カテゴリ:留萌地方( 6 )

遠藤水産 港町市場/増毛町

2018年6月24日()



c0378174_12045893.jpg
小平町】にある【道の駅 おびら鰊番屋】で軽くランチをした後は、【増毛町】の「港町エリア」にある【遠藤水産 港町市場 増毛店】へ行ってきました。3回目の訪問ですがブログに単体でUPするのは初になります。



c0378174_12050738.jpg
港町市場】は【増毛町】でも有名な【遠藤水産】の直売店。名物はな「エビ」。うまさとろける甘エビをはじめ、ボタンエビ、ましけエビ、ゴジラエビなど、豪快に量り売りをしています。その他の海産物や加工品も豊富に取り揃えており、時期にもよるが色々なものが浜値で購入できると遠方から足を運ぶ客の多い超人気店なんです(´ω`) ちなみに【札幌市】の【白石区】に【遠藤水産 港町市場 札幌店】があります。


c0378174_12051334.jpg
味付ホッケ 600円。

増毛産のほっけを使った加工品。ほっけの旨味がぎゅっと凝縮された美味しいヤツで酒の肴にピッタリ。そのまま食べても美味しいのですが、ちょっと炙ると更に美味しくなります(´¬`)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



遠藤水産 港町市場 増毛店
●住所 北海道増毛郡増毛町港町4-26
●電話 0164-53-2000
●営業時間 8:30~16:00
●定休日 火曜
●駐車場 有り



前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く
別ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く playback



[PR]
by mocohe23 | 2018-08-09 18:00 | 留萌地方 | Comments(4)

道の駅 おびら鰊番屋/小平町

2018年6月24日()



c0378174_10524399.jpg
苫前町】の【道の駅 風W(ふわっと)とままえ】でスタンプをGETした後は、【小平町】にある【道の駅 おびら鰊番屋】へ行ってきました。初訪問になります。



c0378174_10525113.jpg
c0378174_10525891.jpg
2015年4月にオープンした【小平町】のランドマーク【道の駅 おびら鰊番屋】。特産品の販売や歴史文化保存展示ホールなどを有している「小平町観光交流センター」、日本海の海の幸が楽しめる食堂が人気の「食材供給施設」、道内屈指の重要文化財「旧花田家番屋」など、様々な施設がある。【苫前町】の【道の駅 風W(ふわっと)とままえ】同様こちらの【道の駅 おびら鰊番屋】も非常に人気の高い道の駅なんです(´ω`)


c0378174_10530568.jpg
小平バーガー 450円。

道の駅内にある【concept caffe ぷろぺら】で購入したご当地バーガー。小平産小麦ルルロッソと道産のバターや卵、牛乳を使用したバンズはふわもち食感。ハンバーグは小平の黒毛和牛100%で旨味が強くジューシィ。【内田農園】のトマトを使った程良い酸味のソースが良いアクセントに。これはウマイ!(´¬`)


c0378174_10531287.jpg
クロックムッシュ 250円。

こちらもほぼ小平産の材料で作られています。中でも地元の海で獲れたホタテを使用したクリームソースが良い感じ。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



道の駅 おびら鰊番屋
●住所 北海道留萌郡小平町字鬼鹿広富
●電話 0164-56-1828
●営業時間 9:00~18:00(12月~3月まで10:00~17:00) (観光交流センター)
●営業時間 8:00~17:00(5月~10月) 9:00~16:00(11月~4月)(レストラン)
●定休日 無休(観光交流センター) 月曜(レストラン)
●駐車場 有り



前ブログはコチラ →【貧乏なりに食べ歩く
別ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く playback



[PR]
by mocohe23 | 2018-08-08 18:00 | 留萌地方 | Comments(0)

道の駅 風W(ふわっと)とままえ/苫前町

2018年6月24日()



c0378174_10095068.jpg
羽幌町】でグルメや温泉を堪能した次の日の最初の目的地は、【苫前町】にある【道の駅 風W(ふわっと)とままえ】でした。初訪問になります。


c0378174_10095703.jpg
c0378174_10100407.jpg
国道232号線沿いに位置する【道の駅 風W(ふわっと)とままえ】のメイン施設である「とままえ温泉ふわっと」はコンクリートの素材を活かした壁とドーム球場を思わせる白い屋根が特徴で、温泉、露天風呂、レストラン、ラウンジ、特産品売店やB&G温水プールなどさまざまな施設がある。ラウンジや露店風呂からは日本海に浮かぶ【天売島】・【焼尻島】も一望することができ、心も体もリラックスできる。隣接する夕陽ヶ丘オートキャンプ場、ホワイトビーチ、未来港公園は家族連れにはとても人気のアウトドアスポット。道内外の車中泊キャンパーから絶大な支持を得ているS級道の駅なんです(´ω`)


c0378174_10101020.jpg
無料の足湯があったので足を突っ込んでみたけど丁度良い湯加減で気持ち良かった(=ω=) 熱めと温めが同じぐらいの温度で差がなかったけどw


道の駅スタンプラリースタンプGET!


※記事 モコ平



道の駅 風W(ふわっと)とままえ
●住所 北海道苫前郡苫前町字苫前119番地1
●電話 0164-64-2810
●営業時間 7:00~22:00(道の駅) 11:30~15:00 17:00~21:00(レストラン)
●定休日 無休
●駐車場 有り



前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く
別ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く playback



[PR]
by mocohe23 | 2018-08-07 18:00 | 留萌地方 | Comments(0)

La.frasca/羽幌町

2018年6月23日()



c0378174_15474084.jpg
道の駅 ほっと・はぼろ】で温泉を堪能した後は、同じく【羽幌町】の「南6条エリア」にあるレストラン【ラ・フラスカ】へ行ってきました。初訪問になります。



c0378174_15474950.jpg
国道232号線から若干奥まった場所にある【ラ・フラスカ】は、地元の食材にこだわったイタリアンレストラン。メニューはパスタとピザが中心だが、海老ピラフやチキンライスといったご飯ものもある。アルコールも扱っているので夜は飲み屋としても利用可能。地元民に愛される家庭的なレストランなんです(´ω`)


c0378174_15481408.jpg
ハートランドビール 450円。

厳選されたアロマホップが醸し出すおだやかな香りが、麦の旨味を引き立てて、軽やかなのど越しに。本格的な味わいで何杯でもイケちゃう良い意味で危険なビールです(=¬=)


c0378174_15475630.jpg
羽幌産甘えびソース 600円。

羽幌町】といえば甘エビなのでお店の一押しメニューだという羽幌産甘えびソース(パスタ)をオーダー。甘エビをふんだんに使用したソースはめちゃめちゃ濃厚で、ストレートに甘エビの旨味を感じれる。留萌管内産の小麦ルルロッソを使ったパスタはモチモチの弾力系で濃厚ソースとの相性が良い。こんな贅沢なパスタが600円で食べられるんだからたまりません(´¬`)


c0378174_15480799.jpg
小平産共同学舎の酒蔵サラミとポテト Pizza 700円。

こちらは今流行り(?)の薄型クリスピータイプのピザ。薄いのでボリューム感はないけどビールのおつまみとしては申し分ないヤツです。豚肉のサラミが美味しかったなぁ。


店員さんによると、【はぼろ甘エビまつり】の期間中は普段とはメニューの構成が違うらしい。まぁ、普段のメニューを知らないから全然気にならなかったけどw 何にしても甘えびを使った美味しいパスタを食べれて満足でした。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



La.frasca
●住所 北海道苫前郡羽幌町南6条4丁目1-2
●電話 0164-62-5078
●営業時間 11:00~14:00 18:00~21:00
●定休日 不定休
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く
別ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く playback



[PR]
by mocohe23 | 2018-08-06 18:00 | 留萌地方 | Comments(0)

道の駅 ほっと・はぼろ/羽幌町

2018年6月23日()



c0378174_15413434.jpg
c0378174_15412787.jpg
第8回 はぼろ甘エビまつり】で飲み食いした後は、【道の駅 ほっと・はぼろ】へ行ってきました。初訪問になります。



c0378174_15414159.jpg
国道232号沿いに有り、通称「オロロンライン」の中継点にもなっている【道の駅 ほっと・はぼろ】。メイン施設「はぼろ温泉サンセットプラザ」は真っ白な豪華客船をイメージし、天然温泉大浴場・露天風呂・屋外プールや地元特産品を扱う物産店などの施設があり、また7階展望ラウンジからは、天売島、焼尻島など日本海が一望でき、心も体もリラックスできる。隣接する「はぼろバラ園」では、珍しい北方系バラなどが咲き誇り、「北海道海鳥センター」では、天売島の海鳥のことが全てわかる展示室や研究施設がある。「物産店」では特産品の甘エビ(地方発送)や数々のお土産品がそろい、レストラン「二島物語」では、新鮮な海の幸、山の幸を使って、和洋中と豊富なメニューが味わえる。非常に使い勝手の良い人気道の駅なんです(´ω`)


この日は気温が低く、イベント会場が若干寒かったので道の駅内の温泉で温まりました。まぁ、当然温泉の画像はないですけどw 説明文にも書いてあるけど、ホント使い勝手の良い道の駅だったので機会があれば再訪問したいです。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



道の駅 ほっと・はぼろ
●住所 北海道苫前郡羽幌町北3条1丁目
●電話 0164-62-3800
●営業時間 7:00~22:00(売店) 11:30~15:00 17:30~21:00(レストラン)
●定休日 無休
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く
別ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く playback



[PR]
by mocohe23 | 2018-08-05 18:00 | 留萌地方 | Comments(0)

第8回 はぼろ甘エビまつり/羽幌町

2018年6月23日()



c0378174_23071554.jpg
この日は【羽幌町】の【道の駅 ほっと・はぼろ】の敷地内で開催されてた【第8回 はぼろ甘エビまつり】へ行ってきました。初参加になります。


c0378174_23072615.jpg
毎年、【はぼろバラ園】の敷地内で開催される【はぼろ甘エビまつり】。特に日本一の水揚げ量を誇る羽幌産「甘エビ」の浜値即売が大人気で、毎年大勢の人で賑わいます。また、ステージショーなどのイベントや飲食店ブースも充実しており、子供から大人まで家族で楽しめる超人気イベントなんです(´ω`)


c0378174_23081801.jpg
ビール ???円。
羽幌産甘エビのスパイシー唐揚げ 300円。

記念すべき【はぼろ甘エビまつり】1食目に選んだのは、【札幌ベルエポック製菓調理専門学校】ブースで購入した甘エビの唐揚げ。この手のエビの唐揚げって固いのが多いけど、これは適度に柔らかくてめちゃめちゃ美味しかった。ビールのおつまみに最適過ぎる(´¬`)


c0378174_23082582.jpg
浜鍋 500円。

北るもい漁協羽幌女性部】ブースで購入した浜鍋。具材はホタテ・イカ・エビ・しめじ・しらたき・ネギ・白菜の8種。味噌ベースの汁にエビとイカの出汁が凄い出ててウマイ! さすが本場の浜鍋は一味違う。


c0378174_23083343.jpg
白ツブ 500円。

こちらも【北るもい漁協羽幌女性部】ブースで販売されていたもの。釜茹でされたツブがこれでもか!ってぐらい袋に入ってるんですが、これで500円はマジで安すぎる(´Д`;) 当然味は美味しいヤツです。


c0378174_23084375.jpg
ホタテフライ 600円。

居酒屋 ほろ】ブースで購入したホタテフライの串揚げ。店員さんにめちゃめちゃすすめられたので購入してみたんですが、これがまた大正解! ホタテフライの身が大きくて食べ応え十分。味も文句の言いようがない美味しさでした(´¬`) あまりの美味しさに夜は【居酒屋 ほろ】で飲みたかったんですが、【はぼろ甘エビまつり】の期間中は店を閉めてイベントに専念してるんだとか。う~ん、残念。


c0378174_23085526.jpg
甘エビのアヒージョ 600円。

炭火直焼 壱発】ブースで購入した甘エビのアヒージョ(バケット付き)。これもまた甘エビの出汁が凄く出てて美味しかった。思い出しただけでもヨダレが出てしまう(´¬`)


c0378174_23090383.jpg
厚切りベーコン(バジルチーズ) 500円。

同じく【炭火直焼 壱発】ブースで購入した厚切りベーコン。バジルソースとチーズのトッピングは別料金で、デフォルトベーコンは400円。まぁ、バジルソースとチーズがあるならトッピングしないわけにはいかないですよねぇ。うまし!


c0378174_23091252.jpg
ネギまみれからあげ 300円。

大分唐揚げ割烹 鳥吉】ブースで購入した鶏の唐揚げ。甘辛ダレに漬け込んだ唐揚げはビールのお供にピッタリ。本来は600円なんですが、閉店時間間際だったので半額の300円になってました。


c0378174_23092045.jpg
甘エビ 1500円。

このイベント最大の目玉である甘エビを1番小さいサイズで購入。早朝から行列に並んで購入したので1番最初にGETした商品ですが、食べたのはこの日の夜。さすがというかなんというか甘エビ品質の高さには目を見張るものがあります。甘くてめちゃウメェ!(=¬=) ただ、その苦労してGETした甘エビの写真を撮り忘れるという痛恨のミスを犯してしまいました。この写真は以前別のとこで食べた甘エビの写真の流用です…。本当はこれよりももっと量があるから!(´Д`;)


はぼろ甘エビまつり】初参加でしたがイベント内容や飲食ブースの充実っぷりに大満足。前乗りしてたので甘エビをGETする事もできたし(写真撮り忘れたけどw)。前年度(?)まで開催されてた「EBI-1(エビワン)グランプリ」があったらもっと良かったんだけどなぁ。まぁ、なんにしてもまた参加したいと思える優良イベントでした。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く
別ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く playback



[PR]
by mocohe23 | 2018-08-04 18:00 | 留萌地方 | Comments(0)