カテゴリ:十勝地方( 8 )

洋菓子専門の店 クランベリー/帯広市

2017年9月2日()



c0378174_15093058.jpg
2017 とかちマルシェ】で十勝の食を堪能してきた後は、同市内の「西20条エリア」にある【洋菓子専門の店 クランベリー 白樺通り店】へ行ってきました。初訪問になります。



洋菓子専門の店 クランベリー】は、1972年の創業以来、十勝・帯広で洋菓子を製造・販売しているお店。創業当初からの看板商品である「スイートポテト」をはじめとして、素材の味を最大限に活かす商品作り続けている。地元民はもちろんのこと、名物のスイートポテトを求め遠方から足を運ぶお客も多いという超人気スイーツ店なんです(´ω`)


c0378174_15093725.jpg
スイートポテト 1421円。

帯広市】のソウルスイーツと言っても過言ではない【クランベリー】のスイートポテトは、味・見た目ともにさつまいもの素材の良さをそのまま生かしたスイーツ。甘さ控えめで甘いのが苦手な自分でもパクパクいけちゃう美味しさ(´¬`) まぁ、お土産用に購入したのでそんな食べてないんですけどね。価格はグラム数によって異なるので必ずしも上記の値段だとは限りません。


今回の「十勝食べ歩きツアー」は数年ぶりでしたが、美味しいものが沢山あってやっぱ十勝は良いッ! 仕事の都合上1泊2日だったけど本当は2泊したかったーッ! まぁ、なんだかんだいって1泊でも十分楽しめたからいーんですけどねぇ。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



洋菓子専門の店 クランベリー 白樺通り店
●住所 北海道帯広市西20条南3丁目2-19
●電話 0155-34-6656
●営業時間 9:00~20:00
●定休日 元旦
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-07-16 18:00 | 十勝地方 | Comments(2)

2017 とかちマルシェ/帯広市

2017年9月2日()



c0378174_17213987.png
北の屋台】の【smoke dining bar 煙陣】で美味しい燻製料理を食べた次の日は、【JR帯広駅】周辺で開催されていた【2017 とかちマルシェ】へ行ってきました。初参加になります。



c0378174_17220495.jpg
c0378174_17215423.jpg
c0378174_17221788.jpg
とかちマルシェ】は、【JR帯広駅】の周辺を会場として開催する十勝最大の食と音楽のイベント。統一感のあるおしゃれな会場で、音楽の生演奏を聴きながら、十勝の食の魅力に触れることができる。【とかちマルシェ】だけの限定メニューや十勝産食材にこだわった料理や加工品、スイーツなど、十勝の食が一堂に会する超人気グルメイベントなんです(´ω`)


c0378174_17223707.jpg
いけだハンバーガー(レタス無し) 450円。

池田ワイン製菓】ブースで購入したハンバーガー。自分が大好きな「いけだ牛」を使用したパティはジューシィ&ボリューミィでめちゃウマイ!(´¬`) ちなみにこのバーガー本来は500円なんですが購入したときレタスが品切れだった為50円引きになってましたw


c0378174_17224976.jpg
c0378174_17225721.jpg
とろ~りとける ラクレットチーズ 400円。

共同学舎新得農場】ブースで購入したラクレットチーズ(バケット付き)。ラクレットチーズヒータの熱で溶けだしたチーズをバケットに乗せて食べる料理が美味しくないわけがない。これもまた酪農王国である十勝を代表する一品ですねぇ。


c0378174_17231104.jpg
十勝産豚串(1本) 200円。

サカモト食品】ブースで購入した豚串。十勝と言えば牛肉が美味しいイメージだけど、豚肉も負けず劣らず美味しいんです。当然この豚串も美味しいヤツ。先端がちょっと焦げちゃってるけど気にしないw


c0378174_17232319.jpg
十勝まるほとシチュー 200円。

帯広大谷短期大学・帯広大谷高等学校】ブースで購入したクリームシチュー。使用されている食材は全て十勝産。シャドークィーンやインカの目覚めといったあまりシチューには入らないような珍しいジャガイモが入っているのが特徴。ちょっとトロみが強かったけど、味は文句なく美味しい(´¬`)


c0378174_17234293.jpg
十勝牛和風ローストビーフ弁当 500円。

酒居】ブースで購入したローストビーフのお弁当。たまねぎと醤油がベースの和風ソースは日本人向けの味で、十勝牛のローストビーフと良く合います。もちろんソースが染み込んだご飯も美味しい。てか、これが500円とかお得過ぎる(=ω=)


c0378174_17235782.jpg
c0378174_17240508.jpg
マルゲリータ 500円。

パピリカ】ブースで購入したピッツァマルゲリータ。阿寒溶岩プレートを炉床に使用した北海道仕様のペレットオーブンで焼き上げたピッツァは本格的。十勝産100%の小麦とモッツァレラチーズ、トマトソースの組み合わせがこんなに美味しいなんて(´¬`)


c0378174_17241520.jpg
特大ゆり根の丸揚げ 500円。

旬彩酒房 海彦山彦】ブースで購入したゆり根の丸揚げ。外はカリっと中はホクホク、甘味がたまらなく美味しい一品。アンデス産の岩塩でいただきます。


c0378174_17242888.jpg
とかち牛じゃん麺 500円。

帯広物産協会】ブースで購入したラーメン。十勝が誇るブランド牛のひとつである「豊西牛」をふんだんに使用した牛じゃんが和風醤油スープに入る事により甘辛で深みのある美味しいスープに。十勝産小麦を使用したこだわりの中太ストレート麺がスープと良く絡み箸が進みます。トッピングの温玉でコクとまろやかさが増し、水菜でさっぱりといった死角のない縦横無尽なラーメンでした。


何年も前からずっと来たかったイベントにやっと参加する事ができました。初参加ということもあり普段食べる事のできないブースの料理の数々にテンションが上がりっぱなし。どれもこれも美味しいのはもちろんですが、全体的にリーズナブルなのも嬉しいところ。なかなか十勝地方に行く機会がないけれど、この【とかちマルシェ】はまた参加したいですねぇ。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-07-15 18:00 | 十勝地方 | Comments(0)

smoke dining bar 煙陣(北の屋台)/帯広市

2017年9月1日(金)



c0378174_11162289.jpg
c0378174_11163075.jpg
芽室町】の【ファミリーとんかつの店 あかずきん】で美味しいランチを食べた日の夜は、【帯広市】の【北の屋台】にある【smoke dining bar 煙陣】へ行ってきました。ブログで扱うのは7度目ですが、自身の訪問は3年ぶり6度目になります。



smoke dining bar 煙陣】は、素材の旨味をひきだした燻製創作料理のお店。生産者直送の食材などこだわりの料理や、店主自ら狩猟した鹿肉を使ったジビエ料理も人気。また、【三笠市】の【山崎ワイナリー】のワインを常時5種類取り扱っており、料理に合う美味しいお酒を提供してくれるのも魅力のひとつ。とにもかくにも想像を絶するぐらいグレートでハイレベルな燻製料理を提供する超人気屋台なんです(´ω`)


c0378174_11163816.jpg
角ハイボール 450円。
チャージ 300円。

とりあえず本日1杯目はハイボールでスタート。お通しは枝豆の燻製だったんですがこれがバカ美旨いんですよ。あまりの美味しさに止まらなくなるタイプのヤツです(´¬`)


c0378174_11164638.jpg
自家製スモーク盛り合せ(5品) 1200円。

燻製盛り合わせの内容は、牡蠣、いぶりがっこ、ローストビーフ、鴨、さんまの5種。牡蠣スーモクは【smoke dining bar 煙陣】のてっぱんメニューでハズレのない一品。いぶりがっこと鴨も同様。ローストビーフとさんまの燻製は初食でしたが、さすがマスターの燻製技術だけありとても満足のいく美味しさでした(=¬=)


c0378174_11165431.jpg
キノコのアヒージョ 850円。

十勝産のマッシュルームを惜しげもなく使った贅沢なアヒージョ。マッシュの旨味が出たオリーブオイルにつけて食べるバケットは最高! この後、バケットをおかわりしてます。


c0378174_11170420.jpg
ベーコンと温玉のシーザーサラダ ???円。

「温玉を使った料理が何かないですか?」と尋ねると、「シーザーサラダができます」とマスターが言ったので注文した一品。しかもベーコンは自家製じゃないと正直に告げてくれるところも好感が持てます。自家製じゃないにしろマスターが使ってるベーコンだからもうなんてゆーか総じてウマイ! 通常のメニュー表には載ってないけど頼めば作ってくれるところが嬉しい(=ω=)


c0378174_11171286.jpg
自家製ソーセージとベーコンのメガ盛り 1000円。

何度もこの店に通ってますが食べるのは初めての一品。ソーセージはプリプリジューシィでビールに良く合い、ベーコンは旨味が強くビールが更に加速します。


数年ぶりに訪れた【smoke dining bar 煙陣】は、やっぱり何を食べてもウマイ! 隣に居合わせた【札幌市】から転勤で【帯広市】に来たという若い男の子も自分同様この店が【北海道】で1番ウマイと言ってました。その後、その男の子と盛り上がり、いつものように記憶が吹き飛び同行者に迷惑をかけるってゆーねww


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



smoke dining bar 煙陣
●住所 北海道帯広市西1条南10-7 北の屋台 いきぬき通り3番街
●電話 090-9087-3171
●営業時間 18:00~24:00
●定休日 日曜
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-07-14 18:00 | 十勝地方 | Comments(2)

ファミリーとんかつの店 あかずきん/芽室町

2017年9月1日(金)



c0378174_20175962.jpg
この日のランチは【芽室町】の「東2条エリア」にある【ファミリーとんかつの店 あかずきん】でした。初訪問になります。


c0378174_20180855.jpg
1977年4月オープンの【ファミリーとんかつの店 あかずきん】。店名にあるように「十勝産SPF豚肉」を使用したとんかつがメインのお店なのだが、十勝名物の豚丼やパスタ、ピザ、ラーメンなど幅広いメニューを提供している。また、【芽室町】の「新ご当地グルメ」である「十勝芽室コーン炒飯」を提供する加盟店でもある。長年地元民から愛される人気のファミリーレストランなんです(´ω`)


c0378174_20181853.jpg
十勝芽室コーン炒飯(単品) 810円。

せっかく【芽室町】に来たんだから「新ご当地グルメ」の「十勝芽室コーン炒飯」を食べてみることに。特製のコーンバターを使用した炒飯の上に、収穫量日本一という芽室産のスイートコーンがまるまる1本分かかっているという他では類を見ない贅沢な炒飯。ふわっと甘い香りが広がり、あっさりめな味付けの炒飯と、バター醤油で炒められたシャキシャキコーンのコラボレーションはクセになる美味しさ(´¬`)


c0378174_20182920.jpg
豚丼 肩ロース(ハーフ) 680円。

十勝地方のソウルフードといえば「豚丼」! って事でハーフサイズでオーダー。旨味の強い「十勝産SPF豚肉」を絶妙な甘辛ダレで味付けした肩ロースが白米と合わないワケがない。ハーフサイズにしてちょっと後悔w


芽室町】って【帯広市】に行く途中通過するだけで今まで市街地に行った事がなかったんです。今回初めて寄ってみたんですが良さげな飲食店が沢山ありましたねぇ。この【ファミリーとんかつの店 あかずきん】もそうですが、町自体が再訪問したくなる魅力溢れる素敵な地域でした。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



ファミリーとんかつの店 あかずきん
●住所 北海道河西郡芽室町東2条2-4
●電話 0155-62-2139
●営業時間 11:00~21:00
●定休日 不定休
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く


[PR]
by mocohe23 | 2018-07-13 18:00 | 十勝地方 | Comments(2)

ぶた丼のとん田/帯広市

2017年11月27日(月)



今回は知人のMEG BEAMさんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


c0378174_19252448.jpg
この日のMEG BEAMさんが向かったのは帯広市の「東10条エリア」にある【ぶた丼のとん田】。


精肉店を営んでいた先代が2003年、豚丼の専門店に業態転換したのが【ぶた丼のとん田】のはじまり。精肉店時代からの自家製のたれを使い、長年の経験を生かした肉の目利きで、十勝産豚肉のバラとロース、ヒレの3種の豚丼を基本に展開している。絶大な人気を誇り、平日でも時間帯によっては行列できる。かくいう自分も何年か前、お店まで行った事があるが、行列を見て逃げ帰った経験アリ(´д`;) 2017年8月に新築移転し席数や駐車場が大幅に増加。それにより行列が少し緩和されたとかされないとか。


c0378174_19253282.jpg
ロースバラ盛り合わせぶた丼(みそ汁・漬物付) 880円。

肉の種類で迷った人にオススメな2種盛り合わせ豚丼。バラ肉は店の1番人気で赤身と脂身が混ざり合ったバランスの良い肉。ロース肉は赤身が多く肉本来の味が楽しめる。秘伝の特製だれでいただく肉はどちらも物凄く美味しく、ご飯が進みまくりだったとか(´¬`) 卓調のにんにく一味がまた良い仕事してくれるんだって。


帯広市】に行ったら今度こそ食べたいけど、美味しいお店たくさんあるから迷っちゃうんですよねぇ。でもやっぱ豚丼美味しそうだなぁ(=¬=) って、アレ? MEG BEAMさんって前にくれた帯広ネタでも豚丼食べてたなぁ。よほど好きなんだろうか?

MEG BEAMさん貴重な食ネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m


※記事 モコ平



ぶた丼のとん田
●住所 北海道帯広市東10条南17-2
●電話 0155-24-4358
●営業時間 11:00~18:00(なくなり次第終了)
●定休日 日曜
●駐車場 有り(17台)




[PR]
by mocohe23 | 2017-12-15 18:00 | 十勝地方 | Comments(0)

アパッチカレー/帯広市

2017年9月16日()



今回は知人のカトリイヌさんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


c0378174_18395151.jpg
この日のカトリイヌさんが向ったのは帯広市を走る「国道38号線」沿いにある【アパッチカレー】。以前、自分が雑誌【HO】で見て「インデアンカレーに行くのならアパッチカレーにも行ってみて!」とお願いしたお店なんですが、その名前に凄く興味を持ったらしくカトリイヌさんは2ヶ月後に訪問してネタを送ってくれました。行動が早いのもさすがS級グルメ戦士ってところか(´ω`)



c0378174_18403168.jpg
十勝のソウルフード(カレー)といえば【カレーショップ インデアン】のカレーが超有名なんですが、チェーン展開せず1店舗で【インデアン】のカレーに対抗する勢力が今回紹介する【アパッチカレー】。雑誌やネットで調べたところ市民の間では「インデアン派」か「アパッチ派」かにわかれるぐらい美味しいカレーを提供する隠れた名店。ちなみに、看板を見てもらうとわかるように焼肉や豚丼を提供する【元祖みそラム丼の店 お食事 どさんこ】というお店と一体化してるので、カレー以外の目的で訪問するお客さんも多いんだとか。でも、なんやかんやで結局カレーも注文しちゃうんだって(´ω`)


c0378174_18404141.jpg
国体カレー 850円。

2002年に開催された「あおぞら国体」の年に作ったという記念メニュー。チキンカツ、チーズ、コーンがトッピングされており、量も多くボリューム満点。超フルーティなカレールゥは好みが別れるところだが、好きな人はとことん好きになる味だそーで、カトリイヌさん夫妻はまんまとハマってしまったクチ(´¬`)


c0378174_18404927.jpg
カツカレー 750円。
エビ(トッピング) 450円。

甘めのカレールゥは上記の国体カレーと一緒だけど、揚げたてのカツとの相性がうなるほど抜群なんだとか。普通はエビフライのトッピングだと思うんだけど、エビ単体のトッピングってあんまりなくない? 斬新だよ【アパッチカレー】(=ω=)


カトリイヌ夫妻がかなり気に入ってくれたらしく、情報を教えた身としては嬉しいかぎりです。自分も気になってはいるんですが食べに行く機会があるかどうか(´д`;) とりあえず、カトリイヌさんは再訪問確定だそうです。


カトリイヌさん貴重な食ネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m


※記事 モコ平



アパッチカレー
●住所 北海道帯広市東11条南6-5
●電話 0155-22-6200
●営業時間 11:00~21:30
●定休日 不定休
●駐車場 有り




[PR]
by mocohe23 | 2017-10-26 18:00 | 十勝地方 | Comments(0)

飲みくい処 琥羊(北の屋台)/帯広市

2017年3月12日()



今回も知人のMEG BEAMさんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


c0378174_16013808.jpg
帯広市北の屋台にあるブラッセリー マリヨンヌで軽く飲み食いしたMEG BEAMさんが次に向かったのは、同じく屋台内四番街にある飲みくい処 琥羊

飲みくい処 琥羊】は十勝産の羊肉や馬肉を使用し、ここでしか味わえないラム肉料理&馬肉料理を提供。日替わりで旬の魚介・農産物も提供しているワンダータイプのニューウェーブ。


c0378174_16014464.jpg
生ラムのたたき 700円。

琥羊】で使用している国産のサフォークラムは、羊独特の臭みが少なく、柔らかく甘いのが特徴。そんなラム肉のたたきの美味しさは天井知らず(´¬`)


c0378174_16015799.jpg
ラムのメンチカツ ???円。

ラム肉のエキスパートが作るラムのメンチカツ。オリジナルの酸味が強いソースが超ジューシィなメンチカツと物凄く合うんだとか。これは是非にでも食べてみたい一品。


自分は【飲みくい処 琥羊】ノーマークでしたが高レベルグルメ戦士のMEG BEAMさんが絶賛していたので、だんだん気になってきました。機会があれば訪問したいですねぇ(´ω`)


MEG BEAMさん貴重な食ネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m


※記事 モコ平



飲みくい処 琥羊
●住所 北海道帯広市西1条南10-7 北の屋台 いきぬき通り四番街
●電話 080-6064-7211
●営業時間 17:30~24:00
●定休日 水曜
●駐車場 無し




[PR]
by mocohe23 | 2017-09-08 18:00 | 十勝地方 | Comments(2)

ブラッセリー マリヨンヌ(北の屋台)/帯広市

2017年3月12日()



今回は知人のMEG BEAMさんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


c0378174_16010678.jpg
帯広市北の屋台にある海旬遊食 創家で軽く飲み食いしたMEG BEAMさんが次に向かったのは、同じく屋台内二番街にあるブラッセリー マリヨンヌ。ブログで扱うのは2度目になります。


ブラッセリー マリヨンヌ】は本格的なフランス料理とワインがリーズナブルな価格で楽しめる屋台。フォアグラと鶏レバーのムースをはじめ、フレンチの王道「牛ヒレ肉とフォアグラのロッシーニ風」などの高級食材を使用した料理を肩ひじ張らないで食べられるのもポイントが高い(´ω`)


c0378174_16011227.jpg
牛ヒレとフォアグラのロッシーニ風 1300円。

最上部位のヒレ肉とフォアグラのソテーソースに黒トリュフを使った贅沢な一品。とても柔らかく脂肪が少ない上品な味のヒレ肉、世界3大珍味のひとつに数えられるフォアグラ、そしてこれまた高級食材キノコのトリュフをひとつにまとめた料理が美味しくないワケがありません(´¬`)


c0378174_16012055.jpg
お通し ???円。

お通しらしいんだけど、ネタを送ってくれた本人が覚えてないらしい(´Д`;) なんだろう?タコが入ってるよーな~。何にしても美味しそう。


MEG BEAMさん貴重な食ネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m


※記事 モコ平



ブラッセリー マリヨンヌ
●住所 北海道帯広市西1条南10-7 北の屋台 いきぬき通り二番街
●電話 090-6695-7276
●営業時間 17:00~24:00
●定休日 火曜
●駐車場 無し




[PR]
by mocohe23 | 2017-09-07 18:00 | 十勝地方 | Comments(0)