カテゴリ:空知地方( 108 )

岩瀬牧場 ジェラードSHOP/砂川市

2018年4月27日(金)



c0378174_18190424.jpg
滝川市】の【手打そば 加々家(かかか)】で美味しいおそばを食べてきた後は、【砂川市】の「一の沢エリア」にある【岩瀬牧場 ジェラードSHOP】へ行って来ました。初訪問ですがブログで扱うのは2度目になります。




c0378174_18191214.jpg
岩瀬牧場】は【砂川市】の広大な大地で、のびのびと育った乳牛200頭から搾った新鮮なミルクを使用し、プリンやチーズケーキ、ジェラートなどのスイーツを製造・販売をしている牧場。敷地内には自家製のモッツァレラチーズを使用したパスタやピッツァが人気のレストラン【Farm Restaurant RIVISTA】や【岩瀬牧場 ジェラードショップ】が併設しています。【岩瀬牧場】のソフトクリームを取り扱ってる店は多く、【千歳空港】や【宝水ワイナリー】、【アルテピアッツァ美唄】などなどいろんなところで味わえるのも嬉しいポイント(´ω`) ちなみに2018年1月に同敷地内に移転しリニューアルオープンしている。


c0378174_18192215.jpg
ダブル(チョコココア・ストロベリーヨーグルト) 310円。

チョコの甘味と苦味、イチゴの甘味と程よい酸味がベストマッチな「アポロ計画」を発動。この2種類の組み合わせは間違いなく最高の組み合わせなんです(=ω=)


c0378174_18193103.jpg
ダブル(ストロベリーミルフィーユ・クッキークリーム) 310円。

こちらは以前から評価の高かったストロベリーミルフィーユと、これまた人気のあるクッキークリームの組み合わせ。まぁ、早い話どれを食べても【岩瀬牧場】のジェラートは美味しいんですよね。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



岩瀬牧場 ジェラードSHOP
●住所 北海道砂川市一の沢237番地6
●電話 0125-53-5071
●営業時間 9:00~18:00 9:00~19:00(夏季)
●定休日 無休
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2019-02-07 18:00 | 空知地方 | Comments(0)

手打そば 加々家(かかか)/滝川市

2018年4月27日(金)



c0378174_18334698.jpg
この日は【滝川市】の「東滝川エリア」にある【手打そば 加々家(かかか)】へ行って来ました。初訪問になります。


JR東滝川駅】から徒歩4分。【滝川市】と【赤平市】を結ぶ「国道38号線」沿いにある【手打そば 加々家(かかか)】は、蕎麦の産地で有名な【幌加内町】から取り寄せている玄そば「キタワセそば」を、そば本来の風味が味わえるように十割で提供するこだわりの強いそば屋。昼時になると地元民はもちろん遠方から来るファンも多い超人気店なんです(´ω`) あまりにも人気が高すぎて開店から1時間もたたずに品切れになり閉店してしまう事もしばしば。


c0378174_18335476.jpg
豚ねぎセイロ 980円。

お店の人気メニューだという豚ねぎセイロをオーダー。毎朝使う分だけ自家製粉しつなぎを使わずに打っているというそばは繊細で香高く、豚肉の旨みとネギの甘みがとけこんだ自慢のそばツユに合うこと合うこと。これはマジで美味しいヤツです。温泉卵で味変もできるので2度美味しい!!(´¬`)


c0378174_18340224.jpg
かしわ 870円。

こちらは温かいかしわそば。甘目で完成度の高いツユに鶏肉の出汁がプラスされ豚ねぎセイロとはまた違ったベクトルで美味しい。

c0378174_18341079.jpg
お店に到着したのが12時ちょっと前だったんですが、なんと我々がこの日最後のお客さんだったんです! 11時30分の開店からわずか30分で品切れになるとかどんだけ人気店なんだよ!Σ(ΦДΦ;) まぁ、ギリギリセーフで超美味しいおそばを食べる事ができたのでラッキーだったんだけどw 再訪問確定ですが、こりゃ開店前から並ばないとダメかもしれんねぇ。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



手打そば 加々家(かかか)
●住所 北海道滝川市東滝川町1-2-6
●電話 0125-28-2534
●営業時間 11:30~16:30(そばが無くなり次第終了)
●定休日 水曜
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2019-02-05 18:00 | 空知地方 | Comments(2)

Cafe Stoven/美唄市

2018年9月29日()



c0378174_19285508.jpg
浦臼町】にある【炭焼きやきとり やす】で焼き鳥を買った後は、【美唄市】の「西5条エリア」にある【カフェ ストウブ】へ行って来ました。ブログで扱うのは6度目になります。



「アスパラひつじ」で有名な【西川農場】が満を持してオープンさせた【カフェ ストウブ】は地元や近隣の農家さんから仕入れた小麦などを使い、石釜で焼いた焼き立てハード系パンの販売と、地元の食材や「アスパラひつじ」などを使った食事メニューを提供するベーカリーカフェ。また、近隣の地域で作られるワインなども取り揃えており、のどかな風景を眺めながら美味しいパンとワインを堪能するといった贅沢な時間を過ごせる人気パンカフェなんです(´ω`)


c0378174_19290299.jpg
パイナップルとアプリコットのクランブルケーキ 360円。

パイナップルの甘味と杏子の酸味がバランス良く楽しめるオリジナルのクランブルケーキ。焼き立てだったので美味しさも倍増(´¬`)


スコーン(ほうじ茶と干し柿) 200円

こちらは【カフェ ストウブ】の人気商品であるスコーンの季節限定商品。ほうじ茶の苦味と干し柿の甘さが絶妙にマッチしており、いちど食べたらやみつきになること間違いなしッ! これのひとつ前にあったラベンダーとカシスのスコーンも絶品でした。記事には書いてないけどw


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



Cafe Stoven
●住所 北海道美唄市西5条北5丁目5-5
●電話 0126-35-4077
●営業時間 10:00~18:00
●定休日 水曜・木曜
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2019-01-30 18:00 | 空知地方 | Comments(0)

炭焼きやきとり やす/浦臼町

2018年9月29日()



c0378174_12471532.jpg
浦臼町】の【鶴沼公園】で開催された【第18回 浦臼産ぼたんそば 新そば収穫祭in浦臼】をもっつり堪能してきた後は会場のスグ近く、国道275号線沿いにある【炭焼きやきとり やす】へ行って来ました。初訪問になります。

c0378174_12472346.jpg
平成4年創業の【炭焼きやきとり やす】は、【浦臼町鶴沼公園】と【道の駅 つるぬま】のすぐ近く、国道275号線沿いにあるテイクアウト専門の焼き鳥屋。素材と炭焼きにとことんこだわっており、地元民はもちろん遠方から足を運ぶファンも多い知る人ぞ知る人気店なんです(´ω`)


c0378174_12473060.jpg
c0378174_12473745.jpg
とり串(1本) 90円。
ぶた串(1本) 90円。
たん串(1本) 90円。
砂ぎも串(1本) 90円。

さすが炭火焼きだけあってどれもこれも焼きたては間違いなく美味しい。ちょっと小ぶりなのが気になるけど、1本90円というリーズナブルな価格は非常に好感が持てます。どこの焼き鳥屋さんも軒並み値上げしてるのに安価で提供してるのは本当にスゴイ。【炭焼きやきとり やす】の串焼きは5種類あるんですが「もつ串」は【美唄市】に住んでたときにクサるほど食べたので今回は注文してません。


国道275号線を通るたび気になってた【炭焼きやきとり やす】ですがオープンしてるのを見たのはこの時が初めて。【第18回 浦臼産ぼたんそば 新そば収穫祭in浦臼】の臨時駐車場が近かったので今回初めて運良く購入する事ができました。再訪問は確定だけど、いつやってるのかがわからないので、タイミング次第なのかなぁと。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



炭焼きやきとり やす
●住所 北海道樺戸郡浦臼町キナウスナイ186
●電話 0125-67-3378
●営業時間 13:30~18:00(但し、開店時間が遅くなる事もあり)
●定休日 不定休
●駐車場 有り(10台ぐらい)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2019-01-28 18:00 | 空知地方 | Comments(0)

第18回 浦臼産ぼたんそば 新そば収穫祭in浦臼/浦臼町

2018年9月29日()



c0378174_18544371.jpg
この日は【浦臼町】の【鶴沼公園】で開催された【第18回 浦臼産ぼたんそば 新そば収穫祭in浦臼】へ行って来ました。初参加になります。


c0378174_18545741.jpg
毎年【鶴沼公園】で開催される【浦臼産ぼたんそば 新そば収穫祭in浦臼】は、道内各地の手打ちそば同好会による、「浦臼産ぼたんそば粉」を使った打ちたてそばが食べられるイベント。恒例のそば早食い大会やわんこそば大会、そば名人による手打ち実演なども見どころのひとつ。また【浦臼町】の特産品の販売などもある。地元や近隣の住民だけでなく、遠方からわざわざ足を運ぶ人も多い人気のそばイベントなんです(´ω`)


c0378174_18550856.jpg
ぶっかけとろろ(冷) 600円。
ビール 400円。

北海道そば研究所】ブースで購入した冷たいおそば。そばをすするとぼたんそばのもつ独特な香りが鼻から抜け、口の中にほのかな甘みと苦味が広がります。若干甘目のそばつゆがそばとの相性バツグン。とろろをからめる事によりまた違った美味しさに。これはウマイ! ちなみに限定40食。ビールの銘柄は「サッポロ黒ラベル」で別のブースで購入。


c0378174_18551649.jpg
天もり 700円。

札幌手打ちそば愛好会】ブースで購入したえびと舞茸の天ぷらが乗ったもりそば。こちらのそばもやはりぼたんそば特有の味で非常に美味しい。揚げたての天ぷらもさくさくで良い感じ。そばつゆがもう少し多ければ尚よかった。


c0378174_18552665.jpg
きのこそば 600円。

うらうす手打ちそば友の会】で購入した温かいおそば。そば本体の味はもちろん、数種類のきのこの旨味が出たそばつゆがめちゃ美味しい。せっかく【浦臼町】で開催してるんだからその土地のそば打ち同好会のおそばも食べてみないとね(´ω`)


c0378174_18553356.jpg
すながわっふる 400円。

砂川市】の【中道ファーム】ブース(移動販売車)で購入した変わったカタチのワッフル。【中道ファーム】で収穫されたお米の米粉を使用しており、従来のワッフルよりもちもち感と甘味がひと味もふた味も違う。〆のデザートにピッタリでした。


c0378174_18581725.jpg
c0378174_18582492.jpg
この日は晴天で【鶴沼公園】の風景がかなり良い感じでした。ここに来たのは十数年ぶりで前回訪問時はスワンボートに乗ったっけなぁ。懐かしい。てか、キャンプ場もあるので、次回訪問時はイベントの日に合わせてキャンプなんてできたら最高だろうなぁ(=ω=)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2019-01-26 18:00 | 空知地方 | Comments(0)

美唄焼とり たつみ/美唄市

2019年1月18日(金)



c0378174_19250904.jpg
この日は【美唄市】の「西1条エリア」にある【美唄焼とり たつみ】で、久しぶりに会う仲間たちと新年会をしてきました。ブログで扱うのは5回目ですが、もう死ぬほど訪問していますw

c0378174_19252685.jpg
昭和43年創業の【美唄焼とり たつみ】は、もも肉、卵、ハツ、レバー皮などが1本になったもつ串が特徴の「美唄焼き鳥」が味わえる老舗焼き鳥屋。もちろん「美唄焼き鳥」の父である「三船福太郎」の流れをくんでおりその味は本物。もつ串の他にも様々な居酒屋メニューがあり、老若男女問わず誰でも楽しむ事ができる。またランチ営業もしており、お酒を飲まなくてももつ串や美唄名物のとりめしなどを食べる事も可能。地元民から観光客まで幅広い層に支持されている超絶人気の焼き鳥屋さんなんです(´ω`) ちなみに写真は【美唄市】のご当地キャラクター「やきとり男」。他では見た事ないし【たつみ】のオリジナルコースターなのかな?


c0378174_19251806.jpg
生ビール(中ジョッキ) 525円。

ビールの銘柄は「サッポロ黒ラベル」。仕事が終わってから悪路の冬道を2時間半かけて古巣の【美唄市】へと到着。そしてすぐさま飲むビールはほんとにサイコー! ちなみにビールの銘柄は「サッポロ黒ラベル」の他に「アサヒスーパードライ」もあります。


c0378174_19254516.jpg
もつ串(1本) 108円。
精肉串(1本) 108円。

美唄市】といえばもつ串なのはもう定説。何度食べても飽きないのは、シンプルな塩とコショウの伝統的な味付けがなせる業か。【たつみ】の精肉串は柔らかくて旨みが強い。ちなみに【美唄市】でいう精肉はもも肉ではなくむね肉なんですよね。


c0378174_19260739.jpg
たつみサラダ 480円。

様々な野菜に豆やポテトサラダ、キウイなどが入ったいわいるミックスサラダ。初食だったけど結構ボリューミィでした。


c0378174_19255234.jpg
タコザンギ 500円。

謎のタコ料理押しのメニューからチョイスしたタコザンギ。外はカリカリ、中はぷりっぷりのタコザンギは1度食べるとヤミツキに。これはマジでウマイ(´¬`)


c0378174_19262221.jpg
月見うどん 430円。

鶏の出汁が効いた美味しいうどん。卵を割るとコクが増し更に美味しくなります。


c0378174_19255961.jpg
スタミナキムチ 450円。

漬け物系のキムチかと思って注文したら、出てきたのは豚肉とキムチの炒め物でしたw まぁ、これはこれで美味しいんだけど。


c0378174_19253674.jpg
とりさし 450円。

もつ串と並び必ずと言っていいほど注文する美味しい鶏のお刺身で、知る人ぞ知る【たつみ】の超人気メニューのひとつ。これはマジでオススメ(=ω=)


c0378174_19261317.jpg
とり串カツ(3本) 480円。

揚げたてでジューシィな串カツ。中は精肉なので意外とあっさりしています。


c0378174_19262907.jpg
もつそば 520円。

鶏の出汁がたっぷりと出たつゆにちょっと太めのそばが絡み普通に食べても美味しいおそば。そこにもつ串をぶち込んでもつの旨味をプラスしたもの。地元民が考案したものらしいけど、今ではこれ目当てに観光客が来るほどの人気商品(´¬`)


それにしても豪雪地帯の運転はキッツイものがある。ホワイトアウトとか頻繁に起こるし。でもまぁ、久しぶりだったので楽しかった(´ω`) 次回の新年会(忘年会)は【札幌市】での開催を希望するw


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



美唄焼とり たつみ
●住所 北海道美唄市西1条南1丁目1-15
●電話 0126-63-4589
●営業時間 12:00~14:00 15:00~21:00
●定休日 火曜
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2019-01-23 18:00 | 空知地方 | Comments(0)

牛角/岩見沢市

2018年12月21日(金)



c0378174_14551395.jpg
この日は【岩見沢市】の【JR岩見沢駅】から徒歩10分の場所にある【牛角 岩見沢店】で忘年会でした。初訪問になります。


1996年創業の【牛角】(当時の名前【焼肉市場 七輪】)は、七輪を据え付けたテーブルやカウンターで肉を焼くスタイルの焼肉レストランチェーン。経営は【レインズインターナショナル】で、【牛角】の他にも【しゃぶしゃぶ温野菜】や【鳥でん】といった人気店を展開している。中でも【牛角】の店舗数は圧倒的に多く、日本各地に展開しているので知らない人はほぼいないといっても過言ではない超メジャー焼肉店なんです(´ω`)


焼肉食べ飲み放題コース 4000円。

今回のコースは「忘年会特別企画」だそーで本来は4000円ではなく5356円なんだとか。制限時間は90分と短めだけど、美味しいお肉とお酒がガンガン食べ飲みできるのは良い。年末ぐらいはちょっとぐらい贅沢してもばちは当たらない(´ω`)


c0378174_14552393.jpg
生ビール。
ジンジャーエール。
やみつき塩キャベツ。
タン塩。
キムチ。

何はともあれ1杯目は生ビールで乾杯。仕事帰りのビールはたまらなくウマイ! お通し的なものというか、最初に固定で提供されるのが「やみつき塩キャベツ」と「タン塩」の2品。どちらも安心安定の美味しさ。「キムチ」も良い感じでした。


c0378174_14554714.jpg
牛バラトロカルビ(塩ダレ)。

1番最初に注文した牛バラのトロカルビ。後にも先にもコイツが1番美味しかったかも(´¬`)


c0378174_14555573.jpg
チキンバジル。

鶏モモ肉をバジルソースで絡めた誰がどう考えたって美味しいヤツです。


c0378174_14584322.jpg
デジカルビ(タレ)。

デジカルビってのがなんだかよくわからないけどジャンル的には「豚」のカルビ。豚肉特有の甘味がしっかりしており臭みは全くありません。ウメェ!(´¬`)


c0378174_14580495.jpg
ネギたまごはん(小)。

炊き立てご飯の上に刻みネギと温玉が乗ったもの。自分は酒飲みなので食べてはいませんがネギがめちゃめちゃ固かったらしいww まぁ、それでも温玉効果で美味しいのは間違いないんです。


c0378174_14560972.jpg
ラムジンギスカン。

北海道】のソウルフードといえばジンギスカン。注文しないわけにはいきません。ラム肉独特の味が良いんですよねぇ。


c0378174_14562134.jpg
チーズフォンデュ de チキンバジル

上記に書いてあるチキンバジルにチーズフォンデュがプラスされたもの。ただでさえ美味しいチキンバジルにとろっとろのチーズが加わって旨さが何倍にも膨れ上がります(=¬=)


c0378174_14563850.jpg
熟成上ロースステーキ。

このコースのメニューの中で1番の目玉がこの熟成上ロースステーキ。これが食べ放題プランに入ってるのは驚きですが、写真だけ撮って自分は食べてないってゆーねww


c0378174_14565331.jpg
ヨーグルトアイス。

〆のデザートはヨーグルトのアイスをチョイス。アイスとブルーベリーの甘味とヨーグルトの酸味がマッチして脂っぽくなった胃袋をさっぱりさせてくれます。


c0378174_14570104.jpg
現在【札幌市】在住の自分ですが、16時30分に仕事が終わって18時から【岩見沢市】で始まる忘年会に参加するのは中々の至難業でした。この日はたまたま積雪も少なく車の運転も思いのほかスムーズに行ったけど、それでも【牛角 岩見沢店】に到着したときは18時は過ぎていましたねぇ。制限時間90分も自分にとっては実質60分ぐらいだったのでめちゃめちゃ急いで飲み食いしたんですよ。ゆっくり落ち着いて焼肉を堪能したかったなぁ(´Д`;) あ、帰りは飲まない人に自分の車を運転してもらってるので飲酒運転ではありませんよ。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



牛角 岩見沢店
●住所 北海道岩見沢市四条西1丁目1-1
●電話 0126-24-1129
●営業時間 17:00~翌0:00
●定休日 12月31日、1月1日
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2019-01-06 18:00 | 空知地方 | Comments(2)

ぐうりん亭/美唄市

2018年11月30日(金)



c0378174_19243759.jpg
この日は【美唄市】の中心部、「国道12号線」に面したビルの2階にある【ぐうりん亭】に行ってきました。3年ぶり2度目の訪問になります。

c0378174_19244571.jpg
美唄市】で青春時代を過ごした人なら誰でも知っているというぐらい地元では有名な老舗喫茶店の【ぐうりん亭】。食事メニューは豊富かつリーズナブル。ちょっと暗めでノスタルジックな店内は非常に落ち着いた雰囲気でゆったりとした時間を過ごせる。今年で創業43年を迎え、親子3代で通うお客さんもいる地元民ご用達の人気店なんです(´ω`)


c0378174_19245380.jpg
ラザニア風スパゲティ 550円。

ぐうりん亭】の人気メニューといえばこのラザニア風スパゲティ。見た目じゃちょっとわからないけど、この溶けたチーズの下にクリームパスタが敷き詰められています。チーズの香ばしさとコクが優しい味付けのクリームパスタと相性抜群ッ! リーズナブルだし、これは良いものです(´¬`)


c0378174_19250038.jpg
しょうが焼定食 500円。

しょうが焼き、ライス、野菜サラダ、サラスパの4種が乗ったワンプレートにお新香とみそ汁がセットになった定食。メインのしょうが焼きの味付けは絶妙でご飯が進みまくります。この品数とボリュームでワンコインとか!Σ(ΦДΦ;)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



ぐうりん亭
●住所 北海道美唄市大通西1条南1丁目3-3
●電話 0126-62-0922
●営業時間 10:00~18:30
●定休日 火曜
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2018-12-13 18:00 | 空知地方 | Comments(0)

きたむら田舎フェスティバル2018/岩見沢市

2018年8月19日()



c0378174_14132882.jpg
この日は【岩見沢市】の「北村地区」の【きたむら中央公園】で開催されてた【きたむら田舎フェスティバル2018】へ行って来ました。3年ぶり2度目の参加になります。

c0378174_14133792.jpg
毎年8月に「北村地区」で開催される【きたむら田舎(かっぺ)フェスティバル】は、数ある【岩見沢市】のイベントの中でも屈指の人気祭り。多種多様なイベントをはじめ、数々の屋台、そして豪華なゲストをむかえての迫力満点のライブパフォーマンスと、小規模ながらも熱意がハンパない熱いイベントなんです。なかでも年々グレードアップしてく「沼上連発花火大会」は必見で、毎年多くのファンが訪れる(´ω`)


c0378174_14134752.jpg
ビール 400円。
焼き鳥(10本) 1200円。

酪農青年部】ブースで購入したビールと焼き鳥。前回の冷凍とは違い、今回はちゃんと串打ちをしている本格派の焼き鳥が、キンキンに冷えたビール(アサヒスーパードライ)と相性バツグン! まぁ、しょっぱなからビールがすすむことすすむこと(=ω=)


c0378174_14140152.jpg
かけそば(温) 400円。

快適生活塾岩見沢手打ちそば同好会】ブースで購入した手打ちそば。普段なら冷たいそばを注文するところですが、この日は大雨で気温が低かったので温かいおそばをチョイスしてみました。うーむ、冷えたカラダに温かいそばが染み渡ります。こーいう同好会系のそばってそんじょそこらのそば屋のものよりレベルが高かったりするんですよね。うましッ!!


c0378174_14141196.jpg
ポテカラセット 500円。

もうこのブログではお馴染み【飯酒屋 ぼおの】ブースで購入したフライドポテトとぼおの特製ザンギのセット。揚げたて熱々で超絶美味しいザンギがビールのペースを更に加速。やめられないとまらない(´¬`)

c0378174_14142398.jpg
とり皮 ???円。
ビール 400円。

飯酒屋 ぼおの】さんからサービスでいただいたとり皮の唐揚げ。こんなモン酒の肴に超最適なの決まってるじゃないの。くっそウメェ! てか、【飯酒屋 ぼおの】でビール販売してるのをこのとき初めて知りましたww


c0378174_14143267.jpg
c0378174_14144007.jpg
牛ネギ味噌ガーリック麺 500円。

北村温泉ホテル】の【きたむら屋】ブースで購入したラーメン。牛、ネギ、味噌、にんにく、と魅力的なワードが盛沢山で、注文しないワケにはいかないですよね。あまりの美味しさに一瞬で完食。


c0378174_14144923.jpg
元祖!もちもちクレープ(ストロベリー生クリーム) 400円。

そばと牛タンと日本酒の店 SHIRO】ブースで購入したクレープ。隣町の【当別町】で作られた米粉を使用した生地は、その名の通りもっちもち。生クリームの甘味と苺の酸味のバランスが絶妙。〆のスイーツとしては十二分に役割を果たす美味しさ。


c0378174_14150063.jpg
c0378174_14150873.jpg
c0378174_14151716.jpg
c0378174_14152462.jpg
c0378174_14153152.jpg
c0378174_14153919.jpg
c0378174_14154783.jpg
c0378174_14155523.jpg
嬉しい誤算だったのが【ブギウギ専務】でお馴染みの「上杉周大」のミニライブ。全然イベントの下調べをしてなく、たまたま仕事が休みだったのでこの【きたむら田舎フェスティバル2018】会場に来たら「上杉周大」のライブがあったという。大雨の中でも会場は大盛り上がり! さすがはウエスギ専務といった感じでした♪ 余談ですが、このブログ【貧乏なりに食べ歩く 第二幕】の「第二幕」は【ブギウギ専務】の超人気企画「ブギウギ 奥の細道 第二幕」から取ってます(=ω=)

ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2018-12-09 18:00 | 空知地方 | Comments(0)

YUNI-CAFE/由仁町

2018年11月8日(木)



c0378174_19184945.jpg
当別うどん かばと製麺所】で美味しいうどんを食べてきた後は、【由仁町】の「本町エリア」にある【ユニ・カフェ】へ行ってきました。初訪問になります。

c0378174_19185874.jpg
ユニ・カフェ】は、就労継続支援B型事業所【ユニ・ファクトリー】運営するカフェで、障がいを持ったメンバーが社会復帰や技能の向上、地域貢献を目標として働く福祉施設。イベントスペースはコンサートや個展、発表会、会議など、いろいろな用途で利用可能。カフェスペースではカフェメニューはもちろん、食事メニューも充実している。また、町の中心部にあり、メニューもリーズナブルなことから、町民や観光客からも非常に重宝されている今話題のカフェなんです(´ω`)


c0378174_19191844.jpg
c0378174_19190964.jpg
由仁町ユニファーム新鮮卵のホットケーキセット 300円。

セット内容はホットケーキ、トッピング、ドリンクの3種。【ユニファーム】で生産された新鮮な卵を使用したホットケーキに、アイスクリーム&チョコをトッピング。ドリンクはホットカフェオレで。こんなの当然美味しいに決まってるヤツです。てか、この価格が凄い!(=ω=)


c0378174_19192681.jpg
紅茶 120円。

こちらは単品のホットティー。わりと寒い日だったので温かい飲み物が染み渡ります。


今回はスイーツとドリンクだけでしたが、ランチメニューなどもかなり安かったので次回訪問時は食事をしたいと思います。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



YUNI-CAFE
●住所 北海道夕張郡由仁町本町266番地
●電話 0123-83-4111
●営業時間 10:30~17:00
●定休日 土・日・祝日
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2018-12-02 18:00 | 空知地方 | Comments(0)