タグ:スイーツ・お菓子 ( 35 ) タグの人気記事

道の駅 なないろななえ/七飯町

2018年8月14日(火)



c0378174_13012321.jpg
道の駅 とようら】を出発した後は、【七飯町】の「峠下エリア(国道5号線沿い)」にある【道の駅 なないろななえ】に行って来ました。初訪問になります。



c0378174_13013152.jpg
2018年3月23日にオープンした【道の駅 なないろななえ】は、道内で121番目のまだ出来立てほやほやな道の駅。解放感のある施設内には、七飯の特産品がもりだくさんの物販スペースをはじめ、数軒の飲食店スペースなどがあり、いろいろなグルメを堪能できる。また、子供用のプレイスペースもあるので子供を遊ばせながら休憩できるのも魅力のひとつ。施設内のバランスも良く、国道5号線沿いという好立地条件も相まって、オープンしてまだ間もない道の駅ですが、連日大勢の人で賑わう人気道の駅なんです(´ω`)


c0378174_13013974.jpg
c0378174_13014683.jpg
ガラナフロート 350円。

道の駅直営の【峠下テラス】ブースで購入したガラナシリーズの第2弾であり最新作。道民のソウルドリンクのひとつである「コアップガラナ」の上にガラナ味のソフトクリームが乗ってるんですが、まぁ~こんなの食べる前から美味しいのはわかってました。ガラナソフトは初食だったけど、これもまたウマし(´¬`) それにしても、テレビや雑誌で見るまで【七飯町】でコアップガラナを生産してるとは知らなかった。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



道の駅 なないろななえ
●住所 北海道亀田郡七飯町字峠下380番2
●電話 0138-86-5195
●営業時間 9:00~18:00
●定休日 年末年始(11月31日~1月3日)
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-11-08 18:00 | 渡島地方 | Comments(0)

Sweets shop Patissier Lab(しこつ湖鶴雅リゾートスパ 水の詩)/千歳市

2018年7月9日(月)



c0378174_19051859.jpg
苫小牧市】の【緑ヶ丘公園展望台】で風景を堪能した後は、【千歳市】の「支笏湖温泉エリア」にある【パティシエ・ラボ しこつ湖鶴雅リゾートスパ 水の詩】へ行ってきました。初訪問になります。

2009年5月【しこつ湖鶴雅リゾートスパ 水の詩】内にオープンした【スイーツショップ パティシエ・ラボ】は、道内産の素材をふんだんに使用したスイーツ販売がメインのお店。数あるスイーツの中、1番人気の商品は「樽前山」の溶岩ドームをイメージした生地にオレンジ風味のカスタードクリームが入った「たるまえ山シュー」。ここのスイーツ目的で遠方からわざわざ足を運ぶファンの多い超人気店なんです(´ω`)


c0378174_19052708.jpg
ストロベリーパフェ 480円。

水の詩】のパティシエがつくるこだわりのテイクアウトパフェ。フレッシュなイチゴソースが爽やかで甘酸っぱいおいしさ! あまりの美味しさにもうひとつのチョコレートパフェも気になったけどそこは我慢で(´¬`)


c0378174_19053629.jpg
c0378174_19054200.jpg
パフェを食べ終え「支笏湖」周辺を散策していると突然の大雨が…。雨宿りをするも一向に止む気配がなかったので、駐車場に止めていた車に戻り家に帰る事にしました。まぁ、この日のドライブはじゅうぶん楽しめたので良しとしましょう。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



Sweets shop Patissier Lab
●住所 北海道千歳市支笏湖温泉 しこつ湖鶴雅リゾートスパ水の詩
●電話 0123-25-2211
●営業時間 9:30~16:30
●定休日 日曜
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-10-16 18:00 | 石狩地方 | Comments(4)

フレッシュフルーツファクトリー FRUTICO/余市町

2018年7月25日(水)



今回も知人のMEG BEAMさんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


c0378174_11294584.jpg
柿崎商店 海鮮工房】で海鮮料理を堪能したMEG BEAMさんが次に向かったのは、同じく【余市町】の「大川エリア」にある【フレッシュフルーツファクトリー フルティコ 余市本店】。初訪問だったようです。



真っ赤な建物が目印の【フレッシュフルーツファクトリー フルティコ】は、【余市町】のベリー農家直営のジェラート・クレープ・スムージー店。自社栽培したベリーとブドウを使った農家が直営するからこそできる特別なジェラート。余市の自社農園で収穫した完熟フルーツを道産小麦のもっちもちクレープ生地で包む贅沢クレープ。 当然クレープソースも自社製。研究を重ね生み出されたスイーツを求め連日客の絶えない人気店なんです(´ω`) ちなみに、旧店名は【フルーツプラネット】。


c0378174_11301433.jpg
クレープ(ラズベリー&ブルーベリー) 580円。

お店の人気No.1商品だというラズベリーとブルーベリーのクレープ。甘味と酸味のベリー、もっちもちのクレープ生地、こだわりの生クリームの三身一体。絶妙なバランス感でむちゃくちゃ美味しいんだとか(´¬`)


c0378174_11304416.jpg
ジェラート (りんご&ハスカップ) 380円。

北海道】でしか栽培されていないハスカップと、【余市町】の特産フルーツであるりんごのダブル。ギュッと凝縮されたフルーツの旨味溢れるジェラートなんだって。


MEG BEAMさん貴重な食ネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m


※記事 モコ平



フレッシュフルーツファクトリー FRUTICO 余市本店
●住所 北海道余市郡余市町大川町8-31
●電話 050-5570-4460
●営業時間 11:00~18:00(火~金) 11:00~19:00(土日祝)
●定休日 月曜
●駐車場 有り(12台)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-08-29 18:00 | 後志地方 | Comments(0)

STARBUCKS COFFEE/札幌市 東区

2018年6月30日()



c0378174_16384693.jpg
サッポロビール☆道産子感謝Day 2018】でビールとグルメを堪能してきた後は、【アリオ札幌】の中にある【STARBUCKS COFFEE アリオ札幌店】へと移動。もう何度も訪問してますがブログにUPするのは2回目になります。



1971年にアメリカ合衆国ワシントン州シアトルで開業した【スターバックスコーヒー】、世界規模で展開するコーヒーの人気チェーン店。人気のひみつはコーヒー類やデザート系、軽食の充実と、通りに面したオープンテラス、落ち着いた照明など長居したくなるようなインテリア。とにもかくにも誰もが知ってる超人気のカフェなんです(´ω`)


c0378174_16385413.jpg
加賀棒ほうじ茶フラペチーノ(Tall) 620円。

期間限定のほうじ茶フラペチーノをチョイス。香り高く、まろやかな甘味を持つ加賀棒ほうじ茶を存分に堪能できるフラペチーノ。甘さ控えめなので自分も美味しくいただけました(´¬`)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



STARBUCKS COFFEE アリオ札幌店
●住所 札幌市東区北7条東9-2-20 アリオ札幌1F
●電話 011-702-6745
●営業時間 10:00~22:00
●定休日 不定休(アリオ札幌に準ずる)
●駐車場 有り(アリオ札幌)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-08-27 18:00 | 札幌市 東区 | Comments(0)

彩香の里/中富良野町

2018年7月28日()



今回は知人のMEG BEAMさんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


c0378174_11090578.jpg
この日のMEG BEAMさんが向かったのは【中富良野町】の「丘町エリア」にある【彩香の里】。初訪問だったようです。


彩香の里】は「富良野盆地」と「十勝岳連峰」を望むラベンダー園。【中富良野町】にあるラベンダー園の中でも、【富良野市】寄りの小高い丘、南西側丘陵に位置するこのラベンダー園は、6ヘクタールもあるその広大さとラベンダーの種類の豊富さがお勧めポイント。「ラベンダー」以外にも、「クレオメ」や「サルビア」、「バーヘナ」「キンギョソウ」「ひまわり」など数種類の彩と香りを楽しむことができる。また、苗木・生花・オリジナル商品の販売や、敷地内にあるカフェレストラン【キッチン SKY】でスイーツなど【北海道】の食材を使用したグルメを食べることができる。道内外から大勢の観光客が訪れる人気の観光スポットなんです(´ω`)


c0378174_11091462.jpg
ラベンダーソフト ???円。

富良野地方の特産品(花)といえばラベンダー。ってことで注文したのは名物のラベンダー味のソフトクリーム。濃厚なのにさっぱりとした味わいでラベンダーの香りがたまらない一品。ラベンダーの香が苦手な人でもこれなら美味しくいただけるとのこと(´¬`)


MEG BEAMさん貴重な食ネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m


※記事 モコ平



彩香の里
●住所 北海道空知郡中富良野町字中富良野西1線北12号
●電話 0167-56-7441
●営業時間 8:00~17:00(6月~9月)
●定休日 冬季休業
●駐車場 有り(180台)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-08-24 18:00 | 上川地方 | Comments(0)

ジェラート 札幌 果林樹/札幌市 南区

2018年7月19日(木)



c0378174_17104346.jpg
滝野すずらん丘陵公園】の滝でもっつりマイナスイオンを浴びてきた後は、同じく【南区】の「石山東エリア」にある【ジェラート 札幌 果林樹】へ行ってきました。もう何度も行ってますがブログにUPするのは初になります。



c0378174_17105188.jpg
1997年7月にオープンした【ジェラート 札幌 果林樹】は、併設する【地酒 仙丸】という酒屋さんが経営しているジェラートの専門店。道産の牛乳と旬のフルーツを使用した季節限定メニューや、母体の酒屋ならではのお酒入りのジェラートなど100種類以上あるメニューの中から日替わりで店頭に並ぶ。【北海道】のTV番組で「美味しいアイスの店」視聴者人気投票でNo.1にもなったことのある超人気店なんです(´ω`)


c0378174_17105927.jpg
シングルコーン(マンゴーヨーグルト) 380円。

こんなマンゴー系のアイス食べた事ない!ってぐらいマンゴー感が強いジェラート。というか、冷たいマンゴーを食べているような。それでいてヨーグルトの風味もちゃんとという。さすがというかなんというか、やっぱり【果林樹】のジェラートは美味しい!(´¬`)


c0378174_17110790.jpg
シングルカップ(スペシャル生チョコ) 300円。

見た目は何の変哲もない普通のチョコアイスですが、ひとくち食べてそのスペシャリティー度がわかります。生チョコ特融の食感と味がそのままジェラートに。この美味しさたまらない!


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



ジェラート 札幌 果林樹
●住所 北海道札幌市南区石山東5丁目8-26
●電話 011-592-5151
●営業時間 10:00~19:00
●定休日 月曜
●駐車場 有り



前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く
別ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く playback



[PR]
by mocohe23 | 2018-08-19 18:00 | 札幌市 南区 | Comments(0)

kitchen FARM YARD/由仁町

2018年6月21日(木)



今回は知人のMEG BEAMさんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


c0378174_15114564.jpg
この日のMEG BEAMさんが向かったのは【由仁町】の「西三川エリア」にある【キッチン ファームヤード】。


ファーム大塚】の農場直営レストランとして1999年にオープンした【キッチン ファームヤード】。直営農場で収穫された新鮮な野菜やハーブを使った季節ごとに変化する、その季節にしか食べることのできない大地の恵みがぎっしりつまったメニューがたくさん。 人気は「スープスパイス」と呼ばれるオリジナルのスープカレー。 メイン食材と十数種類もの旬の野菜が入った深い味わいが堪能できる。収穫時にしか食べることのできない看板メニューの「季節のタルト」は絶品で、タルト目的で遠方から足を運ぶファンも多い。また、農場ではブルーベリー狩り体験やドッグランもあるので老若男女犬問わず楽しめる人気のファームレストランなんです(´ω`)


c0378174_15115739.jpg
季節の天ぷら(紫アスパラ) 280円。

珍しい紫アスパラを使った揚げたての熱々天ぷら。新鮮なので甘味が強くシャキシャキ食感たまらない。激ウマッ!!(´¬`) ちなみに、このときは280円だったようですが、収穫の時期やサイズにより価格が変動するそうです。


c0378174_15120928.jpg
c0378174_15121884.jpg
スープスパイス(セット) 1250円。
チーズ(トッピング) 160円。

スープカレーはチキン、辛さは中辛、トッピングはチーズ、ライスは黒米の小サイズ、サラダのドレッシングはさらさらレッドでオーダー。スリランカ産のスパイスと野菜やハーブが入ったスープカレーはコクと旨味、辛さが絶妙。すっきりしていて非常に飲みやすいんだとか。具材は、ブロッコリー、カブ、ナス、ズッキーニ、かぼちゃ、ごぼう、キャベツ、水菜、じゃがいも、にんじん、えのき、うずらの卵の12種と驚きの品数。野菜が多いので必然的にボリュームアップされるのでライスは小サイズで頼んだらしい。サラダも超新鮮だし、さらさらレッド(赤いたまねぎ)のドレッシングで血液が綺麗になった感じがするとかしないとかw まぁ、何にしても非常に美味しく満足度が高かったみたいですねぇ(´¬`)


c0378174_15122945.jpg
スープスパイス(セット) 1250円。
チーズ(トッピング) 160円。

こちらのスープカレーはポーク、中辛、チーズトッピング、鉄鍋バターライスの中サイズ、サラダのドレッシングは不明(画像無し)でオーダー。チキンとはまた違った旨味とポークの甘味が良い感じに仕上がっているんだとか。


c0378174_15123982.jpg
c0378174_15124692.jpg
c0378174_15125326.jpg
ポットティーとケーキのセット 800円。

内容は、いちごタルト、長いもシフォン、フレッシュハーブティー。一応画像は2人前です。甘酸っぱいいちごが大量に乗ったタルトは間違いなく美味しいヤツ。長いものシフォンは生地と生クリームの間に長いものクリームが塗ってあり、独特の食感と味が楽しめます。フレッシュハーブティーはその名の通りフレッシュで食後のドリンクにぴったり。


c0378174_15130091.jpg
いちご(大) 680円。

ファームヤード】で店売りしていたといういちご。タルトでいちご本体の美味しさがわかっていたのでお土産用に購入。めちゃウマ♪


実は前にもMEG BEAMさんから【キッチン ファームヤード】のネタを送ってもらった事があるんですが、保存していたPCがクラッシュしたとき、そのネタも一緒に吹き飛んでしまったんですよ。データが消去されてしまった事をMEG BEAMさんに伝えたところ、わざわざもう1度【キッチン ファームヤード】に行ってくれたんです。まぁ、再訪問したいと思ってたところだったから丁度良かったんだとか(´ω`)


MEG BEAMさん貴重な食ネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m


※記事 モコ平



kitchen FARM YARD
●住所 北海道夕張郡由仁町西三川913
●電話 0123-86-2580
●営業時間 11:00~18:00
●定休日 火曜・水曜・年末年始
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く
別ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く playback



[PR]
by mocohe23 | 2018-08-12 18:00 | 空知地方 | Comments(2)

神威岬/積丹町

2018年5月24日(木)



c0378174_12000171.jpg
余市町】の【燻製料理の店 燻香廊 (けむかろう)】で美味しい燻製料理を食べた後は、【積丹町】の観光名所【神威岬】へ行ってきました。2度目の訪問ですがブログにUPするのは初になります。

c0378174_12003289.jpg
c0378174_12001623.jpg
c0378174_12002479.jpg
c0378174_12010794.jpg
ニセコ積丹小樽海岸国定公園】に属している【神威岬】は、【積丹町】にあり、積丹半島の北西部から日本海に沿って伸びている岬。先端には神威岬灯台と神威岩があり、この付近は古くから海上交通の難所として知られている。駐車場内には【カムイ番屋】があり、しゃこたん土産や海鮮料理を堪能できる。平日でも多くの観光客でにぎわう超人気観光スポットなんです(´ω`)


c0378174_12004832.jpg
c0378174_12005614.jpg
何年前か忘れたけど、前回訪問時はめちゃめちゃ豪雨の日で岬の先端まで行けなかったんですが、今回は超快晴で初めて先端まで到達する事ができました。うーむ、積丹ブルー綺麗じゃないの(=ω=)


c0378174_12011329.jpg
c0378174_12012115.jpg
しゃこたんブルーソフトクリーム(ミックス) 380円。

積丹ブルーを忠実に再現したというソフトクリームをミックスでオーダー。ブルー部分は爽やかなミント風味で暑い日にはピッタリ。さすがしゃこたん名物だけあって美味しいソフトクリームでした(´¬`)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



しゃこたん土産と喰処 カムイ番屋
●住所 北海道余市郡余市町港町75-2
●電話 0135-46-5730
●営業時間 11:00~17:00(レストラン) 10:00~17:00(売店)
●営業期間 5月~11月
●定休日 無休(営業期間内)
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く
別ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く playback



[PR]
by mocohe23 | 2018-07-29 18:00 | 後志地方 | Comments(2)

Fromage Danish DANI LeTAO/小樽市

2018年7月15日()



今回も知人のMEG BEAMさんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


c0378174_12493319.jpg
SNOOPY茶屋 小樽店】で美味しいゼリーソフトを食べたMEG BEAMさんが次に向かったのは、同じく【小樽市】の「堺町エリア」にある【フロマージュデニッシュ デニ ルタオ】。こちらも初訪問だったようです。




小樽市】を中心に、道内外に数店舗を展開をする超人気洋菓子店【ルタオ】。小樽市内にある6店舗はそれぞれコンセプトが違っており、【フロマージュデニッシュ デニ ルタオ】は1998年の創業以来1番人気の「ドゥーブルフロマージュ」をはじめ、チーズケーキを専門とした店舗になっています。また、店舗は工房もかねていてパティシエの丁寧な手作りの様子を楽しむこともできます。全ての店舗人気があるんですが、その中でもこの【フロマージュデニッシュ デニ ルタオ】は1.2を争うぐらいの人気店なんです(´ω`)


c0378174_12510419.jpg
フロマージュデニッシュ 297円。

道内産クリームチーズとイタリア産マスカルポーネチーズが2層になったミルキーチーズクリームを、道内産小麦100%のデニッシュ生地で包み込んだお店の看板商品。ザクザク食感で甘味のあるデニッシュと、コクと旨味のチーズクリームの融合がクセになる美味しさを生み出すんだとか(´¬`)


MEG BEAMさん貴重な食ネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m


※記事 モコ平



Fromage Danish DANI LeTAO
●住所 北海道小樽市堺町6-13
●電話 0134-31-5580
●営業時間 9:00~18:00(季節によって変動あり)
●定休日 無休
●駐車場 有り(提携駐車場有り)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-07-24 18:00 | 後志地方 | Comments(2)

SNOOPY茶屋/小樽市

2018年7月15日()



今回は知人のMEG BEAMさんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


c0378174_12130356.jpg
この日のMEG BEAMさんが向かったのは【小樽市】の「堺町エリア」にある【SNOOPY茶屋 小樽店】。初訪問だったようです。


「PEANUTS」をテーマにした和カフェ【SNOOPY茶屋 小樽店】が【北海道】屈指の観光都市である【小樽市】に2018年4月にオープン。1階のグッズショップは【SNOOPY茶屋】でしか買えない限定グッズがおよそ300種類以上を販売。2階のカフェスペースは大正ロマンを彷彿させる情緒あるモチーフとPEANUTSとのコラボレーションアートで演出された空間で、【北海道】の特産物を取り入れ、洋風の香りをミックスさせたお料理やスイーツを食べる事ができるんです(´ω`)


c0378174_12131059.jpg
スヌーピー 夏の青空ゼリーソフト 700円。

7月1日(日)~9月30日(日)の期間限定商品のゼリーソフト。パイナップル味の青いゼリーと、ちんご味の赤いゼリーで夏の空色と太陽をイメージ。北海道ミルクの濃厚なソフトクリームと、さっぱりしたゼリーの相性は抜群。上にささってるスヌーピーのオリジナルクッキーがポイントなんだとか(´ω`)


MEG BEAMさん貴重な食ネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m


※記事 モコ平



SNOOPY茶屋 小樽店
●住所 北海道小樽市堺町6-4
●電話 0134-64-7048
●営業時間 10:30~17:00(レストラン) 9:30~17:30(グッズショップ)
●定休日 無休
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-07-23 18:00 | 後志地方 | Comments(0)