人気ブログランキング |

タグ:スイーツ・お菓子 ( 46 ) タグの人気記事

富良野チーズ工房/富良野市

2019年7月21日()



今回は知人のMEG BEAMさんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


富良野チーズ工房/富良野市_c0378174_19520911.jpg
この日のMEG BEAMさんが向かったのは【富良野市】の「中五区エリア」にある【富良野チーズ工房】。ブログにUPするのは3度目になります。

白樺の木々にかこまれた自然豊かな場所にある【富良野チーズ工房】は、チーズの製造室や熟成庫を見学できるのはもちろん、チーズ工房で製造したチーズ、牛乳、バターを使用した菓子類などを販売している商業施設。また、本場イタリアはナポリで修行した職人が焼きあげる本格ナポリピッツアが食べられる「ピッツア工房」も併設されている。ほかにも牛の模型での乳搾り体験やチーズの歴史コーナー、チーズ職人になれる記念撮影コーナーなどがありお子様から大人の方まで楽しめる【富良野市】の人気観光スポットなんです(´ω`)


富良野チーズ工房/富良野市_c0378174_19521921.jpg
ふらのチーズスペシャル 1900円。

ふらのチーズ工房】で作ったワインチェダー、ホワイト、メゾンドゥピエール セピア、モッツアレラといった5種類のチーズを惜しげもなくトッピングしたスペシャリティなピザ。それぞれ個性のあるチーズを5種類も使ってるんだから味がぶつかり合うかなと思ってたら見事に調和。むしろ、この組み合わせが正解何でしょう。うましッ!(´¬`)


富良野チーズ工房/富良野市_c0378174_19523017.jpg
できたてチーズソフトクリーム 350円。

新商品だというソフトクリームは、新鮮な「ふらの牛乳」の甘さと【ふらのチーズ工房】のチーズのコクが見事にマッチした至高の一品。クセにならないワケがない。


富良野チーズ工房/富良野市_c0378174_19523946.jpg
ジェラート ダブル(ハスカップ&アスパラ) 400円。

北海道】らしさを重要視してハスカップとアスパラのジェラートをオーダー。ハスカップの酸味は口の中をさっぱりさせてくれ、アスパラ甘味と苦味が良い意味でちゃんとアスパラだったんだとか。良くわからんけど美味しかったってのは伝わってきたww


富良野チーズ工房/富良野市_c0378174_19524995.jpg
富良野市】といえばラベンダーですよね。これはどこの花畑かわからないけど綺麗なのは間違いない。


MEG BEAMさん貴重な食ネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m


※記事 モコ平



富良野チーズ工房
●住所 北海道富良野市中五区
●電話 0167-23-1156
●営業時間 9:00~17:00(4月1日~10月31日) 9:00~16:00(11月1日~ 3月31日)
●定休日 年末年始
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2019-08-29 18:00 | 上川地方 | Comments(0)

道の駅あびら D51ステーション/安平町

2019年5月26日()



道の駅あびら D51ステーション/安平町_c0378174_18334043.jpg
この日は【安平町】の「追分エリア」にある【道の駅あびら D51ステーション】へ行ってきました。初訪問になります。


道の駅あびら D51ステーション/安平町_c0378174_18334908.jpg
2019年4月19日にオープンした【道の駅あびら D51ステーション】は、農畜産品や加工品などの特産品、地域の観光情報、歴史・文化情報等を集結させ、町内外の交流やつながりを生み出すことを基本コンセプトにしている新しい道の駅。目玉は何といっても「D51鉄道資料館」で鉄道拠点として発展した「追分地区」の歴史を展示すると共に実際に使われていた蒸気機関車「D51 320号機」や特急列車「キハ183系車両」が展示保存されている。その他、焼き立てパンを販売する「ベーカリーコーナー」や【レストランYOSHIMI】監修による復興応援企画の熟成カレーといった豊富なテイクアウトフードがある「テイクアウトコーナー」も充実。また、近隣市町の生産者も加わった約60戸で構成された生産者協議会が、朝もぎ野菜や各種加工品を販売する農産物直売所「ベジステ」も人気。オープンしてまだ日は浅いですが平日でも客足の絶えない人気道の駅なんです(´ω`)


道の駅あびら D51ステーション/安平町_c0378174_18342594.jpg
もくもくD51ソフト 380円。

もくもくと煙を出しながら力強く走る蒸気機関車をイメージした灰色のソフトクリーム。見た目とは違い、牛乳のコクと控えめの甘さで食べやすい。


道の駅あびら D51ステーション/安平町_c0378174_18343493.jpg
菜の花コロッケ 150円。

特産品のひとつである菜の花を使用したコロッケは、揚げたて熱々サクサクで美味しい。


道の駅あびら D51ステーション/安平町_c0378174_18344263.jpg
道の駅あびら D51ステーション/安平町_c0378174_18345133.jpg
すっごいししゃもだしラーメン 700円。

道の駅前に出店してた【厚真町】の【めぐみ水産】ブースで購入したラーメン。もう名前からしてわかるようにししゃもの出汁が凄いのよ! 凄いんだけど醤油ベースのスープに上手く溶け込んでて食べやすい。これはクセになるタイプのうまし!(´¬`)


道の駅あびら D51ステーション/安平町_c0378174_18341244.jpg
道の駅あびら D51ステーション/安平町_c0378174_18340350.jpg
このときはまだ「D51 320号機」や「キハ183系車両」は展示されてなかったんですよ。ちょっと来るのが早すぎたかね。まぁ、代わりにミニチュアD51の写真でも。再訪問確定!


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



道の駅あびら D51ステーション
●住所 北海道勇払郡安平町追分柏が丘49番地1
●電話 0145-29-7751
●営業時間 9:00~18:00(4月~10月) 9:00~17:00(11月~3月)
●定休日 年末年始(12/31~1/3)
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2019-08-22 19:00 | 胆振地方 | Comments(2)

支笏湖レイクサイドキッチン トントン/千歳市

2019年4月28日()



支笏湖レイクサイドキッチン トントン/千歳市_c0378174_18305953.jpg
支笏湖】で大自然を満喫した後は、同エリアにある【支笏湖レイクサイドキッチン トントン】へ行ってきました。初訪問になります。

支笏洞爺国立公園】の「支笏湖温泉駐車場」から徒歩3分の場所にある【支笏湖レイクサイドキッチン トントン】は、ジンギスカンやラーメンをはじめ、和食、洋食、軽食、ソフトクリーム、トウキビなど【北海道】の味覚を楽しめる食堂。中でも店主自ら釣り上げた姫マス(チップ)を使った料理(刺身や丼ぶり、塩焼きなど)は店の名物になっており、それを目当てに足を運ぶ観光客も多い。根強いファンも多い人気の食堂なんです(´ω`)


支笏湖レイクサイドキッチン トントン/千歳市_c0378174_18311144.jpg
クレミアミックス 500円。

一時期前に話題になった「クレミア」が店頭販売されていたのでバニラとチョコレートのハーフ&ハーフを購入。当然どちらの味も美味しいのですが、「ラングドシャ」と呼ばれるコーンの部分がめちゃめちゃ美味しかった。こりゃ~人気になるのもうなづけます(´¬`) てか、写真には2体の「クレミア」が写ってるけど左側はダミーですw もう手渡されたときからぐんにゃり曲がっていて、それでも写真を撮ろうと頑張っていたら店員さんが店頭に飾ってある食品サンプルを貸してくれましたww 店員さん曰く「クレミア」って異様に耐久度が低いらしいwww


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



支笏湖レイクサイドキッチン トントン
●住所 北海道千歳市支笏湖温泉外地
●電話 0123-25-4011
●営業時間 9:00~17:00(冬季は天候により変更有り)
●定休日 不定休
●駐車場 有り(支笏湖温泉駐車場)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2019-07-10 19:00 | 石狩地方 | Comments(0)

パンとお菓子の店 Saruta2(サルタセカンド)/滝川市

2019年4月6日()



パンとお菓子の店 Saruta2(サルタセカンド)/滝川市_c0378174_15035207.jpg
芦別市】の【滝里ダム】でダムカードをGETした後は、【滝川市】の「滝の川町エリア」にある【パンとお菓子の店 サルタセカンド】へ行ってきました。初訪問になります。

パンの店さるた】と【ケーキの店さるた】がひとつとなり【パンとお菓子の店 サルタセカンド】として2000年に移転オープン。家族で営むアットホームな店内で作られるパンうあ洋菓子は評価が高く、売り切れになることもしばしば。移転する以前から長年愛されてきた定番メニューを今でも変わらない味で提供しているのも嬉しいポイント。地元民はもちろん、遠方からも足を運ぶファンの多い人気店なんです(´ω`)


パンとお菓子の店 Saruta2(サルタセカンド)/滝川市_c0378174_15040097.jpg
ベリー畑のタルト 330円。

フレッシュなベリー3種(イチゴ・ラズベリー・ブルーベリー)を生クリームとカスタードクリームが入ったタルトに飾り付けたケーキ。甘味と酸味のスパイラルにハマる事間違いなし(´¬`)


パンとお菓子の店 Saruta2(サルタセカンド)/滝川市_c0378174_15040785.jpg
クラシックショコラ 250円。

チョコジュワのしっとり系ケーキかと思いきや、ワリともふもふしたショコラケーキ。万人受けする甘さをおさえた優しいお味。


夜に食べるパンを買いに行ったんですが、売り切れで何もありませんでした。さすが人気店! なのでスイーツにシフトチェンジという次第でございます。次回訪問時はもっと早い時間を狙って行こう。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



パンとお菓子の店 Saruta2(サルタセカンド)
●住所 北海道滝川市滝の川町西5-1-38
●電話 0125-24-0219
●営業時間 5:30~19:00
●定休日 月曜
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2019-04-14 18:00 | 空知地方 | Comments(0)

Patisserie Bliss Bliss/札幌市 南区

2019年3月10日()



Patisserie Bliss Bliss/札幌市 南区_c0378174_19065044.jpg
らーめん ひなた】で美味しいラーメンを食べた後は、同じく【南区】の「川沿エリア」にある【パティスリーブリスブリス】へ行って来ました。初訪問になります。

Patisserie Bliss Bliss/札幌市 南区_c0378174_19065753.jpg
2015年11月にオープンした【パティスリーブリスブリス】は、子供から大人まで、スイーツが好きな人から甘いものが苦手な人まで、誰が食べても美味しい洋菓子作りをモットーに掲げるスイーツ店。洋菓子の街【神戸市】で老舗店で身につけた高い技術と【北海道】の厳選素材で作り上げるスイーツを目当てに連日大勢のお客で賑わう人気店なんです(´ω`)


Patisserie Bliss Bliss/札幌市 南区_c0378174_19071263.jpg
レアチーズぴよたん 400円。

外観に惹かれチョイスした「レアチーズぴよたん」。外部はクリーミィなレアチーズ、中にはオレンジ&マンゴーのムースとオレンジゼリーが入っており、マンゴーソースのグラサージュが決め手となっている。可愛さとすっきりした甘さの融合体。


Patisserie Bliss Bliss/札幌市 南区_c0378174_19071933.jpg
丸ごと苺のチーズケーキ 450円。

濃厚なチーズケーキの上に苺のコンフィチュールと丸ごと苺を乗せた贅沢なケーキ。小さめのサイズだけど、そこは美味しさでカバー。


Patisserie Bliss Bliss/札幌市 南区_c0378174_19072640.jpg
ムースオフレーズ 420円。

バニラムースと木苺のジュレ、フィアンティーヌのサクサク感が楽しい苺のムースケーキ。今回買った3品の中では1番のお気に入り(´¬`)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



Patisserie Bliss Bliss
●住所 北海道札幌市南区川沿2条5丁目1-47
●電話 011-572-2332
●営業時間 10:00~19:00
●定休日 木曜
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2019-03-22 19:15 | 札幌市 南区 | Comments(0)

Bellous Field Beach/旭川市

2018年4月9日(月)



Bellous Field Beach/旭川市_c0378174_19453488.jpg
この日は【旭川市】の「緑町エリア」にある【ベローズ フィールド ビーチ】へ行って来ました。初訪問になります。


Bellous Field Beach/旭川市_c0378174_19460171.jpg
2012年の9月にオープンした【ベローズ フィールド ビーチ】。ランチタイムは「ハンバーガーとパンケーキ」を、ディナータイムは「ハワイアンフードと冷たいビール」を楽しめる2つの顔を持つカフェレストラン。看板商品の「ハンバーガー」は、道産食材を中心とした一番力を注いでる商品。特にこだわり深いのは、道産牛100%の肉汁滴る「パティ」と、北海道産の小麦粉を使用した、モッちりと引きが強い「バンズ」。一度食べるとクセになり、何度も足を運ぶリピーターが増殖中なんだとか。夜のメインである「ハワイアンフード」もバーガーに負けず劣らずの高い完成度を誇り、冷たいビールやワイン、カクテルなどと相性抜群。また、オシャレで落ち着いた店内は雰囲気が良く、おひとり様、デート、宴会など様々なシーンに使えるのも魅力のひとつ(´ω`)


Bellous Field Beach/旭川市_c0378174_19461243.jpg
アボガドチーズバーガー 1280円。

お店の人気No.1である「アボガドチーズバーガー」をチョイス。メインのバーガーにフライドポテトとミニサラダが付いてきます。非常に大きくてボリューミィなバーガーは店員さんに頼めば半分にカットしてくれます。説明文にも書いてあるけど道産牛100%のパティは肉汁ジュワッ系でめちゃめちゃジューシィ。旨味も強くもちもち系のバンズとの相性抜群! そこにアボガドとチーズが加わる事でよりパーフェクトなハンバーガーに。うまし!(´¬`)


Bellous Field Beach/旭川市_c0378174_19462059.jpg
ミックスフルーツパンケーキ 1180円。

こちらは桃やバナナ、数種類のベリーを使ったお店オリジナルのベリーソースがたっぷりと乗ったミックスフルーツパンケーキ。ほのかな甘味のパンケーキ本体と、フルーツたちのコラボレーションがたまらない一品。ホイップクリームとメイプルシロップの追加が無料なのも嬉しいポイント。


Bellous Field Beach/旭川市_c0378174_19462925.jpg
アイスティー 200円。
ジンジャーエール 200円。

通常料金は覚えてないけど、バーガーやパンケーキと一緒に注文するとドリンク類が200円になります。


お店の事前情報とかは一切仕入れてなく、たまたま車で店前を通り気になったので入店してみたらアタリだったというパターンのヤツです。料理の味も店内の雰囲気も良かったので機会があれば再訪問してみたいですねぇ。ディナータイムはお酒も飲めるようだし。



ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



Bellous Field Beach
●住所 北海道旭川市緑町12丁目2559-12 ABCヴィレッジ2F
●電話 050-5590-4383
●営業時間 11:00~16:00 18:00~22:00(食材が無くなり次第閉店する場合有り)
●定休日 火曜・不定休
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2019-03-05 18:00 | 上川地方 | Comments(0)

お菓子クラブ Saki/札幌市 豊平区

2019年2月15日(金)



お菓子クラブ Saki/札幌市 豊平区_c0378174_13360660.jpg
この日は【札幌市】【豊平区】の「中の島エリア」にある【お菓子クラブ Saki】でスイーツを買ってみました。初訪問になります。


2012年の2月にオープンした【お菓子クラブ Saki】は、「笑顔が咲くお店にしたい」をコンセプトに優しい想いが込められたスイーツ店。常時30種類ほどの色鮮やかなケーキ、パイ、焼き菓子などを提供。中でも店1番のオススメは「がんこシュー」で、この商品を求め遠方から足を運ぶファンも多いんだとか。町内の住民に愛されて止まない人気店なんです(´ω`)


お菓子クラブ Saki/札幌市 豊平区_c0378174_13361319.jpg
がんこシュー 150円。

上記にも書いてあるお店人気No.1の「がんこシュー」。その名の通り生地はカチカチサクサクでクッキーを食べているような食感。それが風味豊かなカスタードクリームと合わさる事で美味しさの幅が広がります。これは稀に見る絶品スイーツ(´¬`)


お菓子クラブ Saki/札幌市 豊平区_c0378174_13361954.jpg
プリン 240円。

しっとりとしてなめらかで甘さ控えめな極上プリン。注文時に生クリームをかけるかどうか聞かれますが、プリン本体の味をストレートに味わいたいのなら生クリームは無し、別ルートの味に進みたいのであれば生クリーム有りと2択なところが嬉しい。


お菓子クラブ Saki/札幌市 豊平区_c0378174_13362620.jpg
先週だったかな? 毎週金曜日の19時から放送している【発見! タカトシランド】の「中の島エリア」特集で訪れていたお店で、前から気になっていたので今回訪問してみました。味のレベルが高く全体的にリーズナブルな感じだったので再訪問は確定でしょう。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



お菓子クラブ Saki
●住所 北海道札幌市豊平区中の島1条7丁目8-12
●電話 011-211- 8248
●営業時間 10:00~19:30
●定休日 火曜・水曜(祝日の場合は営業)
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2019-02-17 18:00 | 札幌市 豊平区 | Comments(0)

岩瀬牧場 ジェラードSHOP/砂川市

2018年4月27日(金)



岩瀬牧場 ジェラードSHOP/砂川市_c0378174_18190424.jpg
滝川市】の【手打そば 加々家(かかか)】で美味しいおそばを食べてきた後は、【砂川市】の「一の沢エリア」にある【岩瀬牧場 ジェラードSHOP】へ行って来ました。初訪問ですがブログで扱うのは2度目になります。




岩瀬牧場 ジェラードSHOP/砂川市_c0378174_18191214.jpg
岩瀬牧場】は【砂川市】の広大な大地で、のびのびと育った乳牛200頭から搾った新鮮なミルクを使用し、プリンやチーズケーキ、ジェラートなどのスイーツを製造・販売をしている牧場。敷地内には自家製のモッツァレラチーズを使用したパスタやピッツァが人気のレストラン【Farm Restaurant RIVISTA】や【岩瀬牧場 ジェラードショップ】が併設しています。【岩瀬牧場】のソフトクリームを取り扱ってる店は多く、【千歳空港】や【宝水ワイナリー】、【アルテピアッツァ美唄】などなどいろんなところで味わえるのも嬉しいポイント(´ω`) ちなみに2018年1月に同敷地内に移転しリニューアルオープンしている。


岩瀬牧場 ジェラードSHOP/砂川市_c0378174_18192215.jpg
ダブル(チョコココア・ストロベリーヨーグルト) 310円。

チョコの甘味と苦味、イチゴの甘味と程よい酸味がベストマッチな「アポロ計画」を発動。この2種類の組み合わせは間違いなく最高の組み合わせなんです(=ω=)


岩瀬牧場 ジェラードSHOP/砂川市_c0378174_18193103.jpg
ダブル(ストロベリーミルフィーユ・クッキークリーム) 310円。

こちらは以前から評価の高かったストロベリーミルフィーユと、これまた人気のあるクッキークリームの組み合わせ。まぁ、早い話どれを食べても【岩瀬牧場】のジェラートは美味しいんですよね。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



岩瀬牧場 ジェラードSHOP
●住所 北海道砂川市一の沢237番地6
●電話 0125-53-5071
●営業時間 9:00~18:00 9:00~19:00(夏季)
●定休日 無休
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2019-02-07 18:00 | 空知地方 | Comments(0)

Cafe Stoven/美唄市

2018年9月29日()



Cafe Stoven/美唄市_c0378174_19285508.jpg
浦臼町】にある【炭焼きやきとり やす】で焼き鳥を買った後は、【美唄市】の「西5条エリア」にある【カフェ ストウブ】へ行って来ました。ブログで扱うのは6度目になります。



「アスパラひつじ」で有名な【西川農場】が満を持してオープンさせた【カフェ ストウブ】は地元や近隣の農家さんから仕入れた小麦などを使い、石釜で焼いた焼き立てハード系パンの販売と、地元の食材や「アスパラひつじ」などを使った食事メニューを提供するベーカリーカフェ。また、近隣の地域で作られるワインなども取り揃えており、のどかな風景を眺めながら美味しいパンとワインを堪能するといった贅沢な時間を過ごせる人気パンカフェなんです(´ω`)


Cafe Stoven/美唄市_c0378174_19290299.jpg
パイナップルとアプリコットのクランブルケーキ 360円。

パイナップルの甘味と杏子の酸味がバランス良く楽しめるオリジナルのクランブルケーキ。焼き立てだったので美味しさも倍増(´¬`)


スコーン(ほうじ茶と干し柿) 200円

こちらは【カフェ ストウブ】の人気商品であるスコーンの季節限定商品。ほうじ茶の苦味と干し柿の甘さが絶妙にマッチしており、いちど食べたらやみつきになること間違いなしッ! これのひとつ前にあったラベンダーとカシスのスコーンも絶品でした。記事には書いてないけどw


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



Cafe Stoven
●住所 北海道美唄市西5条北5丁目5-5
●電話 0126-35-4077
●営業時間 10:00~18:00
●定休日 水曜・木曜
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2019-01-30 18:00 | 空知地方 | Comments(0)

YUNI-CAFE/由仁町

2018年11月8日(木)



YUNI-CAFE/由仁町_c0378174_19184945.jpg
当別うどん かばと製麺所】で美味しいうどんを食べてきた後は、【由仁町】の「本町エリア」にある【ユニ・カフェ】へ行ってきました。初訪問になります。

YUNI-CAFE/由仁町_c0378174_19185874.jpg
ユニ・カフェ】は、就労継続支援B型事業所【ユニ・ファクトリー】運営するカフェで、障がいを持ったメンバーが社会復帰や技能の向上、地域貢献を目標として働く福祉施設。イベントスペースはコンサートや個展、発表会、会議など、いろいろな用途で利用可能。カフェスペースではカフェメニューはもちろん、食事メニューも充実している。また、町の中心部にあり、メニューもリーズナブルなことから、町民や観光客からも非常に重宝されている今話題のカフェなんです(´ω`)


YUNI-CAFE/由仁町_c0378174_19191844.jpg
YUNI-CAFE/由仁町_c0378174_19190964.jpg
由仁町ユニファーム新鮮卵のホットケーキセット 300円。

セット内容はホットケーキ、トッピング、ドリンクの3種。【ユニファーム】で生産された新鮮な卵を使用したホットケーキに、アイスクリーム&チョコをトッピング。ドリンクはホットカフェオレで。こんなの当然美味しいに決まってるヤツです。てか、この価格が凄い!(=ω=)


YUNI-CAFE/由仁町_c0378174_19192681.jpg
紅茶 120円。

こちらは単品のホットティー。わりと寒い日だったので温かい飲み物が染み渡ります。


今回はスイーツとドリンクだけでしたが、ランチメニューなどもかなり安かったので次回訪問時は食事をしたいと思います。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



YUNI-CAFE
●住所 北海道夕張郡由仁町本町266番地
●電話 0123-83-4111
●営業時間 10:30~17:00
●定休日 土・日・祝日
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2018-12-02 18:00 | 空知地方 | Comments(0)