人気ブログランキング |

カテゴリ:上川地方( 44 )

カフェ・ノラ(野良窯)/富良野市

2019年10月20日()



カフェ・ノラ(野良窯)/富良野市_c0378174_18070160.jpg
狩勝峠】で風景を堪能した後は、【富良野市】の「下五区エリア」にある【カフェ・ノラ(野良窯)】へ行ってきました。初訪問になります。

カフェ・ノラ(野良窯)/富良野市_c0378174_18071039.jpg
カフェ・ノラ(野良窯)/富良野市_c0378174_18071923.jpg
カフェ・ノラ】は、築60年以上の古民家を改装したギャラリーカフェ。レトロなインテリアが並ぶどこか懐かしい店内は何時間いても飽きの来ない空間になっている。併設している【野良窯】で作られた陶器で食べる料理の評判も非常に高い。市民だけではなく遠方から足を運ぶ人も多い人気カフェなんです(´ω`)


カフェ・ノラ(野良窯)/富良野市_c0378174_18073467.jpg
日本のスープカレー 900円。

特殊なスパイスなどは使用せず、一般家庭の台所にある調味料だけで作っているというスープカレーは、初めて食べるのにどこか懐かしくて優しいお味。今流行りのスープカレーっていうよりはカレースープって感じかなぁ。うまし!(´¬`)


カフェ・ノラ(野良窯)/富良野市_c0378174_18072993.jpg
完熟トマトのハヤシライス 850円。

自社の畑で採れるトマトをふんだんに使用したハヤシライスは、ジューシィでボリューミィ。トマトの酸味が絶妙でライスが進むこと進むこと。ちなみにこのハヤシライスは畑でトマトが収穫できる時期だけの限定メニューです。


ごちそうさまm(_ _ )m

 
※記事 モコ平



カフェ・ノラ(野良窯)
●住所 北海道富良野市下五区
●電話 0167-22-8929
●営業時間(4月5月6月) 9:00~14:30(平日) 9:00~18:00(土日)
●営業時間(7月~10月) 9:00~18:00(平日・日曜) 23:00までの営業あり(夜ノラ土曜)
●営業時間(3月11月) 10:00~20:30(土日のみの営業)
●定休日 木曜
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2019-12-03 18:00 | 上川地方 | Comments(2)

バンドワゴンカフェ/南富良野町

2019年10月19日()



バンドワゴンカフェ/南富良野町_c0378174_20580009.jpg

砂川市】の【ローソン 砂川西1条店】でお手軽フードを食べた後は、【南富良野町】の【道の駅 南ふらの】敷地内にある【バンドワゴンカフェ】でちょい休憩。道の駅自体は何度も利用してますが、【バンドワゴンカフェ】は初訪問になります。

バンドワゴンカフェ/南富良野町_c0378174_20581134.jpg
道の駅 南ふらの】の野外売店として2019年5月5日にグランドオープンした【バンドワゴンカフェ】。【南富良野町】の特産品であるエゾ鹿肉を使用した「エゾシカバーガー」や、添加物も白砂糖も使用してない「無添加クレープ」など素材や調理法に強いこだわりを持つ店主が作る料理やスイーツの数々はオープンしてまだ間もないのに高評価で人気上昇中。残念ながら冬季の営業はないとのことですが店主は色々なイベントに出店したりしているのでどこかで美味しい料理を食べる事ができるかも? ちなみに店主は、某TVの大食い系番組で優勝経験もある知る人ぞ知るフードファイターなんです(´ω`)


バンドワゴンカフェ/南富良野町_c0378174_20581896.jpg

コーヒー 350円。

フードファイターであり、フードマイスターの資格を持つ店主は当然コーヒー豆にもこだわっています。深みのあるコクと香り、そして程良い酸味が感じられコーヒー好きの自分にはたまらない一杯。350円って書いたけどこれは店舗で販売するときの価格で、このときは店主さんがご馳走してくれたので実際は0円だったり(=ω=)


【南富良野町】といえば3年前に台風の影響で町内を流れる空知川が氾濫し町全体が水浸しになる災害が起こったのはまだ記憶に新しいところ。当時自分も微力ながら「南富良野町災害ボランティア」に2度ほど参加させていただきました。そのボランティア活動中に店主さん(そのときはまだ店主ではない)とお会いしたのが最後だから約3年ぶりの再会となります。短い時間だったけど久しぶりにお会いした店主さんは元気そうだったし色々な話が聞けて楽しい時間を過ごせました♪


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



バンドワゴンカフェ
●住所 北海道空知郡南富良野町字幾寅687番地
●電話
●営業時間 10:00~
●定休日 不定休・冬季休業(予定?)
●駐車場 有り(道の駅 南ふらの)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2019-10-25 18:00 | 上川地方 | Comments(0)

レストラン 羊飼いの家/士別市

2019年8月26日(月)



今回は知人のOCHIKA TEMPESTさんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせていただきますm(_ _ )m


レストラン 羊飼いの家/士別市_c0378174_17395386.jpg
この日のOCHIKA TEMPESTさんが向かったのは【士別市】の「西士別エリア」にある【レストラン 羊飼いの家】。初訪問だったようです。


レストラン 羊飼いの家/士別市_c0378174_17400414.jpg
レストラン 羊飼いの家】は、【羊と雲の丘】の頂上にあり、めん羊牧場と【士別市】の市街地、「天塩峠」などの眺望を楽しめるレストラン。地域ブランド羊肉である「士別サフォークラム」を使用したオリジナル料理を食べることができる。窓からは一面に広がった放牧場を見渡すこともでき、広大な景色を見ながら様々なメニューを楽しめる観光客から絶大な支持を得る人気レストランなんです(´ω`)


レストラン 羊飼いの家/士別市_c0378174_17401349.jpg
士別産牛ステーキ丼 1200円。

メインの牛肉は非常に柔らかく、醤油ベースのオリジナルソースとの相性は抜群で、わしゃわしゃと御飯が進みまくる完成された丼ぶりモン(´¬`) 素揚げされた地元産の野菜たちも名脇役の枠を超え主役級の美味しさなんだとか。てか、あえてサフォーク料理を食べないところがOCHIKA TEMPESTさんクオリティーwww


OCHIKA TEMPESTさん。貴重な食ネタありがとうございましたm(_ _ )m


※記事 モコ平



レストラン 羊飼いの家
●住所 北海道士別市西士別町5351
●電話 0165-22-2991
●営業時間 11:00~19:30
●定休日 年末年始 不定休有り
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2019-09-18 18:00 | 上川地方 | Comments(0)

富良野チーズ工房/富良野市

2019年7月21日()



今回は知人のMEG BEAMさんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


富良野チーズ工房/富良野市_c0378174_19520911.jpg
この日のMEG BEAMさんが向かったのは【富良野市】の「中五区エリア」にある【富良野チーズ工房】。ブログにUPするのは3度目になります。

白樺の木々にかこまれた自然豊かな場所にある【富良野チーズ工房】は、チーズの製造室や熟成庫を見学できるのはもちろん、チーズ工房で製造したチーズ、牛乳、バターを使用した菓子類などを販売している商業施設。また、本場イタリアはナポリで修行した職人が焼きあげる本格ナポリピッツアが食べられる「ピッツア工房」も併設されている。ほかにも牛の模型での乳搾り体験やチーズの歴史コーナー、チーズ職人になれる記念撮影コーナーなどがありお子様から大人の方まで楽しめる【富良野市】の人気観光スポットなんです(´ω`)


富良野チーズ工房/富良野市_c0378174_19521921.jpg
ふらのチーズスペシャル 1900円。

ふらのチーズ工房】で作ったワインチェダー、ホワイト、メゾンドゥピエール セピア、モッツアレラといった5種類のチーズを惜しげもなくトッピングしたスペシャリティなピザ。それぞれ個性のあるチーズを5種類も使ってるんだから味がぶつかり合うかなと思ってたら見事に調和。むしろ、この組み合わせが正解何でしょう。うましッ!(´¬`)


富良野チーズ工房/富良野市_c0378174_19523017.jpg
できたてチーズソフトクリーム 350円。

新商品だというソフトクリームは、新鮮な「ふらの牛乳」の甘さと【ふらのチーズ工房】のチーズのコクが見事にマッチした至高の一品。クセにならないワケがない。


富良野チーズ工房/富良野市_c0378174_19523946.jpg
ジェラート ダブル(ハスカップ&アスパラ) 400円。

北海道】らしさを重要視してハスカップとアスパラのジェラートをオーダー。ハスカップの酸味は口の中をさっぱりさせてくれ、アスパラ甘味と苦味が良い意味でちゃんとアスパラだったんだとか。良くわからんけど美味しかったってのは伝わってきたww


富良野チーズ工房/富良野市_c0378174_19524995.jpg
富良野市】といえばラベンダーですよね。これはどこの花畑かわからないけど綺麗なのは間違いない。


MEG BEAMさん貴重な食ネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m


※記事 モコ平



富良野チーズ工房
●住所 北海道富良野市中五区
●電話 0167-23-1156
●営業時間 9:00~17:00(4月1日~10月31日) 9:00~16:00(11月1日~ 3月31日)
●定休日 年末年始
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2019-08-29 18:00 | 上川地方 | Comments(0)

富良野チーズ工房/富良野市

2019年7月13日()



富良野チーズ工房/富良野市_c0378174_15290481.jpg

中富良野町】で【第39回なかふらのラベンダーまつり&花火大会】を堪能してきた後は、【富良野市】の「中五区エリア」にある【富良野チーズ工房】へ行ってきました。初訪問ですがブログにUPするのは2度目になります。



富良野チーズ工房/富良野市_c0378174_15291340.jpg
白樺の木々にかこまれた自然豊かな場所にある【富良野チーズ工房】は、チーズの製造室や熟成庫を見学できるのはもちろん、チーズ工房で製造したチーズ、牛乳、バターを使用した菓子類などを販売している商業施設。また、本場イタリアはナポリで修行した職人が焼きあげる本格ナポリピッツアが食べられる「ピッツア工房」も併設されている。ほかにも牛の模型での乳搾り体験やチーズの歴史コーナー、チーズ職人になれる記念撮影コーナーなどがありお子様から大人の方まで楽しめる【富良野市】の人気観光スポットなんです(´ω`)


富良野チーズ工房/富良野市_c0378174_15292107.jpg

富良野チーズ工房/富良野市_c0378174_15293189.jpg
メゾン・ドゥ・ピェール 895円。

工房の2階にある直売所でお土産用に購入したチーズ。とてもクリーミィで口当たりも良く、ほどよい塩味でビールが進む白カビタイプのチーズでした(´¬`) ちなみに、名前の由来は【富良野チーズ工房】の外観イメージである「石の館」をフランス語に訳したものなんだとか。


さすが一流の観光都市である【富良野市】にあるだけあって施設内は観光客でいっぱい。中でも「ピッツア工房」は1時間待ちだったのでピザはあきらめお土産を買って帰ることに。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



富良野チーズ工房
●住所 北海道富良野市中五区
●電話 0167-23-1156
●営業時間 9:00~17:00(4月1日~10月31日) 9:00~16:00(11月1日~ 3月31日)
●定休日 年末年始
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



タグ:
by mocohe23 | 2019-07-18 18:00 | 上川地方 | Comments(2)

第39回なかふらのラベンダーまつり&花火大会/中富良野町

2019年7月13日()




第39回なかふらのラベンダーまつり&花火大会/中富良野町_c0378174_16302256.jpg
この日は【中富良野町】の【中富良野町営ラベンダー園】で開催されてた【第39回なかふらのラベンダーまつり&花火大会】へ行ってきました。初参加になります。


第39回なかふらのラベンダーまつり&花火大会/中富良野町_c0378174_16303712.jpg
第39回なかふらのラベンダーまつり&花火大会/中富良野町_c0378174_16305767.jpg
第39回なかふらのラベンダーまつり&花火大会/中富良野町_c0378174_16310877.jpg
第39回なかふらのラベンダーまつり&花火大会/中富良野町_c0378174_16321032.jpg
第39回なかふらのラベンダーまつり&花火大会/中富良野町_c0378174_16322186.jpg
第39回なかふらのラベンダーまつり&花火大会/中富良野町_c0378174_16323025.jpg
まちのシンボル「北星山」にある【中富良野町営ラベンダー園】で毎年ラベンダー開花最盛期に開催される【なかふらのラベンダーまつり&花火大会】は、富良野地方の夏祭りオープニングを飾るイベント。キャラクターショー、バンド演奏をはじめ、【中富良野町】のグルメを味わえる飲食コーナーなども充実。また、夜の花火大会では、道内でも珍しい紫色のラベンダー花火と音楽のコラボなど多彩な仕掛け・演出が楽しめる。町内のお祭りレベルを超え、更に土地柄外国人観光客も多い人気イベントなんです(´ω`)


第39回なかふらのラベンダーまつり&花火大会/中富良野町_c0378174_16324278.jpg
ビール 500円。
魯肉飯(ルーローファン) 600円。

ビールの銘柄は安定感のある「サッポロ黒ラベル」。【中富良野町商工会議所】ブースで購入した「魯肉飯」は【台湾】の家庭料理で、豚のバラ肉をタレで煮込んだものを熱々のご飯にかけた美味しい丼物。甘いんだけど匂いはカレーという摩訶不思議アドベンチャー(´¬`)


第39回なかふらのラベンダーまつり&花火大会/中富良野町_c0378174_16325250.jpg
焼きホタテ 300円。

同じく【中富良野町商工会議所】ブースで購入したホタテ。貝殻がないので見た目はパッとしないけど、物凄く肉厚で今までで食べたホタテの中では1番美味しかったかも。ちなみに味付けは安心安定のバター醤油味。てか、この見事なホタテは何処産のヤツなんだろ?


第39回なかふらのラベンダーまつり&花火大会/中富良野町_c0378174_16330127.jpg
焼き鳥(10本) 900円。

よくある冷凍の焼き鳥ですが、炭火で焼いてるので美味しくなるマジック発動。と、思っていたら焼き過ぎで硬くなってて残念な仕上がりに(´Д`;)


第39回なかふらのラベンダーまつり&花火大会/中富良野町_c0378174_16331135.jpg
ポークワイン煮(フランスパン付き) 500円。

先に言っておきますが、これは自分がこれまでに参加したグルメ系イベント史上最も類を見ないほどハイレベルな料理とCPかと。何が良いかって、赤ワインをベースとしたオリジナルの汁に長時間かけて煮込まれた豚肉はホロホロで超絶ウマイッ! 更に、拳ぐらいある肉塊が2個も入ってるとゆうボリューミィさッ! それでいて500円とかマジでコスパが最強過ぎるッ!(=ω=) ブース名の表記がなかったのが唯一の心残り…。


第39回なかふらのラベンダーまつり&花火大会/中富良野町_c0378174_16332089.jpg
ビール(小) 500円。

滝川ビールクラフト工房】ブースで購入した「空知エール(小)」。ほんのり甘くフルーティで繊細なビールといった感じ。これはマジで美味しいんだけど小サイズで500円、中サイズで700円、大サイズで1000円とちょっとお値段がはるんですよね。


初めて参加したイベントだったけど、風景と料理にとても満足できました。夜まで滞在してなかったので花火は見てないんですよねぇ。次回参加時は夜に来るかー。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



中富良野町営ラベンダー園
●住所 北海道空知郡中富良野町本町9番1号
●電話 0167-44-2123(中富良野町役場産業建設課産業係)
●営業時間 9:00~18:00(観光リフト)
●営業期間 6月22日~8月31日(観光リフト)
●駐車場 有り(100台)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2019-07-15 18:00 | 上川地方 | Comments(0)

道の駅 あさひかわ/旭川市

2018年4月9日(月)



道の駅 あさひかわ/旭川市_c0378174_23170034.jpg
男山酒造り資料館】で日本酒を飲んで来た後は、同じく【旭川市】の「永山エリア」にある【道の駅 あさひかわ】へ行って来ました。ブログにUPするのは2度目ですが初訪問になります。



道の駅 あさひかわ/旭川市_c0378174_23170889.jpg
道の駅 あさひかわ】は大展示場をはじめとする多くの設備が充実。大展示場は1,500平方メートルの敷地で、自動車ショーなど色々なイベントが開催される。売店は北・北海道の(上川・留萌・宗谷)管内の特産品、フードコートはご当地グルメの「旭川ラーメン」をはじめとする、市内有名店が多数出店。非常に使い勝手の良い道の駅なんです(´ω`)


道の駅 あさひかわ/旭川市_c0378174_23171570.jpg
道の駅 あさひかわ/旭川市_c0378174_23172221.jpg
旭川市】のご当地キャラクター「あさっぴー」。本体ではないけど、もうなんども遭遇しています♪


※記事 モコ平



道の駅 あさひかわ
●住所 北海道旭川市神楽4条6丁目1番12号
●電話 0166-61-2283
●営業時間 9:00~19:00(売店) 11:00~20:00(フードコート) 9:00~16:00(パン工房)
●定休日 年末年始(道の駅にお問合せ下さい)
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



タグ:
by mocohe23 | 2019-03-12 18:00 | 上川地方 | Comments(0)

男山酒造り資料館/旭川市

2018年4月9日(月)



男山酒造り資料館/旭川市_c0378174_18503853.jpg
男山酒造り資料館/旭川市_c0378174_18513066.jpg
ベローズ フィールド ビーチ】で美味しいバーガーとパンケーキを食べた後は、同じく【旭川市】の「永山エリア」にある【男山酒造り資料館】へ行って来ました。初訪問になります。

男山酒造り資料館/旭川市_c0378174_18520507.jpg
男山酒造り資料館/旭川市_c0378174_18521207.jpg
男山酒造り資料館/旭川市_c0378174_18521941.jpg
男山酒造り資料館/旭川市_c0378174_18522871.jpg
男山酒造り資料館/旭川市_c0378174_18524702.jpg
男山酒造り資料館/旭川市_c0378174_18523820.jpg
北海道】【旭川市】の地酒と言えば道民なら誰もが知ってる【男山】。その【男山】340年の歴史と共に、【日本】の伝統産業の一つである酒造りの歴史と文化を伝える【男山酒造り資料館】では【男山】の由来や歴史的な資料,昔の酒造り道具などが展示されている。また、工場では実際の日本酒造りの工程を見学することもできる。資料館の1階には【男山】で造られるさまざまな日本酒の無料試飲や有料試飲・売店コーナーがある。日本各地の酒好きが足を運ぶ人気の観光スポットでもあるんです(´ω`)


男山酒造り資料館/旭川市_c0378174_18525663.jpg
今朝ノ酒(四月九日搾り) 無料。

「今朝ノ酒」は、仕込み期間のみ【男山酒造り資料舘】限定で販売している生原酒。その日のデキによって酒質と価格が変わるのは資料館の限定品ならでは。


男山酒造り資料館/旭川市_c0378174_18530424.jpg
男山 純米大吟醸 200円。

こちらは【男山】の代表銘柄のひとつでもある「男山 純米大吟醸」。穏やかな含み香、淡麗ながらも豊かに広がる上品な味わい、国内外の酒類コンクールにおいて数多くの金賞受賞を誇る至高の味(=ω=) ちなみにこちらは有料試飲で1杯200円。


男山酒造り資料館/旭川市_c0378174_18531294.jpg
北の稲穂 大吟醸 2149円。

40%まで磨き上げた北海道産酒造好適米を100%使用し、時間をかけて丁寧に醸した大吟醸酒。口当たりが柔らかく、雑味のない上品な余韻が心地良いお酒。自分用のお土産として購入したけど、いつのまにかなくなっていました。多分記憶が飛んだ後いっきに飲み干してしまったんだろうなぁ~勿体ない…。


男山酒造り資料館/旭川市_c0378174_18514175.jpg
日本酒が飲めるのも良いですが資料館も見応えがあり結構楽しめました。機会があれば再訪問したい場所ですねえ。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



男山酒造り資料館
●住所 北海道旭川市永山2条7丁目1番33号
●電話 050-5590-4383
●営業時間 9:00~17:00
●定休日 年末年始
●駐車場 有り(普通車50台・大型バス8台)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2019-03-07 18:00 | 上川地方 | Comments(0)

Bellous Field Beach/旭川市

2018年4月9日(月)



Bellous Field Beach/旭川市_c0378174_19453488.jpg
この日は【旭川市】の「緑町エリア」にある【ベローズ フィールド ビーチ】へ行って来ました。初訪問になります。


Bellous Field Beach/旭川市_c0378174_19460171.jpg
2012年の9月にオープンした【ベローズ フィールド ビーチ】。ランチタイムは「ハンバーガーとパンケーキ」を、ディナータイムは「ハワイアンフードと冷たいビール」を楽しめる2つの顔を持つカフェレストラン。看板商品の「ハンバーガー」は、道産食材を中心とした一番力を注いでる商品。特にこだわり深いのは、道産牛100%の肉汁滴る「パティ」と、北海道産の小麦粉を使用した、モッちりと引きが強い「バンズ」。一度食べるとクセになり、何度も足を運ぶリピーターが増殖中なんだとか。夜のメインである「ハワイアンフード」もバーガーに負けず劣らずの高い完成度を誇り、冷たいビールやワイン、カクテルなどと相性抜群。また、オシャレで落ち着いた店内は雰囲気が良く、おひとり様、デート、宴会など様々なシーンに使えるのも魅力のひとつ(´ω`)


Bellous Field Beach/旭川市_c0378174_19461243.jpg
アボガドチーズバーガー 1280円。

お店の人気No.1である「アボガドチーズバーガー」をチョイス。メインのバーガーにフライドポテトとミニサラダが付いてきます。非常に大きくてボリューミィなバーガーは店員さんに頼めば半分にカットしてくれます。説明文にも書いてあるけど道産牛100%のパティは肉汁ジュワッ系でめちゃめちゃジューシィ。旨味も強くもちもち系のバンズとの相性抜群! そこにアボガドとチーズが加わる事でよりパーフェクトなハンバーガーに。うまし!(´¬`)


Bellous Field Beach/旭川市_c0378174_19462059.jpg
ミックスフルーツパンケーキ 1180円。

こちらは桃やバナナ、数種類のベリーを使ったお店オリジナルのベリーソースがたっぷりと乗ったミックスフルーツパンケーキ。ほのかな甘味のパンケーキ本体と、フルーツたちのコラボレーションがたまらない一品。ホイップクリームとメイプルシロップの追加が無料なのも嬉しいポイント。


Bellous Field Beach/旭川市_c0378174_19462925.jpg
アイスティー 200円。
ジンジャーエール 200円。

通常料金は覚えてないけど、バーガーやパンケーキと一緒に注文するとドリンク類が200円になります。


お店の事前情報とかは一切仕入れてなく、たまたま車で店前を通り気になったので入店してみたらアタリだったというパターンのヤツです。料理の味も店内の雰囲気も良かったので機会があれば再訪問してみたいですねぇ。ディナータイムはお酒も飲めるようだし。



ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



Bellous Field Beach
●住所 北海道旭川市緑町12丁目2559-12 ABCヴィレッジ2F
●電話 050-5590-4383
●営業時間 11:00~16:00 18:00~22:00(食材が無くなり次第閉店する場合有り)
●定休日 火曜・不定休
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2019-03-05 18:00 | 上川地方 | Comments(0)

ニングルテラス/富良野市

2018年10月18日(木)



ニングルテラス/富良野市_c0378174_18244259.jpg
美瑛町】の【小さなパン店 リッカロッカ】で美味しいランチを堪能した後は、【富良野市】の【新富良野プリンスホテル】の敷地内にある【ニングルテラス】へ行って来ました。初訪問になります。

ニングルテラス/富良野市_c0378174_18245411.jpg
ニングルテラス/富良野市_c0378174_18250460.jpg
新富良野プリンスホテル】の敷地内にある【ニングルテラス】は、15棟のログハウスがつらなるロマンティックなショッピングエリア。テラス内には多種多様な店が出店しており、鍛冶屋や皮工房、ガラス工房など様々なクラフト系の作品を購入する事ができます。ちなみにニングルとは、脚本家「倉本聰」氏の著書「ニングル」の作品に登場する昔から【北海道】の森に住む身長15cmくらいの「森の知恵者」のこと。今では【富良野市】を代表する人気観光スポットなんです(´ω`)


ニングルテラス/富良野市_c0378174_18251510.jpg
ニングルテラス/富良野市_c0378174_18252662.jpg
何度も訪れている【富良野市】ですが、【ニングルテラス】に来たのはこのときが初めて。なんてゆーか、森の妖精たちが本当にいるんじゃないかと思わせるよーな雰囲気が非常に良く、機会があれば再訪問したくなっちゃうんですよねぇ。ただ、ほぼ全てのお店が撮影禁止だけど(´Д`;)

※記事 モコ平



ニングルテラス
●住所 北海道富良野市中御料(新富良野プリンスホテル)
●電話 0167-22-1111(新富良野プリンスホテル)
●営業時間 12:00~20:45(7月・8月は10:00~21:30)
●定休日 無休(店舗により異なる)
●駐車場 有り(390台)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



タグ:
by mocohe23 | 2019-02-26 18:00 | 上川地方 | Comments(2)