カテゴリ:渡島地方( 11 )

ハセガワストア/北斗市

2018年8月15日(水)



c0378174_21024850.jpg
ラッキーピエロ 函館駅前店】で、お土産用のバーガーを購入した後は、【北斗市】の「七重浜エリア」にある【ハセガワストア 七重浜店】へ行って来ました。この店舗は初訪問になります。

ハセガワストア】と言えば【ラッキーピエロ】と並ぶ函館(道南)地方を代表する超人気チェーン店。コンビニでありながらコンビニの枠を遥かに超えた存在感で全道のみならず全国のファンの心をガッチリつかんで離さない。人気の秘密は店内に調理スペースがあり(ホットシェフの調理場とは違う)そこで作る函館名物のひとつ「やきとり弁当」。このお弁当を求めて遠方から来る人が後を絶たない。ちなみに【根室市】には【タイエー】というコンビニがあるが、【ハセガワストワ】と業務提携をしておりチェーン店の関係なんだとか。なので根室でも焼き鳥弁当が買える。


c0378174_21025832.jpg
c0378174_21030666.jpg
やきとり弁当(小)うま辛 490円。

茶碗1杯分のごはん(200g)にのり。函館のやきとりの定番「豚串」3本を乗せ、うま辛のタレをたっぷりかけた人気のお弁当。普通の辛口とは違い後からじわっとくる辛味がたまりません。ホント何味を食べても【ハセガワストア】のやきとり弁当はうまし!(´¬`)


本当は前回訪問した焼き立てパンも販売してる【ハセガワストワ 昭和店】を目指していたんだけど、いつのまにか【北斗市】にinしてたので【ハセガワストア 七重浜店】にw まぁ、やきとり弁当はどこで買っても同じだからいーんですけどねぇ。

ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



ハセガワストア 七重浜店
●住所 北海道北斗市七重浜6丁目11番1号
●電話 0138-49-0021
●営業時間 24時間営業
●定休日 無休
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-11-15 18:00 | 渡島地方 | Comments(0)

ラッキーピエロ/函館市

2018年8月15日(水)



c0378174_14151998.jpg
丸善 瀧澤商店】で記憶が飛ぶほど飲んだ次の日の朝は、同じく「若松町エリア」にある【ラッキーピエロ 函館駅前店】へ行って来ました。ブログにUPするのは初ですが2度目の訪問になります。

北海道】でも道南地方にしか出店していない【ラッキーピエロ】。その人気は道南地方だけに留まらず、今では道外にもファンがいるほどの超人気店。厳選した素材を、徹底した鮮度管理の下、手作りこだわって調理します。出来てたを提供したいのでオーダーを受けてから調理を開始しするスタイルも人気のひとつ。また、店舗によっては店限定の商品があったり、各店舗にテーマが決められてたりと非常にユニークなのも魅力なんですよね(=ω=)


c0378174_14152950.jpg
チャイニーズチキンバーガー 350円。

ラッキーピエロ】の人気No.1といえばもちろんこの「チャイニーズチキンバーガー」。甘辛チキンとシャキシャキレタスがバンズにサンドされたデカウマバーガー。何度食べてもウマイもんはウマイ(´¬`)


ホテルから一番近い【ラッキーピエロ 函館駅前店】買いに行ったんですが、外までプチ行列が。自分たちは前日に予約をしていたので並ぶ事なく購入する事ができたけど、お土産用に買うんだったら予約しといたほうがいーね。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



ラッキーピエロ 函館駅前店
●住所 北海道函館市若松町17-12
●電話 0138-26-8801
●営業時間 10:00~0:30(月~金・日) 10:00~1:30(土)
●定休日 無休
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-11-14 18:00 | 渡島地方 | Comments(0)

丸善 瀧澤商店/函館市

2018年8月14日(火)



c0378174_10030886.jpg
デリカレストラン ラ・ブヴェット】で美味しいウィンナーを食べた後は、同じく「若松町エリア」にある【丸善 瀧澤商店】へ行って来ました。4度目の訪問になります。



c0378174_10031635.jpg
【丸善 瀧澤商店】は立ち飲みカウンターのある酒屋。店の右手が酒屋、左手がショットバー風のカウンターになっていて、午前10時から酒を飲ませてくれる。料理や缶詰、おつまみなども多彩に用意されおり、どれもこれも安くて美味しい。この雰囲気、各打ちスタイルが好きな人には本当にたまらない素敵なお店(´ω`)


c0378174_10032461.jpg
ビール(中) 400円。
梅酒 ???円。

〆のドリンクはやっぱり生ビール。銘柄は何だっけな? 梅酒のほうは焼酎に自家製の梅ペーストを入れて作るタイプのヤツ。マスターが美味しいからと塩を入れてくれました。コイツはウメェ!(´¬`)


c0378174_10033257.jpg
トバ(自家製) 600円。

プロの料理人も買いに来るというマスター手作りの「鮭トバ」をオーダー。脂や塩味が丁度良くソフィティーな仕上がり。文句なくウマイ!(=¬=) 実は帰り間際の常連さんに少し御裾分けしてもらい、更に追加注文したんですw


久しぶりに訪れた【丸善 瀧澤商店】でもっと美味しくて安いものを食べたかったんですが、なんせこの日は色々なところで飲み食いしまくったのでお腹がパンパン。結局1品しか食べる事ができませんでした。うーむ、次回はもうちょっと品数を増やしたい。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



丸善 瀧澤商店
●住所 北海道函館市若松町19-7
●電話 0138-22-3623
●営業時間 10:00~22:00
●定休日 日曜
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-11-13 18:00 | 渡島地方 | Comments(0)

デリカレストラン LA BUVETTE (大門横丁)/函館市

2018年8月14日(火)



c0378174_18472715.jpg
c0378174_18473689.jpg
大衆居酒屋 魚さんこ】で美味しい料理を堪能してきた後は、「若松町エリア」の【函館ひかりの屋台 大門横丁】内にある【デリカレストラン ラ・ブヴェット】へ行って来ました。初訪問になります。

c0378174_18474500.jpg
函館ひかりの屋台 大門横丁】内にある【デリカレストラン ラ・ブヴェット】は、フランスの伝統を守り、防腐剤を使用していないハムやソーセージとワインやビールが楽しめるフレンチビストロ系の屋台。屋台といっても店内は広く14席もあるので小規模なパーティーぐらいだったら開催できる。個性豊かな店が揃う【大門横丁】の中でもフレンチビストロ系屋台はこの店だけなんですよね(´ω`)


c0378174_18475983.jpg
生ビール 530円。
ゆず酒 500円。

ビールの銘柄は「アサヒスーパードライ」。深いコクとギュッと詰まった旨み、そして程良い苦味が特徴のヤツです。グラスでなくジョッキだったらよかったんだけど、それじゃお店の雰囲気に合わないやーねw 「ゆず酒」はその名の通り柚子の甘味と酸味、香りがバランス良くまとまった美味しいお酒。


c0378174_18481992.jpg
c0378174_18482644.jpg
c0378174_18483488.jpg
自家製ウィンナー盛り合わせ(4種8本) 1500円。

ウィンナーは目の前にあるグリルで炙ってから食べる自分焼きスタイル。内容は粗挽き、ハーブ、カレー、ピリ辛の4種で、どいつもこいつもなかなか美味い。中でも1番気に入ったのが意外にもカレー味のウィンナー。自分で焼いて食べるのって楽しくて美味しいですねぇ(´¬`)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



デリカレストラン LA BUVETTE
●住所 北海道函館市若松町7-5 大門横丁 函館ひかりの屋台内
●電話 0138-22-0058
●営業時間 18:00~23:00
●定休日 不定休
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-11-12 18:00 | 渡島地方 | Comments(0)

大衆居酒屋 魚さんこ/函館市

2018年8月14日(火)



c0378174_14081892.jpg
山本商店(山本酒店)】で軽く喉を潤してきた後は、「若松町エリア」の【大衆居酒屋 魚さんこ】へ行って来ました。3度目の訪問になります。



大衆居酒屋 魚さんこ】は新鮮な魚介類が美味しく、コストパフォーマンスが最高の人気居酒屋。鮮魚刺し以外にも唐揚げや串焼き、モッツァレラチーズを使った料理などメニューが豊富。また、お酒の種類も多いのも酒好きには嬉しいポイント(´ω`)


c0378174_14082697.jpg
緑茶ハイ 380円。
お通し 300円。

山本商店(山本酒店)】ではビール系を中心に飲んで来たので、とりあえずココでは緑茶はいからのスタート。お通しはツブとホタテの煮物。


c0378174_14083836.jpg
c0378174_14084835.jpg
どんこ刺し(キモ付き) 600円。

大衆居酒屋 魚さんこ】の名物メニューといえば「どんこ」のお刺身。どんことは道南地方などで獲れるどす黒くヌメヌメした魚で、道南の冬の味覚のひとつ。淡白でトロっとした白身が美味しい。更にキモ醤油でいただくと味がグレードアップします(´¬`)


c0378174_14090277.jpg
しおから 330円。

お店で手作りしている塩辛をオーダー。前回訪問時は鍋に敷かれたキャベツの上に大量の塩辛が乗った「塩辛煮」を食べたので美味しいのは初めからわかっています。うーむ、これは間違いなくお酒が進む。


c0378174_14091061.jpg
ラム肉の炭焼 600円。

海鮮系がウリのお店ですが肉料理の評価も高いんです。炭焼きの香とラム肉の甘味、ジューシィさが絶妙。こいつもウメェ!


c0378174_14091973.jpg
生サバ刺 480円。

生のサバなんてほとんど食べる機会はありませんが、この【大衆居酒屋 魚さんこ】ならいただけちゃうんですよねぇ。臭みなどは全くなく、脂がのっているのにさっぱりしてて美味しい(´¬`)


c0378174_14092812.jpg
あら汁 0円。

会計を済ますと出してくれるサービスのあら汁。無料ですが味は本物。飲んだ後の胃袋に染み渡ります(´ω`)


前回の函館旅行よりレギュラー店に加入した【大衆居酒屋 魚さんこ】。約1年半ぶりの訪問となりましたがやっぱ優良店なんだと再認識。料理は美味いし、リーズナブルだし、これで飲み放題があればパーフェクトだけど、そこまで望んじゃいけないか。そーいや、前回はタコ刺の無料サービスがあったけど、今回はなかったなぁ。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



大衆居酒屋 魚さんこ
●住所 北海道函館市若松町19-3
●電話 0138-22-0008
●営業時間 16:30~翌1:00
●定休日 不定休
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-11-11 18:00 | 渡島地方 | Comments(2)

山本商店(山本酒店)/函館市

2018年8月14日(火)



c0378174_12342389.jpg
まるたま小屋】で美味しいロシア料理を堪能した後は、「大町エリア」の【山本商店(山本酒店)】へ行って来ました。初訪問になります。

c0378174_12343798.jpg
c0378174_12344706.jpg
昭和23年創業の老舗酒屋の【山本商店(山本酒店)】。基本的には普通の古き良き酒屋だが、隣の部屋が角打スペースになっており、レジで会計を済ませた後にその場所で飲むことができる。女将さんの人柄と、市内には数軒しかないという角打スタイルで、長年常連さんたちに愛され続ける憩いの場的酒屋なんです(´ω`)


c0378174_12350044.jpg
c0378174_12350954.jpg
新!のどごし<生> 150円。
氷結(ピーチ) 138円。

まるたま小屋】でランチしてきた後だったので、おつまみ無しのアルコールオンリー。普通にスーパーとかで販売されてる価格で買えるのが良いところ。そして、このいかにもな雰囲気の中で飲むお酒はサイコーッ! たまらねぇ(´¬`)


c0378174_12352587.jpg
c0378174_12353493.jpg
c0378174_12354429.jpg
c0378174_12355282.jpg
角打ルームの玄関にスズメが!?Σ(ΦДΦ) なんか人懐っこいなーなんて思っていたら、棚に用意されていた生米がお目当てだったのねw どーやら、常連さんたちがいつも餌やりをしてるらしい(=ω=)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



山本商店(山本酒店)
●住所 北海道函館市大町2-10
●電話 0138-22-2598
●営業時間 8:30~21:00(月~土・祝) 15:00~21:00(日)
●定休日 不定休
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-11-10 18:00 | 渡島地方 | Comments(0)

まるたま小屋/函館市

2018年8月14日(火)



c0378174_15370069.jpg
道の駅 なないろななえ】を出発した後は、一気に【函館市】までノンストップ。予約していたホテルに車と荷物を置き市内観光へ。雨がかなり降っていたので「元町エリア」の観光を早々に終え、同エリアにある【まるたま小屋】でランチをする事に。初訪問になります。

c0378174_15371102.jpg
聖ヨハネ教会】から数軒隣り、向かいには【元町配水場】の緑が広がる場所にある【まるたま小屋】は、素朴な古民家をリノベーションしたカフェ。内装はロシアのダーチャという東屋をイメージした可愛くてお洒落な空間。内装同様フードもロシア料理をメインに提供。また、ロシアの民芸品をモチーフにした作品などの販売もしている。2015年4月オープンとまだ新しい部類の店だが、今では地元民や観光客から愛される人気カフェなんです(´ω`)


c0378174_15372458.jpg
焼きピロシキ+ボルシチセット 750円。

お店の看板メニュー「焼きピロシキ」と「ボルシチ」のセットをオーダー。選べるピロシキは「チキンきのこ」をチョイス。初めて食べる本物のボルシチは想像以上にまっピンク! 豚肉のコクと野菜の甘味、そしてほのかな塩味と色からは想像もつかないほど優しいお味。本場ロシアの製法で作られているピロシキは、ふっくら弾力のある生地の中にチキンやきのこがびっしり。これまた優しい味で美味しい。てか、ボルシチもピロシキも超ウマイ!(´¬`)


c0378174_15373461.jpg
c0378174_15375317.jpg
焼きピロシキ+ドリンクセット 600円。

こちらは「焼きピロシキ」と「ドリンク」のセット。ピロシキは函館人とロシア人に人気があるという「しゃけクリームチーズ」、ドリンクは「ルイボスティー」を選択。先に言っておきますがこのピロシキめちゃくちゃウメェッ!! 鮭、ジャガイモ、リュクスチーズの相性が絶妙で人気があるのがわかります。いや~テレビで見た事があったので美味しいってのはなんとなくわかっていたけど、ここまで美味しいとは…(=¬=)


お店の雰囲気は良いし、店員さんも親切。更に料理も美味しいとなると【まるたま小屋】さんは函館旅行のレギュラー入り決定でしょう。てか、本当に美味しかったのでまたスグにでも訪問したいぐらい。


c0378174_15381407.jpg
c0378174_15385752.jpg
c0378174_15382546.jpg
c0378174_15390906.jpg
c0378174_15383919.jpg
c0378174_15392053.jpg
これらは激しい雨の中、急ぎ足で巡った「元町エリア」の観光名所。ほんと雨さえ降ってなければゆっくり見物できたのにねぇ(´Д`;)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



まるたま小屋
●住所 北海道函館市元町2-3
●電話 0138-76-3749
●営業時間 11:00~18:00
●定休日 火曜・水曜・臨時休業あり
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-11-09 18:00 | 渡島地方 | Comments(0)

道の駅 なないろななえ/七飯町

2018年8月14日(火)



c0378174_13012321.jpg
道の駅 とようら】を出発した後は、【七飯町】の「峠下エリア(国道5号線沿い)」にある【道の駅 なないろななえ】に行って来ました。初訪問になります。



c0378174_13013152.jpg
2018年3月23日にオープンした【道の駅 なないろななえ】は、道内で121番目のまだ出来立てほやほやな道の駅。解放感のある施設内には、七飯の特産品がもりだくさんの物販スペースをはじめ、数軒の飲食店スペースなどがあり、いろいろなグルメを堪能できる。また、子供用のプレイスペースもあるので子供を遊ばせながら休憩できるのも魅力のひとつ。施設内のバランスも良く、国道5号線沿いという好立地条件も相まって、オープンしてまだ間もない道の駅ですが、連日大勢の人で賑わう人気道の駅なんです(´ω`)


c0378174_13013974.jpg
c0378174_13014683.jpg
ガラナフロート 350円。

道の駅直営の【峠下テラス】ブースで購入したガラナシリーズの第2弾であり最新作。道民のソウルドリンクのひとつである「コアップガラナ」の上にガラナ味のソフトクリームが乗ってるんですが、まぁ~こんなの食べる前から美味しいのはわかってました。ガラナソフトは初食だったけど、これもまたウマし(´¬`) それにしても、テレビや雑誌で見るまで【七飯町】でコアップガラナを生産してるとは知らなかった。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



道の駅 なないろななえ
●住所 北海道亀田郡七飯町字峠下380番2
●電話 0138-86-5195
●営業時間 9:00~18:00
●定休日 年末年始(11月31日~1月3日)
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-11-08 18:00 | 渡島地方 | Comments(0)

Angelique Voyage/函館市

2018年3月9日(金)



今回も知人のMEG BEAMさんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


c0378174_19085313.jpg
Hotel & Spa Resort LA VISTA 函館ベイ】と【函館市熱帯植物園】を後にしたMEG BEAMさんが次に向かったのは【函館市】の「弥生町エリア」にある【アンジェリックヴォヤージュ】。初訪問だったようです。

c0378174_19090750.jpg
函館の港と夜景の見える好立地にたたずむ【アンジェリックヴォヤージュ】。道内の厳選食材を使用したスイーツは、地元民だけではなく観光客にも大人気。とくに人気なのは、生クリームやチョコレートを使った「ショコラボヤージュ」。ひと粒ひと粒毎日手作り。1日100箱限定の商品だけど、マッハで売り切れるほど。「ショコラボヤージュ」以外のクレープやケーキなども完成度が高く、総合的に何を食べても美味しい。とにかく超絶人気パティスリーなんです(´ω`)


c0378174_19091852.jpg
いちごクレープ 500円。


c0378174_19092471.jpg
もっちもちの生地の中にフレッシュ生クリームとフレッシュいちごが入ったクレープ。賞味期限が30分に設定されていることから本当に新鮮なのがわかります。マジウマなんだって!


c0378174_19093280.jpg
ショコラヴォヤージュ(12個入り) 1300円。


c0378174_19093815.jpg
こちらが【アンジェリックヴォヤージュ】1番人気の「ショコラヴォヤージュ」。生チョコで生クリームをコーティングしたもので、解凍時間によっていろいろな食感が楽しめる優れもの。味の濃い生チョコと甘さ控えめの生クリームのバランス加減が絶妙でかなり美味しかったらしい(´¬`) ちなみにこれは自分用のお土産に購入したんだとか。


MEG BEAMさん貴重な食ネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



Angelique Voyage
●住所 北海道函館市弥生町3-11
●電話 0138-76-7150
●営業時間 10:00~19:00(売り切れ次第閉店)
●定休日 月曜(祝日の場合翌日休)
●駐車場 無し(近隣に有料駐車場有 1500円以上お買い上げで1時間無料)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-03-23 18:00 | 渡島地方 | Comments(0)

Hotel & Spa Resort LA VISTA 函館ベイ/函館市

2018年3月9日(金)



今回も知人のMEG BEAMさんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


c0378174_11422050.jpg
この日のMEG BEAMさんが向かったのは【函館市】の【JR函館駅】から徒歩15分の場所にある【Hotel & Spa Resort LA VISTA 函館ベイ】。まぁ、正確には前日から宿泊してるんですけどねぇ。

Hotel & Spa Resort LA VISTA 函館ベイ】といえば何といっても「朝食のおいしいホテルランキング」道内7年連続第1位のゴージャスで美味しい朝食が超有名。このため閑散期以外で予約を取るのが非常に困難な超人気ホテル。最上階にある露天風呂からは【函館市】の街並みや海といった最高の眺望が楽しめる。また、【金森倉庫】まで徒歩3分の好立地も魅力のひとつ(´ω`)


c0378174_11422825.jpg
そしてこれが道内7年連続第1位の朝食ってヤツです。メインはやっぱ新鮮で種類豊富な海産物でしょう。MEG BEAMさん曰くどれひとつとっても完成度が高く美味しかったと言ってました(´¬`) それにしても朝食をとった「北の番屋」が他のホテルでは見たことないぐらい混んでいたらしい。さすが超人気朝食だけあります。


c0378174_11423591.jpg
これは【函館市熱帯植物園】の中にある通称「お猿の温泉」。年間通しでやっているワケではなく、12月1日からゴールデンウィークまでの期間限定。函館の冬の風物詩のひとつなんです(=ω=)


MEG BEAMさん貴重な食ネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



Hotel & Spa Resort LA VISTA 函館ベイ
●住所 北海道函館市豊川町12-6
●電話 0138-23-6111
●営業時間
●定休日 無休
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-03-22 18:00 | 渡島地方 | Comments(0)