人気ブログランキング |

<   2019年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧

くりやま老舗まつり 2019/栗山町

2019年4月13日()



c0378174_19394181.jpg
この日は【栗山町】で開催される春の超人気のイベント【くりやま老舗まつり 2019】に参加してきました。6度目の参加になります。

c0378174_19395083.jpg
くりやま老舗まつり】は栗山が誇る老舗「北の錦」の【小林酒造】と「日本一きびだんご」の【谷田製菓】、そして数年前から開催されるようになった【ふるさと田舎まつり】が織りなす一大イベント。酒蔵開放・北の錦無料試飲・谷田製菓工場見学・きびだんごの試食・露店出店など、楽しくて美味しいが盛り沢山のイベントなんです(´¬`)


c0378174_19395806.jpg
酒蔵まつりチケット 1000円。
うすにごり生酒 金券1枚。

「うすにごり生酒」は蔵祭り限定の日本酒でフルーティさとまろみが楽しめる。てか、去年の記事を読み返すと「酒蔵まつりチケット」は4枚つづりって書いてあるけど、今年のは8枚つづりだったんだよなぁ。去年は勘違いしてたんだろーか?


c0378174_19400741.jpg
純米大吟醸生酒 金券3枚。
静岡おでん 700円。

TVでよく目にするけど実際には食べた事のない「静岡おでん」を販売してるブースがあったので即GFT! 色の濃い出汁に煮込んだ具材に青のりがかかってるのが最大の特徴。数ある具材の中でも珍しいのが黒はんぺん。道内ではまず見ないシロモノで黒いのにあっさりした優しいお味。他にも牛すじがとろっとろで美味しかった。そしておでんに合わせた「純米大吟醸生酒」ももちろん蔵祭り限定の日本酒。スッキリとした口当たりでおでんとお酒が同時にすすむことすすむこと(=¬=)


c0378174_19401848.jpg
くりやまハムバーガー 500円。
オニオンウインナー焼き 200円。

ハム工房 ささ木】ブースで購入した「くりやまハムバーガー」。メガ盛り度MAXでボリューム満点! 去年は凄い行列ができていて購入をあきらめたけど、今年は早い時間に行けたのでちょっとの待ち時間で買えたのが嬉しい。初見の「オニオンウインナー焼き」も200円ととてもリーズナブル。


c0378174_19403635.jpg
チップいろり焼き(ガーリックハーブ味) 500円。
古平産甘エビのいろり焼き 300円。

古平町】の【野村商店】ブースで購入したいろりを使用して焼き上げた串焼き。「チップいろり焼き」は、ほっくほくで身があっさり、ハーブとガーリックオイルの味付けが絶妙でウメェ! なんでも【第18回 北海道加工食品フェア】で優秀賞を獲得した事があるんだとか。「古平産甘エビのいろり焼き」も良い感じで美味しかった。


c0378174_19402737.jpg
モモ(5個) 500円。

地元【栗山町】の人気ネパールカレーの専門店【レストラン アース】ブースで購入したネパールで有名なギョウザ風の料理。もちもちの皮と栗山さらさらレッド(たまねぎの品種)を使用した肉々ジューシィな餡、そこにスパイシーなカレーソースがかかってるんだから間違いなく美味しいヤツです(´¬`)


c0378174_19404368.jpg
海老名メロンパン 250円。

由仁町】の【ゆにガーデン】ブースで購入したメロンパン。グラニュー糖がまぶされた表面は香ばしいビスケット生地。中はメロン果汁の甘い香りと鮮やかな緑色、インパクト抜群なふわふわ生地。さすが世界一のメロンパンだけあって美味しい。てか、自分は全く知らなかったけど、この「海老名メロンパン」ってギネスにも認定されてるんですね(ΦДΦ;)


c0378174_19405411.jpg
「パフォーマー刹那」さんのスタチューパフォーマンス。この像コルセアみたいでめちゃめちゃカッコイイ! 調べてみたらこの方、よく「チカホ」で見かけるミドリーマンの人みたいです。


c0378174_19410254.jpg
もちろん「日本一のきびだんご」でお馴染みの【谷田製菓】の工場見学にも行ってますよ。そして飲み過ぎて記憶を失ってから2度目の工場見学に行ったらしいww


c0378174_19411279.jpg
前回と違い今回は記憶がなくなるまで結構時間がかかったけど、結果的には飛んじゃって同行者に迷惑かけてるんですよねぇ。まぁ、今回は【栗山町】まで車で行ったので帰りは楽だったようです。毎年寒い思いをしてたけど6度目の参加にして初めて気温が高く非常に過ごしやすかった(=ω=)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2019-04-26 18:00 | 空知地方 | Comments(2)

Fresh Meat Delica 炎/岩見沢市

2019年3月1日(金)



c0378174_19284750.jpg
この日は【岩見沢市】の「大和エリア」にある【Fresh Meat Delica 炎 ビッグハウス岩見沢店】に寄って買物をしてから宅飲みしてみました。この店舗は初訪問になります。


Fresh Meat Delica 炎】は、【炭火居酒屋 炎】や【岩見沢精肉卸直営 牛乃家】といった人気の居酒屋を運営する【SHINWA HOLDINGS】が展開している焼き鳥と惣菜専門のデリカテッセン。道内の大型のショッピングモールや中型のスーパーによく入っており、店舗によっては食堂を併設してるところもある。焼き鳥が人気なのはもちろんだが、柔らかくてジューシィな塩ザンギも非常に人気が高い。美味しくてリーズナブルな人気惣菜店なんです(´ω`)



c0378174_19290298.jpg
豚串(1本) 120円。
ささみ大葉串(1本) 148円。

安心安定の「豚串」は置いといて、初食の「ささみ大葉串」がこの日のNo.1でした。ささみが柔らかく大葉との相性ばつぐん。しかもヘルシーで嬉しい(´¬`)


c0378174_19291239.jpg
梅つくね(1本) 98円。

】といえばつくねです。で、何つくねを買おうか迷っていたら通常1本130円の「梅つくね」が「ひな祭りセール」とかで1本98円になっていたのでGETしてみました。【炭火居酒屋 炎】で食べるのよりはパワーを感じないけどそれでもウマイものはウマイ。


c0378174_19292150.jpg
ねぎま(1本) 100円。
鶏カルビ串(1本) 100円。

「ねぎま」を基準とすると「鶏カルビ」はよりジューシィで味が濃いイメージ。これがまたビールに合うんです。


c0378174_19293141.jpg
ここからは家で作った料理を(自作ではありません)。右は「長芋」の千切りで左が「カスベの煮凝り」。長芋はどう調理しても美味しいヤツ。初めて食べたカスベが最高過ぎるッ!美味しいし、なにより骨がオール軟骨で気にせず食べれるのが非常にディモールトッ!!(´¬`)


c0378174_19294138.jpg
こちらも手作りのザンギ(鶏の唐揚げ)。【Fresh Meat Delica 炎 ビッグハウス岩見沢店】で買って行こうかどーか迷ったんですが買わなくて正解。大好物を作っててくれました。揚げたてウメェ!!


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



Fresh Meat Delica 炎 ビッグハウス岩見沢店
●住所 北海道岩見沢市大和1条9丁目1-1 ビッグハウス岩見沢店1F
●電話 0126-22-4129
●営業時間 10:00~21:00
●定休日 基本無休(ビッグハウス岩見沢店に準ずる)
●駐車場 有り(ビッグハウス岩見沢店)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2019-04-24 18:00 | 空知地方 | Comments(0)

やよい軒/札幌市 東区

2019年4月14日()



c0378174_18125943.jpg
この日のランチは【札幌市】【東区】の「東雁来エリア」にある【やよい軒 東雁来店】へ行って来ました。初訪問になります。


やよい軒】は、【株式会社プレナス】がフランチャイズ展開する、定食、丼ものを中心とする外食チェーンストア。定食・朝食メニューは、一部の店舗を除いてご飯のおかわりが無料となっている。店内にご飯の保温釜が置かれており、おかわりを行う際には自分でごはんを盛るセルフサービス方式を採用。昼時になると多くのサラリーマンや学生で賑わい、郊外店はファミリー層で賑わう人気の定食屋さんなんです(´ω`)


c0378174_18130886.jpg
から揚げ定食 690円。

揚げたての鶏の唐揚げはアツアツ、外はカリッと中身はジュワ~っとのカリジュワ系。鶏肉の旨味を最大限に引き出した完成度の高い美味しい唐揚げ。当然ご飯が進むヤツです(´¬`) ちなみにご飯は半分でオーダー。


c0378174_18131658.jpg
桜島どりの親子丼(みそ汁付) 650円。

ブランド肉の「桜島どり」を惜しげもなく使用した親子丼。かなり甘目の味付けかと思いきやご飯の下に溜まってたタレがしょっぱいという二層仕立て(ΦДΦ;)


東京都】に住んでたときランチでよく【やよい軒】を利用してました。あの頃はよく食べていたのでご飯をおかわりしまくってたなぁ。てか、いつの間に【北海道】上陸したんだろ?


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



やよい軒 東雁来店
●住所 北海道札幌市東区東雁来9条4丁目7-11
●電話 011-790-5422
●営業時間 10:00~23:00
●定休日 年末年始
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2019-04-22 18:30 | 札幌市 東区 | Comments(2)

串鳥/札幌市 東区

2019年3月29日(金)



c0378174_20311705.jpg
鉄板串焼きとおでんのお店 肉でん】の後は、同じく【東区】の「元町エリア」にある【串鳥 元町店】へ行って来ました。ここの店舗は約3年ぶりの訪問になります。



昭和55年すすきのに1号店をオープンした【串鳥】も今や、北海道地区にに31店舗、仙台地区に6店舗、東京地区に2店舗を展開する人気の一大焼き鳥チェーンとなりました。岩手山「あはん鶏」をはじめとする良質で安全な国産肉の提供。炭火を使用し、焼き手技術の日々の向上。食材はもちろん、塩やたれなど全てに至るまで味への追求。一人でも多くのお客さんに安価で楽しんでもらう。これらの強いこだわりが長年愛される秘けつ何でしょう(=ω=)


c0378174_20312671.jpg
ビール 380円。
お通し 無料。

ビールの銘柄は「サッポロ黒ラベル」。お通しは定番のスープと大根おろし。この美味しいスープがおかわりし放題なのは【串鳥】ユーザーなら誰もが知ってる事実。


c0378174_20313487.jpg
大根サラダ 300円。

鉄板串焼きとおでんのお店 肉でん】で消化不良ぎみだったサラダ系の摂取を【串鳥】で取り返すw いつもは「イタリアンサラダ」を注文するけど、たまには「大根サラダ」も良いね。


c0378174_20314337.jpg
激辛青南蛮つくね(1本) 150円。
炙りカチョカヴァロ(1本) 200円。

つくねシリーズの「激辛青南蛮つくね」は毎回頼むレギュラー中のレギュラー。粗挽きで合い挽きっぽい【串鳥】独特のつくねと青南蛮の辛さがたまらない。それにしても昔と比べたら痩せちゃったねぇ。カチョカヴァロも何度か食べた事があるけど、とろけるって感じよりは弾力を楽しむタイプで美味しい。


c0378174_20315173.jpg
牛ヒレ串(1本) 390円。

串鳥】の中では最高級な串焼きでしょう。肉質が非常に柔らかくお年寄りでも美味しくいただけます。タレ&大根おろしのコンビプレイで更に高見を目指します(´¬`)


c0378174_20315948.jpg
いづみ鯛茶漬け 450円。

この日の〆に選んだのは初食の「いづみ鯛茶漬け」。サッパリとクセのない「いづみ鯛」を使用したお茶漬けは、落ち着かせてくれる香の出汁でさらりと小腹を満たしてくれる優しい味。


飲み放題はないけど安心安定を求めるならやっぱ【串鳥】だねぇ。それにしても金曜の夜だってのに待たずに入店できたのが意外だった。空席も結構あったし。昔は金曜土曜といえば待ち時間があたりまえだったのに。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



串鳥 元町店
●住所 北海道札幌市東区北24条東15丁目1-3
●電話 011-722-5555
●営業時間 16:30~0:30
●定休日 12/31
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2019-04-20 18:00 | 札幌市 東区 | Comments(0)

鉄板串焼きとおでんのお店 肉でん/札幌市 東区

2019年3月29日(金)



c0378174_19444677.jpg
この日の夜は【札幌市】【東区】の「元町エリア」にある【鉄板串焼きとおでんのお店 肉でん】へ飲みに行って来ました。初訪問になります。


人気の居酒屋【海鮮居酒屋 海ごころ】の姉妹店として2018年10月同じ建物内にオープンした【鉄板串焼きとおでんのお店 肉でん】は鉄板串焼きとおでんの専門店。オリジナルブランド「札幌初! SABA出汁おでん」は、その名の通りサバから出汁をとった道内では珍しいタイプで必食。おすすめは看板商品の「肉刺しと直送本マグロの8点盛り合せ」。【海鮮居酒屋 海ごころ】の姉妹店といった感じのインパクトがありリピーターも多い。酒類も珍しいものがそろっており酒好きを飽きさせない。オープンしてまだ日が浅いが人気店になる要素が多々ある隠れ家的居酒屋なんです(´ω`)

c0378174_19445609.jpg
c0378174_19450311.jpg
飲み放題(90分) 980円。
お通し ???円。

本来1280円のビール付き90分の飲み放題がクーポン利用で980円に。トリアエズナマの銘柄は「サントリープレミアムモルツ」。お通しは元寿司職人だった店主のにぎる「炙りNIKU寿司」と「札幌SABA出汁おでん」の汁。この2品はお店の人気商品の片鱗で、これを食べ(飲み)満足したら本編に進むといった感じです。どっちもうまし!(´¬`)


c0378174_19451288.jpg
大根 180円。
玉子 180円。
ロールキャベツ 180円。

これが札幌初だというサバ出汁おでんッ! こだわり抜いた具材にサバで仕込んだ上質な出汁が染み込み熱々ホクホクでウマイ! まぁ、お通しで汁を先に味わっていたので食べる前から美味しいのはわかってたんですけどね(=ω=)


c0378174_19452262.jpg
c0378174_19452920.jpg
衝撃の肉盛り合わせ 980円。

ブランド肉の希少部位が食べられるというお得な盛り合わせ。この日は「阿波尾鶏」「知床ポーク」「ササミ」「セセリ」「鶏ナンコツ」「レバー」の6種。ゴージャスな肉たちと見た目のインパクトも【海鮮居酒屋 海ごころ】の姉妹店ならでわといったところか。5種類の薬味を付けて食べるのも色々味わえて良い感じ。ただ、全体的に冷めてたんですよね。美味しいお肉だっただけに残念なポイント。まぁ、この盛り付けなら時間がかかるだろうし、しょうがないっちゃしょうがないのかも…。


c0378174_19453884.jpg
ささみのごまサラダ 550円。

1番食べたかったサラダが品切れだったので代わりに「ささみのごまサラダ」をオーダー。待つ事数分でテーブルに運ばれてきたものはサイズが小さくサラダというよりは小鉢料理といったイメージ。茹でたささみとたまねぎ&長ネギをゴマドレッシングで和えたシンプルな料理なんですが、これがなかなか美味しい。特にたまねぎの美味しさが異常でした。


c0378174_19454592.jpg
〆サバ炙り 550円。
サバデシュ 390円。

鯖人(さばんちゅ)にオススメ「〆サバ炙り」とサバ専用日本酒「サバデシュ」をマリアージュでチョイス。サバ押しのお店だけど炙りのデキはイマイチ。サバデシュも味おんちの自分にはあまり効果がありませんでした。普通に美味しい日本だったけど(´Д`;)


c0378174_19455205.jpg
焼酎のおでん出汁割り 500円。

なんかのTVで見て1度飲んでみたかった「焼酎のおでん出汁割り」。元々の出汁が凄く完成度が高いので納得の味でした。うーむ、これはウマイッ! それにしても焼酎濃いッ!ww あ、ちなみにコレは飲み放題メニューに含まれています。500円表記なのは単品の価格。


本当は【海鮮居酒屋 海ごころ】に行きたかったのですが、予約をしようと電話をかけたら安定の満席で、「姉妹店が隣の隣にオープンしたと」こちらのお店を紹介されたんです。結果、お店の雰囲気も料理も良かったんですが、金曜の夜にもかかわらず品切れしてるものが多く大満足とはいきませんでした。しかし、今後進化していくとは思うので再訪問はアリ。てか、看板商品の「肉刺しと直送本マグロの8点盛り合せ」はメニューすらなかったんだけどやめたんだろーか?


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



鉄板串焼きとおでんのお店 肉でん
●住所 北海道札幌市東区北22条東17丁目3-17
●電話 011-787-8733
●営業時間 17:00~24:00
●定休日 日曜
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2019-04-18 20:00 | 札幌市 東区 | Comments(0)

手打そば 滝そば/滝川市

2018年9月4日(火)



c0378174_18464442.jpg
この日のランチは【滝川市】の「花月町エリア」にある【手打そば 滝そば】でした。2度目の訪問になります。

住宅街にひっそりとたたずむ【手打そば 滝そば】は極太の手打ち蕎麦とボリュームがウリのおそば屋さん。1日の営業時間が短いにもかかわらず昼時ともなると大勢の客で賑わう知る人ぞ知る穴場的人気店なんです(´ω`)


c0378174_18465145.jpg
冷し天ぷらそば 950円。

2度目なのでそんなに驚かなかったけど、同行者はこの独特のフォルムをしたエビ天にビックリしてました。 そりゃそーでしょう。こんなカタチのエビ天は他で見た事がないものww まぁ、トリッキーなエビ天はさておき、太目の蕎麦は相変わらずの歯応えでアゴが付かれてくるけど繊細な味のめんつゆと合うこと合うこと(´¬`)


c0378174_18465849.jpg
とろろそば 950円。

こちらはとろろのつけそば。ここのめんつゆはほんのり変わった味がするんですがとろろとの相性は抜群。もちろん黄身も良い仕事をします。ウメェ!


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



手打そば 滝そば
●住所 北海道滝川市花月町3-6-14
●電話 0125-23-1372
●営業時間 11:00~14:00
●定休日 日曜・祝日
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2019-04-16 18:00 | 空知地方 | Comments(0)

パンとお菓子の店 Saruta2(サルタセカンド)/滝川市

2019年4月6日()



c0378174_15035207.jpg
芦別市】の【滝里ダム】でダムカードをGETした後は、【滝川市】の「滝の川町エリア」にある【パンとお菓子の店 サルタセカンド】へ行ってきました。初訪問になります。

パンの店さるた】と【ケーキの店さるた】がひとつとなり【パンとお菓子の店 サルタセカンド】として2000年に移転オープン。家族で営むアットホームな店内で作られるパンうあ洋菓子は評価が高く、売り切れになることもしばしば。移転する以前から長年愛されてきた定番メニューを今でも変わらない味で提供しているのも嬉しいポイント。地元民はもちろん、遠方からも足を運ぶファンの多い人気店なんです(´ω`)


c0378174_15040097.jpg
ベリー畑のタルト 330円。

フレッシュなベリー3種(イチゴ・ラズベリー・ブルーベリー)を生クリームとカスタードクリームが入ったタルトに飾り付けたケーキ。甘味と酸味のスパイラルにハマる事間違いなし(´¬`)


c0378174_15040785.jpg
クラシックショコラ 250円。

チョコジュワのしっとり系ケーキかと思いきや、ワリともふもふしたショコラケーキ。万人受けする甘さをおさえた優しいお味。


夜に食べるパンを買いに行ったんですが、売り切れで何もありませんでした。さすが人気店! なのでスイーツにシフトチェンジという次第でございます。次回訪問時はもっと早い時間を狙って行こう。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



パンとお菓子の店 Saruta2(サルタセカンド)
●住所 北海道滝川市滝の川町西5-1-38
●電話 0125-24-0219
●営業時間 5:30~19:00
●定休日 月曜
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2019-04-14 18:00 | 空知地方 | Comments(0)

滝里ダム/芦別市

2019年4月6日()



c0378174_18184978.jpg
道の駅 スタープラザ芦別】でランチをしてきた後は、同じく【芦別市】の「滝里町エリア」にある【滝里ダム】へ行ってきました。初訪問になります。

c0378174_18185786.jpg
c0378174_18191252.jpg
c0378174_18192153.jpg
滝里ダム】は石狩川の主要支流・空知川の中流部にある特定多目的ダム。1981年の石狩川大水害を機に、治水と利水を目的に建設され、1999年竣工。堤高50m、堤頂長445.0mの重力式コンクリートダムで、出力52000kWの滝里発電所は、一般水力発電所としては道内最大。天端は開放されている。ダム湖の滝里湖は、流域面積1662.3平方キロメートル。周辺には、資料館「滝里ダム防災施設」のほか、水遊びができる人工岸や、スポーツ・レクリエーションが楽しめる親水公園、コテージを持つオートキャンプ場などが整備されている。ダムとアウトドアが同時に楽しめる人気のダムなんです(´ω`)


c0378174_18193451.jpg
天端の上は車で走行可能。とゆーか、天端を渡らないと【滝里ダム管理支所】までたどりつけない地形。


c0378174_18194280.jpg
「天皇陛下御在位三十年記念」のダムカードGET!! 外枠は違うけど写真はノーマルカードと同じなのね。てか、以前湖畔のキャンプ場のほうでノーマルカードをもらっているので2枚目になるんです。それにしても土日祝でもダムカードを配布してくれてるのは非常にありがたい(=ω=)


※記事 モコ平



滝里ダム管理支所
●住所 北海道芦別市滝里町683
●電話 0124-24-4111
●営業時間 9:00~17:00
●定休日
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2019-04-12 18:00 | 空知地方 | Comments(0)

レストラン ラ・フルール(道の駅 スタープラザ芦別)/芦別市

2019年4月6日()



c0378174_19512807.jpg
c0378174_19513793.jpg
赤平市】の【情報発信基地 AKABIRAベース】で美味しいお手軽フードを食べた後は、【芦別市】の「北4条エリア」にある【道の駅 スタープラザ芦別】に行ってきました。初訪問ではないんですがレストランの利用は初になります。



道の駅 スタープラザ芦別】は、国道452号(国道38号バイパス)沿いに位置し、道の駅内にある芦別市観光物産センター1階には、ビデオで市内の見どころ、イベント等を紹介する観光案内所、特産物等の販売コーナーがあり、豆腐等の加工体験ができる農産物がある。2階のレストラン【レストラン ラ・フルール】では、空知川を見ながら食事を楽しむことも。さらに、駐車場の公衆トイレは「星の降る里」らしく星をかたどったユニークなものとなっている(´ω`)


c0378174_19515689.jpg
c0378174_19514848.jpg
滝里ダムカレー 980円。

1999年の完成後竣工20周年の節目を迎える【滝里ダム】をモチーフにしたダムカレーは、2019年2月18日から販売を開始したわりと新しい部類のダムカレー。レストランで人気のオリジナル配合カレールゥに芦別産ななつぼしを使用した甘目のカレーは安心安定の味。特徴としては「星の降る里」をイメージした星形のフライドポテトと、ミニサイズではありますが【芦別市】のソウルフードである「ガタタン」がついてること。鶏肉の唐揚げは非常に柔らかく、温泉卵でカレーをまろやかにする事も可能。全体的にボリューミィで満足のいくダムカレーでした(´¬`)


c0378174_19521560.jpg
ミニラーメン 360円。

醤油味オンリーというミニラーメンは特に突出したところはないけど、安定感のある美味しいラーメン。まぁ、ファミレス系の味ってヤツですね。


ダムカレーを食べながら何気に【滝里ダム】の事を調べてたらなんと「天皇陛下御在位三十年記念」の特別なダムカードを配布していることが判明! 【滝里ダム】のダムカードはもう持っていたけど、特別仕様のダムカードは持っていなかったので食後はカードの配布場所である【滝里ダム管理支所】を目指すことに。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



レストラン ラ・フルール
●住所 北海道芦別市北4条東1丁目1番地 道の駅 スタープラザ芦別2F
●電話 0124-23-1437
●営業時間 11:00~19:00(5月~10月) 11:00~18:00(11月~4月)
●定休日 年末年始
●駐車場 有り(道の駅 スタープラザ芦別)


道の駅 スタープラザ芦別
●住所 北海道芦別市北4条東1丁目1番地
●電話 0124-23-1437
●営業時間 9:00~19:00(5月~10月) 9:00~18:00(11月~4月)
●定休日 年末年始
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2019-04-10 18:00 | 空知地方 | Comments(0)

情報発信基地 AKABIRAベース/赤平市

2019年4月6日()



c0378174_19004446.jpg
この日は【赤平市】の「幌岡町エリア」にある【情報発信基地 AKABIRAベース】に行ってきました。初訪問ではないんですがブログにUPするのは初になります。


c0378174_19005618.jpg
c0378174_19010513.jpg
c0378174_19011290.jpg
2015年6月にオープンした【情報発信基地 AKABIRAベース】は、【赤平市】の観光情報の提供と特産品のPRを目的とした情報発信施設。市内で採れた新鮮な野菜や特産品の販売をはじめ、名物のホット系グルメや軽食も充実している。イートインスペースがあるので店内での飲食も可能。国道38号線に面しており、アクセスもしやすい。大きなクマゲラが目印の可愛くて便利な町のランドマーク的施設なんです(´ω`)


c0378174_19011987.jpg
じゃガ~ル(ピザ味) 300円。

赤平産赤ジャガイモを生地に練り込み、惣菜を包んで揚げた「じゃガ~ル」は、新たな赤平名物として開発されました。選べるお味は「ピザ」「しょうが焼き」「カレーウインナー」の3種類。とりあえず初めてだったので1番オーソドックスそうなピザ味をチョイス。サクサクパリパリの生地の中に野菜やひき肉が入っていて、想像してた味とは違ったけどこれはこれで美味しい。まさに揚げ餃子と揚げピザのハイブリッドッ! また、注文してから揚げてくれるので、出てくるまでに多少時間はかかるけど熱々が食べられるのは非常に嬉しい。


メンチカツ 150円。

手作りだという「メンチカツ」の外見は武骨だがコレがまた超ウマイ!(´¬`) 「肉しか入ってないんじゃね!?」と思うほど肉々しく、かなりジューシィで旨味がハンパないんです。お土産に買って帰りたくなるほどのレベル。「じゃガ~ル」同様注文してから揚げてくれるので熱々なのは良いですが火傷には注意が必要ww


うーむ、【情報発信基地 AKABIRAベース】のお手軽フードたち良いですねぇ。こんなに美味しいのが初訪問時にわかっていたらもっと通ってたかもしれない。とりあえず、次回訪問時もこの2品は食べるんだろうなぁ。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



情報発信基地 AKABIRAベース
●住所 北海道赤平市幌岡町54
●電話 0125-32-6760
●営業時間 10:00~18:00(5月~6月) 9:00~18:00(7月~9月) 10:00~17:00(10月~4月) 
●定休日 無休(7月~9月) 火曜(5月~6月、10月~4月)
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2019-04-08 19:15 | 空知地方 | Comments(0)