<   2018年 05月 ( 29 )   > この月の画像一覧

飯酒屋 ぼおの(移動販売車)/美唄市

2018年1月23日(火)



c0378174_11553427.jpg
この日は【美唄市】中心部からちょっとだけ離れた場所にあった【飯酒屋 ぼおの(移動販売車)】で晩御飯用のお惣菜を購入しました。


美味しくてボリューミィな料理が人気の【飯酒屋 ぼおの】。通常は店舗で営業しているが、時期になると市内外の様々なイベントに出店。移動販売車では限られた品数しか販売されないが、どれもこれもレベルが高く会場内でも屈指の人気ブースに。イベント内容により料理の内容をガラッ変えるのも【飯酒屋 ぼおの】ならでは(´ω`)

c0378174_11554223.jpg
とりチリ(大) 600円。

仕事帰りトボトボ歩いていたら、近所の空き地で【飯酒屋 ぼおの】さんの移動販売車がまさかの営業してるじゃないですか!Σ(ΦДΦ) しかも真冬の真っ只中に。更に冬季限定のオリジナルメニューまであるんだから購入しないわけにはいかないですよねぇ。というわけで普段は食べる事のできない「とりチリ」を買ってみました。まぁ、【ぼおの】のザンギの完成度の高さはもう何度も食べているので立証済みですが、チリソースとの組み合わせは初食。パリっとジューシィなザンギと甘辛いチリソーズの組み合わせがめちゃウマイ!(´¬`)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



飯酒屋 ぼおの(移動販売車)
●住所 北海道美唄市西1条南3丁目
●電話 0126-66-6086
●営業時間 店舗営業後の数時間
●営業日 冬季間の一時期のみの営業
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-05-31 18:00 | 空知地方 | Comments(0)

旨らーめん おっぺしゃん/札幌市 東区

2018年5月12日()



今回は知人のLovelessさんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


c0378174_15140731.jpg
この日のLovelessさんが向かったのは【札幌市】【東区】の「北14条エリア」にある【旨らーめん おっぺしゃん 北14条光星店】。初訪問だったようです。


宮城県】に本店がある【旨らーめん おっぺしゃん】は「熊本ラーメン」の専門店。気になる店名は熊本弁で「決してべっぴんではないが気立てのよい人気者」という意味。見栄や格好にとらわれず流行に流されず本当に旨いもんを作りたい。楽しんでいただきたい。という想いからこの店名にしたんだとか。自慢のラーメンをはじめ、野菜やごはんに至るまで旨いものが食べられる、家族連れや学生、社会人などでいつでも賑わってるラーメン店なんです(´ω`)


c0378174_15141458.jpg
おっぺしゃんネギ盛りらーめん 880円。

創業以来変わらぬ味を貫き通している不動の看板メニュー「おっぺしゃんらーめん」のネギ盛りバージョン。豚骨を一昼夜煮出して、搾りだした濃厚スープと、じっくりローストして香りを閉じ込めた黒マー油(焦がしニンニク油)のスープが、無添加の自家製シコシコ細麺にからまり、濃厚な中にほんのり小麦が香る美味しいラーメンにネギの香ばしさもプラスされ一層美味しくなるんだとか(´¬`)


名前のインパクトが強く店前を通るたびに気になってたんですよ。そんな中知人のLovelessさんからネタをいただいたので参考にさせてもらいます。それにしても【北海道】に進出してきてからまだそんな月日がたってないのに、今既に3店舗目を【岩見沢市】にオープンさせるんだとか。勢いがありますねぇ。


Lovelessさん貴重な食ネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m


※記事 モコ平



旨らーめん おっぺしゃん 北14条光星店
●住所 北海道札幌市東区北14条東6丁目1-17
●電話 011-742-4440
●営業時間 11:00~24:00
●定休日 無休
●駐車場 有り(共同駐車場80台)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-05-30 18:00 | 札幌市 東区 | Comments(0)

Cafe&レストラン ガスト/三笠市

2018年5月2日(水)



c0378174_14081636.jpg
むかわ町】の【道の駅 むかわ四季の館】に行った後は、【三笠市】の【イオンスーパーセンター 三笠店】の中にある【Cafe&レストラン ガスト 三笠店】へ晩御飯を食べに行ってきました。初訪問になります。

c0378174_14082490.jpg
株式会社すかいらーく】が運営する全国チェーンのファミリーレストラン【Cafe&レストラン ガスト】。リーズナブルな価格設定と種類豊富なメニュー、遅くまで営業している事もあり、老若男女問わず様々な客層から人気のあるレストランなんです(´ω`)


c0378174_14083425.jpg
c0378174_14084168.jpg
海老のトマトソーススパゲティ 549円。

ぷりっぷりの大きな海老が入ったパスタ。トマトソースはあっさりしつつもコクのある美味しさ。パスタはアルデンテで歯ごたえがありソースとの相性が良い。メニューには書いてなかったけど、サラダが付いてくるのも嬉しいポイント。


c0378174_14085409.jpg
日替わりランチ 499円。

この日の日替わりランチのメニューは「チキングリル和風ソース&アジフライ」。和風ソースは甘目でチキングリルにピッタリ。ご飯が進む味です。アジフライも揚げたてで熱々、こっちもご飯が進みます。写真には写ってないけどスープも付いてました。それにしてもランチメニューが17時までってのは良いですねぇ。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



Cafe&レストラン ガスト 三笠店
●住所 北海道三笠市岡山1059-1 イオンスーパーセンター 三笠店内
●電話 0126-74-5530
●営業時間 9:00~22:00
●定休日 無休
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-05-29 18:00 | 空知地方 | Comments(2)

道の駅 むかわ四季の館/むかわ町

2018年5月2日(水)



c0378174_09402995.jpg
新冠町】の【道の駅 サラブレッドロード新冠】を堪能した後は【むかわ町】の「美幸エリア」にある【道の駅 むかわ四季の館】へと移動。何度か訪問しているはずなんですがブログにUPするのは初になります。

c0378174_09403805.jpg
200台の駐車場と健康増進を目的をとした温浴施設を完備。温浴施設利用料金で温水プール・トレーニングルームも利用でき、館内では地場産品を購入出来る物産館、レストランでは旬の海の幸が楽しめる。各種イベントの開催出来る大ホール、休憩施設、インターネットも利用できる図書室もあり、健康いきがい増進施設と多機能過ぎる【道の駅 むかわ四季の館】。町民からも愛される人気道の駅なんです(´ω`)


c0378174_09404506.jpg
ししゃもが特産品の【むかわ町】ならではのキャラクター「ししゃもねこ。シュールで可愛い(=ω=)


何も食べてないけどとりあえずごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



道の駅 むかわ四季の館
●住所 北海道勇払郡むかわ町美幸3丁目3-1
●電話 0145-42-4171
●営業時間 8:00~21:00(施設により異なる)
●定休日 不定休
●駐車場 有り(200台)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-05-28 18:00 | 胆振地方 | Comments(4)

道の駅 サラブレッドロード新冠/新冠町

2018年5月2日(水)



c0378174_21102972.jpg
新ひだか町】の「静内地区」で開催された【第55回 しずない桜まつり】で桜と食を満喫した後は【新冠町】にある【道の駅 サラブレッドロード新冠】へと移動。2度目の訪問になります。


c0378174_21103747.jpg
太平洋に沿って走る日高路で、海と山脈に囲まれてのどかな牧場風景が広がるなか、新冠町市街地でひときわ目立つランドマークタワー「優駿の塔」その隣が【道の駅 サラブレッドロード新冠】。施設内には、物産館、フラワーショップ、レストランなどを備え、観光の拠点として利用可能。また、全国から寄贈されたレコードを展示した隣接の「レ・コード館」では懐かしいあの名盤に会えるかも。


c0378174_21104680.jpg
にいかっぷピーマンソフトクリーム 300円。

前回訪問時に食べて以来すっかりこの大人味のソフトクリームの虜に。口当たりなめらかなミルク味の中にほんのりとピーマンの苦味がたまらない(=¬=)


c0378174_21105210.jpg
新冠ザンギ 300円。

「冠豚(クラウンポーク)」という【新冠町】のブランド豚を使用した道内では珍しい豚肉のザンギ。外はカリカリで中はジューシィ。口の中で広がる旨みとほどよい甘味のある四元豚はザンギの常識を覆す。若干塩味が強ぎみだけどきにしないw 去年のGWに発売されたみたいだけど、前回訪問時には存在に気が付かなかったなぁ。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



道の駅 サラブレッドロード新冠
●住所 北海道新冠郡新冠町字中央町1番地20
●電話 0146-45-7070
●営業時間 9:00~18:00(GWおよび7月~9月) 10:00~17:00(11月~2月末日)
●定休日 無休(4月~10月) 月曜(11月~3月) 年末年始(12/30~1/3)
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-05-27 18:00 | 日高地方 | Comments(2)

第55回 しずない桜まつり/新ひだか町

2018年5月2日(水)



c0378174_19465841.jpg
この日は【新ひだか町】の「静内地区」にある「二十間道路桜並木」で開催された【第55回 しずない桜まつり】へ行ってきました。2度目の参加になります。

c0378174_19470589.jpg
c0378174_19471344.jpg
5月上旬から中旬にかけ、日本の道百選・さくら名所100選・北海道遺産などにも選ばれた二十間道路桜並木で開催される【しずない桜まつり】。エゾヤマザクラを中心に約3000本が咲き誇る、幅二十間(36m)、直線約7kmという日本屈指の桜の名所を会場に出店や特産品の販売が行われる超人気のイベントなんです(´ω`)


c0378174_19472117.jpg
ノンアルコールビール 250円。
さくらジュース 200円。
豚串(5本) 600円。

この日は運転手だったので大人しくノンアルコールビールと桜味だというジュースでカンパイ。豚串はゴリゴリの冷凍系だったけど、炭火で焼かれているのでうんまい。


c0378174_19473803.jpg
おにぎり(2個) 300円。

中の具材は鮭と何かの魚のマヨネーズ和えだったかな?どっちも具材は美味しかったんですが肝心のお米が固くてイマイチでした(´Д`;)


c0378174_19474684.jpg
八角唐揚げ 300円。

北海道】特有の魚「八角」を使用した唐揚げ。ほっくり揚げたてでとにかくウマイ!(´¬`) 居酒屋で食べると800円以上はするものがこのイベント会場では300円って… この八角唐揚げが今回自分の中でのMVP♪


残念だったのが桜がまだ満開じゃなかった事と、昨年食べた揚げたて天ぷらの屋台がなかったってこと。あの天ぷらたべたかったなぁ。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-05-26 20:00 | 日高地方 | Comments(4)

南幌らーめん きらら/南幌町

2018年5月23日(水)



c0378174_15423503.jpg
この日の昼食は【南幌町】の「西町エリア」にある【南幌らーめん きらら】でした。初訪問になります。


c0378174_15424279.jpg
2003年の8月にオープンした【南幌らーめん きらら】。素材と製造方法にとことんこだわり、3日以上の時間をかけて作るスープとチャーシューは店主の自信作。南幌名物のキャベツキムチが入った「キャベツキムチらーめん」や、北海道の男爵イモが入った「カレーらーめん」などオリジナルのラーメンの評価も高いが、通常のラーメンも美味しく好評。ミシュランガイドのビブグルマンに掲載された事のある【南幌町】屈指の人気ラーメン店なんです(´ω`)


c0378174_15424950.jpg
辛子高菜塩らーめん 700円。

店員のオネーサンが「色は濃いですけど塩ですから~」と言って目の前にラーメンを出してくれます。モンゴル内陸で取れる自然塩(天外天塩)を使用しているスープは野菜などから出る甘味は一切なく、塩味がストレートに飛んでくる直球系。色と同じで味も濃い目なんですが、店主に言えば味の濃さを調整してくれます。モチモチとコシのある麺と高菜の辛味を帯びた塩スープは相性抜群ッ! 自慢のチャーシューは程よい歯ごたえがありつつも染み込んだ旨味のバランスが良く美味しい。煮卵も良い感じ。さすがビブグルマンに掲載されたラーメン店の一杯だと思いましたねぇ(´¬`)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



南幌らーめん きらら
●住所 北海道空知郡南幌町西町3丁目5-14
●電話 011-378-1195
●営業時間 11:00~20:00(火・水・金~日) 11:00~15:00(月・木)
●定休日 無休
●駐車場 有り(4台)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く


[PR]
by mocohe23 | 2018-05-25 18:00 | 空知地方 | Comments(0)

crepe & cafe Virtue/千歳市

2018年5月22日(火)



今回は知人のMEG BEAMさんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


c0378174_15400673.jpg
この日のMEG BEAMさんが向かったのは【千歳市】の「幸町エリア」にある【クレープアンドカフェ ヴァーチュ】。


c0378174_15401456.jpg
2016年9月にオープンした【クレープアンドカフェ ヴァーチュ】。旬の素材を使用したこだわりのクレープやスイーツがウリのカフェ。また、バーガーなどといったの食事メニューも充実で、色々な使い方ができるのも魅力のひとつ。【千歳市】という土地柄近隣にホテルが多く、仕事を終えたCAさんたちからも評価の高い人気カフェなんです(´ω`)


c0378174_15402409.jpg
贅沢苺ブリュレ 640円。

2種類あるクレープシリーズから「プレミアムシリーズ」の「贅沢苺ブリュレ」をオーダー。米粉を使用したというクレープ生地は焼きたてはパリッと、後からはモチモチ食感になる2段構え。新鮮な苺と生クリームも非常に美味しく、その名の通り贅沢な一品(´¬`)


c0378174_15403146.jpg
エビ&アボガドバーガー(ポテトドリンクセット) 790円。

こちらはバーガーとポテト、ドリンクがセットになったもの。こだわりのバンズは表面はカリッカリサクサク、中はふわふわ。具材はフレッシュなレタスとトマトとアボガド。メインのエビはフライ状になっていて想像と違ったけど、甘いソースと相まってなかなかの美味なんだとか。


バーガーがあるとのことなので【クレープアンドカフェ ヴァーチュ】の公式HPを確認したんですが、【千歳市】がプッシュしてる「千歳バーガー」は扱ってないようですねぇ。まだ新しいお店だからかな?


MEG BEAMさん貴重な食ネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



crepe & cafe Virtue
●住所 北海道千歳市幸町4-26-1 ALPHA RESORT BLDG 1F
●電話 0123-26-9955
●営業時間 10:30~18:00
●定休日 水曜・不定休
●駐車場 有り(3台)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-05-24 18:00 | 石狩地方 | Comments(0)

北海道イタリアン酒場 エゾバルバンバン/札幌市 西区

2018年1月18日(木)



c0378174_21165168.jpg
白い恋人パークイルミネーション 2017-2018】を堪能した後は、同じく【西区】の【JR琴似駅】から徒歩1分の場所にある【北海道イタリアン酒場 エゾバルバンバン 琴似店】へ行ってきました。他の店舗には行った事がありますがここは初訪問になります。



北海道イタリアン酒場 エゾバルバンバン】は、道内産食材にこだわり、本格窯焼きピッツァやパスタなど様々な料理を提供する大衆イタリアン酒場。また、内装にもとことんこだわっており、美味しいイタリアンやお酒を雰囲気の良い空間で楽しむことができる。オープンキッチンのカウンター席はサク飲みや大人のデートに。テーブル席では会社宴会やママ会に。ゆったり寛げる個室は子様連れの家族や、女子会にもおすすめ。様々なシチュエーションに対応でき使い勝手の良い今人気急上昇中のダイニングバーなんです(´ω`)


c0378174_21165757.jpg
バンバンハイボール 280円。
お通し 400円。

エゾバルバンバン】のハイボールは、こだわりの旨いウィスキーをキレのある強炭酸で割り、キンキンに冷えたジョッキで提供してくれます。低価格ながらも飲み口は最高。お通しは普通のポップコーンだけど食べ放題。


c0378174_21170498.jpg
農園バーニャカウダ カニ味噌ソース 780円。

8種類の新鮮野菜が楽しめるバーニャカウダ。自家製アンチョビソースをベースにしたカニ味噌ソースと野菜の相性が抜群。ちなみにソースは定番のアンチョビソースに変更可能。


c0378174_21171013.jpg
ベーコンと温泉卵の濃厚カルボナーラ 880円。

名前にもあるように非常に濃厚なカルボナーラ。ボリューミィで味も良く完成度が高い。これはクセになるカルボナーラ(´¬`)


久しぶりに【エゾバルバン】を利用したけど、雰囲気、料理共に高レベル。最近は店舗数もやたら増えているらしくお店の本気度が伺えます。うーむ、「北24条エリア」にも出店してくれないかなぁ。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



北海道イタリアン酒場 エゾバルバンバン 琴似店
●住所 北海道札幌市西区琴似2条1丁目3-2 河原ビル1F
●電話 050-5286-4332
●営業時間 18:00~翌1:00(火~土・祝前) 18:00~24:00(日・祝)
●定休日 月・不定休
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-05-23 18:00 | 札幌市 西区 | Comments(0)

白い恋人パークイルミネーション 2017-2018/札幌市 西区

2018年1月18日(木)



c0378174_20132975.jpg
中央区】の【大阪屋台風居酒屋 恵美須商店 狸小路店】で軽く昼飲みした後は【西区】の「宮の沢エリア」にある【白い恋人パーク】で開催されてた【白い恋人パークイルミネーション 2017-2018】を見に行ってきました。初訪問になります。



c0378174_20140307.jpg
c0378174_20141120.jpg
c0378174_20135627.jpg
白い恋人パーク】は【北海道】を代表する銘菓「白い恋人」の工場見学のほか、イシヤオリジナルスイーツが味わえる「チョコレートラウンジ」、自分だけの白い恋人を作ることができる「お菓子作り体験工房」など、見て、食べて、楽しむことができるお菓子のテーマパーク。【白い恋人パークイルミネーション】は【白い恋人パーク】の敷地内にあるローズガーデン(中庭)が、11月から3月にかけてイルミネーションで華やかに彩られる。建物やフェンスなどを飾る11万球の電飾と、札幌からくり時計塔のライトアップは見応え十分。メインツリーやトナカイのオブジェは、写真撮影スポットとして人気なんです(´ω`)


c0378174_20134758.jpg
c0378174_20142561.jpg
c0378174_20143501.jpg
人気のイルミネーションスポットとして存在は知っていたけど訪問は初めて。「白い恋人」こそ食べなかったけど、綺麗なイルミネーションが見れてとても満足できました(=ω=)


視覚的にごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



白い恋人パーク
●住所 北海道札幌市西区宮の沢2条2丁目11-36
●電話 011-666-1481
●営業時間 9:00~18:00(施設により営業時間が異なる)
●定休日 年中無休
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-05-22 18:00 | 札幌市 西区 | Comments(2)