カテゴリ:渡島地方( 3 )

Angelique Voyage/函館市

2018年3月9日(金)



今回も知人のMEG BEAMさんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


c0378174_19085313.jpg
Hotel & Spa Resort LA VISTA 函館ベイ】と【函館市熱帯植物園】を後にしたMEG BEAMさんが次に向かったのは【函館市】の「弥生町エリア」にある【アンジェリックヴォヤージュ】。初訪問だったようです。

c0378174_19090750.jpg
函館の港と夜景の見える好立地にたたずむ【アンジェリックヴォヤージュ】。道内の厳選食材を使用したスイーツは、地元民だけではなく観光客にも大人気。とくに人気なのは、生クリームやチョコレートを使った「ショコラボヤージュ」。ひと粒ひと粒毎日手作り。1日100箱限定の商品だけど、マッハで売り切れるほど。「ショコラボヤージュ」以外のクレープやケーキなども完成度が高く、総合的に何を食べても美味しい。とにかく超絶人気パティスリーなんです(´ω`)


c0378174_19091852.jpg
いちごクレープ 500円。


c0378174_19092471.jpg
もっちもちの生地の中にフレッシュ生クリームとフレッシュいちごが入ったクレープ。賞味期限が30分に設定されていることから本当に新鮮なのがわかります。マジウマなんだって!


c0378174_19093280.jpg
ショコラヴォヤージュ(12個入り) 1300円。


c0378174_19093815.jpg
こちらが【アンジェリックヴォヤージュ】1番人気の「ショコラヴォヤージュ」。生チョコで生クリームをコーティングしたもので、解凍時間によっていろいろな食感が楽しめる優れもの。味の濃い生チョコと甘さ控えめの生クリームのバランス加減が絶妙でかなり美味しかったらしい(´¬`) ちなみにこれは自分用のお土産に購入したんだとか。


MEG BEAMさん貴重な食ネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



Angelique Voyage
●住所 北海道函館市弥生町3-11
●電話 0138-76-7150
●営業時間 10:00~19:00(売り切れ次第閉店)
●定休日 月曜(祝日の場合翌日休)
●駐車場 無し(近隣に有料駐車場有 1500円以上お買い上げで1時間無料)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-03-23 18:00 | 渡島地方 | Comments(0)

Hotel & Spa Resort LA VISTA 函館ベイ/函館市

2018年3月9日(金)



今回も知人のMEG BEAMさんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


c0378174_11422050.jpg
この日のMEG BEAMさんが向かったのは【函館市】の【JR函館駅】から徒歩15分の場所にある【Hotel & Spa Resort LA VISTA 函館ベイ】。まぁ、正確には前日から宿泊してるんですけどねぇ。

Hotel & Spa Resort LA VISTA 函館ベイ】といえば何といっても「朝食のおいしいホテルランキング」道内7年連続第1位のゴージャスで美味しい朝食が超有名。このため閑散期以外で予約を取るのが非常に困難な超人気ホテル。最上階にある露天風呂からは【函館市】の街並みや海といった最高の眺望が楽しめる。また、【金森倉庫】まで徒歩3分の好立地も魅力のひとつ(´ω`)


c0378174_11422825.jpg
そしてこれが道内7年連続第1位の朝食ってヤツです。メインはやっぱ新鮮で種類豊富な海産物でしょう。MEG BEAMさん曰くどれひとつとっても完成度が高く美味しかったと言ってました(´¬`) それにしても朝食をとった「北の番屋」が他のホテルでは見たことないぐらい混んでいたらしい。さすが超人気朝食だけあります。


c0378174_11423591.jpg
これは【函館市熱帯植物園】の中にある通称「お猿の温泉」。年間通しでやっているワケではなく、12月1日からゴールデンウィークまでの期間限定。函館の冬の風物詩のひとつなんです(=ω=)


MEG BEAMさん貴重な食ネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



Hotel & Spa Resort LA VISTA 函館ベイ
●住所 北海道函館市豊川町12-6
●電話 0138-23-6111
●営業時間
●定休日 無休
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-03-22 18:00 | 渡島地方 | Comments(0)

極上うにと四季海鮮 うに むらかみ/函館市

2018年3月8日(木)



今回は知人のMEG BEAMさんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


c0378174_12593041.jpg
この日のMEG BEAMさんが向かったのは【函館市】の「函館朝市エリア」にある【極上うにと四季海鮮 うに むらかみ 函館本店】。


c0378174_12593654.jpg
極上うにと四季海鮮 うに むらかみ】は東京築地にも卸すウニ加工会社の直営店。1年中を通して道内各地の旬のウニを無添加のまま味わえる数少ないお店。また、店内にはイケスも設置されていて、生きた魚介をその場で捌いてくれるから、ウニ以外の魚介料理も新鮮そのものでメニューも豊富。観光客の中でもリピーターになる人が続出するほどの超絶人気店なんです(´ω`)


c0378174_12594534.jpg
無添加生うに丼(Sサイズ) 2592円。

うに むらかみ】の人気No.1がこれ。ミョウバン不使用だからうに本来の味が楽しめる贅沢な逸品。臭みのない本物のうには甘味と塩味のバランスが良く、クリーミィでたまらない美味しさなんだとか(´¬`)


c0378174_12595124.jpg
うに、いくら丼 3780円。

こちらは人気No.3のうにといくらの丼。もちろんうには店自慢の無添加生うに。そして海産物に絶対の自信を持つだけありいくらも非常に美味しかったようです。みそ汁はふのり、がごめ昆布入りで優しい味。


c0378174_13000023.jpg
自家製うに屋のウニグラタン 918円。

うに&ホワイトソースが非常に濃厚。極上の香ばさとクリーミィさで女性にダントツ人気なんだとか。


c0378174_13000912.jpg
生うに入りだしまき玉子 1296円。

ふわっふわのだしまき玉子の中にとろっとろのうにがイン! これもまた普段とは違ったうにの食べ方で感動を覚えるほどらしい(=¬=)


さすが食のプロハンターMEG BEAMさん、相変わらずお高いところ攻めるなぁ。自分じゃまず食べることのないうに料理の数々に圧倒されてしまいます。(´Д`;)


MEG BEAMさん貴重な食ネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



極上うにと四季海鮮 うに むらかみ 函館本店
●住所 北海道函館市大手町22-1
●電話 0138-26-8821
●営業時間 11:00~14:30 17:00~22:00(11/1~4月下旬)
●営業時間 9:00~14:30 17:00~22:00(4月下旬~9/30)
●定休日 水曜
●駐車場 無し(近隣に有料駐車場有)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-03-21 18:00 | 渡島地方 | Comments(2)