タグ:ラーメン ( 22 ) タグの人気記事

道の駅 サーモンパーク千歳/千歳市

2018年3月12日(月)



c0378174_10470256.jpg
この日は【千歳市】の「花園エリア」にある【道の駅 サーモンパーク千歳】でランチでした。初訪問ではないんですがブログにUPするのは初になります。


c0378174_10470991.jpg
千歳市】と【小樽市】を結ぶ国道337号沿いに位置している【道の駅 サーモンパーク千歳】。周辺を流れる清流千歳川には毎年サケが遡上し、インディアン水車と呼ばれる水車によるサケの捕獲風景は千歳の秋の風物詩となっている。また、新千歳空港や道央自動車道千歳ICから車で約10分程度と交通アクセスにも恵まれており、北海道観光の起点としても絶好の位置にあるんです(´ω`)


c0378174_10471784.jpg
道の駅 サーモンパーク千歳】のフードコートにある【スープカリー 奥芝商店 鮭公園店】。【札幌市】で行列のできる「海老スープカレー」で有名な【奥芝商店】の千歳店です。


c0378174_10472554.jpg
柔らかチキンともりもり野菜カリー 1280円。

奥芝商店】と言えば「海老スープ」ですが、鮭公園店にはオリジナルの「鮭スープ」があるのでそっちをチョイスしようかとも思いきや、まさかの1番オーソドックスな「チキンスープ」を選ぶというねw 辛さは「中辛」、ライスの量は200gの「普盛」でオーダー。スープカレー界ではメジャーなチキンスープでも【奥芝商店】の手にかかればオリジナリティあふれる旨味と風味豊なスープに仕上がります。あっさりしつつもコクのある味わいでウマイ! 素揚げされた野菜たちも良い感じ。チキンも柔らかく美味しい(´¬`)


c0378174_10473343.jpg
同じくフードコートにある【ラーメン きたのや】。千歳の鮭をイメージして作ったというオリジナルの鮭節ラーメンが食べれるお店。


c0378174_10474708.jpg
c0378174_10475406.jpg
半ラーメン(醤油) 500円。

鮭節を使用したスープは鶏ガラ系。鮭感はほぼ感じられなかったけど甘みが強くて美味しい。口コミサイトなどでは評価が低いみたいですが、自分的にはわりと好みの味。


c0378174_10480185.jpg
とりザンギ 280円。

非常に柔らかくてジューシィな鶏の唐揚げ。これはかなり高レベルでウマイ(´¬`)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



道の駅 サーモンパーク千歳
●住所 北海道千歳市花園2丁目
●電話 0123-29-3972
●営業時間 9:00~20:30
●定休日 年末年始(12/29~1/1)
●駐車場 有り


スープカリー 奥芝商店 鮭公園店
●住所 北海道千歳市花園2丁目 サーモンパーク千歳内
●電話 0123-27-3339
●営業時間 10:00~18:00
●定休日 不定休(サーモンパーク千歳に準ずる)
●駐車場 有り


ラーメンきたのや
●住所 北海道千歳市花園2丁目 サーモンパーク千歳内
●電話 0123-29-3972
●営業時間 11:00~20:30
●定休日 不定休(サーモンパーク千歳に準ずる)
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-04-07 18:00 | 石狩地方 | Comments(2)

らーめん G麺24/札幌市 北区

2018年3月30日(金)



c0378174_14392919.jpg
炭火居酒屋 炎 北24条店】で飲み食いした後は、同じく「北24条エリア」にある【らーめん G麺24】へ行ってきました。初訪問になります。


2014年5月にオープンした【らーめん G麺24】は、市内の人気ラーメン屋【らーめん 巌窟王】の系列店。【巌窟王】の味を継承しつつ、セカンドブランド店ならではの違いもあるので、本店とはまた違った味を楽しめる。翌3時まで営業しているので、「北24条エリア」で飲んだ後の〆のラーメンに最適のお店なんです(´ω`)

c0378174_14394725.jpg
叉焼らーめん醤油(麺大盛り) 1050円。
叉焼(4枚) 200円。
味ねぎ 150円。

チャーシュー麺大盛りに、トッピングで味ねぎと更に追いチャーシューで合計9枚の超デラックス仕様。焦し系醤油スープの味が濃くて濃くて、しょっぱい味が好きな同行者も無理なほど(´д`;) スープ割りをもらいドバドバ投入してやっと普通に食べられるレベルに。味は良く普通に美味しいラーメンでした。味ねぎはクセになりそう。


c0378174_14393883.jpg
煮干しらーめん 750円。

これぞ「THE 煮干しラーメン!」という教科書通りの煮干しラーメン。煮干しが香るスープは味も良く中太縮れ麺と良く合います。これは満足のいく一杯。シンプルだが美味い!(´¬`)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



らーめん G麺24
●住所 北海道札幌市北区北24条西4丁目1-2 三友ビル1F
●電話 011-214-0046
●営業時間 18:00~翌3:00
●定休日 日曜
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-04-06 18:00 | 札幌市 北区 | Comments(0)

羅阿麺 一福゜/滝川市

2018年3月4日()



c0378174_10493857.jpg
深川市文化交流ホールみ・らいで演劇を堪能した後は、滝川市の「一の坂町エリア」にある羅阿麺 一福゜へ行ってきました。初訪問になります。

c0378174_10494967.jpg
2017年3月に、大町から一の坂町へ移転オープンした【羅阿麺 一福゜】は、素材やスープにこだわった完成度の高いラーメンと、1日3個限定のジャイアント餃子が名物のお店。手頃な料金や、ラーメン大盛りが無料なのも人気の理由(´ω`)


c0378174_10495779.jpg
みそラーメン 700円。

羅阿麺 一福゜】1番人気のみそラーメンをチョイス。素材にこだわったという豚骨ベースの味噌スープは、味噌っぽさを前面に押し出したアグレッシブタイプ。旨みと塩味が強く麺の絡み具合も抜群。クセになる一杯でした(´¬`)


c0378174_10500403.jpg
ご塩(ごえん)ラーメン 700円。

オーソドックスな塩ラーメンかと思いきや、特製の焦しネギが味の幅を良い方向に広げ、深みがグッと増します。これも美味しいヤツです。


c0378174_10502046.jpg
手作りジャイアント餃子 950円。

これは数年前に知人から頂いたときに撮った1日3個限定だという「手作りジャイアント餃子」の画像。後ろに写っているのが普通の焼き鳥なので、サイズが規格外だとわかりますww そして味の完成度も高いんです(=¬=)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



羅阿麺 一福゜
●住所 北海道滝川市一の坂町西3丁目1-31
●電話 090-2814-5902
●営業時間 11:30~14:00 17:00~24:00
●定休日 月曜
●駐車場 有り




[PR]
by mocohe23 | 2018-03-13 18:00 | 空知地方 | Comments(0)

らーめん 吉山商店/札幌市 東区

2017年10月21日()



c0378174_14271243.jpg
南区にある豊平峡ダムへ行った後は、東区の「東苗穂エリア」にあるらーめん 吉山商店 本店へ行ってきました。2度目の訪問になります。


2006年7月にオープンした【らーめん 吉山商店】は、市内に4店舗を展開するラーメン店。「いつでもいつもの味であること」、「いつでもいつもの空間であること」、「いつでもいつもの笑顔であること」、「サッポロラーメンの美味しさを世界中に発信すること」という4つのコンセプトのもと営業をしているだけあって、店内は綺麗で接客も良く、ラーメンの味にムラがない安心安定の人気店なんです(´ω`) また、セカンドブランドで油そばの専門店【札幌油そば 天匠 山吉】も人気がある。


c0378174_14272024.jpg
焙煎ごまみそらーめん 780円。

焙煎されたごまの香りと風味が食欲を掻き立てる香ばしくて非常に旨みのあるスープ。もちもち食感の中細縮れ麺。きくらげ、ネギ、メンマ、チャーシューといった具材たち。どれをとっても完成度が高くマジで美味しい味噌ラーメン(=¬=)


c0378174_14272741.jpg
豚骨白湯しお 780円。


c0378174_14273420.jpg
こちらは「数量限定」の塩ラーメン。豚骨と白湯のハイブリッドなスープはクドさや臭みはなく、丁度良い塩みでコクがありやっぱ完成度が高い。もちろんもちもち麺との相性も良くウマイ!(´¬`) 具材はきくらげ、ネギ、メンマ、チャーシュー、小梅の5種類。


ここ【吉山商店】さんは接客が非常に良いんですよねぇ。それだけでも再訪問確定になってしまうレベル。まぁ、もちろんラーメンが美味しいってのが条件なんですけど(=ω=)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



らーめん 吉山商店 本店
●住所 北海道札幌市東区東苗穂3条2丁目4-25
●電話 011-782-2005
●営業時間 11:00~15:00 17:00~21:00(月~金) 11:00~21:00(土・日・祝)
●定休日 無休
●駐車場 有り




[PR]
by mocohe23 | 2018-02-25 18:00 | 札幌市 東区 | Comments(0)

横浜家系らーめん 三元/札幌市 東区

2017年1月3日(火)



c0378174_20172560.jpg
この日の昼は札幌市東区の「本町エリア」にある横浜家系らーめん 三元 環状通東店に行って来ました。初訪問になります。


c0378174_20173234.jpg
横浜家系らーめん 三元】は2011年11月【札幌市西区にオープンした「横浜家系ラーメン」のお店。本格的な家系ラーメンが食べれると評判で、市内でも人気のあるラーメン店なんです(´ω`) ちなみに現在は「琴似店」、「環状通東店」、「すすきの店」の3店舗を展開中。


c0378174_20174279.jpg
らーめん(豚骨しょうゆ) 700円


c0378174_20174976.jpg
初訪問だったので、ノーマルなラーメンをオーダー。豚のゲンコツ、背ガラ、鶏ガラをじっくりとろみがつくまで煮込み、熟成させた秘伝の醤油タレをあわせたというスープは、クドさはなくコクと旨みのバランスが絶妙。家系ラーメンにしては麺が若干細いかな? と思わせといて、実はスープとの相性が抜群。スープを吸った家系独特のほうれん草がまた良い仕事するんですよねぇ(´¬`)


そーいや、この【横浜家系らーめん 三元】より前に家系ラーメンの発祥店【家系総本山 ラーメン 吉村家】に行った事があるんですが、いまだブログにUPしてないってゆーね。もう2年以上も前のネタになるのかぁ(´ω`;)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



横浜家系らーめん 三元 環状通東店
●住所 北海道札幌市東区本町2条5丁目6-12
●電話 011-299-9565
●営業時間 11:00~16:00 17:30~22:45 
●定休日 水曜
●駐車場 有り(2台)




[PR]
by mocohe23 | 2018-02-18 18:00 | 札幌市 東区 | Comments(2)

Japanse Ramen Noodle Lab Q/札幌市 中央区

2017年12月18日(月)



c0378174_17412925.jpg
この日の昼は札幌市中央区の「北1条エリア」にある【Japanse Ramen Noodle Lab Q】でした。初訪問になります。


c0378174_17414920.jpg
昼間はラーメン専門店【Japanse Ramen Noodle Lab Q】、夜は焼き鳥とワインと日本酒が楽しめる居酒屋【Q】と昼夜で異なった顔を持つ新しいスタイルのお店(ラーメン屋と居酒屋は別経営)。2014年の6月のオープン当初から完成度の高いラーメンを提供し続け、今ではメディアで取り上げられることも多く、ラーメン激戦区札幌でも常にランキング上位という超人気店なんです(´ω`) また、時折のれんのロゴが裏返った【裏Q】での営業日があり、普段とは違ったメニューを味わえるのもポイント。


c0378174_17415703.jpg
ビール(小瓶) 400円。

ラーメンを食べる前の食前酒ってゆーことで「サッポロ黒ラベル」をグイっとひっかけます。昼から飲むお酒は格別(=ω=)


c0378174_17420522.jpg
清湯醤油 850円。

注文するのはもちろんTV番組ハナタレナックスの人気コーナー「KING OF RAMEN 中央区編」で優勝したときのラーメン「清湯醤油」。もうね見た目からして凄く綺麗でたまりません(=ω=) 新得地鶏と羅臼昆布、鰹節や数種類の野菜、生揚げ醤油などから作られるスープはコクがありながらも繊細で優しい味。これはマジで美味しいヤツです(´¬`) 鶏と豚の2種類のチャーシューも異なった味付けで飽きがきません。春よ恋やきたほなみといった道産小麦を季節によって使い分けて作る自家製麺は香りが良く程よい甘みとしなやかで力強さが特徴。ちょっと茹で過ぎたのか麺が若干てろんてろーんってなってたけど、総合的に美味しくハイレベルだったのでOK♪


ラーメンを食べ始めたときから再訪問は確定していたけど、次回訪問時も「清湯醤油」を注文しちゃいそーだなぁ。でも、頑張って別のラーメンを注文しよう! あと、夜営業してる焼き鳥屋さんのほうにも訪問しないといけないですねぇ(´ω`)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



Japanse Ramen Noodle Lab Q
●住所 北海道札幌市中央区北1条西2丁目1-3 りんどうビルB1F
●電話 050-5594-9594
●営業時間 11:00~15:00(月~土) 17:00~19:30(月~水)
●定休日 日曜・年末年始
●駐車場 無し(近隣に有料パーキング有り)




[PR]
by mocohe23 | 2018-02-12 18:00 | 札幌市 中央区 | Comments(2)

麺屋たっか/砂川市

2017年10月29日()



c0378174_17463244.jpg
この日のランチは砂川市の国道12号線沿いにある麺屋たっかでした。2度目の訪問になります。

2013年12月にオープンした【麺屋たっか】は砂川産や北海道産食材にこだわりを持つ地産地消お店。道内の外食店・宿泊施設のうち、北海道産食材を使用したこだわり料理の提供を通じて、北海道食材の積極的な利用や食材の素晴らしさをお客さんに伝える地産地消(愛食運動)に取り組む店に贈られる「北のめぐみ愛食レストラン」に認定されています。また、メディアに取り上げられる事も多々ある人気店なんです(´ω`)


c0378174_17464132.jpg
まぜ麺!! 800円。


c0378174_17464911.jpg
1日10食限定で新メニューのまぜ麺は、味付けされたひき肉、ねぎ、ニラ、きざみのり、魚粉、卵黄と【麺屋たっか】特製たれと香味油、背油のみで和える無化調汁なし麺。うーん、ラーメンとは一味違うクセになる美味しさ(´¬`) 食べることができてラッキーでした♪


c0378174_17490682.jpg
醤油らーめん 600円。

こちらは初訪問時にも食べた醤油ラーメン。道産の真昆布と4種の節からだしを取るスープは澄んでいてコクがある。全粒粉を含む複数の道産小麦を使うこだわりの自家製麺は、噛むたびに小麦の香が立つ。砂川産豚肉のチャーシューと穂先メンマは名脇役。って、ラーメンガイドに書いてあったw まぁ、何にしても本当に完成度の高い美味しいラーメンなんです(=ω=)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



麺屋たっか
●住所 北海道砂川市東1条南10丁目3-9
●電話 0125-74-6185
●営業時間 11:00~14:30(月水土) 11:00~14:30 17:00~20:00(火金)
●定休日 水曜・日曜
●駐車場 有り(7台)




[PR]
by mocohe23 | 2018-02-02 18:00 | 空知地方 | Comments(0)

ラーメンの寶龍/美唄市

2017年12月28日(木)



今回は知人のSweet N.O.U.Vさんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


c0378174_20354851.jpg
この日のSweet N.O.U.Vさんが向かったのは美唄市の【JR美唄駅】から徒歩数分の場所にあるラーメンの寶龍 美唄店。ブログで扱うのは2度目になります。

ラーメンの寶龍】は昭和32年(1957年)にすすきのの中心部でのれん揚げした北海道ラーメンの老舗中の老舗。現在は道内に39店舗、道外に11店舗を展開するラーメンチェーンです。FC加盟店が多いのでその店々で特色が違うのも面白いところなんです。


c0378174_20355516.jpg
カツラーメン ???円。


ラーメンの寶龍】自慢の味噌ラーメンに大きなトンカツがトッピングされたボリューミィな一杯。ラーメン自体は昔ながらの王道札幌味噌ラーメン。そのラーメンに揚げたて熱々のカツが乗っているんですが、カツの衣が旨みの強い味噌スープを吸い込むことにより、通常のトンカツとは別物に。これが病みつきになるほどの美味しさなんだとか(´¬`) まさに王道と覇道のハイブリットラーメンなんです。


自分が【ラーメンの寶龍 美唄店】訪問後、Sweet N.O.U.Vさんに「あれ(カツラーメン)は絶対に食べるべき!」と言われたんですが、その後なかなか訪問する機会がなく、結局Sweet N.O.U.Vさんに食ネタをもらうってゆーねww


Sweet N.O.U.Vさん貴重な食ネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



ラーメンの寶龍 美唄店
●住所 北海道美唄市東一条南1丁目2-19
●電話 0126-64-4982
●営業時間 11:00~21:00
●定休日 火曜
●駐車場 有り




[PR]
by mocohe23 | 2018-01-26 18:00 | 空知地方 | Comments(4)

宇宙軒/岩見沢市

2018年1月20日()



いや~食ネタとはまったく関係ないんですが、「Windows10」がクラッシュして、復旧するのに数日かかってしまいました。更に今まで貯めこんでいた食ネタの1/2を初期化によってロストしてしまうってゆーね…。まぁ、しょーがないっちゃしょーがないけど、みなさんバックアップはこま目にしましょうね(;ω;)


では気を取り直して…


c0378174_23082468.jpg
本日のディナーは岩見沢市の「6条エリア」にある【宇宙軒 本店】でした。初訪問になります。


店名は宇宙でも味は懐かしさのある正統派の【宇宙軒】。素材や麺へのこだわりが強く、市内でも屈指の人気を誇るラーメン店なんです(´ω`)


c0378174_23083936.jpg
正油ラーメン 750円。


c0378174_23084689.jpg
説明分にもかいてある通りスープはまさに正統派。特出した部分はないけれど安心安定の味。通常よりも加水率が多いという西山製麺の麺はつるっつるでぷりっぷり。熟成させすぎてないので、小麦の香りがたち、のびにくいのが特徴。道内産の豚を使用したこだわりのチャーシューは、見た目大きいけど薄ッ! シュージィ感はないけど、しっかりした旨みと絶妙な歯ごたえで満足。


c0378174_23085515.jpg
みそラーメン 750円。

もちろんこちらも正統派の北海道ラーメン。10時間以上煮込んでいるというスープは、しつこくなくすっきりとした味わい。ほんのりとした甘みと生姜の味がクセになる美味しいヤツです(´¬`)


c0378174_23090185.jpg
玉子かけご飯 250円。

通常のTKGに海苔、かつお節、青野菜がプラスされたもの。お店オリジナルの専用醤油をかけていただきます。これはウマイッ! けど、250円ってちょっと高いような?


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



宇宙軒 本店
●住所 北海道岩見沢市6条東13丁目1-5
●電話 0126-25-0969
●営業時間 11:00~20:00
●定休日 火曜・第三月曜
●駐車場 有り(9台)




[PR]
by mocohe23 | 2018-01-20 23:15 | 空知地方 | Comments(0)

煮干らぁめん なかじま/札幌市 北区

2017年12月4日(月)



c0378174_13055821.jpg
この日は札幌市【北区】の「北34条エリア」にある煮干らぁめん なかじまへ行ってきました。2度目の訪問となりますが、ブログで扱うのは初になります。


2010年7月オープンの【煮干らぁめん なかじま】は、その名の通り「煮干スープ100%」のラーメン店。今でこそ市内で煮干系のラーメンを出す店が増えたけど、札幌煮干系ラーメンブームの火付け役といえばこの【煮干らぁめん なかじま】。パイオニア的存在であり、ラーメン激戦区札幌でも常にランキング上位という超人気店なんです。そして「ミシュラン ビブグルマン店」でもあります(´ω`) ちなみに12歳以下のお子様は入店禁止という他ではあまり聞かないルールがある。


c0378174_13060708.jpg
醤油らぁめん 680円。

お店No.1人気メニューの醤油ラーメンをチョイス。煮干100%のスープですが、臭みやエグみはもちろんあるはずもなく、程よい煮干の旨味と香り、優しくアッサリした味なのでいくらでも飲めてしまいます。平打ち麺との相性が良く総じてウマイッ!(´¬`)


c0378174_13061555.jpg
そしてこれがTV番組ハナタレナックスの人気コーナー「KING OF RAMEN 北区編」で優勝した証。てか、賞状がやたら高い場所に貼ってあったなぁww


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



煮干らぁめん なかじま
●住所 北海道札幌市北区北35条西4-1-1 サトービル1F
●電話 非設置
●営業時間 11:00~14:30(営業時間内に完売した場合早仕舞い有り)
●定休日 木曜・金曜(その他臨時休業有り)
●駐車場 有り(3台)




[PR]
by mocohe23 | 2018-01-12 18:00 | 札幌市 北区 | Comments(0)