人気ブログランキング |

タグ:酒蔵 ( 2 ) タグの人気記事

男山酒造り資料館/旭川市

2018年4月9日(月)



c0378174_18503853.jpg
c0378174_18513066.jpg
ベローズ フィールド ビーチ】で美味しいバーガーとパンケーキを食べた後は、同じく【旭川市】の「永山エリア」にある【男山酒造り資料館】へ行って来ました。初訪問になります。

c0378174_18520507.jpg
c0378174_18521207.jpg
c0378174_18521941.jpg
c0378174_18522871.jpg
c0378174_18524702.jpg
c0378174_18523820.jpg
北海道】【旭川市】の地酒と言えば道民なら誰もが知ってる【男山】。その【男山】340年の歴史と共に、【日本】の伝統産業の一つである酒造りの歴史と文化を伝える【男山酒造り資料館】では【男山】の由来や歴史的な資料,昔の酒造り道具などが展示されている。また、工場では実際の日本酒造りの工程を見学することもできる。資料館の1階には【男山】で造られるさまざまな日本酒の無料試飲や有料試飲・売店コーナーがある。日本各地の酒好きが足を運ぶ人気の観光スポットでもあるんです(´ω`)


c0378174_18525663.jpg
今朝ノ酒(四月九日搾り) 無料。

「今朝ノ酒」は、仕込み期間のみ【男山酒造り資料舘】限定で販売している生原酒。その日のデキによって酒質と価格が変わるのは資料館の限定品ならでは。


c0378174_18530424.jpg
男山 純米大吟醸 200円。

こちらは【男山】の代表銘柄のひとつでもある「男山 純米大吟醸」。穏やかな含み香、淡麗ながらも豊かに広がる上品な味わい、国内外の酒類コンクールにおいて数多くの金賞受賞を誇る至高の味(=ω=) ちなみにこちらは有料試飲で1杯200円。


c0378174_18531294.jpg
北の稲穂 大吟醸 2149円。

40%まで磨き上げた北海道産酒造好適米を100%使用し、時間をかけて丁寧に醸した大吟醸酒。口当たりが柔らかく、雑味のない上品な余韻が心地良いお酒。自分用のお土産として購入したけど、いつのまにかなくなっていました。多分記憶が飛んだ後いっきに飲み干してしまったんだろうなぁ~勿体ない…。


c0378174_18514175.jpg
日本酒が飲めるのも良いですが資料館も見応えがあり結構楽しめました。機会があれば再訪問したい場所ですねえ。


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



男山酒造り資料館
●住所 北海道旭川市永山2条7丁目1番33号
●電話 050-5590-4383
●営業時間 9:00~17:00
●定休日 年末年始
●駐車場 有り(普通車50台・大型バス8台)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2019-03-07 18:00 | 上川地方 | Comments(0)

金滴酒造/新十津川町

2018年3月18日()



c0378174_15413192.jpg
石窯カフェ ヤマト】で美味しいピザを食べた後は、同じく【新十津川町】の「中央エリア」にある【金滴酒造】に行ってみました。初訪問になります。

c0378174_15414049.jpg
金滴酒造】は明治39年の創業以来110年以上の歴史がある【新十津川町】が誇る人気の酒蔵。酒の命と称えられる仕込み水は、「ピンネシリ山系」に源を発する、清冽にして豊麗な雪清水が流れをつくる「徳富川」の伏流水を吸み、米は道産の酒造好適米を厳選して用いて造り豊醇でまろやかな味に仕立てている(´ω`)


c0378174_15414854.jpg
純米吟醸 社氏の夢呑(300ml) 464円。

地元産酒造好適米「吟風」をメインに空知産の酒造好適米を多く使い、全糧道産米で仕込んでいるという手造りの少量生産の本酒。非常にサラリとした感じの咽喉こしの良い、キレの良いお酒でした。


金滴酒粕ラーメン 200円。

日本酒よりも本当の目的はこちらのラーメンをGETすることでした。自社の酒粕を使用した塩味のラーメンは、風味豊かで味わい深いスープが中細の麺にからむからむ。これはマジでウマイ!(´¬`) そして作ったときの写真を撮り忘れるという痛恨のミスww


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



金滴酒造
●住所 北海道樺戸郡新十津川町字中央71-7
●電話 0125-76-2341
●営業時間 8:30~17:30(平日) 10:00~16:00(土日祝)
●定休日 正月三が日
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



by mocohe23 | 2018-03-26 18:00 | 空知地方 | Comments(0)