<   2018年 10月 ( 21 )   > この月の画像一覧

百合が原公園/札幌市 北区

2018年8月29日(水)



c0378174_21565103.jpg
この日は【札幌市】【北区】の【JR百合が原駅】から徒歩10分の場所にある【百合が原公園】へ行ってきました。もう何度も来てるんですがプログにUPするのは初になります。


c0378174_21565946.jpg
c0378174_21570717.jpg
百合が原公園】は、昭和58年に開園した敷地面積25.4haの総合公園。約25.4haという広大な敷地を持ち、6400種類ほどの花や植物が育てられている。園内には世界中から集められた約100種のユリを観賞できる「世界の百合広場」や、札幌の姉妹都市である4都市の造園家が協力した「世界の庭園」など、様々な工夫を凝らした花壇や庭園が広がる。時期によって見ごろの花が変わるので、初夏から降雪までの間は行くたびに違った花々と出会えるのが特徴。園内をゆっくりと巡る列車の「リリートレイン」の車内から四季折々の花々を観賞できる。パークゴルフ場や百合根を使ったメニューのあるレストランも併設されている。週末ともなると大勢の人で賑わう人気の公園なんです(´ω`)


c0378174_21571513.jpg
一通り公園内を散策した後は車内で遅めのランチタイム。近所のスーパーで買ってきたお弁当を食べようとしたんですが、なんと箸が付いておらず…。店員のおばちゃん「箸をお使いになりますか?」って確認してきたから「ハイ」って答えたじゃん。なのになんでや…(´Д`;) 素手で食べるほどワイルドではないので結局家に持って帰って普通に食べる事になるという。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



百合が原公園
●住所 北海道札幌市北区百合が原公園210
●電話 011-772-4722
●営業時間 施設により異なる
●定休日 施設により異なる
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-10-31 18:00 | 札幌市 北区 | Comments(2)

蕎傳/札幌市 白石区

2018年7月15日()



今回も知人のMEG BEAMさんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


c0378174_15163757.jpg
この日のMEG BEAMさんが向かったのは【札幌市】【白石区】の「平和通エリア」にある【蕎傳】。初訪問だったようです。


c0378174_15164562.jpg
JR白石駅】から徒歩10分の場所にある【蕎傳】は、食材と手打ちそばにこだわりを持つ店主が作り上げる料理がリーズナブルな価格で楽しめるそば屋。また、建物や庭園にも非常に強いこだわりを持っており、全国各地から集めた8名の匠が作り上げたのだという。庭の匠が作り上げた庭園を、建築の匠が作った座敷から眺め、店主が作る美味しいそばを食べる贅沢なひと時を味わえるのも特徴のひとつ。地元民はもちろん、遠方からの客も絶えない超人気店なんです(´ω`)


c0378174_15165937.jpg
天セイロ(手打ち田舎) 1580円。

そばは更科と手打ち田舎の2種類から選べ、手打ち田舎にすると通常価格にプラス100円される。天ぷらは大ぶりなえびが2本となす。コシのある田舎そばに風味豊かなつゆ、そこに熱々の天ぷらが加わるんだから間違いなく美味しいヤツです。全体的に優しいお味なんだとか(´¬`)


c0378174_15170880.jpg
親子そば(手打ち田舎) 1080円。

こちらも手打ち田舎を選択。道東産の親鳥肉はコリコリ食感が楽しめ、京都直送の九条ねぎは甘くて美味しい。これも良いものです。


MEG BEAMさん貴重な食ネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m


※記事 モコ平



蕎傳
●住所 北海道札幌市白石区平和通6丁目南3-14
●電話 011-862-2000
●営業時間 11:00~15:00 17:00~20:30
●定休日 火曜
●駐車場 有り(25台)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-10-30 18:00 | 札幌市 白石区 | Comments(0)

バル ハルヤ/札幌市 白石区

2018年7月13日(金)



今回は知人のMEG BEAMさんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


c0378174_14292400.jpg
c0378174_14293302.jpg
この日のMEG BEAMさんが向かったのは【札幌市】【白石区】の「菊水エリア」にある【バル ハルヤ】。初訪問だったようです。


c0378174_14294247.jpg
白石区】の「本郷通商店街」から2016年「菊水」に移転した【バル ハルヤ】は、普通のアパートの地下駐車場奥でひっそりと営業しているちょっと変わった隠れ家的お店。クラシカルな店内は非常に落ち着く雰囲気でゆったりとした時間を過ごせる。また、昼間は【カフェ ハルヤ】として営業しており、素材にこだわったパスタやカレーなどを食べる事ができる。知る人ぞ知る穴場的人気バル(カフェ)なんです(´ω`)


c0378174_14295254.jpg
ハルヤ特製カレー サラダ付き 780円。

「ハルヤ特製カレー」は日替わりなので日によって素材や作り方が違うのが特徴。この日は燻製されたひき肉を使ったキーマカレー。スパイシーなカレーと燻製の風味が見事にマッチング。今までに味わった事のない新ジャンルの美味しさだったようです(´¬`)


c0378174_14301175.jpg
エスプレッソ(シングル) 250円。

ドリンク(アルコール以外)はランチ・フードを注文すると100円引き。なので本来は350円です。


c0378174_14300251.jpg
たらこクリームパスタ サラダ付き 780円。

こだわりの生パスタはもっちもちでたらこクリームとの相性バツグン。その辺の専門店より美味しかったと報告を受けております。


c0378174_14302289.jpg
小林農園平飼い自然卵フレンチトースト 450円。
アイストッピング 150円。

厚真町】にある【小林農園】で育てられた鶏が生む卵を使用したフレンチトースト。ナチュラルな甘さが特徴で、ランチ後でもペロっといけちゃうんだとか。ちなみに、9月に発生した大規模な地震により現在自然卵の販売は停止中。


c0378174_14303092.jpg
エゾリスの忘れもの(チョコケーキ) 400円。

可愛らしい名前の付いたチョコケーキ。こちらもあっさりめの甘味で食後のデザートにぴったりな一品。


実は自分も以前この【ハルヤ】に行った事があるんですが、駐車場が満車で入店を諦めた事があります。うーん、やっぱ良さげなお店なので再チャレンジしようかな。


MEG BEAMさん貴重な食ネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m


※記事 モコ平



バル ハルヤ
●住所 北海道札幌市白石区菊水3条3丁目2-15 ユーエイコーポラス B1F
●電話 011-867-0397
●営業時間 11:00~18:00(カフェ営業) 18:00~翌1:00(バル営業)
●定休日 月曜・火曜
●駐車場 有り(3台)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-10-29 18:00 | 札幌市 白石区 | Comments(0)

2018スカイ・ビア&YOSAKOI祭/千歳市

2018年7月16日()



c0378174_15222875.jpg
この日は【千歳市】の「千歳市役所西口駐車場 特設会場」で開催されていた【2018スカイ・ビア&YOSAKOI祭】へ行ってきました。2年ぶり2回目の参加になります。

c0378174_15225882.jpg
千歳市】で開催される夏のお祭りイベント【スカイ・ビア&YOSAKOI祭】。全国から集まるYOSAKOIチームの熱い演舞トーナメント・パレードが見られる他、空路交流都市によるPRステージ、サンリオキャラクターショーや、ローカルアイドルのコンサートなど、大人から子供まで楽しめるお祭りイベント。また、お祭り当日はたくさんの露店・屋台の出店もあり、さらにスカイ・ビア千歳の目玉・4大ビールメーカーのビールや地ビールを楽しめるのもポイントのひとつ。三日間の開催期間中、暑い夏がさらに熱く盛り上がる夏の人気一大イベントなんです(´ω`)


c0378174_15232866.jpg
キリン一番搾りフローズン 500円。

キリン】のビール販売ブースで購入した「キリン一番搾り」のフローズンバージョン。泡がフローズン状態になっているのが最大の特徴なんですが、その特徴が自分には合わなかったというかなんというか。苦味だけが際立ってぶっちゃけダメでした。泡だけ食べるってのもなんだかね(´Д`;)


c0378174_15235805.jpg
厚切りベーコンステーキ 500円。

北海道 千歳ハム】ブースで購入したベーコン。イベント会場にあれば100%の確率で買っちゃうヤツです。説明不要の美味しさでビールがグングン進みます(´¬`)


c0378174_15242900.jpg
旬のサラダ 500円。

北のマルシェ】ブースで購入したサラダ。道内産の甘いトマトとブロッコリーを特製のバジルソースとチーズで和えたもの。さっぱりしたものが食べたくて購入したのですが、予想よりもバジルソースのオリーブオイルがキツかったかな。しかし、好みの味である事には違いないんですけどね。


c0378174_15245816.jpg
エゾシカのあぶり焼 600円。

ナチュラルライフ あぷかの森】ブースで購入したエゾ鹿肉の炙り焼き。見た目的には固そうかなと思ったけど、これが食べてビックリ。柔らかくて臭みも全くないんですよ。コイツはウメェ! 流石エゾ鹿肉を使った料理に定評がある【あぷかの森】さんだけの事はある。てか、【清田区】にあったレストランを閉めて【北広島市】に移転するらしい。


c0378174_15252894.jpg
ラスポテト(レギュラーサイズ) 300円。
キリン一番搾り生ビール 450円。

エビス企画】ブースで購入した今流行りのラスポテト。どっかのイベントに行ったときに食べて以来、あれば食べちゃうヤツです。ビールはもう何杯飲んだか覚えてませんww


c0378174_15255851.jpg
明太子チーズナン 400円。

タンドリーレストラン アサ】ブースで購入した明太子とチーズ入りのナン。甘味の強いナンとコクのあるチーズ、更に旨味と辛味の明太子の最強布陣! あまりの美味しさに思わずおかわりしてしまうってゆーね(´¬`) それにリーズナブルでボリューミィなのも嬉しい。

c0378174_15262806.jpg
チーズinフランク 300円。
チーズinカレーフランク 300円。

同じく【タンドリーレストラン アサ】ブースで購入した2種類のフランク。去年行った【復活!第5回夕張もみじ祭り】のときより価格が50円アップしちゃってるけど、このフランクの美味しさの前では些細な出来事(´ω`)

前回同様今回も最終日の参加だったのでYOSAKOIを見ることはできませんでした。まぁ、ビールと美味しい料理をモリモリ食べたので全然満足なんですけどねぇ。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-10-28 18:00 | 石狩地方 | Comments(0)

春一家 三代目 麺宿/札幌市 豊平区

2018年10月14日()



c0378174_14192101.jpg
豊平峡ダム】で残念な紅葉を見てきた後は、【豊平区】の「美園エリア」にある【春一家 三代目 麺宿】へ行って来ました。2度目の訪問になります。



c0378174_14193197.jpg
地下鉄【東豊線美園駅】から徒歩3分、住宅街の中に建つ三角屋根が目印の【春一家 三代目 麺宿】。2007年【北区】の「篠路エリア」に前身の【らーめん 春一番】をオープン、2009年【東区】の「北34条エリア」へ移転を経て、現在の地に店を構える。麺、たれ、スープなどすべて手作りで仕上げた一杯を、木の温もりを生かしたカフェ風のおしゃれな店内で食べる事ができる。地元民だけではなく、遠方からもわざわざ足を運ぶファンの多い人気ラーメン店なんです(´ω`)


c0378174_14193969.jpg
c0378174_14194923.jpg
えびらーめん(チャーシュータイプ) 840円。

昼夜角10食限定だという「えびらーめん」を「チャーシュータイプでオーダー」。甘えびからじっくりと旨味エキスを抽出したえび油と、風味豊かなえびだし、香ばしい特製焙煎えび粉などで作られたスープに、こだわりの自家製麺が絡む絡む。これでもか! といわんばかりのえび感が口の中に広がりたまらなくウマイ(´¬`) ちなみに、「えびらーめん」は2種類あって、もうひとつは「かき揚げタイプ」。そっちも美味しーんだろうなぁ。


c0378174_14195699.jpg
春一味噌らーめん 840円。

春一家】人気No.1といえばこの「春一味噌らーめん」。全国各地から厳選したという5種類の味噌をブレンドしたスープは、旨味とコクが何層にも広がる、厚みのある味わい。普段味噌らーめんをほとんど食べない自分でもココの味噌らーめんは美味しくいただけます。チャーシューもとろっとろで良い感じ。


以前の記事にもチラっと書きましたが、この【春一家 三代目 麺宿】のスグ近くに、いつ行っても50人~100人ぐらいの行列ができているスーパー超絶人気店【麵屋 彩味】があるんですよ。普通だったらそんなバケモノ店の近くに出店なんかしないと思うけど【春一家】の店主はひとあじ違います。そーいうアグレッシブな姿勢好きなんですよねぇ(=ω=)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



春一家 三代目 麺宿
●住所 北海道札幌市豊平区美園11条6丁目1-22
●電話 011-822-3344
●営業時間 11:00~15:00 17:00~20:30
●定休日 木曜
●駐車場 有り(8台)

前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-10-27 18:00 | 札幌市 豊平区 | Comments(0)

豊平峡ダム/札幌市 南区

2018年10月14日()



c0378174_22062346.jpg
この日は【札幌市】【南区】の「定山渓エリア」にある【豊平峡ダム】へ行って来ました。でした。ブログにUPするのは2度目になります。

c0378174_22063118.jpg
c0378174_22064011.jpg
豊平峡ダム】とその周辺は湖と緑が織りなす雄大な自然の景観美あふれる【札幌市】有数のレジャー・スポット。特に紅葉の季節は美しく、林野庁の「水源の森100選」や「ダム湖100選」にも選定されているほど。【レストハウス だむみえ~る】「リフトカー」「展望台」「カムイ・ニセイ橋」「九段の滝」など見所はいっぱい。昭和51年(1976年)から電気自動車を導入し、【支笏洞爺国立公園】の【豊平峡ダム】入口から「豊平峡園地」までの自然環境に優れた地域を運行するほか、「定山渓温泉」からのシャトルバスもハイブリッドバスにより運行し、永年にわたり地域の自然環境保全に尽力しているんです(´ω`)


c0378174_22065034.jpg
からあげ 350円。

シャトルバス停留場の近くにあった外販ブースで購入した唐揚げ。ありきたりな冷凍モノだけど揚げたてで美味しかった。安心安定の味ってヤツですねぇ(´¬`)


駐車場に着いたときはめちゃめちゃ晴れていたのにトンネル抜けたら超曇天。しかも雨まで降ってくるという惨事。まだだったのか終わった後だったのか結局去年同様紅葉を見ることはできませんでした…。なかなかタイミングあわんもんだわ(´Д`;)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



豊平峡ダム
●住所 北海道札幌市南区定山渓840番地先
●電話 011-598-3452(豊平峡電気自動車)
●営業時間
●休業日 1月上旬から4月下旬まで閉鎖
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-10-26 22:30 | 札幌市 南区 | Comments(2)

炭火居酒屋 炎/札幌市 中央区

2018年10月10日(水)



c0378174_12002477.jpg
この日のランチは【札幌市】【中央区】の「札幌駅エリア」にある【炭火居酒屋 炎 札幌駅前北3条店】でした。ここの店舗は2度目の訪問になります。

食材と美味しさにこだわった飲食店を展開している【伸和ホールディングス】の居酒屋チェーン店【炭火居酒屋 炎】。生つくねがウリで、道内契約養鶏所にて、つくねに合う若鳥を育ているほどのこだわりっぷり。もちろんつくね以外にもチカラを入れており、どれを食べてもハズレがない。通常メニュー、飲み放題共にリーズナブルで、週末にもなると大勢のお客でにぎわう人気居酒屋。また、店舗によってはランチ営業を行っておりリーズナブルな価格で定食を提供している(´ω`)


c0378174_12003315.jpg
ザンギ南蛮定食 590円。

数あるザンギ系定食の中からタルタルソースに惹かれ「ザンギ南蛮定食」をチョイス。大きな1枚ザンギは非常にボリューミィで、具沢山なタルタルソース&甘辛南蛮ソースとの相性は抜群! 一気にご飯が進むヤツです(´¬`) 何気に付いてた塩辛も高ポイント。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



炭火居酒屋 炎 札幌駅前北3条店
●住所 北海道札幌市中央区北3条西2丁目8-3 エナビル1F
●電話 011-281-7744
●営業時間 11:00~15:00 16:30~翌1:00(月~木) 11:00~15:00 16:30~翌3:00(金)
      16:30~翌3:00(祝前日) 15:00~翌3:00(土) 15:00~翌1:00(日祝)
●定休日 無休
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-10-25 18:00 | 札幌市 中央区 | Comments(0)

CAFE DANMARK/札幌市 中央区

2018年10月9日(火)



c0378174_11594771.jpg
この日のランチは【札幌市】【中央区】の「札幌駅エリア」にある【カフェ デンマルク 札幌店】で購入してきたパンでした。初訪問になります。


リトルマーメイド】などといった、様々なベーカリーブランドを全国展開する【マーメイドベーカリーパートナーズ】。【カフェ デンマルク】もその中のブランドのひとつで、現在全国に4店舗を展開中。デンマーク生まれの素朴なパンは、老若男女問わず人気があり多くの人に支持されている。特にサンドイッチが好評でハム、タマゴサラダ、ツナ、野菜の定番ミックスサンドやデンマークロールを使ったサンドイッチなど種類も豊富。【カフェ デンマルク 札幌店】は、【JR札幌駅】に直結しており、非常に使い勝手が良いのも特徴のひとつ(´ω`)


c0378174_11595537.jpg
野菜とハムのサンド324円。

その名の通りレタスやトマトといった野菜とハムが入ったハンドイッチ。野菜は新鮮でハムやマヨネーズとの相性バッチリ。小麦の香とほのかに甘味を感じるパンも良い感じで美味しい。


c0378174_12001070.jpg
塩パン 129円。

今はどこのパン屋さんでも定番の塩パンをチョイス。焼きたてでふわっふわ。パンの甘味と塩の塩味のバランスが絶妙。


c0378174_12000378.jpg
塩バターパン 129円。

上記の塩パンの亜種的パン。これも焼きたてだったんですが、塩パンにバターの要素がプラスされる事により、美味しさが一気に跳ね上がります。てか、これはマジでウメェ!(´¬`)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



CAFE DANMARK 札幌店
●住所 北海道札幌市中央区北5条西2丁目5番地 ステラプレイスB1F
●電話 011-242-1009
●営業時間 8:00~21:00
●定休日 無休
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-10-24 18:00 | 札幌市 中央区 | Comments(0)

串鳥/札幌市 北区

2018年10月8日()



c0378174_11592608.jpg
この日のランチは【札幌市】【北区】の「札幌駅北口エリア」にある【串鳥 札幌駅北口店】でした。プログにUPするのは2回目になります。

昭和55年すすきのに1号店をオープンした【串鳥】も今や、北海道地区にに31店舗、仙台地区に6店舗、東京地区に2店舗を展開する人気の一大焼き鳥チェーンとなりました。岩手山「あはん鶏」をはじめとする良質で安全な国産肉の提供。炭火を使用し、焼き手技術の日々の向上。食材はもちろん、塩やたれなど全てに至るまで味への追求。一人でも多くのお客さんに安価で楽しんでもらう。これらの強いこだわりが長年愛される秘けつ。また、店舗によってはランチ営業をしており、数種類の定食がリーズナブルな価格で味わえるのもポイントが高い(´ω`)


c0378174_11593361.jpg
特製ザンギ定食 580円。

ザンギ、ご飯、お味噌汁、ポテトサラダ、漬け物がセットになったオーソドックスな定食。メインのザンギは揚げたて熱々ジューシィで美味しいのはもちろんですが、ひとつひとつに包丁で切込みが入れられており、噛みちぎりやすく食べやすい。こーいった工夫は非常にありがたいです(=ω=)


祝日の昼時でもわりと空席があり待つ事なくランチする事ができました。それにしても【串鳥】でランチなんて超久しぶりかも。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



串鳥 札幌駅北口店
●住所 北海道札幌市北区北7条西4-8 北口ヨシヤビル1F・2F
●電話 011-758-2989
●営業時間 11:00~14:00 16:30~0:30
●定休日 12月31日
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-10-23 18:00 | 札幌市 北区 | Comments(0)

酒処 ふじりん/小樽市

2018年2月18日()



c0378174_20172803.jpg
小樽雪あかりの路20】を短時間で見学してきた後は、同じく【小樽市】の「花園エリア」にある【酒処 ふじりん】へ行って来ました。初訪問になります。

「小樽花園商店街」周辺にある【酒処 ふじりん】は、和の風情が漂う落ち着いた店内で、地元でも評判の美人ママさんが作る料理と、「獺祭」や「14代」などといった日本酒や、プレミア焼酎を楽しめる隠れ家的居酒屋。週末は常連さんや地元民で満席になることの多い超人気店なんです(´ω`)


c0378174_20173790.jpg
ハイボール 450円。
お通し ???円。

日本酒がウリとの事でしたが、とりあえず1杯目はハイボールからのスタート。お通しはポテトサラダときんぴらごぼう。どちらも手作り感満載で優しいお味。


c0378174_20174665.jpg
ネバネバ豆腐 400円。

豆腐の上にオクラと納豆が乗った酒肴。こーゆうシンプルな料理もたまには良いモンです。間違いなく美味しいしねぇ。


c0378174_20175640.jpg
牛すじ 300円。
岩のり 200円。

おでんのダシといえば昆布や鰹節でとるけど、【酒処 ふじりん】のダシはひと味違います。通常のダシに地元【かま栄】のかまぼこをふんだんに使った極上のダシが効いてるんですよ。もう、マジで深みと旨味がハンパない! 熱々の牛すじと岩のりのコンビネーションおでんが超絶冷え切ったカラダに染み渡ります。ウメェよ!!(´¬`)


c0378174_20180697.jpg
自家製ザンギ 680円。

揚げたてのザンギはかなり大ぶりでボリューミィ。あっさりめな味付けでママさんの優しさがうかがえる一品。


c0378174_20181730.jpg
日本酒(八海山) 850円。

ここでハイボールから日本酒へスイッチ。チョイスした銘柄は【新潟県】が誇る超メジャー酒の八海山の純米吟醸。口当たりも良くスッキリしていて飲みやすい日本酒ですねぇ。


c0378174_20182657.jpg
玉子 160円。
じゃがいも 160円。

おでんの第2弾は玉子と、おでんの具材としては珍しいじゃがいもをオーダー。甘味のあるじゃがいもに、上記でも説明した極上のダシが染み込み、この上ない美味しさに(´¬`)


小樽雪あかりの路20】の会場からモサモサ降り続く雪の中を歩き、あまりの寒さで逃げ込むように入ったお店がこの【酒処 ふじりん】。事前に調べたワケではなかったのですが、地元では超人気店だったようです。料理もお酒も美味しいのはもちろん、美人ママさんの接客にかなり癒されました。なかなか行く機会はないですが、是非とも再訪問したい一軒です。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



酒処 ふじりん
●住所 北海道小樽市花園1丁目8-24 2F
●電話 0134-22-8666
●営業時間 17:30~23:00
●定休日 火曜(変更有り)
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-10-22 18:00 | 後志地方 | Comments(0)