人気ブログランキング |

カテゴリ:上川地方( 40 )

富良野チーズ工房/富良野市

2019年7月13日()



c0378174_15290481.jpg

中富良野町】で【第39回なかふらのラベンダーまつり&花火大会】を堪能してきた後は、【富良野市】の「中五区エリア」にある【富良野チーズ工房】へ行ってきました。初訪問ですがブログにUPするのは2度目になります。



c0378174_15291340.jpg
白樺の木々にかこまれた自然豊かな場所にある【富良野チーズ工房】は、チーズの製造室や熟成庫を見学できるのはもちろん、チーズ工房で製造したチーズ、牛乳、バターを使用した菓子類などを販売している商業施設。また、本場イタリアはナポリで修行した職人が焼きあげる本格ナポリピッツアが食べられる「ピッツア工房」も併設されている。ほかにも牛の模型での乳搾り体験やチーズの歴史コーナー、チーズ職人になれる記念撮影コーナーなどがありお子様から大人の方まで楽しめる【富良野市】の人気観光スポットなんです(´ω`)


c0378174_15292107.jpg

c0378174_15293189.jpg
メゾン・ドゥ・ピェール 895円。

工房の2階にある直売所でお土産用に購入したチーズ。とてもクリーミィで口当たりも良く、ほどよい塩味でビールが進む白カビタイプのチーズでした(´¬`) ちなみに、名前の由来は【富良野チーズ工房】の外観イメージである「石の館」をフランス語に訳したものなんだとか。


さすが一流の観光都市である【富良野市】にあるだけあって施設内は観光客でいっぱい。中でも「ピッツア工房」は1時間待ちだったのでピザはあきらめお土産を買って帰ることに。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



富良野チーズ工房
●住所 北海道富良野市中五区
●電話 0167-23-1156
●営業時間 9:00~17:00(4月1日~10月31日) 9:00~16:00(11月1日~ 3月31日)
●定休日 年末年始
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2019-07-18 18:00 | 上川地方 | Comments(0)

第39回なかふらのラベンダーまつり&花火大会/中富良野町

2019年7月13日()




c0378174_16302256.jpg
この日は【中富良野町】の【中富良野町営ラベンダー園】で開催されてた【第39回なかふらのラベンダーまつり&花火大会】へ行ってきました。初参加になります。


c0378174_16303712.jpg
c0378174_16305767.jpg
c0378174_16310877.jpg
c0378174_16321032.jpg
c0378174_16322186.jpg
c0378174_16323025.jpg
まちのシンボル「北星山」にある【中富良野町営ラベンダー園】で毎年ラベンダー開花最盛期に開催される【なかふらのラベンダーまつり&花火大会】は、富良野地方の夏祭りオープニングを飾るイベント。キャラクターショー、バンド演奏をはじめ、【中富良野町】のグルメを味わえる飲食コーナーなども充実。また、夜の花火大会では、道内でも珍しい紫色のラベンダー花火と音楽のコラボなど多彩な仕掛け・演出が楽しめる。町内のお祭りレベルを超え、更に土地柄外国人観光客も多い人気イベントなんです(´ω`)


c0378174_16324278.jpg
ビール 500円。
魯肉飯(ルーローファン) 600円。

ビールの銘柄は安定感のある「サッポロ黒ラベル」。【中富良野町商工会議所】ブースで購入した「魯肉飯」は【台湾】の家庭料理で、豚のバラ肉をタレで煮込んだものを熱々のご飯にかけた美味しい丼物。甘いんだけど匂いはカレーという摩訶不思議アドベンチャー(´¬`)


c0378174_16325250.jpg
焼きホタテ 300円。

同じく【中富良野町商工会議所】ブースで購入したホタテ。貝殻がないので見た目はパッとしないけど、物凄く肉厚で今までで食べたホタテの中では1番美味しかったかも。ちなみに味付けは安心安定のバター醤油味。てか、この見事なホタテは何処産のヤツなんだろ?


c0378174_16330127.jpg
焼き鳥(10本) 900円。

よくある冷凍の焼き鳥ですが、炭火で焼いてるので美味しくなるマジック発動。と、思っていたら焼き過ぎで硬くなってて残念な仕上がりに(´Д`;)


c0378174_16331135.jpg
ポークワイン煮(フランスパン付き) 500円。

先に言っておきますが、これは自分がこれまでに参加したグルメ系イベント史上最も類を見ないほどハイレベルな料理とCPかと。何が良いかって、赤ワインをベースとしたオリジナルの汁に長時間かけて煮込まれた豚肉はホロホロで超絶ウマイッ! 更に、拳ぐらいある肉塊が2個も入ってるとゆうボリューミィさッ! それでいて500円とかマジでコスパが最強過ぎるッ!(=ω=) ブース名の表記がなかったのが唯一の心残り…。


c0378174_16332089.jpg
ビール(小) 500円。

滝川ビールクラフト工房】ブースで購入した「空知エール(小)」。ほんのり甘くフルーティで繊細なビールといった感じ。これはマジで美味しいんだけど小サイズで500円、中サイズで700円、大サイズで1000円とちょっとお値段がはるんですよね。


初めて参加したイベントだったけど、風景と料理にとても満足できました。夜まで滞在してなかったので花火は見てないんですよねぇ。次回参加時は夜に来るかー。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



中富良野町営ラベンダー園
●住所 北海道空知郡中富良野町本町9番1号
●電話 0167-44-2123(中富良野町役場産業建設課産業係)
●営業時間 9:00~18:00(観光リフト)
●営業期間 6月22日~8月31日(観光リフト)
●駐車場 有り(100台)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2019-07-15 18:00 | 上川地方 | Comments(0)

道の駅 あさひかわ/旭川市

2018年4月9日(月)



c0378174_23170034.jpg
男山酒造り資料館】で日本酒を飲んで来た後は、同じく【旭川市】の「永山エリア」にある【道の駅 あさひかわ】へ行って来ました。ブログにUPするのは2度目ですが初訪問になります。



c0378174_23170889.jpg
道の駅 あさひかわ】は大展示場をはじめとする多くの設備が充実。大展示場は1,500平方メートルの敷地で、自動車ショーなど色々なイベントが開催される。売店は北・北海道の(上川・留萌・宗谷)管内の特産品、フードコートはご当地グルメの「旭川ラーメン」をはじめとする、市内有名店が多数出店。非常に使い勝手の良い道の駅なんです(´ω`)


c0378174_23171570.jpg
c0378174_23172221.jpg
旭川市】のご当地キャラクター「あさっぴー」。本体ではないけど、もうなんども遭遇しています♪


※記事 モコ平



道の駅 あさひかわ
●住所 北海道旭川市神楽4条6丁目1番12号
●電話 0166-61-2283
●営業時間 9:00~19:00(売店) 11:00~20:00(フードコート) 9:00~16:00(パン工房)
●定休日 年末年始(道の駅にお問合せ下さい)
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2019-03-12 18:00 | 上川地方 | Comments(0)

男山酒造り資料館/旭川市

2018年4月9日(月)



c0378174_18503853.jpg
c0378174_18513066.jpg
ベローズ フィールド ビーチ】で美味しいバーガーとパンケーキを食べた後は、同じく【旭川市】の「永山エリア」にある【男山酒造り資料館】へ行って来ました。初訪問になります。

c0378174_18520507.jpg
c0378174_18521207.jpg
c0378174_18521941.jpg
c0378174_18522871.jpg
c0378174_18524702.jpg
c0378174_18523820.jpg
北海道】【旭川市】の地酒と言えば道民なら誰もが知ってる【男山】。その【男山】340年の歴史と共に、【日本】の伝統産業の一つである酒造りの歴史と文化を伝える【男山酒造り資料館】では【男山】の由来や歴史的な資料,昔の酒造り道具などが展示されている。また、工場では実際の日本酒造りの工程を見学することもできる。資料館の1階には【男山】で造られるさまざまな日本酒の無料試飲や有料試飲・売店コーナーがある。日本各地の酒好きが足を運ぶ人気の観光スポットでもあるんです(´ω`)


c0378174_18525663.jpg
今朝ノ酒(四月九日搾り) 無料。

「今朝ノ酒」は、仕込み期間のみ【男山酒造り資料舘】限定で販売している生原酒。その日のデキによって酒質と価格が変わるのは資料館の限定品ならでは。


c0378174_18530424.jpg
男山 純米大吟醸 200円。

こちらは【男山】の代表銘柄のひとつでもある「男山 純米大吟醸」。穏やかな含み香、淡麗ながらも豊かに広がる上品な味わい、国内外の酒類コンクールにおいて数多くの金賞受賞を誇る至高の味(=ω=) ちなみにこちらは有料試飲で1杯200円。


c0378174_18531294.jpg
北の稲穂 大吟醸 2149円。

40%まで磨き上げた北海道産酒造好適米を100%使用し、時間をかけて丁寧に醸した大吟醸酒。口当たりが柔らかく、雑味のない上品な余韻が心地良いお酒。自分用のお土産として購入したけど、いつのまにかなくなっていました。多分記憶が飛んだ後いっきに飲み干してしまったんだろうなぁ~勿体ない…。


c0378174_18514175.jpg
日本酒が飲めるのも良いですが資料館も見応えがあり結構楽しめました。機会があれば再訪問したい場所ですねえ。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



男山酒造り資料館
●住所 北海道旭川市永山2条7丁目1番33号
●電話 050-5590-4383
●営業時間 9:00~17:00
●定休日 年末年始
●駐車場 有り(普通車50台・大型バス8台)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2019-03-07 18:00 | 上川地方 | Comments(0)

Bellous Field Beach/旭川市

2018年4月9日(月)



c0378174_19453488.jpg
この日は【旭川市】の「緑町エリア」にある【ベローズ フィールド ビーチ】へ行って来ました。初訪問になります。


c0378174_19460171.jpg
2012年の9月にオープンした【ベローズ フィールド ビーチ】。ランチタイムは「ハンバーガーとパンケーキ」を、ディナータイムは「ハワイアンフードと冷たいビール」を楽しめる2つの顔を持つカフェレストラン。看板商品の「ハンバーガー」は、道産食材を中心とした一番力を注いでる商品。特にこだわり深いのは、道産牛100%の肉汁滴る「パティ」と、北海道産の小麦粉を使用した、モッちりと引きが強い「バンズ」。一度食べるとクセになり、何度も足を運ぶリピーターが増殖中なんだとか。夜のメインである「ハワイアンフード」もバーガーに負けず劣らずの高い完成度を誇り、冷たいビールやワイン、カクテルなどと相性抜群。また、オシャレで落ち着いた店内は雰囲気が良く、おひとり様、デート、宴会など様々なシーンに使えるのも魅力のひとつ(´ω`)


c0378174_19461243.jpg
アボガドチーズバーガー 1280円。

お店の人気No.1である「アボガドチーズバーガー」をチョイス。メインのバーガーにフライドポテトとミニサラダが付いてきます。非常に大きくてボリューミィなバーガーは店員さんに頼めば半分にカットしてくれます。説明文にも書いてあるけど道産牛100%のパティは肉汁ジュワッ系でめちゃめちゃジューシィ。旨味も強くもちもち系のバンズとの相性抜群! そこにアボガドとチーズが加わる事でよりパーフェクトなハンバーガーに。うまし!(´¬`)


c0378174_19462059.jpg
ミックスフルーツパンケーキ 1180円。

こちらは桃やバナナ、数種類のベリーを使ったお店オリジナルのベリーソースがたっぷりと乗ったミックスフルーツパンケーキ。ほのかな甘味のパンケーキ本体と、フルーツたちのコラボレーションがたまらない一品。ホイップクリームとメイプルシロップの追加が無料なのも嬉しいポイント。


c0378174_19462925.jpg
アイスティー 200円。
ジンジャーエール 200円。

通常料金は覚えてないけど、バーガーやパンケーキと一緒に注文するとドリンク類が200円になります。


お店の事前情報とかは一切仕入れてなく、たまたま車で店前を通り気になったので入店してみたらアタリだったというパターンのヤツです。料理の味も店内の雰囲気も良かったので機会があれば再訪問してみたいですねぇ。ディナータイムはお酒も飲めるようだし。



ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



Bellous Field Beach
●住所 北海道旭川市緑町12丁目2559-12 ABCヴィレッジ2F
●電話 050-5590-4383
●営業時間 11:00~16:00 18:00~22:00(食材が無くなり次第閉店する場合有り)
●定休日 火曜・不定休
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2019-03-05 18:00 | 上川地方 | Comments(0)

ニングルテラス/富良野市

2018年10月18日(木)



c0378174_18244259.jpg
美瑛町】の【小さなパン店 リッカロッカ】で美味しいランチを堪能した後は、【富良野市】の【新富良野プリンスホテル】の敷地内にある【ニングルテラス】へ行って来ました。初訪問になります。

c0378174_18245411.jpg
c0378174_18250460.jpg
新富良野プリンスホテル】の敷地内にある【ニングルテラス】は、15棟のログハウスがつらなるロマンティックなショッピングエリア。テラス内には多種多様な店が出店しており、鍛冶屋や皮工房、ガラス工房など様々なクラフト系の作品を購入する事ができます。ちなみにニングルとは、脚本家「倉本聰」氏の著書「ニングル」の作品に登場する昔から【北海道】の森に住む身長15cmくらいの「森の知恵者」のこと。今では【富良野市】を代表する人気観光スポットなんです(´ω`)


c0378174_18251510.jpg
c0378174_18252662.jpg
何度も訪れている【富良野市】ですが、【ニングルテラス】に来たのはこのときが初めて。なんてゆーか、森の妖精たちが本当にいるんじゃないかと思わせるよーな雰囲気が非常に良く、機会があれば再訪問したくなっちゃうんですよねぇ。ただ、ほぼ全てのお店が撮影禁止だけど(´Д`;)

※記事 モコ平



ニングルテラス
●住所 北海道富良野市中御料(新富良野プリンスホテル)
●電話 0167-22-1111(新富良野プリンスホテル)
●営業時間 12:00~20:45(7月・8月は10:00~21:30)
●定休日 無休(店舗により異なる)
●駐車場 有り(390台)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2019-02-26 18:00 | 上川地方 | Comments(2)

小さなパン店 LIKKA LOKKA/美瑛町

2018年10月18日(木)



c0378174_08534193.jpg
c0378174_08534829.jpg
道の駅びえい 白金ビルケ】をちょこっと覗いてきた後は、同じく【美瑛町】の「美馬牛エリア」にある【小さなパン店 リッカロッカ】へ行って来ました。初訪問になります。

c0378174_08540408.jpg
c0378174_08541256.jpg
2016年4月にオープンした【小さなパン店 リッカロッカ】は、「毎日食べてもからだに優しいパン作り」をモットーに、美瑛産の小麦、天然酵母、塩、てんさい糖のシンプルな素材で最大限の風味や旨味を引き出すテクニカルでマジカルなパン屋さん。【JR美馬牛駅】から徒歩すぐの場所にあるのにもかかわらず、自然に包まれたロケーションも魅力のひとつ。美味しいパンと絶景の両方を堪能できる人気のお店なんです(´ω`)


c0378174_08543007.jpg
トマトと大葉とチーズ 210円
クランベリーとクリームチーズ 210円
7種の野菜たっぷりミネストローネ 390円。

「トマトと大葉とチーズ」は、その名の通りトマトと大葉とチーズが入ったベーグルなんですが、この組み合わせ間違いないヤツです。最初はそのまま食べて「ちょっと固いな」とか思ったけど、そこはご安心。カフェスペースには可愛らしいオーブントースターが設置されているので、数十秒間焼く事により本来のふわもち感が蘇ります。「クランベリーとクリームチーズ」も美味しく、スイーツ系ベーグルの中では定番中の定番。「7種の野菜たっぷりミネストローネ」は非常にほっこりとした優しい味。新鮮な野菜を惜しげもなく使用しているのは美瑛ならでは(=ω=)


c0378174_08543785.jpg
ベーグルのフレンチトーストセット 690円。

お店自慢のベーグルを使ったフレンチトーストは、熱々ジューシィで良い感じ。そこに自家製のハスカップジャムをかけて食べるとまた違った美味しさに。更にアイスを乗せるとレベルが20回ぐらいUPします。コーヒーも付いて690円だなんてこれはホントに良いセット(´¬`)


c0378174_08542262.jpg
どれを食べても美味しく、お店も雰囲気が良く素敵な感じだったので再訪問は確定でしょう。この日はわりと雨脚の強い日だったから次回は絶景も堪能できる天気の良い日を狙うッ!


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



小さなパン店 LIKKA LOKKA
●住所 北海道上川郡美瑛町美馬牛南1-5-50
●電話 0166-73-4865
●営業時間 10:00~17:00(売切次第終了)
●定休日 日曜・月曜
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2019-02-24 18:00 | 上川地方 | Comments(0)

道の駅びえい 白金ビルケ/美瑛町

2018年10月18日(木)



c0378174_19234776.jpg
この日は【美瑛町】の「白金エリア」にある【道の駅びえい 白金ビルケ】へ行って来ました。道の駅自体は初訪問ですが【白金ビルケの森】は2度目の訪問になります。

c0378174_19235596.jpg
びえい白金温泉】や【青い池】への入り口にある【白金ビルケの森 インフォメーションセンター】が、2018年5月12日【道の駅びえい 白金ビルケ】としてリニューアルオープン。「白金エリア」をはじめとした【美瑛町】全体の情報発信を行うほか、シャワールームの設置、アウトドアブランドの販売、町の食材をふんだんに使用したハンバーガーショップなど、【美瑛町】をより一層楽しめる施設になっている。現時点で【北海道】で1番新しい道の駅なので2018年度版の道の駅スタンプラリー帳にはスタンプページがない。


美瑛町】に2個目の道の駅がオープンしたってのは知人に聞いて知っていたけど、まさか【白金ビルケの森 インフォメーションセンター】が道の駅に進化していたとは。まぁ、もともと町の中心部にある道の駅よりこっちのほうがずっと道の駅っぽかったけど(´Д`) 施設内に道の駅と同時期にオープンしたとゆうハンバーガーショップでハンバーガーを食べようと思ってたんですが、単品1000円超えの価格にビビリ手が出せなかったww


※記事 モコ平



道の駅びえい 白金ビルケ
●住所 北海道上川郡美瑛町字白金
●電話 0166-94-3355
●営業時間 9:00~18:00(冬季営業 変動あり)
●定休日 年末年始(12/31~1/3)
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2019-02-22 18:00 | 上川地方 | Comments(2)

北の恵み 食べマルシェ2018/旭川市




9月6日(木)に発生した「北海道胆振東部地震」の影響かどうかわからないんですが、地震発生数日はネットが繋がっていたものの、2・3日後イキナリ回線が繋がらなくなり復旧までにかなり時間がかかってしまいました。メッセージをくれた方々への返信が遅れご心配をおかけしたことを深くお詫び致しますm(_ _ )m



2018年9月15日()



c0378174_14352602.jpg
この日は【旭川市】の「旭川駅前広場」と「買物公園」を中心に毎年秋に開催される超人気グルメイベント【北の恵み 食べマルシェ2018】へ行ってきました。初参加ではありますがブログにUPするのは3回目になります。

c0378174_14353831.jpg
2010年から開催されている【北の恵み 食べマルシェ】は、【旭川市】の中心部【JR旭川駅】から「買物公園」「7条緑道」「常盤公園」まで約300店ほどのお店が登場する食の一大イベント。ラーメンや海産物、お酒や加工品などありとあらゆる食べ物が揃う【北海道】でも【札幌市】の【オータムフェスト】や、【函館市】の【はこだてグルメサーカス】と並ぶ超絶人気のイベントなんです(´ω`)


c0378174_14354631.jpg
「常盤公園会場」にいた旭川のご当地キャラクター「あさっぴー」と「ゆっきりん」。会うのは【第59回 旭川冬まつり】以来。相変わらず可愛いなオイ(=ω=)


c0378174_14355740.jpg
ペーパンダムカレー 600円。

まずは【農家バル】ブースで購入したカレーで空腹を満たします。このダムカレーは、【日本ダムカレー協会】の公認で、市内の人気店【クレイジースパイス】が監修したものなんだそう。さらに、あの【すぎもとファーム】のソーセージがまるごと1本入っているという贅沢仕様。旭川産の野菜をふんだんに使用したルゥはとにかく甘いッ! 甘いんだけどコクがあって美味しい。ちなみに、このダムカレーは15日(土)のみの販売で限定200食。オマケに【ペーパンダム】のダムカードが付いてきます。


c0378174_14360599.jpg
もずく天ぷら(1個) 100円。

まこと家】ブースで購入したもずくの天ぷら。初めて食べるもずくの天ぷらはふわふわでうんまい。ビールと良く合います。写真は2個。


c0378174_14361382.jpg
数の子の天ぷら 400円。

留萌市】の【チューオー】ブースで購入した数の子を使った天ぷら。ほんのり甘く、数の子特有のコリコリ食感が楽しめる。これもまた美味しいヤツです。もずくの天ぷらは何となく知っていたけど、コイツは全くの初見だったなぁ。留萌ならではの一品(´¬`)


c0378174_14362269.jpg
あさりとバジルの塩らーめん 600円。

麵屋 くるる】ブースで購入した塩ラーメン。あさりの出汁が出たスープはあっさりしていて飲みやすいけど、バジル感はあんまりなかったなぁ。ラーメンでは珍しい揚げ玉入りってのがたまらなく良い。そーいや、【麵屋 くるる】って【オータムフェスト】にも出店してましたね。


c0378174_14363174.jpg
いちごスペシャル 600円。

増毛町】の【古村農園直営店 ふるふるトマト】ブースで購入したクレープ。甘味と酸味のバランスがとれた自社農園産のいちごを惜しげもなく使用したクレープは食後のデザートにピッタリ。このクオリティで600円ならお得なんでないかい。


c0378174_14363965.jpg
新子焼き 1500円。

焼鳥専門 ぎんねこ】ブースでお土産用に購入した旭川のソウルフードのひとつである「新子焼き」。新子焼きとは若鶏の半身を特製のタレに漬け込み、30分かけてじっくり丁寧に焼き上げたもの。身はしっかりしつつホクホクでウマイんですよねぇコレ(´¬`)



「北海道胆振東部地震」の影響で開催が危ぶまれた【北の恵み 食べマルシェ2018】ですが、規模と時間の短縮はしたものの開催決定が発表されたので今回参加してみました。地震の影響でこれなくなったブースなど多々ありましたが、それでも会場は大勢のお客さんで賑わっていましたねぇ。たくさんの美味しいグルメやイベントの雰囲気が非常に良かったので次回も参加したいと思います。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2018-10-11 18:00 | 上川地方 | Comments(6)

第50回 北海へそ祭り/富良野市

2018年7月28日()



今回も知人のMEG BEAMさんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


c0378174_11364700.jpg
中富良野町】の【彩香の里】で絶景とシーツを堪能したMEG BEAMさんが次に向かったのは、【富良野市】で毎年7月に開催されている【第50回 北海へそ祭り】の会場。初参加だったようです。



c0378174_11365463.jpg
北海へそ祭り】は、【北海道】の中心「北海道中心標」の石碑もあり「北海道のへそ」とも言われる【富良野市】の【JR富良野駅】前にある商店街で、毎年7月下旬に開催される市を代表する祭りのひとつ。メインイベントは、お腹に図腹(ずばら)と呼ばれる顔を描いて踊る「へそ踊り」。お腹をくねらせながら踊り歩く姿は観客たちの笑いを誘います。また、グルメも充実しており、楽しく美味しい超人気イベントなんです(´ω`)


c0378174_11370241.jpg
独尊カレーおやき 300円。

市内にある超絶人気カレー店の【唯我独尊】ブースで購入したカレーの入った珍しいおやき。こだわりの本格カレースパイスが効いていて辛さとコクのバランスが良くクセになる美味しさで、おやきの生地と絶妙に合うんだとか。まぁ、元々【唯我独尊】の味を知ってるMEG BEAMさんだからこそのチョイスなんでしょうねぇ。

MEG BEAMさん貴重な食ネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m


※記事 モコ平


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2018-08-25 18:00 | 上川地方 | Comments(2)