 エナビル1F
●電話 011-281-7744
●営業時間 11:00~15:00 16:30~翌1:00(月~木) 11:00~15:00 16:30~翌3:00(金)
      16:30~翌3:00(祝前日) 15:00~翌3:00(土) 15:00~翌1:00(日祝)
●定休日 無休
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-10-25 18:00 | 札幌市 中央区 | Comments(0)

CAFE DANMARK/札幌市 中央区

2018年10月9日(火)



c0378174_11594771.jpg
この日のランチは【札幌市】【中央区】の「札幌駅エリア」にある【カフェ デンマルク 札幌店】で購入してきたパンでした。初訪問になります。


リトルマーメイド】などといった、様々なベーカリーブランドを全国展開する【マーメイドベーカリーパートナーズ】。【カフェ デンマルク】もその中のブランドのひとつで、現在全国に4店舗を展開中。デンマーク生まれの素朴なパンは、老若男女問わず人気があり多くの人に支持されている。特にサンドイッチが好評でハム、タマゴサラダ、ツナ、野菜の定番ミックスサンドやデンマークロールを使ったサンドイッチなど種類も豊富。【カフェ デンマルク 札幌店】は、【JR札幌駅】に直結しており、非常に使い勝手が良いのも特徴のひとつ(´ω`)


c0378174_11595537.jpg
野菜とハムのサンド324円。

その名の通りレタスやトマトといった野菜とハムが入ったハンドイッチ。野菜は新鮮でハムやマヨネーズとの相性バッチリ。小麦の香とほのかに甘味を感じるパンも良い感じで美味しい。


c0378174_12001070.jpg
塩パン 129円。

今はどこのパン屋さんでも定番の塩パンをチョイス。焼きたてでふわっふわ。パンの甘味と塩の塩味のバランスが絶妙。


c0378174_12000378.jpg
塩バターパン 129円。

上記の塩パンの亜種的パン。これも焼きたてだったんですが、塩パンにバターの要素がプラスされる事により、美味しさが一気に跳ね上がります。てか、これはマジでウメェ!(´¬`)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



CAFE DANMARK 札幌店
●住所 北海道札幌市中央区北5条西2丁目5番地 ステラプレイスB1F
●電話 011-242-1009
●営業時間 8:00~21:00
●定休日 無休
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-10-24 18:00 | 札幌市 中央区 | Comments(0)

串鳥/札幌市 北区

2018年10月8日()



c0378174_11592608.jpg
この日のランチは【札幌市】【北区】の「札幌駅北口エリア」にある【串鳥 札幌駅北口店】でした。プログにUPするのは2回目になります。

昭和55年すすきのに1号店をオープンした【串鳥】も今や、北海道地区にに31店舗、仙台地区に6店舗、東京地区に2店舗を展開する人気の一大焼き鳥チェーンとなりました。岩手山「あはん鶏」をはじめとする良質で安全な国産肉の提供。炭火を使用し、焼き手技術の日々の向上。食材はもちろん、塩やたれなど全てに至るまで味への追求。一人でも多くのお客さんに安価で楽しんでもらう。これらの強いこだわりが長年愛される秘けつ。また、店舗によってはランチ営業をしており、数種類の定食がリーズナブルな価格で味わえるのもポイントが高い(´ω`)


c0378174_11593361.jpg
特製ザンギ定食 580円。

ザンギ、ご飯、お味噌汁、ポテトサラダ、漬け物がセットになったオーソドックスな定食。メインのザンギは揚げたて熱々ジューシィで美味しいのはもちろんですが、ひとつひとつに包丁で切込みが入れられており、噛みちぎりやすく食べやすい。こーいった工夫は非常にありがたいです(=ω=)


祝日の昼時でもわりと空席があり待つ事なくランチする事ができました。それにしても【串鳥】でランチなんて超久しぶりかも。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



串鳥 札幌駅北口店
●住所 北海道札幌市北区北7条西4-8 北口ヨシヤビル1F・2F
●電話 011-758-2989
●営業時間 11:00~14:00 16:30~0:30
●定休日 12月31日
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-10-23 18:00 | 札幌市 北区 | Comments(0)

酒処 ふじりん/小樽市

2018年2月18日()



c0378174_20172803.jpg
小樽雪あかりの路20】を短時間で見学してきた後は、同じく【小樽市】の「花園エリア」にある【酒処 ふじりん】へ行って来ました。初訪問になります。

「小樽花園商店街」周辺にある【酒処 ふじりん】は、和の風情が漂う落ち着いた店内で、地元でも評判の美人ママさんが作る料理と、「獺祭」や「14代」などといった日本酒や、プレミア焼酎を楽しめる隠れ家的居酒屋。週末は常連さんや地元民で満席になることの多い超人気店なんです(´ω`)


c0378174_20173790.jpg
ハイボール 450円。
お通し ???円。

日本酒がウリとの事でしたが、とりあえず1杯目はハイボールからのスタート。お通しはポテトサラダときんぴらごぼう。どちらも手作り感満載で優しいお味。


c0378174_20174665.jpg
ネバネバ豆腐 400円。

豆腐の上にオクラと納豆が乗った酒肴。こーゆうシンプルな料理もたまには良いモンです。間違いなく美味しいしねぇ。


c0378174_20175640.jpg
牛すじ 300円。
岩のり 200円。

おでんのダシといえば昆布や鰹節でとるけど、【酒処 ふじりん】のダシはひと味違います。通常のダシに地元【かま栄】のかまぼこをふんだんに使った極上のダシが効いてるんですよ。もう、マジで深みと旨味がハンパない! 熱々の牛すじと岩のりのコンビネーションおでんが超絶冷え切ったカラダに染み渡ります。ウメェよ!!(´¬`)


c0378174_20180697.jpg
自家製ザンギ 680円。

揚げたてのザンギはかなり大ぶりでボリューミィ。あっさりめな味付けでママさんの優しさがうかがえる一品。


c0378174_20181730.jpg
日本酒(八海山) 850円。

ここでハイボールから日本酒へスイッチ。チョイスした銘柄は【新潟県】が誇る超メジャー酒の八海山の純米吟醸。口当たりも良くスッキリしていて飲みやすい日本酒ですねぇ。


c0378174_20182657.jpg
玉子 160円。
じゃがいも 160円。

おでんの第2弾は玉子と、おでんの具材としては珍しいじゃがいもをオーダー。甘味のあるじゃがいもに、上記でも説明した極上のダシが染み込み、この上ない美味しさに(´¬`)


小樽雪あかりの路20】の会場からモサモサ降り続く雪の中を歩き、あまりの寒さで逃げ込むように入ったお店がこの【酒処 ふじりん】。事前に調べたワケではなかったのですが、地元では超人気店だったようです。料理もお酒も美味しいのはもちろん、美人ママさんの接客にかなり癒されました。なかなか行く機会はないですが、是非とも再訪問したい一軒です。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



酒処 ふじりん
●住所 北海道小樽市花園1丁目8-24 2F
●電話 0134-22-8666
●営業時間 17:30~23:00
●定休日 火曜(変更有り)
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-10-22 18:00 | 後志地方 | Comments(0)

小樽雪あかりの路20/小樽市

2018年2月18日()



c0378174_18305357.jpg
田中酒造 本店】でホットドリンクを飲みカラダを温めた後は(スグに冷えたけど)、「手宮線会場」で開催されていた【小樽雪あかりの路20】へ参加してきました。ブログにUPするのは2回目ですが初参加になります。



c0378174_18322183.jpg
c0378174_18321028.jpg
c0378174_18315702.jpg
c0378174_18313834.jpg
c0378174_18312810.jpg
c0378174_18312016.jpg
c0378174_18310413.jpg
c0378174_18311194.jpg
平成11年2月に市民有志により始まった【小樽雪あかりの路】は、キャンドルの灯火が古い街並みを優しく照らす幻想的なイベント。夕暮れ時から辺りが真っ暗になる時間まで、空の色や天候によって雰囲気をかもし出すため、毎日違った表情を楽しめる。運河会場、手宮線会場をメーン会場に開催され、運河の水面で瞬く古い漁具をモチーフにした浮き玉キャンドル、手宮線会場の柔らかな光がともるスノーキャンドル、オブジェなど、多くがボランティアの手作業によるもの。朝里川温泉会場や天狗山会場などの、あかりの路会場も人気があり、ろうそくの温かなあかりが来場者をもてなしてくれる。


c0378174_18322904.jpg
会場内では炭火で焼いたジャガイモを無料配布してました。これは嬉しいサービス(=ω=)


もうホント幻想ファンタジーな感じで凄く綺麗なんですよ。綺麗なんですがモサモサ降り続く雪と凍えそうな寒さに負け写真を撮り終えたら即時撤退! 【北海道】の冬をナメちゃアカンね(´Д`;)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-10-21 18:00 | 後志地方 | Comments(4)

田中酒造/小樽市

2018年2月18日()



c0378174_20213152.jpg
かま栄 工場直売店】で美味しいかまぼこを食べて来た後は、同じく【小樽市】の「色内エリア」にある【田中酒造 本店】へ行って来ました。初訪問になります。

c0378174_20220066.jpg
田中酒造】は、明治32年創業の老舗酒造であり、道内でも歴史ある酒蔵のひとつ。道産の安心・安全な原料をもとに季節問わず、より美味しいを目指して日本酒や本みりんを製造している。小樽観光にかかせない施設のひとつで、連日観光客が絶えない超人気のお店なんです(´ω`)


c0378174_20223009.jpg
ホットイチゴスムージー 350円。

あまりにも寒く、カラダが冷え切っていたので、温かい飲み物である「ホットイチゴスムージー」をオーダー。【田中酒造】の酒粕に【伊達市】で収穫されたイチゴをまるごとミックスしたホットスムージーは甘さ控えめで非常に飲みやすいドリンク。ちなみに便秘、腸内環境の改善、むくみ予防などが期待できるとかなんとか。まぁ、こっちとしては心底冷え切ったカラダを内から温められるだけで満足なんですが(=ω=)


c0378174_20230018.jpg
時期だけあって店内にはひな人形が展示されていました。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



田中酒造 本店
●住所 北海道小樽市色内3丁目2番5号
●電話 0134-23-0390
●営業時間 9:00~18:00
●定休日 無休
●駐車場 有り(15台)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-10-20 18:00 | 後志地方 | Comments(2)

かま栄/小樽市

2018年2月18日()



c0378174_13202199.jpg
濱焼 北海道 魚萬 小樽駅前本店】で軽く飲んで来た後は、同じく【小樽市】の「堺町エリア」にある【かま栄 工場直売店】へ行って来ました。何度か訪問してますがブログにUPするのは2回目になります。


かま栄】は、明治38年創業の老舗かまぼこ店。熟練の職人が作るかまぼこは小樽市民のソウルフードのひとつと言っても過言ではない。現在は店舗数も増え【北海道】を代表する超人気かまぼこ店にまで成長。【小樽市】の観光名所のひとつにもなっている【かま栄 工場直売店】では、人気商品の「パンロール」や直売所限定の商品が購入できる他、かまぼこの製造行程を無料で見学する事ができる。


c0378174_13203227.jpg
パンロール 216円。
ウィンナーロール 226円。

人気商品No.2の「パンロール」は、豚挽き肉、玉ねぎ、胡椒入すりみを薄いパンで巻き油で揚げたテイクアウトメニューのひとつ。何度も食べているから味は知っているけど、やっぱりウメェ。工場売店限定の「ウィンナーロール」は、パンロールにウィンナーがプラスされた亜種バージョン。これもまた美味しいんですよねぇ(´¬`) 本当は前回訪問時に食べた「パンドーム」が食べたかったんですが売り切れてて残念無念。


c0378174_13204052.jpg
橋の上から「小樽運河」を撮影。この後、次の目的地を目指すわけなんですが、2月の【小樽市】の寒さに心が折れそう(´Д`;)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



かま栄 工場直売店
●住所 北海道小樽市堺町3-7
●電話 0134-25-5802
●営業時間 9:00~19:00
●定休日 元日
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-10-19 18:00 | 後志地方 | Comments(2)

濱焼 北海道 魚萬/小樽市

2018年2月18日()



c0378174_20281416.jpg
この日は【小樽市】の「稲穂エリア」にある【濱焼 北海道 魚萬 小樽駅前本店】へ行ってきました。初訪問になります。


c0378174_20282765.jpg
濱焼 北海道 魚萬】は、【白木屋】【魚民】【笑笑】などで知られる居酒屋チェーンを展開する【モンテローザ】が運営する海鮮居酒屋のひとつ。各テーブルに焼き台がセットされており種類豊富な海鮮や貝類などの濱焼(雰囲気)が楽しめるのが特徴。地元民はもちろん外国人観光客からも支持されている人気の居酒屋なんです(´ω`)


c0378174_20283579.jpg
角ハイボール 398円。
お通し ???円。

今はもう飲むのをやめちゃったけど、この頃はハイボールばっかり飲んでました。なんで飲まなくなったかってゆーと、スグに記憶が飛んじゃうから(ΦДΦ;) お通しは昆布と揚げの和え物。


c0378174_20284573.jpg
めちゃ旨パリパリ塩キャベツ 298円。

ざく切りされたキャベツに胡麻、塩こんぶ、塩ダレがかかったスグ出るおつまみの決定版。こんなシンプルな料理なのにとまらなくなるんですよねぇ。


c0378174_20285594.jpg
あん肝ポン酢 498円。

酒の肴の定番あん肝ポン酢。濃厚でクリーミィ、ほんのり甘味のあるあん肝にポン酢が染み込み深みが増した味になります。どこで食べてもウマイやつ(´¬`)


c0378174_20290496.jpg
つぶ貝とエリンギのガーリックバター焼き 498円。

焼き台で焼いてるとニンニクとバターの香がしてきて食欲が増します。そして、ニンニクとバターのおかげてつぶ貝とエリンギの美味しさが何倍にも跳ね上がるっていう。


c0378174_20291301.jpg
炙り〆鯖のおろし薬味刺し 598円。

脂が多く旨味抜群のしめ鯖は普通に食べても美味しいけど、薬味おろしで食べることによりまた違った美味しさになります。これは良いモンです(´¬`)


前情報もなく昼から飲めそうだったので勢いで入店してみましたが、これがどうしてなかなかに良いお店。リーズナブルで料理も美味しいし。隣席にいたアジア系観光客カップルが海鮮料理と自分たちのツーショット写真を撮ったりしてて凄く楽しそーだったのが印象的でした。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



濱焼 北海道 魚萬 小樽駅前本店
●住所 北海道小樽市稲穂2-9-9 稲穂2丁目ビル 1F・2F・3F
●電話 0134-34-0088
●営業時間 10:00~翌5:00
●定休日 無休
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-10-18 18:00 | 後志地方 | Comments(4)

串鳥/札幌市 北区

2018年8月27日(月)



c0378174_19105007.jpg
この日は【札幌市】【北区】の「札幌駅北口エリア」にある【串鳥 札幌駅北口店】へ行ってきました。何度も訪問してますがプログにUPするのは初になります。


昭和55年すすきのに1号店をオープンした【串鳥】も今や、北海道地区にに31店舗、仙台地区に6店舗、東京地区に2店舗を展開する人気の一大焼き鳥チェーンとなりました。岩手山「あはん鶏」をはじめとする良質で安全な国産肉の提供。炭火を使用し、焼き手技術の日々の向上。食材はもちろん、塩やたれなど全てに至るまで味への追求。一人でも多くのお客さんに安価で楽しんでもらう。これらの強いこだわりが長年愛される秘けつ何でしょう(=ω=)


c0378174_19105756.jpg
ビール 380円。
お通し 無料。

ビールの銘柄は「サッポロ黒ラベル」。お通しは定番のスープと大根おろし。何度も言ってるけど、このスープが美味しいんですよねぇ。おかわりし放題だし。


c0378174_19110635.jpg
激辛青南蛮つくね(1本) 150円。
鳥おび山わさび(1本) 160円。

つくねシリーズの「激辛青南蛮つくね」は毎回頼むレギュラー中のレギュラー。粗挽きで合い挽きっぽい【串鳥】独特のつくねと青南蛮の辛さがたまらない。「鳥おび山わさび」は初オーダー。歯ごたえと弾力のある鳥おびの部位にツーンと辛い山わさびのアクセントが良い感じ(´¬`)


c0378174_19111671.jpg
とり皮ポン酢 280円。

とり皮ならではの食感とさっぱりした味わいがクセになる一品。箸休めなのに止まらない美味しさ。


c0378174_19112464.jpg
イタリアンサラダ 320円。

このイタリアンサラダの美味しさの決めてはガーリックチップとオリジナルのドレッシング。ほんとコレ美味しくて好きだわ。


串鳥 札幌駅北口店】何度も来た事あったはずなのにブログの過去記事をチェックしたら1度も書いてなかったんですよね。なんでだろう。もしかしてブログを始めてから訪問してなかったんだろうか? とゆーことは4,5年ぶり?(´Д`;)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



串鳥 札幌駅北口店
●住所 北海道札幌市北区北7条西4-8 北口ヨシヤビル1F・2F
●電話 011-758-2989
●営業時間 11:00~14:00 16:30~0:30
●定休日 12月31日
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-10-17 18:00 | 札幌市 北区 | Comments(2)

Sweets shop Patissier Lab(しこつ湖鶴雅リゾートスパ 水の詩)/千歳市

2018年7月9日(月)



c0378174_19051859.jpg
苫小牧市】の【緑ヶ丘公園展望台】で風景を堪能した後は、【千歳市】の「支笏湖温泉エリア」にある【パティシエ・ラボ しこつ湖鶴雅リゾートスパ 水の詩】へ行ってきました。初訪問になります。

2009年5月【しこつ湖鶴雅リゾートスパ 水の詩】内にオープンした【スイーツショップ パティシエ・ラボ】は、道内産の素材をふんだんに使用したスイーツ販売がメインのお店。数あるスイーツの中、1番人気の商品は「樽前山」の溶岩ドームをイメージした生地にオレンジ風味のカスタードクリームが入った「たるまえ山シュー」。ここのスイーツ目的で遠方からわざわざ足を運ぶファンの多い超人気店なんです(´ω`)


c0378174_19052708.jpg
ストロベリーパフェ 480円。

水の詩】のパティシエがつくるこだわりのテイクアウトパフェ。フレッシュなイチゴソースが爽やかで甘酸っぱいおいしさ! あまりの美味しさにもうひとつのチョコレートパフェも気になったけどそこは我慢で(´¬`)


c0378174_19053629.jpg
c0378174_19054200.jpg
パフェを食べ終え「支笏湖」周辺を散策していると突然の大雨が…。雨宿りをするも一向に止む気配がなかったので、駐車場に止めていた車に戻り家に帰る事にしました。まぁ、この日のドライブはじゅうぶん楽しめたので良しとしましょう。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



Sweets shop Patissier Lab
●住所 北海道千歳市支笏湖温泉 しこつ湖鶴雅リゾートスパ水の詩
●電話 0123-25-2211
●営業時間 9:30~16:30
●定休日 日曜
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-10-16 18:00 | 石狩地方 | Comments(4)

緑ヶ丘公園展望台/苫小牧市

2018年7月9日(月)



c0378174_10361212.jpg
海の駅 ぷらっとみなと市場】内にある【海鮮 みなと食堂】で美味しいランチを食べてきた後は、同じく【苫小牧市】の「高丘エリア」にある【緑ヶ丘公園展望台】へ行ってきました。初訪問になります。


c0378174_10362188.jpg
c0378174_10363289.jpg
c0378174_10364249.jpg
緑ヶ丘公園展望台】は、【苫小牧市】の北部にある総面積91万平方メートルに及ぶ【緑ケ丘公園】の頂上広場に立つ、高さ56mの展望台。エレベーターで上る3階の展望室からは、太平洋と苫小牧市街、港を中心にした工業地帯、さらに勇払原野、樽前山山麓に連なる豊かな自然を一望でき、苫小牧市で1番眺めの良い場所と言われている。館内は公園のレストハウスの役割も担い、休憩所や売店がある他、季節毎のイベントも開催する。展望台のある緑ヶ丘公園には、噴水や花壇、数多くの木々が植栽され、野球場やサッカー場、屋内外のスケート場などのスポーツ施設の他、遊具広場や芝生広場、ボートが楽しめる金太郎池などが揃い、市民の憩いの場になっているんです(´ω`)


海鮮 みなと食堂】の従業員さんに教えてもらってやってきたけど、なかなか良い公園じゃないですか。この日は曇り空だったけど、天気の良い晴れの日なんかはピクニックとか楽しめそう。機会があればまた来てみたいですねぇ(=ω=)


※記事 モコ平



緑ヶ丘公園展望台
●住所 北海道苫小牧市字高丘41-18
●電話 0144-33-6933
●営業時間 9:00~21:00(4月20日~10月31日) 10:00~18:00(11月1日~4月19日)
●定休日 第1月曜
●駐車場 有り(107台)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
# by mocohe23 | 2018-10-15 18:00 | 胆振地方 | Comments(4)