カテゴリ:後志地方( 13 )

フレッシュフルーツファクトリー FRUTICO/余市町

2018年7月25日(水)



今回も知人のMEG BEAMさんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


c0378174_11294584.jpg
柿崎商店 海鮮工房】で海鮮料理を堪能したMEG BEAMさんが次に向かったのは、同じく【余市町】の「大川エリア」にある【フレッシュフルーツファクトリー フルティコ 余市本店】。初訪問だったようです。



真っ赤な建物が目印の【フレッシュフルーツファクトリー フルティコ】は、【余市町】のベリー農家直営のジェラート・クレープ・スムージー店。自社栽培したベリーとブドウを使った農家が直営するからこそできる特別なジェラート。余市の自社農園で収穫した完熟フルーツを道産小麦のもっちもちクレープ生地で包む贅沢クレープ。 当然クレープソースも自社製。研究を重ね生み出されたスイーツを求め連日客の絶えない人気店なんです(´ω`) ちなみに、旧店名は【フルーツプラネット】。


c0378174_11301433.jpg
クレープ(ラズベリー&ブルーベリー) 580円。

お店の人気No.1商品だというラズベリーとブルーベリーのクレープ。甘味と酸味のベリー、もっちもちのクレープ生地、こだわりの生クリームの三身一体。絶妙なバランス感でむちゃくちゃ美味しいんだとか(´¬`)


c0378174_11304416.jpg
ジェラート (りんご&ハスカップ) 380円。

北海道】でしか栽培されていないハスカップと、【余市町】の特産フルーツであるりんごのダブル。ギュッと凝縮されたフルーツの旨味溢れるジェラートなんだって。


MEG BEAMさん貴重な食ネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m


※記事 モコ平



フレッシュフルーツファクトリー FRUTICO 余市本店
●住所 北海道余市郡余市町大川町8-31
●電話 050-5570-4460
●営業時間 11:00~18:00(火~金) 11:00~19:00(土日祝)
●定休日 月曜
●駐車場 有り(12台)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-08-29 18:00 | 後志地方 | Comments(0)

柿崎商店 海鮮工房/余市町

2018年7月25日(水)



今回は知人のMEG BEAMさんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


c0378174_11003092.jpg
c0378174_11004924.jpg
この日のMEG BEAMさんが向かったのは【余市町】の「黒川エリア」にある【柿崎商店 海鮮工房】。何度も訪問しているようですがネタをくれたのは初になります。


c0378174_11005813.jpg
創業約70年老舗の魚屋【柿崎商店】。【北海道】の新鮮な海の幸をリーズナブルな価格で販売している超絶人気店。その【柿崎商店】が運営する【海鮮工房】も地元民はもちろんのこと、遠方から足を運ぶファンの多い人気海鮮食堂。海鮮丼をはじめ、焼き魚定食や刺身など種類豊富。また、漁がある時期にしか食べることのできない地元余市産のウニや甘エビなどの限定メニューもある。昼時は行列ができるほどの超絶人気店ですが、並んででも食べる価値のある美味しい料理が目白押しなんです(´ω`)


c0378174_11010858.jpg
磯丼 1110円。

ホッキ、ツブ、ホタテという人気貝3種が入った海鮮丼。当然のことながら貝類は全て新鮮でどれもこれも間違いない美味しさ。特出すべき点はネタの多さにあり、これで1110円は非常に安いんだとか。


c0378174_11011610.jpg
焼魚宗八 300円。

宗八カレイを焼いたもの。身はふわふわ、味はしっかりしていてかなり美味しかったと報告を受けてます。


c0378174_11012426.jpg
いか刺し 450円。

いかといえば【函館市】が有名ですが、【余市町】のいかも負けず劣らず美味しいんだとか。新鮮なので弾力と甘味がハンパないらしい(´¬`)


うーむ、【柿崎商店】は超有名なので知ってたけど食堂があるのは知らなかった。これだけ絶賛されると自分も機会があれば行ってみるしかなさそうですねぇ。


MEG BEAMさん貴重な食ネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m


※記事 モコ平



柿崎商店 海鮮工房
●住所 北海道余市郡余市町黒川町7-25
●電話 0135-22-3354
●営業時間 10:00~19:00
●定休日 不定休
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-08-28 18:00 | 後志地方 | Comments(0)

道の駅 あかいがわ/赤井川村

2018年5月24日(木)



c0378174_15513373.jpg
積丹町】の【神威岬】で絶景を堪能してきた後は、【赤井川村】にある【道の駅 あかいがわ】へ行ってきました。初訪問でしたがブログにUPするのは2度目になります。



c0378174_15514636.jpg
道の駅 あかいがわ】は平成27年4月に登録された道内でも比較的新しい部類の道の駅。札幌圏とニセコ道南エリアを結ぶ国道393号(メープル街道393)の中間に位置しており、明治の時代から昭和初期にかけて官設の駅逓所が置かれていた場所で、今も昔も交通の要衝となっている。村初のパン屋や農産物直売所、お土産、テイクアウトコーナーなど施設内は非常に充実。休日平日問わず多くの人が訪れる人気の道の駅なんです(´ω`)


c0378174_15515697.jpg
道の駅の裏にいたのは… トッ、トーマス!?Σ(ΦДΦ;) いや、人違い(汽車違い)かww


道の駅スタンプGET!m(_ _ )m


※記事 モコ平



道の駅 あかいがわ
●住所 北海道余市郡赤井川村字都190番地16
●電話 0135-34-6699
●営業時間 8:30~19:00(5月~9月) 9:00~17:00(10月~4月)
●定休日 第1、第3水曜(10月~4月)
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く
別ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く playback



[PR]
by mocohe23 | 2018-07-30 18:00 | 後志地方 | Comments(0)

神威岬/積丹町

2018年5月24日(木)



c0378174_12000171.jpg
余市町】の【燻製料理の店 燻香廊 (けむかろう)】で美味しい燻製料理を食べた後は、【積丹町】の観光名所【神威岬】へ行ってきました。2度目の訪問ですがブログにUPするのは初になります。

c0378174_12003289.jpg
c0378174_12001623.jpg
c0378174_12002479.jpg
c0378174_12010794.jpg
ニセコ積丹小樽海岸国定公園】に属している【神威岬】は、【積丹町】にあり、積丹半島の北西部から日本海に沿って伸びている岬。先端には神威岬灯台と神威岩があり、この付近は古くから海上交通の難所として知られている。駐車場内には【カムイ番屋】があり、しゃこたん土産や海鮮料理を堪能できる。平日でも多くの観光客でにぎわう超人気観光スポットなんです(´ω`)


c0378174_12004832.jpg
c0378174_12005614.jpg
何年前か忘れたけど、前回訪問時はめちゃめちゃ豪雨の日で岬の先端まで行けなかったんですが、今回は超快晴で初めて先端まで到達する事ができました。うーむ、積丹ブルー綺麗じゃないの(=ω=)


c0378174_12011329.jpg
c0378174_12012115.jpg
しゃこたんブルーソフトクリーム(ミックス) 380円。

積丹ブルーを忠実に再現したというソフトクリームをミックスでオーダー。ブルー部分は爽やかなミント風味で暑い日にはピッタリ。さすがしゃこたん名物だけあって美味しいソフトクリームでした(´¬`)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



しゃこたん土産と喰処 カムイ番屋
●住所 北海道余市郡余市町港町75-2
●電話 0135-46-5730
●営業時間 11:00~17:00(レストラン) 10:00~17:00(売店)
●営業期間 5月~11月
●定休日 無休(営業期間内)
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く
別ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く playback



[PR]
by mocohe23 | 2018-07-29 18:00 | 後志地方 | Comments(2)

燻製料理の店 燻香廊 (KEMUKAROU)/余市町

2018年5月24日(木)



c0378174_13433966.jpg
道の駅 スペース・アップルよいち】で道の駅スタンプをGETした後は、同じく【余市町】の「港町エリア」にある【燻製料理の店 燻香廊 (けむかろう)】へ行ってきました。初訪問になります。



c0378174_13434807.jpg
c0378174_13435677.jpg
様々な燻製料理の製造・販売を行っている【燻製屋 南保留太郎商店】が運営する古民家レストラン【燻製料理の店 燻香廊】。昭和初期の古民家を改装した店内へ一歩踏み入れると、吹き抜けの開放的な空間が広がり、木の温もりあふれる落ち着いた雰囲気が漂う。冷燻法で、1~3週間じっくりと燻煙し、香りづけしたオリジナル燻製の創作料理は、素材の良さを閉じ込めた味わいが魅力。静かに時を刻むノスタルジックな雰囲気と、スモークの味と香りが楽しめる、隠れ家的人気店なんです(´ω`)


c0378174_13440931.jpg
スモークチキンとベーコンのオレンジソース煮 1180円。
パン+ミニサラダ 350円。

燻製した鶏肉とベーコンをオレンジで煮込んだ一品。【燻製屋 南保留太郎商店】のチキンとベーコンがオレンジソースと合わさる事により、通常の燻製料理とはまた違った美味しさへ進化。非常にさっぱりとしたオレンジソースとこれほど相性が良いとは。てか、これめちゃめちゃウマイッ!(´¬`) サラダはトマトと【燻製屋 南保留太郎商店】の超人気商品である「燻し奴」のカプレーゼ。そのあまりの美味しさに追加注文しようかと思ったほど。パンは見た目は小さいけど中がびっしり詰まっているので結構お腹いっぱいになるヤツです。


c0378174_13441980.jpg
スモークサーモンのきのこクリーム煮 1260円。
パン+ミニサラダ 350円。

こちらは燻製したサーモンと通常のサーモンがきのこクリームで煮込まれたもの。スモークサーモンのレベルはいうまでもなく美味しいんですが、通常のサーモンのほうも引けを取らず美味かった。クリームソースが良い仕事してるんですよねぇ(´¬`)


c0378174_13442979.jpg
c0378174_13443735.jpg
帰りに隣にある【燻製屋 南保留太郎商店】へ寄って「燻し奴」を購入したんですが写真を撮り忘れるってゆうね(´Д`;)



ちょっとお高めの価格設定だけど、料理は美味しいし雰囲気が良いので再訪問は確定です。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



燻製料理の店 燻香廊 (KEMUKAROU)
●住所 北海道余市郡余市町港町75-2
●電話 050-5868-0224
●営業時間 11:00~17:00(14時以降はカフェタイムとなり軽食と飲み物のみの提供)
●定休日 水曜
●駐車場 有り(10台)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-07-28 18:00 | 後志地方 | Comments(2)

道の駅 スペース・アップルよいち/余市町

2018年5月24日(木)



c0378174_12480067.jpg
この日は【余市町】の「黒川エリア」にある【道の駅 スペース・アップルよいち】に行ってきました。初訪問ではないですがブログにUPするのは初になります。


c0378174_12480893.jpg
道の駅 スペース・アップルよいち】は、国道229号と国道5号の分岐点にほど近い余市川河畔、国道229号沿いにあり、余市宇宙記念館「スペース童夢」や農産品直売所、無料体験コーナーなど、楽しさ満点の道の駅。宇宙記念館では郷土出身で日本人初の科学者宇宙飛行士「毛利衛」さんの業績を紹介。さらに、CGドーム映像で星空がご覧いただける「デジタルプラネタリウム」や3Dシアター「2041年太陽系ミッション」など大人から子供まで楽しめる。ショップでは10種類以上の「宇宙食」などが手に入るほか、地元水産加工品、農産品をはじめ「フルーツのまち余市」ならではの旬の味覚を提供。フルーツやワインを使用したこだわりの手作りアイスクリームやアップルパイも大好評の道の駅なんです(´ω`)


かなり久しぶりの再訪問でしたがあらためて見ると【道の駅 スペース・アップルよいち】は市街地にあるので、酒好きの自分にとってはもってこいの車中泊スポットっぽいですねぇ。これはいずれ余市の酒場で飲んだくれる日が来そう。


道の駅スタンプごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



道の駅 スペース・アップルよいち
●住所 北海道余市郡余市町黒川町6丁目4番地1
●電話 0135-22-1515
●営業時間 9:00~17:00(スープがなくなり次第閉店)
●定休日 月曜(余市宇宙記念館・ミュージアムショップ) 無休(売店)
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-07-27 18:00 | 後志地方 | Comments(2)

Fromage Danish DANI LeTAO/小樽市

2018年7月15日()



今回も知人のMEG BEAMさんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


c0378174_12493319.jpg
SNOOPY茶屋 小樽店】で美味しいゼリーソフトを食べたMEG BEAMさんが次に向かったのは、同じく【小樽市】の「堺町エリア」にある【フロマージュデニッシュ デニ ルタオ】。こちらも初訪問だったようです。




小樽市】を中心に、道内外に数店舗を展開をする超人気洋菓子店【ルタオ】。小樽市内にある6店舗はそれぞれコンセプトが違っており、【フロマージュデニッシュ デニ ルタオ】は1998年の創業以来1番人気の「ドゥーブルフロマージュ」をはじめ、チーズケーキを専門とした店舗になっています。また、店舗は工房もかねていてパティシエの丁寧な手作りの様子を楽しむこともできます。全ての店舗人気があるんですが、その中でもこの【フロマージュデニッシュ デニ ルタオ】は1.2を争うぐらいの人気店なんです(´ω`)


c0378174_12510419.jpg
フロマージュデニッシュ 297円。

道内産クリームチーズとイタリア産マスカルポーネチーズが2層になったミルキーチーズクリームを、道内産小麦100%のデニッシュ生地で包み込んだお店の看板商品。ザクザク食感で甘味のあるデニッシュと、コクと旨味のチーズクリームの融合がクセになる美味しさを生み出すんだとか(´¬`)


MEG BEAMさん貴重な食ネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m


※記事 モコ平



Fromage Danish DANI LeTAO
●住所 北海道小樽市堺町6-13
●電話 0134-31-5580
●営業時間 9:00~18:00(季節によって変動あり)
●定休日 無休
●駐車場 有り(提携駐車場有り)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-07-24 18:00 | 後志地方 | Comments(2)

SNOOPY茶屋/小樽市

2018年7月15日()



今回は知人のMEG BEAMさんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


c0378174_12130356.jpg
この日のMEG BEAMさんが向かったのは【小樽市】の「堺町エリア」にある【SNOOPY茶屋 小樽店】。初訪問だったようです。


「PEANUTS」をテーマにした和カフェ【SNOOPY茶屋 小樽店】が【北海道】屈指の観光都市である【小樽市】に2018年4月にオープン。1階のグッズショップは【SNOOPY茶屋】でしか買えない限定グッズがおよそ300種類以上を販売。2階のカフェスペースは大正ロマンを彷彿させる情緒あるモチーフとPEANUTSとのコラボレーションアートで演出された空間で、【北海道】の特産物を取り入れ、洋風の香りをミックスさせたお料理やスイーツを食べる事ができるんです(´ω`)


c0378174_12131059.jpg
スヌーピー 夏の青空ゼリーソフト 700円。

7月1日(日)~9月30日(日)の期間限定商品のゼリーソフト。パイナップル味の青いゼリーと、ちんご味の赤いゼリーで夏の空色と太陽をイメージ。北海道ミルクの濃厚なソフトクリームと、さっぱりしたゼリーの相性は抜群。上にささってるスヌーピーのオリジナルクッキーがポイントなんだとか(´ω`)


MEG BEAMさん貴重な食ネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m


※記事 モコ平



SNOOPY茶屋 小樽店
●住所 北海道小樽市堺町6-4
●電話 0134-64-7048
●営業時間 10:30~17:00(レストラン) 9:30~17:30(グッズショップ)
●定休日 無休
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-07-23 18:00 | 後志地方 | Comments(0)

Graubunden/倶知安町

2018年6月2日()



今回は知人のMEG BEAMさんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


c0378174_20393188.jpg
この日のMEG BEAMさんが向かったのは【倶知安町】の「山田エリア」にある【グラウビュンデン】。初訪問だったようです。


c0378174_20393768.jpg
別荘やコテージが並ぶ一帯にある三角屋根の【グラウビュンデン】は、30種類のサンドイッチと手作りケーキがウリのカフェ。地元産や道内産の食材にこだわったボリューミィなサンドイッチはお店の看板商品。日本人はもとより外国人観光客にも絶対の支持を得る超人気カフェなんです(´ω`)


c0378174_20394914.jpg
c0378174_20395767.jpg
グラウビュンデンサンド 900円。

オープン以来ずっと愛され続けたメニューの「グラウビュンデンサンド」は、パンの選択は出来ず具材も固定の看板メニュー。焼きたてのバケットにこんがり焼かれたベーコンとスクランブルエッグ、チーズがサンドされたボリューミィなサンドイッチは、話をきくまでもなく絶対に美味しい一品(´¬`) サンドイッチ以外に生野菜とマッシュポテトが付いており、これがまた新鮮で美味しいんだとか。


c0378174_20400602.jpg
c0378174_20401612.jpg
サンドイッチ(クリームチーズトマトチキン) 950円。

4種類から選べるパンはライ麦パンをチョイス。特有の酸味がクセになるヤツですねぇ。もちろんサンドされてる具材はどれもこれも美味しくてたまらないんだとか。


c0378174_20402274.jpg
これが敷地内から見える景色なのか別の場所なのかよくわかりませんが実に綺麗な風景ですよねぇ(=ω=)


MEG BEAMさん貴重な食ネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m


※記事 モコ平



Graubunden
●住所 北海道虻田郡倶知安町山田132-26
●電話 0136-23-3371
●営業時間 8:00~19:00
●定休日 木曜
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-06-07 18:00 | 後志地方 | Comments(2)

POPURA FARM(小樽 出抜小路)/小樽市

2017年9月10日()



c0378174_01491277.jpg
第31回 北の収穫祭 ワインカーニバルinおたるでワインと料理を堪能した後は、「小樽運河エリア」の小樽 出抜小路内にあるポプラファーム 小樽店へと移動。初訪問になります。



c0378174_01492815.jpg
半分にカットしたメロンの上にソフトクリームを乗せた「サンタのヒゲ」が有名な【ポプラファーム】。本店は中富良野町にあり、道内では【ポプラファーム 中富良野本店】と【ポプラファーム 小樽店】の2店舗を展開中。「サンタのヒゲ」が有名になり過ぎたけど、地元で収穫する美味しい野菜や、ベーコン&ソーセージといった加工品の販売など、北海道の「美味しい」を発信している人気のファームショップなんです(´ω`)


c0378174_01493512.jpg
メロンソフト 400円。

「サンタのヒゲ」が高価なので、手頃な値段のメロンソフトをオーダー。地元産のメロンと牛乳を使用したソフトクリームはマジで美味しく、飲んだ後に食べるスイーツとしては最高でした。アルコールと料理で満たされた胃袋をさっぱりリセット(´¬`)♪


c0378174_01492065.jpg
天気が良かったので、観光名所の「小樽運河」もキレイに見えました。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



POPURA FARM 小樽店
●住所 北海道小樽市色内1丁目1-17 小樽出抜小路内
●電話 0134-34-1772
●営業時間 10:30~18:30
●定休日 不定休
●駐車場 無し




[PR]
by mocohe23 | 2018-03-15 18:00 | 後志地方 | Comments(2)