タグ:ラーメン ( 38 ) タグの人気記事

らーめん 侘助/札幌市 東区

2018年11月3日()



c0378174_18424957.jpg
前田森林公園】をまったり散策して来た後は、【東区】の「元町エリア」にある【らーめん 侘助】に行って来ました。2度目の訪問になりますがブログにUPするのは初になります。

2008年6月にオープンした【らーめん 侘助】。とにかく無化調と自家製麺にとことんこだわりぬき、鶏白湯ベースのスープに魚介や野菜を加え、自然の風味を徹底的に追求したコクと旨味のある力強いラーメンは至極の一杯。数々の賞を受賞したり、「ミシュラン北海道2017ビブグルマン」に掲載されていたりと、区内ではトップクラスの超人気を誇るラーメン店なんです(´ω`)


c0378174_18425718.jpg
醤油らーめん 750円。

化学調味料を一切使ってないというスープは、煮干の風味とパンチの利いた喉越しの良いスープ。自家製の麺はツルスル系で適度な弾力と小麦の香が楽しめる。道産もち豚のチャーシューは大ぶりで肉の旨味がたっぷり。流石お店の看板メニューだけあり、総じてレベルの高い美味しいラーメンでした(´¬`)


c0378174_18430432.jpg
塩らーめん 750円。

が、しかしッ! うーん、なんでしょう。醤油ラーメンがめちゃくちゃ美味しかったのに対し、塩ラーメンが…。良くいえば優しい味なんでしょうけど、油分は濃いのに味が薄すぎて正直食べるのが辛かった。以前食べたときはもっとちゃんと味がしてて美味しかったんだけどなぁ(´Д`;)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



らーめん 侘助
●住所 北海道札幌市東区北21条東16丁目2-29
●電話 011-807-7149
●営業時間 11:00~15:00 17:00~20:00
●定休日 木曜・第2,4水曜
●駐車場 無し(市民生協元町店の有料駐車場有り。1時間100円)



前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-11-06 18:00 | 札幌市 東区 | Comments(0)

春一家 三代目 麺宿/札幌市 豊平区

2018年10月14日()



c0378174_14192101.jpg
豊平峡ダム】で残念な紅葉を見てきた後は、【豊平区】の「美園エリア」にある【春一家 三代目 麺宿】へ行って来ました。2度目の訪問になります。



c0378174_14193197.jpg
地下鉄【東豊線美園駅】から徒歩3分、住宅街の中に建つ三角屋根が目印の【春一家 三代目 麺宿】。2007年【北区】の「篠路エリア」に前身の【らーめん 春一番】をオープン、2009年【東区】の「北34条エリア」へ移転を経て、現在の地に店を構える。麺、たれ、スープなどすべて手作りで仕上げた一杯を、木の温もりを生かしたカフェ風のおしゃれな店内で食べる事ができる。地元民だけではなく、遠方からもわざわざ足を運ぶファンの多い人気ラーメン店なんです(´ω`)


c0378174_14193969.jpg
c0378174_14194923.jpg
えびらーめん(チャーシュータイプ) 840円。

昼夜角10食限定だという「えびらーめん」を「チャーシュータイプでオーダー」。甘えびからじっくりと旨味エキスを抽出したえび油と、風味豊かなえびだし、香ばしい特製焙煎えび粉などで作られたスープに、こだわりの自家製麺が絡む絡む。これでもか! といわんばかりのえび感が口の中に広がりたまらなくウマイ(´¬`) ちなみに、「えびらーめん」は2種類あって、もうひとつは「かき揚げタイプ」。そっちも美味しーんだろうなぁ。


c0378174_14195699.jpg
春一味噌らーめん 840円。

春一家】人気No.1といえばこの「春一味噌らーめん」。全国各地から厳選したという5種類の味噌をブレンドしたスープは、旨味とコクが何層にも広がる、厚みのある味わい。普段味噌らーめんをほとんど食べない自分でもココの味噌らーめんは美味しくいただけます。チャーシューもとろっとろで良い感じ。


以前の記事にもチラっと書きましたが、この【春一家 三代目 麺宿】のスグ近くに、いつ行っても50人~100人ぐらいの行列ができているスーパー超絶人気店【麵屋 彩味】があるんですよ。普通だったらそんなバケモノ店の近くに出店なんかしないと思うけど【春一家】の店主はひとあじ違います。そーいうアグレッシブな姿勢好きなんですよねぇ(=ω=)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



春一家 三代目 麺宿
●住所 北海道札幌市豊平区美園11条6丁目1-22
●電話 011-822-3344
●営業時間 11:00~15:00 17:00~20:30
●定休日 木曜
●駐車場 有り(8台)

前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-10-27 18:00 | 札幌市 豊平区 | Comments(0)

らーめん 一騎/千歳市

2018年7月8日()



c0378174_17141499.jpg
この日の夜は【千歳市】の「花園エリア」にある【らーめん 一騎】へ行ってきました。初訪問になります。


千歳市】にある【ラーメン泰我グループ】の系列店として2006年12月にオープンした【らーめん 一騎】。スープはもちろんタレも自家製がウリで、全国を探してもこの味は他にはないと豪語するほど強いこだわりと自信を持つ。こってり系のラーメンがウリのお店だが、あっさり系のラーメンもあるので、幅広い層から指示を得てる人気のラーメン店です(´ω`)


c0378174_17144450.jpg
c0378174_17151424.jpg
ちゃっちゃ特製醤油 850円。

「当店限定」と記載されていた醤油ラーメンをオーダー。背脂入りの豚骨スープってクドそうなイメージがあるけど、ここのは香ばしさ、深み、塩味のバランスが絶妙。クドくはないけどこってりなのは間違いないw 中太麺もスープが絡みやすくズルズルいけちゃう。写真では確認できないけど、とろっとろチャーシューも良い感じ。なかなか美味しいラーメンでした(´¬`)


c0378174_17154462.jpg
とんこつ特製しお 850円。

こちらも「当店限定」のラーメン。こってり系で旨味の強い塩とんこつスープと麺の相性は良く最後まで美味しくいただけちゃう。味玉標準装備っても良いですねぇ。


札幌市】【東区】にある系列店(暖簾分け)の【俺のラーメン こうた】には行った事がありますが、そことはまた違った良さのあるラーメン屋さんでした。夜遅くまで営業しているのも嬉しいポイントです。



ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



らーめん 一騎
●住所 北海道千歳市花園3丁目7-18
●電話 0123-23-7000
●営業時間 11:00~24:00
●定休日 年末年始
●駐車場 有り(11台 第2駐車場有り)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-10-12 18:00 | 石狩地方 | Comments(2)

北の恵み 食べマルシェ2018/旭川市




9月6日(木)に発生した「北海道胆振東部地震」の影響かどうかわからないんですが、地震発生数日はネットが繋がっていたものの、2・3日後イキナリ回線が繋がらなくなり復旧までにかなり時間がかかってしまいました。メッセージをくれた方々への返信が遅れご心配をおかけしたことを深くお詫び致しますm(_ _ )m



2018年9月15日()



c0378174_14352602.jpg
この日は【旭川市】の「旭川駅前広場」と「買物公園」を中心に毎年秋に開催される超人気グルメイベント【北の恵み 食べマルシェ2018】へ行ってきました。初参加ではありますがブログにUPするのは3回目になります。

c0378174_14353831.jpg
2010年から開催されている【北の恵み 食べマルシェ】は、【旭川市】の中心部【JR旭川駅】から「買物公園」「7条緑道」「常盤公園」まで約300店ほどのお店が登場する食の一大イベント。ラーメンや海産物、お酒や加工品などありとあらゆる食べ物が揃う【北海道】でも【札幌市】の【オータムフェスト】や、【函館市】の【はこだてグルメサーカス】と並ぶ超絶人気のイベントなんです(´ω`)


c0378174_14354631.jpg
「常盤公園会場」にいた旭川のご当地キャラクター「あさっぴー」と「ゆっきりん」。会うのは【第59回 旭川冬まつり】以来。相変わらず可愛いなオイ(=ω=)


c0378174_14355740.jpg
ペーパンダムカレー 600円。

まずは【農家バル】ブースで購入したカレーで空腹を満たします。このダムカレーは、【日本ダムカレー協会】の公認で、市内の人気店【クレイジースパイス】が監修したものなんだそう。さらに、あの【すぎもとファーム】のソーセージがまるごと1本入っているという贅沢仕様。旭川産の野菜をふんだんに使用したルゥはとにかく甘いッ! 甘いんだけどコクがあって美味しい。ちなみに、このダムカレーは15日(土)のみの販売で限定200食。オマケに【ペーパンダム】のダムカードが付いてきます。


c0378174_14360599.jpg
もずく天ぷら(1個) 100円。

まこと家】ブースで購入したもずくの天ぷら。初めて食べるもずくの天ぷらはふわふわでうんまい。ビールと良く合います。写真は2個。


c0378174_14361382.jpg
数の子の天ぷら 400円。

留萌市】の【チューオー】ブースで購入した数の子を使った天ぷら。ほんのり甘く、数の子特有のコリコリ食感が楽しめる。これもまた美味しいヤツです。もずくの天ぷらは何となく知っていたけど、コイツは全くの初見だったなぁ。留萌ならではの一品(´¬`)


c0378174_14362269.jpg
あさりとバジルの塩らーめん 600円。

麵屋 くるる】ブースで購入した塩ラーメン。あさりの出汁が出たスープはあっさりしていて飲みやすいけど、バジル感はあんまりなかったなぁ。ラーメンでは珍しい揚げ玉入りってのがたまらなく良い。そーいや、【麵屋 くるる】って【オータムフェスト】にも出店してましたね。


c0378174_14363174.jpg
いちごスペシャル 600円。

増毛町】の【古村農園直営店 ふるふるトマト】ブースで購入したクレープ。甘味と酸味のバランスがとれた自社農園産のいちごを惜しげもなく使用したクレープは食後のデザートにピッタリ。このクオリティで600円ならお得なんでないかい。


c0378174_14363965.jpg
新子焼き 1500円。

焼鳥専門 ぎんねこ】ブースでお土産用に購入した旭川のソウルフードのひとつである「新子焼き」。新子焼きとは若鶏の半身を特製のタレに漬け込み、30分かけてじっくり丁寧に焼き上げたもの。身はしっかりしつつホクホクでウマイんですよねぇコレ(´¬`)



「北海道胆振東部地震」の影響で開催が危ぶまれた【北の恵み 食べマルシェ2018】ですが、規模と時間の短縮はしたものの開催決定が発表されたので今回参加してみました。地震の影響でこれなくなったブースなど多々ありましたが、それでも会場は大勢のお客さんで賑わっていましたねぇ。たくさんの美味しいグルメやイベントの雰囲気が非常に良かったので次回も参加したいと思います。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-10-11 18:00 | 上川地方 | Comments(6)

旨らーめん おっぺしゃん/札幌市 東区

2018年8月16日(木)



c0378174_13234764.jpg
この日は【札幌市】【東区】の「北14条エリア」にある【旨らーめん おっぺしゃん 北14条光星店】に行ってきました。初訪問だったのですがプログにUPするのは2度目です。

宮城県】に本店がある【旨らーめん おっぺしゃん】は「熊本ラーメン」の専門店。気になる店名は熊本弁で「決してべっぴんではないが気立てのよい人気者」という意味。見栄や格好にとらわれず流行に流されず本当に旨いもんを作りたい。楽しんでいただきたい。という想いからこの店名にしたんだとか。自慢のラーメンをはじめ、野菜やごはんに至るまで旨いものが食べられる、家族連れや学生、社会人などでいつでも賑わってるラーメン店なんです(´ω`)


c0378174_13235956.jpg
c0378174_13241025.jpg
おっぺしゃんらーめん 780円。

創業以来変わらぬ味を貫き通している不動の看板メニュー。豚骨を一昼夜煮出して、搾りだした濃厚スープと、じっくりローストして香りを閉じ込めた黒マー油(焦がしニンニク油)のスープが、無添加の自家製シコシコ細麺にからまり、濃厚な中にほんのり小麦が香る美味しいラーメン。ちょっとビックリしたのが煮卵の味。言い過ぎかもしれないけど、今まで食べた煮卵の中で最高ランクに属するほどの美味しさ(´¬`) お持ち帰りとかやってないのかな?


c0378174_13242485.jpg
魚介醤油豚骨らーめん 880円。
バラ先チャーシュー 320円。

魚介の旨味と醤油のコクが自慢の豚骨スープにプラスされたラーメンにバラ先チャーシューをトッピング。魚介の旨味が強く全体的に味は濃いめ。というかめちゃめちゃ濃い味なのでニガテな人はスープ割りを頼むと良いかも。


チェーン店なので正直どうかな?と思っていたけど想像以上に美味しく満足のいくラーメン屋でした。平日のランチタイムはライスも無料なのでラーメンライス好きにはたまらないかも。再訪問決定。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



旨らーめん おっぺしゃん 北14条光星店
●住所 北海道札幌市東区北14条東6丁目1-17
●電話 011-742-4440
●営業時間 11:00~24:00
●定休日 無休
●駐車場 有り(共同駐車場80台)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-08-20 18:00 | 札幌市 東区 | Comments(0)

麺や けせらせら/札幌市 北区

2018年4月23日(月)



c0378174_09534237.jpg
この日のランチは【札幌市】【北区】の「太平エリア」にある【麺や けせらせら】でした。初訪問になります。


麺や けせらせら】は、名店【らーめんてつや】で修行した店主が2008年9月にオープンさせたラーメン店。看板メニューの塩ラーメンは市内でもトップクラスの美味しさで、その味を求め連日客足の途絶える事がないほど。また、接客は丁寧なのはもちろん、「清掃に力を入れている」という店内はいつもピカピカ。小上がり席もあり家族連れでも入りやすい。まさに非の打ちどころのない完璧超絶人気店なんです(´ω`)


c0378174_09535158.jpg
塩らぁめん 730円。

麺や けせらせら】に来たからには看板メニューである「塩らぁめん」は必食。鶏白湯ベースの塩スープは、野菜などを多めに入れポタージュのようなとろみがあり、中太縮れ麺に良く絡みます。スープの旨味と塩味と甘味のバランス絶妙で普段スープを飲み干す事がない自分ですら我を忘れて全て飲んでしまうほどの美味しさ。程良い歯ごたえを残したチャーシュー、丁度良い味付けの煮卵、どれをとってもハイレベル。全てにおいてパーフェクトなラーメンでした(´¬`)


c0378174_09535970.jpg
醤油らぁめん 750円。

市内屈指と言われる鶏白湯を使用した醤油味のスープはまろやかで優しいこっさりタイプ。もちろん麺との相性抜群でノンストップで食べきってしまうほど。塩ラーメンに負けず劣らずの美味しさでした。


c0378174_09540659.jpg
チャーシューめし(小) 180円。

チャーシューがご飯の上に乗ってる何をどう考えても美味しいヤツです。こだわりのチャーシューはしっかりと味がついており、固すぎず柔らかすぎず丁度良い感じ。タレの染み込んだご飯もウメェ!


うーむ、超絶人気店だってのは知ってたけど、ラーメンの完成度の高さはもちろん接客とかも良くて非常に好感の持てるお店でした。リピーター続出ってのも納得できます。当然自分も再訪問確定ですねぇ。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



麺や けせらせら
●住所 北海道札幌市北区太平7条5丁目2-5
●電話 011-771-5246
●営業時間 11:30~15:00(但しスープが無くなり次第閉店)
●定休日 木曜・第3水曜
●駐車場 有り(7台)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-07-22 18:00 | 札幌市 北区 | Comments(0)

元気応援食堂 札幌ラーメンの栄鳳/札幌市 東区

2018年6月19日(火)



c0378174_13510022.jpg
元気応援ダイニング 北の居酒屋 風雲児 本店】で飲み食いした後は隣接する【元気応援食堂 札幌ラーメンの栄鳳】へ〆のラーメンを食べに行ってきました。初訪問になります。



c0378174_13510880.jpg
その昔【東区】の「伏古エリア」にあった【札幌ラーメンの栄鳳】の味を受け継いだ【二代目 栄鳳】が、【元気応援ダイニング 北の居酒屋 風雲児】の店主らの熱い呼びかけにより【元気応援食堂 札幌ラーメンの栄鳳】として2012年「元町エリア」に移転オープン。味噌ラーメンやカレーといった【栄鳳】伝統の味を味わえる他、【二代目 栄鳳】オリジナルのラーメンや定食も味わえる伝統と革新の両方が入り混ざったハイブリットなラーメン屋なんです(´ω`)


c0378174_13511526.jpg
まぼろし昇天編ラーメン 897円。
チャーシュー増し 150円。

「超激辛ラーメン」カテゴリーの中から店員さん曰く結構辛さが来るという「まぼろし昇天編ラーメン」をチャーシュートッピングでオーダー。辛いことは辛いんですが味噌ベースのスープの甘味が強く激辛というよりは甘辛系。中太縮れ麺との相性抜群で普通に美味しいラーメンでした。


元気応援食堂 札幌ラーメンの栄鳳】は初訪問だったけど、子供の頃【札幌ラーメンの栄鳳】は何度か行った事があります。まぁ、小さいときの話なんで味は全く覚えてないんですけど。なんにしても居酒屋と繋がっているのでお酒を飲みながら本格ラーメンを注文して食べる事ができるのは良いですねぇ。実際この時も【元気応援ダイニング 北の居酒屋 風雲児 本店】で食べてるんですが、あえて記事は別々に書いてみました。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



元気応援食堂 札幌ラーメンの栄鳳
●住所 北海道札幌市東区北24条東22丁目3-3
●電話 011-299-6697
●営業時間 11:00~18:00
●定休日 水曜・第2.4火曜
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-07-19 18:00 | 札幌市 東区 | Comments(0)

ラーメン櫻島/札幌市 西区

2018年7月2日(月)



c0378174_18151346.jpg
この日は【札幌市】【西区】の「西野エリア」にある【ラーメン櫻島 本店】に行ってきました。初訪問になります。


鹿児島系のラーメンに強いこだわりを持ち続ける【ラーメン櫻島】は、美味しくてボリュームのあるチャーシューがウリのお店。また、本店では絶品カレーも提供しており、開業以来継ぎ足してきたというルゥは、飴色になるまで炒めた玉ネギと豚骨スープが味の決め手。約8時間煮込んで作るラーメン用の豚バラ肉チャーシューがゴロっと入ってるのも人気のひとつ。地元民のみならず、わざわざ遠方から足を運ぶお客さんも多い人気ラーメン店なんです(´ω`)


c0378174_18152351.jpg
櫻島ラーメン 880円。

お店の看板メニューである櫻島ラーメン。見た目と違い意外とアッサリした白半濁スープは、豚骨の風味にガラのコクと和出汁の旨みがたまらない。中細のストレート麺と良く合います。ノーマル、炙り、角煮タイプと3種類入ったチャーシューもそれぞれ特徴が違い美味しくて面白い。中でも気に入ったのは炙りチャーシューで香ばしさがクセになります。ボリューミィでウマイ(´¬`)


c0378174_18153309.jpg
c0378174_18154034.jpg
鯛だしラーメン 830円。

こちらも櫻島ラーメン同様人気のある鯛だしラーメン。透明感のあるスープは鯛の旨味が良い塩梅で塩味も申し分ない。ゆずの皮が入っておりときより来る柑橘系の風味も良い感じ。中細ストレート麺との相性抜群。野菜はねぎ、水菜の他にサニーレタスが入っていてこれが意外と合うんです。チャーシューはノーマルと炙りの2種類。


メニュー表とか床がベトベトでお世辞にもキレイな店内とは言えませんが、ラーメンの美味しさの前ではそんな事気にならなくなります。再訪問は確定ですねぇ。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



ラーメン櫻島 本店
●住所 北海道札幌市西区西野四条3丁目1-38
●電話 011-667-1321
●営業時間 12:00~20:00(スープがなくなり次第閉店)
●定休日 火曜
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く


[PR]
by mocohe23 | 2018-07-11 18:00 | 札幌市 西区 | Comments(2)

弐代目 麺蔵 永久 bibai style/美唄市

2018年6月15日(金)



今回は知人のOCHIKA TEMPESTさんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


c0378174_15060369.jpg
この日のOCHIKA TEMPESTさんが向かったのは【美唄市】の「銀座街エリア」の入り口にある【弐代目 麺蔵 永久 bibai style】。初訪問だったようです。


c0378174_15061086.jpg
2018年6月にオープン(プレオープン)したばかりの【弐代目 麺蔵 永久 bibai style】。店主は【江別市】にある人気ラーメン店【本家 麺蔵 大麻店】で修行した実力派で、支店としてではなく暖簾分けとして【美唄市】に新しい店を出店。まだプレオープン中にも関わらず、美味しいと評判のラーメンを求め連日多くの地元民で賑わっているんだとか。そして嬉しい事にプレオープン期間中はラーメン一杯500円なんです。ここからは追記になりますが、何か理由があったのかはさだかではありませんがオープンしてたった数ヵ月で閉店してしまったようですね。うーむ、せっかく【美唄市】に新たなラーメン旋風が吹き荒れるかと思ったのに、あまりにも早い幕切れでした…(´Д`;)


c0378174_15061859.jpg
炙り醤油ラーメン(プレオープン期間中) 500円。

熱々で香ばしい香りが食欲をそそる炙り系醤油スープは、旨味、塩味、甘味のバランスが絶妙で、コシが強く弾力のある麺との相性抜群。チャーシューは非常に柔らかくとろける系。スープを吸い込んだのりも良い感じ。総合的にレベルの高い美味しいラーメンだったようです(´¬`)


c0378174_15062679.jpg
白旨味噌ラーメン(プレオープン期間中) 500円。

独自配合の白味噌を使用したスープは丁度良い甘味と旨味が味わえる。もちろん麺との相性はいうまでもない。こちらのラーメンも満足のいく一杯だったとか。


自分が子供の頃、近所に【麺蔵】があって家族に良く連れてってもらってた。人気店だったのに急にトマトラーメンだかの店に路線変更してスグに潰れちゃったんですよ。今でこそトマト系ラーメンの店はあるけど当時は珍しすぎてお客さんが着いて行けなかったんだろうなぁ。ってな事を思い出した(´Д`;)


OCHIKA TEMPESTさん貴重な食ネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m


※記事 モコ平



弐代目 麺蔵 永久 bibai style 【閉店】
●住所 北海道美唄市大通西1条南4丁目1-1
●電話 0123-26-9955
●営業時間 11:00~17:00
●定休日 未確認(現在プレオープン中なので定休日は不明)
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-06-26 18:00 | 空知地方 | Comments(0)

札幌ラーメンショー2018 ライラックワインガーデン2018/札幌市 中央区

2018年5月19日()



c0378174_15251531.jpg
この日は【札幌市】【中央区】の「大通公園」で開催されていた【札幌ラーメンショー2018】と【ライラックワインガーデン2018】へ行ってきました。2度目の参加になります。


c0378174_15252887.jpg
北海道】を代表する名店を筆頭に、全国有名ラーメン店が集結する【札幌ラーメンショー】。期間中は第一幕と第二幕に分かれ、店舗を入れ替えて合計20ブースが出店する。定番メニューやここでしか食べられないイベントスペシャル創作ラーメンが登場する超人気イベントなんです(´ω`)


c0378174_15254765.jpg
c0378174_15255579.jpg
東京醤油ラーメン(旨味出汁ソバ) 800円。

東京都】の人気ラーメン店【ソラノイロ】ブースで購入した醤油ラーメン。熊本の地鶏「天草大王」と伊吹いりこをベースにした和出汁のWスープに3年熟成醤油ダレを合わせたスープは旨味と香りのバランスが絶妙。市内の超絶人気店【MEN-EIJI】が【ソラノイロ】の為に作ったという特注麺は滑らかでモチモチした食感がたまらない。


c0378174_15260428.jpg
c0378174_15261372.jpg
山形・酒田のふわとろ海老ワンタンメン 800円。

山形県】の人気ラーメン店【酒田ラーメン 花鳥風月】ブースで購入したワンタンメン。とび魚を使ったあっさり魚介スープともちもちの自家製麺の相性は抜群で想像を超える美味しさ。大玉の海老を一尾丸ごと包んだというワンタンは海老の味が濃くどるんどるんで美味い(´¬`)


c0378174_15262930.jpg
ある程度喉を潤した後は7丁目の【ライラックワインガーデン2018 リラマリアージュ】会場へと移動することに。


c0378174_15263771.jpg
道内最大! 約100種類の動産ワインと美味しい料理のマリアージュ! 【ライラックワインガーデン】は【さっぽろライラックまつり】【札幌ラーメンショー】と同時期に開催される人気イベントなんです(´ω`)


c0378174_15264913.jpg
菜根荘ワイン キャンベル2016 500円。

ワインバル北海道】ブースで購入した【マオイ自由の丘ワイナリー】の赤ワイン。酸味と甘味がソフトで果実味がしっかりしている飲み口。ワインは美味しかったけどグラスを500円でレンタルするシステムはちょいとメンドウ。


c0378174_15265943.jpg
c0378174_15270835.jpg
3種餃子盛り合わせ 850円。

餃子とワイン 果皮と餡】ブースで購入した餃子の盛り合わせ。内容は「新冠産ジビエとドライトマトの餃子 ビーツ添え」「留萌産甘エビと生姜のピリ辛エビ味噌餃子」「富良野豚とフォアグラ餃子 バルサミコソース」の3種類。どれもこれも美味しいんですが、中でも自分のお気に入りは豚とフォアグラの餃子でした(´¬`) 【餃子とワイン 果皮と餡】は前から気になっていたので機会があればお店に行ってみたいですねぇ。


c0378174_15271912.jpg
c0378174_15272621.jpg
自分が会場に行った日は天候が悪くめちゃくちゃ寒かったんですよえねぇ。ラーメン食べてるとき手袋してましたもんw 結局2杯のラーメンを食べてもカラダが温まりきらず、数品の料理を食べスグ会場を後にしました。寒すぎるとお酒や料理をゆっくり堪能できないのが痛いなぁ(´Д`;) ちなみにこのライラックは別日に訪問したときに撮影したもの。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-06-12 18:00 | 札幌市 中央区 | Comments(2)