人気ブログランキング |

カテゴリ:十勝地方( 18 )

狩勝峠/新得町

2019年10月20日()



狩勝峠/新得町_c0378174_12101609.jpg
士幌町】で開催されてた【第20回 しほろ収穫祭】で美味しいお肉を堪能した後は、【狩勝峠】を通って帰ります。峠自体は何度も通ってますが展望台は初訪問になります。

狩勝峠/新得町_c0378174_12103570.jpg
狩勝峠】は、【南富良野町】と【新得町】の境界にある峠。道路の峠の標高は644m。峠の西側は石狩川水系、東側は十勝川水系で、日本海側と太平洋側の分水界なんだとか(´ω`)


狩勝峠/新得町_c0378174_12102751.jpg
ホント上記にも書いたけど何度も利用してたのに展望台に来たのは初めてなんですよねぇ。頂上にあるお店がつぶれててやってないから車を降りようとは思わなかったんだろう。それにしても良い眺め(=ω=)

 
※記事 モコ平


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2019-12-02 18:00 | 十勝地方 | Comments(0)

第20回 しほろ収穫祭/士幌町

2019年10月20日()



第20回 しほろ収穫祭/士幌町_c0378174_08460918.jpg

帯広市】の【ホテル ルートイン 帯広駅前】をチェックアウトした後は、【士幌町】で開催されてた【第20回 しほろ収穫祭】へ行ってきました。初参加になります。

第20回 しほろ収穫祭/士幌町_c0378174_08462146.jpg
毎年10月に開催される【士幌町】の一大イベント【しほろ収穫祭】は、みのりの秋に感謝し、特産物の安価提供などを実施することで、町民や管内住民に士幌産物をPRする場。目玉は格安で販売される「しほろ牛カットステーキ」や、タマネギとジャガイモの詰め放題。参加型の豪華景品が当たるビンゴゲームや、食べて重さピッタンコゲームなどもある。【士幌町】の味覚の秋を十分楽しめるイベントなんです(´ω`)


第20回 しほろ収穫祭/士幌町_c0378174_08463012.jpg

しほろ牛ロースカットステーキ 500円。

「ふるさと納税」でも超人気「しほろ牛」のカットステーキがこのボリュームでひとパック500円とか流石【士幌町】さんと言わざる得ない。脂肪が少なく、ジューシーで柔らかい赤身が特長でメタクソウメェッ!!(´¬`) おひとり様3パックまで購入加納だったのでお土産用に同行者と合わせて6パック購入してしまったよね。


第20回 しほろ収穫祭/士幌町_c0378174_08463893.jpg
塩こんぶと鮭のクリーミーポテトコロッケ 200円。

北海道フーズ】ブースで購入したコロッケ。コレねある意味凄かったわ。食感はクリーミィなポテトなんだけど味が完全に鮭オンリー。鮭感が強すぎて鮭フライ食べてるのかと思ったww あ、でも美味しいんですよww


第20回 しほろ収穫祭/士幌町_c0378174_08465328.jpg
鳥レバースモーク 400円。
くん煙醤油 400円。

きくや旅館】ブースで購入したレバースモークと燻煙醤油。自分へのお土産に購入したものだけどレバースモークはかなり美味しい部類。ちょっと塩味が強かったけど酒の肴にはピッタリ。本来であれば【北の屋台】【smoke dining bar 煙陣】で燻製醤油を買う予定だったんですが酔っ払い過ぎて買うのを忘れてしまったのでここで購入してみました。まだ未使用なので味のデキはわからないけど多分美味しいヤツでしょう。


ちょっとビックリしたというかショックだったのがこのイベント会場酒類の販売が一切なかったんですよ。まぁ、この日は運転して【札幌市】まで帰る日だったから元々飲む予定はなかったけんだけどグルメ系のイベントでアルコールの販売がないとか初めてだったかも。それでも美味しいお肉が格安でGETできる良イベントなので再訪問したいのは間違いない。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平


前ブログはコチラ →
貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2019-11-19 18:00 | 十勝地方 | Comments(0)

ホテル ルートイン/帯広市

2019年10月19日()
2019年10月20日()



ホテル ルートイン/帯広市_c0378174_16180670.jpg

2年ぶりの【北の屋台】【smoke dining bar 煙陣】を超絶満喫してきた後は、チェックインしていた【ホテル ルートイン 帯広駅前】へと戻り就寝。

ホテルをはじめ飲食店や温泉施設、ゴルフ場やスキー場などの施設を日本全国に展開している【ルートインジャパン株式会社】は、1977年の創業で元の名前は【永山興産株式会社】。メインであるホテル業は2019年現在で311店舗を展開中。【ホテル ルートイン】は、ビジネスや観光での利用はもちろん、スポーツ大会や宴会など様々なシチュエーションに対応。基本市街地の中心部にあり非常に便利なホテルなんです(´ω`)


ホテル ルートイン/帯広市_c0378174_16181369.jpg

朝食はビュッフェスタイル。焼きたてのクロワッサンから洋食系のオカズをチョイスしたつもりなのによく見ると…何故か塩辛がッ!ww


ごちそうさまm(_ _ )m

 
※記事 モコ平



ホテル ルートイン 帯広駅前
●住所 北海道帯広市西3条南11丁目8番地
●電話 0155-28-7200
●営業時間 24時間営業
●定休日 無し
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



タグ:
by mocohe23 | 2019-11-16 18:00 | 十勝地方 | Comments(0)

smoke dining bar 煙陣(北の屋台)/帯広市

2019年10月19日()



smoke dining bar 煙陣(北の屋台)/帯広市_c0378174_19555591.jpg

smoke dining bar 煙陣(北の屋台)/帯広市_c0378174_19560629.jpg
帯広市】の【幸福駅】を観光してきた後は、同市の中心部へと移動。予約していたホテルでチェックインを済ませた後、今回の小旅行最大の目的地である【北の屋台】【smoke dining bar 煙陣】へ行ってきました。2年ぶり7度目の訪問になります
smoke dining bar 煙陣(北の屋台)/帯広市_c0378174_19561522.jpg
smoke dining bar 煙陣】は、素材の旨味をひきだした燻製創作料理のお店。生産者直送の食材などこだわりの料理や、店主自ら狩猟した鹿肉を使ったジビエ料理も人気。また、【三笠市】の【山崎ワイナリー】のワインを常時5種類取り扱っており、料理に合う美味しいお酒を提供してくれるのも魅力のひとつ。とにもかくにも想像を絶するぐらいグレートでハイレベルな燻製料理を提供する超人気屋台なんです(´ω`)


smoke dining bar 煙陣(北の屋台)/帯広市_c0378174_19562768.jpg

生ビール(中ジョッキ) 500円。
お通し 300円。

ビールの銘柄は「サントリーザ・プレミアムモルツ 香るエール(生)」。お通しは前回に続き枝豆の燻製。ホントこれめちゃウマのヤツでビールとの相性バツグンッ!


smoke dining bar 煙陣(北の屋台)/帯広市_c0378174_19564441.jpg
自家製スモーク盛り合せ(5品) 1200円。

燻製盛り合わせの内容は、牡蠣、いぶりがっこ、ローストビーフ、鴨、うなぎの5種。牡蠣スーモクは【smoke dining bar 煙陣】のてっぱんメニューでハズレのない一品。いぶりがっこ、ローストビーフ、鴨も前回食べているので安心安定。新メンバーのうなぎもかなりのハイレベル。さすがマスターの燻製技術だけありどいつもこいつも満足のいく美味しさ(=¬=)


smoke dining bar 煙陣(北の屋台)/帯広市_c0378174_19565111.jpg
店主が射止めたエゾ鹿肉のたたき 950円。

その名の通りマスター自らハントしたというエゾ鹿をたたきにした一品。臭みなんてものは存在せず、鮮度が良いのはアタリマエ。燻製醤油と山わさびが鬼のように合います。ウメェ!!(´¬`)


smoke dining bar 煙陣(北の屋台)/帯広市_c0378174_19570115.jpg
井上農場の長芋のふわふわ焼き 700円。

十勝産の長芋を贅沢に使用した焼きモノ。これがホントふわふわしてるし、長芋自体の甘味もありめたくそ美味い。あっさりしてるしお腹休めに良い感じ。


smoke dining bar 煙陣(北の屋台)/帯広市_c0378174_19571315.jpg
たちのスモーク ???円。

他のお客さんが食べていたのを見て思わず注文したたちのスモーク。しっかり燻製されてるのにたち本来の柔らかさとクリーミィさが残っているという至高の一品。こんなの間違いなく美味しいヤツでしょ。写真じゃ伝わりにくいけどかなりボリューミィだったな(´ω`)♪


2年ぶりの【smoke dining bar 煙陣】は、相変わらず何を食べても美味しかったぁ。しかも、なんだかクソ面白い常連さんがいてめちゃめちゃ楽しませてもらいました。料理やお酒はもちろん狭い屋台だからこそ知らない人との出会いもまた一興なんですよーね。今回は必食であるはずのレバパテやアヒージョを食べる前にお腹いっぱいになってしまったので、早いウチに再訪問したいぜ。




ごちそうさまm(_ _ )m

 
※記事 モコ平



smoke dining bar 煙陣
●住所 北海道帯広市西1条南10-7 北の屋台 いきぬき通り3番街
●電話 090-9087-3171
●営業時間 18:00~24:00
●定休日 日曜
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2019-11-13 18:00 | 十勝地方 | Comments(4)

幸福駅/帯広市

2019年10月19日()



幸福駅/帯広市_c0378174_19032517.jpg
音更町】の【道の駅 おとふけ】で小休憩した後は、【帯広市】の「幸福町エリア」にある【幸福駅】へ行ってきました。6年ぶり2度目の訪問になります。


幸福駅】は、【帯広市】にある「旧国鉄・広尾線」にある駅。1973年3月、【NHK】制作の紀行番組において紹介されたことから、【幸福駅】の駅名が全国的に知られるようになった。1987年に広尾線は廃線とされたが、縁起の良い駅名と、観光客が訪れることから、廃線後も駅舎を残して存続させることとなった。現在は、非常に人気のある【帯広市】を代表するの観光スポットのひとつなんです(´ω`)


幸福駅/帯広市_c0378174_19044782.jpg
幸福駅/帯広市_c0378174_19043718.jpg
幸福駅/帯広市_c0378174_19035250.jpg
幸福駅/帯広市_c0378174_19040302.jpg
幸福駅/帯広市_c0378174_19034603.jpg
幸福駅/帯広市_c0378174_19042705.jpg
幸福駅/帯広市_c0378174_19041599.jpg
幸福駅/帯広市_c0378174_19033511.jpg
6年前に来たときと何も変わらない【幸福駅】。変わったのは老朽化で建て直された「幸福駅・駅舎」と自信のパートナー。前パートナーである「こまり」は幸福になれたので次は自分の番かなーなんて思ってみたりして(=ω=)

 
※記事 モコ平



幸福駅
●住所 北海道帯広市幸福町東1線(幸福駅)
●電話 0155-65-4169 (帯広市観光課)
●営業時間 見学自由
●定休日 無休
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



タグ:
by mocohe23 | 2019-11-11 18:00 | 十勝地方 | Comments(2)

道の駅 おとふけ/音更町

2019年10月19日()



道の駅 おとふけ/音更町_c0378174_12255521.jpg
士幌町】の【道の駅 ピア21しほろ】で美味しいポテチを箱買いした後は、【音更町】の【道の駅 おとふけ】へ行ってきました。初訪問になります。

道の駅 おとふけ/音更町_c0378174_12260590.jpg
まるで建設途中かと思うような、屋根と壁面がブルーのパイプで覆われた建物の【道の駅 おとふけ】。1階の「特産センター」では豆・乳製品・ジャムなど【音更町】の特産品はもとより、十勝管内や道内の主要地場産品、また姉妹都市である【岩手県】【軽米町】の特産品も展示販売している。2階には【中華バイキング桃花(とうか)】があり、ランチ、ディナーともに本格的な中華料理がバイキング形式で食べることができる。「道東自動車道音更インター」や「国道241号」などの主要道路からのアクセスが非常に便利な場所にある道の駅なんです(´ω`)


※記事 モコ平



道の駅 おとふけ
●住所 北海道河東郡音更町木野大通西19丁目5番地
●電話 0155-31-8511
●営業時間 9:00~18:30(5月~9月) 9:30~17:30(10月~4月)
●定休日 無休(5月~9月) 月曜(10月~4月)
●駐車場 有り

前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



タグ:
by mocohe23 | 2019-11-10 18:00 | 十勝地方 | Comments(0)

道の駅 ピア21しほろ/士幌町

2019年10月19日()



道の駅 ピア21しほろ/士幌町_c0378174_18542430.jpg
上士幌町】の【ナイタイテラス】で美味しいランチを食べてきた後は、【士幌町】の【道の駅 ピア21しほろ】へ行ってきました。初訪問になります。

道の駅 ピア21しほろ/士幌町_c0378174_18543786.jpg
1997年に登録された【道の駅 ピア21しほろ】は、農村風景にマッチした牛舎をモチーフにしたマンサード型屋根が特徴で、【士幌町】の「食」の発信拠点として2017年に現在の場所にリニューアルオープンした。施設内は広く開放感がありゆったりとした時間を過ごせる。また、カフェや食堂、特産品の販売ブースがある。連日大勢の客で賑わう「十勝地方」でも非常に人気のある道の駅なんです(´ω`)


道の駅 ピア21しほろ/士幌町_c0378174_18544659.jpg
生産者還元用ポテトチップス 塩味 (1箱) 1400円。
生産者還元用ポテトチップス のり塩味 (1箱) 1400円。

士幌町】のお土産といえばこの「生産者還元用ポテトチップス」が定番商品と聞いていたので自分も買ってみることに。士幌産のジャガイモ「士幌ポテト」を使用したポテトチップスは、優れた加工技術を駆使したというだけあり、あっさりとした塩味でクセのない美味しさ。ジャガイモ本来の味と香りも楽しめまさに至高のポテチ!(´¬`) みなさん箱買いするのもわかります。ちなみに1箱12袋入り。


この【道の駅 ピア21しほろ】はっきり言ってかなり良いッ! 食堂やカフェの料理は美味しそうだったし、販売している特産品の種類も豊富。今回はランチ後だったので特に何も食べなかったけど次回訪問時は名物の「しほろ牛剣先ステーキ」とか食べてみたい。車中泊も良さげなイメージ。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



道の駅 ピア21しほろ
●住所 北海道河東郡士幌町字士幌西2線134番地1
●電話 0156-45-3940
●営業時間 9:00~18:00(4月~10月) 9:00~17:00(11月~3月)
●定休日 年末年始
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



タグ:
by mocohe23 | 2019-11-07 19:00 | 十勝地方 | Comments(2)

NAITAI TERRACE/上士幌町

2019年10月19日()



NAITAI TERRACE/上士幌町_c0378174_17422735.jpg
NAITAI TERRACE/上士幌町_c0378174_17423900.jpg
鹿追町】の【道の駅 うりまく】で軽く休憩した後は、【上士幌町】にある【ナイタイテラス】へ行ってきました。初訪問になります。

NAITAI TERRACE/上士幌町_c0378174_17430372.jpg
NAITAI TERRACE/上士幌町_c0378174_17424637.jpg
NAITAI TERRACE/上士幌町_c0378174_17431312.jpg
北海道】の【上士幌町】にある【ナイタイ高原牧場】は、約1700ヘクタールの広さを有する日本一広い公共牧場。「ナイタイ」とはアイヌ語で奥深い沢を意味し、牧場内には約2000頭の牛が放牧されている。見渡す限りに緑が広がる広大な牧場で牛たちがのんびりと草を食む、そんな牧歌的で雄大な光景を一望できる施設【ナイタイテラス】が、2019年6月3日にグランドオープン。屋内は足下から天井まで全面ガラス張りの窓になっており、室内からでもダイナミックな景色が楽しめる。さらに、テラス内の「展望カフェ」では、景色とともに楽しめるメニューを提供。そのほか土産物ショップ、ギャラリーホールなどがある。道の駅ではないけれど、【上士幌町】を代表する超絶景&象徴的スポットなんです(´ω`)


NAITAI TERRACE/上士幌町_c0378174_17433668.jpg
上士幌プレート 1550円。

ワンプレートのメインは「十勝ナイタイ和牛」を使用したローストビーフ。脂身が少なくあっさりしたローストビーフは非常に食べやすく、それでいてジューシィでライスが進むこと進むこと。地元産の野菜も何気にレベルが高い。特にカボチャのポタージュスープが絶品で、今まで飲んだどのカボチャスープよりもクセが強いんだけどハマる一品。全てにおいてうまし!(´¬`)


NAITAI TERRACE/上士幌町_c0378174_17434544.jpg
店内ハンバーガー 1350円。

「十勝ナイタイ和牛」を使用したハンバーガーは見た目はインパクトあるけど、上記のローストビーフ同様あっさり系。ガツンとパンチの効いた荒々しくて肉々しいハンバーガーを食べたい人だったら物足りないかもしれないけど、老人であっさり好みの自分的には全くオッケー。てゆーか、なんでバーガーセットにはドリンクついてこないん?


NAITAI TERRACE/上士幌町_c0378174_17432352.jpg
この日はいまいち天候が悪く【ナイタイテラス】の良い所を堪能できなかったけど、料理が美味しかったので良しとしますか! 次回は天候をちゃんと調べてから訪問したいと思います。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



NAITAI TERRACE
●住所 北海道河東郡上士幌町字上音更128-5
●電話 090-3398-5049
●営業時間 9:00~17:00(軽食・物販) 11:00~16:00(レストラン・カフェ)
●営業期間 4月下旬~10月下旬
●定休日 期間中無休(天候により変更あり)
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2019-11-04 18:00 | 十勝地方 | Comments(0)

道の駅 うりまく/鹿追町

2019年10月19日()



道の駅 うりまく/鹿追町_c0378174_18050520.jpg
南富良野町】の【バンドワゴンカフェ】でコーヒーをご馳走になった後は、【鹿追町】の【道の駅 うりまく】へ行ってきました。初訪問になります。

道の駅 うりまく/鹿追町_c0378174_18051455.jpg
大雪山国立公園】の神秘の湖【然別湖】から車で20分、道内でも珍しい乗馬体験ができる【道の駅うりまく】。慌しい日常から離れ緑の香りの中での馬とのふれあいは、心身共にリフレッシュできる。また、馬に関するイベントも豊富で「ホースフェスタ」や「競ばん馬大会」などがシーズン中に開催される。併設しているパークゴルフ場は、36ホールと充実した内容。【大雪山】をバックに【日高山脈】を見ながらのプレーは気分爽快。とにかく馬好きにはたまらない道の駅なんです(´ω`)


道の駅 うりまく/鹿追町_c0378174_18052264.jpg
馬の写真はこれが限界! もう少しマトモな写真が撮りたかったわ(´Д`;)


※記事 モコ平



道の駅 うりまく
●住所 北海道河東郡鹿追町瓜幕西3丁目1番地外
●電話 0156-67-2626
●営業時間 9:00~17:00
●定休日 年末年始(12月30日~1月6日)
●駐車場 有り(道の駅 南ふらの)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



タグ:
by mocohe23 | 2019-10-29 18:15 | 十勝地方 | Comments(0)

レストラン よねくら/池田町

2018年11月27日(火)



今回は知人のMEG BEAMさんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


レストラン よねくら/池田町_c0378174_18310592.jpg
この日のMEG BEAMさんが向かったのは【池田町】の【JR池田駅】スグ近くにある【レストラン よねくら】。初訪問だったようです。


レストラン よねくら/池田町_c0378174_18311775.jpg
池田町】の中心部【JR池田駅】の目の前にある老舗洋食店【レストラン よねくら】。メニューは色々豊富ですが、なんといってもあの「池田牛」が食べられる事で人気を博す。また、昔からの名物である「バナナ饅頭」はお土産に最適。【JR帯広駅】内の土産屋でも購入できるが、【よねくら】では出来立て熱々状態のものが購入可能。地元民だけではなく遠方から足を運ぶファンの多い人気洋食レンストランなんです(´ω`)


レストラン よねくら/池田町_c0378174_18312620.jpg
十勝牛サーロインすてーき丼 2500円。

「通常メニュー」の「十勝牛」を使用したサーロインステーキ丼。「十勝牛」の旨味を全面に出したいので、ステーキソース(デミグラスソース)の味はあえて薄目にしあげてるんだとか。当然文句なく美味しかったようです(´¬`) サラダ&みそ汁付き。それにしても、相変わらず容赦なく高額なモノを食べるねww


レストラン よねくら/池田町_c0378174_18314554.jpg
カットステーキセット(みそ汁付) 980円。

こちらは「ランチメニュー」のカットステーキセット。この価格で「池田牛」を味わえるのは非常に有難い。てか、「池田牛」と「十勝牛」は別モンなのだろうか??? 気になるところです。


もう6年前になりますか。【池田町】で毎年開催される超絶人気イベント【第39回 池田町 秋のワイン祭り】に参加したときのこと。イベント会場でワインと牛肉をしこたま食べ飲みした自分は帰りにこの【レストラン よねくら】へ寄って名物の「バナナ饅頭」を購入してるんですよ。ただし、べろんべろんに酔っ払っていたので全く記憶が残っていないというww だもんで、機会があれば再訪問してみたいです。てか、ことしこそ【池田町 秋のワイン祭り】に再参加したい!!

MEG BEAMさん貴重な食ネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m

※記事 モコ平



レストラン よねくら
●住所 北海道中川郡池田町字大通1-27
●電話 015-572-2032
●営業時間 9:00~20:00
●定休日 木曜
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2018-11-30 18:00 | 十勝地方 | Comments(0)