カテゴリ:空知地方( 76 )

Bibai HOTEL SUEHIRO/美唄市

2017年12月22日(金)



c0378174_14013109.jpg
この日は【美唄市】の中心部にある【美唄ホテル スエヒロ】で職場の忘年会に参加してきました。もう何度も訪問してるけどブログで扱うのは初になります。


美唄ホテル スエヒロ】は【JR美唄駅】から徒歩5分。「美唄焼き鳥」の名店もすぐ近く。駐車場無料。全館Wi-Fi対応。と、ビジネスにも観光の拠点としても非常に使い勝手の良いアットホームなホテルなんです(´ω`)


c0378174_14014675.jpg
ソーセージ。
玉子焼き。

ボイルされたソーセージと人参や玉ねぎ、グリンピースが入った変わり玉子焼き。「オードブル」というよりは「運動会かよ!」というイメージが強いが、こーいったシンプルな料理がたまらなく美味しいんですよねぇ(´¬`)


c0378174_14015504.jpg
イカとキュウリの酢の物。

イカとキュウリの異なった食感が良い感じの酢の物。


c0378174_14020560.jpg
カツサンド。

分厚いトンカツ、ソースとマヨネーズが染み込んだキャベツの組み合わせが間違いのない美味しさを生み出します。そして超ボリューミィ。


c0378174_14021403.jpg
砂肝。
枝豆。

おつまみの定番である枝豆と、ワイルドに盛られた砂肝の量に圧巻Σ(ΦдΦ;) いや、これはこれでウマイんだけどさww


c0378174_14022509.jpg
ザンギ。

ここで真打のザンギが登場! 今回の料理は【美唄ホテル スエヒロ】が作ってるワケではなく、市内にある仕出し屋の【山本靖商店】が作ってるので、美味しいのは食べる前からわかっていました(´¬`)


c0378174_14023541.jpg
焼きそば。

シンプルながら深みのある味がする美味しい焼きそば。まぁ、もうこの時既にお腹がいっぱいで、ひとくち食べるのが限界だったけど(´д`;)


上記にも書いたけど、ホテルのディナーコースというよりは、運動会のとき家族みんなで食べる料理といった感じ。アットホームさがウリの【美唄ホテル スエヒロ】ならではの料理ですねぇ。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



Bibai HOTEL SUEHIRO
●住所 北海道美唄市西2条南2丁目2-3
●電話 0126-62-2501
●営業時間
●定休日 無休
●駐車場 有り(50台)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-04-25 18:00 | 空知地方 | Comments(0)

味心 三船/美唄市

2018年4月14日()



c0378174_17093238.jpg
栗山町】の超人気のイベント【くりやま老舗まつり 2018】に参加した日の夜は、【美唄市】の「銀座街エリア」にある【味心 三船】で軽く食事をしてきました。もう何度も訪問してますが、ブログで扱うのは2度目になります。



c0378174_17094040.jpg
「美唄焼き鳥の父」といわれる「三船福太郎氏」の看板を受け継ぐ【味心 三船】は、【福よし】、【たつみ】と並び【美唄市】を代表する「美唄 三大焼き鳥」の一角。焼き鳥以外のメニューも豊富で、カウンター席以外は全て個室になっているので使い勝手が非常に良いんです(´ω`)


c0378174_17094854.jpg
ウーロン茶 220円。
お通し ???円。

昼間【くりやま老舗まつり 2018】でぶっ潰れたのでココではおとなしくソフトドリンクをオーダー。てか、このタクアン2枚はお通し…なのか?


c0378174_17095770.jpg
もつ串 105円。

言わずと知れた「美唄焼き鳥」の代表格である「もつ」を使った串焼き。低価格で高レベルの味。


豚串 120円。

この辺りでは珍しい肩ロースを使用した豚串。ジューシィで旨みが強く満足のいく一串でした(´¬`)


c0378174_17100626.jpg
生ハムサラダ 580円。

「本日のおすすめ」メニューからチョイスした生ハムがたっぷりのった野菜サラダ。生ハム、キャベツ、マヨネーズの組み合わせがたまらない。


c0378174_17101562.jpg
つくね 150円。

棒状のつくねは正統派のしっとり系。


c0378174_17102363.jpg
たい茶漬け 530円。

昼間にしこたま飲んだので、お茶漬けで〆る事に。鯛の優しい味が弱った胃袋に染み渡ります(=¬=) これは自分の中でレギュラー入りするほど美味しい一品でした。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



味心 三船
●住所 北海道美唄市西二条南4-1-1
●電話 0126-63-2709
●営業時間 17:00~翌1:00
●定休日 第1・3月曜日
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-04-22 18:00 | 空知地方 | Comments(0)

くりやま老舗まつり 2018/栗山町

2018年4月14日()



c0378174_11452529.jpg
この日は【北海道】の春1番で開催される【栗山町】の超人気のイベント【くりやま老舗まつり 2018】に参加してきました。5度目の参加になります。

c0378174_11453361.jpg
くりやま老舗まつり】は栗山が誇る老舗「北の錦」の【小林酒造】と「日本一きびだんご」の【谷田製菓】、そして数年前から開催されるようになった【ふるさと田舎まつり】が織りなす一大イベント。酒蔵開放・北の錦無料試飲・谷田製菓工場見学・きびだんごの試食・露店出店など、楽しくて美味しいが盛り沢山のイベントなんです(´¬`)


c0378174_11454343.jpg
そして今年度から無料試飲が廃止されたようです。最初に参加したときは無料試飲したけど、2年目ぐらいからは並ぶのが面倒くさいので普通に有料の飲んでたなぁ。


c0378174_11455406.jpg
本醸造うすにごり生酒 250円。
大吟醸生原酒 250円。

うすにごり生酒、大吟醸生原共に蔵祭り限定の日本酒。うすにごり生酒はフルーティさとまろみが楽しめ、大吟醸生原酒はスッキリとした口当たり。他にも何種類か飲んだけど、1番のお気に入りの写真を撮り忘れるという(´ω`;) ちなみに、有料試飲も今年度からシステムが変わり、4枚つづりのチケットを購入。1枚で1杯飲める仕組みなので計算すると1杯250円なんだなぁと。これはかなりお得です(=ω=)


c0378174_11460235.jpg
スペシャルセット 500円。

エーデルワイスファーム】ブースで購入したソーセージ3種とハムの盛り合わせ。「酒蔵祭り30回記念」として作ったお得なセットなんだとか。それにしても【エーデルワイスファーム】のハムソーセージはマジでウマイなぁ(´¬`)


c0378174_11461110.jpg
くりやまコロッケ(ビーフ) 150円。

栗山町】を代表するB級グルメと言えば【くりやまコロッケ】。もう何度も食べたコロッケだけど、美味しいのでついつい買っちゃいます。


c0378174_11461996.jpg
酒粕ラーメン(醤油) 600円。

俺のラーメン】ブースで購入した酒粕入りの醤油ラーメン。去年食べたときに美味しかったので今年も購入してみました。寒い中食べる温かいラーメンは美味しいんですよねぇ。


c0378174_11462734.jpg
おつまみチョリソー 350円。

肉のもろはし】ブースで購入したチョリソー。【エーデルワイスファーム】のソーセージに負けずとも劣らない旨みとジューシィさが本気でウマイ一品(´¬`)♪ これお土産用に買って帰りたかったんですが、早い段階で記憶が飛び、結局買わずに帰っちゃったってゆうw


c0378174_11463657.jpg
パフォーマーいちえさんのスタチューパフォーマンス(人間彫像)。一緒に写真を撮ったりするときにこの人わりと動いてくれるんですよねぇ(=ω=)


上記にも少し書いたけど、早い段階で記憶がぶっ飛び気が付いたら家で寝てたんですよね。後々同行者に話を聞いたら、【谷田製菓】の工場見学に行った事や、駅前にいた【夕張市】のご当地キャラクター「メロン熊」に頭をガブガブされた事とかマジで一切覚えてないという始末…。もうアルコール度数の高いお酒は控えたほうが良いのかも(´Д`;)


c0378174_11464517.jpg
特別純米北の錦 まる田 2000円。

当然こいつを購入したときも記憶が飛んでおり家に帰ってきてカバンの中から発見。意識がなくても美味しいお酒はちゃんと買ってくるあたりが厄介ww


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-04-21 18:00 | 空知地方 | Comments(2)

はやさか食堂/美唄市

2017年10月4日(水)



今回は知人のリン様さんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


c0378174_16512611.jpg
この日のリン様さんが向かったのは【美唄市】の【美唄市役所】から徒歩1分の場所にある【はやさか食堂】でした。初訪問だったようです。


c0378174_16513466.jpg
はやさか食堂】を運営する【合同会社はやさか】は、【北海道】【美唄市】を拠点とするミニ食堂運営の会社。高齢者や障がい者のグループホームや集合住宅での食事提供を、住宅内の食堂や部屋を活用してミニ食堂として運営している。メニューは数種類のカレーとザンギのみというシンプルさ。シンプルだが誤魔化しの一切きかない完成度の高い食事を提供。週1日、しかも短時間の営業なので市民からは幻の食堂といわれているんです(´ω`)


c0378174_16514190.jpg
焼きカレー 690円。

仕上げに10分間焼き上げることにより完成する【はやさか食堂】人気No.1カレー。とろとろチーズととろとろ卵がカレーの旨みを更に引き上げます。サラダ、スープ、ザンギ(1個)付きなのも嬉しいポイント。


c0378174_16514876.jpg
持帰りざんぎ(1個) 80円。

非常にボリューミィ&ジューシィ、しかも味付けも丁度良くレベルの高いザンギ。


リン様さん貴重な食ネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m


※記事 モコ平



はやさか食堂
●住所 北海道美唄市西4条南2丁目1-1 ウエストヒルズ1F
●電話 0126-63-3166
●営業時間 11:30~13:30
●営業日 毎週水曜のみ営業
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-04-20 18:00 | 空知地方 | Comments(0)

うどんの五衛門/由仁町

2018年1月6日()



c0378174_12584857.jpg
この日のランチは【由仁町】の「山形エリア」にある【うどんの五衛門】でした。初訪問になります。


2014年1月にオープンした【うどんの五衛門】。店主は「その土地で採れたものを使いたい」と、地産地消にとことんこだわり、【由仁町】のシイタケや長芋、卵などを使用しています。また、器も由仁町産というこだわりっぷり。野菜も近所の農家から毎日仕入れている。ミシュランガイド北海道版2017ビブグルマンに掲載された人気うどん専門店なんです(´ω`)


たまとろぶっかけうどん 960円。

由仁産の新選卵と長芋が入ったぶっかけうどん。絶妙なコシの極太うどんと汁のハーモニーがたまらない美味しさ。とろろと卵を混ぜることによりこのうどんの最終形態が味わえます(´¬`) ちなみに【うどんの五衛門】は撮影禁止なので画像はありません。


たぬきぶっかけうどん 700円。

揚げ玉の入ったぶっかけうどんをチョイス。うどんのコシは自分の好みでツルツルいけます。出汁は優しく上品な味。


訪問前に調べていたので「携帯スマホ使用禁止・写真撮影禁止」ってのは知っていたけど、料理の写真を撮るのが自分の趣味なのでテンションダウン。味は物凄く美味しいんだけど再訪問するかどーかは微妙なとこですねぇ(´д`;)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



うどんの五衛門
●住所 北海道夕張郡由仁町山形322-1
●電話 0123-83-3344
●営業時間 11:00~16:00(5月~10月) 11:00~15:00(11月~4月)
●定休日 火曜(5月~10月) 月曜・火曜(11月~4月)
●営業日 12月~2月は土日祝のみの営業
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-04-18 18:00 | 空知地方 | Comments(2)

のみくい唄い処 夢乃実(ゆのみ)/美唄市

2017年10月14日()



c0378174_16001015.jpg
この日は【美唄市】の「銀座街エリア」にある【のみくい唄い処 夢乃実(ゆのみ)】へ飲みに行ってきました。初訪問になります。


のみくい唄い処 夢乃実(ゆのみ)】は「飲む・食べる・歌う」の三拍子がそろった市内でも良く見る形態の居酒屋。料理に定評があり、飲まずに料理だけ食べて帰る人もいるとかなんとか。アットホームな雰囲気で常連さんの多い隠れ家的居酒屋なんです(´ω`)


c0378174_16001979.jpg
ハイボール ???円。
お通し ???円。
ちくわごぼう ???円。

お通しが「きのこ汁」とは嬉しい誤算。多種のきのこの出汁が出ていてかなり美味しい(´¬`) ちくわの中にごぼうが入ったもの(正式名称不明)はみたまんまの味でしたw しかし、それが酒の肴に良いんですよねぇ。


c0378174_16003279.jpg
ほっけ ???円。

脂がのっておりぷりっぷりでジューシィなほっけの焼き物。変な臭みもなく美味しいものでした。


c0378174_16004317.jpg
とりそば ???円。

鶏の出汁が出た汁が美味しくて2杯ぐらいイケそうな感じでした(´¬`)


ここへ行く前自宅で結構飲んで酔っぱらっていたのでメニューなど撮り忘れるってゆうね。なので価格が全部不明という状況に(´ω`;)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



のみくい唄い処 夢乃実(ゆのみ)
●住所 北海道美唄市西2条南4丁目1-22
●電話 0126-62-6172
●営業時間 未確認
●定休日 未確認
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-04-04 18:00 | 空知地方 | Comments(0)

四季の味 くいしんぼう(移動販売車)/三笠市

2018年2月24日()



c0378174_15571926.jpg
この日は【三笠市】の【道の駅 三笠】駐車場で移動販売をしている【四季の味 くいしんぼう】で夜の酒の肴を購入しました。もう何度訪問してるかわからないけど、ブログで扱うのは3度目(?)になります。

道の駅 三笠】の駐車場で焼き鳥の販売している移動販売車の【四季の味 くいしんぼう】。「三笠やきとり」と名付けた炭火で焼き上げた焼き鳥は柔らかくてボリューミィ。今では、ブログや口コミなどで評判が広まり、平日でも日によっては行列ができるほどの超絶人気焼き鳥店なんです(´ω`)


c0378174_15573852.jpg
三笠やきとり 120円。

上記の説明文にも書いてあるけど、鶏肉が大きくて柔らか。更にジューシィで旨みが濃いという。たまねぎの甘みと食感も相まって非常に美味しい焼き鳥なんです(´¬`)



北広島市】の「大曲エリア」にあるテイクアウト専門の焼き鳥屋【炭火焼き鳥 むぅちゃん】は【四季の味 くいしんぼう】の経営者さんのお兄さんのお店。こちらでも美味しい「三笠やきとり」が購入できます。



道の駅 ライスランドふかがわ】や【道の駅 サーモンパーク千歳】など多数の場所で焼き鳥を販売している【炭火焼き鳥 他力本願】というお店(テント販売)があるんですが、これもまた「三笠やきとり」に非常に似ているんですよねぇ。系列店なのかな? とりあえず現在調査中。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



四季の味 くいしんぼう
●住所 北海道三笠市多賀町11番地
●電話 01267-3-1554
●営業時間 10:00~17:00
●定休日 月曜
●駐車場 有り(道の駅 三笠)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-04-01 18:00 | 空知地方 | Comments(2)

中國料理 奉天楼/美唄市

2018年3月9日(金)



c0378174_08284117.jpg
この日は【JR美唄駅】から徒歩数分の場所にある本格的中華料理の店【中國料理 奉天楼 美唄支店】で歓迎会がありました。もう何度も来てますがブログで扱うのは3度目となります。

c0378174_08285041.jpg
いかにもといった派手な外観が印象的な【中國料理 奉天楼】は【美唄市】で唯一の中華料理専門店。繰り出される料理はどれもレベルが高く評判のお店なんです。また、従業員も本場の方で、たまに注文がストレートに通じない場合があるけど、そこはご愛嬌(´ω`)


c0378174_08292911.jpg
酢豚 680円。

豚肉の唐揚げと甘酢ダレの相性が抜群! 野菜もシャキシャキで美味しい一品。


c0378174_08294050.jpg
エビチリソース 680円。

ここのエビチリソースは甘辛具合が丁度良く、エビもぷりっぷりでウマイんですよねぇ(´¬`)


c0378174_08295417.jpg
かに玉スープ ???円。

かに玉みたいなふわふわなスープ。蟹と椎茸の旨味が存分に引き出されていて美味しい。


c0378174_08300389.jpg
エビハルマキ 450円。

カリカリに揚げられた表面、熱々トロトロの海老餡、どう考えても美味しい組み合わせ。訪問時には必ず注文しちゃう一品。


c0378174_08301570.jpg
鶏肉の中国味噌炒め 680円。

中国の味噌を使用した鶏肉の炒め物。中国味噌独特の風味とカシューナッツの食感がクセになる一品。初食だったけど、これはウマイ(´¬`)


c0378174_08302320.jpg
マーボー豆腐 680円。

さすが本場のマーボー豆腐は山椒がキリッと効いていてウマイ!辛さ具合も丁度良い。


c0378174_08303460.jpg
チャーシューチャーハン 720円。

さすが中華料理の専門店がつくる炒飯なだけあって非常に美味しい(´¬`) 昼時にはこの炒飯目的で来店するお客さんも少なくないとか。


c0378174_08304915.jpg
中華餡かけ焼きそば 780円。

これも定番中の定番メニュー。濃いめの餡が麺と絡んでたまらない美味しさに。


c0378174_08310134.jpg
かにチャーハン 720円。

この日2皿目のチャーハン。かにの旨味が口の中に広がります。チャーシューチャーハンとは別のベクトルで美味しい。


c0378174_08311287.jpg
中国風豚角煮 980円。

独特の旨味と風味が同居するトロトロになった角煮。初食だったけど、これもまたウマイ(´¬`)


c0378174_08312574.jpg
椎茸と竹の子オイスターソース炒め 680円。

オイスターソースの風味がシャキシャキの竹の子と椎茸の旨味をランクアップさせた一品。


c0378174_08313805.jpg
スープ入り肉まんじゅう 380円。

ひとくち噛むと中から熱々で美味しいスープがトロっと出てくるヤツです。これは美味しい。


c0378174_08315283.jpg
蝦チャーハン 720円。

これは過去に食べた事があるので美味しいのは保証済み。てか、この日だけでチャーハンコンプリートってww


c0378174_08320525.jpg
杏仁豆腐 420円。

中華料理のデザートの定番。


c0378174_08321214.jpg
杏仁アイス 400円。

これを食べて口の中をサッパリさせます。それにしても杏仁豆腐味のアイスって面白いなぁ。


久しぶりの【中國料理 奉天楼】で「どんだけ食うんだッ!」ってぐらい飲み食いしました(´д`;) まぁ、美味しいから飲食が進んでしまうんですよねぇ。そして相変わらずオカーサンの接客がカタコトで面白いw


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



中國料理 奉天楼 美唄支店
●住所 北海道美唄市東1条南3-1-1
●電話 0126-64-2788
●営業時間 未確認
●定休日 未確認
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-03-28 18:00 | 空知地方 | Comments(0)

金滴酒造/新十津川町

2018年3月18日()



c0378174_15413192.jpg
石窯カフェ ヤマト】で美味しいピザを食べた後は、同じく【新十津川町】の「中央エリア」にある【金滴酒造】に行ってみました。初訪問になります。

c0378174_15414049.jpg
金滴酒造】は明治39年の創業以来110年以上の歴史がある【新十津川町】が誇る人気の酒蔵。酒の命と称えられる仕込み水は、「ピンネシリ山系」に源を発する、清冽にして豊麗な雪清水が流れをつくる「徳富川」の伏流水を吸み、米は道産の酒造好適米を厳選して用いて造り豊醇でまろやかな味に仕立てている(´ω`)


c0378174_15414854.jpg
純米吟醸 社氏の夢呑(300ml) 464円。

地元産酒造好適米「吟風」をメインに空知産の酒造好適米を多く使い、全糧道産米で仕込んでいるという手造りの少量生産の本酒。非常にサラリとした感じの咽喉こしの良い、キレの良いお酒でした。


金滴酒粕ラーメン 200円。

日本酒よりも本当の目的はこちらのラーメンをGETすることでした。自社の酒粕を使用した塩味のラーメンは、風味豊かで味わい深いスープが中細の麺にからむからむ。これはマジでウマイ!(´¬`) そして作ったときの写真を撮り忘れるという痛恨のミスww


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



金滴酒造
●住所 北海道樺戸郡新十津川町字中央71-7
●電話 0125-76-2341
●営業時間 8:30~17:30(平日) 10:00~16:00(土日祝)
●定休日 正月三が日
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-03-26 18:00 | 空知地方 | Comments(0)

石窯カフェ ヤマト/新十津川町

2018年3月18日()



c0378174_21370897.jpg
この日のランチは【新十津川町】の「大和エリア」にある【石窯カフェ ヤマト】でした。初訪問になります。


c0378174_21371564.jpg
ご主人とその家族が逐57年の古民家を自分たちで改装し2016年4月にオープンした【石窯カフェ ヤマト】。木の雰囲気を残した和風カフェで、自家製の石窯で焼いたピザやスイーツなどが味わえる。また、広大な農地の中にあり、店の窓からは【新十津川町】の四季折々な景色なども楽しめる。11時のオープンと同時に満席になるほどの人気店なんです(´ω`)


c0378174_21372730.jpg
c0378174_21373694.jpg
マルゲリータピザ(ランチセット) 1000円。

トマトソースとモッツァレラチーズのオーソドックスなピザ。シンプルがゆえに味の誤魔化しが一切通用しない奥の深いヤツです。トマトソースの程よいの酸味、ジェノベーゼソース独特の味と香り、とろっとろのモッツァレラチーズ、しっとり系の生地(外側はパリパリ)、これらのバランスが非常に良く、とにもかくにも美味しい(´¬`) サイズは大きいけど生地は薄目なのでモリモリ食べれます。ちなみにランチセットにしているのでミニサラダとドリンクがついてきます。


c0378174_21374404.jpg
季節限定ピザ(ランチセット) 1050円。

この日の「季節限定ピザ」は「野沢菜、ベーコン、クリームチーズのピザ(ガーリック風味)」でした。自分の好きな具材ばかりの組み合わせだったので即決オーダー。こんなのなんてもう食べる前から美味しいと判明してるヤツですよねぇ。ベーコンとクリームチーズ2種類の旨味と野沢菜の塩味が超ベストマッチ。そこにガーリックが加わって更にピザの美味しさを引き上げます。そして刻みのりの風味がまた良い仕事するんですよ。これは通常メニューに加えて欲しいぐらいの美味しいピザでした(´¬`)


美味しくてリーズナブルでお店の雰囲気も良いときたらもうパーフェクトですよねぇ。再訪問は確定でしょう。


全然カンケーないけど、お店に行ったら満席だったので名前を伝え駐車場に止めてた自分の車の中で待機していました(このお店な人気店なので、車内待機している人たちが結構いる)。そんな中、自分の隣空きスペースに若いオネーチャンの運転する車が頭から入ってきたんです。が、運転スキルが超低いらしく頭から入れてるのにもかかわらず、ハンドルを何度切り返しても斜めになり、マジで自分車にこすりそうになるんですよ。もう真横で見てるだけでハラハラ状態(´Д`;) 運転変わってやろうかと思うぐらいにww 結局オネーチャンは途中で諦めて、そのままの状態でお店に入って行きました。食事が終わるのはこっちが先だからそんな状態の中、車を駐車場から出すのにホント苦労しましたよ…。 アレはもう一回教習所に行ったほうがいーなぁ。 ってゆーお話ww


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



石窯カフェ ヤマト
●住所 北海道樺戸郡新十津川町字大和127-5
●電話 080-9008-0810
●営業時間 11:00~19:00
●定休日 火曜・水曜
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-03-25 21:45 | 空知地方 | Comments(2)