人気ブログランキング |

タグ:商業施設 ( 13 ) タグの人気記事

港町市場/札幌市 白石区

2019年4月20日()



c0378174_18410097.jpg
Mari iida(マリ イイダ)】で美味しいラーメンを堪能尾した後は、同じく【白石区】の「米里エリア」にある【港町市場 札幌店】へ行って来ました。ここの店舗は初訪問になります。

c0378174_18410836.jpg
港町市場】は【増毛町】でも有名な【遠藤水産】の直売店。名物はな「エビ」。うまさとろける甘エビをはじめ、ボタンエビ、ましけエビ、ゴジラエビなど、豪快に量り売りをしています。その他の海産物や加工品も豊富に取り揃えており、時期にもよるが色々なものが浜値で購入できると遠方から足を運ぶ客の多い超人気店なんです(´ω`)

c0378174_18411746.jpg
たらパリパリ揚げ 380円。

増毛産のたらを使用した揚げ物をチョイス。名前の通り外はパリパリ、中はほっくほくで美味しい。さすが新鮮なたらを使ってるだけあります。ワリと普通に骨が入っているので食べるときは注意が必要です。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



港町市場 札幌店
●住所 北海道札幌市白石区米里1条3丁目2-1
●電話 011-872-2500
●営業時間 10:00~18:00
●定休日 火曜
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2019-05-03 18:00 | 札幌市 白石区 | Comments(0)

情報発信基地 AKABIRAベース/赤平市

2019年4月6日()



c0378174_19004446.jpg
この日は【赤平市】の「幌岡町エリア」にある【情報発信基地 AKABIRAベース】に行ってきました。初訪問ではないんですがブログにUPするのは初になります。


c0378174_19005618.jpg
c0378174_19010513.jpg
c0378174_19011290.jpg
2015年6月にオープンした【情報発信基地 AKABIRAベース】は、【赤平市】の観光情報の提供と特産品のPRを目的とした情報発信施設。市内で採れた新鮮な野菜や特産品の販売をはじめ、名物のホット系グルメや軽食も充実している。イートインスペースがあるので店内での飲食も可能。国道38号線に面しており、アクセスもしやすい。大きなクマゲラが目印の可愛くて便利な町のランドマーク的施設なんです(´ω`)


c0378174_19011987.jpg
じゃガ~ル(ピザ味) 300円。

赤平産赤ジャガイモを生地に練り込み、惣菜を包んで揚げた「じゃガ~ル」は、新たな赤平名物として開発されました。選べるお味は「ピザ」「しょうが焼き」「カレーウインナー」の3種類。とりあえず初めてだったので1番オーソドックスそうなピザ味をチョイス。サクサクパリパリの生地の中に野菜やひき肉が入っていて、想像してた味とは違ったけどこれはこれで美味しい。まさに揚げ餃子と揚げピザのハイブリッドッ! また、注文してから揚げてくれるので、出てくるまでに多少時間はかかるけど熱々が食べられるのは非常に嬉しい。


メンチカツ 150円。

手作りだという「メンチカツ」の外見は武骨だがコレがまた超ウマイ!(´¬`) 「肉しか入ってないんじゃね!?」と思うほど肉々しく、かなりジューシィで旨味がハンパないんです。お土産に買って帰りたくなるほどのレベル。「じゃガ~ル」同様注文してから揚げてくれるので熱々なのは良いですが火傷には注意が必要ww


うーむ、【情報発信基地 AKABIRAベース】のお手軽フードたち良いですねぇ。こんなに美味しいのが初訪問時にわかっていたらもっと通ってたかもしれない。とりあえず、次回訪問時もこの2品は食べるんだろうなぁ。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



情報発信基地 AKABIRAベース
●住所 北海道赤平市幌岡町54
●電話 0125-32-6760
●営業時間 10:00~18:00(5月~6月) 9:00~18:00(7月~9月) 10:00~17:00(10月~4月) 
●定休日 無休(7月~9月) 火曜(5月~6月、10月~4月)
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2019-04-08 19:15 | 空知地方 | Comments(0)

男山酒造り資料館/旭川市

2018年4月9日(月)



c0378174_18503853.jpg
c0378174_18513066.jpg
ベローズ フィールド ビーチ】で美味しいバーガーとパンケーキを食べた後は、同じく【旭川市】の「永山エリア」にある【男山酒造り資料館】へ行って来ました。初訪問になります。

c0378174_18520507.jpg
c0378174_18521207.jpg
c0378174_18521941.jpg
c0378174_18522871.jpg
c0378174_18524702.jpg
c0378174_18523820.jpg
北海道】【旭川市】の地酒と言えば道民なら誰もが知ってる【男山】。その【男山】340年の歴史と共に、【日本】の伝統産業の一つである酒造りの歴史と文化を伝える【男山酒造り資料館】では【男山】の由来や歴史的な資料,昔の酒造り道具などが展示されている。また、工場では実際の日本酒造りの工程を見学することもできる。資料館の1階には【男山】で造られるさまざまな日本酒の無料試飲や有料試飲・売店コーナーがある。日本各地の酒好きが足を運ぶ人気の観光スポットでもあるんです(´ω`)


c0378174_18525663.jpg
今朝ノ酒(四月九日搾り) 無料。

「今朝ノ酒」は、仕込み期間のみ【男山酒造り資料舘】限定で販売している生原酒。その日のデキによって酒質と価格が変わるのは資料館の限定品ならでは。


c0378174_18530424.jpg
男山 純米大吟醸 200円。

こちらは【男山】の代表銘柄のひとつでもある「男山 純米大吟醸」。穏やかな含み香、淡麗ながらも豊かに広がる上品な味わい、国内外の酒類コンクールにおいて数多くの金賞受賞を誇る至高の味(=ω=) ちなみにこちらは有料試飲で1杯200円。


c0378174_18531294.jpg
北の稲穂 大吟醸 2149円。

40%まで磨き上げた北海道産酒造好適米を100%使用し、時間をかけて丁寧に醸した大吟醸酒。口当たりが柔らかく、雑味のない上品な余韻が心地良いお酒。自分用のお土産として購入したけど、いつのまにかなくなっていました。多分記憶が飛んだ後いっきに飲み干してしまったんだろうなぁ~勿体ない…。


c0378174_18514175.jpg
日本酒が飲めるのも良いですが資料館も見応えがあり結構楽しめました。機会があれば再訪問したい場所ですねえ。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



男山酒造り資料館
●住所 北海道旭川市永山2条7丁目1番33号
●電話 050-5590-4383
●営業時間 9:00~17:00
●定休日 年末年始
●駐車場 有り(普通車50台・大型バス8台)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2019-03-07 18:00 | 上川地方 | Comments(0)

ニングルテラス/富良野市

2018年10月18日(木)



c0378174_18244259.jpg
美瑛町】の【小さなパン店 リッカロッカ】で美味しいランチを堪能した後は、【富良野市】の【新富良野プリンスホテル】の敷地内にある【ニングルテラス】へ行って来ました。初訪問になります。

c0378174_18245411.jpg
c0378174_18250460.jpg
新富良野プリンスホテル】の敷地内にある【ニングルテラス】は、15棟のログハウスがつらなるロマンティックなショッピングエリア。テラス内には多種多様な店が出店しており、鍛冶屋や皮工房、ガラス工房など様々なクラフト系の作品を購入する事ができます。ちなみにニングルとは、脚本家「倉本聰」氏の著書「ニングル」の作品に登場する昔から【北海道】の森に住む身長15cmくらいの「森の知恵者」のこと。今では【富良野市】を代表する人気観光スポットなんです(´ω`)


c0378174_18251510.jpg
c0378174_18252662.jpg
何度も訪れている【富良野市】ですが、【ニングルテラス】に来たのはこのときが初めて。なんてゆーか、森の妖精たちが本当にいるんじゃないかと思わせるよーな雰囲気が非常に良く、機会があれば再訪問したくなっちゃうんですよねぇ。ただ、ほぼ全てのお店が撮影禁止だけど(´Д`;)

※記事 モコ平



ニングルテラス
●住所 北海道富良野市中御料(新富良野プリンスホテル)
●電話 0167-22-1111(新富良野プリンスホテル)
●営業時間 12:00~20:45(7月・8月は10:00~21:30)
●定休日 無休(店舗により異なる)
●駐車場 有り(390台)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2019-02-26 18:00 | 上川地方 | Comments(2)

田中酒造/小樽市

2018年2月18日()



c0378174_20213152.jpg
かま栄 工場直売店】で美味しいかまぼこを食べて来た後は、同じく【小樽市】の「色内エリア」にある【田中酒造 本店】へ行って来ました。初訪問になります。

c0378174_20220066.jpg
田中酒造】は、明治32年創業の老舗酒造であり、道内でも歴史ある酒蔵のひとつ。道産の安心・安全な原料をもとに季節問わず、より美味しいを目指して日本酒や本みりんを製造している。小樽観光にかかせない施設のひとつで、連日観光客が絶えない超人気のお店なんです(´ω`)


c0378174_20223009.jpg
ホットイチゴスムージー 350円。

あまりにも寒く、カラダが冷え切っていたので、温かい飲み物である「ホットイチゴスムージー」をオーダー。【田中酒造】の酒粕に【伊達市】で収穫されたイチゴをまるごとミックスしたホットスムージーは甘さ控えめで非常に飲みやすいドリンク。ちなみに便秘、腸内環境の改善、むくみ予防などが期待できるとかなんとか。まぁ、こっちとしては心底冷え切ったカラダを内から温められるだけで満足なんですが(=ω=)


c0378174_20230018.jpg
時期だけあって店内にはひな人形が展示されていました。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



田中酒造 本店
●住所 北海道小樽市色内3丁目2番5号
●電話 0134-23-0390
●営業時間 9:00~18:00
●定休日 無休
●駐車場 有り(15台)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2018-10-20 18:00 | 後志地方 | Comments(2)

かま栄/小樽市

2018年2月18日()



c0378174_13202199.jpg
濱焼 北海道 魚萬 小樽駅前本店】で軽く飲んで来た後は、同じく【小樽市】の「堺町エリア」にある【かま栄 工場直売店】へ行って来ました。何度か訪問してますがブログにUPするのは2回目になります。


かま栄】は、明治38年創業の老舗かまぼこ店。熟練の職人が作るかまぼこは小樽市民のソウルフードのひとつと言っても過言ではない。現在は店舗数も増え【北海道】を代表する超人気かまぼこ店にまで成長。【小樽市】の観光名所のひとつにもなっている【かま栄 工場直売店】では、人気商品の「パンロール」や直売所限定の商品が購入できる他、かまぼこの製造行程を無料で見学する事ができる。


c0378174_13203227.jpg
パンロール 216円。
ウィンナーロール 226円。

人気商品No.2の「パンロール」は、豚挽き肉、玉ねぎ、胡椒入すりみを薄いパンで巻き油で揚げたテイクアウトメニューのひとつ。何度も食べているから味は知っているけど、やっぱりウメェ。工場売店限定の「ウィンナーロール」は、パンロールにウィンナーがプラスされた亜種バージョン。これもまた美味しいんですよねぇ(´¬`) 本当は前回訪問時に食べた「パンドーム」が食べたかったんですが売り切れてて残念無念。


c0378174_13204052.jpg
橋の上から「小樽運河」を撮影。この後、次の目的地を目指すわけなんですが、2月の【小樽市】の寒さに心が折れそう(´Д`;)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



かま栄 工場直売店
●住所 北海道小樽市堺町3-7
●電話 0134-25-5802
●営業時間 9:00~19:00
●定休日 元日
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2018-10-19 18:00 | 後志地方 | Comments(2)

遠藤水産 港町市場/増毛町

2018年6月24日()



c0378174_12045893.jpg
小平町】にある【道の駅 おびら鰊番屋】で軽くランチをした後は、【増毛町】の「港町エリア」にある【遠藤水産 港町市場 増毛店】へ行ってきました。3回目の訪問ですがブログに単体でUPするのは初になります。



c0378174_12050738.jpg
港町市場】は【増毛町】でも有名な【遠藤水産】の直売店。名物はな「エビ」。うまさとろける甘エビをはじめ、ボタンエビ、ましけエビ、ゴジラエビなど、豪快に量り売りをしています。その他の海産物や加工品も豊富に取り揃えており、時期にもよるが色々なものが浜値で購入できると遠方から足を運ぶ客の多い超人気店なんです(´ω`) ちなみに【札幌市】の【白石区】に【遠藤水産 港町市場 札幌店】があります。


c0378174_12051334.jpg
味付ホッケ 600円。

増毛産のほっけを使った加工品。ほっけの旨味がぎゅっと凝縮された美味しいヤツで酒の肴にピッタリ。そのまま食べても美味しいのですが、ちょっと炙ると更に美味しくなります(´¬`)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



遠藤水産 港町市場 増毛店
●住所 北海道増毛郡増毛町港町4-26
●電話 0164-53-2000
●営業時間 8:30~16:00
●定休日 火曜
●駐車場 有り



前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く
別ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く playback



by mocohe23 | 2018-08-09 18:00 | 留萌地方 | Comments(4)

ゆめちからテラス/江別市

2018年6月17日()



今回はOCHIKA TEMPESTさんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


c0378174_16205115.jpg
この日のOCHIKA TEMPESTさんが向かったのは【江別市】の「西野幌エリア」にある【ゆめちからテラス】。初訪問だったようです。


c0378174_16205865.jpg
2018年5月にオープンした【ゆめちからテラス】は、農業の発展、国内自給率の向上、未来の日本の発展のために「夢」を持とう。「ちから」を併せたプロジェクトを成功させよう。というコンセプトの元に作られた商業施設。施設内には【のっぽろ野菜直売所】【Pasco 夢パン工房 野幌店】【プチキッチン OgiOgi】の3店舗が入っている。ちなみに【ゆめちからテラス】がある場所は以前【のっぽろ野菜直売所】が単体で営業していた場所です。

OCHIKA TEMPESTさん達の本来の目的は施設内にある【Pasco 夢パン工房 野幌店】だったようですが、入口前には物凄い行列ができていたらしく、ソッコーで諦めてしまったんだとか(´Д`;) まぁ、まだできたばかりの新しい施設だし、フィーバーがひと段落するまでは待ったほうが良いかもですねぇ。


OCHIKA TEMPESTさん貴重なネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m


※記事 モコ平



のっぽろ野菜直売所
●住所 北海道江別市西野幌107-1 ゆめちからテラス内
●電話 011-382-8319
●営業時間 9:00~17:00
●営業期間 4月中旬~11月上旬
●定休日 営業期間内は無休
●駐車場 有り(ゆめちからテラス)


プチキッチン OgiOgi
●住所 北海道江別市西野幌107-1 ゆめちからテラス内
●電話 080-1972-6109
●営業時間 9:00~17:00
●定休日 未確認
●駐車場 有り(ゆめちからテラス)


Pasco 夢パン工房 野幌店
●住所 北海道江別市西野幌107-1 ゆめちからテラス内
●電話 011-802-8885
●営業時間 8:00~18:00
●定休日 年末年始
●駐車場 有り(ゆめちからテラス)



前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2018-07-04 18:00 | 石狩地方 | Comments(0)

白い恋人パークイルミネーション 2017-2018/札幌市 西区

2018年1月18日(木)



c0378174_20132975.jpg
中央区】の【大阪屋台風居酒屋 恵美須商店 狸小路店】で軽く昼飲みした後は【西区】の「宮の沢エリア」にある【白い恋人パーク】で開催されてた【白い恋人パークイルミネーション 2017-2018】を見に行ってきました。初訪問になります。



c0378174_20140307.jpg
c0378174_20141120.jpg
c0378174_20135627.jpg
白い恋人パーク】は【北海道】を代表する銘菓「白い恋人」の工場見学のほか、イシヤオリジナルスイーツが味わえる「チョコレートラウンジ」、自分だけの白い恋人を作ることができる「お菓子作り体験工房」など、見て、食べて、楽しむことができるお菓子のテーマパーク。【白い恋人パークイルミネーション】は【白い恋人パーク】の敷地内にあるローズガーデン(中庭)が、11月から3月にかけてイルミネーションで華やかに彩られる。建物やフェンスなどを飾る11万球の電飾と、札幌からくり時計塔のライトアップは見応え十分。メインツリーやトナカイのオブジェは、写真撮影スポットとして人気なんです(´ω`)


c0378174_20134758.jpg
c0378174_20142561.jpg
c0378174_20143501.jpg
人気のイルミネーションスポットとして存在は知っていたけど訪問は初めて。「白い恋人」こそ食べなかったけど、綺麗なイルミネーションが見れてとても満足できました(=ω=)


視覚的にごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



白い恋人パーク
●住所 北海道札幌市西区宮の沢2条2丁目11-36
●電話 011-666-1481
●営業時間 9:00~18:00(施設により営業時間が異なる)
●定休日 年中無休
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2018-05-22 18:00 | 札幌市 西区 | Comments(2)

SAPPORO Factory Christmas/札幌市 中央区

2017年12月1日(金)



c0378174_23392717.jpg
この日は【札幌市】【中央区】の「北2条エリア」にある【SAPPORO Factory】で開催されてる【SAPPORO FACTORY Christmas】を見に行ってきました。初訪問ではないけど、クリスマスイベントを見るのは初になります。


c0378174_23393507.jpg
今や【札幌市】を代表する商業施設のひとつ【SAPPORO Factory】で毎年11月3日~12月25日まで開催されるクリスマスイベント【SAPPORO FACTORY Christmas】。メインのアトリウムには【広尾町】の【広尾サンタランド】から寄贈されたトドマツを利用したジャンボクリスマスツリーが展示される。また、音楽と光のショータイムなど数々のイベントもあり、多くの市民や観光客を楽しませる市内でも屈指の人気クリスマスイベントなんです(´ω`)


実家から近いのでいつでもこれると思いつつも中々これなかったイベント。初見だったけど【広尾町】から送られてきたとゆうジャンボクリスマスツリーはド迫力でクリスマス気分をじゅうぶんに堪能できました(=ω=)


視覚的にごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



SAPPORO Factory
●住所 北海道札幌市中央区北2条東4丁目
●電話 011-207-5000
●営業時間 フロアや店舗によって異なる(公式HP参照)
●定休日 フロアや店舗によって異なる(公式HP参照)
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2018-04-13 18:00 | 札幌市 中央区 | Comments(2)