<   2018年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

居酒屋 きんぼし/札幌市 東区

2018年7月28日()



c0378174_16063574.jpg
この日は【札幌市】【東区】の「元町エリア」にある【居酒屋 きんぼし】に行ってきました。5度目の訪問になります。

c0378174_16064374.jpg
居酒屋 きんぼし】は元相撲取りという肩書きを持つ店主がはじめたお店。相撲取り=ちゃんこ鍋というイメージがありますが、ちゃんこ以外でも串焼きやお刺身、揚げ物や釜飯などなどいろいろなものがあり、お一人からファミリーまで幅広い層に人気があるアットホームな雰囲気で落ち着ける居酒屋さんです。夏季限定の外席もオススメ。


c0378174_16065137.jpg
飲み放題(90分) 1300円。
お通し ???円。

飲み放題は生ビール付き制限時間90分で1300円とちょっとお高め。個人店だからしょーがないっちゃーしょーがない。まぁ、クソ暑い中キンキンに冷えたビールが飲めるだけで幸せかねぇ(=ω=) お通しは【居酒屋 きんぼし】お得意の柿ピーと、肉団子の甘酢餡かけ。


c0378174_16065919.jpg
生タコ刺 480円。

今年は豊漁なのに価格が上昇してるといわれてるタコのお刺身。ここはリーズナブルだけどススキノとか行ったらお高そう。独特の歯ごたえがたまらない。


c0378174_16070783.jpg
チーズメンチ 480円。

サクサクの衣も中にジューシィなメンチカツとトロトロに溶けたチーズが入ったメンチカツ。これがまた絶品でこの日のNo.1メニューでした(´¬`) レギュラーメニューに昇格してくれないかなぁ。


c0378174_16071589.jpg
トラふぐ皮刺 480円。

こりっこりの食感がクセになる一品。皮自体の味は薄いのでポン酢と紅葉おろしが必須。


c0378174_16072442.jpg
手羽餃子 480円。

手羽先の中に餡がはみ出るほどたっぷり入った手羽餃子。 手羽先の脂と肉々しい餡が合わさって旨味が倍増。これも間違いなく美味しいヤツです(´¬`)


c0378174_16073272.jpg
激辛ちゃんこ(醤油) 680円。

元力士の店主が造る特製ちゃんこの激辛版。白菜や肉団子、きのこ類など具材がたっぷり入った鍋で1人前でも結構ボリューミィ。ほんのり甘い醤油ベースのスープに唐辛子が大量に入っており、侮れない辛さに仕上がっています。


前回訪問時から結構日が空いちゃったんですが、やっぱ【居酒屋 きんぼし】はイイ! しかも、今回は初の外席でビアガーデン的な気分が味わえたのも良かったなぁ。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



居酒屋 きんぼし
●住所 北海道札幌市東区北25条東21丁目3-1
●電話 011-788-5924
●営業時間 17:00~24:00(平日) 17:00~25:00(土) 17:00~23:00(日) 
●定休日 木曜
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く
別ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く playback



[PR]
by mocohe23 | 2018-07-31 18:00 | 札幌市 東区 | Comments(0)

道の駅 あかいがわ/赤井川村

2018年5月24日(木)



c0378174_15513373.jpg
積丹町】の【神威岬】で絶景を堪能してきた後は、【赤井川村】にある【道の駅 あかいがわ】へ行ってきました。初訪問でしたがブログにUPするのは2度目になります。



c0378174_15514636.jpg
道の駅 あかいがわ】は平成27年4月に登録された道内でも比較的新しい部類の道の駅。札幌圏とニセコ道南エリアを結ぶ国道393号(メープル街道393)の中間に位置しており、明治の時代から昭和初期にかけて官設の駅逓所が置かれていた場所で、今も昔も交通の要衝となっている。村初のパン屋や農産物直売所、お土産、テイクアウトコーナーなど施設内は非常に充実。休日平日問わず多くの人が訪れる人気の道の駅なんです(´ω`)


c0378174_15515697.jpg
道の駅の裏にいたのは… トッ、トーマス!?Σ(ΦДΦ;) いや、人違い(汽車違い)かww


道の駅スタンプGET!m(_ _ )m


※記事 モコ平



道の駅 あかいがわ
●住所 北海道余市郡赤井川村字都190番地16
●電話 0135-34-6699
●営業時間 8:30~19:00(5月~9月) 9:00~17:00(10月~4月)
●定休日 第1、第3水曜(10月~4月)
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く
別ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く playback



[PR]
by mocohe23 | 2018-07-30 18:00 | 後志地方 | Comments(0)

神威岬/積丹町

2018年5月24日(木)



c0378174_12000171.jpg
余市町】の【燻製料理の店 燻香廊 (けむかろう)】で美味しい燻製料理を食べた後は、【積丹町】の観光名所【神威岬】へ行ってきました。2度目の訪問ですがブログにUPするのは初になります。

c0378174_12003289.jpg
c0378174_12001623.jpg
c0378174_12002479.jpg
c0378174_12010794.jpg
ニセコ積丹小樽海岸国定公園】に属している【神威岬】は、【積丹町】にあり、積丹半島の北西部から日本海に沿って伸びている岬。先端には神威岬灯台と神威岩があり、この付近は古くから海上交通の難所として知られている。駐車場内には【カムイ番屋】があり、しゃこたん土産や海鮮料理を堪能できる。平日でも多くの観光客でにぎわう超人気観光スポットなんです(´ω`)


c0378174_12004832.jpg
c0378174_12005614.jpg
何年前か忘れたけど、前回訪問時はめちゃめちゃ豪雨の日で岬の先端まで行けなかったんですが、今回は超快晴で初めて先端まで到達する事ができました。うーむ、積丹ブルー綺麗じゃないの(=ω=)


c0378174_12011329.jpg
c0378174_12012115.jpg
しゃこたんブルーソフトクリーム(ミックス) 380円。

積丹ブルーを忠実に再現したというソフトクリームをミックスでオーダー。ブルー部分は爽やかなミント風味で暑い日にはピッタリ。さすがしゃこたん名物だけあって美味しいソフトクリームでした(´¬`)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



しゃこたん土産と喰処 カムイ番屋
●住所 北海道余市郡余市町港町75-2
●電話 0135-46-5730
●営業時間 11:00~17:00(レストラン) 10:00~17:00(売店)
●営業期間 5月~11月
●定休日 無休(営業期間内)
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く
別ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く playback



[PR]
by mocohe23 | 2018-07-29 18:00 | 後志地方 | Comments(2)

燻製料理の店 燻香廊 (KEMUKAROU)/余市町

2018年5月24日(木)



c0378174_13433966.jpg
道の駅 スペース・アップルよいち】で道の駅スタンプをGETした後は、同じく【余市町】の「港町エリア」にある【燻製料理の店 燻香廊 (けむかろう)】へ行ってきました。初訪問になります。



c0378174_13434807.jpg
c0378174_13435677.jpg
様々な燻製料理の製造・販売を行っている【燻製屋 南保留太郎商店】が運営する古民家レストラン【燻製料理の店 燻香廊】。昭和初期の古民家を改装した店内へ一歩踏み入れると、吹き抜けの開放的な空間が広がり、木の温もりあふれる落ち着いた雰囲気が漂う。冷燻法で、1~3週間じっくりと燻煙し、香りづけしたオリジナル燻製の創作料理は、素材の良さを閉じ込めた味わいが魅力。静かに時を刻むノスタルジックな雰囲気と、スモークの味と香りが楽しめる、隠れ家的人気店なんです(´ω`)


c0378174_13440931.jpg
スモークチキンとベーコンのオレンジソース煮 1180円。
パン+ミニサラダ 350円。

燻製した鶏肉とベーコンをオレンジで煮込んだ一品。【燻製屋 南保留太郎商店】のチキンとベーコンがオレンジソースと合わさる事により、通常の燻製料理とはまた違った美味しさへ進化。非常にさっぱりとしたオレンジソースとこれほど相性が良いとは。てか、これめちゃめちゃウマイッ!(´¬`) サラダはトマトと【燻製屋 南保留太郎商店】の超人気商品である「燻し奴」のカプレーゼ。そのあまりの美味しさに追加注文しようかと思ったほど。パンは見た目は小さいけど中がびっしり詰まっているので結構お腹いっぱいになるヤツです。


c0378174_13441980.jpg
スモークサーモンのきのこクリーム煮 1260円。
パン+ミニサラダ 350円。

こちらは燻製したサーモンと通常のサーモンがきのこクリームで煮込まれたもの。スモークサーモンのレベルはいうまでもなく美味しいんですが、通常のサーモンのほうも引けを取らず美味かった。クリームソースが良い仕事してるんですよねぇ(´¬`)


c0378174_13442979.jpg
c0378174_13443735.jpg
帰りに隣にある【燻製屋 南保留太郎商店】へ寄って「燻し奴」を購入したんですが写真を撮り忘れるってゆうね(´Д`;)



ちょっとお高めの価格設定だけど、料理は美味しいし雰囲気が良いので再訪問は確定です。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



燻製料理の店 燻香廊 (KEMUKAROU)
●住所 北海道余市郡余市町港町75-2
●電話 050-5868-0224
●営業時間 11:00~17:00(14時以降はカフェタイムとなり軽食と飲み物のみの提供)
●定休日 水曜
●駐車場 有り(10台)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-07-28 18:00 | 後志地方 | Comments(2)

道の駅 スペース・アップルよいち/余市町

2018年5月24日(木)



c0378174_12480067.jpg
この日は【余市町】の「黒川エリア」にある【道の駅 スペース・アップルよいち】に行ってきました。初訪問ではないですがブログにUPするのは初になります。


c0378174_12480893.jpg
道の駅 スペース・アップルよいち】は、国道229号と国道5号の分岐点にほど近い余市川河畔、国道229号沿いにあり、余市宇宙記念館「スペース童夢」や農産品直売所、無料体験コーナーなど、楽しさ満点の道の駅。宇宙記念館では郷土出身で日本人初の科学者宇宙飛行士「毛利衛」さんの業績を紹介。さらに、CGドーム映像で星空がご覧いただける「デジタルプラネタリウム」や3Dシアター「2041年太陽系ミッション」など大人から子供まで楽しめる。ショップでは10種類以上の「宇宙食」などが手に入るほか、地元水産加工品、農産品をはじめ「フルーツのまち余市」ならではの旬の味覚を提供。フルーツやワインを使用したこだわりの手作りアイスクリームやアップルパイも大好評の道の駅なんです(´ω`)


かなり久しぶりの再訪問でしたがあらためて見ると【道の駅 スペース・アップルよいち】は市街地にあるので、酒好きの自分にとってはもってこいの車中泊スポットっぽいですねぇ。これはいずれ余市の酒場で飲んだくれる日が来そう。


道の駅スタンプごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



道の駅 スペース・アップルよいち
●住所 北海道余市郡余市町黒川町6丁目4番地1
●電話 0135-22-1515
●営業時間 9:00~17:00(スープがなくなり次第閉店)
●定休日 月曜(余市宇宙記念館・ミュージアムショップ) 無休(売店)
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-07-27 18:00 | 後志地方 | Comments(2)

くろすくらぶ(長栄堂)/美唄市

2018年7月20日(金)


今回は知人のOCHIKA TEMPESTさんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


c0378174_13153144.jpg
この日のOCHIKA TEMPESTさんは、【美唄市】で「美唄い(うまい)としめし」の製造・販売をしている【くろすくらぶ】のおかーさま方に手作りの昼食をご馳走になってきたようです。場所は【くろすくらぶ】の活動拠点である【長栄堂】裏の食堂スペース。


c0378174_13153716.jpg
うなズッキーニ丼。
お吸い物。
きゅうりの浅漬け。

炊き立てのお米は美唄の高給ブランド米である「阿部さんのおぼろづき」。その上にほっくほくに焼かれたウナギとズッキーニの天ぷらを乗せ、特製の蒲焼ダレをかけたありそうでなかった丼ぶり。国産のウナギが美味しいのはもちろんですが、今回から初参戦となる朝採れズッキーニの天ぷらが予想以上の美味しさだったんだとか。更に米の中には米ナスの蒲焼が隠されており、それがまた良い仕事をしていたようです(´¬`)


自分も2年前にご馳走になった事があるけど、【くろすくらぶ】のうな丼はホント美味しいんですよ。店舗を構えて営業してるわけでもないし、気が向いたときにしか作らないのでいつ食べれるのかわかりませんけど(´Д`;)

OCHIKA TEMPESTさん貴重な食ネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m


※記事 モコ平


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-07-26 18:00 | 空知地方 | Comments(0)

焼きとり 福よし/美唄市

2018年3月27日(火)



c0378174_09112473.jpg
この日の夜は【美唄市】の「銀座街」にある【焼きとり 福よし 本店】で飲み会でした。もう何度も訪問してますが、ブログで扱うのは4度目になります。

「美唄やきとり」の創始者「三船福太郎」から1文字とった店名を掲げる【焼きとり 福よし】は、その伝統の味も同様に引き継いでいる焼き鳥の名店。炭焼き・タマネギ・塩コショウの「美唄やきとり三大定義」をしっかり守り、頑固にかつての味を守り抜いている。【札幌市】をはじめ郊外、【東京都】などにも出店しているが本店の人気の高さは絶大で、遠方からわざわざ足を運ぶファンも多い焼き鳥屋なんです(´ω`)


120分飲み放題付きもつ鍋コース 5000円。


c0378174_09113592.jpg
漬け物盛り合わせ。

福よし】オリジナルの漬け物2種。お通し的ポジションのヤツです。


c0378174_09115148.jpg
串カツ。
たこザンギ。

意外と知られてないけど【福よし】の串カツは美味しくて評価が高い。それがコースに含まれてるのは良かったなぁ。たこザンギは初食だったけど、外はサクサク中はぷりっぷりで普通に美味しいものでした。


c0378174_09115900.jpg
もつ串。

串1本で皮やモツの各部位を楽しめる串焼き。これが「美唄やきとり」ってヤツですねぇ。説明不要の美味しさ。


c0378174_09120846.jpg
もつ鍋。

醤油ベースのスープにもつやきのこの出汁が加わり、あっさりとしつつ深いコクと旨味が味わえる。これはマジで美味しいヤツです(´¬`)


c0378174_09121614.jpg
酢豚。

何故か最後に出てきた酢豚。〆が酢豚だなんてさすが本店はエキセントリックだなぁww


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



焼きとり 福よし 本店
●住所 北海道美唄市西1条南3丁目2-16
●電話 0126-63-3451
●営業時間 16:00~23:00(火~土) 16:00~21:40(日)
●定休日 月曜・不定休
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-07-25 18:00 | 空知地方 | Comments(0)

Fromage Danish DANI LeTAO/小樽市

2018年7月15日()



今回も知人のMEG BEAMさんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


c0378174_12493319.jpg
SNOOPY茶屋 小樽店】で美味しいゼリーソフトを食べたMEG BEAMさんが次に向かったのは、同じく【小樽市】の「堺町エリア」にある【フロマージュデニッシュ デニ ルタオ】。こちらも初訪問だったようです。




小樽市】を中心に、道内外に数店舗を展開をする超人気洋菓子店【ルタオ】。小樽市内にある6店舗はそれぞれコンセプトが違っており、【フロマージュデニッシュ デニ ルタオ】は1998年の創業以来1番人気の「ドゥーブルフロマージュ」をはじめ、チーズケーキを専門とした店舗になっています。また、店舗は工房もかねていてパティシエの丁寧な手作りの様子を楽しむこともできます。全ての店舗人気があるんですが、その中でもこの【フロマージュデニッシュ デニ ルタオ】は1.2を争うぐらいの人気店なんです(´ω`)


c0378174_12510419.jpg
フロマージュデニッシュ 297円。

道内産クリームチーズとイタリア産マスカルポーネチーズが2層になったミルキーチーズクリームを、道内産小麦100%のデニッシュ生地で包み込んだお店の看板商品。ザクザク食感で甘味のあるデニッシュと、コクと旨味のチーズクリームの融合がクセになる美味しさを生み出すんだとか(´¬`)


MEG BEAMさん貴重な食ネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m


※記事 モコ平



Fromage Danish DANI LeTAO
●住所 北海道小樽市堺町6-13
●電話 0134-31-5580
●営業時間 9:00~18:00(季節によって変動あり)
●定休日 無休
●駐車場 有り(提携駐車場有り)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-07-24 18:00 | 後志地方 | Comments(2)

SNOOPY茶屋/小樽市

2018年7月15日()



今回は知人のMEG BEAMさんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


c0378174_12130356.jpg
この日のMEG BEAMさんが向かったのは【小樽市】の「堺町エリア」にある【SNOOPY茶屋 小樽店】。初訪問だったようです。


「PEANUTS」をテーマにした和カフェ【SNOOPY茶屋 小樽店】が【北海道】屈指の観光都市である【小樽市】に2018年4月にオープン。1階のグッズショップは【SNOOPY茶屋】でしか買えない限定グッズがおよそ300種類以上を販売。2階のカフェスペースは大正ロマンを彷彿させる情緒あるモチーフとPEANUTSとのコラボレーションアートで演出された空間で、【北海道】の特産物を取り入れ、洋風の香りをミックスさせたお料理やスイーツを食べる事ができるんです(´ω`)


c0378174_12131059.jpg
スヌーピー 夏の青空ゼリーソフト 700円。

7月1日(日)~9月30日(日)の期間限定商品のゼリーソフト。パイナップル味の青いゼリーと、ちんご味の赤いゼリーで夏の空色と太陽をイメージ。北海道ミルクの濃厚なソフトクリームと、さっぱりしたゼリーの相性は抜群。上にささってるスヌーピーのオリジナルクッキーがポイントなんだとか(´ω`)


MEG BEAMさん貴重な食ネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m


※記事 モコ平



SNOOPY茶屋 小樽店
●住所 北海道小樽市堺町6-4
●電話 0134-64-7048
●営業時間 10:30~17:00(レストラン) 9:30~17:30(グッズショップ)
●定休日 無休
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-07-23 18:00 | 後志地方 | Comments(0)

麺や けせらせら/札幌市 北区

2018年4月23日(月)



c0378174_09534237.jpg
この日のランチは【札幌市】【北区】の「太平エリア」にある【麺や けせらせら】でした。初訪問になります。


麺や けせらせら】は、名店【らーめんてつや】で修行した店主が2008年9月にオープンさせたラーメン店。看板メニューの塩ラーメンは市内でもトップクラスの美味しさで、その味を求め連日客足の途絶える事がないほど。また、接客は丁寧なのはもちろん、「清掃に力を入れている」という店内はいつもピカピカ。小上がり席もあり家族連れでも入りやすい。まさに非の打ちどころのない完璧超絶人気店なんです(´ω`)


c0378174_09535158.jpg
塩らぁめん 730円。

麺や けせらせら】に来たからには看板メニューである「塩らぁめん」は必食。鶏白湯ベースの塩スープは、野菜などを多めに入れポタージュのようなとろみがあり、中太縮れ麺に良く絡みます。スープの旨味と塩味と甘味のバランス絶妙で普段スープを飲み干す事がない自分ですら我を忘れて全て飲んでしまうほどの美味しさ。程良い歯ごたえを残したチャーシュー、丁度良い味付けの煮卵、どれをとってもハイレベル。全てにおいてパーフェクトなラーメンでした(´¬`)


c0378174_09535970.jpg
醤油らぁめん 750円。

市内屈指と言われる鶏白湯を使用した醤油味のスープはまろやかで優しいこっさりタイプ。もちろん麺との相性抜群でノンストップで食べきってしまうほど。塩ラーメンに負けず劣らずの美味しさでした。


c0378174_09540659.jpg
チャーシューめし(小) 180円。

チャーシューがご飯の上に乗ってる何をどう考えても美味しいヤツです。こだわりのチャーシューはしっかりと味がついており、固すぎず柔らかすぎず丁度良い感じ。タレの染み込んだご飯もウメェ!


うーむ、超絶人気店だってのは知ってたけど、ラーメンの完成度の高さはもちろん接客とかも良くて非常に好感の持てるお店でした。リピーター続出ってのも納得できます。当然自分も再訪問確定ですねぇ。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



麺や けせらせら
●住所 北海道札幌市北区太平7条5丁目2-5
●電話 011-771-5246
●営業時間 11:30~15:00(但しスープが無くなり次第閉店)
●定休日 木曜・第3水曜
●駐車場 有り(7台)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-07-22 18:00 | 札幌市 北区 | Comments(0)