タグ:定食・食堂 ( 10 ) タグの人気記事

海鮮 みなと食堂(海の駅 ぷらっとみなと市場)/苫小牧市

2018年7月9日(月)



c0378174_18082319.jpg
c0378174_18083261.jpg
道の駅 ウトナイ湖】で自然を満喫してきた後は、同市内の「港町エリア」にある【海鮮 みなと食堂】へ行ってきました。【海の駅 ぷらっとみなと市場】自体は前に来た事がありますが【海鮮 みなと食堂】は初訪問になります。



c0378174_18085121.jpg
苫小牧市】の人気観光スポットのひとつである【海の駅 ぷらっとみなと市場】内の飲食店エリアにある【海鮮 みなと食堂】は、魚屋歴20年以上の店主自らが市場へと赴き、その日水揚げされた新鮮な魚介類を仕入れ、リーズナブルな価格で提供する人気食堂。オススメはネタの選べる「しあわせ海鮮丼」と「しあわせ刺身定食」。また、苫小牧の特産品である「ホッキ貝」は海鮮丼や刺身はもちろん、バター焼きやフライでも提供している。


c0378174_18090004.jpg
しあわせ刺身定食A 1000円。

上記の紹介文にも書いてあるお店オススメの「しあわせ刺身定食」は、10種類のネタから3品をチョイスする仕組み。どれもこれも美味しそうだったので選ぶのに時間がかかってしまったけど、なんとかホッキ、甘エビ、ホタテの3種を絞り込む。まぁ、苫小牧なんでホッキは絶対に外せないんですよねぇ。とにかくネタはどれもこれも新鮮でウマイ!(´¬`)


c0378174_18090992.jpg
みなと丼 1200円。

いろいろな海の幸が一度に楽しめる「みなと丼」。ホッキやマグロが入っているのが嬉しいですが、中でも特大のボタンエビにテンションが超上がりまくり。これだけ入って1200円はかなりお得かと。ちなみに、季節によりネタが変更するというシステム。


c0378174_18084205.jpg
リーズナブルでボリューミィなのはもちろんのこと、店主や店員さん、常連さんとみなさん良い人ばかりで食べてる最中から再訪問は確定していました。ちなみにコイツは【海の駅 ぷらっとみなと市場】のマスコットキャラクター「ホッキちゃん」。手作り感がハンパないけど良い顔してる(´ω`)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



海鮮 みなと食堂
●住所 北海道苫小牧市港町2丁目2-5 ぷらっとみなと市場内
●電話 0144-34-1777
●営業時間 7:00~16:00(4月~12月) 9:00~16:00(1月~3月)
●定休日 水曜
●駐車場 有り(ぷらっとみなと市場)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-10-14 18:00 | 胆振地方 | Comments(0)

はやさか食堂/美唄市

2017年10月4日(水)



今回は知人のリン様さんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


c0378174_16512611.jpg
この日のリン様さんが向かったのは【美唄市】の【美唄市役所】から徒歩1分の場所にある【はやさか食堂】でした。初訪問だったようです。


c0378174_16513466.jpg
はやさか食堂】を運営する【合同会社はやさか】は、【北海道】【美唄市】を拠点とするミニ食堂運営の会社。高齢者や障がい者のグループホームや集合住宅での食事提供を、住宅内の食堂や部屋を活用してミニ食堂として運営している。メニューは数種類のカレーとザンギのみというシンプルさ。シンプルだが誤魔化しの一切きかない完成度の高い食事を提供。週1日、しかも短時間の営業なので市民からは幻の食堂といわれているんです(´ω`)


c0378174_16514190.jpg
焼きカレー 690円。

仕上げに10分間焼き上げることにより完成する【はやさか食堂】人気No.1カレー。とろとろチーズととろとろ卵がカレーの旨みを更に引き上げます。サラダ、スープ、ザンギ(1個)付きなのも嬉しいポイント。


c0378174_16514876.jpg
持帰りざんぎ(1個) 80円。

非常にボリューミィ&ジューシィ、しかも味付けも丁度良くレベルの高いザンギ。


リン様さん貴重な食ネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m


※記事 モコ平



はやさか食堂
●住所 北海道美唄市西4条南2丁目1-1 ウエストヒルズ1F
●電話 0126-63-3166
●営業時間 11:30~13:30
●営業日 毎週水曜のみ営業
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-04-20 18:00 | 空知地方 | Comments(0)

鳥料理 小野木/旭川市

2017年9月6日(水)



今回は知人の藻屑さんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


c0378174_13391208.jpg
この日の藻屑さんが向かったのは旭川市の「東旭川エリア」にある鳥料理 小野木


c0378174_13392070.jpg
鳥料理 小野木】の歴史は古く、明治33年松原秀次郎が鶏肉行商の鑑礼を拝受し飼料の独自配合により養鶏を始め大正11年に創業。その名の通り鶏肉を使用した料理に特化しており、味のレベルは非常に高い。市内だけではなく、遠方からもわざわざ足を運ぶファンがいるミシュランガイド掲載の超人気店なんです(´ω`) また、大衆店でありながら高級料亭のような庭があるのも人気のひとつ。


c0378174_13392882.jpg
千鳥揚げ 650円。

北海道では「鶏の唐揚げ」を「ザンギ」と呼ぶ事が多いのですが、ここ【鳥料理 小野木】では「千鳥揚げ」という独自の呼名だそうです。水を使わない衣のサクサク感と、ジューシィであっさりめな鶏肉がたまらなく美味しいんだとか。特製のごま塩で食べるのも【鳥料理 小野木】ならでは(=ω=) 唐揚げってか天ぷらっぽいから塩で食べるのかな?


c0378174_13393590.jpg
とり重 650円。

甘辛で香ばしい雑味のないたれと、脂肪分が少ないのに軟らかい鳥の食感がたまらなく美味しいお重のセット。なめこ汁とお新香もあなどれない存在なんだとか(´¬`)


c0378174_13394252.jpg
新子焼き 700円。

旭川市民のソウルフードとして有名な「新子焼き」。鶏の半身を使うのが一般的だけど、【鳥料理 小野木】ではモモ肉を使用。柔らかくジューシィな味わいで、藻屑家ちびっこに大好評。


c0378174_13395202.jpg
親子丼 600円。

鶏肉、ねぎ、卵、刻み海苔と見た目はオーソドックスな親子丼ですが、味付けと卵のふわとろ感が絶妙でかなり美味しかったようです(´¬`) このレベルで600円は良い意味で反則だってww


うーむ、自分は【鳥料理 小野木】さんの事を全然知りませんでした(´Д`;) 藻屑さんが大絶賛だったので、今度機会があれば行くしかないですねぇ。


藻屑さん、貴重な食ネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m


※記事 モコ平



鳥料理 小野木
●住所 北海道旭川市東旭川北1条6丁目10-27
●電話 0166-36-1146
●営業時間 11:00~22:00
●定休日 火曜・第3月曜
●駐車場 有り




[PR]
by mocohe23 | 2018-02-11 18:00 | 上川地方 | Comments(0)

食事処 しらかば茶屋/美唄市

2017年12月9日()



c0378174_21103369.jpg
この日のランチは美唄市の「茶志内エリア」にある食事処 しらかば茶屋。2度目の訪問になります。

c0378174_21105872.jpg
1970年、市内でも先駆けて「とりめし」をメニューに載せた飲食店として誕生した【食事処 しらかば茶屋】。【美唄市】のソウルフードのひとつであるとりめしの元祖がこの【しらかば茶屋】なんです。また、ラーメンの完成度も非常に高く、とりめしと人気を二分するほど。この2枚看板メニューを求め道内各地からファンが集う人気店なんです(´ω`)


c0378174_21104119.jpg
ラーメン(塩)+とりめし 900円。

看板メニューのとりめしとラーメンのセット。自慢のとりめしは鶏ガラと野菜を7時間じっくり煮込んで取ったスープで炊いたもの。他店のとりめしでは使わないタマネギを使用しているので、ほんのり甘味があるのが特徴。透き通ったスープの鶏ガララーメンは非常にあっさりとした優しい味。塩ラーメンは3種の中でも1番人気。


c0378174_21105059.jpg
ラーメン(醤油)+とりめし 900円。

醤油ラーメンもまた透明度が高く非常にあっさりとした味。スープを飲み干しちゃう系でウマイ(´¬`)


今回2年ぶり2度目の訪問となったワケですが、【しらかば茶屋】は市街地から遠く隣町との境目にあるのでなかなかランチに行く機会がなかったんですよねぇ。以前は街中でとりめしの販売をやっていたけど、今はもうしてないし。遠くてもたまにはこないとなぁ(=ω=)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



食事処 しらかば茶屋
●住所 北海道美唄市茶志内3区
●電話 0126-65-2768
●営業時間 11:00~20:00 11:00~19:00(冬季)
●定休日 第1・3・5火曜
●駐車場 有り




[PR]
by mocohe23 | 2017-12-11 21:30 | 空知地方 | Comments(2)

苗穂通り しあわせ食堂/札幌市 東区

2017年12月3日()



c0378174_16201791.jpg
この日のランチは札幌市東区の「伏古エリア」にある【苗穂通り しあわせ食堂】でした。初訪問になります。


c0378174_16202416.jpg
2015年7月オープンの【苗穂通り しあわせ食堂】は、高齢者住宅の食堂を一般開放している飲食店。ウリは全体的にリーズナブルな価格設定と、かつて夕張市にあった名店【藤の家】のカレーそばが食べられること。店内はきれいで明るく、お昼時になると近所の住民たちでにぎわう人気店なんです(´ω`)


c0378174_16203315.jpg
三元豚照り焼き定食 550円。

内容は三元豚の照り焼き、ライス、漬け物、もやしの和え物、ふと海苔のみそ汁、野菜サラダの計6種。バターの風味がする照り焼きソースが三元豚の旨みを最大限に引き出しててご飯が進む美味しさ(´¬`) ふと海苔のみそ汁も良い感じ。このクオリティで550円とかほんとリーズナブルで嬉しいヤツです。 ちなみに写ってるライスは半分で注文しているので本来だとこの倍はあるんだと思われます。


c0378174_16204155.jpg
ミニカレーそば 350円。


c0378174_16204815.jpg
TVや雑誌で見て知ってた噂のカレーそば(ミニ)もオーダー。ミニって書いてあるのに普通のそば屋のどんぶりと同じぐらいのフォルムに圧倒!Σ(ΦдΦ;) カレー汁は熱々でとろみが強くそばを引き上げるのに一苦労。だがウマイ!! 玉ねぎと豚バラ肉も多いしミニでも食べ応えじゅうぶん。なるほど、コレが【夕張市】のソウルフード【藤の家】のカレーそばかぁ。


アットホームな感じと美味しい料理で再訪問確定!なんだけど、【苗穂通り しあわせ食堂】の近くにもう1店、似たようコンセプトの気になるお店があるんだよなぁ。今度はそっちに行ってみよう。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



苗穂通り しあわせ食堂
●住所 北海道札幌市東区伏古5条3丁目4-22
●電話 011-788-7772
●営業時間 11:00~20:00
●定休日 無し
●駐車場 有り(20台)




[PR]
by mocohe23 | 2017-12-03 18:00 | 札幌市 東区 | Comments(0)

ままごはんのHana/札幌市 東区

2017年11月18日()



c0378174_14292274.jpg
この日の昼食は札幌市東区の「元町エリア」にあるままごはんのHanaでした。初訪問になります。


化粧品業界にいたママさんが長年の夢だった定食屋【ままごはんのHana】を2017年10月2日にオープン。新しい料理から、どこか懐かしい料理まで、真心を込めて調理しおもてなししてくれるアットホームな雰囲気の可愛らしいお店なんです(´ω`)


c0378174_14293145.jpg
デッカイから揚げ定食(から揚げ2枚) 680円。

第一印象が「デカッ!Σ(ΦДΦ;)」です。ホントめちゃめちゃ大きくてビックリしましたよ。普通唐揚げって「個」だと思うんですが、ここのは「枚」だったから変だとは思ってたんですよねぇw 大きさもさることながら味も本物。ニンニクとしょうがと数種類のオリジナルスパイスに1日漬け込みカラッと揚げられた唐揚げはやわらかくてジューシィ。特製のたまねぎいっぱい油淋鶏ソースはサッパリして飽きの来ない美味しさ。もちろんから揚げは味付けされているのでソースなしでも非常に美味しいんですけどねぇ(´¬`) みそ汁は具無しのストレート系だけど、出汁の味がしっかり出てて美味しい。


前情報などは一切なく、たまたま店の前を通りがかりりこの【ままごはんのHana】を発見しました。中を覗くと店内はほぼ満席、何か良さげな店だと思い時間をずらして訪問んですが、料理の味とボリュームと価格&お店の雰囲気にヤラれちゃいました(=ω=) これは再訪問確定ッ!


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



ままごはんのHana
●住所 北海道札幌市東区北23条東20丁目2-15 フォーシービル1F
●電話 011-311-4702
●営業時間 11:00~19:00(月~金) 11:00~14:00(土)
●定休日 日曜・祝日
●駐車場 無し




[PR]
by mocohe23 | 2017-11-20 18:00 | 札幌市 東区 | Comments(2)

食堂 高田屋/滝川市

2017年9月7日(木)



c0378174_20483985.jpg
この日のランチは滝川市の「栄町エリア」にある【食堂 高田屋】でした。初訪問になります。


c0378174_20484602.jpg
JR滝川駅】から徒歩数分、昭和28年創業の【食堂 高田屋】は長年地元民に愛され続けている超人気の古き良き食堂です。丼ぶり物からカレーライス、ラーメン、そば、うどん、そして一品料理など、メニューの種類が豊富なのも人気のひとつ。また、滝川市民のソウルフードのひとつでもある「チャップ丼」は【高田屋】のオリジナルメニュー(´ω`)


c0378174_20485350.jpg
チャップ丼 750円。

ここに来たからにはお店の1番人気であり滝川市民のソウルフードでもあるチャップ丼をチョイスするしかないですよね。こだわりのSPF健康豚を秘伝の甘辛い醤油ダレでからめ、ほかほかのご飯の上に乗せた、早い話豚丼です。濃い目の味付けをされた豚肉ががご飯と良く合うんですよねぇ~ウマイ!(´¬`) 何気にご飯と豚肉の間にある海苔の良いアクセントになっていました。この海苔の存在が他の豚丼とは一味違うとこなのね。


c0378174_20490066.jpg
正油ラーメン 550円。

これぞまさに「THE 食堂ラーメン!」といった感じのラーメン。可もなく不可もなく安心安定の味。具材も少数精鋭で、ネギ、しなちく、チャーシューの3種と非常にシンプル。しかし、これがまたゴチャゴチャしてなくて良いんですよ。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



食堂 高田屋
●住所 北海道滝川市栄町3-6-7
●電話 0125-23-2036
●営業時間 11:00~21:00
●定休日 第1.第3日曜
●駐車場 有り




[PR]
by mocohe23 | 2017-11-17 18:00 | 空知地方 | Comments(0)

元祖ししゃも カネダイ大野商店/むかわ町

2017年10月18日(水)



c0378174_12453582.jpg
この日はむかわ町の「美幸エリア」にある元祖ししゃも カネダイ大野商店へ行ってきました。初訪問ではありますがブログで扱うのは3度目になります。

c0378174_21212543.jpg
北海道太平洋沿岸だけに生息する日本固有の貴重な魚「ししゃも」の加工・販売をしている【元祖ししゃも カネダイ大野商店】。ししゃもが獲れる時期になると「ししゃも寿司」の提供が始まり、平日でも大勢のお客さんが訪れる超人気ししゃも専門店なんです(´ω`)


c0378174_12460214.jpg
生干ししゃも(オス・メス混) 1550円。


c0378174_12460989.jpg
外に干してあるししゃもを持って店内のレジで購入。初訪問だったけど以前2回記事を書いているのでシステムはなんとなくわかってました。この「若ししゃも」はこの時期にしか獲れない貴重なものらしい。メスの卵が少ない分、脂が乗っていて絶品!(´¬`)


c0378174_12455422.jpg
ししゃも寿司セット 1600円。

ししゃもの寿司6貫、漬物、しゃしも汁の3品が一度に食べられるお得なセット。寿司は美味しかったけど、汁がイマイチ。そして残念ながら価格が2年前より200円アップしてるってゆうね(TДT)


c0378174_12454549.jpg
ししゃもほっきカレー 1200円。

ほっきカレーにししゃものフライがトッピングされたもの。ししゃもフライは美味しかったけど、メインのほっきカレーがちょっと…。ほっきの出汁が効いたカレーなのかと思ってたら、わりと普通の味でガッカリ。ほっきもほんの少ししか入ってなかったし。これで1200円はちと厳しい(´Д`;)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



元祖ししゃも カネダイ大野商店
●住所 北海道勇払郡むかわ町美幸2丁目42番地
●電話 0145-42-2468
●営業時間 9:00~17:00
●定休日 無休(1~5月末のみ日曜日)
●駐車場 有り




[PR]
by mocohe23 | 2017-11-11 18:00 | 胆振地方 | Comments(0)

お食事処 天馬軒/栗山町

2017年7月29日()



c0378174_09164602.jpg
この日のランチは栗山町の「継立地区」にある【お食事処 天馬軒】でした。初訪問になります。


c0378174_09174556.jpg
お食事処 天馬軒】は定食や丼もの、カレー、ラーメン、そば、うどんといった定番メニューから寿司まで扱う幅広い品揃えがウリのお店。出前や仕出しなどのサービスも行っているので地元民ご用達の食堂なんです。


c0378174_09182345.jpg
チャーシューメン(みそ) 800円。

昔ながらの食堂ラーメンかと思いきや、上品な味がする美味しい味噌ラーメン。5枚のチャーシューのうち1枚だけスジばったところがあり、噛み切るのに多少時間がかかってしまったけど美味しかったことには違いない(´¬`)


c0378174_09185318.jpg
かしわそば 600円。

かしわから出た出汁がまたたまらない一品。そばが若干柔らかかったけどなかなか美味しいおそば。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



お食事処 天馬軒
●住所 北海道夕張郡栗山町字継立279-1
●電話 0123-75-2016
●営業時間 11:00~19:00 
●定休日 月曜
●駐車場 有り(5台)




[PR]
by mocohe23 | 2017-09-14 18:00 | 空知地方 | Comments(0)

小料理 かよ/美唄市

2017年7月16日()



c0378174_15571770.jpg
この日のランチは美唄市にある大型病院【北海道せき損センター】のすぐ向かえにある【小料理 かよ】でした。3度目の訪問になります。

c0378174_15573823.jpg
おまかせ定食 600円。


c0378174_15574734.jpg
14時過ぎに行ったらオカーサンが15時に出かけるところだったらしく、スグ食べられるものとしてオススメされたのが「おまかせ定食」。メニュー表には掲載されておらず、オカーサンの気まぐれでたまに出現するメニューのようです。で、この日のおまかせは豚の角煮。長時間かけて煮込まれた豚バラ肉はとろっとろでウマイッ!(´¬`) 後入れのサヤエンドウも煮汁が絶妙な染み込み具合で◎ レギュラー化しても良いレベルだけど、しないんだろーなぁww


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



小料理 かよ
●住所 北海道美唄市東四条北1-1-31
●電話 0126-63-3033
●営業時間 11:30~
●定休日 月曜
●駐車場 有り


[PR]
by mocohe23 | 2017-09-04 18:00 | 空知地方 | Comments(6)