タグ:ラーメン ( 31 ) タグの人気記事

ラーメン櫻島/札幌市 西区

2018年7月2日(月)



c0378174_18151346.jpg
この日は【札幌市】【西区】の「西野エリア」にある【ラーメン櫻島 本店】に行ってきました。初訪問になります。


鹿児島系のラーメンに強いこだわりを持ち続ける【ラーメン櫻島】は、美味しくてボリュームのあるチャーシューがウリのお店。また、本店では絶品カレーも提供しており、開業以来継ぎ足してきたというルゥは、飴色になるまで炒めた玉ネギと豚骨スープが味の決め手。約8時間煮込んで作るラーメン用の豚バラ肉チャーシューがゴロっと入ってるのも人気のひとつ。地元民のみならず、わざわざ遠方から足を運ぶお客さんも多い人気ラーメン店なんです(´ω`)


c0378174_18152351.jpg
櫻島ラーメン 880円。

お店の看板メニューである櫻島ラーメン。見た目と違い意外とアッサリした白半濁スープは、豚骨の風味にガラのコクと和出汁の旨みがたまらない。中細のストレート麺と良く合います。ノーマル、炙り、角煮タイプと3種類入ったチャーシューもそれぞれ特徴が違い美味しくて面白い。中でも気に入ったのは炙りチャーシューで香ばしさがクセになります。ボリューミィでウマイ(´¬`)


c0378174_18153309.jpg
c0378174_18154034.jpg
鯛だしラーメン 830円。

こちらも櫻島ラーメン同様人気のある鯛だしラーメン。透明感のあるスープは鯛の旨味が良い塩梅で塩味も申し分ない。ゆずの皮が入っておりときより来る柑橘系の風味も良い感じ。中細ストレート麺との相性抜群。野菜はねぎ、水菜の他にサニーレタスが入っていてこれが意外と合うんです。チャーシューはノーマルと炙りの2種類。


メニュー表とか床がベトベトでお世辞にもキレイな店内とは言えませんが、ラーメンの美味しさの前ではそんな事気にならなくなります。再訪問は確定ですねぇ。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



ラーメン櫻島 本店
●住所 北海道札幌市西区西野四条3丁目1-38
●電話 011-667-1321
●営業時間 12:00~20:00(スープがなくなり次第閉店)
●定休日 火曜
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く


[PR]
by mocohe23 | 2018-07-11 18:00 | 札幌市 西区 | Comments(2)

弐代目 麺蔵 永久 bibai style/美唄市

2018年6月15日(金)



今回はOCHIKA TEMPESTさんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


c0378174_15060369.jpg
この日のOCHIKA TEMPESTさんが向かったのは【美唄市】の「銀座街エリア」の入り口にある【弐代目 麺蔵 永久 bibai style】。初訪問だったようです。


c0378174_15061086.jpg
2018年6月にオープン(プレオープン)したばかりの【弐代目 麺蔵 永久 bibai style】。店主は【江別市】にある人気ラーメン店【本家 麺蔵 大麻店】で修行した実力派で、支店としてではなく暖簾分けとして【美唄市】に新しい店を出店。まだプレオープン中にも関わらず、美味しいと評判のラーメンを求め連日多くの地元民で賑わっているんだとか。そして嬉しい事にプレオープン期間中はラーメン一杯500円なんです(´ω`)


c0378174_15061859.jpg
炙り醤油ラーメン(プレオープン期間中) 500円。

熱々で香ばしい香りが食欲をそそる炙り系醤油スープは、旨味、塩味、甘味のバランスが絶妙で、コシが強く弾力のある麺との相性抜群。チャーシューは非常に柔らかくとろける系。スープを吸い込んだのりも良い感じ。総合的にレベルの高い美味しいラーメンだったようです(´¬`)


c0378174_15062679.jpg
白旨味噌ラーメン(プレオープン期間中) 500円。

独自配合の白味噌を使用したスープは丁度良い甘味と旨味が味わえる。もちろん麺との相性はいうまでもない。こちらのラーメンも満足のいく一杯だったとか。


自分が子供の頃、近所に【麺蔵】があって家族に良く連れてってもらってた。人気店だったのに急にトマトラーメンだかの店に路線変更してスグに潰れちゃったんですよ。今でこそトマト系ラーメンの店はあるけど当時は珍しすぎてお客さんが着いて行けなかったんだろうなぁ。ってな事を思い出した(´Д`;)


OCHIKA TEMPESTさん貴重な食ネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m


※記事 モコ平



弐代目 麺蔵 永久 bibai style
●住所 北海道美唄市大通西1条南4丁目1-1
●電話 0123-26-9955
●営業時間 11:00~17:00
●定休日 未確認(現在プレオープン中なので定休日は不明)
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-06-26 18:00 | 空知地方 | Comments(0)

札幌ラーメンショー2018 ライラックワインガーデン2018/札幌市 中央区

2018年5月19日()



c0378174_15251531.jpg
この日は【札幌市】【中央区】の「大通公園」で開催されていた【札幌ラーメンショー2018】と【ライラックワインガーデン2018】へ行ってきました。2度目の参加になります。


c0378174_15252887.jpg
北海道】を代表する名店を筆頭に、全国有名ラーメン店が集結する【札幌ラーメンショー】。期間中は第一幕と第二幕に分かれ、店舗を入れ替えて合計20ブースが出店する。定番メニューやここでしか食べられないイベントスペシャル創作ラーメンが登場する超人気イベントなんです(´ω`)


c0378174_15254765.jpg
c0378174_15255579.jpg
東京醤油ラーメン(旨味出汁ソバ) 800円。

東京都】の人気ラーメン店【ソラノイロ】ブースで購入した醤油ラーメン。熊本の地鶏「天草大王」と伊吹いりこをベースにした和出汁のWスープに3年熟成醤油ダレを合わせたスープは旨味と香りのバランスが絶妙。市内の超絶人気店【MEN-EIJI】が【ソラノイロ】の為に作ったという特注麺は滑らかでモチモチした食感がたまらない。


c0378174_15260428.jpg
c0378174_15261372.jpg
山形・酒田のふわとろ海老ワンタンメン 800円。

山形県】の人気ラーメン店【酒田ラーメン 花鳥風月】ブースで購入したワンタンメン。とび魚を使ったあっさり魚介スープともちもちの自家製麺の相性は抜群で想像を超える美味しさ。大玉の海老を一尾丸ごと包んだというワンタンは海老の味が濃くどるんどるんで美味い(´¬`)


c0378174_15262930.jpg
ある程度喉を潤した後は7丁目の【ライラックワインガーデン2018 リラマリアージュ】会場へと移動することに。


c0378174_15263771.jpg
道内最大! 約100種類の動産ワインと美味しい料理のマリアージュ! 【ライラックワインガーデン】は【さっぽろライラックまつり】【札幌ラーメンショー】と同時期に開催される人気イベントなんです(´ω`)


c0378174_15264913.jpg
菜根荘ワイン キャンベル2016 500円。

ワインバル北海道】ブースで購入した【マオイ自由の丘ワイナリー】の赤ワイン。酸味と甘味がソフトで果実味がしっかりしている飲み口。ワインは美味しかったけどグラスを500円でレンタルするシステムはちょいとメンドウ。


c0378174_15265943.jpg
c0378174_15270835.jpg
3種餃子盛り合わせ 850円。

餃子とワイン 果皮と餡】ブースで購入した餃子の盛り合わせ。内容は「新冠産ジビエとドライトマトの餃子 ビーツ添え」「留萌産甘エビと生姜のピリ辛エビ味噌餃子」「富良野豚とフォアグラ餃子 バルサミコソース」の3種類。どれもこれも美味しいんですが、中でも自分のお気に入りは豚とフォアグラの餃子でした(´¬`) 【餃子とワイン 果皮と餡】は前から気になっていたので機会があればお店に行ってみたいですねぇ。


c0378174_15271912.jpg
c0378174_15272621.jpg
自分が会場に行った日は天候が悪くめちゃくちゃ寒かったんですよえねぇ。ラーメン食べてるとき手袋してましたもんw 結局2杯のラーメンを食べてもカラダが温まりきらず、数品の料理を食べスグ会場を後にしました。寒すぎるとお酒や料理をゆっくり堪能できないのが痛いなぁ(´Д`;) ちなみにこのライラックは別日に訪問したときに撮影したもの。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-06-12 18:00 | 札幌市 中央区 | Comments(2)

第59回 旭川冬まつり/旭川市

2018年2月8日(木)



c0378174_16344897.jpg
この日は【旭川市】の「旭橋河畔エリア」で開催されていた【第59回 旭川冬まつり】へ行ってきました。初参加になります。


c0378174_16345708.jpg
c0378174_16350737.jpg
c0378174_16351625.jpg
「石狩川」の旭橋河畔をメイン会場に開催される【旭川冬まつり】は、半世紀以上の歴史を持つ旭川市内最大の冬まつり。自慢の世界最大級の雪像が登場するほか、毎年恒例の冬の花火、長さ100mの氷の滑り台、冬ならではのアクティビティ、地元の食を堪能できる「冬マルシェ」など、楽しみが盛りだくさんの超人気イベントなんです(´ω`)


c0378174_16352613.jpg
タッカルビ 600円。

栄光丸】ブースで購入した今流行りのチーズタッカルビ。甘辛く味付けされた鶏肉とたっぷりチーズがたまらない美味しさ(´¬`) それにしてもここのはかなりボリューミィ。


c0378174_16353437.jpg
ごまクロ2 300円。
日本酒(熱燗) ???円。

大雪地ビール】ブースで購入した日本酒とあんまん。「あったか旭川まん推進会議」というところが作っている(らしい)ごまクロ2は、高級な朱鞠小豆のごまあんを贅沢に使用した至高の一品。ホカホカのあんまんは甘さ控えめでウマイ!


c0378174_16354298.jpg
冬まつりラーメン(しょうゆ) 600円。

ラーメンの会旭川】ブースで購入した【旭川冬まつり】限定の醤油ラーメン。旭川ならではの醤油スープと、道産小麦にこだわった麺の相性は抜群! 冷え切ったカラダに染み渡ります。


c0378174_16355088.jpg
粗挽きジャンボフランク(2本) 800円。

アートホテル旭川】ブースで購入したフランクフルト。パリッとジューシィなのはもちろんですが、強い旨味と軟らかさがクセになります。てか、これめちゃめちゃ美味しかった(´¬`)


c0378174_16371604.jpg
旭川ご当地キャラクターの「あさっぴー」と「ゆっきりん」。あさっぴーは何度か見た事があるので知ってたけど、ゆっきりんはこの時が初。二人とも可愛い(=ω=)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-06-09 18:00 | 上川地方 | Comments(0)

鴨だし中華そば専門店 DUCK RAMEN EIJI/札幌市 東区

2018年5月14日(月)



今回は知人のLovelessさんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


c0378174_19453242.jpg
この日のLovelessさんが向かったのは【札幌市】【東区】の「三角点通りエリア」にある【鴨だし中華そば専門店 DUCK RAMEN EIJI】。初訪問だったようです。


2018年の3月にオープンした【鴨だし中華そば専門店 DUCK RAMEN EIJI】は、【豊平区】にある超絶人気ラーメン店【MEN-EIJI】の3号店。店舗ごとにコンセプトの違い3号店となる【鴨だし中華そば専門店 DUCK RAMEN EIJI】は店名にあるように鴨だしにとことんこだわった中華そばの専門店。オープンしてまだ間もないのに今ではすっかり人気ラーメン店の仲間入り。パチンコ店横にあるので駐車場が広いのも嬉しいポイント(´ω`)

c0378174_19453877.jpg
DUCK醤油 830円。
鴨肉増し 400円。

店の看板メニューである「DUCK醤油」に「鴨肉増し」でオーダー。滝川産合鴨の骨、肉のみで引いたスープに、色々な場所から集めた醤油を独自ブレンドしたタレを合わせる事で、香り、旨味、コク、キレをバランスよく感じられる他にはない仕上がりに。「春よ恋」と「はるきらり」の石臼挽き全粒粉を自社ブレンドしたという自家製麺は中細のストレート麺でツルツルの食感が楽しめます。400円出して鴨肉チャーシューの枚数を増やしたけれど、想像していたより量が少なくガッカリ感が否めなかったと。後シナチクの代わりに入っていたという煮たゴボウの存在にも納得がいかなかったようです。


Lovelessさんの感想的には美味しいんだけど素直に認められないといったような物言いでした。うーむ、これはやはり自分でも食べに行かないといけませんねぇ。


Lovelessさん貴重な食ネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m


※記事 モコ平



鴨だし中華そば専門店 DUCK RAMEN EIJI
●住所 北海道札幌市東区本町1条9丁目3-30 三角点通りパーラー太陽苗穂店横
●電話 011-784-3321
●営業時間 11:00~14:45 17:00~20:00
●定休日 水曜・月1不定休有り
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-06-01 18:00 | 札幌市 東区 | Comments(0)

旨らーめん おっぺしゃん/札幌市 東区

2018年5月12日()



今回は知人のLovelessさんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


c0378174_15140731.jpg
この日のLovelessさんが向かったのは【札幌市】【東区】の「北14条エリア」にある【旨らーめん おっぺしゃん 北14条光星店】。初訪問だったようです。


宮城県】に本店がある【旨らーめん おっぺしゃん】は「熊本ラーメン」の専門店。気になる店名は熊本弁で「決してべっぴんではないが気立てのよい人気者」という意味。見栄や格好にとらわれず流行に流されず本当に旨いもんを作りたい。楽しんでいただきたい。という想いからこの店名にしたんだとか。自慢のラーメンをはじめ、野菜やごはんに至るまで旨いものが食べられる、家族連れや学生、社会人などでいつでも賑わってるラーメン店なんです(´ω`)


c0378174_15141458.jpg
おっぺしゃんネギ盛りらーめん 880円。

創業以来変わらぬ味を貫き通している不動の看板メニュー「おっぺしゃんらーめん」のネギ盛りバージョン。豚骨を一昼夜煮出して、搾りだした濃厚スープと、じっくりローストして香りを閉じ込めた黒マー油(焦がしニンニク油)のスープが、無添加の自家製シコシコ細麺にからまり、濃厚な中にほんのり小麦が香る美味しいラーメンにネギの香ばしさもプラスされ一層美味しくなるんだとか(´¬`)


名前のインパクトが強く店前を通るたびに気になってたんですよ。そんな中知人のLovelessさんからネタをいただいたので参考にさせてもらいます。それにしても【北海道】に進出してきてからまだそんな月日がたってないのに、今既に3店舗目を【岩見沢市】にオープンさせるんだとか。勢いがありますねぇ。


Lovelessさん貴重な食ネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m


※記事 モコ平



旨らーめん おっぺしゃん 北14条光星店
●住所 北海道札幌市東区北14条東6丁目1-17
●電話 011-742-4440
●営業時間 11:00~24:00
●定休日 無休
●駐車場 有り(共同駐車場80台)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-05-30 18:00 | 札幌市 東区 | Comments(0)

南幌らーめん きらら/南幌町

2018年5月23日(水)



c0378174_15423503.jpg
この日の昼食は【南幌町】の「西町エリア」にある【南幌らーめん きらら】でした。初訪問になります。


c0378174_15424279.jpg
2003年の8月にオープンした【南幌らーめん きらら】。素材と製造方法にとことんこだわり、3日以上の時間をかけて作るスープとチャーシューは店主の自信作。南幌名物のキャベツキムチが入った「キャベツキムチらーめん」や、北海道の男爵イモが入った「カレーらーめん」などオリジナルのラーメンの評価も高いが、通常のラーメンも美味しく好評。ミシュランガイドのビブグルマンに掲載された事のある【南幌町】屈指の人気ラーメン店なんです(´ω`)


c0378174_15424950.jpg
辛子高菜塩らーめん 700円。

店員のオネーサンが「色は濃いですけど塩ですから~」と言って目の前にラーメンを出してくれます。モンゴル内陸で取れる自然塩(天外天塩)を使用しているスープは野菜などから出る甘味は一切なく、塩味がストレートに飛んでくる直球系。色と同じで味も濃い目なんですが、店主に言えば味の濃さを調整してくれます。モチモチとコシのある麺と高菜の辛味を帯びた塩スープは相性抜群ッ! 自慢のチャーシューは程よい歯ごたえがありつつも染み込んだ旨味のバランスが良く美味しい。煮卵も良い感じ。さすがビブグルマンに掲載されたラーメン店の一杯だと思いましたねぇ(´¬`)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



南幌らーめん きらら
●住所 北海道空知郡南幌町西町3丁目5-14
●電話 011-378-1195
●営業時間 11:00~20:00(火・水・金~日) 11:00~15:00(月・木)
●定休日 無休
●駐車場 有り(4台)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く


[PR]
by mocohe23 | 2018-05-25 18:00 | 空知地方 | Comments(0)

Soba・Noodle 鶴 -HAKU-/札幌市 西区

2018年5月14日(月)



c0378174_20391124.jpg
この日のランチは【札幌市】【西区】の「琴似駅エリア」にある【Soba・Noodle 鶴 -HAKU- 2.2本店】へ行ってきました。初訪問になります。


c0378174_20391879.jpg
2017年9月にオープンした【Soba・Noodle 鶴 -HAKU-】。昼はラーメン店、夜はジンギスカン店として営業している二毛作店。鶏ガラ清湯スープに鯛出汁を加えたダブルスープのラーメンと厚切りカットのジンギスカンを楽しめるのは道民にとって嬉しいかぎり。まだ新しい店ながらも最近はメディア露出も増えている人気上昇中のお店なんです(´ω`)


c0378174_20392569.jpg
c0378174_20393290.jpg
中華そば 750円。

鯛だしと鶏ガラで取ったダブルスープは嫌な臭みは全くなく濃い見た目のイメージより遥かにアッサリとしている。そこに柑橘系がプラスされる事によってより爽やかな味に。特注の中太ストレート麺との相性も抜群で、ツルツルとイケちゃう。チャーシューは今時じゃない歯応えしっかりモサモサ系だったけど、これはこれでウマイ。自分的にはおろしショウガはいらなかったかなぁ。何にしても他店の中華そばとは違うオリジナリティー溢れる味で満足のいく1杯でした(´¬`)


c0378174_20393977.jpg
味噌 750円。

厳選した数種類の味噌をブレンドし、独自の味に仕上げたというスープは塩味と甘味のバランスが絶妙。専用だという中太縮れ麺にスープが絡んでウマイ! 個人的には「札幌味噌ラーメン」の進化系なんじゃないかと思ってしまうほど(=ω=)


駐車場がないのでなかなか行く機会がなかったんですが、今回琴似方面に用事があり無事訪問することができました。実際に食べてみて感じたのは駐車場代を払っても訪問する価値はある! ということ。てか、支店があるっぽいので次回はそっちに行ってみようかな。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



Soba・Noodle 鶴 -HAKU- 2.2本店
●住所 北海道札幌市西区琴似2条2丁目2-17 ファーストプラザ2F
●電話 011-688-6509
●営業時間 10:00~20:00(平日) 7:00~15:00(土日祝)
●定休日 第2、第4水曜
●駐車場 無し(近隣にコインパーキング有り)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-05-16 18:00 | 札幌市 西区 | Comments(0)

雨は、やさしく NO,2/札幌市 東区

2018年3月23日(金)



c0378174_21352644.jpg
この日のランチは【札幌市】【東区】の「北7条エリア」にある【雨は、やさしく NO,2】でした。初訪問になります。


ラーメンにレバーペーストを乗せ、途中で味変するという斬新なアイディアが話題を呼んで、今や市内でも屈指の人気店の【雨は、やさしく】。その2号店である【雨は、やさしく NO,2】が2017年の6月【東区】の「北7条エリア」にオープン。煮干し出汁に鶏塩レバーペーストを溶かしながら食べるラーメンがウリの本店とは違い、2号店は鶏白湯スープに帆立貝ペーストを溶かしながら食べるスタイル。使用している食材などは違うがコンセプトは本店と一緒。今では本店同様毎日行列の絶えない超人気店なんです(´ω`)


c0378174_21353748.jpg
帆立鶏白湯醤油 850円。

鶏白湯スープに帆立ペーストを溶かしながら食べるという、まさしく【雨は、やさしく NO,2】オリジナルのラーメン。醤油ベースの鶏白湯スープは程よい旨みと醤油の香りがたまらない。若干太い麺も良い感じで、スープと非常に良く合います。そのまま食べても間違いなくレベルの高い美味しいラーメンなんですが、やはり帆立ペーストを混ぜながら食べないと真の美味しさは伝わりません。ということで混ぜ混ぜしてからスープをひとくちすすってみると…おおッ! 帆立の旨みと香りがプラスされた鶏白湯スープは尋常じゃない美味しさにッ!! これはマジでクセになるヤツです。鶏むね肉と鶏もも肉の2種類のチャーシューも良いし、ラーメンでは珍しいごぼう天もウマイ。とゆーか総じてオール全部ウメェ!!(=¬=)


c0378174_21354396.jpg
帆立鶏白湯塩 850円。
味玉 100円。

こちらは鶏白湯塩に味玉をトッピングしたもの。醤油とはまた違った味を楽しめ、こっちはこっちでウマイ。醤油の方で大体の説明をしちゃったので詳しくは書きませんがw


本店をすっ飛ばして2号店から攻める事になってしまったけど、超大当たりで大満足できました。前からちょいちょい早く本店に行きたいとか書いてたけど、ホントいつになったら行く事ができるのやら。

ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



雨は、やさしく NO,2
●住所 北海道札幌市東区北7条東3丁目1-1
●電話 011-722-5511
●営業時間 11:00~15:00 18:00~20:20
●定休日 月曜(祝日の場合翌日休み)
●駐車場 無し


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-05-01 18:00 | 札幌市 東区 | Comments(0)

道の駅 サーモンパーク千歳/千歳市

2018年3月12日(月)



c0378174_10470256.jpg
この日は【千歳市】の「花園エリア」にある【道の駅 サーモンパーク千歳】でランチでした。初訪問ではないんですがブログにUPするのは初になります。


c0378174_10470991.jpg
千歳市】と【小樽市】を結ぶ国道337号沿いに位置している【道の駅 サーモンパーク千歳】。周辺を流れる清流千歳川には毎年サケが遡上し、インディアン水車と呼ばれる水車によるサケの捕獲風景は千歳の秋の風物詩となっている。また、新千歳空港や道央自動車道千歳ICから車で約10分程度と交通アクセスにも恵まれており、北海道観光の起点としても絶好の位置にあるんです(´ω`)


c0378174_10471784.jpg
道の駅 サーモンパーク千歳】のフードコートにある【スープカリー 奥芝商店 鮭公園店】。【札幌市】で行列のできる「海老スープカレー」で有名な【奥芝商店】の千歳店です。


c0378174_10472554.jpg
柔らかチキンともりもり野菜カリー 1280円。

奥芝商店】と言えば「海老スープ」ですが、鮭公園店にはオリジナルの「鮭スープ」があるのでそっちをチョイスしようかとも思いきや、まさかの1番オーソドックスな「チキンスープ」を選ぶというねw 辛さは「中辛」、ライスの量は200gの「普盛」でオーダー。スープカレー界ではメジャーなチキンスープでも【奥芝商店】の手にかかればオリジナリティあふれる旨味と風味豊なスープに仕上がります。あっさりしつつもコクのある味わいでウマイ! 素揚げされた野菜たちも良い感じ。チキンも柔らかく美味しい(´¬`)


c0378174_10473343.jpg
同じくフードコートにある【ラーメン きたのや】。千歳の鮭をイメージして作ったというオリジナルの鮭節ラーメンが食べれるお店。


c0378174_10474708.jpg
c0378174_10475406.jpg
半ラーメン(醤油) 500円。

鮭節を使用したスープは鶏ガラ系。鮭感はほぼ感じられなかったけど甘みが強くて美味しい。口コミサイトなどでは評価が低いみたいですが、自分的にはわりと好みの味。


c0378174_10480185.jpg
とりザンギ 280円。

非常に柔らかくてジューシィな鶏の唐揚げ。これはかなり高レベルでウマイ(´¬`)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



道の駅 サーモンパーク千歳
●住所 北海道千歳市花園2丁目
●電話 0123-29-3972
●営業時間 9:00~20:30
●定休日 年末年始(12/29~1/1)
●駐車場 有り


スープカリー 奥芝商店 鮭公園店
●住所 北海道千歳市花園2丁目 サーモンパーク千歳内
●電話 0123-27-3339
●営業時間 10:00~18:00
●定休日 不定休(サーモンパーク千歳に準ずる)
●駐車場 有り


ラーメンきたのや
●住所 北海道千歳市花園2丁目 サーモンパーク千歳内
●電話 0123-29-3972
●営業時間 11:00~20:30
●定休日 不定休(サーモンパーク千歳に準ずる)
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-04-07 18:00 | 石狩地方 | Comments(2)