カテゴリ:胆振地方( 5 )

HASKAP-CAFE(移動販売車)/厚真町

2016年4月16日()



c0378174_14050758.jpg
平取町】の【農園ハム工房 シグびらとり】でサラミやベーコンを購入した後は、【厚真町】の「京町エリア」にある【ハスカップカフェ(山口農園)】へ行ってきました。初訪問になります。



本州ではあまり聞きなれない果物、ハスカップ。【北海道】【厚真町】の農家の4分の1が栽培しており、2013年には栽培面積日本一にもなったという幻の果物。そんなハスカップを栽培している【山口農園】が、ハスカップの存在を世に広める為、2014年3月にオープンさせたのが移動販売車の【ハスカップカフェ】。通常は市内にある【米粉スイーツの店 稲果】の駐車場で販売をしているが、お祭りやイベントなどに積極的に参加するので、市内にいない事もしばしば。ハスカップを使用したスムージーやクレープが評判のお店なんです(´ω`)


c0378174_14051410.jpg
ハスカップババナチョコクレープ 550円。

クレープといえばみんな大好きバナナのクレープですが、そこに【山口農園】特製のハスカップコンポートとチョコが入っており、バナナのコクとチョコの甘み、そしてハスカップの甘酸っぱさが加わり絶妙な美味しさに。さらにアーモンドのカリカリ食感までプラスされてるんだから、なんとも食べ応えのある逸品に仕上がっています。ちなみにクレープ生地が黒いのは竹炭を使用しているからなんだとか。黒くしたほうが見栄えが良いからかな? 何にしても、もっちり食感でウマイ(´¬`)


たしか一緒にハスカップスムージーも購入したハズなんだけど画像をロストしてしまった…。まぁ、2年も前の話だしなくなったものはしょーがない(´Д`;)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



HASKAP-CAFE(移動販売車)
●住所 北海道勇払郡厚真町字京町2-41-1
●電話 090-8427-2137
●営業時間 11:00~17:00(金~月)
●営業時間(イベント) イベント内容で異なる
●定休日 火~木、年末年始、不定休
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-04-09 18:00 | 胆振地方 | Comments(0)

元祖室蘭ら~めん 清洋軒/室蘭市

2017年10月25日(水)



今回は知人のカトリイヌさんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


c0378174_18300247.jpg
この日のカトリイヌさんが向かったのは室蘭市の「舟見町エリア」にある【元祖室蘭ら~めん 清洋軒】。初訪問だったようです。


c0378174_18301082.jpg
昭和10年創業(オープン当初は移動式の屋台)の【元祖室蘭ら~めん 清洋軒】はとても歴史の長い老舗中の老舗ラーメン店。味のレベルも高く、地元民はもちろん遠方から来るお客さんも多い人気店なんです(´ω`)


c0378174_18301954.jpg
醤油らーめん 650円。

スープはかつお出汁ベースの和テイストでありながら動物性のコクもある。麺は無添加の自家製。シコシコ感が凄いからたぶん低加水だと思うとのこと。具材も良い感じで、総合的にウマイ!(´¬`) と言ってましたねぇ。


c0378174_18302963.jpg
特製らーめん(塩) 750円。

清洋軒】といえば「塩」が評判のラーメン屋さん。その塩の特製版がこのラーメン。澄んだ色のスープは昔ながらの優しい味を更に突き詰めたような美味しさ。自家製麺との相性が良く、何杯でもイケちゃうぐらい優しい味なんだとか。


室蘭のラーメンと言えば【味の大王】の「カレーラーメン」を思い出してしまいますが、こちらの【清洋軒】が「元祖室蘭ラーメン」のお店とは全然知りませんでした。塩好きの自分としてはいずれ訪問しないとイケないお店ですねぇ。ちなみに、カトリイヌさんはリピート決定だと言ってました(´ω`)


カトリイヌさん貴重な食ネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m


※記事 モコ平



元祖室蘭ら~めん 清洋軒
●住所 北海道室蘭市舟見町1丁目6-4
●電話 0143-22-2923
●営業時間 11:00~19:00(スープがなくなり次第終了)
●定休日 第1・3・5火曜
●駐車場 有り(3台)




[PR]
by mocohe23 | 2017-11-16 18:00 | 胆振地方 | Comments(0)

元祖ししゃも カネダイ大野商店/むかわ町

2017年10月18日(水)



c0378174_12453582.jpg
この日はむかわ町の「美幸エリア」にある元祖ししゃも カネダイ大野商店へ行ってきました。初訪問ではありますがブログで扱うのは3度目になります。

c0378174_21212543.jpg
北海道太平洋沿岸だけに生息する日本固有の貴重な魚「ししゃも」の加工・販売をしている【元祖ししゃも カネダイ大野商店】。ししゃもが獲れる時期になると「ししゃも寿司」の提供が始まり、平日でも大勢のお客さんが訪れる超人気ししゃも専門店なんです(´ω`)


c0378174_12460214.jpg
生干ししゃも(オス・メス混) 1550円。


c0378174_12460989.jpg
外に干してあるししゃもを持って店内のレジで購入。初訪問だったけど以前2回記事を書いているのでシステムはなんとなくわかってました。この「若ししゃも」はこの時期にしか獲れない貴重なものらしい。メスの卵が少ない分、脂が乗っていて絶品!(´¬`)


c0378174_12455422.jpg
ししゃも寿司セット 1600円。

ししゃもの寿司6貫、漬物、しゃしも汁の3品が一度に食べられるお得なセット。寿司は美味しかったけど、汁がイマイチ。そして残念ながら価格が2年前より200円アップしてるってゆうね(TДT)


c0378174_12454549.jpg
ししゃもほっきカレー 1200円。

ほっきカレーにししゃものフライがトッピングされたもの。ししゃもフライは美味しかったけど、メインのほっきカレーがちょっと…。ほっきの出汁が効いたカレーなのかと思ってたら、わりと普通の味でガッカリ。ほっきもほんの少ししか入ってなかったし。これで1200円はちと厳しい(´Д`;)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



元祖ししゃも カネダイ大野商店
●住所 北海道勇払郡むかわ町美幸2丁目42番地
●電話 0145-42-2468
●営業時間 9:00~17:00
●定休日 無休(1~5月末のみ日曜日)
●駐車場 有り




[PR]
by mocohe23 | 2017-11-11 18:00 | 胆振地方 | Comments(0)

レストラン Ribe(登別マリンパークニクス)/登別市

2017年9月9日()



今回は知人のMEG BEAMさんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


c0378174_08263049.jpg
この日のMEG BEAMさんがが向ったのは登別市の超人気テーマパーク水族館登別マリンパークニクス。の中にある【レストラン リーベ】。


c0378174_08263864.jpg
北海道でもトップクラスの温泉地【登別市】にある超人気テーマパーク水族館の【登別マリンパークニクス】。その園内にある【レストラン リーベ】はできるだけ地元食材を使用する本格的洋食レストラン。洋食専門のレストランではありますが【登別市】の「新ご当地グルメ」のひとつである「登別閻魔やきそば」といった洋食の枠に捕らわれないメニューなんかも提供している【登別マリンパークニクス】直営のレストランなんです。


c0378174_08264615.jpg
登別閻魔やきそば 950円。

流石というかなんとゆーか、【登別市】に行ってちゃんとご当地グルメを食べて来てくれるあたりが特級グルメ戦士のMEG BEAMさん。閻魔やきそばは道産のモチモチとした食感の小麦、ゴマの風味が効いたピリ辛のタレ、【登別市】やその近郊で生産されている食材を使用し、地産池消を心がけるってのが絶対定義なんですが、【レストラン リーベ】のはイカの一夜干しとバルサミコ酢を加えたオリジナルなんです。初めて食べたとのことですが満足いく美味しさだったようです(=¬=)


c0378174_08265326.jpg
タラとチーズの焼きカレー 990円。


c0378174_08270191.jpg
「いぶりのうまいもん30選」に選出されているという食べる前から美味しいと判明しているメニュー。近海で捕れた真鱈と特製のカレーソースの相性はまさに絶品! ライス・サラダ付きってメニュー表に書いてあるけど、カレーにライスは付き物でしょうw


道内でも有名なテーマパークの【登別マリンパークニクス】。CMもよく放送してるし知名度も抜群なんですが、自分はまだ1度も行った事がありません。今回MEG BEAMさんからココのネタをもらったので、いずれは行ってみたほうが良さそうですねぇ。まぁ、メインの水族館の感想は全く聞いてないけどww


MEG BEAMさん貴重な食ネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m


※記事 モコ平



レストラン Ribe
●住所 北海道登別市登別東町1丁目22番地 登別マリンパークニクス内
●電話 0143-83-3800
●営業時間 10:00~16:00
●定休日 登別マリンパークニクスに準ずる
●駐車場 有り(登別マリンパークニクス)




[PR]
by mocohe23 | 2017-09-27 18:00 | 胆振地方 | Comments(2)

そば蔵/洞爺湖町

2017年9月3日()



今回は知人のカトリイヌさんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


c0378174_11183809.jpg
この日のカトリイヌさんが向かったのは洞爺湖町の「温泉街エリア」にある【そば蔵】。


c0378174_11184409.jpg
洞爺湖温泉バスターミナルから徒歩1分の場所にある【そば蔵】は、幌加内町の農家から直接品質の良いそば粉を仕入れ使用するこだわりの強いおそば屋さん。そばだけではなく揚げたての天ぷらも人気がある。また、入手困難な日本酒も多数取り揃えており、そば好きだけではなく日本酒好きからも愛されるお店なんです。近年ミシュランガイドにも掲載されたとか。


c0378174_11185245.jpg
天丼とそばのセット(冷) 1290円。

そばは若干太めでほどよいコシがあり噛みごたえのある系。かえしはたぶん宗田節とか枯れ節を使用しているんじゃないかと特級グルメ戦士のカトリイヌさんは言ってましたねぇ。天丼のご飯は蘭越町のななつぼし+古代米。天ぷらもそば屋にありがちな片栗粉キュッキュキュ系ではなく、ちゃんとしたもの。総合的にそばも天丼も高評価(´¬`) 40分並んだ甲斐があったようです。


ネットの口コミサイトを見ると評価にバラつきがあるんですが、カトリイヌさんが美味しいと言ってたので機会があれば行ってみたいですねぇ。


カトリイヌさん貴重な食ネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m


※記事 モコ平



そば蔵
●住所 北海道虻田郡洞爺湖町洞爺湖温泉36
●電話 0142-75-2345
●営業時間 11:00~17:00(蕎麦がなくなり次第終了)
●定休日 不定休
●駐車場 有り




[PR]
by mocohe23 | 2017-09-20 18:00 | 胆振地方 | Comments(0)