カテゴリ:空知地方( 92 )

Lunch & Cafe papaji & mamaji/三笠市

2018年4月30日(月)



c0378174_19104748.jpg
この日のランチは【三笠市】の「萱野エリア」にある【パパジアンドママジ】でした。初訪問になります。


道道30号線沿いにある【パパジアンドママジ】は、2013年7月にオープンした洋食カフェ。店主がとことんこだわりぬいた食材で作る料理は美味しいと地元での評価が高い。また、店内には奥様が作った数々の木工アートが飾られており見ているだけで楽しい。店内は完全禁煙だが、外席は喫煙可能。


c0378174_19105569.jpg
とろとろ玉子の牛スジ煮込み デミグラス・オムライス 850円。

パパジアンドママジ】人気No.1メニューのオムライス。とろっとろの玉子の中は王道のケチャップライス。牛スジを12時間以上煮込んで仕上げたというコラーゲンたっぷりのオリジナルデミグラスソースとの相性抜群! ウリの牛スジ感はあまり感じられなかったけど普通に美味しいデミソースでした。ちなみにポテトサラダが付いてるんですが写真撮り忘れ。


c0378174_19110294.jpg
鶏ムネ肉のやわらかチキンカツ 800円。

この日の日替わりメニューはチキンカツがメインのディッシュでした。その名の通りチキンカツがめちゃめちゃ柔らかく、自分好みのデミソースが良い仕事をしててウマイ。野菜も新鮮だし、近所のお米農家から仕入れてるというライスもホント美味しい(´¬`) スープかと思ったらみそ汁だったのには驚きを隠せないw


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



Lunch & Cafe papaji & mamaji
●住所 北海道三笠市萱野368
●電話 0126-72-8866
●営業時間 10:00~19:00
●定休日 火曜
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-07-12 18:00 | 空知地方 | Comments(0)

Vegepanna/南幌町

2018年6月14日(木)



c0378174_11413672.jpg
この日の昼食は【南幌町】の「北町エリア」にある【ベジパンナ】で購入してきたパンでした。初訪問になります。


2013年の6月にオープンした【ベジパンナ】。店主の実家が野菜農家で、毎日届く採れたて新鮮野菜を使用した焼きたてのパンが評判のパン屋さん。また、店主自らも野菜を作っており、自家栽培のトマトや自家栽培小豆はジュースや餡にし、1年間通してパンの素材として使う。旬の素材に強いこだわりを持っており、季節によって変わる味わいの違いを楽しめるのも人気のひとつ。お店は住宅街の中にあるので初めて行く場合は道に迷う事もあるかもしれないぐらいの隠れ家的パン屋さんなんです(´ω`)


c0378174_11414381.jpg
ニラパン 160円。

目的だった「南幌キムチマヨネーズ」というパンが売り切れでガッカリしていると可愛らしい店主さんから「ニラパンもオススメですよ♪」と言われ購入した調理パン。ソフト系の生地のパンの中に炒めたニラや挽肉が入ったもので抜群の美味しさでした(´¬`)


ハムロール 140円。

ハムロールはわりとどこのパン屋でも扱ってるパンですが、ここのは「これでもか!」ってぐらいマヨネーズがたっぷり入っていて、パンにかぶりつくと反対側からドロっとマヨネーズが飛び出ちゃうという嬉しいアクシデントがww


昼食時間が若干遅く店に着いたときにはほとんどのパンが売り切れ状態だったんです。人気の高さがうかがえますねぇ。なので次回訪問時は早い時間に行く事にします。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



Vegepanna
●住所 北海道空知郡南幌町北町4-3-4
●電話 011-378-3224
●営業時間 10:00~19:00(火・水・金~日) 11:00~15:00(月・木)
●定休日 日曜・月曜・火曜
●駐車場 有り(3台)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-06-28 18:00 | 空知地方 | Comments(0)

弐代目 麺蔵 永久 bibai style/美唄市

2018年6月15日(金)



今回はOCHIKA TEMPESTさんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


c0378174_15060369.jpg
この日のOCHIKA TEMPESTさんが向かったのは【美唄市】の「銀座街エリア」の入り口にある【弐代目 麺蔵 永久 bibai style】。初訪問だったようです。


c0378174_15061086.jpg
2018年6月にオープン(プレオープン)したばかりの【弐代目 麺蔵 永久 bibai style】。店主は【江別市】にある人気ラーメン店【本家 麺蔵 大麻店】で修行した実力派で、支店としてではなく暖簾分けとして【美唄市】に新しい店を出店。まだプレオープン中にも関わらず、美味しいと評判のラーメンを求め連日多くの地元民で賑わっているんだとか。そして嬉しい事にプレオープン期間中はラーメン一杯500円なんです(´ω`)


c0378174_15061859.jpg
炙り醤油ラーメン(プレオープン期間中) 500円。

熱々で香ばしい香りが食欲をそそる炙り系醤油スープは、旨味、塩味、甘味のバランスが絶妙で、コシが強く弾力のある麺との相性抜群。チャーシューは非常に柔らかくとろける系。スープを吸い込んだのりも良い感じ。総合的にレベルの高い美味しいラーメンだったようです(´¬`)


c0378174_15062679.jpg
白旨味噌ラーメン(プレオープン期間中) 500円。

独自配合の白味噌を使用したスープは丁度良い甘味と旨味が味わえる。もちろん麺との相性はいうまでもない。こちらのラーメンも満足のいく一杯だったとか。


自分が子供の頃、近所に【麺蔵】があって家族に良く連れてってもらってた。人気店だったのに急にトマトラーメンだかの店に路線変更してスグに潰れちゃったんですよ。今でこそトマト系ラーメンの店はあるけど当時は珍しすぎてお客さんが着いて行けなかったんだろうなぁ。ってな事を思い出した(´Д`;)


OCHIKA TEMPESTさん貴重な食ネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m


※記事 モコ平



弐代目 麺蔵 永久 bibai style
●住所 北海道美唄市大通西1条南4丁目1-1
●電話 0123-26-9955
●営業時間 11:00~17:00
●定休日 未確認(現在プレオープン中なので定休日は不明)
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-06-26 18:00 | 空知地方 | Comments(0)

炭火居酒屋 炎/岩見沢市

2018年4月29日()



c0378174_19152062.jpg
この日は【岩見沢市】の【JR岩見沢駅】から徒歩で数分の場所にある【炭火居酒屋 炎 岩見沢店】で飲みでした。2度目の訪問になります。

食材と美味しさにこだわった飲食店を展開している【伸和ホールディングス】の居酒屋チェーン店【炭火居酒屋 炎】。生つくねがウリで、道内契約養鶏所にて、つくねに合う若鳥を育ているほどのこだわりっぷり。もちろんつくね以外にもチカラを入れており、どれを食べてもハズレがない。通常メニュー、飲み放題共にリーズナブルで、週末にもなると大勢のお客でにぎわう人気居酒屋なんです(´ω`)


c0378174_19161716.jpg
飲み放題(120分) 980円。
お通し ???円。

やっぱ特出するのは飲み放題が安いってこと。大型都市では珍しくないかもだけど、こっち方面に来るとこの価格の店ってほとんどないんですよ。お通しはノーマルなきんぴらごぼう。


c0378174_19163364.jpg
豚ねぎ串(1本) 140円。

豚串にねぎ塩ダレがたっぷりかかったもの。これは食べる前から美味しいのが判明している串焼きですねぇ。


c0378174_19164279.jpg
赤もつ串(1本) 90円。

炭火居酒屋 炎 北24条店】で初食して以来すっかりファンになった「赤もつ串」。もつと脂身(?)の串焼きで旨味がハンパない美味しいヤツなんです(´¬`)


c0378174_19165029.jpg
とり皮パリパリシーザーサラダ 490円。

シーザーサラダにパリッパリに揚げたとり皮が乗ったもの。皮が良いアクセントになってます。


c0378174_19165874.jpg
塩ユッケ 590円。

契約牧場の広大な敷地で放牧、飼育された生食用の馬肉を使用しているという塩で食べるユッケ。おろしニンニクも良い感じ。


c0378174_19170550.jpg
チキン南蛮 390円。

揚げたての鶏の唐揚げに特製のタルタルソースが良く合います。このボリュームで390円はお得。


c0378174_19171256.jpg
生つくね茶漬け 490円。

炭火居酒屋 炎】といえば「生つくね」と「生つくねスープ」が有名ですが、このお茶漬けはそのふたつを組み合わせたようなもの。これは初めて食べたけど白米とスープの融合はマジでウマイ(´¬`)


c0378174_19172408.jpg
かき天ぷら 490円。

「4月 春のおすすめメニュー」の中から牡蠣の天ぷらをチョイス。てか、本当は「天ぷら4種盛」を注文したのに店員さんのミスでこれが届いちゃったんですよねぇ。まぁ、揚げたてだし牡蠣の天ぷらはあんま食べた事がなかったので全然良いですけどw


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



炭火居酒屋 炎 岩見沢店
●住所 北海道岩見沢市3条東1丁目8-8
●電話 0126-22-1129
●営業時間 17:00~翌1:00(月~木) 17:00~翌3:00(金・祝前日)
     15:00~翌1:00(土日祝)
●定休日 無休
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く


[PR]
by mocohe23 | 2018-06-20 18:00 | 空知地方 | Comments(0)

手打ちそばの店 希林/岩見沢市

2017年11月6日(月)



c0378174_21180061.jpg
札幌市】【白石区】の【カフェ ブルーパン】でランチをした日の夜は、【岩見沢市】の「大和エリア」にある【手打ちそばの店 希林】へ行ってきました。初訪問になります。



c0378174_21181698.jpg
2008年11月にオープンした【手打ちそばの店 希林】は、自慢の手打ちそばはもちろんのこと、定食や丼もの、カレーライスなど幅広いメニューが揃う食事処。中でも1番人気の「元祖もつそば」を求めわざわざ遠方から足を運ぶ客も多い。昼も夜も大勢の客で賑わう【岩見沢市】屈指の人気そば屋なんです(´ω`)


c0378174_21182405.jpg
c0378174_21183179.jpg
元祖もつそば 770円。

せっかくお店の人気No.1メニューを食べるのだから、選べるそばは「元祖もつそば」と1番相性のよい「田舎蕎麦」でオーダー。そばつゆは鶏と鶏モツの出汁が良い感じに出ており、独特の甘味がありつつもめちゃめちゃ濃厚。太目で個性の強い田舎蕎麦との相性抜群。これはクセになる一杯ですねぇ(´¬`)


c0378174_21183815.jpg
とろろそば 850円。

こちらは初心者にも優しい「更科ごまそば」でオーダー。つゆもそばも全体的に優しく万人受けする美味しさだけど、とろろと生卵の存在でスタミナ補給にうってつけ。


TVや雑誌で何度も見ていたそば屋さん。何度も訪問する機会があったにも関わらずこの日やっと訪問することができました。再訪問は決定なんですけどひとつ疑問が…。店前の看板(?)に「ラーメン」と書かれていたんですけどメニューには一切記載されてないんですよ。以前はラーメンも扱っていたってことかなぁ?


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



手打ちそばの店 希林
●住所 北海道岩見沢市大和1条7丁目3-3
●電話 0126-25-6969
●営業時間 11:30~14:30 17:30~20:00(そばがなくなり次第終了)
●定休日 火曜(臨時休業有り)
●駐車場 有り(8台)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-06-17 18:00 | 空知地方 | Comments(0)

道の駅 スタープラザ芦別/芦別市

2018年6月1日(金)



c0378174_13582418.jpg
富良野市】の【菓子工房 フラノデリス】で美味しいパンケーキを食べてきた後は、【芦別市】の「北4条エリア」にある【道の駅 スタープラザ芦別】へ行ってきました。もう何度も訪問してるけどブログにUPするのは初だったような?



c0378174_13583252.jpg
道の駅 スタープラザ芦別】は、国道452号(国道38号バイパス)沿いに位置し、道の駅内にある芦別市観光物産センター1階には、ビデオで市内の見どころ、イベント等を紹介する観光案内所、特産物等の販売コーナーがあり、豆腐等の加工体験ができる農産物がある。2階のレストランでは、空知川を見ながら食事を楽しむことも。さらに、駐車場の公衆トイレは「星の降る里」らしく星をかたどったユニークなものとなっているんだとか(´ω`)


2階のレストラン【ラ・フルール】で芦別名物の「ガタタン」を食べようかと思って寄ってみたんですが、ここのレストランって「ガタタンラーメン」とか派生系はあるけどノーマルな「ガタタン」は扱ってないんですねぇ(´Д`;) なので道の駅スタンプラリーのスタンプだけ押して帰ってくるってゆーねw


スタンプごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



道の駅 スタープラザ芦別
●住所 北海道芦別市北4条東1丁目1番地
●電話 0124-23-1437
●営業時間 9:00~19:00(5月~10月) 9:00~18:00(11月~4月)
●定休日 年末年始
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-06-04 18:00 | 空知地方 | Comments(2)

飯酒屋 ぼおの(移動販売車)/美唄市

2018年1月23日(火)



c0378174_11553427.jpg
この日は【美唄市】中心部からちょっとだけ離れた場所にあった【飯酒屋 ぼおの(移動販売車)】で晩御飯用のお惣菜を購入しました。


美味しくてボリューミィな料理が人気の【飯酒屋 ぼおの】。通常は店舗で営業しているが、時期になると市内外の様々なイベントに出店。移動販売車では限られた品数しか販売されないが、どれもこれもレベルが高く会場内でも屈指の人気ブースに。イベント内容により料理の内容をガラッ変えるのも【飯酒屋 ぼおの】ならでは(´ω`)

c0378174_11554223.jpg
とりチリ(大) 600円。

仕事帰りトボトボ歩いていたら、近所の空き地で【飯酒屋 ぼおの】さんの移動販売車がまさかの営業してるじゃないですか!Σ(ΦДΦ) しかも真冬の真っ只中に。更に冬季限定のオリジナルメニューまであるんだから購入しないわけにはいかないですよねぇ。というわけで普段は食べる事のできない「とりチリ」を買ってみました。まぁ、【ぼおの】のザンギの完成度の高さはもう何度も食べているので立証済みですが、チリソースとの組み合わせは初食。パリっとジューシィなザンギと甘辛いチリソーズの組み合わせがめちゃウマイ!(´¬`)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



飯酒屋 ぼおの(移動販売車)
●住所 北海道美唄市西1条南3丁目
●電話 0126-66-6086
●営業時間 店舗営業後の数時間
●営業日 冬季間の一時期のみの営業
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-05-31 18:00 | 空知地方 | Comments(0)

Cafe&レストラン ガスト/三笠市

2018年5月2日(水)



c0378174_14081636.jpg
むかわ町】の【道の駅 むかわ四季の館】に行った後は、【三笠市】の【イオンスーパーセンター 三笠店】の中にある【Cafe&レストラン ガスト 三笠店】へ晩御飯を食べに行ってきました。初訪問になります。

c0378174_14082490.jpg
株式会社すかいらーく】が運営する全国チェーンのファミリーレストラン【Cafe&レストラン ガスト】。リーズナブルな価格設定と種類豊富なメニュー、遅くまで営業している事もあり、老若男女問わず様々な客層から人気のあるレストランなんです(´ω`)


c0378174_14083425.jpg
c0378174_14084168.jpg
海老のトマトソーススパゲティ 549円。

ぷりっぷりの大きな海老が入ったパスタ。トマトソースはあっさりしつつもコクのある美味しさ。パスタはアルデンテで歯ごたえがありソースとの相性が良い。メニューには書いてなかったけど、サラダが付いてくるのも嬉しいポイント。


c0378174_14085409.jpg
日替わりランチ 499円。

この日の日替わりランチのメニューは「チキングリル和風ソース&アジフライ」。和風ソースは甘目でチキングリルにピッタリ。ご飯が進む味です。アジフライも揚げたてで熱々、こっちもご飯が進みます。写真には写ってないけどスープも付いてました。それにしてもランチメニューが17時までってのは良いですねぇ。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



Cafe&レストラン ガスト 三笠店
●住所 北海道三笠市岡山1059-1 イオンスーパーセンター 三笠店内
●電話 0126-74-5530
●営業時間 9:00~22:00
●定休日 無休
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-05-29 18:00 | 空知地方 | Comments(2)

南幌らーめん きらら/南幌町

2018年5月23日(水)



c0378174_15423503.jpg
この日の昼食は【南幌町】の「西町エリア」にある【南幌らーめん きらら】でした。初訪問になります。


c0378174_15424279.jpg
2003年の8月にオープンした【南幌らーめん きらら】。素材と製造方法にとことんこだわり、3日以上の時間をかけて作るスープとチャーシューは店主の自信作。南幌名物のキャベツキムチが入った「キャベツキムチらーめん」や、北海道の男爵イモが入った「カレーらーめん」などオリジナルのラーメンの評価も高いが、通常のラーメンも美味しく好評。ミシュランガイドのビブグルマンに掲載された事のある【南幌町】屈指の人気ラーメン店なんです(´ω`)


c0378174_15424950.jpg
辛子高菜塩らーめん 700円。

店員のオネーサンが「色は濃いですけど塩ですから~」と言って目の前にラーメンを出してくれます。モンゴル内陸で取れる自然塩(天外天塩)を使用しているスープは野菜などから出る甘味は一切なく、塩味がストレートに飛んでくる直球系。色と同じで味も濃い目なんですが、店主に言えば味の濃さを調整してくれます。モチモチとコシのある麺と高菜の辛味を帯びた塩スープは相性抜群ッ! 自慢のチャーシューは程よい歯ごたえがありつつも染み込んだ旨味のバランスが良く美味しい。煮卵も良い感じ。さすがビブグルマンに掲載されたラーメン店の一杯だと思いましたねぇ(´¬`)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



南幌らーめん きらら
●住所 北海道空知郡南幌町西町3丁目5-14
●電話 011-378-1195
●営業時間 11:00~20:00(火・水・金~日) 11:00~15:00(月・木)
●定休日 無休
●駐車場 有り(4台)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く


[PR]
by mocohe23 | 2018-05-25 18:00 | 空知地方 | Comments(0)

青の洞窟温泉 ピパの湯 ゆ~りん館/美唄市

2018年1月9日(火)



c0378174_12444356.jpg
この日は【美唄市】の「東明エリア」にある【青の洞窟温泉 ピパの湯 ゆ~りん館】で開催された新年会に参加してきました。入浴や食事で何度も訪れているんですが、ブログにUPするのは2度目になります。

見晴らしの良い高台にある【青の洞窟温泉 ピパの湯 ゆ~りん館】。名前にもあるように夜になるとブルーライトでライトアップされる露天風呂が名物。また、季節ごとに旬のものを使用した味と彩りの食事も人気のひとつ。【札幌市】と【旭川市】の中間に位置し、美唄インターのすぐそばなので、観光の中継地点としても大変便利な温泉施設なんです(´ω`)


料理8品+2時間飲み放題コース 5000円。


c0378174_12445482.jpg
オードブル3点セット。

内容は合鴨のスモーク、ポテトサラダ、叉焼サラダ、の3種。この中では滝川産の合鴨を使ったスモークが好み。


c0378174_12450496.jpg
刺身4種盛り合わせ。

内容は甘えび、たこ、サーモン、カツオのたたきの4品。当然どれもこれも新鮮で美味しい。


c0378174_12451386.jpg
タラ鍋。

野菜の甘味が出た塩ベースのあっさりしたスープの旨味がたっぷりと染み込んだタラは絶品。寒い季節の温かい鍋はカラダに染み入ります(´¬`)


c0378174_12452534.jpg
若鶏の半身揚げ(5等分)。

皮はパリパリ、中はふっくらジューシィというお手本通りの半身揚げ。人数分に分けられてるからしょうがないけど、もっと食べたかったなぁ。


c0378174_12455312.jpg
カニシュウマイ。

レンゲに少量のスープと蟹肉のシュウマイが入ったもの。シュウマイ自体も美味しいけど、蟹のエキスがタップリ出たスープがウマイ(=¬=)


c0378174_12453565.jpg
タラとジャガイモのホワイトソース。

ほくほくに茹でられたジャガイモとタラに特製のホワイトクリームソースをかけたもの。タラを使った料理は2品目ですが、これはまた違った美味しさ(´¬`)


c0378174_12454533.jpg
とりめし。

美唄市】を代表するソウルフードのひとつ。美唄産のお米と鶏肉のモモやムネ肉だけでなく、レバーや砂ぎも、きんかんまで余すところなく使われた鶏肉の、プリッとやわらかな食感やしっかりとした歯ごたえが楽しめる。味つけはシンプルに醤油とお酒と砂糖のみ。作ってる場所によって多少味の違いはあるものの美味しさはかわらない。


c0378174_12460297.jpg
マロンミルフィーユ。

マロンを使用したミルフィーユ状のケーキ。甘さ控えめで万人受けする美味しさ。マロンは上だけかと思いきや、中にもゴロンとしたのが入っています。


うーむ、料理は美味しいけどやっぱお高いんだよなぁ。せめて飲み放題にハイボールがあれば良かったのに(´Д`;)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



ピパの湯 ゆ~りん館
●住所 北海道美唄市東明町3区
●電話 0126-64-3800
●営業時間 7:00~22:00
●定休日 無休
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-05-17 18:00 | 空知地方 | Comments(0)