カテゴリ:上川地方( 31 )

第50回 北海へそ祭り/富良野市

2018年7月28日()



今回も知人のMEG BEAMさんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


c0378174_11364700.jpg
中富良野町】の【彩香の里】で絶景とシーツを堪能したMEG BEAMさんが次に向かったのは、【富良野市】で毎年7月に開催されている【第50回 北海へそ祭り】の会場。初参加だったようです。



c0378174_11365463.jpg
北海へそ祭り】は、【北海道】の中心「北海道中心標」の石碑もあり「北海道のへそ」とも言われる【富良野市】の【JR富良野駅】前にある商店街で、毎年7月下旬に開催される市を代表する祭りのひとつ。メインイベントは、お腹に図腹(ずばら)と呼ばれる顔を描いて踊る「へそ踊り」。お腹をくねらせながら踊り歩く姿は観客たちの笑いを誘います。また、グルメも充実しており、楽しく美味しい超人気イベントなんです(´ω`)


c0378174_11370241.jpg
独尊カレーおやき 300円。

市内にある超絶人気カレー店の【唯我独尊】ブースで購入したカレーの入った珍しいおやき。こだわりの本格カレースパイスが効いていて辛さとコクのバランスが良くクセになる美味しさで、おやきの生地と絶妙に合うんだとか。まぁ、元々【唯我独尊】の味を知ってるMEG BEAMさんだからこそのチョイスなんでしょうねぇ。

MEG BEAMさん貴重な食ネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m


※記事 モコ平


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-08-25 18:00 | 上川地方 | Comments(2)

彩香の里/中富良野町

2018年7月28日()



今回は知人のMEG BEAMさんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


c0378174_11090578.jpg
この日のMEG BEAMさんが向かったのは【中富良野町】の「丘町エリア」にある【彩香の里】。初訪問だったようです。


彩香の里】は「富良野盆地」と「十勝岳連峰」を望むラベンダー園。【中富良野町】にあるラベンダー園の中でも、【富良野市】寄りの小高い丘、南西側丘陵に位置するこのラベンダー園は、6ヘクタールもあるその広大さとラベンダーの種類の豊富さがお勧めポイント。「ラベンダー」以外にも、「クレオメ」や「サルビア」、「バーヘナ」「キンギョソウ」「ひまわり」など数種類の彩と香りを楽しむことができる。また、苗木・生花・オリジナル商品の販売や、敷地内にあるカフェレストラン【キッチン SKY】でスイーツなど【北海道】の食材を使用したグルメを食べることができる。道内外から大勢の観光客が訪れる人気の観光スポットなんです(´ω`)


c0378174_11091462.jpg
ラベンダーソフト ???円。

富良野地方の特産品(花)といえばラベンダー。ってことで注文したのは名物のラベンダー味のソフトクリーム。濃厚なのにさっぱりとした味わいでラベンダーの香りがたまらない一品。ラベンダーの香が苦手な人でもこれなら美味しくいただけるとのこと(´¬`)


MEG BEAMさん貴重な食ネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m


※記事 モコ平



彩香の里
●住所 北海道空知郡中富良野町字中富良野西1線北12号
●電話 0167-56-7441
●営業時間 8:00~17:00(6月~9月)
●定休日 冬季休業
●駐車場 有り(180台)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-08-24 18:00 | 上川地方 | Comments(0)

唯我独尊/富良野市

2017年6月23日(金)



今回は知人のMEG BEAMさんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


c0378174_10502832.jpg
この日のMEG BEAMさんが向かったのは【富良野市】の「日の出町エリア」にある【唯我独尊】。


JR富良野駅】から徒歩5分の場所にある【唯我独尊】は、地産地消にこだわった富良野カレー先駆けの店。その味は30種類以上のスパイスが効いてピリ辛。ただし、味わえば味わうほど旨味とコクがやみつきになり、リピーターになる人が多い。カレーやソーセージと一緒に富良野地ビールも楽しめるので、幅広い年代に好まれている超人気店なんです(´ω`)


c0378174_10503558.jpg
自家製ソーセージ付カレー 1130円。

唯我独尊】開店当初からの定番メニューであり、食べてほしいベスト3にも入ってる自家製のソーセージがトッピングされたカレーをオーダー。カレールゥはスパイスが効いていて辛さとコクのバランスが良くクセになる美味しさ。山桜の薪を使って燻したという自家製のソーセージは、ピリ辛のカレーと相性抜群なんだとか(´¬`)


それにしても、いつもはネタをすぐに送ってくれるMEG BEAMさんが、1年以上前のネタを今頃送ってくるなんて珍しい。それにしてもホント美味しそうなカレーだなぁ。


MEG BEAMさん貴重な食ネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m


※記事 モコ平



唯我独尊
●住所 北海道富良野市日の出町11-8
●電話 0167-23-4784
●営業時間 11:00~21:00(夏季7月8月は15:00までの営業)
●定休日 月曜
●駐車場 有り(10台)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く
別ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く playback



[PR]
by mocohe23 | 2018-08-01 18:00 | 上川地方 | Comments(2)

第43回 層雲峡 氷瀑まつり/上川町

2018年2月2日(金)



c0378174_23473273.jpg
層雲峡 朝陽亭】で美味しい料理と温泉を堪能した後は、同じく【上川町】の「層雲峡エリア」で開催されてた【第43回 層雲峡 氷瀑まつり】へ行ってきました。5年ぶり2度目の参加になります。



c0378174_23475161.jpg
c0378174_23482827.jpg
c0378174_23480207.jpg
c0378174_23481124.jpg
c0378174_23482068.jpg
c0378174_23490161.jpg
c0378174_23484471.jpg
c0378174_23485369.jpg
層雲峡 氷瀑まつり】は冬の「層雲峡」を代表する一大イベント。自然を最大限に生かして作られた氷像が石狩川沿いに立ち並び、ライトアップすることによって幻想的な光景を作り出だす。また、夜にはレーザーショーや花火の打ち上げが行われ会場にいる観客を楽しませる。日本人だけではなく外国から来た観光客にも超人気の【北海道】の冬を代表するイベントのひとつなんです(´ω`)


c0378174_23513974.jpg
上川町】のご当地キャラクター「かみっきー」。モチーフはエスポワールの鐘をかぶった近所に出没するヒグマの子なんだとか。てか、近所に出没するヒグマって…(´ω`;)


c0378174_23521209.jpg
無料配布されてたコンソメスープ。寒い環境でこの温かいスープは有難い。


c0378174_23522132.jpg
ウイスキーお湯割り 350円。
ホットカフェラテ 300円。

無料のコンソメスープを飲んでも超絶寒いこの環境化ではスグにカラダが冷えてしまいます。なので、グルメブースで有料のホットドリンクを購入してカラダを温めようとするんですけど、結局ソッコーで寒くなっちゃうんですよねぇ(´Д`;)


c0378174_23523480.jpg
c0378174_23524651.jpg
前回参加時はあまりの寒さに花火の開始時間まで会場に滞在する事が出来なかったけど、今回はなんとか頑張って花火を見る事ができました。丁度天気も良く月も出ていてより一層幻想ファンタジーな世界観でした(=ω=)


てか、このブログ【貧乏なりに食べ歩く】&【貧乏なりに食べ歩く 第二幕】の一発目の食ネタ投稿が【層雲峡 氷瀑まつり】だったんですよ。もうあれから5年たつのか…。うーむ、月日がたつのは早いなぁ。


ごちそうさまm(_ _ )m


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-07-08 18:00 | 上川地方 | Comments(0)

層雲峡 朝陽亭/上川町

2018年2月2日(金)



c0378174_22490870.jpg
c0378174_22491689.jpg
c0378174_22492523.jpg
札幌市】【北区】の【イタリアンワイン&カフェレストラン サイゼリヤ 札幌駅北口店】で早めのランチを済ませた後は、【JR札幌駅】から出発する無料送迎バスに乗り【上川町】の「層雲峡エリア」にある温泉ホテル【層雲峡 朝陽亭】へと移動。何年ぶりかわからないけど3度目の訪問になります。



c0378174_22522542.jpg
野口観光グループ】が運営する【層雲峡 朝陽亭】は、【上川町】にある温泉街「層雲峡」にある人気観光ホテルのひとつ。「層雲峡」の大自然を肌で感じられる天空露天「朝陽山」は【朝陽亭】が誇る絶景の湯。湯に浸かりながら、目の前にそびえる「朝陽山」が一望でき、「層雲峡」の柱状節理の岩肌を堪能できる。また、地産地消の食材にこだわった料理も人気理由のひとつ。和食本懐席フルコースやバラエティに富んだバイキングと老若男女問わず誰からも受け入れられる料理を提供。とにかくオールシーズンお客さんの絶えない攻守共にバランスのとれた人気温泉ホテルなんです(´ω`)


c0378174_22494035.jpg
c0378174_22494804.jpg
部屋は洋風と和風のどちらの雰囲気も味わえる和洋風の部屋をチョイス。まぁ、なんだかんだ言って普段ほとんど使う事のない和風の畳エリアで寝る事になるんですけどねw


c0378174_22495693.jpg
c0378174_22501006.jpg
c0378174_22502196.jpg
c0378174_22503014.jpg
c0378174_22504107.jpg
野口ホテル観光グループ】が運営する温泉ホテルが同時期に開催する人気グルメイベント「直送 市場めし」の会場。色々な種類の料理があり見てるだけでもテンションがUPします(´ω`)


c0378174_22545261.jpg
c0378174_22540641.jpg
c0378174_22543707.jpg
c0378174_22542878.jpg
c0378174_22541574.jpg
色んな種類の料理を食べたのでひとまとめにさせてもらいますが、どれもこれも美味しかったって事でひとつ。その中で強いてひとつあげるとしたらやっぱ自分の大好きな舞茸の天ぷらかなぁ。あと鹿肉を使た料理は【北海道】らしくて良かった(´¬`)


2018年2月3日()



c0378174_22545974.jpg
これは次の日の朝食の画像。朝食らしくあっさり系のメンツ。


もう本当マジで何年ぶりに宿泊したか覚えてないけど、久しぶりに来た【層雲峡 朝陽亭】は相変わらず満足できました。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



層雲峡 朝陽亭
●住所 北海道上川郡上川町層雲峡温泉
●電話 0165-85-3241
●営業時間 24時間営業
●定休日 無休
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-07-07 18:00 | 上川地方 | Comments(0)

居酒屋 あぶり屋/南富良野町

2016年9月30日(金)



c0378174_11145677.jpg
南富良野町】で「南富良野町災害ボランティア」に参加していた日のランチは、同町内の「幾寅エリア」にある【居酒屋 あぶり屋】に行ってみました。初訪問になります。



c0378174_11150433.jpg
居酒屋 あぶり屋】は串焼きが自慢の居酒屋。【JR幾寅駅】が近い事や真向かいに民宿があるという立地条件から地元民はもちろん観光客や民宿に長期宿泊している現場作業員などからも絶大の支持を得ている人気のお店なんです(´ω`)


c0378174_11151249.jpg
c0378174_11151918.jpg
????? 600円。

ランチメニューの中からチョイスしたのは間違いないんだけど正式名称を忘れてしまった(´Д`;) 大盛のライス、エビフライ、アジフライ、メンチカツ、磯部揚げ、ポテトサラダ、野菜サラダのワンプレートにホルモン汁が付いて600円は安い。一品一品丁寧に作られており味もレベルが高い。中でもホルモン汁は絶品中の絶品!(´¬`) このボリューミィで美味しいランチを食べたので午後からの作業も頑張れました。


この【居酒屋 あぶり屋】の記事を書くにあたり、お店の事を色々調べたんですが、通常ランチ営業はやってないっぽく、災害時期間だけの臨時営業だったのかなと? もう2年も前の事だからあんま覚えてないけどボランティアのゼッケンをしてると割引があったような。なんにしても機会があれば夜の居酒屋営業時に再訪問したいです。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



居酒屋 あぶり屋
●住所 北海道空知郡南富良野町字幾寅906
●電話 0167-52-3315
●営業時間 18:00~24:00
●定休日 日曜
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-06-22 18:00 | 上川地方 | Comments(0)

災害ボランティア/南富良野町




2016年8月、【北海道】を連続して襲った台風の影響で、【南富良野町】を流れる「空知川」は氾濫し、大きな被害をもたらした。水没する市街地の映像や、【南ふらの情報プラザ】に大量の水が流れ込む映像が何度も何度もTVのニュースで放映され被害の大きさを知る事になります。自分はこの数ヵ月前に【南ふらの情報プラザ】で開催された【南富良野エゾシカ料理推進協議会 ビールパーティー】に参加し、非常に楽しい時間を過ごした思い出の地。この状況を黙って見過ごせるはずもなく「南富良野町災害ボランティア」に参加する事を決意しました。


2016年9月6日(火)



c0378174_21240763.jpg
当時住んでいた【美唄市】から【南富良野町】まで車で約2時間半。ボランティア活動は朝8時からの開始だったので5時半には家を出る事に。途中のコンビニで雨具などを購入し、なんとか開始時間には間に合いました。「南富良野町災害ボランティアセンター」になっている体育館でチーム分けと活動内容などの説明を聞き、担当する地区へと移動。


c0378174_21241405.jpg
自分が配属されたチームは屈強な男たちしかいない(自分を除く)パワー系のPT。作業内容はある農家さんの家の半地下に溜まった泥をかきだし地上に運んで捨てるというミッション。溜まった泥をスコップでかき、バケツリレーで地上まで運び、外の農地に捨てるという単純作業だったんですが、なんせ自分はトリッキーなスピードタイプ。もちろんパワー不足で屈強な男たちの動きについていくことが至難の業だったんですが、意外となんとかなるもので全身泥だらけになりながらも最後まで作業を遂行する事ができました。ちなみに写真は泥まみれすぎて昼休憩に入れず一人農家さんちの納屋でメンバーの帰りを待ってるときに撮ったヤツです。でもまぁこれもまだマシなほうで、午後からの作業でパンツまで泥だらけになり(装備不足)、作業終了後は農家さんちの庭で水浴びするハメに。


c0378174_21242277.jpg
作業後に「南富良野町災害ボランティアセンター」でふるまわれたお料理の数々。おにぎりや大根の煮つけ、被害を免れた南富良野産のミニトマトなど、疲れたカラダには非常にありがたいものばかり。美味しくいただきました(´¬`)



2016年9月30日(金)


c0378174_21243137.jpg
c0378174_21243812.jpg
「南富良野町災害ボランティア」2度目の参加は9月最終の金曜日。この日の【南富良野町】は前回と打って変わって超晴天。配属された地区が偶然にも前回参加時と同じ農家さんの家。前回半地下から畑にかき出した泥が固まっており、それをダンプやショベルカーなどが入れる場所まで運び出すミッションでした。


c0378174_21244531.jpg
作業後に頂いたのは【コイケヤ】の人気商品「カラムーチョ」と、【月形町】の「まんまるトマト」というトマトジュース。「カラムーチョ」は【南富良野町】に工場があってそこで生産しているんですが、この時期は災害で工場稼働がストップ。なのでこれは別の地区の工場から送られてきた商品なんですよねぇ。


結局この年は2回しか「南富良野町災害ボランティア」に参加できませんでしたが、今現在もまだ復興作業進行中の【南富良野町】。なんとか陰ながら応援できたら良いなぁと思い、だいぶたってはいますがこの出来事を風化させないためにも今回記事を書かせていただきましたm(_ _ )m


※記事 モコ平


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-06-21 18:00 | 上川地方 | Comments(0)

民宿 岩本/南富良野町

2016年6月3日(金)



c0378174_19432302.jpg
南富良野エゾシカ料理推進協議会 ビールパーティー】でしこたまビールと美味しいものを堪能した後は、同じく【南富良野町】の「幾寅エリア」にある【民宿 岩本】へと移動。初訪問になります。



c0378174_19433893.jpg
JR幾寅駅】から徒歩5分と立地条件が良い【民宿 岩本】は、民宿ならではの家庭的雰囲気、サービスが好評で、釣りや山菜取りなどに訪れる人や家族連れも安心して泊まることができ、夏休みや冬休みに毎年やってくるリピーターも多い人気の民宿なんです(´ω`)


c0378174_19433029.jpg
一泊(素泊まり) 3800円。

シンプルな部屋で非常に落ち着ける空間。2年も前の事なのでもしかしたら今は価格が変更されているかもしれません。


※記事 モコ平



民宿 岩本
●住所 北海道空知郡南富良野町字幾寅市街
●電話 0167-52-2330
●営業時間
●定休日
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-06-19 18:00 | 上川地方 | Comments(0)

南富良野エゾシカ料理推進協議会 ビールパーティー/南富良野町

2016年6月3日(金)



c0378174_16184528.jpg
この日の夜は【南富良野町】の「幾寅エリア」にある【南ふらの情報プラザ】で開催された【南富良野エゾシカ料理推進協議会 ビールパーティー】に行ってきました。初参加になります。


c0378174_16185551.jpg
c0378174_16192308.jpg
南富良野エゾシカ料理推進協議会】とは、【南富良野町】のご当地グルメ開発や町のPRを目的としつくられた団体。積極的に活動を行っており、町内外問わず様々なイベントなどに参加、開発したご当地グルメ「なんぷエゾカツカレー」と町のPRを行っている。【南富良野エゾシカ料理推進協議会 ビールパーティー】は毎年初夏に開催する町民に大人気のイベントなんです(´ω`)


c0378174_16190469.jpg
c0378174_16191324.jpg
ビールパーティー 引換券 1000円。
やきとり(5本) 400円。

引換券は3枚つづりになっているので1000円でビールが3杯飲めるシステム。1杯330円と考えると良心的な価格かと。焼き鳥は冷凍モンだけど、ちゃんと炭火で焼いているので普通に美味しい。


c0378174_16193821.jpg
皮付きポテト 200円。

南富良野産のジャガイモを使った贅沢なフライドポテト。揚げたてホクホクでウマイ!


c0378174_16195427.jpg
エゾカツカレー ???円。

南富良野エゾシカ料理推進協議会】が試行錯誤の末つくりだした「なんぷエゾカツカレー」のミニサイズ版。新鮮なジビエを使用したカツは臭みがなく食べやすい。こだわりのカレーとの相性も良く何杯でもイケちゃう美味しさ(´¬`) 写真のカツが少ないのはPTメンバーに食べられちゃったからww


c0378174_16200190.jpg
いかゲソ 300円。

いかのゲソに衣を付けて揚げたもの。ビールのおつまみにピッタリなヤツです。


c0378174_16201733.jpg
おでん(1本) 100円。

お祭りなんかでよく見るこんにゃくと揚げかまぼこのシンプルな味噌おでん。


c0378174_16202613.jpg
つけもの 100円。

南富良野産のメロンの皮を使った珍しい漬物。きゅうりの漬物とは似て非なるもので、これは本当に美味しい。300円でも購入する価値がある!


c0378174_16203558.jpg
フランクフルト 250円。

自分好みの肉々しいフランクフルト。ケチャップ&マスタードが良く合います。


c0378174_16204637.jpg
ゆでたまご(2個) 100円
えだまめ 100円。
鹿ロースト 300円。

ゆでたまごとえだまめはノーマル。旨味が凝縮された鹿肉のローストは非常に美味しくビールでも良いけど日本酒が飲みたくなる一品でした(=ω=)


c0378174_16210363.jpg
これはビールパーティー引換券に記載されている抽選会で当たったもの。一人暮らしの身としてはこーいう景品が有難い。


c0378174_16211456.jpg
c0378174_16212453.jpg
会場近くにある【JR幾寅駅】。映画「鉄道員(ぽっぽや)」の撮影現場に使われたとかで今も映画内に出た「幌舞駅」として残されています。もちろん主な舞台となった「だるま食堂」も健在。


南富良野町民の為のイベントといっても過言ではないんですが、今回縁有って参加させていただきました。食べものは安くて美味しいしビールは進むわで参加者のみなさん楽しそうでほっこりするイベントでしたねぇ(´ω`)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-06-18 18:00 | 上川地方 | Comments(0)

居酒屋 天金/旭川市

2018年2月8日(木)



c0378174_18035889.jpg
【第59回 旭川冬まつり】で巨大雪像と美味しいグルメを堪能した後は、同じく【旭川市】の「4条通りエリア」にある【居酒屋 天金】へ行ってきました。初訪問になります。

c0378174_18040726.jpg
1967年創業の【居酒屋 天金】。とことん鮮度にこだわり、道内産の旬の食材を使用した料理が自慢。【北海道】ならではの料理はもちろん【居酒屋 天金】でしか食べられない一品も豊富に取り揃えている。地元民だけならず観光客のリピーターも多い超絶人気店なんです(´ω`)


c0378174_18041505.jpg
角サンハイボール(シングル) 360円。
お通し 330円。

1杯目はいつものハイボールからスタート。お通しのあら汁は【第59回 旭川冬まつり】の会場で冷えきったカラダを温めてくれる嬉しい一杯。


c0378174_18045462.jpg
ハバネロ入りホルモンの網焼き 430円。

あまりにもカラダが冷えきっていたので、超辛系の料理を食べて熱くなろうという作戦で注文した一品。予想通り辛さで汗が噴き出てきてボディホット作戦大成功。辛味だけが目立つわけではなく、旨味のバランスが良くウマイ(´¬`)


c0378174_18043015.jpg
ポテトサラダ 290円。

メインのポテトサラダよりも野菜のほうが多いような気がするけど気にしないw 素材にこだわってるだけあり真冬でも新鮮野菜。


c0378174_18043835.jpg
ゴボウの唐揚げ 400円。

ゴボウ自体あんま得意ではないんですが揚げたゴボウは話は別。揚げたては熱々ホクホクで超美味しいんですよねぇ(´¬`)


c0378174_18042353.jpg
八角刺身 680円。

冬が旬の八角刺は濃厚な旨みと脂の甘みがたまらない。旭川は内陸だけど、まわりに港町が多いので道内でも屈指の新鮮な魚料理が食べられる街なんです。


c0378174_18044743.jpg
ポテトフライ 430円。

シンプルなポテトフライなのに【居酒屋 天金】の手にかかれば酒の肴になります。ジャガイモ本体の甘味が強くホクホクでウマイ。


老舗なんだけど店員さんが若く非常にノリの良いお店でしたねぇ。もちろん料理はどれもこれも美味しく再訪問は確定です。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



居酒屋 天金
●住所 北海道旭川市4条通7右8
●電話 0166-22-3953
●営業時間 15:00~23:00
●定休日 年末年始
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-06-10 18:00 | 上川地方 | Comments(2)