カテゴリ:札幌市 中央区( 71 )

和ごころ 雄大/札幌市 中央区

2018年12月8日()



c0378174_18523294.jpg
北海道厳選居酒屋 仲町ガバチョ 鉄板串焼店】で飲み食いした後は、同じく【中央区】の「創成川イーストエリア」にある【和ごころ 雄大】行ってきました。2度目の訪問になります。



中心部から若干離れた隠れ家的居酒屋の【和ごころ 雄大】。長年飲食店で経験を積んだ、店主が研究を重ねて作る道産地鶏と昆布の合わせダシのおでんと一品料理の数々と、店主自ら1本1本味見・吟味をした、日本各地のオススメのお酒が楽しめる居酒屋。また、夜の部でも定食があるので飲みながらご飯を食べる事も可能。知る人ぞ知る穴場的お店なんです(´ω`)


c0378174_18524158.jpg
飲み放題(90分) 1280円。
お通し ???円。

飲み放題はサッポロクラシック樽生付きで90分1280円。チェーン店じゃない個人店なのにこの価格は頑張ってる感があります。まぁ、アルコールが酒が飲めりゃ良いんだけどw お通しはコンニャクのごま和え。シンプルな料理ですが手造り感が伝わってくる優しい味。


c0378174_18524999.jpg
雄大盛り 890円。

初訪問時にも注文した刺し盛り。その道20年という店主自らが朝市で買い付けたという刺身はどれもこれも新鮮でウマイ(´¬`)


c0378174_18525691.jpg
??? ???円。

えっと…。何かのフライなのはわかるんだけど、この時点でもう記憶は飛んでいます。なのでこれが何なのか当然覚えてないってゆーねw まぁ、【和ごころ 雄大】のフライなんだから美味しくないワケがない!


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



和ごころ 雄大
●住所 北海道札幌市中央区南2条東6 朝日プラザビル1F
●電話 011-206-0365
●営業時間 12:00~14:00 17:00~23:00
●定休日 水曜・その他不定休あり
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2019-02-14 18:00 | 札幌市 中央区 | Comments(0)

北海道厳選居酒屋 仲町ガバチョ 鉄板串焼店/札幌市 中央区

2018年12月8日()



c0378174_20131869.jpg
この日は【札幌市】【中央区】の【狸小路5丁目】にある【北海道厳選居酒屋 仲町ガバチョ 鉄板串焼店】で忘年会をして来ました。2度目の訪問ですがブログにUPするのは初になります。


c0378174_20132724.jpg
2012年9月オープンの【北海道厳選居酒屋 仲町ガバチョ 鉄板串焼店】は、店主のこだわり厳選食材を「鉄板串焼き」で味わえる居酒屋。2階席は随所に「和」を取り入れたモダンで落ち着く空間になっており、そこで食べる美味しい料理に惹かれ週末にもなると予約の取れないこともあるお店なんです(´ω`)


c0378174_20133749.jpg
羅臼昆布出汁 豚しゃぶコース 3480円。

お店の1番人気だという「羅臼昆布出汁 豚しゃぶコース」はクーポン利用で3980円が3480円に。料理の品数は全部で7品。メインの豚しゃぶをはじめバラエティに飛んだ料理が楽しめます。


c0378174_20134663.jpg
冬の彩りサラダ。

冬の彩リサラダですが、夏野菜のズッキーニや秋野菜のカボチャが入ってるのはご愛敬。彩りもキレイだし野菜自体も凄く美味しい。野菜によっては素揚げされてるのも高ポイント。


c0378174_20135513.jpg
お刺身3点盛り。

内容は「マグロ(赤身)」「サーモン」「ソイ」の3種。ここの店主は海産物にもこだわっているので鮮度抜群でどいつもこいつも間違いないヤツです。個人的にはサーモンが1番かなぁ。


c0378174_20140383.jpg
c0378174_20141240.jpg
羅臼産昆布だしの豚しゃぶしゃぶ鍋。

メインの豚しゃぶは羅臼産昆布を使用した贅沢なお鍋。羅臼産昆布の出汁で食べる豚しゃぶは甘味と旨味が強いのにもかかわらず、どこか優しい味で何杯でもいけちゃう。これはウマイ(´¬`)


c0378174_20142181.jpg
c0378174_20143035.jpg
c0378174_20143721.jpg
専門店の特選串6種。

内容は「ハツ(桜姫鶏)」「せせりバジル」「ししとう」「鶏レモンソース」「鶏皮」「ぱりかわ」の6品。珍しいのは鶏のもも肉にレモンソースがかかった串焼き。これが本当に美味しかった。せせりのバジルソースも良い感じだったなぁ。専門店だけに串焼きはどれもこれも◎


c0378174_20144708.jpg
知床鶏のザンギ。

揚げたてで衣はサクサク、中の知床鶏は非常にジューシィ。安心安定の美味しいザンギ。これは単品で注文したい一品。


c0378174_20145471.jpg
c0378174_20150210.jpg
〆のラーメン。

羅臼産昆布と豚肉の旨味が出た出汁で煮るラーメンを、オリジナルのポン酢でいただく〆のラーメン。アッサリしてて美味しい。


c0378174_20151067.jpg
抹茶ブラウニー。

最後に出てくるデザートは抹茶をふんだんに使用したお店特製のブラウニー。甘味と苦味のバランスが絶妙。これなら我々のようなおぢさんにもウケが良い。


記憶は定かではないですがたしかこの【北海道厳選居酒屋 仲町ガバチョ 鉄板串焼店】がオープンしたての頃に1回目の訪問をしています。そのときの印象は「あ~2回目はないかなー」でしたが、今回の訪問で考えが変わりました。料理は美味しいし、何より飲み放題のドリンクを持ってきてくれるスピードのUPが良い感じでした。クーポン利用で安くなったコースが土曜日という事で500円増しの3980円になったのは予想外だったけどww


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



北海道厳選居酒屋 仲町ガバチョ 鉄板串焼店
●住所 北海道札幌市中央区南2条西5丁目 狸小路5丁目
●電話 011-231-4567
●営業時間 17:00~翌1:00
●定休日 無休
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2019-02-12 18:00 | 札幌市 中央区 | Comments(0)

ふじ屋 NOODLE(さっぽろ名所 新ラーメン横丁)/札幌市 中央区

2018年5月4日(金)



c0378174_17580863.jpg
c0378174_17581645.jpg
酒場ジロー】で飲み食いした後は、同じく「すすきのエリア」の【さっぽろ名所 新ラーメン横丁】内にある【ふじ屋ヌードル】へ行って来ました。初訪問になります。

2015年12月【さっぽろ名所 新ラーメン横丁】内にオープンした【ふじ屋ヌードル】は、スグ近くに店を構える【札幌 Fuji屋】のセカンドブランド店で、つけ麺専門の本店とは違いラーメン本来の姿で勝負するラーメンの専門店。「ミシュランガイド北海道 2017 特別版」で「ビブグルマン」の評価を取得するほどの実力店で、常に行列の絶えない超絶人気店なんです。ちなみに、「TEAM NACS」の冠番組【ハナタレナックス】の超人気企画「KING OF RAMEN in 中央区」で紹介され、【札幌市】【中央区】を代表する4店舗のひとつにも選ばれています(´ω`)


c0378174_17582409.jpg
ビール 500円。

ビールの銘柄は「サッポロクラシック」。飲み屋ではないのでお通しは無し。それにしてもホント良く飲むなぁ。


c0378174_17583352.jpg
c0378174_17583994.jpg
黒醤油 800円。

ふじ屋ヌードル】に来たのであれば「チームナックス」のメンバーが絶賛していた「黒醤油」を食べるしかないという事でオーダーしてみました。今流行りの細麺を使用した中華そば系なのかと思ってたら、【西山製麺】の中太縮れ麺を使用した柔と剛を兼ね備えたハイブリッドなラーメン。風味豊かで煮干が心地良く感じるあっさりした魚介系の柔のスープと、札幌市民では超お馴染み【西山製麺】の剛の麺がバランス良く合わさりめちゃめちゃウマイッ! レアチャーシューの出来栄えも完璧で、隙の無い一杯でした(´¬`)


c0378174_17584776.jpg
白醤油 800円。

こちらは「黒醤油」と対極に位置する「白醤油」。豚白湯と煮干しのWスープが特徴で、あっさりとしているのにコクが深い食べ応えのある一杯でした。これもまたマジで美味しいヤツです。


実は以前にも【ふじ屋ヌードル】にアタックを仕掛けた事があるんですが、そのときはあまりの行列の前に逃げ帰って別のラーメン屋さんに行ってしまったんですよね。この日は行列がそこまででもなく、無事に美味しいラーメンを食べる事ができました。再訪問は確定だけど、本店である【札幌 Fuji屋】にも行ってみたいですねぇ。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



ふじ屋 NOODLE
●住所 北海道札幌市中央区南4西3丁目 第3グリーンビル1F 新ラーメン横丁内
●電話 011-552-0248
●営業時間 18:00~翌3:00
●定休日 日曜・不定休有り
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2019-01-16 18:30 | 札幌市 中央区 | Comments(0)

酒場ジロー/札幌市 中央区

2018年5月4日(金)



c0378174_11581305.jpg
北区】の【大阪屋台風居酒屋 恵美須商店 北24条店】で昼飲みした後は、【中央区】の「すすきのエリア」にある【酒場ジロー】へと移動。初訪問になります。

c0378174_11582160.jpg
2018年2月にオープンした【酒場ジロー】は、すすきのの裏路地にある隠れ家的居酒屋。低温熟成の肉料理をはじめ、新鮮な海鮮料理や店主の創作料理が凄く美味しいと情報番組や雑誌などのメディアにとりあげられるほど。オープンしてまだ1年もたってはいませんが現在は予約必須の人気店までに成長。今後も目の離せない注目店なんです(´ω`)


c0378174_11582790.jpg
ビール 450円。
お通し ???円。

ビールの銘柄は「プレミアムモルツ」。お通しは特製の「茶碗蒸し」。旬の食材がふんだんに盛り込まれており、絶品でおかわりしたくなるほどの美味しさでした(´¬`)


c0378174_11584573.jpg
おまかせお肉盛り合わせ 1000円。

酒場ジロー】の名物といえば低温熟成の肉刺。単品でも良かったのですが、どうせなら色々な種類を食べたいので盛り合わせを注文してみました。内容はタン・ハツ・レバーの3種。粗塩かごま油でいただく系のヤツなんですが、こんなの食べる前から美味しいと判明しているフォルムなんですよねぇ。もちろん、どいつもこいつも美味しかったです(=¬=)


c0378174_11585552.jpg
新政 No.6(R-type) ???円。

「新政」は大人気の【秋田県】の銘酒であり、「新政 No.6」は唯一の定番生酒。6号酵母の魅力をダイレクトに表現することを目的に醸造されるラインが「NO.6(ナンバーシックス)」。今では入手困難で定価以上での価格で市場に出回るほどの人気ぶりなんだとか。微かな炭酸を感じる上品な酸味と端麗でキレのある味がなんとも心地良い(=ω=)


c0378174_11590342.jpg
やみつきアボガド 500円。

アボガドにかつお節とわさびと醤油和えた今までになかった酒の肴。ひと口食べて「やみつき」と表記されている理由に納得がいく一品。てか、マジでウマイッ!


c0378174_11591173.jpg
氷結サワー(キウイ) 400円。
氷結サワー(オレンジ) 400円。

リピーター急増中だという「氷結サワー」2種をオーダー。味うんぬんより見た目のインパクトが凄い。メニュー表にも「SNS映え」って書いてあったしw


c0378174_11591700.jpg
鶏セセリ炭火焼き(ネギ塩) 500円。

「ネギ塩」と「おろしポン酢」の2種類から選べるセセリの炭火焼き。鶏肉自体の旨味が強くめちゃめちゃ美味しいヤツでした。今回はネギ塩だったけど、おろしポン酢も間違いないと思われます。


2軒目だったので料理はそんなに食べてませんが、お店の雰囲気や店員さんの対応、もちろん美味しい料理と全てにおいて非常に良い感じでした。オープンしてまだ日が浅いのにメディアに取り上げられるのもうなずけます。間違いなく再訪問決定でしょう。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



酒場ジロー
●住所 北海道札幌市中央区南6条西3丁目 エイトビル1F
●電話 011-563-9900
●営業時間 17:00~翌0:00
●定休日 日曜
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2019-01-13 18:00 | 札幌市 中央区 | Comments(2)

炭火居酒屋 炎/札幌市 中央区

2018年12月23日()



c0378174_10290971.jpg
凡の風】で美味しいラーメンを食べた後は、同じく【中央区】の「すすきのエリア」にある【炭火居酒屋 炎 ラフィラ店】へ行ってきました。ブログには数回しかUPしてないけど、実際は物凄い通ってるんですよね。



食材と美味しさにこだわった飲食店を展開している【伸和ホールディングス】の居酒屋チェーン店【炭火居酒屋 炎】。生つくねがウリで、道内契約養鶏所にて、つくねに合う若鳥を育ているほどのこだわりっぷり。もちろんつくね以外にもチカラを入れており、どれを食べてもハズレがない。通常メニュー、飲み放題共にリーズナブルで、週末にもなると大勢のお客でにぎわう人気居酒屋。また、店舗によってはランチ営業を行っておりリーズナブルな価格で定食を提供している(´ω`)


c0378174_10291623.jpg
ウーロンハイ 280円。
お通し 300円。

飲み放題にはしなかったのでアルコールメニューの中で1番安いウーロンハイを選択。お通しは何の変哲もないきんぴらごぼう。可もなく不可もなくといった味でした。


c0378174_10294089.jpg
道産塩ザンギ 290円。

「日本唐揚協会」が主催する【第7回 からあげグランプリ】で金賞を受賞したという鶏の唐揚げ。さすが金賞を受賞しただけあり、やわらかくてジューシィな食感がたまらない。この美味しさで290円はお得過ぎる(´¬`) クリスマスシーズンだったのでチキンを食べにと【炭火居酒屋 炎 ラフィラ店】へ来たけど、ザンギや焼き鳥ではクリスマス感は一切でないねww


c0378174_10293214.jpg
ぱりぱりチーズ春巻き 390円。

揚げたてサクサクの皮の中にはとろーり溶けた美味しいチーズが入ってるという良くあるチーズin春巻きってヤツです。なんだかんだで美味しいんですよねぇ。


c0378174_10294705.jpg
長芋わさび 390円。

青森県産の良質な長芋を使用した酒の肴。風味豊かでコクのある長芋に、わさびプラスしたというものなんですが、全然わさびの味がしなかったという。まぁ、それでも長芋自体が美味しいので結果満足はできたけど。


c0378174_10292529.jpg
どでかなんこつ生つくね串 200円。

「期間限定メニュー」という事で、どでかなんこつ生つくね串をオーダー。「どでか」とうたってるわりにはそこまで大きくはないんですが、【炭火居酒屋 炎】のつくねは棒状が定番なのに団子スタイルで運ばれてきた事に驚きを隠せませんでした。味はもちろんうましです(´¬`)


それではみなさん良いお年をm(_ _ )m


※記事 モコ平



炭火居酒屋 炎 ラフィラ店
●住所 札幌市中央区南4条西4丁目 すすきのラフィラ8F
●電話 011-511-3772
●営業時間 11:00~23:00
●定休日 無休
●駐車場 有り(ラフィラ駐車場)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2018-12-31 18:00 | 札幌市 中央区 | Comments(6)

凡の風/札幌市 中央区

2018年12月23日()



c0378174_20350801.jpg
この日のランチは【札幌市】【中央区】の「南8条エリア」にある【凡の風】へ行ってみました。初訪問になります。


2006年5月にオープンした【凡の風】は、店主のこだわりが詰まった繊細で優しい味のラーメンがウリのお店。清潔感があり、まるでカフェのようなお洒落な店内で食べる至極の一杯は、まさに究極。メディアにも数多く取り上げられ、平日でも行列の絶えない超絶人気ラーメン店なんです。ちなみに、「TEAM NACS」の冠番組【ハナタレナックス】の超人気企画「KING OF RAMEN in 中央区」で紹介され、【札幌市】【中央区】を代表する4店舗のひとつにも選ばれています(´ω`)


c0378174_20351856.jpg
c0378174_20352654.jpg
中華そば 純鶏出汁醤油 750円。

凡の風】に来たのであれば「チームナックス」のメンバーが絶賛していた「中華そば 純鶏出汁醤油」を食べるしかないという事でオーダーしてみました。ルックスは美しく繊細で食べる前から美味しいと判明してるタイプのヤツです。見た目とは裏腹にスープが斬新で今まで食べた事がないような味。一般の醤油ラーメンの味とは違い、醤油の味がダイレクトに伝わってくるアグレッシブでありながらどこか繊細で優しい味のスープなんですよね。この今までに味わった事のないパターンのスープが、特注の中細ツルシコ麺と合うこと合うこと。その完成度の高さから一瞬で完食してしまうってゆーね(´¬`)


c0378174_20353471.jpg
中華そば 鶏と魚出汁の塩 750円。

「中華そば 純鶏出汁醤油」とは打って変わってどこまで行っても優しい味の塩ラーメン。鶏と魚介のスープが心と胃袋を優しく包み込んでくれるんですよねぇ。酒飲みには非常に有難い一杯でした。


超絶人気店だけあり40分以上並んで待ちましたが、それでも満足できるほどの美味しいラーメンでした。店の場所が自分の行動範囲外なんですが、このラーメンの為なら普段使う事のない市電に乗るのもいとわないでしょう。再訪問確定ッ!


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



凡の風
●住所 北海道札幌市中央区南8条西15丁目1-1 ブランノワールAMJ815 1F
●電話 011-512-2002
●営業時間 11:00~16:00 18:00~21:00(月火木金) 11:00~16:00 17:00~20:00(土日)
●定休日 水曜
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2018-12-24 18:00 | 札幌市 中央区 | Comments(2)

牡蠣喰家来(かきをくうならうちにこい) かきくけこ/札幌市 中央区

2018年11月22日(木)



c0378174_10240063.jpg
この日は【札幌市】の「南3条エリア」にある【牡蠣喰家来(かきをくうならうちにこい) かきくけこ 3.4店】に行ってきました。初訪問になります。


c0378174_10235372.jpg
牡蠣喰家来 かきくけこ】は、【活菜旬魚 さんかい】系列の新ブランド店。元々人気のある【活菜旬魚 さんかい】が基盤になっているだけあり、味と価格には絶対の自信とこだわりを持つ。「牡蠣を喰うなら家に来い!」がコンセプトになっており、昆布森産の牡蠣を毎日1個100円で提供している。また、手羽先の本場【名古屋市】で毎年開催されている【第5回 名古屋手羽先サミット】で金賞を受賞したという特製の手羽先も大人気。店内は個室席や掘りごたつ席、テーブル席、カウンター席等あり、色々なシーンに合わせて使える。週末のみならず平日も予約の絶えない人気居酒屋なんです(´ω`)


c0378174_10240835.jpg
飲み放題(90分) 780円。
お通し ???円。

飲み放題はクーポン利用でビール付き90分780円と格安。お通しは業務用のマカロニサラダ。これは安心安定のヤツです。


c0378174_10241533.jpg
牡蠣(1個) 100円。

昆布森産の牡蠣は小ぶりながらもプリッとした食感と甘みが堪らない。さすが店名にもなってるだけありレベルの高さが伺えます(´¬`)


c0378174_10242472.jpg
牛ユッケ 590円。

フレンチを起源とした低温調理をフル活用した牛ユッケ。旨みが濃いのにあっさりとした牛肉と卵黄の相性は異常なほど良い。


c0378174_10243431.jpg
炙り〆さば刺 690円。

ガスバーナーを使い客の目の前で豪快に炙ってくれるしめさばの刺身。パフォーマンスと美味しさが融合した一品。脂がのってて美味しい。


c0378174_10244223.jpg
焼き手羽先(1個) 100円。

注文したのは、塩、旨タレ、レッドホット、ハーブの4種。 ひとつひとつが大ぶりで、熱々ジューシィ。【第5回 名古屋手羽先サミット】で金賞を受賞したのがマジで理解できる美味しさ。中でもハーブと旨タレがお気に入り(´¬`) ひとつ難点を上げるとしたら熱々過ぎて手で掴むのに一苦労したところww


c0378174_10244961.jpg
DENO旨辛痺れ鶏唐揚げ 590円。

担担麺の超人気店【175°DENO 担担麺】とコラボしたという鶏の唐揚げ。特製のラー油と中国四川省の山椒で味付けされた唐揚げは旨みと辛味と痺れ味のバランスが絶妙。


c0378174_10245646.jpg
手作りカタラーナ 290円。

〆のデザートに注文したカタラーナは、甘くて美味しいんだけど想像を上回る固さでバッキバキww


祝日前だったので予約しての訪問だったのですが、後で店員さんに聞いたらギリギリセーフだったんだとか。人気があるのはわかったし、次回訪問時も予約は必須って事ですねぇ。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



牡蠣喰家来(かきをくうならうちにこい) かきくけこ 3.4店
●住所 北海道札幌市中央区南3条西4-20 東昌3.4ビルB1F
●電話 011-211-5335
●営業時間 17:00~24:00
●定休日 無休(臨時休業有り)
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2018-12-15 18:00 | 札幌市 中央区 | Comments(0)

札幌濃厚鶏白湯らーめん 鶏まさ/札幌市 中央区

2017年12月30日()



c0378174_13513695.jpg
薬師 四文屋 すすきの駅前店】で美味しい串焼きを食べてきた後は、同じく「すすきのエリア」にある【札幌濃厚鶏白湯らーめん 鶏まさ】へ行って来ました。初訪問になります。

2017年4月にオープンした【札幌濃厚鶏白湯らーめん 鶏まさ】は、その名と通り濃厚な鶏白湯スープがウリのラーメン店。新鮮な鶏をドロドロになるまで煮込み完成した、「超濃厚鶏白湯スープ」、こだわりの「つくね」、低温調理で炊いた「鶏チャーシュー」など、鶏にこだわり尽したラーメンを提供している。残念ながら現在は閉店しており、跡地には【串カツ 田中】が入っています。


c0378174_13514453.jpg
超濃厚鶏白湯(味玉付き) 900円。

こだわりの鶏白湯スープを更に濃厚にした超濃厚鶏白湯スープは、トロみと旨みがハンパなく、中細麺にからむからむ。こってりしているようでクセがなく、飲んだ後の〆にピッタリなラーメン。胸肉とモモ肉の2種類のチャーシューも良い感じ。これは美味しい一杯(´¬`)


c0378174_13515107.jpg
c0378174_13515954.jpg
知床鶏そば(醤油) 680円。

こちらは知床鶏を使用したあっさり系の中華そば。鶏の旨味が出ている醤油ベースのスープが、飲んだ後の胃袋に優しく染み渡ります。ラーメンを食べ進めていると下のほうからつくねが出てきてビックリ。コイツがまた美味しいんですよ。


この間、久しぶりに店の前を通ったら【串カツ 田中】になっていて、【札幌濃厚鶏白湯らーめん 鶏まさ】が閉店した事を知りました。なかなか美味しいラーメン屋さんだったので残念ですが、ラーメン激戦区の札幌では生き残れなかったんですねぇ。まぁ、こればかりはしょーがない(´Д`;)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



札幌濃厚鶏白湯らーめん 鶏まさ閉店
●住所 北海道札幌市中央区南4条西5丁目5-8
●電話 011-281-5338
●営業時間 17:00~翌5:00
●定休日 無休
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2018-12-08 18:00 | 札幌市 中央区 | Comments(0)

薬師 四文屋/札幌市 中央区

2017年12月30日()



c0378174_19224449.jpg
タイ屋台メシ ジダパデラックス】でタイ料理を軽く食べた後は、同じく【中央区】の「すすきのエリア」にある【薬師 四文屋 すすきの駅前店】へ行って来ました。自分の中のレギュラー店なのでもう何回行ってるかわからない。


元々、【北海道】では鶏肉だろうが豚肉だろうが串に刺さっていて焼き上げたものを総じて「やきとり」と呼ぶ文化があり、「やきとん」という言葉は聞きなれないものでした。その「やきとん」をメジャーにしたのが関東圏から【札幌市】に進出してきた【四文屋】と言っても過言ではない。大衆酒場らしくリーズナブルな価格設定はもちろん、味も抜群に美味しいのが人気の秘訣。平日でも夜になると満席はあたりまえの超人気やきとん店なんです(´ω`)


c0378174_19225218.jpg
ハイボール 350円。

3軒目もやっぱりハイボールからのスタート。大丈夫! まだこの頃は記憶が飛んでません。いや、半分飛び掛かってたかな?(´Д`;)


c0378174_19231347.jpg
レバねぎ塩串(1本) 100円。

四文屋】といえばコレッ! お客さんの9割が注文するという超絶美味しいレバ焼きです。法律の改正により以前より生感は失われてしまったけど全然気にしない(´¬`)


c0378174_19232850.jpg
牛赤身冷製三点盛 600円。

どれがドコの部位だったか覚えてないけど、新鮮な牛の赤身の盛り合わせが600円とか。塩、ニンニク、生姜、と自分好みの調味料でいただけるのも嬉しいポイント。


c0378174_19233533.jpg
焼とん カシラ(1本) 100円。

豚串の中でも知る人ぞ知るカシラは、コメカミの部分らしく旨みと歯ごたえがたまらなく美味しいヤツです。ネギま仕様なのも良い感じ。


c0378174_19232084.jpg
豚冷製三点盛 500円。

これもまた【四文屋】ならではのメニューのひとつでしょう。左から、ハラミ、タン、レバー、だったかな? 何にしてもどれもこれもウマイ!(´¬`)


c0378174_19230477.jpg
焼野菜 にんにく(1本) 100円。

熱々ほくほくのにんにくを特製みそダレでいただきます。こんなのどう考えても美味しいに決まってる。


何度も通ってる【薬師 四文屋 すすきの駅前店】ですが、意外にも数回しか記事書いてなかったんですよね。まぁ、食べるものが毎回同じようなモンばっかだからしかたないw


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



薬師 四文屋 すすきの駅前店
●住所 北海道札幌市中央区南4条西3-1 ススキノビルB1F
●電話 011-512-0345
●営業時間 15:00~24:00
●定休日 無休
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2018-12-07 18:00 | 札幌市 中央区 | Comments(0)

タイ屋台メシ JIDAPA DX(M's仲町)/札幌市 中央区

2017年12月30日()



c0378174_22114760.jpg
c0378174_22115546.jpg
5坪海らふ家】で牡蠣を堪能した後は、「南4条エリア」にある【タイ屋台メシ ジダパデラックス】へ行って来ました。2度目の訪問になります。



c0378174_22120436.jpg
2014年2月【M's仲町】の2階にオープンした【タイ屋台メシ ジダパデラックス】は、【THE MEAT SHOP】や【Q】、【亜細亜的惣菜店 マンハッタン】といった様々なジャンルの人気店を運営する【株式会社BUNS】の系列店の中の1店であり、【株式会社BUNS】を世に出した先駆け的なお店。幼少の頃から現地の屋台で腕を奮っていたというタイ人シェフが作る料理はまさに本場の味。タイの雰囲気が程よく香る店内は2フロアに分かれており、1Fはサクッと食事やバル感覚で、2Fは仲間内での宴会などに使う事ができる。平日でも入店が困難な超人気のタイ料理ダイニングバーなんです(´ω`)


c0378174_22121106.jpg
IPA 880円。
ハイボール ???円。
お通し ???円。

「IPA」は少し甘味を感じるトロピカルナ香りと、ふわっと広がる苦味がクセになるビール。いつものハイボールは安心安定のヤツ。お通しは2種類。南国風にアレンジされた枝豆はちょい辛でビールが進みます。もう一つのカシューナッツ炒めも美味しい。


c0378174_22122045.jpg
トムガーカイ 780円。

話鶏肉のココナッツミルクスープはトムヤムクンよりも優しい辛さのマイルド。冷えたカラダを優しく温めてくれます(=ω=)


c0378174_22122744.jpg
トムヤムクンラーメン 900円。

今まで食べたトムヤムクンの中でかなり美味しい部類ってのは前回訪問時にわかっていたんですが、そのラーメン入りバージョンが新発売されたって事だったので注文してみました。旨みと酸味、辛さのバランスがとれた若干とろみのあるトムヤムクンのスープが麺と良く絡みます。これは普段味わう事のできない超絶美味しいラーメン(´¬`)


数年前訪問時も思ったけど、オサーン2人で入るにはかなり勇気のいるオシャレなお店。店内は若い女性客ばっかだし。まぁ、1軒目の店から飛ばしてるので全然カンケーないんですがw


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



タイ屋台メシ JIDAPA DX
●住所 北海道札幌市中央区南4条西1-6-2 M's仲町2F
●電話 050-5890-9937
●営業時間 18:00~24:00
●定休日 月曜(第一日曜)
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2018-12-06 18:00 | 札幌市 中央区 | Comments(0)