<   2018年 03月 ( 26 )   > この月の画像一覧

VEGETABLE BAR Mahalo(コバルドオリ)/札幌市 中央区

2018年3月5日(月)



c0378174_14180869.jpg
この日のランチは【札幌市】【中央区】の「札駅エリア」に昨年12月にオープンした【コバルドオリ】内にある【野菜バル Mahalo(マハロ)】へ行ってきました。初訪問になります。


c0378174_14181619.jpg
コバルドオリ】は大きな人の流れがある札幌駅前通と裏路地の雰囲気を持ち合わせる仲通りに面しており、路地には雰囲気を重視した落ち着いたデザインの店舗が並ぶ複合型商業施設。その【コバルドオリ】のオープンと共に営業を開始した飲食店のひとつが、新鮮食材を使った料理がウリの【野菜バル Mahalo(マハロ)】。今流行りのチョップドサラダなどのヘルシーメニューをはじめ、ロコモコやモコチキン、お酒によく合うメニューが豊富。店内はハワイアンなおしゃれ空間で、女子会にもオススメなハワイアンダイニングなんです(´ω`)


c0378174_14182463.jpg
c0378174_14183248.jpg
ロコモコセット 880円。

「ランチメニュー」の中からロコモコのセットメニューをチョイス。丹念に練り上げた自家製パテと、じっくり煮込んだデミグラスソースで仕上げたハンバーグはご飯が進む一品。上に乗ってる目玉焼きの黄身を崩せばマイルドチェンジで更に食が加速します(´¬`) ちなみに、ランチメニューはドリンクとジェラートがセットになっています。


c0378174_14183867.jpg
ガーリックシュリンプ(単品) 780円。

にんにくが食べたい気分だったので「Maharoサンドメニュー」の中からガーリックシュリンプをチョイス。プリプリのえびと新鮮野菜にガーリックが効いた店オリジナルのコクうまソースを組み合わせて、こだわりのパンでサンドする事により、味・香り・食感のどれもが満足のいく高次元の美味しさに。


訪問したのが平日の昼間ちょい前ぐらいだったので何も考えず入店したんですが、店員さんに「ご予約されていますか?」と聞かれ思わず「え?」ってなりましたよ。たまたま狭い席がひとつ空いてたので入店することはできたんですが、あとの空席が全部予約で埋まってたところを見ると、オープンしてからわずかな期間で人気店になっているようです。次回訪問時は予約していったほうがいいのかな。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



VEGETABLE BAR Mahalo
●住所 北海道札幌市中央区北4条西3丁目1-17 コバルドオリ内
●電話 050-5594-7078
●営業時間 11:00~23:00
●定休日 無休
●駐車場 無し(近隣にコインパーキング有り)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-03-31 18:00 | 札幌市 中央区 | Comments(0)

中國料理 奉天楼/美唄市

2018年3月9日(金)



c0378174_08284117.jpg
この日は【JR美唄駅】から徒歩数分の場所にある本格的中華料理の店【中國料理 奉天楼 美唄支店】で歓迎会がありました。もう何度も来てますがブログで扱うのは3度目となります。

c0378174_08285041.jpg
いかにもといった派手な外観が印象的な【中國料理 奉天楼】は【美唄市】で唯一の中華料理専門店。繰り出される料理はどれもレベルが高く評判のお店なんです。また、従業員も本場の方で、たまに注文がストレートに通じない場合があるけど、そこはご愛嬌(´ω`)


c0378174_08292911.jpg
酢豚 680円。

豚肉の唐揚げと甘酢ダレの相性が抜群! 野菜もシャキシャキで美味しい一品。


c0378174_08294050.jpg
エビチリソース 680円。

ここのエビチリソースは甘辛具合が丁度良く、エビもぷりっぷりでウマイんですよねぇ(´¬`)


c0378174_08295417.jpg
かに玉スープ ???円。

かに玉みたいなふわふわなスープ。蟹と椎茸の旨味が存分に引き出されていて美味しい。


c0378174_08300389.jpg
エビハルマキ 450円。

カリカリに揚げられた表面、熱々トロトロの海老餡、どう考えても美味しい組み合わせ。訪問時には必ず注文しちゃう一品。


c0378174_08301570.jpg
鶏肉の中国味噌炒め 680円。

中国の味噌を使用した鶏肉の炒め物。中国味噌独特の風味とカシューナッツの食感がクセになる一品。初食だったけど、これはウマイ(´¬`)


c0378174_08302320.jpg
マーボー豆腐 680円。

さすが本場のマーボー豆腐は山椒がキリッと効いていてウマイ!辛さ具合も丁度良い。


c0378174_08303460.jpg
チャーシューチャーハン 720円。

さすが中華料理の専門店がつくる炒飯なだけあって非常に美味しい(´¬`) 昼時にはこの炒飯目的で来店するお客さんも少なくないとか。


c0378174_08304915.jpg
中華餡かけ焼きそば 780円。

これも定番中の定番メニュー。濃いめの餡が麺と絡んでたまらない美味しさに。


c0378174_08310134.jpg
かにチャーハン 720円。

この日2皿目のチャーハン。かにの旨味が口の中に広がります。チャーシューチャーハンとは別のベクトルで美味しい。


c0378174_08311287.jpg
中国風豚角煮 980円。

独特の旨味と風味が同居するトロトロになった角煮。初食だったけど、これもまたウマイ(´¬`)


c0378174_08312574.jpg
椎茸と竹の子オイスターソース炒め 680円。

オイスターソースの風味がシャキシャキの竹の子と椎茸の旨味をランクアップさせた一品。


c0378174_08313805.jpg
スープ入り肉まんじゅう 380円。

ひとくち噛むと中から熱々で美味しいスープがトロっと出てくるヤツです。これは美味しい。


c0378174_08315283.jpg
蝦チャーハン 720円。

これは過去に食べた事があるので美味しいのは保証済み。てか、この日だけでチャーハンコンプリートってww


c0378174_08320525.jpg
杏仁豆腐 420円。

中華料理のデザートの定番。


c0378174_08321214.jpg
杏仁アイス 400円。

これを食べて口の中をサッパリさせます。それにしても杏仁豆腐味のアイスって面白いなぁ。


久しぶりの【中國料理 奉天楼】で「どんだけ食うんだッ!」ってぐらい飲み食いしました(´д`;) まぁ、美味しいから飲食が進んでしまうんですよねぇ。そして相変わらずオカーサンの接客がカタコトで面白いw


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



中國料理 奉天楼 美唄支店
●住所 北海道美唄市東1条南3-1-1
●電話 0126-64-2788
●営業時間 未確認
●定休日 未確認
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-03-28 18:00 | 空知地方 | Comments(0)

金滴酒造/新十津川町

2018年3月18日()



c0378174_15413192.jpg
石窯カフェ ヤマト】で美味しいピザを食べた後は、同じく【新十津川町】の「中央エリア」にある【金滴酒造】に行ってみました。初訪問になります。

c0378174_15414049.jpg
金滴酒造】は明治39年の創業以来110年以上の歴史がある【新十津川町】が誇る人気の酒蔵。酒の命と称えられる仕込み水は、「ピンネシリ山系」に源を発する、清冽にして豊麗な雪清水が流れをつくる「徳富川」の伏流水を吸み、米は道産の酒造好適米を厳選して用いて造り豊醇でまろやかな味に仕立てている(´ω`)


c0378174_15414854.jpg
純米吟醸 社氏の夢呑(300ml) 464円。

地元産酒造好適米「吟風」をメインに空知産の酒造好適米を多く使い、全糧道産米で仕込んでいるという手造りの少量生産の本酒。非常にサラリとした感じの咽喉こしの良い、キレの良いお酒でした。


金滴酒粕ラーメン 200円。

日本酒よりも本当の目的はこちらのラーメンをGETすることでした。自社の酒粕を使用した塩味のラーメンは、風味豊かで味わい深いスープが中細の麺にからむからむ。これはマジでウマイ!(´¬`) そして作ったときの写真を撮り忘れるという痛恨のミスww


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



金滴酒造
●住所 北海道樺戸郡新十津川町字中央71-7
●電話 0125-76-2341
●営業時間 8:30~17:30(平日) 10:00~16:00(土日祝)
●定休日 正月三が日
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-03-26 18:00 | 空知地方 | Comments(0)

石窯カフェ ヤマト/新十津川町

2018年3月18日()



c0378174_21370897.jpg
この日のランチは【新十津川町】の「大和エリア」にある【石窯カフェ ヤマト】でした。初訪問になります。


c0378174_21371564.jpg
ご主人とその家族が逐57年の古民家を自分たちで改装し2016年4月にオープンした【石窯カフェ ヤマト】。木の雰囲気を残した和風カフェで、自家製の石窯で焼いたピザやスイーツなどが味わえる。また、広大な農地の中にあり、店の窓からは【新十津川町】の四季折々な景色なども楽しめる。11時のオープンと同時に満席になるほどの人気店なんです(´ω`)


c0378174_21372730.jpg
c0378174_21373694.jpg
マルゲリータピザ(ランチセット) 1000円。

トマトソースとモッツァレラチーズのオーソドックスなピザ。シンプルがゆえに味の誤魔化しが一切通用しない奥の深いヤツです。トマトソースの程よいの酸味、ジェノベーゼソース独特の味と香り、とろっとろのモッツァレラチーズ、しっとり系の生地(外側はパリパリ)、これらのバランスが非常に良く、とにもかくにも美味しい(´¬`) サイズは大きいけど生地は薄目なのでモリモリ食べれます。ちなみにランチセットにしているのでミニサラダとドリンクがついてきます。


c0378174_21374404.jpg
季節限定ピザ(ランチセット) 1050円。

この日の「季節限定ピザ」は「野沢菜、ベーコン、クリームチーズのピザ(ガーリック風味)」でした。自分の好きな具材ばかりの組み合わせだったので即決オーダー。こんなのなんてもう食べる前から美味しいと判明してるヤツですよねぇ。ベーコンとクリームチーズ2種類の旨味と野沢菜の塩味が超ベストマッチ。そこにガーリックが加わって更にピザの美味しさを引き上げます。そして刻みのりの風味がまた良い仕事するんですよ。これは通常メニューに加えて欲しいぐらいの美味しいピザでした(´¬`)


美味しくてリーズナブルでお店の雰囲気も良いときたらもうパーフェクトですよねぇ。再訪問は確定でしょう。


全然カンケーないけど、お店に行ったら満席だったので名前を伝え駐車場に止めてた自分の車の中で待機していました(このお店な人気店なので、車内待機している人たちが結構いる)。そんな中、自分の隣空きスペースに若いオネーチャンの運転する車が頭から入ってきたんです。が、運転スキルが超低いらしく頭から入れてるのにもかかわらず、ハンドルを何度切り返しても斜めになり、マジで自分車にこすりそうになるんですよ。もう真横で見てるだけでハラハラ状態(´Д`;) 運転変わってやろうかと思うぐらいにww 結局オネーチャンは途中で諦めて、そのままの状態でお店に入って行きました。食事が終わるのはこっちが先だからそんな状態の中、車を駐車場から出すのにホント苦労しましたよ…。 アレはもう一回教習所に行ったほうがいーなぁ。 ってゆーお話ww


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



石窯カフェ ヤマト
●住所 北海道樺戸郡新十津川町字大和127-5
●電話 080-9008-0810
●営業時間 11:00~19:00
●定休日 火曜・水曜
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-03-25 21:45 | 空知地方 | Comments(2)

全室個室 海鮮と串焼 珀や/札幌市 北区

2017年11月17日(金)



c0378174_19172230.jpg
この日のは【札幌市】【北区】の【JR札幌駅】から徒歩数分の場所にある【全室個室 海鮮と串焼 珀や 札幌駅北口店】へ飲みに行ってきました。初訪問になります。


c0378174_19172811.jpg
全室個室 海鮮と串焼 珀や】は、その名の通り全室が完全に個室になっており、2名用の小部屋もあれば50名まで入れる大部屋があったりと用途に合わせて利用できる。通常の単品居酒屋メニューから、旬の海鮮やブランド牛を使用した本格的な宴会コースもあり、使い勝手は本当に幅広い。週末は予約必須の人気居酒屋なんです(´ω`)


c0378174_19173537.jpg
本日のおかしら付き刺身盛り 180円。
飲み放題(2時間) 1080円。

1組1回しか注文できないという破格の刺身盛り。この日の魚はイワシで鮮度も良く美味しくいただけました。こーゆうビックリメニューがあるの良いですねぇ(=ω=) お酒の写真を撮るの忘れたけど、やっぱ都市は飲み放題の価格が安くて良いなぁ。


c0378174_19174374.jpg
冷やしトマトチーズソース 480円。

キンキンに冷えたスライストマトの上にコクのあるチーズソースがかかったサラダ。トマト自体美味しいんですが、アクセントのパプリカとアボガドも良い仕事しています。


c0378174_19175063.jpg
ひな皮串 100円。

パリパリジューシィで美味しいひな皮串。飲んでたときには気づかなかったけど、【珀や】の串焼きって全品100円なんですねぇ♪


c0378174_19175720.jpg
濃厚エビの出汁香るアヒージョ 580円。

その名にふさわしくエビの旨味がめちゃくちゃ出てたアヒージョ。これはマジで美味いんだけど、バケットがあればもっと良かったかなぁ。


c0378174_19180579.jpg
豚カシラ串 100円。
鶏串 100円。

豚カシラが100円って凄い! 当然どちらの串もジューシィでウマイ(´¬`)


c0378174_19181296.jpg
フライドポテト 480円。

揚げたてアツアツのフライドポテト。系統的には【マクドナルド】と同タイプ。安心安定の味。


実はこのお店何度か訪問してるんですが、いつも満席で入れたためしがなく、今回は事前に予約を入れて行ったんです。料理は美味しいし、個室でのびのびできるし、なんといってもリーズナブルだし、再訪問は確定でしょう。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



全室個室 海鮮と串焼 珀や 札幌駅北口店
●住所 北海道札幌市北区北9条西3丁目19-1 ノルテプラザ1F
●電話 050-5283-1578
●営業時間 17:00~0:00
●定休日 無休
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-03-24 18:00 | 札幌市 北区 | Comments(4)

Angelique Voyage/函館市

2018年3月9日(金)



今回も知人のMEG BEAMさんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


c0378174_19085313.jpg
Hotel & Spa Resort LA VISTA 函館ベイ】と【函館市熱帯植物園】を後にしたMEG BEAMさんが次に向かったのは【函館市】の「弥生町エリア」にある【アンジェリックヴォヤージュ】。初訪問だったようです。

c0378174_19090750.jpg
函館の港と夜景の見える好立地にたたずむ【アンジェリックヴォヤージュ】。道内の厳選食材を使用したスイーツは、地元民だけではなく観光客にも大人気。とくに人気なのは、生クリームやチョコレートを使った「ショコラボヤージュ」。ひと粒ひと粒毎日手作り。1日100箱限定の商品だけど、マッハで売り切れるほど。「ショコラボヤージュ」以外のクレープやケーキなども完成度が高く、総合的に何を食べても美味しい。とにかく超絶人気パティスリーなんです(´ω`)


c0378174_19091852.jpg
いちごクレープ 500円。


c0378174_19092471.jpg
もっちもちの生地の中にフレッシュ生クリームとフレッシュいちごが入ったクレープ。賞味期限が30分に設定されていることから本当に新鮮なのがわかります。マジウマなんだって!


c0378174_19093280.jpg
ショコラヴォヤージュ(12個入り) 1300円。


c0378174_19093815.jpg
こちらが【アンジェリックヴォヤージュ】1番人気の「ショコラヴォヤージュ」。生チョコで生クリームをコーティングしたもので、解凍時間によっていろいろな食感が楽しめる優れもの。味の濃い生チョコと甘さ控えめの生クリームのバランス加減が絶妙でかなり美味しかったらしい(´¬`) ちなみにこれは自分用のお土産に購入したんだとか。


MEG BEAMさん貴重な食ネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



Angelique Voyage
●住所 北海道函館市弥生町3-11
●電話 0138-76-7150
●営業時間 10:00~19:00(売り切れ次第閉店)
●定休日 月曜(祝日の場合翌日休)
●駐車場 無し(近隣に有料駐車場有 1500円以上お買い上げで1時間無料)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-03-23 18:00 | 渡島地方 | Comments(0)

Hotel & Spa Resort LA VISTA 函館ベイ/函館市

2018年3月9日(金)



今回も知人のMEG BEAMさんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


c0378174_11422050.jpg
この日のMEG BEAMさんが向かったのは【函館市】の【JR函館駅】から徒歩15分の場所にある【Hotel & Spa Resort LA VISTA 函館ベイ】。まぁ、正確には前日から宿泊してるんですけどねぇ。

Hotel & Spa Resort LA VISTA 函館ベイ】といえば何といっても「朝食のおいしいホテルランキング」道内7年連続第1位のゴージャスで美味しい朝食が超有名。このため閑散期以外で予約を取るのが非常に困難な超人気ホテル。最上階にある露天風呂からは【函館市】の街並みや海といった最高の眺望が楽しめる。また、【金森倉庫】まで徒歩3分の好立地も魅力のひとつ(´ω`)


c0378174_11422825.jpg
そしてこれが道内7年連続第1位の朝食ってヤツです。メインはやっぱ新鮮で種類豊富な海産物でしょう。MEG BEAMさん曰くどれひとつとっても完成度が高く美味しかったと言ってました(´¬`) それにしても朝食をとった「北の番屋」が他のホテルでは見たことないぐらい混んでいたらしい。さすが超人気朝食だけあります。


c0378174_11423591.jpg
これは【函館市熱帯植物園】の中にある通称「お猿の温泉」。年間通しでやっているワケではなく、12月1日からゴールデンウィークまでの期間限定。函館の冬の風物詩のひとつなんです(=ω=)


MEG BEAMさん貴重な食ネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



Hotel & Spa Resort LA VISTA 函館ベイ
●住所 北海道函館市豊川町12-6
●電話 0138-23-6111
●営業時間
●定休日 無休
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-03-22 18:00 | 渡島地方 | Comments(0)

極上うにと四季海鮮 うに むらかみ/函館市

2018年3月8日(木)



今回は知人のMEG BEAMさんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


c0378174_12593041.jpg
この日のMEG BEAMさんが向かったのは【函館市】の「函館朝市エリア」にある【極上うにと四季海鮮 うに むらかみ 函館本店】。


c0378174_12593654.jpg
極上うにと四季海鮮 うに むらかみ】は東京築地にも卸すウニ加工会社の直営店。1年中を通して道内各地の旬のウニを無添加のまま味わえる数少ないお店。また、店内にはイケスも設置されていて、生きた魚介をその場で捌いてくれるから、ウニ以外の魚介料理も新鮮そのものでメニューも豊富。観光客の中でもリピーターになる人が続出するほどの超絶人気店なんです(´ω`)


c0378174_12594534.jpg
無添加生うに丼(Sサイズ) 2592円。

うに むらかみ】の人気No.1がこれ。ミョウバン不使用だからうに本来の味が楽しめる贅沢な逸品。臭みのない本物のうには甘味と塩味のバランスが良く、クリーミィでたまらない美味しさなんだとか(´¬`)


c0378174_12595124.jpg
うに、いくら丼 3780円。

こちらは人気No.3のうにといくらの丼。もちろんうには店自慢の無添加生うに。そして海産物に絶対の自信を持つだけありいくらも非常に美味しかったようです。みそ汁はふのり、がごめ昆布入りで優しい味。


c0378174_13000023.jpg
自家製うに屋のウニグラタン 918円。

うに&ホワイトソースが非常に濃厚。極上の香ばさとクリーミィさで女性にダントツ人気なんだとか。


c0378174_13000912.jpg
生うに入りだしまき玉子 1296円。

ふわっふわのだしまき玉子の中にとろっとろのうにがイン! これもまた普段とは違ったうにの食べ方で感動を覚えるほどらしい(=¬=)


さすが食のプロハンターMEG BEAMさん、相変わらずお高いところ攻めるなぁ。自分じゃまず食べることのないうに料理の数々に圧倒されてしまいます。(´Д`;)


MEG BEAMさん貴重な食ネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



極上うにと四季海鮮 うに むらかみ 函館本店
●住所 北海道函館市大手町22-1
●電話 0138-26-8821
●営業時間 11:00~14:30 17:00~22:00(11/1~4月下旬)
●営業時間 9:00~14:30 17:00~22:00(4月下旬~9/30)
●定休日 水曜
●駐車場 無し(近隣に有料駐車場有)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-03-21 18:00 | 渡島地方 | Comments(2)

炭焼と和酒 居酒屋ななふく/札幌市 中央区

2018年3月19日(月)



c0378174_19131403.jpg
この日の夜は【札幌市】【中央区】の「すすきのエリア」にある【炭焼と和酒 居酒屋ななふく】で飲み会でした。初訪問になります。


北海道】を中心に飲食店を展開する【WOOD PIECE】が2016年4月にオープンさせた【炭焼と和酒 居酒屋ななふく】。道内産の食材を中心に四季折々の旬の野菜、魚介、厳選したお肉などを、素材本来の美味しさを最大限に引き出す「炭焼」で味わえる大人の個室居酒屋。日本酒、焼酎(芋・麦・米・蕎麦)、泡盛、果実酒など、お料理に合う和酒を常時50種取揃えており、期間限定で希少価値の高い和酒が入るときも。店内はシンプルな和モダン空間で、デートや飲み会など様々なシーンに合わせ使う事ができる。


気まぐれ炭焼コース(2時間飲み放題・料理7品) 3000円。


c0378174_19132747.jpg
カリカリごぼうのシーザーサラダ。

カリっと揚げられたごぼうの食感がクセになるサラダ。野菜も新鮮で良い感じ。


c0378174_19134004.jpg
胡麻ハマチ。

炭焼と和酒 居酒屋ななふく】が自信をもってオススメする一品。ミョウガ、ネギ、胡麻、もみ海苔などたっぷりの薬味と一緒に食べるオリジナルのハマチ刺。これはマジで美味しいやつでした(´¬`)


c0378174_19135548.jpg
本日のお漬物3点盛り合わせ。

この日はいぶりがっこ、キムチ、柴漬けの3種。どれも美味しかったけど、中でもキムチが辛くて美味しかった。


c0378174_19140847.jpg
3種芋のフライドポテト。

インカの目覚め、男爵、長芋のフライドポテトは、異なった味と食感が楽しめてウマイ(´¬`)


c0378174_19141766.jpg
炭焼3点盛り合わせ。

焼きキャベツ、豚串、鶏串の盛り合わせ。焼いたキャベツはホクホクで美味しい。チーズドレッシングも良い感じ。串焼きはかなーりシンプル。


c0378174_19142406.jpg
〆のWスープラーメン。

鶏ガラとあご節を使用した醤油ベースのスープは旨味と塩味が非常に強く味が濃い。麺との相性は良く、なかなか美味しい。それにしても鍋コースでもないのにラーメンが組み込まれてるのって面白いなぁ。


c0378174_19143235.jpg
シャーベット。

最後に出てきた柑橘系のシャーベット。口の中をすっきりリセット。


c0378174_19144402.jpg
自家製香味ザンギ 590円。

これはコースとは関係なく単品でオーダーしたもの。揚げたて熱々でウマイ! 甘辛ダレが良い仕事をしていました(´¬`)


本当に美味しい料理もあれば、ダメな料理もある。オシャレな店内だけど、トイレのスグ隣の席でクサイ。途中で換えのおしぼりが出てきたりと行き届いたサービスがあると思ったら、飲み放題の飲み物の提供がクソほど遅い(今まで行ったお店の中でもかなり遅い)。それじゃ再訪は問無し? と聞かれると再訪問してみたいという気持ちもないワケではない。ん~なんだろう…。天使と悪魔が同居しているような非常に評価しづらいお店だったということです(´Д`;)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



炭焼と和酒 居酒屋ななふく
●住所 北海道札幌市中央区南3条西2-15 アガシャビル1F~3F
●電話 011-242-2000
●営業時間 17:00~24:30(月~土・祝前) 17:00~23:00(日祝)
●定休日 無休
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-03-20 19:30 | 札幌市 中央区 | Comments(0)

BENTOSS/岩見沢市

2018年3月7日(水)



c0378174_20252593.jpg
この日のランチは【岩見沢市】の「4条通りエリア」にある【BENTOSS 4条通り店】で購入したお弁当でした。初訪問になります。


弁当屋や食堂、そば屋などいろいろなお店を展開している【アイチフーズ】。その中でも1番の代名詞ともいえるお店が道内や道外、はたまた【アメリカ】にも店舗をかまえるテイクアウト弁当の専門店【ベントス】。食に対する思い入れが強く、契約農家から仕入れた安心安全な野菜を豊富に取り入れ、栄養バランスを考えた商品を一から店内で調理する事にとことんこだわっている。ヘルシー弁当から、超ボリューミィ弁当など様々なお弁当を扱っているので、老若男女問わず幅広い層に人気のあるお弁当屋なんです(´ω`)


c0378174_20253119.jpg
豚ロース焼肉弁当 520円。

たまにご飯と肉をガッツリ食べたくなるなるので、数ある種類のお弁当の中から「豚ロース焼肉弁当」をチョイス。オリジナルのスパイシーな甘辛ソースがかかった豚肉は柔らかくて甘みが強く美味しい。間違いなくご飯が進むヤツです(´¬`) 肉の下にある塩コショウだけで味付けされたシンプルパスタも地味にお気に入り。たくあん以外はペロっと完食。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



BENTOSS 4条通り店
●住所 北海道岩見沢市5条西15丁目2-3
●電話 0126-23-3011
●営業時間 9:00~21:00
●定休日 年末年始
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-03-17 20:30 | 空知地方 | Comments(2)