人気ブログランキング |

<   2019年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

桂沢湖/三笠市

2018年10月18日(木)



c0378174_18330457.jpg
富良野市】の【ニングルテラス】で雰囲気を満喫した後は、【三笠市】の「幸町エリア」にある【桂沢湖】へ行って来ました。5年ぶり3度目の訪問になります。



c0378174_18324865.jpg
桂沢湖】は、【桂沢ダム】の完成によりできた大人造湖。湖の周囲は62kmあり、森林にかこまれた自然景観の美しいところで、道立自然公園に指定されている。【桂沢湖】の周辺は太古のロマンを秘めた化石の宝庫として世界的にも有名で、アンモナイトやその頃の生物の化石がこの地で多数発見されており、【三笠市立博物館】にもその一部を展示されている。 湖畔には公園があり、湖の四季を楽しむことができる人気の観光スポット。また、毎年10月には【みかさ桂沢紅葉まつり】が開催され、大勢の観光客で賑わう紅葉スポットでもあるんです(´ω`)


c0378174_18325601.jpg
桂沢湖】に行く「国道452号線」は何かと頻繁に利用していたのであまり感じなかったんですが、湖畔(公園内)に入ったのは約5年ぶりだったんですねぇ。紅葉の時期とは若干ずれていたけど、機会があればまた訪問したいと思せる素敵な場所なんですよココは(=ω=)


※記事 モコ平



桂沢湖
●住所 北海道三笠市幸町2番地
●電話 0126-72-3997(三笠市役所 経済建設部商工観光課商工観光係)
●営業時間
●定休日
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2019-02-28 18:00 | 空知地方 | Comments(0)

ニングルテラス/富良野市

2018年10月18日(木)



c0378174_18244259.jpg
美瑛町】の【小さなパン店 リッカロッカ】で美味しいランチを堪能した後は、【富良野市】の【新富良野プリンスホテル】の敷地内にある【ニングルテラス】へ行って来ました。初訪問になります。

c0378174_18245411.jpg
c0378174_18250460.jpg
新富良野プリンスホテル】の敷地内にある【ニングルテラス】は、15棟のログハウスがつらなるロマンティックなショッピングエリア。テラス内には多種多様な店が出店しており、鍛冶屋や皮工房、ガラス工房など様々なクラフト系の作品を購入する事ができます。ちなみにニングルとは、脚本家「倉本聰」氏の著書「ニングル」の作品に登場する昔から【北海道】の森に住む身長15cmくらいの「森の知恵者」のこと。今では【富良野市】を代表する人気観光スポットなんです(´ω`)


c0378174_18251510.jpg
c0378174_18252662.jpg
何度も訪れている【富良野市】ですが、【ニングルテラス】に来たのはこのときが初めて。なんてゆーか、森の妖精たちが本当にいるんじゃないかと思わせるよーな雰囲気が非常に良く、機会があれば再訪問したくなっちゃうんですよねぇ。ただ、ほぼ全てのお店が撮影禁止だけど(´Д`;)

※記事 モコ平



ニングルテラス
●住所 北海道富良野市中御料(新富良野プリンスホテル)
●電話 0167-22-1111(新富良野プリンスホテル)
●営業時間 12:00~20:45(7月・8月は10:00~21:30)
●定休日 無休(店舗により異なる)
●駐車場 有り(390台)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2019-02-26 18:00 | 上川地方 | Comments(2)

小さなパン店 LIKKA LOKKA/美瑛町

2018年10月18日(木)



c0378174_08534193.jpg
c0378174_08534829.jpg
道の駅びえい 白金ビルケ】をちょこっと覗いてきた後は、同じく【美瑛町】の「美馬牛エリア」にある【小さなパン店 リッカロッカ】へ行って来ました。初訪問になります。

c0378174_08540408.jpg
c0378174_08541256.jpg
2016年4月にオープンした【小さなパン店 リッカロッカ】は、「毎日食べてもからだに優しいパン作り」をモットーに、美瑛産の小麦、天然酵母、塩、てんさい糖のシンプルな素材で最大限の風味や旨味を引き出すテクニカルでマジカルなパン屋さん。【JR美馬牛駅】から徒歩すぐの場所にあるのにもかかわらず、自然に包まれたロケーションも魅力のひとつ。美味しいパンと絶景の両方を堪能できる人気のお店なんです(´ω`)


c0378174_08543007.jpg
トマトと大葉とチーズ 210円
クランベリーとクリームチーズ 210円
7種の野菜たっぷりミネストローネ 390円。

「トマトと大葉とチーズ」は、その名の通りトマトと大葉とチーズが入ったベーグルなんですが、この組み合わせ間違いないヤツです。最初はそのまま食べて「ちょっと固いな」とか思ったけど、そこはご安心。カフェスペースには可愛らしいオーブントースターが設置されているので、数十秒間焼く事により本来のふわもち感が蘇ります。「クランベリーとクリームチーズ」も美味しく、スイーツ系ベーグルの中では定番中の定番。「7種の野菜たっぷりミネストローネ」は非常にほっこりとした優しい味。新鮮な野菜を惜しげもなく使用しているのは美瑛ならでは(=ω=)


c0378174_08543785.jpg
ベーグルのフレンチトーストセット 690円。

お店自慢のベーグルを使ったフレンチトーストは、熱々ジューシィで良い感じ。そこに自家製のハスカップジャムをかけて食べるとまた違った美味しさに。更にアイスを乗せるとレベルが20回ぐらいUPします。コーヒーも付いて690円だなんてこれはホントに良いセット(´¬`)


c0378174_08542262.jpg
どれを食べても美味しく、お店も雰囲気が良く素敵な感じだったので再訪問は確定でしょう。この日はわりと雨脚の強い日だったから次回は絶景も堪能できる天気の良い日を狙うッ!


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



小さなパン店 LIKKA LOKKA
●住所 北海道上川郡美瑛町美馬牛南1-5-50
●電話 0166-73-4865
●営業時間 10:00~17:00(売切次第終了)
●定休日 日曜・月曜
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2019-02-24 18:00 | 上川地方 | Comments(0)

道の駅びえい 白金ビルケ/美瑛町

2018年10月18日(木)



c0378174_19234776.jpg
この日は【美瑛町】の「白金エリア」にある【道の駅びえい 白金ビルケ】へ行って来ました。道の駅自体は初訪問ですが【白金ビルケの森】は2度目の訪問になります。

c0378174_19235596.jpg
びえい白金温泉】や【青い池】への入り口にある【白金ビルケの森 インフォメーションセンター】が、2018年5月12日【道の駅びえい 白金ビルケ】としてリニューアルオープン。「白金エリア」をはじめとした【美瑛町】全体の情報発信を行うほか、シャワールームの設置、アウトドアブランドの販売、町の食材をふんだんに使用したハンバーガーショップなど、【美瑛町】をより一層楽しめる施設になっている。現時点で【北海道】で1番新しい道の駅なので2018年度版の道の駅スタンプラリー帳にはスタンプページがない。


美瑛町】に2個目の道の駅がオープンしたってのは知人に聞いて知っていたけど、まさか【白金ビルケの森 インフォメーションセンター】が道の駅に進化していたとは。まぁ、もともと町の中心部にある道の駅よりこっちのほうがずっと道の駅っぽかったけど(´Д`) 施設内に道の駅と同時期にオープンしたとゆうハンバーガーショップでハンバーガーを食べようと思ってたんですが、単品1000円超えの価格にビビリ手が出せなかったww


※記事 モコ平



道の駅びえい 白金ビルケ
●住所 北海道上川郡美瑛町字白金
●電話 0166-94-3355
●営業時間 9:00~18:00(冬季営業 変動あり)
●定休日 年末年始(12/31~1/3)
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2019-02-22 18:00 | 上川地方 | Comments(2)

炭焼き 佐ト屋/札幌市 東区

2019年2月16日()



c0378174_18243035.jpg
欧風カレー KEN】で美味しいカレーを食べた日の夜は、同じく【東区】の「伏古エリア」にある【炭焼き 佐ト屋】へ飲みに行って来ました。もう何度も訪問してますが、ブログで扱うのは3度目になります。



炭焼き 佐ト屋】はその名の通り炭焼きにこだわった焼き鳥メインの居酒屋。焼き鳥がメインではありますが、海鮮料理や一品料理も種類が豊富。【日本ハムファイターズ】をこよなく愛すスタッフと店主がいるお店で、ファイターズ戦は全試合放送予定なんだとか。黒で統一された店内はシックで非常に落ち着いた雰囲気。オープンしてからまだそんな年数は経っていませんが今では地元民に愛される人気の居酒屋なんです(´ω`) ちなみに2017年からはランチ営業も行っている。


c0378174_18243859.jpg
飲み放題(90分) 1380円。
お通し ???円。

ビールの銘柄は「サッポロ黒ラベル樽生」。お通しは手作り感満載のポテトサラダ。ビールにポテサラってのも悪くない。


c0378174_18254628.jpg
ヤゲン串(2本) 380円。

コリコリ食感が楽しめるヤゲン軟骨の串焼き。


c0378174_18244817.jpg
つくね おろしポン酢(2本) 350円。

つくねにウルサイ我々も認めている【炭焼き 佐ト屋】のつくね。そのおろしポン酢バージョンがこちら。肉汁ジューシィ系で旨味の強いつくねがおろしポン酢であっさりと(´¬`)


c0378174_18245562.jpg
しめ鯖 ???円。

自家製なのかどうかはわからないけどしめ鯖好きなら納得のいく美味しいさ。


c0378174_18250793.jpg
牛レバ 680円。

炭焼き 佐ト屋】に来たら毎回頼んでるのがこの牛レバー炙り。だがこの日はなんだかいつもとちょっと様子が違う。小さな焼き台を出され自分で焼くスタイルにッ!?Σ(ΦДΦ) まぁ、自分で焼くので多少焦がしちゃったりしたけど味はいつもの超絶美味しいヤツ。うーむ、これは嬉しいサービスだなぁ(=ω=)


c0378174_18251582.jpg
c0378174_18252300.jpg
こまい ???円。

牛レバを焼いた焼き台に炭がまだ残っていたのでマスターに「何か焼き台で焼けるものない?」と聞いたところ「こまいならありますよ」と言われすぐさまオーダー。出てきたのは大ぶりなこまいで焼き台からはみ出ちゃうけど気にしない。焼き立てのこまいの美味いこと美味いこと(´¬`)


c0378174_18253851.jpg
ポンポチ串(2本) 350円。

有名ブランド地鶏である「中札内田舎どり」を使用したポンポチ串。旨味が強い地鶏とポンポチ特有の食感がたまらない。


c0378174_18253169.jpg
赤鶏のたたき 680円。

宮崎から直送しているという赤鶏をたたきでいただきます。噛めば噛むほど奥深い甘味が特徴でうんまい!


前回訪問時からだいぶ日が空いた気がするけど、そのぶん何かやたら進化していました。やっぱ【炭焼き 佐ト屋】さん良い居酒屋です。結局ランチ訪問はしてないけどww


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



炭焼き 佐ト屋【閉店】
●住所 北海道札幌市東区伏古8条2丁目6-21 パークサイド8・2
●電話 011-792-0507
●営業時間 11:00~14:00 17:00~24:00
●定休日 月曜
●駐車場 有り(10台)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2019-02-21 18:00 | 札幌市 東区 | Comments(0)

欧風カレーKEN/札幌市 東区

2019年2月16日()



c0378174_18371049.jpg
この日のランチは【札幌市】【東区】の「北15条エリア」にある【欧風カレー KEN】へ行って来ました。初訪問になります。


2013年4月にオープンした【欧風カレーKEN】は、フレンチの調理法を駆使し、2日間かけて作るフォンドヴォライユ(鶏の出汁)ベースのルゥと、食材にとことんこだわりを持つ欧風カレーの専門店。落ち着いた雰囲気の店内で美味しいカレーが食べられると評判で、平日休日問わずいつでも大勢の客が訪れる超人気カレー店なんです(´¬`)


c0378174_18371741.jpg
c0378174_18372487.jpg
チキンレッグカレー 1090円。

お店の人気メニューっぽいチキンレッグが入ったカレーを中辛でチョイス。ご飯とカレールゥが別々に提供されるスタイルは久しぶりかも。2日間かけて作るというカレールゥは甘味とコクが深く濃厚なんですがほんの少し苦味もあり大人の味といった感じ。スプーン1本でほぐれるチキンレッグの旨味と相性抜群でした。さすが絶大な人気を誇るカレーだけあってかなり美味しい。


c0378174_18373161.jpg
豚ひき肉カレー 990円。

こちらはこだわりのカレールゥに炒めた豚ひき肉が入っており、よりいっそう甘味と旨味が濃くなっています。予想外だったのはひき肉のデカさ。ゴロンゴロンしていてなかなかのインパクトw なんにしてもウメェよこのカレー!(´¬`)


ひとつ残念だったのはチキンレッグカレーのお皿がちゃんと洗い切られておらず若干汚れてたんですよねぇ。まぁ、それを差し引いても味は本物で美味しかったし、駐車場数もちゃんと確保されているので再訪問しやすいお店でした。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



欧風カレーKEN
●住所 北海道札幌市東区北15条東1-2-17 イースタンビル1F
●電話 050-5594-8163
●営業時間 11:30~22:15 11:30~15:00(水曜のみ)
●定休日 無休
●駐車場 有り(13台)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2019-02-19 18:00 | 札幌市 東区 | Comments(0)

お菓子クラブ Saki/札幌市 豊平区

2019年2月15日(金)



c0378174_13360660.jpg
この日は【札幌市】【豊平区】の「中の島エリア」にある【お菓子クラブ Saki】でスイーツを買ってみました。初訪問になります。


2012年の2月にオープンした【お菓子クラブ Saki】は、「笑顔が咲くお店にしたい」をコンセプトに優しい想いが込められたスイーツ店。常時30種類ほどの色鮮やかなケーキ、パイ、焼き菓子などを提供。中でも店1番のオススメは「がんこシュー」で、この商品を求め遠方から足を運ぶファンも多いんだとか。町内の住民に愛されて止まない人気店なんです(´ω`)


c0378174_13361319.jpg
がんこシュー 150円。

上記にも書いてあるお店人気No.1の「がんこシュー」。その名の通り生地はカチカチサクサクでクッキーを食べているような食感。それが風味豊かなカスタードクリームと合わさる事で美味しさの幅が広がります。これは稀に見る絶品スイーツ(´¬`)


c0378174_13361954.jpg
プリン 240円。

しっとりとしてなめらかで甘さ控えめな極上プリン。注文時に生クリームをかけるかどうか聞かれますが、プリン本体の味をストレートに味わいたいのなら生クリームは無し、別ルートの味に進みたいのであれば生クリーム有りと2択なところが嬉しい。


c0378174_13362620.jpg
先週だったかな? 毎週金曜日の19時から放送している【発見! タカトシランド】の「中の島エリア」特集で訪れていたお店で、前から気になっていたので今回訪問してみました。味のレベルが高く全体的にリーズナブルな感じだったので再訪問は確定でしょう。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



お菓子クラブ Saki
●住所 北海道札幌市豊平区中の島1条7丁目8-12
●電話 011-211- 8248
●営業時間 10:00~19:30
●定休日 火曜・水曜(祝日の場合は営業)
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2019-02-17 18:00 | 札幌市 豊平区 | Comments(0)

和ごころ 雄大/札幌市 中央区

2018年12月8日()



c0378174_18523294.jpg
北海道厳選居酒屋 仲町ガバチョ 鉄板串焼店】で飲み食いした後は、同じく【中央区】の「創成川イーストエリア」にある【和ごころ 雄大】行ってきました。2度目の訪問になります。



中心部から若干離れた隠れ家的居酒屋の【和ごころ 雄大】。長年飲食店で経験を積んだ、店主が研究を重ねて作る道産地鶏と昆布の合わせダシのおでんと一品料理の数々と、店主自ら1本1本味見・吟味をした、日本各地のオススメのお酒が楽しめる居酒屋。また、夜の部でも定食があるので飲みながらご飯を食べる事も可能。知る人ぞ知る穴場的お店なんです(´ω`)


c0378174_18524158.jpg
飲み放題(90分) 1280円。
お通し ???円。

飲み放題はサッポロクラシック樽生付きで90分1280円。チェーン店じゃない個人店なのにこの価格は頑張ってる感があります。まぁ、アルコールが酒が飲めりゃ良いんだけどw お通しはコンニャクのごま和え。シンプルな料理ですが手造り感が伝わってくる優しい味。


c0378174_18524999.jpg
雄大盛り 890円。

初訪問時にも注文した刺し盛り。その道20年という店主自らが朝市で買い付けたという刺身はどれもこれも新鮮でウマイ(´¬`)


c0378174_18525691.jpg
??? ???円。

えっと…。何かのフライなのはわかるんだけど、この時点でもう記憶は飛んでいます。なのでこれが何なのか当然覚えてないってゆーねw まぁ、【和ごころ 雄大】のフライなんだから美味しくないワケがない!


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



和ごころ 雄大
●住所 北海道札幌市中央区南2条東6 朝日プラザビル1F
●電話 011-206-0365
●営業時間 12:00~14:00 17:00~23:00
●定休日 水曜・その他不定休あり
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2019-02-14 18:00 | 札幌市 中央区 | Comments(0)

北海道厳選居酒屋 仲町ガバチョ 鉄板串焼店/札幌市 中央区

2018年12月8日()



c0378174_20131869.jpg
この日は【札幌市】【中央区】の【狸小路5丁目】にある【北海道厳選居酒屋 仲町ガバチョ 鉄板串焼店】で忘年会をして来ました。2度目の訪問ですがブログにUPするのは初になります。


c0378174_20132724.jpg
2012年9月オープンの【北海道厳選居酒屋 仲町ガバチョ 鉄板串焼店】は、店主のこだわり厳選食材を「鉄板串焼き」で味わえる居酒屋。2階席は随所に「和」を取り入れたモダンで落ち着く空間になっており、そこで食べる美味しい料理に惹かれ週末にもなると予約の取れないこともあるお店なんです(´ω`)


c0378174_20133749.jpg
羅臼昆布出汁 豚しゃぶコース 3480円。

お店の1番人気だという「羅臼昆布出汁 豚しゃぶコース」はクーポン利用で3980円が3480円に。料理の品数は全部で7品。メインの豚しゃぶをはじめバラエティに飛んだ料理が楽しめます。


c0378174_20134663.jpg
冬の彩りサラダ。

冬の彩リサラダですが、夏野菜のズッキーニや秋野菜のカボチャが入ってるのはご愛敬。彩りもキレイだし野菜自体も凄く美味しい。野菜によっては素揚げされてるのも高ポイント。


c0378174_20135513.jpg
お刺身3点盛り。

内容は「マグロ(赤身)」「サーモン」「ソイ」の3種。ここの店主は海産物にもこだわっているので鮮度抜群でどいつもこいつも間違いないヤツです。個人的にはサーモンが1番かなぁ。


c0378174_20140383.jpg
c0378174_20141240.jpg
羅臼産昆布だしの豚しゃぶしゃぶ鍋。

メインの豚しゃぶは羅臼産昆布を使用した贅沢なお鍋。羅臼産昆布の出汁で食べる豚しゃぶは甘味と旨味が強いのにもかかわらず、どこか優しい味で何杯でもいけちゃう。これはウマイ(´¬`)


c0378174_20142181.jpg
c0378174_20143035.jpg
c0378174_20143721.jpg
専門店の特選串6種。

内容は「ハツ(桜姫鶏)」「せせりバジル」「ししとう」「鶏レモンソース」「鶏皮」「ぱりかわ」の6品。珍しいのは鶏のもも肉にレモンソースがかかった串焼き。これが本当に美味しかった。せせりのバジルソースも良い感じだったなぁ。専門店だけに串焼きはどれもこれも◎


c0378174_20144708.jpg
知床鶏のザンギ。

揚げたてで衣はサクサク、中の知床鶏は非常にジューシィ。安心安定の美味しいザンギ。これは単品で注文したい一品。


c0378174_20145471.jpg
c0378174_20150210.jpg
〆のラーメン。

羅臼産昆布と豚肉の旨味が出た出汁で煮るラーメンを、オリジナルのポン酢でいただく〆のラーメン。アッサリしてて美味しい。


c0378174_20151067.jpg
抹茶ブラウニー。

最後に出てくるデザートは抹茶をふんだんに使用したお店特製のブラウニー。甘味と苦味のバランスが絶妙。これなら我々のようなおぢさんにもウケが良い。


記憶は定かではないですがたしかこの【北海道厳選居酒屋 仲町ガバチョ 鉄板串焼店】がオープンしたての頃に1回目の訪問をしています。そのときの印象は「あ~2回目はないかなー」でしたが、今回の訪問で考えが変わりました。料理は美味しいし、何より飲み放題のドリンクを持ってきてくれるスピードのUPが良い感じでした。クーポン利用で安くなったコースが土曜日という事で500円増しの3980円になったのは予想外だったけどww


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



北海道厳選居酒屋 仲町ガバチョ 鉄板串焼店
●住所 北海道札幌市中央区南2条西5丁目 狸小路5丁目
●電話 011-231-4567
●営業時間 17:00~翌1:00
●定休日 無休
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2019-02-12 18:00 | 札幌市 中央区 | Comments(0)

岩瀬牧場 ジェラードSHOP/砂川市

2018年4月27日(金)



c0378174_18190424.jpg
滝川市】の【手打そば 加々家(かかか)】で美味しいおそばを食べてきた後は、【砂川市】の「一の沢エリア」にある【岩瀬牧場 ジェラードSHOP】へ行って来ました。初訪問ですがブログで扱うのは2度目になります。




c0378174_18191214.jpg
岩瀬牧場】は【砂川市】の広大な大地で、のびのびと育った乳牛200頭から搾った新鮮なミルクを使用し、プリンやチーズケーキ、ジェラートなどのスイーツを製造・販売をしている牧場。敷地内には自家製のモッツァレラチーズを使用したパスタやピッツァが人気のレストラン【Farm Restaurant RIVISTA】や【岩瀬牧場 ジェラードショップ】が併設しています。【岩瀬牧場】のソフトクリームを取り扱ってる店は多く、【千歳空港】や【宝水ワイナリー】、【アルテピアッツァ美唄】などなどいろんなところで味わえるのも嬉しいポイント(´ω`) ちなみに2018年1月に同敷地内に移転しリニューアルオープンしている。


c0378174_18192215.jpg
ダブル(チョコココア・ストロベリーヨーグルト) 310円。

チョコの甘味と苦味、イチゴの甘味と程よい酸味がベストマッチな「アポロ計画」を発動。この2種類の組み合わせは間違いなく最高の組み合わせなんです(=ω=)


c0378174_18193103.jpg
ダブル(ストロベリーミルフィーユ・クッキークリーム) 310円。

こちらは以前から評価の高かったストロベリーミルフィーユと、これまた人気のあるクッキークリームの組み合わせ。まぁ、早い話どれを食べても【岩瀬牧場】のジェラートは美味しいんですよね。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



岩瀬牧場 ジェラードSHOP
●住所 北海道砂川市一の沢237番地6
●電話 0125-53-5071
●営業時間 9:00~18:00 9:00~19:00(夏季)
●定休日 無休
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2019-02-07 18:00 | 空知地方 | Comments(0)