<   2018年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

サッポロビール博物館/札幌市 東区

2018年8月29日(木)



c0378174_15163016.jpg
この日は【札幌市】【東区】の【サッポロガーデンパーク】の敷地内にある【サッポロビール博物館】へ行ってきました。初訪問になります。


c0378174_15164467.jpg
c0378174_15165717.jpg
c0378174_15170633.jpg
サッポロビール博物館】は、【サッポロビール園】と同じ【サッポロガーデンパーク】の敷地内にある施設であり、国内で唯一となるビールに関する博物館になっている。明治初期、北海道開拓という国策の中で始まったビールづくりから現在の【サッポロビール】へ繋がる歴史物語を、学ぶことができる。また、館内では通常のビールに加え、ここでしか飲めない限定ビールの有料試飲もできる。日本人、外国人問わず連日大勢の観光客が訪れる超人気の博物館なんです(´ω`)


c0378174_15171975.jpg
飲み比べセット(おつまみ付) 600円。

「サッポロビール黒ラベル」、「サッポロクラシック」、「開拓使麦酒」、3種におつまみの付いたお得な飲み比べセット。黒ラベルは麦のうまみと爽やかな後味の完璧なバランスが特徴。ひと口目から飲み終わる瞬間まですっきりとした飲み心地が継続。クラシックはビール本来のうまさにこだわり、福原料を使用してない麦芽100%のビール。飲みごたえと飲みやすさが特徴。開拓使麦酒は創業当時の味を再現した【サッポロガーデンパーク】でしか飲めない限定ビール。麦芽100%、ビール酵母が生きたまま入っている。濃厚でしっかりした味わいが特徴。まぁ、難しく書いてますが、結局のところどれもこれも美味しかったというね(´¬`) ちなみに、おつまみはビールに良く合う豆のお菓子でした。


c0378174_15173147.jpg
リボンナポリン(おつまみ付) 100円。

北海道】で絶大な支持を誇るオレンジ色のロングセラー炭酸飲料。普段炭酸飲料系のジュースはほとんど飲まない自分でも、この「リボンナポリン」と「ガラナ」だけはたまに無性に飲みたくなります。何故かソフトドリンクにもおつまみが付いており、内容は道内産のナチュラルチーズを100%使用したゴーダチーズでした。


わりと近くに住んでいて、イベントなどで何度も来ている【サッポロガーデンパーク】ですが【サッポロビール博物館】は初訪問だったんですよねぇ。無料の見学コースだったけどそれなりに【サッポロビール】の歴史が学べて楽しかったです。まぁ、ぶっちゃけ狙いは有料の試飲なんだけれどもww

ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



サッポロビール博物館
●住所 北海道札幌市東区北7条東9丁目1-1 サッポロガーデンパーク内
●電話 011-748-1876
●営業時間 9:00~18:00
●定休日 年末年始(12/30~1/4)
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-08-31 18:00 | 札幌市 東区 | Comments(2)

五天山公園/札幌市 西区

2018年8月3日(金)



c0378174_12011412.jpg
この日は【札幌市】【西区】の「福井エリア」にある【五天山公園】へ行ってきました。初訪問になります。


c0378174_12013404.jpg
c0378174_12012650.jpg
c0378174_12014469.jpg
c0378174_12015301.jpg
採石場跡地を利用した【五天山公園】は【西区】初の総合公園として、パークゴルフ場、球技広場、炊事広場、子供の遊び場、ホタルの小川、水車、散策路、テニスコートなど様々な施設があり、幅広い層の方が楽しめる公園。事前に予約が必要だが手ぶらで行ってもBBQを楽しめるのも人気のひとつ。車いすやベビーカーを無料レンタルできるのもうれしい。


c0378174_12020695.jpg
c0378174_12021770.jpg
近くのスーパーで購入してきたサンドイッチとサラダ。大自然の中で食べるランチはやっぱひとあじ違う(´¬`)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



五天山公園
●住所 北海道札幌市西区福井423番地
●電話 011-662-2424(五天山公園管理事務所)
●営業時間 9:00~17:00(炊事場) 7:00~19:00(五天山公園駐車場)
●定休日 施設により異なる
●駐車場 有り(12台)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-08-30 18:00 | 札幌市 西区 | Comments(0)

フレッシュフルーツファクトリー FRUTICO/余市町

2018年7月25日(水)



今回も知人のMEG BEAMさんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


c0378174_11294584.jpg
柿崎商店 海鮮工房】で海鮮料理を堪能したMEG BEAMさんが次に向かったのは、同じく【余市町】の「大川エリア」にある【フレッシュフルーツファクトリー フルティコ 余市本店】。初訪問だったようです。



真っ赤な建物が目印の【フレッシュフルーツファクトリー フルティコ】は、【余市町】のベリー農家直営のジェラート・クレープ・スムージー店。自社栽培したベリーとブドウを使った農家が直営するからこそできる特別なジェラート。余市の自社農園で収穫した完熟フルーツを道産小麦のもっちもちクレープ生地で包む贅沢クレープ。 当然クレープソースも自社製。研究を重ね生み出されたスイーツを求め連日客の絶えない人気店なんです(´ω`) ちなみに、旧店名は【フルーツプラネット】。


c0378174_11301433.jpg
クレープ(ラズベリー&ブルーベリー) 580円。

お店の人気No.1商品だというラズベリーとブルーベリーのクレープ。甘味と酸味のベリー、もっちもちのクレープ生地、こだわりの生クリームの三身一体。絶妙なバランス感でむちゃくちゃ美味しいんだとか(´¬`)


c0378174_11304416.jpg
ジェラート (りんご&ハスカップ) 380円。

北海道】でしか栽培されていないハスカップと、【余市町】の特産フルーツであるりんごのダブル。ギュッと凝縮されたフルーツの旨味溢れるジェラートなんだって。


MEG BEAMさん貴重な食ネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m


※記事 モコ平



フレッシュフルーツファクトリー FRUTICO 余市本店
●住所 北海道余市郡余市町大川町8-31
●電話 050-5570-4460
●営業時間 11:00~18:00(火~金) 11:00~19:00(土日祝)
●定休日 月曜
●駐車場 有り(12台)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-08-29 18:00 | 後志地方 | Comments(0)

柿崎商店 海鮮工房/余市町

2018年7月25日(水)



今回は知人のMEG BEAMさんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


c0378174_11003092.jpg
c0378174_11004924.jpg
この日のMEG BEAMさんが向かったのは【余市町】の「黒川エリア」にある【柿崎商店 海鮮工房】。何度も訪問しているようですがネタをくれたのは初になります。


c0378174_11005813.jpg
創業約70年老舗の魚屋【柿崎商店】。【北海道】の新鮮な海の幸をリーズナブルな価格で販売している超絶人気店。その【柿崎商店】が運営する【海鮮工房】も地元民はもちろんのこと、遠方から足を運ぶファンの多い人気海鮮食堂。海鮮丼をはじめ、焼き魚定食や刺身など種類豊富。また、漁がある時期にしか食べることのできない地元余市産のウニや甘エビなどの限定メニューもある。昼時は行列ができるほどの超絶人気店ですが、並んででも食べる価値のある美味しい料理が目白押しなんです(´ω`)


c0378174_11010858.jpg
磯丼 1110円。

ホッキ、ツブ、ホタテという人気貝3種が入った海鮮丼。当然のことながら貝類は全て新鮮でどれもこれも間違いない美味しさ。特出すべき点はネタの多さにあり、これで1110円は非常に安いんだとか。


c0378174_11011610.jpg
焼魚宗八 300円。

宗八カレイを焼いたもの。身はふわふわ、味はしっかりしていてかなり美味しかったと報告を受けてます。


c0378174_11012426.jpg
いか刺し 450円。

いかといえば【函館市】が有名ですが、【余市町】のいかも負けず劣らず美味しいんだとか。新鮮なので弾力と甘味がハンパないらしい(´¬`)


うーむ、【柿崎商店】は超有名なので知ってたけど食堂があるのは知らなかった。これだけ絶賛されると自分も機会があれば行ってみるしかなさそうですねぇ。


MEG BEAMさん貴重な食ネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m


※記事 モコ平



柿崎商店 海鮮工房
●住所 北海道余市郡余市町黒川町7-25
●電話 0135-22-3354
●営業時間 10:00~19:00
●定休日 不定休
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-08-28 18:00 | 後志地方 | Comments(0)

STARBUCKS COFFEE/札幌市 東区

2018年6月30日()



c0378174_16384693.jpg
サッポロビール☆道産子感謝Day 2018】でビールとグルメを堪能してきた後は、【アリオ札幌】の中にある【STARBUCKS COFFEE アリオ札幌店】へと移動。もう何度も訪問してますがブログにUPするのは2回目になります。



1971年にアメリカ合衆国ワシントン州シアトルで開業した【スターバックスコーヒー】、世界規模で展開するコーヒーの人気チェーン店。人気のひみつはコーヒー類やデザート系、軽食の充実と、通りに面したオープンテラス、落ち着いた照明など長居したくなるようなインテリア。とにもかくにも誰もが知ってる超人気のカフェなんです(´ω`)


c0378174_16385413.jpg
加賀棒ほうじ茶フラペチーノ(Tall) 620円。

期間限定のほうじ茶フラペチーノをチョイス。香り高く、まろやかな甘味を持つ加賀棒ほうじ茶を存分に堪能できるフラペチーノ。甘さ控えめなので自分も美味しくいただけました(´¬`)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



STARBUCKS COFFEE アリオ札幌店
●住所 札幌市東区北7条東9-2-20 アリオ札幌1F
●電話 011-702-6745
●営業時間 10:00~22:00
●定休日 不定休(アリオ札幌に準ずる)
●駐車場 有り(アリオ札幌)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-08-27 18:00 | 札幌市 東区 | Comments(0)

サッポロビール☆道産子感謝Day 2018/札幌市 東区

2018年6月30日()



c0378174_14213949.jpg
この日は【札幌市】【東区】の【サッポロガーデンパーク】で開催されていた【サッポロビール☆道産子感謝Day 2018】に行って来ました。3度目の参加となります。

c0378174_14214733.jpg
1876年の創業の【サッポロビール】。長年にわたり道民の方々に支えられてきた感謝の気持ちを込めて年に1度開催するイベントが【サッポロビール☆道産子感謝Day】。会場では生ビールが1杯200円飲める他、道内各地から集まった美味しいグルメが堪能できる。【札幌市】では【サッポロガーデンパーク】と【サッポロファクトリー】の2会場。その他【恵庭市】と【上富良野町】でも同時開催される超人気のビアイベントなんです(´ω`)


c0378174_14215984.jpg
サッポロクラシック 200円。

昨年同様天候に恵まれ気温が高いので自ずとビールを飲むペースが加速します。まぁ、1杯200円だから天候気温関係なく飲みまくるんですけどね(=¬=)


c0378174_14221115.jpg
ほっけスティック 300円。
鹿肉ソーセージ 100円。

稚内・利尻・礼文・サロベツ観光振興協議会】ブースで購入したほっけスティックと鹿肉ソーセージ。ほっけをスティック状に切って炭火で炙ったほっけスティックは脂がのっててめちゃくちゃウマイッ! これで300円はかなりお得。鹿肉ソーセージも普通に美味しい。この2品は満足度◎でした(´¬`) 横に写ってるのは無料でいただいた【幌延町・豊富町・観光促進協議会】オリジナルのうまい棒。家に持って帰ったらいつの間にか誰かに食べられてしまったので味がわからないというw


c0378174_14222453.jpg
びらとり和牛串 400円。
ベーコン串 200円。

平取町】の【ハム工房シグびらとり】ブースで購入した串焼き。和牛もベーコンも食べる前から美味しいのはわかってました(´¬`) それにしても【ハム工房シグびらとり】の商品はお財布に優しくて好きだなぁ。

c0378174_14223785.jpg
マグロキムチ 400円。

松前町】ブースで購入したマグロのキムチ。先に言っておきますがコレめちゃめちゃ美味しい! 酒の肴に最適な一品(´¬`) ちなみに、松前産の本まぐろを惜しげもなく使用しているらしい。


c0378174_14224985.jpg
サフォークラム串 150円。
豚串 150円。

士別市】ブースで購入した串焼き。サフォーク羊は非常に貴重でなかなか食べる機会がないんですが、このイベントだと1本150円という低価格で食べる事ができます。もちろんウメェ!! 羊、豚、共に士別産なのはいうまでもない。


c0378174_14225981.jpg
焼き灯台ツブ(2個) 250円。
鍛高ラムネ(青) 150円。

白糠町】の【道の駅 しらぬか恋問】ブースで購入したツブとラムネ。香ばしい醤油の匂いと、ツブ独特の食感と味がたまらない。見つければ高確率で購入するヤツです。鍛高ラムネ(青)は初飲ですっきり爽快系の味。


c0378174_14230707.jpg
そしてなんと! 【白糠町】ブースの前には「4代目爆食女王」の「アンジェラ佐藤」様がッ!Σ(ΦДΦ;) これは嬉しいサプライズ。イベントのゲストではなく【白糠町】のPR大使として来ていたらしい。写真撮影も快く応じてくれましたよ(=ω=)


c0378174_14231992.jpg
そしてこの子は【苫前町】のご当地キャラクター「くまだとまお」くん。ヒグマがモチーフで、青い帽子には風のまち苫前の風車と特産品が付いている。可愛い外見とは裏腹にあざといキャラクターなんだそうw 以前【羽幌町】で開催された【第8回 はぼろ甘エビまつり】でも見てますねぇ。

いや~【サッポロビール☆道産子感謝Day】は本当良いイベントです。ビールは安いし道内各地の美味しいものがリーズナブルな価格で堪能できるし。来年も参加したいけど今度は【恵庭市】か【上富良野町】の会場に行ってみたい。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-08-26 18:00 | 札幌市 東区 | Comments(0)

第50回 北海へそ祭り/富良野市

2018年7月28日()



今回も知人のMEG BEAMさんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


c0378174_11364700.jpg
中富良野町】の【彩香の里】で絶景とシーツを堪能したMEG BEAMさんが次に向かったのは、【富良野市】で毎年7月に開催されている【第50回 北海へそ祭り】の会場。初参加だったようです。



c0378174_11365463.jpg
北海へそ祭り】は、【北海道】の中心「北海道中心標」の石碑もあり「北海道のへそ」とも言われる【富良野市】の【JR富良野駅】前にある商店街で、毎年7月下旬に開催される市を代表する祭りのひとつ。メインイベントは、お腹に図腹(ずばら)と呼ばれる顔を描いて踊る「へそ踊り」。お腹をくねらせながら踊り歩く姿は観客たちの笑いを誘います。また、グルメも充実しており、楽しく美味しい超人気イベントなんです(´ω`)


c0378174_11370241.jpg
独尊カレーおやき 300円。

市内にある超絶人気カレー店の【唯我独尊】ブースで購入したカレーの入った珍しいおやき。こだわりの本格カレースパイスが効いていて辛さとコクのバランスが良くクセになる美味しさで、おやきの生地と絶妙に合うんだとか。まぁ、元々【唯我独尊】の味を知ってるMEG BEAMさんだからこそのチョイスなんでしょうねぇ。

MEG BEAMさん貴重な食ネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m


※記事 モコ平


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-08-25 18:00 | 上川地方 | Comments(2)

彩香の里/中富良野町

2018年7月28日()



今回は知人のMEG BEAMさんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


c0378174_11090578.jpg
この日のMEG BEAMさんが向かったのは【中富良野町】の「丘町エリア」にある【彩香の里】。初訪問だったようです。


彩香の里】は「富良野盆地」と「十勝岳連峰」を望むラベンダー園。【中富良野町】にあるラベンダー園の中でも、【富良野市】寄りの小高い丘、南西側丘陵に位置するこのラベンダー園は、6ヘクタールもあるその広大さとラベンダーの種類の豊富さがお勧めポイント。「ラベンダー」以外にも、「クレオメ」や「サルビア」、「バーヘナ」「キンギョソウ」「ひまわり」など数種類の彩と香りを楽しむことができる。また、苗木・生花・オリジナル商品の販売や、敷地内にあるカフェレストラン【キッチン SKY】でスイーツなど【北海道】の食材を使用したグルメを食べることができる。道内外から大勢の観光客が訪れる人気の観光スポットなんです(´ω`)


c0378174_11091462.jpg
ラベンダーソフト ???円。

富良野地方の特産品(花)といえばラベンダー。ってことで注文したのは名物のラベンダー味のソフトクリーム。濃厚なのにさっぱりとした味わいでラベンダーの香りがたまらない一品。ラベンダーの香が苦手な人でもこれなら美味しくいただけるとのこと(´¬`)


MEG BEAMさん貴重な食ネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m


※記事 モコ平



彩香の里
●住所 北海道空知郡中富良野町字中富良野西1線北12号
●電話 0167-56-7441
●営業時間 8:00~17:00(6月~9月)
●定休日 冬季休業
●駐車場 有り(180台)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-08-24 18:00 | 上川地方 | Comments(0)

粋な北海道炉端 あいよ/札幌市 中央区

2018年8月17日(金)



c0378174_18084983.jpg
海鮮居酒屋 なむら 本店】で軽く飲み食いした後は、同じく【中央区】の「南2条エリア」にある【粋な北海道炉端あいよ 大通店】に行ってきました。初訪問になります。

粋な北海道炉端 あいよ】は、炉端焼きをはじめ、鮮度抜群のいくらを「これでもか!」というほどにかけた「鮭といくらのぶっかけ釜めし」や厳選素材をふんだんに盛り付けた「大漁刺身盛り」など北海道新鮮素材をリーズナブルに楽しめる居酒屋チェーン。生ビール&地酒込の120分飲み放題もクーポン利用で980円と破格なのも嬉しいポイント。また、全席半個室のテーブル席なので、周りを気にすることなく、プライベート空間でゆっくりできるのも魅力。現在市内各地にどんどん新店がオープンしている人気の居酒屋なんです(´ω`)


c0378174_18085923.jpg
飲み放題(120分) 1580円。
お通し ???円。

飲み放題はクーポン提示忘れで通常価格。ビールは1軒目の【海鮮居酒屋 なむら 本店】同様サッポロクラシック。しっかしこの価格の差はいったいなんなんだろう…。お通しは明太子とたくあんの和え物。これは美味しい。


c0378174_18091096.jpg
鹿肉のタタキ 780円。

料理長イチオシ!という鹿肉のタタキをオーダー。臭みは全くなく肉厚でウマイ。塩も良いけどオリジナルのタレで食べるのが◎


c0378174_18092131.jpg
北あかりのポテトフライ 480円。

メニュー表の写真と違いカタチは酷いですが味は本物。美味しかったのでもう1回これを注文するというね(´¬`)


c0378174_18094583.jpg
月見つくね(1本) 170円。

自家製だというつくねはジューシィでなかなか美味しい。それにしても卵黄が3本で1個というのはいかがなものか。あと、焼き加減がバラバラなのもww


c0378174_18092943.jpg
イカゲソ唐揚げ 480円。

安心安定定番系の酒の肴。一味マヨで美味しさ倍増。


c0378174_18093846.jpg
十勝産長芋とろろ鉄板焼 580円。

長芋のとろろと鉄板で焼き上げたもの。ふわふわとろとろ部分と香ばしいおこげの部分が楽しめるのが特徴。これは良いモンです(´¬`)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



粋な北海道炉端あいよ 大通店
●住所 北海道札幌市中央区南2条西5
●電話 050-5593-0697
●営業時間 17:00~翌5:00(月~土) 17:00~翌0:00(日曜・祝日)
●定休日 無休
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-08-23 18:00 | 札幌市 中央区 | Comments(0)

海鮮居酒屋 なむら/札幌市 中央区

2018年8月17日(金)



c0378174_16215831.jpg
中華居酒屋 香香厨房 PASEO店】でランチした日の夜は、【中央区】の「すすきのエリア」にある【海鮮居酒屋 なむら 本店】で飲み会でした。初訪問になります。



c0378174_16220697.jpg
下鉄南北線 すすきの駅】、【下鉄東豊線 豊水すすきの駅】共に徒歩2分という好立地条件にある【海鮮居酒屋 なむら】。旬の最高級の食材にこだわり、素材の良さを最大限に引き出した懐石料理を提供。宴会・会食・接待にも最適な完全個室は、2名~26名迄 全5室を用意。静かでおちついた環境の中、美味しい料理とお酒を楽しめる大人の高級居酒屋なんです(´ω`)


c0378174_11365985.jpg
ビール(中) 700円。
お通し ???円。

ビールの銘柄は道産麦芽100%使用でお馴染みのサッポロクラシック。お通しはホッキの和え物、鱒の切込み、海老の塩茹での3種。どれもこれも美味しくビールが進みます。


c0378174_16222097.jpg
北海道産 本日の煮付け 1000円。

店員さんに今日の魚は何ですか?と尋ねたらソイという事だったので注文した煮付け。身はふわふわで柔らかく煮加減が絶妙。普段あんま煮付けとか頼まないけどこれはマジで美味しかった(´¬`)


c0378174_16222810.jpg
もち豚ロース岩塩焼き 1100円。

しっかりと火が通っているのにその名の通り柔らかく、身の旨味と脂の甘味がたまらない。岩塩、タレ、柚子胡椒の3種のどれかを付けてたべるんですが、どれを選んでもハズレなし。オリジナルの柚子胡椒は今までに食べた事のないレベルの辛さ!


c0378174_16223682.jpg
鰯の梅肉揚げ 800円。

鰯を開き大葉と梅肉を巻いて揚げた手間暇かかる料理。梅肉の酸味で鰯の魚臭さが抑えられ、大葉の香も手伝ってかなり美味しい。ちなみに、この画像は2人前なのでこの量で1600円になります(´Д`;)


このお店はこの日の飲み会の幹事が見つけてきたんですが、ちょっと我々には敷居が高いというか高級過ぎるというか。料理も美味しいし雰囲気も凄く良いので再訪問したいけど、もっと出世しないとダメだなぁww


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



海鮮居酒屋 なむら 本店
●住所 北海道札幌市中央区南5条西3 N・グランデビル1F
●電話 050-3491-4217
●営業時間 17:30~23:30
●定休日 日曜・その他
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-08-22 18:00 | 札幌市 中央区 | Comments(0)