人気ブログランキング |

タグ:道の駅 ( 37 ) タグの人気記事

Sunflower(移動販売車)/三笠市

2019年5月26日()



c0378174_19290691.jpg

安平町】の【道の駅あびら D51ステーション】で軽く食べてきた後は、【三笠市】の【道の駅 三笠】駐車場に来てた移動販売車【サンフラワー】で買い食いおば。初訪問になります。

東京都】の「新大久保」より今大人気の「チーズハットグ」を仕入れ、本場韓国の味を各地で販売しているキッチンカー【サンフラワー】。本拠地は【美唄市】。各種、出店依頼を受けているとの事なので気になったイベント実行委員会の方や、道の駅関係の方は気軽に問い合わせてみてください(´ω`)


c0378174_19291586.jpg

モッツァレラコメハットグ 500円。

注文を受けてから揚げてくれるスタイル。当然揚げたて熱々を食べる事ができます。ひとくち噛むと中から油がジュワッと出てきて熱々ってよりはアチアチ。モッツァレラチーズものびることのびること。ハットグ初食だったけどこれはウマイ!(´¬`) 最下層にポークビッツ的なウインナーが入ってたのにはビックリww


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



Sunflower
●住所 北海道美唄市字美唄1065-2(本拠地)
●電話 090-3807-8212
●営業時間 出店場所・イベントによる
●定休日 不明
●駐車場 出店場所・イベントによる


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2019-08-27 20:00 | 空知地方 | Comments(0)

道の駅あびら D51ステーション/安平町

2019年5月26日()



c0378174_18334043.jpg
この日は【安平町】の「追分エリア」にある【道の駅あびら D51ステーション】へ行ってきました。初訪問になります。


c0378174_18334908.jpg
2019年4月19日にオープンした【道の駅あびら D51ステーション】は、農畜産品や加工品などの特産品、地域の観光情報、歴史・文化情報等を集結させ、町内外の交流やつながりを生み出すことを基本コンセプトにしている新しい道の駅。目玉は何といっても「D51鉄道資料館」で鉄道拠点として発展した「追分地区」の歴史を展示すると共に実際に使われていた蒸気機関車「D51 320号機」や特急列車「キハ183系車両」が展示保存されている。その他、焼き立てパンを販売する「ベーカリーコーナー」や【レストランYOSHIMI】監修による復興応援企画の熟成カレーといった豊富なテイクアウトフードがある「テイクアウトコーナー」も充実。また、近隣市町の生産者も加わった約60戸で構成された生産者協議会が、朝もぎ野菜や各種加工品を販売する農産物直売所「ベジステ」も人気。オープンしてまだ日は浅いですが平日でも客足の絶えない人気道の駅なんです(´ω`)


c0378174_18342594.jpg
もくもくD51ソフト 380円。

もくもくと煙を出しながら力強く走る蒸気機関車をイメージした灰色のソフトクリーム。見た目とは違い、牛乳のコクと控えめの甘さで食べやすい。


c0378174_18343493.jpg
菜の花コロッケ 150円。

特産品のひとつである菜の花を使用したコロッケは、揚げたて熱々サクサクで美味しい。


c0378174_18344263.jpg
c0378174_18345133.jpg
すっごいししゃもだしラーメン 700円。

道の駅前に出店してた【厚真町】の【めぐみ水産】ブースで購入したラーメン。もう名前からしてわかるようにししゃもの出汁が凄いのよ! 凄いんだけど醤油ベースのスープに上手く溶け込んでて食べやすい。これはクセになるタイプのうまし!(´¬`)


c0378174_18341244.jpg
c0378174_18340350.jpg
このときはまだ「D51 320号機」や「キハ183系車両」は展示されてなかったんですよ。ちょっと来るのが早すぎたかね。まぁ、代わりにミニチュアD51の写真でも。再訪問確定!


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



道の駅あびら D51ステーション
●住所 北海道勇払郡安平町追分柏が丘49番地1
●電話 0145-29-7751
●営業時間 9:00~18:00(4月~10月) 9:00~17:00(11月~3月)
●定休日 年末年始(12/31~1/3)
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2019-08-22 19:00 | 胆振地方 | Comments(2)

道の駅 そうべつ情報館 i(アイ)/壮瞥町

2019年4月28日()



c0378174_18554996.jpg
伊達市】の【道の駅 だて歴史の杜】を出発した後は、【壮瞥町】の「町字滝之町」にある【道の駅 そうべつ情報館 i(アイ)】へ行ってきました。初訪問ではないんですがブログにUPするのは初になります。

c0378174_18555963.jpg
道の駅 そうべつ情報館 i(アイ)】は、湖と火山と温泉の町【壮瞥町】の総合情報発信基地として平成8年8月5日に道の駅として登録された。館内には【壮瞥町】の特産品であるりんごやトマトを使った加工品や野菜等を販売する「直売所」や、観光情報案内の「エコミュージアム・観光情報館」、町の歴史を知ることができる「火山防災学び館」が併設されている。また、ハッキリと「車中泊禁止」をうたっている道の駅でもあるんです。


前回ここに来たのってもう20年以上前になるかなー。当時はカーナビなどなく、たまたま偶然建物を発見したので入ってみたって感じ。今回はスタンプラリーの為の訪問だったけど、あらためて見ると周りの景色が凄く良かった(=ω=)


※記事 モコ平



道の駅 そうべつ情報館 i(アイ)
●住所 北海道有珠郡壮瞥町字滝之町384-1
●電話 0142-66-2750
●営業時間 9:00~17:30(4/1~11/15) 9:00~17:00(11/16~3/31)
●定休日 年末年始(12/31~1/5) 毎週火曜(11/16~3/31の祝日以外)
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2019-07-03 18:00 | 胆振地方 | Comments(0)

道の駅 だて歴史の杜/伊達市

2019年4月28日()



c0378174_19031777.jpg

室蘭市】の【道の駅 みたら室蘭】を出発した後は、【伊達市】の「松ヶ枝エリア」にある【道の駅 だて歴史の杜】へ行ってきました。何度も訪問してるけど道の駅単体として記事を書くのは初になります。あと、この写真の右手側に道の駅本体があります。

c0378174_19032689.jpg
道の駅 だて歴史の杜】は、その名の通り【伊達市】の個性豊かな歴史と文化をアピールする情報発信基地として平成12年8月18日に道の駅として登録された。館内は広く、市内でとれた新鮮な野菜や水産物や加工食品など特産物が豊富に並び、土日や祝日になると大勢のお客が特産物を目当てにやってくる。ロケーションも立地も非常に良く、道内でもトップクラスに入る超人気道の駅なんです(´ω`)


道の駅 だて歴史の杜】といったらあのイベントははずせません! そう今ではすっかり定着した人気グルメ系イベント【だて食のフェスティバル】ッ!! 仕事の関係で数年行けてなかったのですが今年は絶対に行きたい!!\(;´д`)ノ

※記事 モコ平



道の駅 だて歴史の杜
●住所 北海道伊達市松ヶ枝町34番地1
●電話 0142-25-5567
●営業時間 9:00~18:00
●定休日 年末年始(12/31~1/4)
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2019-07-02 18:00 | 胆振地方 | Comments(2)

道の駅 みたら室蘭/室蘭市

2019年4月27日()
2019年4月28日()



c0378174_17504403.jpg
やきとりの一平 中島本店】で美味しい室蘭やきとりを食べてきた後は、この日の宿泊地【道の駅 みたら室蘭】へ戻ってきました。宿泊ってか仮眠ってヤツですね。

c0378174_17505365.jpg
ライトアップされた「白鳥大橋」。肉眼で見ると綺麗なんですが、スマホのカメラで撮影したらなんだかしょぼくなる(´Д`;)


c0378174_17510608.jpg
c0378174_17511539.jpg
c0378174_17512715.jpg
早朝の【道の駅 みたら室蘭】周辺を散策してみました。前日は小雨の降るイマイチな天気だったけど、日曜は快晴で良かった良かった♪ で、この後次の目的地を目指す為車を走らせます。


※記事 モコ平



道の駅 みたら室蘭
●住所 北海道室蘭市祝津町4丁目16番地15
●電話 0143-26-2030
●営業時間 9:30~21:00(4月~10月) 9:30~17:00(11月~3月)
●定休日 無休(4月~10月) 毎週木曜(11月~3月) 12/31~1/7は無休
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2019-07-01 18:00 | 胆振地方 | Comments(0)

道の駅 みたら室蘭/室蘭市

2019年4月27日()



c0378174_19021512.jpg

北広島市】の【輪厚パーキングエリア(上り)】でラーメンを食べた後は、【室蘭市】の「祝津町エリア」にある【道の駅 みたら室蘭】へ行ってきました。6年ぶり2度目の訪問になります。


c0378174_19022567.jpg
道の駅 みたら室蘭】は、構想から40年、着工から14年という膨大な歳月をかけた一大事業の「白鳥大橋」の建設を後世に伝えるため、【白鳥大橋記念館】が造られ、後に道の駅として登録された。東日本最大のつり橋である「白鳥大橋」を望むビューポイントなのが最大のウリ。その他道の駅周辺には【市立室蘭水族館】、【工ンルムマリーナ室蘭】、【白鳥大橋パークゴルフ場】、【むろらん温泉ゆらら】、【むろらん屋台村】などといった施設も充実。更に、2019年4月27日に館内がリニューアルオープン。【室蘭市】のご当地グルメなどが味わえる飲食店が新たに数軒加入し、飲食ブースがパワーアップしたんです(´ω`)


c0378174_19023365.jpg

室蘭市】のマスコットキャラクター「くじらん」が入口でお出迎えしてくれました。リニューアルオープン当日だったからいたんでしょうねぇ(=ω=)


その後、せっかくだからと新しくなったという飲食ブースで【室蘭市】のご当地グルメ「室蘭やきとり」を購入しようとしたんですが、あまりの人気で品切れでした(´Д`;)


※記事 モコ平



道の駅 みたら室蘭
●住所 北海道室蘭市祝津町4丁目16番地15
●電話 0143-26-2030
●営業時間 9:30~21:00(4月~10月) 9:30~17:00(11月~3月)
●定休日 無休(4月~10月) 毎週木曜(11月~3月) 12/31~1/7は無休
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2019-06-21 18:00 | 胆振地方 | Comments(2)

四季の味 くいしんぼう(移動販売車)/三笠市

2019年5月12日()



今回は知人のMEG BEAMさんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


c0378174_18573777.jpg

この日のMEG BEAMさんが向かったのは【三笠市】の【道の駅 三笠】駐車場で移動販売をしている【四季の味 くいしんぼう】。ブログにUPするのは4度目になります。

道の駅 三笠】の駐車場で焼き鳥の販売している移動販売車の【四季の味 くいしんぼう】。「三笠やきとり」と名付けた炭火で焼き上げた焼き鳥は柔らかくてボリューミィ。今では、ブログや口コミなどで評判が広まり、平日でも日によっては行列ができるほどの超絶人気焼き鳥店なんです(´ω`)


c0378174_18574625.jpg

三笠やきとり(1本) 130円。

鶏肉が大きく非常にボリューミィな焼き鳥。もも肉が柔らかく旨味が濃い。また、たまねぎの甘みと食感もたまらなく良い。かなり美味しい焼き鳥なんですよ(´¬`) てか、このときはまだ1本130円だったんですが、6月1日から140円に値上がりしました。だが、まだイケるッ!!


上記にも書いてあるとおり平日でも行列ができるほどの人気店。この日MEG BEAMさんは1時間以上待ったんだとか。土日とかだとそれぐらい時間かかるのかなぁ(´Д`;)


MEG BEAMさん貴重な食ネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m


※記事 モコ平



●四季の味 くいしんぼう
●住所 北海道三笠市多賀町11番地
●電話 01267-3-1554
●営業時間 10:00~17:00
●定休日 月曜
●駐車場 有り(道の駅 三笠)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2019-06-17 19:00 | 空知地方 | Comments(6)

道の駅 鐘のなるまち・ちっぷべつ/秩父別町

2018年8月26日()



c0378174_18413304.jpg

この日は【秩父別町】にある【道の駅 鐘のなるまち・ちっぷべつ】へ行って来ました。初訪問になります。


c0378174_18465059.jpg

深川市】と【留萌市】をむすぶ国道233号線を【深川市】より約10kmの地点に位置する【道の駅 鐘のなるまち・ちっぷべつ】。構内には町内を一望できる「開基百年記念塔」があり、その最上部には国内最大級のスイングベルが設置され、1日3回鳴り響く。センターハウスの「特産物展示館」ではトマトジュースあかずきんちゃんなどの特産品や町内産の新鮮野菜の販売。隣接する【秩父別温泉ちっぷゆう&ゆ】では、日帰り入浴や宿泊もでき、温泉レストラン【はまなす】でご当地グルメ「緑のナポリタン」などの幅広く豊富なメニューがリーズナブルに楽しめる。近年、【こども屋内遊戯場キッズスクエア・ちっくる】と【屋外遊戯場キュービックコネクション】が整備され、子どもから大人まで楽しめるスポットとして人気を集めているんです(´ω`)


このときはあまり時間がなく温泉や記念塔には行けなかったんですが機会があればゆっくりしたいと思わせる良い道の駅でした。ご当地グルメの「緑のナポリタン」も食べてみたいしねぇ。


※記事 モコ平



道の駅 鐘のなるまち・ちっぷべつ
●住所 北海道雨竜郡秩父別町2085
●電話 0164-33-3902
●営業時間 9:00~17:00(4~10月) 9:00~16:00(11~3月)
●定休日 火曜(11月~4月) 年末年始(12/30~1/5)
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2019-06-11 19:00 | 空知地方 | Comments(0)

レストラン ラ・フルール(道の駅 スタープラザ芦別)/芦別市

2019年4月6日()



c0378174_19512807.jpg
c0378174_19513793.jpg
赤平市】の【情報発信基地 AKABIRAベース】で美味しいお手軽フードを食べた後は、【芦別市】の「北4条エリア」にある【道の駅 スタープラザ芦別】に行ってきました。初訪問ではないんですがレストランの利用は初になります。



道の駅 スタープラザ芦別】は、国道452号(国道38号バイパス)沿いに位置し、道の駅内にある芦別市観光物産センター1階には、ビデオで市内の見どころ、イベント等を紹介する観光案内所、特産物等の販売コーナーがあり、豆腐等の加工体験ができる農産物がある。2階のレストラン【レストラン ラ・フルール】では、空知川を見ながら食事を楽しむことも。さらに、駐車場の公衆トイレは「星の降る里」らしく星をかたどったユニークなものとなっている(´ω`)


c0378174_19515689.jpg
c0378174_19514848.jpg
滝里ダムカレー 980円。

1999年の完成後竣工20周年の節目を迎える【滝里ダム】をモチーフにしたダムカレーは、2019年2月18日から販売を開始したわりと新しい部類のダムカレー。レストランで人気のオリジナル配合カレールゥに芦別産ななつぼしを使用した甘目のカレーは安心安定の味。特徴としては「星の降る里」をイメージした星形のフライドポテトと、ミニサイズではありますが【芦別市】のソウルフードである「ガタタン」がついてること。鶏肉の唐揚げは非常に柔らかく、温泉卵でカレーをまろやかにする事も可能。全体的にボリューミィで満足のいくダムカレーでした(´¬`)


c0378174_19521560.jpg
ミニラーメン 360円。

醤油味オンリーというミニラーメンは特に突出したところはないけど、安定感のある美味しいラーメン。まぁ、ファミレス系の味ってヤツですね。


ダムカレーを食べながら何気に【滝里ダム】の事を調べてたらなんと「天皇陛下御在位三十年記念」の特別なダムカードを配布していることが判明! 【滝里ダム】のダムカードはもう持っていたけど、特別仕様のダムカードは持っていなかったので食後はカードの配布場所である【滝里ダム管理支所】を目指すことに。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



レストラン ラ・フルール
●住所 北海道芦別市北4条東1丁目1番地 道の駅 スタープラザ芦別2F
●電話 0124-23-1437
●営業時間 11:00~19:00(5月~10月) 11:00~18:00(11月~4月)
●定休日 年末年始
●駐車場 有り(道の駅 スタープラザ芦別)


道の駅 スタープラザ芦別
●住所 北海道芦別市北4条東1丁目1番地
●電話 0124-23-1437
●営業時間 9:00~19:00(5月~10月) 9:00~18:00(11月~4月)
●定休日 年末年始
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2019-04-10 18:00 | 空知地方 | Comments(0)

道の駅 田園の里うりゅう/雨竜町

2018年4月9日(月)



c0378174_18244152.jpg
道の駅 あさひかわ】で休憩した後は、【雨竜町】の「満寿エリア」にある【道の駅 田園の里うりゅう】へ行って来ました。初訪問ではないですがブログにUPするのは初になります。

c0378174_18245093.jpg
「国道275号線」に面し、【暑寒別天売焼尻国定公園】に指定されている「雨竜沼湿原」への入り口に位置する【道の駅 田園の里うりゅう】は、正面玄関までの通路の右側には「雨竜沼自然館」、左側には「特産品直売施設」があり観光の情報発信基地・農産物品物流の中心拠点として都市消費者をはじめ、多くの人々との交流施設として賑わっている。毎年9月には、うりゅう米の新米販売やお米すくい、もちまきや厚岸漁協より海産物の販売など楽しく美味しい催しが目白押しの【秋の収穫大感謝祭・新米祭り】が開催される(´ω`)


c0378174_18245883.jpg
なにやら素敵な作品が! 【雨竜町】出身の作家さんの作品かな?


※記事 モコ平



道の駅 田園の里うりゅう
●住所 北海道雨竜郡雨竜町字満寿28番地3
●電話 0125-79-2100
●営業時間 10:00~18:00(5月~10月)、10:00~16:00(11月~4月)
●定休日 年末年始(12/31~1/2)
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2019-03-13 18:00 | 空知地方 | Comments(2)