人気ブログランキング |

タグ:スイーツ・お菓子 ( 43 ) タグの人気記事

パンとお菓子の店 Saruta2(サルタセカンド)/滝川市

2019年4月6日()



c0378174_15035207.jpg
芦別市】の【滝里ダム】でダムカードをGETした後は、【滝川市】の「滝の川町エリア」にある【パンとお菓子の店 サルタセカンド】へ行ってきました。初訪問になります。

パンの店さるた】と【ケーキの店さるた】がひとつとなり【パンとお菓子の店 サルタセカンド】として2000年に移転オープン。家族で営むアットホームな店内で作られるパンうあ洋菓子は評価が高く、売り切れになることもしばしば。移転する以前から長年愛されてきた定番メニューを今でも変わらない味で提供しているのも嬉しいポイント。地元民はもちろん、遠方からも足を運ぶファンの多い人気店なんです(´ω`)


c0378174_15040097.jpg
ベリー畑のタルト 330円。

フレッシュなベリー3種(イチゴ・ラズベリー・ブルーベリー)を生クリームとカスタードクリームが入ったタルトに飾り付けたケーキ。甘味と酸味のスパイラルにハマる事間違いなし(´¬`)


c0378174_15040785.jpg
クラシックショコラ 250円。

チョコジュワのしっとり系ケーキかと思いきや、ワリともふもふしたショコラケーキ。万人受けする甘さをおさえた優しいお味。


夜に食べるパンを買いに行ったんですが、売り切れで何もありませんでした。さすが人気店! なのでスイーツにシフトチェンジという次第でございます。次回訪問時はもっと早い時間を狙って行こう。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



パンとお菓子の店 Saruta2(サルタセカンド)
●住所 北海道滝川市滝の川町西5-1-38
●電話 0125-24-0219
●営業時間 5:30~19:00
●定休日 月曜
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2019-04-14 18:00 | 空知地方 | Comments(0)

Patisserie Bliss Bliss/札幌市 南区

2019年3月10日()



c0378174_19065044.jpg
らーめん ひなた】で美味しいラーメンを食べた後は、同じく【南区】の「川沿エリア」にある【パティスリーブリスブリス】へ行って来ました。初訪問になります。

c0378174_19065753.jpg
2015年11月にオープンした【パティスリーブリスブリス】は、子供から大人まで、スイーツが好きな人から甘いものが苦手な人まで、誰が食べても美味しい洋菓子作りをモットーに掲げるスイーツ店。洋菓子の街【神戸市】で老舗店で身につけた高い技術と【北海道】の厳選素材で作り上げるスイーツを目当てに連日大勢のお客で賑わう人気店なんです(´ω`)


c0378174_19071263.jpg
レアチーズぴよたん 400円。

外観に惹かれチョイスした「レアチーズぴよたん」。外部はクリーミィなレアチーズ、中にはオレンジ&マンゴーのムースとオレンジゼリーが入っており、マンゴーソースのグラサージュが決め手となっている。可愛さとすっきりした甘さの融合体。


c0378174_19071933.jpg
丸ごと苺のチーズケーキ 450円。

濃厚なチーズケーキの上に苺のコンフィチュールと丸ごと苺を乗せた贅沢なケーキ。小さめのサイズだけど、そこは美味しさでカバー。


c0378174_19072640.jpg
ムースオフレーズ 420円。

バニラムースと木苺のジュレ、フィアンティーヌのサクサク感が楽しい苺のムースケーキ。今回買った3品の中では1番のお気に入り(´¬`)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



Patisserie Bliss Bliss
●住所 北海道札幌市南区川沿2条5丁目1-47
●電話 011-572-2332
●営業時間 10:00~19:00
●定休日 木曜
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2019-03-22 19:15 | 札幌市 南区 | Comments(0)

Bellous Field Beach/旭川市

2018年4月9日(月)



c0378174_19453488.jpg
この日は【旭川市】の「緑町エリア」にある【ベローズ フィールド ビーチ】へ行って来ました。初訪問になります。


c0378174_19460171.jpg
2012年の9月にオープンした【ベローズ フィールド ビーチ】。ランチタイムは「ハンバーガーとパンケーキ」を、ディナータイムは「ハワイアンフードと冷たいビール」を楽しめる2つの顔を持つカフェレストラン。看板商品の「ハンバーガー」は、道産食材を中心とした一番力を注いでる商品。特にこだわり深いのは、道産牛100%の肉汁滴る「パティ」と、北海道産の小麦粉を使用した、モッちりと引きが強い「バンズ」。一度食べるとクセになり、何度も足を運ぶリピーターが増殖中なんだとか。夜のメインである「ハワイアンフード」もバーガーに負けず劣らずの高い完成度を誇り、冷たいビールやワイン、カクテルなどと相性抜群。また、オシャレで落ち着いた店内は雰囲気が良く、おひとり様、デート、宴会など様々なシーンに使えるのも魅力のひとつ(´ω`)


c0378174_19461243.jpg
アボガドチーズバーガー 1280円。

お店の人気No.1である「アボガドチーズバーガー」をチョイス。メインのバーガーにフライドポテトとミニサラダが付いてきます。非常に大きくてボリューミィなバーガーは店員さんに頼めば半分にカットしてくれます。説明文にも書いてあるけど道産牛100%のパティは肉汁ジュワッ系でめちゃめちゃジューシィ。旨味も強くもちもち系のバンズとの相性抜群! そこにアボガドとチーズが加わる事でよりパーフェクトなハンバーガーに。うまし!(´¬`)


c0378174_19462059.jpg
ミックスフルーツパンケーキ 1180円。

こちらは桃やバナナ、数種類のベリーを使ったお店オリジナルのベリーソースがたっぷりと乗ったミックスフルーツパンケーキ。ほのかな甘味のパンケーキ本体と、フルーツたちのコラボレーションがたまらない一品。ホイップクリームとメイプルシロップの追加が無料なのも嬉しいポイント。


c0378174_19462925.jpg
アイスティー 200円。
ジンジャーエール 200円。

通常料金は覚えてないけど、バーガーやパンケーキと一緒に注文するとドリンク類が200円になります。


お店の事前情報とかは一切仕入れてなく、たまたま車で店前を通り気になったので入店してみたらアタリだったというパターンのヤツです。料理の味も店内の雰囲気も良かったので機会があれば再訪問してみたいですねぇ。ディナータイムはお酒も飲めるようだし。



ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



Bellous Field Beach
●住所 北海道旭川市緑町12丁目2559-12 ABCヴィレッジ2F
●電話 050-5590-4383
●営業時間 11:00~16:00 18:00~22:00(食材が無くなり次第閉店する場合有り)
●定休日 火曜・不定休
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2019-03-05 18:00 | 上川地方 | Comments(0)

お菓子クラブ Saki/札幌市 豊平区

2019年2月15日(金)



c0378174_13360660.jpg
この日は【札幌市】【豊平区】の「中の島エリア」にある【お菓子クラブ Saki】でスイーツを買ってみました。初訪問になります。


2012年の2月にオープンした【お菓子クラブ Saki】は、「笑顔が咲くお店にしたい」をコンセプトに優しい想いが込められたスイーツ店。常時30種類ほどの色鮮やかなケーキ、パイ、焼き菓子などを提供。中でも店1番のオススメは「がんこシュー」で、この商品を求め遠方から足を運ぶファンも多いんだとか。町内の住民に愛されて止まない人気店なんです(´ω`)


c0378174_13361319.jpg
がんこシュー 150円。

上記にも書いてあるお店人気No.1の「がんこシュー」。その名の通り生地はカチカチサクサクでクッキーを食べているような食感。それが風味豊かなカスタードクリームと合わさる事で美味しさの幅が広がります。これは稀に見る絶品スイーツ(´¬`)


c0378174_13361954.jpg
プリン 240円。

しっとりとしてなめらかで甘さ控えめな極上プリン。注文時に生クリームをかけるかどうか聞かれますが、プリン本体の味をストレートに味わいたいのなら生クリームは無し、別ルートの味に進みたいのであれば生クリーム有りと2択なところが嬉しい。


c0378174_13362620.jpg
先週だったかな? 毎週金曜日の19時から放送している【発見! タカトシランド】の「中の島エリア」特集で訪れていたお店で、前から気になっていたので今回訪問してみました。味のレベルが高く全体的にリーズナブルな感じだったので再訪問は確定でしょう。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



お菓子クラブ Saki
●住所 北海道札幌市豊平区中の島1条7丁目8-12
●電話 011-211- 8248
●営業時間 10:00~19:30
●定休日 火曜・水曜(祝日の場合は営業)
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2019-02-17 18:00 | 札幌市 豊平区 | Comments(0)

岩瀬牧場 ジェラードSHOP/砂川市

2018年4月27日(金)



c0378174_18190424.jpg
滝川市】の【手打そば 加々家(かかか)】で美味しいおそばを食べてきた後は、【砂川市】の「一の沢エリア」にある【岩瀬牧場 ジェラードSHOP】へ行って来ました。初訪問ですがブログで扱うのは2度目になります。




c0378174_18191214.jpg
岩瀬牧場】は【砂川市】の広大な大地で、のびのびと育った乳牛200頭から搾った新鮮なミルクを使用し、プリンやチーズケーキ、ジェラートなどのスイーツを製造・販売をしている牧場。敷地内には自家製のモッツァレラチーズを使用したパスタやピッツァが人気のレストラン【Farm Restaurant RIVISTA】や【岩瀬牧場 ジェラードショップ】が併設しています。【岩瀬牧場】のソフトクリームを取り扱ってる店は多く、【千歳空港】や【宝水ワイナリー】、【アルテピアッツァ美唄】などなどいろんなところで味わえるのも嬉しいポイント(´ω`) ちなみに2018年1月に同敷地内に移転しリニューアルオープンしている。


c0378174_18192215.jpg
ダブル(チョコココア・ストロベリーヨーグルト) 310円。

チョコの甘味と苦味、イチゴの甘味と程よい酸味がベストマッチな「アポロ計画」を発動。この2種類の組み合わせは間違いなく最高の組み合わせなんです(=ω=)


c0378174_18193103.jpg
ダブル(ストロベリーミルフィーユ・クッキークリーム) 310円。

こちらは以前から評価の高かったストロベリーミルフィーユと、これまた人気のあるクッキークリームの組み合わせ。まぁ、早い話どれを食べても【岩瀬牧場】のジェラートは美味しいんですよね。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



岩瀬牧場 ジェラードSHOP
●住所 北海道砂川市一の沢237番地6
●電話 0125-53-5071
●営業時間 9:00~18:00 9:00~19:00(夏季)
●定休日 無休
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2019-02-07 18:00 | 空知地方 | Comments(0)

Cafe Stoven/美唄市

2018年9月29日()



c0378174_19285508.jpg
浦臼町】にある【炭焼きやきとり やす】で焼き鳥を買った後は、【美唄市】の「西5条エリア」にある【カフェ ストウブ】へ行って来ました。ブログで扱うのは6度目になります。



「アスパラひつじ」で有名な【西川農場】が満を持してオープンさせた【カフェ ストウブ】は地元や近隣の農家さんから仕入れた小麦などを使い、石釜で焼いた焼き立てハード系パンの販売と、地元の食材や「アスパラひつじ」などを使った食事メニューを提供するベーカリーカフェ。また、近隣の地域で作られるワインなども取り揃えており、のどかな風景を眺めながら美味しいパンとワインを堪能するといった贅沢な時間を過ごせる人気パンカフェなんです(´ω`)


c0378174_19290299.jpg
パイナップルとアプリコットのクランブルケーキ 360円。

パイナップルの甘味と杏子の酸味がバランス良く楽しめるオリジナルのクランブルケーキ。焼き立てだったので美味しさも倍増(´¬`)


スコーン(ほうじ茶と干し柿) 200円

こちらは【カフェ ストウブ】の人気商品であるスコーンの季節限定商品。ほうじ茶の苦味と干し柿の甘さが絶妙にマッチしており、いちど食べたらやみつきになること間違いなしッ! これのひとつ前にあったラベンダーとカシスのスコーンも絶品でした。記事には書いてないけどw


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



Cafe Stoven
●住所 北海道美唄市西5条北5丁目5-5
●電話 0126-35-4077
●営業時間 10:00~18:00
●定休日 水曜・木曜
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2019-01-30 18:00 | 空知地方 | Comments(0)

YUNI-CAFE/由仁町

2018年11月8日(木)



c0378174_19184945.jpg
当別うどん かばと製麺所】で美味しいうどんを食べてきた後は、【由仁町】の「本町エリア」にある【ユニ・カフェ】へ行ってきました。初訪問になります。

c0378174_19185874.jpg
ユニ・カフェ】は、就労継続支援B型事業所【ユニ・ファクトリー】運営するカフェで、障がいを持ったメンバーが社会復帰や技能の向上、地域貢献を目標として働く福祉施設。イベントスペースはコンサートや個展、発表会、会議など、いろいろな用途で利用可能。カフェスペースではカフェメニューはもちろん、食事メニューも充実している。また、町の中心部にあり、メニューもリーズナブルなことから、町民や観光客からも非常に重宝されている今話題のカフェなんです(´ω`)


c0378174_19191844.jpg
c0378174_19190964.jpg
由仁町ユニファーム新鮮卵のホットケーキセット 300円。

セット内容はホットケーキ、トッピング、ドリンクの3種。【ユニファーム】で生産された新鮮な卵を使用したホットケーキに、アイスクリーム&チョコをトッピング。ドリンクはホットカフェオレで。こんなの当然美味しいに決まってるヤツです。てか、この価格が凄い!(=ω=)


c0378174_19192681.jpg
紅茶 120円。

こちらは単品のホットティー。わりと寒い日だったので温かい飲み物が染み渡ります。


今回はスイーツとドリンクだけでしたが、ランチメニューなどもかなり安かったので次回訪問時は食事をしたいと思います。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



YUNI-CAFE
●住所 北海道夕張郡由仁町本町266番地
●電話 0123-83-4111
●営業時間 10:30~17:00
●定休日 土・日・祝日
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2018-12-02 18:00 | 空知地方 | Comments(0)

道の駅 いわない/岩内町

2018年8月15日(水)



c0378174_08090415.jpg
道の駅 シェルプラザ・港】で小休憩をした後は、【岩内町】の「万代エリア」にある【道の駅 いわない】へ行って来ました。初訪問になります。

c0378174_08091232.jpg
c0378174_08092273.jpg
旧【国鉄岩内駅】の跡地につくられた【岩内マリンプラザ】が【道の駅 いわない】に進化。ヨットをイメージしたガイドセンターたら丸館を中心に、木田金次郎美術館や岩内地方文化センター、岩内町のシンボルであるカリヨンモニュメント、噴水など水・光・音をモチーフにした美しい公園などがある。中でも人気を集めるのは、平成6年に完成した【木田金次郎美術館】で、岩内港や岩内山など力強いタッチで描いた作品が約100点収録されている。観光案内所では、岩内町の食事やおみやげ情報はもちろん、後志管内の情報を教えてくれる(´ω`)


c0378174_08093036.jpg
たら丸焼き 130円。

岩内町】のご当地キャラクター「たら丸くん」をモチーフにしたたい焼き系スイーツ。岩内海深層水を使用したという生地は非常に薄く、中には十勝産のあずきで作った餡子がびっしり。焼き立てはさっくさくだが、時間がたつともっちもち食感に。甘すぎないので、自分でも食べられる美味しいヤツです(´¬`)


この日は【道の駅 いわない】の敷地内で何かのイベントが開催されていたんですが、激しい雨のせいでお客さんはほとんどいなかったんですよ。天候が良ければもっと楽しめたと思うんですけど(´Д`;) たら丸くんファンとしては再訪問しないといけない道の駅ですねぇ。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



道の駅 いわない
●住所 北海道岩内郡岩内町字万代47番地4
●電話 0135-63-1155
●営業時間 9:00~18:00(4月~10月) 9:00~17:30(11月~3月)
●定休日 無休(5月~10月)、毎週月曜日(11月~4月) 年末年始(12/31~1/5)
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2018-11-17 18:00 | 後志地方 | Comments(2)

道の駅 なないろななえ/七飯町

2018年8月14日(火)



c0378174_13012321.jpg
道の駅 とようら】を出発した後は、【七飯町】の「峠下エリア(国道5号線沿い)」にある【道の駅 なないろななえ】に行って来ました。初訪問になります。



c0378174_13013152.jpg
2018年3月23日にオープンした【道の駅 なないろななえ】は、道内で121番目のまだ出来立てほやほやな道の駅。解放感のある施設内には、七飯の特産品がもりだくさんの物販スペースをはじめ、数軒の飲食店スペースなどがあり、いろいろなグルメを堪能できる。また、子供用のプレイスペースもあるので子供を遊ばせながら休憩できるのも魅力のひとつ。施設内のバランスも良く、国道5号線沿いという好立地条件も相まって、オープンしてまだ間もない道の駅ですが、連日大勢の人で賑わう人気道の駅なんです(´ω`)


c0378174_13013974.jpg
c0378174_13014683.jpg
ガラナフロート 350円。

道の駅直営の【峠下テラス】ブースで購入したガラナシリーズの第2弾であり最新作。道民のソウルドリンクのひとつである「コアップガラナ」の上にガラナ味のソフトクリームが乗ってるんですが、まぁ~こんなの食べる前から美味しいのはわかってました。ガラナソフトは初食だったけど、これもまたウマし(´¬`) それにしても、テレビや雑誌で見るまで【七飯町】でコアップガラナを生産してるとは知らなかった。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



道の駅 なないろななえ
●住所 北海道亀田郡七飯町字峠下380番2
●電話 0138-86-5195
●営業時間 9:00~18:00
●定休日 年末年始(11月31日~1月3日)
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2018-11-08 18:00 | 渡島地方 | Comments(0)

Sweets shop Patissier Lab(しこつ湖鶴雅リゾートスパ 水の詩)/千歳市

2018年7月9日(月)



c0378174_19051859.jpg
苫小牧市】の【緑ヶ丘公園展望台】で風景を堪能した後は、【千歳市】の「支笏湖温泉エリア」にある【パティシエ・ラボ しこつ湖鶴雅リゾートスパ 水の詩】へ行ってきました。初訪問になります。

2009年5月【しこつ湖鶴雅リゾートスパ 水の詩】内にオープンした【スイーツショップ パティシエ・ラボ】は、道内産の素材をふんだんに使用したスイーツ販売がメインのお店。数あるスイーツの中、1番人気の商品は「樽前山」の溶岩ドームをイメージした生地にオレンジ風味のカスタードクリームが入った「たるまえ山シュー」。ここのスイーツ目的で遠方からわざわざ足を運ぶファンの多い超人気店なんです(´ω`)


c0378174_19052708.jpg
ストロベリーパフェ 480円。

水の詩】のパティシエがつくるこだわりのテイクアウトパフェ。フレッシュなイチゴソースが爽やかで甘酸っぱいおいしさ! あまりの美味しさにもうひとつのチョコレートパフェも気になったけどそこは我慢で(´¬`)


c0378174_19053629.jpg
c0378174_19054200.jpg
パフェを食べ終え「支笏湖」周辺を散策していると突然の大雨が…。雨宿りをするも一向に止む気配がなかったので、駐車場に止めていた車に戻り家に帰る事にしました。まぁ、この日のドライブはじゅうぶん楽しめたので良しとしましょう。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



Sweets shop Patissier Lab
●住所 北海道千歳市支笏湖温泉 しこつ湖鶴雅リゾートスパ水の詩
●電話 0123-25-2211
●営業時間 9:30~16:30
●定休日 日曜
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2018-10-16 18:00 | 石狩地方 | Comments(4)