タグ:カフェ ( 25 ) タグの人気記事

Lunch & Cafe papaji & mamaji/三笠市

2018年4月30日(月)



c0378174_19104748.jpg
この日のランチは【三笠市】の「萱野エリア」にある【パパジアンドママジ】でした。初訪問になります。


道道30号線沿いにある【パパジアンドママジ】は、2013年7月にオープンした洋食カフェ。店主がとことんこだわりぬいた食材で作る料理は美味しいと地元での評価が高い。また、店内には奥様が作った数々の木工アートが飾られており見ているだけで楽しい。店内は完全禁煙だが、外席は喫煙可能。


c0378174_19105569.jpg
とろとろ玉子の牛スジ煮込み デミグラス・オムライス 850円。

パパジアンドママジ】人気No.1メニューのオムライス。とろっとろの玉子の中は王道のケチャップライス。牛スジを12時間以上煮込んで仕上げたというコラーゲンたっぷりのオリジナルデミグラスソースとの相性抜群! ウリの牛スジ感はあまり感じられなかったけど普通に美味しいデミソースでした。ちなみにポテトサラダが付いてるんですが写真撮り忘れ。


c0378174_19110294.jpg
鶏ムネ肉のやわらかチキンカツ 800円。

この日の日替わりメニューはチキンカツがメインのディッシュでした。その名の通りチキンカツがめちゃめちゃ柔らかく、自分好みのデミソースが良い仕事をしててウマイ。野菜も新鮮だし、近所のお米農家から仕入れてるというライスもホント美味しい(´¬`) スープかと思ったらみそ汁だったのには驚きを隠せないw


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



Lunch & Cafe papaji & mamaji
●住所 北海道三笠市萱野368
●電話 0126-72-8866
●営業時間 10:00~19:00
●定休日 火曜
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-07-12 18:00 | 空知地方 | Comments(0)

Cafe & Deli ma chi no ki/江別市

2018年6月17日()



c0378174_15442417.jpg
当別町】の【スウェーデンヒルズ公園】で開催された【第35回 夏至祭】に参加してきた後は、【江別市】の「野幌エリア」にある【カフェ&デリ マチノキ】へ行ってきました。初訪問になります。



c0378174_15443357.jpg
c0378174_15444188.jpg
市内の人気フレンチレストラン【シェ・キノ】と、人気農場である【町村農場】がコラボし、2016年12月「野幌地区」にオープンさせた【カフェ&デリ マチノキ】。江別生まれの野菜と果物、そして乳製品を使いこだわりの料理を提供するカフェ&デリ。フードメニューはスネ肉をとろとろになるまで煮込んだシチューをはじめ、どこか懐かしいスパゲッティナポリタンなど多数ご用意。【町村農場】のフレッシュな生乳をふんだんに使用したソフトクリームやオリジナルのふわふわスフレなどスイーツも充実。持ち帰りができるデリ商品も多数あり様々な使い方ができるお店なんです(´ω`)


ma chi no ki ランチセット 1200円。

ランチセットの内容は、ひとくち前菜、本日のスープ、メインディッシュ、パン又はライス、ドリンク、ミニデザートの計6品。4種類から選べるメインディッシュは「ハンバーグ チーズデミグラスソース」、パン又はライスは「パン」、ドリンクは「ハーブティー」でオーダー。


c0378174_15445238.jpg
ハーブティー。
シーフードマリネ。

ハーブティーは鮮やかな赤色のローズヒップ。グラスに盛られたひとくち前菜はシーフードマリネ。味も見た目も良いものです。


c0378174_15450092.jpg
ゴボウの冷製クリームスープ。

本日のスープはゴボウを使った冷製スープ。サラサラでゴボウの味が濃く非常に飲みやすいスープでした。


c0378174_15450838.jpg
ハンバーグ チーズデミグラスソース。
パン。

メインディッシュのハンバーグはナイフを入れるとジュワ~っと肉汁が出てくるタイプ。ふわふわ柔らか系で肉の旨みがしっかりしててウマイ(´¬`) デミグラスソースも自分好みのヤツ。付け合わせのグリーンピースの味がキツくちょっと食べるのが困難でした。嫌いじゃないんだけどなぁ。バター香るパンは見た目小さいけど中がびっしりで結構お腹に溜まります。


c0378174_15451656.jpg
アイスクリーム。

最後に出てくるミニデザートはベリー系。濃いめの甘さとベリーの酸味が良く合います。さすがあの有名な【町村農場】のアイスだけあります。


c0378174_15452464.jpg
ポークピカタカレークリームソース。

これは同行者のメインディッシュ。厚めの豚肉にオリジナルのカレークリームソースがかかっているんですが、これがまた美味しいんです。やっぱり付け合わせのグリーンピースはいらない子ww


ディナーのメニュー表がなかったのでなんとも言えませんが、デリコーナーを見る限りランチタイムにはないような一品料理が良い感じでした。ワインなんかも豊富に取り揃えてるっぽいし夜部も楽しめそうなお店でしたねぇ。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



Cafe & Deli ma chi no ki
●住所 北海道江別市野幌町57-12 八丁目プラザのっぽ1F
●電話 011-378-6640
●営業時間 11:00~14:00(ランチ) 14:00~16:00(カフェ) 18:00~21:00(ディナー)
●定休日 火曜・年末年始
●駐車場 有り(15台)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-07-01 18:00 | Comments(0)

CAFE Bleu Paon/札幌市 白石区

2017年11月6日(月)



c0378174_20084391.jpg
この日は【札幌市】【白石区】の「菊水エリア」にある【カフェ ブルーパン】でランチをしてきました。初訪問になります。


c0378174_20085014.jpg
株式会社 北海道ドルチェ】が2016年3月にオープンさせた【ブルーパン ベイクショップ】と【カフェ ブルーパン】は、1階がパン屋で2階がカフェになっている。可愛らしい外観とお洒落な内観、美味しいスイーツやパン、本格的なカフェ料理が食べられる今人気急上昇中のお店なんです(´ω`) ちなみにカフェとパン屋は営業時間が若干異なります。


c0378174_20090203.jpg
ポップオーバープレート 760円。
ローストビーフ(3枚) 150円。

人気のポップオーバーとディップ2種、サラダが付いたプレートに、自家製のローストビーフをオプションで追加。6種類から選べるディップはバーニャカウダ風とスモークサーモンとカッテージチーズをチョイス。初めて口にするポップオーバーはエッグバターの風味が丁度良く超美味しいッ! これに自分好みのディップを付けて食べたら超絶美味しくなるのは当然の流れ(´¬`) サラダもローストビーフも何もかもウマイ! ポップオーバーは自分の中で大当たりでした。


c0378174_20091044.jpg
鶏肉としめじのペペロンチーノ 1080円。

パスタメニューの中から鶏肉としめじを使用したペペロンチーノをオーダー。香ばしいニンニクの香りが食欲を掻き立て一気に食べてしまう美味しさ。パスタはフィットチーネでボリューム感がありました。サラダとキャロットラペ付き。


上記にも書いたけどポップオーバーが本気で美味しかったので次回訪問時はディップの種類を別にして、またポップオーバープレートを注文しようッ!!


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



CAFE Bleu Paon
●住所 北海道札幌市白石区菊水2条3丁目1-25
●電話 011-817-0300
●営業時間 11:00~20:00
●定休日 不定休
●駐車場 有り(2台)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-06-16 18:00 | 札幌市 白石区 | Comments(0)

Graubunden/倶知安町

2018年6月2日()



今回は知人のMEG BEAMさんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


c0378174_20393188.jpg
この日のMEG BEAMさんが向かったのは【倶知安町】の「山田エリア」にある【グラウビュンデン】。初訪問だったようです。


c0378174_20393768.jpg
別荘やコテージが並ぶ一帯にある三角屋根の【グラウビュンデン】は、30種類のサンドイッチと手作りケーキがウリのカフェ。地元産や道内産の食材にこだわったボリューミィなサンドイッチはお店の看板商品。日本人はもとより外国人観光客にも絶対の支持を得る超人気カフェなんです(´ω`)


c0378174_20394914.jpg
c0378174_20395767.jpg
グラウビュンデンサンド 900円。

オープン以来ずっと愛され続けたメニューの「グラウビュンデンサンド」は、パンの選択は出来ず具材も固定の看板メニュー。焼きたてのバケットにこんがり焼かれたベーコンとスクランブルエッグ、チーズがサンドされたボリューミィなサンドイッチは、話をきくまでもなく絶対に美味しい一品(´¬`) サンドイッチ以外に生野菜とマッシュポテトが付いており、これがまた新鮮で美味しいんだとか。


c0378174_20400602.jpg
c0378174_20401612.jpg
サンドイッチ(クリームチーズトマトチキン) 950円。

4種類から選べるパンはライ麦パンをチョイス。特有の酸味がクセになるヤツですねぇ。もちろんサンドされてる具材はどれもこれも美味しくてたまらないんだとか。


c0378174_20402274.jpg
これが敷地内から見える景色なのか別の場所なのかよくわかりませんが実に綺麗な風景ですよねぇ(=ω=)


MEG BEAMさん貴重な食ネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m


※記事 モコ平



Graubunden
●住所 北海道虻田郡倶知安町山田132-26
●電話 0136-23-3371
●営業時間 8:00~19:00
●定休日 木曜
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-06-07 18:00 | 後志地方 | Comments(2)

菓子工房 フラノデリス/富良野市

2018年6月1日(金)



c0378174_11141555.jpg
キッチン エベルサ】で軽めのランチを済ませた後は、同じく【富良野市】の「下御料エリア」にある【菓子工房 フラノデリス】へ行ってきました。初訪問になります。

c0378174_11142359.jpg
c0378174_11143233.jpg
2001年の5月にオープンし、2004年に現在地へと移転した【菓子工房 フラノデリス】。ドゥーブルフロマージュを最初に考えた「藤田美知男」が代表取締役社長である【株式会社ルノール】が経営。「ふらの牛乳プリン」といった人気商品の他にも様々なスイーツを扱っており、地元民だけではなく遠方からの客が絶えない【富良野市】を代表する超絶人気洋菓子店なんです(´ω`)


c0378174_11143989.jpg
フレンチトーストセット 1000円。

自家製の富良野産の小麦粉を使っ焼きあげた食パンを、「ふらの牛乳プリン」に漬け込んで焼き上げたというフレンチトースト。牛乳プリンが染み込んだフレンチトーストは、ふわふわぷるんぷるんな食感で濃厚でありながら甘さ控えめ。生クリームも全然クドくなくフレンチトーストとの相性抜群。これは稀に見る美味しいヤツでした(´¬`) セットのドリンクはアイスティーにしたんですが氷がハード型でカワイイかったなぁ(=ω=)


以前知人のMARI-CHANGさんに「ふらの牛乳プリン」を頂き、そのあまりの美味しさに感動。なので今回の富良野グルメドライブコースに【菓子工房 フラノデリス】を加えてみたという次第です。フレンチトースも美味しかったけど、お店の雰囲気とかロケーションも最高でした。カフェスペースに大きなススメバチがいてゆっくりできなかったけどww

ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



菓子工房 フラノデリス
●住所 北海道富良野市字下御料2156
●電話 0167-22-8005
●営業時間 10:00~18:00
●定休日 月曜・火曜(祭日・1日は営業)
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く


[PR]
by mocohe23 | 2018-06-03 18:00 | 上川地方 | Comments(2)

crepe & cafe Virtue/千歳市

2018年5月22日(火)



今回は知人のMEG BEAMさんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


c0378174_15400673.jpg
この日のMEG BEAMさんが向かったのは【千歳市】の「幸町エリア」にある【クレープアンドカフェ ヴァーチュ】。


c0378174_15401456.jpg
2016年9月にオープンした【クレープアンドカフェ ヴァーチュ】。旬の素材を使用したこだわりのクレープやスイーツがウリのカフェ。また、バーガーなどといったの食事メニューも充実で、色々な使い方ができるのも魅力のひとつ。【千歳市】という土地柄近隣にホテルが多く、仕事を終えたCAさんたちからも評価の高い人気カフェなんです(´ω`)


c0378174_15402409.jpg
贅沢苺ブリュレ 640円。

2種類あるクレープシリーズから「プレミアムシリーズ」の「贅沢苺ブリュレ」をオーダー。米粉を使用したというクレープ生地は焼きたてはパリッと、後からはモチモチ食感になる2段構え。新鮮な苺と生クリームも非常に美味しく、その名の通り贅沢な一品(´¬`)


c0378174_15403146.jpg
エビ&アボガドバーガー(ポテトドリンクセット) 790円。

こちらはバーガーとポテト、ドリンクがセットになったもの。こだわりのバンズは表面はカリッカリサクサク、中はふわふわ。具材はフレッシュなレタスとトマトとアボガド。メインのエビはフライ状になっていて想像と違ったけど、甘いソースと相まってなかなかの美味なんだとか。


バーガーがあるとのことなので【クレープアンドカフェ ヴァーチュ】の公式HPを確認したんですが、【千歳市】がプッシュしてる「千歳バーガー」は扱ってないようですねぇ。まだ新しいお店だからかな?


MEG BEAMさん貴重な食ネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



crepe & cafe Virtue
●住所 北海道千歳市幸町4-26-1 ALPHA RESORT BLDG 1F
●電話 0123-26-9955
●営業時間 10:30~18:00
●定休日 水曜・不定休
●駐車場 有り(3台)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-05-24 18:00 | 石狩地方 | Comments(0)

cafe 福座/恵庭市

2018年4月1日()



c0378174_18034175.jpg
ジェラテリア ミルティーロ】のジェラートでスッキリした後は、【恵庭市】の「恵南エリア」にある【cafe 福座】へ行ってきました。初訪問になります。



c0378174_18035312.jpg
c0378174_18041685.jpg
2009年の12月にオープンした【cafe 福座】は、野鳥が集う「ユカンボシ川」のほとり、豊かな自然の中にたたずむスロウなカフェ。厳選された珈琲、手作りの器や素材にこだわったお料理、バリから直輸入した木の家具、外国の雑貨や作家さんによる一点物の作品の販売など色々楽しめるのが特徴。季節を感じる店内でゆったりとした時間を過ごせる超人気カフェなんです(´ω`)


c0378174_18051724.jpg
カフェオレ(ホット) 650円。

チョコレートのような豊かなコクとリッチな甘みが際立つ深煎りの珈琲に、道内産のミルクがタップリと入ったまろやかでさっぱりとしたカフェオレ。流石というかなんというか、非常に美味しい1杯でした(´¬`)


c0378174_18052620.jpg
ジャックダニエル(ソーダ割り) 650円。

ストレートやロック、水割りなど色々飲み方の選択ができるんですが、このときはソーダ割りにしてみました。まぁ、早い話ハイボールってヤツですね。飲み屋さんではないので、1杯をゆっくり時間をかけて飲むってゆーね。素敵な店内で飲むお酒はサイコー♪(=ω=)


超人気カフェだってのは知っていたけど、訪問した時間が中途半端な時間帯だったので、待つことなく座れました。ほんと自然豊かでスロウな時間を過ごせました。次回訪問時はランチメニューを食べてみたいなぁ。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



cafe 福座
●住所 北海道恵庭市恵南6-12
●電話 0123-32-0293
●営業時間 10:00~18:00
●定休日 第1月曜・年末年始
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-05-12 18:00 | 石狩地方 | Comments(0)

HASKAP-CAFE(移動販売車)/厚真町

2016年4月16日()



c0378174_14050758.jpg
平取町】の【農園ハム工房 シグびらとり】でサラミやベーコンを購入した後は、【厚真町】の「京町エリア」にある【ハスカップカフェ(山口農園)】へ行ってきました。初訪問になります。



本州ではあまり聞きなれない果物、ハスカップ。【北海道】【厚真町】の農家の4分の1が栽培しており、2013年には栽培面積日本一にもなったという幻の果物。そんなハスカップを栽培している【山口農園】が、ハスカップの存在を世に広める為、2014年3月にオープンさせたのが移動販売車の【ハスカップカフェ】。通常は市内にある【米粉スイーツの店 稲果】の駐車場で販売をしているが、お祭りやイベントなどに積極的に参加するので、市内にいない事もしばしば。ハスカップを使用したスムージーやクレープが評判のお店なんです(´ω`)


c0378174_14051410.jpg
ハスカップババナチョコクレープ 550円。

クレープといえばみんな大好きバナナのクレープですが、そこに【山口農園】特製のハスカップコンポートとチョコが入っており、バナナのコクとチョコの甘み、そしてハスカップの甘酸っぱさが加わり絶妙な美味しさに。さらにアーモンドのカリカリ食感までプラスされてるんだから、なんとも食べ応えのある逸品に仕上がっています。ちなみにクレープ生地が黒いのは竹炭を使用しているからなんだとか。黒くしたほうが見栄えが良いからかな? 何にしても、もっちり食感でウマイ(´¬`)


たしか一緒にハスカップスムージーも購入したハズなんだけど画像をロストしてしまった…。まぁ、2年も前の話だしなくなったものはしょーがない(´Д`;)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



HASKAP-CAFE(移動販売車)
●住所 北海道勇払郡厚真町字京町2-41-1
●電話 090-8427-2137
●営業時間 11:00~17:00(金~月)
●営業時間(イベント) イベント内容で異なる
●定休日 火~木、年末年始、不定休
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-04-09 18:00 | 胆振地方 | Comments(0)

石窯カフェ ヤマト/新十津川町

2018年3月18日()



c0378174_21370897.jpg
この日のランチは【新十津川町】の「大和エリア」にある【石窯カフェ ヤマト】でした。初訪問になります。


c0378174_21371564.jpg
ご主人とその家族が逐57年の古民家を自分たちで改装し2016年4月にオープンした【石窯カフェ ヤマト】。木の雰囲気を残した和風カフェで、自家製の石窯で焼いたピザやスイーツなどが味わえる。また、広大な農地の中にあり、店の窓からは【新十津川町】の四季折々な景色なども楽しめる。11時のオープンと同時に満席になるほどの人気店なんです(´ω`)


c0378174_21372730.jpg
c0378174_21373694.jpg
マルゲリータピザ(ランチセット) 1000円。

トマトソースとモッツァレラチーズのオーソドックスなピザ。シンプルがゆえに味の誤魔化しが一切通用しない奥の深いヤツです。トマトソースの程よいの酸味、ジェノベーゼソース独特の味と香り、とろっとろのモッツァレラチーズ、しっとり系の生地(外側はパリパリ)、これらのバランスが非常に良く、とにもかくにも美味しい(´¬`) サイズは大きいけど生地は薄目なのでモリモリ食べれます。ちなみにランチセットにしているのでミニサラダとドリンクがついてきます。


c0378174_21374404.jpg
季節限定ピザ(ランチセット) 1050円。

この日の「季節限定ピザ」は「野沢菜、ベーコン、クリームチーズのピザ(ガーリック風味)」でした。自分の好きな具材ばかりの組み合わせだったので即決オーダー。こんなのなんてもう食べる前から美味しいと判明してるヤツですよねぇ。ベーコンとクリームチーズ2種類の旨味と野沢菜の塩味が超ベストマッチ。そこにガーリックが加わって更にピザの美味しさを引き上げます。そして刻みのりの風味がまた良い仕事するんですよ。これは通常メニューに加えて欲しいぐらいの美味しいピザでした(´¬`)


美味しくてリーズナブルでお店の雰囲気も良いときたらもうパーフェクトですよねぇ。再訪問は確定でしょう。


全然カンケーないけど、お店に行ったら満席だったので名前を伝え駐車場に止めてた自分の車の中で待機していました(このお店な人気店なので、車内待機している人たちが結構いる)。そんな中、自分の隣空きスペースに若いオネーチャンの運転する車が頭から入ってきたんです。が、運転スキルが超低いらしく頭から入れてるのにもかかわらず、ハンドルを何度切り返しても斜めになり、マジで自分車にこすりそうになるんですよ。もう真横で見てるだけでハラハラ状態(´Д`;) 運転変わってやろうかと思うぐらいにww 結局オネーチャンは途中で諦めて、そのままの状態でお店に入って行きました。食事が終わるのはこっちが先だからそんな状態の中、車を駐車場から出すのにホント苦労しましたよ…。 アレはもう一回教習所に行ったほうがいーなぁ。 ってゆーお話ww


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



石窯カフェ ヤマト
●住所 北海道樺戸郡新十津川町字大和127-5
●電話 080-9008-0810
●営業時間 11:00~19:00
●定休日 火曜・水曜
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-03-25 21:45 | 空知地方 | Comments(2)

cafe room 今保羅/深川市

2018年3月3日()



c0378174_20535524.jpg
この日のランチは深川市の【JR深川駅】から徒歩数分の場所にある【cafe room 今保羅】でした。ブログで扱うのは3度目ですが、自分は初訪問になります。

c0378174_20540267.jpg
1978年12月24日のクリスマスイブにオープンした【cafe room 今保羅】。パスタのメニューが豊富で30種類以上あり、スケトウダラのたらこを檜山漁協より取り寄せ、にんにくは青森県の田子町のもの、ドイツの品質競技会で金メダルを受賞した埼玉牧場のベーコン、野菜は地元深川産など、その食材へのこだわりも徹底している。本当はカフェなのだが、パスタの専門店を思っている人も多いとか。温かでユニークな空間の店内で美味しいパスタやパフェが食べられると評判で、地元民だけでなく、わざわざ遠方から来るお客さんも多い人気カフェなんです(´ω`)


c0378174_20540996.jpg
イカスミのトマトソース添え 1080円。

新鮮なイカスミとトマトをふんだんに使った「スペシャリティパスタ」のひとつであり、【cafe room 今保羅】の看板メニューのひとつでもある「イカスミのトマトソース添え」をオーダー。イカスミ独特の臭みはなく、むしろ旨みが強く食べやすい。イカスミパスタ単体でもイケるけど、オリジナルのトマトソースと合わせる事でより食べやすく、そしてより美味しくなります。通常の店よりパスタが太目でツルッツルのぷりっぷりでウマイ!(´¬`)


c0378174_20541658.jpg
エビとホタテのトマトクリームソース 860円。

これでもか!ってぐらいエビの旨みが出たトマトクリームソースがペンネに絡んでめちゃウマイ!! 具材のエビやホタテも大きく食べ応えじゅうぶん。普段ペンネのパスタってあまり食べないけど、これは良いものです(=¬=)


AAA級グルメ戦士スターオニオンさんが2度も行くから美味しいお店なのはわかっていたけど、実際に食べて納得でした。パスタは美味しいし、お店の雰囲気は良いし(狭いし、料理が出てくるのに時間がかかるけど)これは間違いなく再訪問確定です(´ω`)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



cafe room 今保羅
●住所 北海道深川市2条9-13
●電話 0164-22-5794
●営業時間 11:00~21:00
●定休日 第1・第3水曜
●駐車場 無し




[PR]
by mocohe23 | 2018-03-07 18:00 | 空知地方 | Comments(0)