タグ:風景・景色 ( 8 ) タグの人気記事

彩香の里/中富良野町

2018年7月28日()



今回は知人のMEG BEAMさんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


c0378174_11090578.jpg
この日のMEG BEAMさんが向かったのは【中富良野町】の「丘町エリア」にある【彩香の里】。初訪問だったようです。


彩香の里】は「富良野盆地」と「十勝岳連峰」を望むラベンダー園。【中富良野町】にあるラベンダー園の中でも、【富良野市】寄りの小高い丘、南西側丘陵に位置するこのラベンダー園は、6ヘクタールもあるその広大さとラベンダーの種類の豊富さがお勧めポイント。「ラベンダー」以外にも、「クレオメ」や「サルビア」、「バーヘナ」「キンギョソウ」「ひまわり」など数種類の彩と香りを楽しむことができる。また、苗木・生花・オリジナル商品の販売や、敷地内にあるカフェレストラン【キッチン SKY】でスイーツなど【北海道】の食材を使用したグルメを食べることができる。道内外から大勢の観光客が訪れる人気の観光スポットなんです(´ω`)


c0378174_11091462.jpg
ラベンダーソフト ???円。

富良野地方の特産品(花)といえばラベンダー。ってことで注文したのは名物のラベンダー味のソフトクリーム。濃厚なのにさっぱりとした味わいでラベンダーの香りがたまらない一品。ラベンダーの香が苦手な人でもこれなら美味しくいただけるとのこと(´¬`)


MEG BEAMさん貴重な食ネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m


※記事 モコ平



彩香の里
●住所 北海道空知郡中富良野町字中富良野西1線北12号
●電話 0167-56-7441
●営業時間 8:00~17:00(6月~9月)
●定休日 冬季休業
●駐車場 有り(180台)


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く



[PR]
by mocohe23 | 2018-08-24 18:00 | 上川地方 | Comments(0)

滝野すずらん丘陵公園/札幌市 南区

2018年7月19日(木)



c0378174_15043591.jpg
サンドイッチ工房 サンドリア】でサンドイッチを購入した後は、【南区】の「滝野エリア」にある【滝野すずらん丘陵公園】へ行ってきました。もう何度も行ってますがブログにUPするのは初になります。



c0378174_15040258.jpg
c0378174_15045382.jpg
c0378174_15044460.jpg
北海道】で唯一の国が運営している【滝野すずらん丘陵公園】。滝野という地名の由来となった「アシリベツの滝」を含む敷地は400haと広大。中心ゾーン・渓流ゾーン・滝野の森ゾーン(東エリア・西エリア)の4つに分かれ、それぞれに違う楽しみ方ができる。共通しているのは豊かな自然。中心ゾーンでは美しく整備されたガーデンが、渓流ゾーンでは滝や川が、森では山野草が出迎えてくれる。一度は見てみたいのが、「アシリベツの滝」にかかる虹。10月、開園直後のほんの一時だけしか見られない。大人から子供まで幅広い層に支持されている超人気の公園なんです(´ω`)


c0378174_15042337.jpg
c0378174_15041265.jpg
「アシリベツの滝」

子供の頃、ここで蜂に頭を刺され、ずっと川の水に頭を付け刺されたところを冷やしてたという苦い思い出が蘇る(´Д`;) まぁ、昔の話ですがw 久しぶりに来たけど、やっぱキレイだねぇ。


c0378174_15050545.jpg
c0378174_15052843.jpg
「鱒見の滝」

こっちは「アシリベツの滝」と違い滝のスグ近くまで近寄れます。なんなら滝にうたれる事も可能。この日は非常に暑い日だったんですが、さすが滝の水は冷たく、川に足を入れたら痛いほど冷たくてとても滝の近くまでは行けませんでした。


c0378174_15051733.jpg
サンドイッチ工房 サンドリア】でGETしてきたサンドイッチと、近所のスーパーで買ってきたサラダとノンアルコールビールを大自然の中でいただきます。サンドイッチは当然どれもこれも美味しいのですが、ピクニック効果が発動し、更に美味しく感じます(´¬`)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



滝野すずらん丘陵公園
●住所 北海道札幌市南区滝野247
●電話 011-592-3333(総合案内)
●営業時間 9:00~17:00(季節によって変動)
●休園日 4月1日~4月19日、11月11日~12月22日
●駐車場 有り



前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く
別ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く playback



[PR]
by mocohe23 | 2018-08-18 18:00 | 札幌市 南区 | Comments(2)

神威岬/積丹町

2018年5月24日(木)



c0378174_12000171.jpg
余市町】の【燻製料理の店 燻香廊 (けむかろう)】で美味しい燻製料理を食べた後は、【積丹町】の観光名所【神威岬】へ行ってきました。2度目の訪問ですがブログにUPするのは初になります。

c0378174_12003289.jpg
c0378174_12001623.jpg
c0378174_12002479.jpg
c0378174_12010794.jpg
ニセコ積丹小樽海岸国定公園】に属している【神威岬】は、【積丹町】にあり、積丹半島の北西部から日本海に沿って伸びている岬。先端には神威岬灯台と神威岩があり、この付近は古くから海上交通の難所として知られている。駐車場内には【カムイ番屋】があり、しゃこたん土産や海鮮料理を堪能できる。平日でも多くの観光客でにぎわう超人気観光スポットなんです(´ω`)


c0378174_12004832.jpg
c0378174_12005614.jpg
何年前か忘れたけど、前回訪問時はめちゃめちゃ豪雨の日で岬の先端まで行けなかったんですが、今回は超快晴で初めて先端まで到達する事ができました。うーむ、積丹ブルー綺麗じゃないの(=ω=)


c0378174_12011329.jpg
c0378174_12012115.jpg
しゃこたんブルーソフトクリーム(ミックス) 380円。

積丹ブルーを忠実に再現したというソフトクリームをミックスでオーダー。ブルー部分は爽やかなミント風味で暑い日にはピッタリ。さすがしゃこたん名物だけあって美味しいソフトクリームでした(´¬`)


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



しゃこたん土産と喰処 カムイ番屋
●住所 北海道余市郡余市町港町75-2
●電話 0135-46-5730
●営業時間 11:00~17:00(レストラン) 10:00~17:00(売店)
●営業期間 5月~11月
●定休日 無休(営業期間内)
●駐車場 有り


前ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く
別ブログはコチラ →貧乏なりに食べ歩く playback



[PR]
by mocohe23 | 2018-07-29 18:00 | 後志地方 | Comments(2)

ちはるのやさいキッチン/美瑛町

2017年10月14日()



今回は知人のMEG BEAMさんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


c0378174_22193120.jpg
この日のMEG BEAMさんが向かったのは美瑛町の「白金エリア」にある観光スポット【白金ビルケの森】の中にあるちはるのやさいキッチン】


c0378174_22194052.jpg
c0378174_22194716.jpg
2013年の7月にオープンした【ちはるのやさいキッチン】の食事メニューはその名の通り、自家農園の無農薬、減農薬野菜、その他道内産を中心に旬の野菜を使用している。カフェより20km以内にある自家農園から届くお野菜は、生産者や農場の環境なども確認済のココロに安心、カラダに安全なもの、野菜本来の豊かな味を生かしているんだとか。料理の美味しさもそうですが、北海道ならではの大自然を満喫できるとあって非常に人気のあるカフェなんです(´ω`)


c0378174_22195898.jpg
のむらさんちのレシピ♪サラダランチ 1350円。

町内のオーガニック食品取扱店【のむら商店】オーナーさんのオリジナルレシピを再現した数量限定のランチメニュー。旬の野菜を使ったサラダの上には、むくみの改善に効果的なカリウムたっぷりのドライフルーツ、オイルフリーレーズンといちぢく、身体に栄養素をまるごと取り入れられる、ペカンナッツ、ひまわりの種などが乗る、もうどう考えても健康的になれちゃうヤツです(=ω=) 野菜サラダと焼き野菜とバケットだけですが意外とボリューミィなんだとか。


c0378174_22200660.jpg
やさいときのこのトマト煮込みランチ 1200円。

煮込みのベースには自家製のベジタブルブイヨンを使用。夏季ではないので自家栽培の生バジルとフレッシュトマトは入ってなかったようですが、それでも厳選された野菜を使用しているのでかなり美味しかったらしい(´¬`)


c0378174_22201239.jpg
アールグレイティー(ホット) 450円。

ベルガモットで柑橘系の香りをつけた紅茶で、フレーバーティーの一種。食後の一服に良い感じ。


食べたほうがキレイになる美肌ケーキ 700円。

生きた酵素をまるごと身体に取り入れられるロースイーツ。小麦粉、卵、バター、白砂糖不使用なのに、ほんのり甘くてリッチな味わい。若干お値段高めだけどキレイになれるなら気にしないのがMEG BEAMさん流ww


c0378174_22202268.jpg
美瑛町】を代表する観光スポットの【青い池】。うーむ、自分が行ったトキよりも天候が良いなぁ。

c0378174_22202905.jpg
こちらは、同じく人気の観光スポット【白ひげの滝】。滝よりも「十勝岳連峰」をメインに撮影するとは流石MEG BEAMさん(´ω`)

白金ビルケの森】は自分も行きましたが、ホント素敵なところですよねぇ(=ω=) 今回MEG BEAMさんがくれた【ちはるのやさいキッチン】ネタで【ビルケの森】はコンプリート♪

MEG BEAMさん貴重な食ネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m


ごちそうさまm(_ _ )m


※記事 モコ平



ちはるのやさいキッチン
●住所 北海道上川郡美瑛町 白金ビルケの森内
●電話 0166-94-3767
●営業期間 4月29日~10月末まで
●営業時間 11:00~16:30
●定休日 第3月曜・火曜
●駐車場 有り(50台)




[PR]
by mocohe23 | 2018-01-27 18:00 | 上川地方 | Comments(2)

かんのファーム/上富良野町

2017年8月19日()



c0378174_22045872.jpg
けむり屋(ソーセージ工場&直売所)で2種類のソーセージをGETとしてきた後は、同じく上富良野町にあるかんのファームへ行ってきました。初訪問になります。

かんのファーム】は「国道237号線」沿いの【上富良野町】と美瑛町の境界にある丘の農園。ラベンダーの他、数10種類の花々を栽培。入場無料で誰にでも気軽に散策できる【上富良野町】の人気観光スポットのひとつ。園内にある売店【きん・こん・かんの】では、ラベンダーグッズやクラフト作品を販売。農園で収穫したじゃがいも、とうもろこしなど、季節の味覚も楽しめるんです(´ω`)


c0378174_22052866.jpg
c0378174_22051787.jpg
c0378174_22050803.jpg
c0378174_22053713.jpg
自分が訪れたとき、あるカップルがウエディングドレスとタキシードに身を包み、広大な丘に広がる花畑をバックに動画や写真の撮影をしていました。アレってあのカップルの結婚式で上映するヤツなんでしょうねぇ。なんだか微笑ましくなりました(=ω=) 砂埃舞う砂利道でドレスの裾をズルズル引きずってたのが少し気になったけどw まぁ、なんにしても絶景で素敵なところでした♪


ごちそうさま(いろんな意味で)m(_ _ )m


※記事 モコ平



かんのファーム
●住所 北海道空知郡上富良野町西12線北36号 美馬牛峠
●電話 0167-45-9528
●営業時間 9:00~18:00(6月中旬~10月中旬)
●定休日 期間中は無休
●駐車場 有り(約50台)




[PR]
by mocohe23 | 2018-01-09 18:00 | 上川地方 | Comments(2)

北西の丘展望公園/美瑛町

2017年8月19日()



c0378174_20473795.jpg
美瑛選果をチラっと見学してきた後は、数ある「丘スポット」の中からあまり聞いた事のない【北西の丘展望公園】へと行ってきました。初訪問になります。

c0378174_20475330.jpg
c0378174_20481137.jpg
c0378174_20481838.jpg
c0378174_20482747.jpg
c0378174_20483539.jpg
c0378174_20484394.jpg
c0378174_20485306.jpg
観光案内所やガラス工房・売店等もあり、ピラミッド型の展望台からは丘陵地帯の全景や大雪山連峰が見渡せ美瑛らしい景色が楽しめる【北西の丘展望公園】。他の丘観光スポットと比べ若干認知度は低いですが、夏にはラベンダーが咲き誇る知る人ぞ知る人気観光スポットなんです(´ω`)


c0378174_20490990.jpg
ここは公園内にある【観光案内所】&【物産販売所】。せっかくここまで来たので…


c0378174_20491641.jpg
美瑛サイダー(青い池) 210円。

ご当地サイダーの中から人気No.1の青い池味を飲んでみることに。色こそ青いですがレモン風味で微炭酸のすっきり爽やか系の味。ぶっちゃけ味はそんな珍しいものではないけど、美瑛の風景をモチーフにしてるってとこが非常にユニーク。


c0378174_20480241.jpg
前情報もなく全然知らなかった【北西の丘展望公園】。【美瑛選果】でもらってきた観光ガイドマップを見てテキトーにチョイスして来てみたけど、さすが美瑛町。なんだろう…もう何処を見ても広大で素晴らしい風景に圧倒されてしまいます(=ω=)


ごちそうさま(風景的な意味で)m(_ _ )m


※記事 モコ平



北西の丘展望公園
●住所 北海道上川郡美瑛町大久保協生
●電話 0166-92-4445
●営業時間
●定休日
●駐車場 有り(30台・バス7台)




[PR]
by mocohe23 | 2018-01-07 21:00 | 上川地方 | Comments(4)

白ひげの滝/美瑛町

2017年8月19日()



c0378174_22242124.jpg
青い池をもっつり堪能した後は、同じく美瑛町の「白金エリア」にある観光スポット【白ひげの滝】へ行ってきました。初訪問になります。

c0378174_22240955.jpg
白ひげの滝】は、【美瑛町】 の【白金温泉】にあり十勝岳連峰の地下水が溶岩層の割れ目から、白ひげのように美瑛川に流れ落ちていく滝。落差は約30メートルもあり地下水が溶岩層などの裂け目から落ちる滝を「潜流瀑(せんりゅうばく)」といい、これは【日本】でも珍しい滝のひとつ。時間や気象条件によっては神秘的な写真が撮影できるこの場所は、カメラマンの撮影スポットとしても人気の場所なんです(´ω`)


c0378174_22244698.jpg
c0378174_22243406.jpg
青い池】は超有名観光スポットだけど、こっちも川が青くて「ブルーリバー」と呼ばれるにふさわしい風景でしたねぇ(=ω=) 天候条件によっては美しい青が見られない事も多いとの事でしたが見れてラッキーでした♪


ごちそうさま(風景的な意味で)m(_ _ )m


※記事 モコ平



白ひげの滝
●住所 北海道上川郡美瑛町白金
●電話
●営業時間
●定休日
●駐車場 有り




[PR]
by mocohe23 | 2018-01-02 22:30 | 上川地方 | Comments(0)

青い池/美瑛町




2018年あけましておめでとうございますヾ(o´∀`o)ノ


相変わらず季節感がめちゃくちゃズレまくっているしょーもないブログですが、今後ともこの食べ歩き系ブログ貧乏なりに食べ歩く貧乏なりに食べ歩く 第二幕をドーゾよろしくお願い致しますm(_ _)m



2017年8月19日()


c0378174_10571453.jpg
ってなワケで、この日は美瑛町の「白金エリア」にある人気観光スポット【青い池】へ行ってきました。初訪問になります。


c0378174_10575358.jpg
青い池】は1988年(昭和63年)12月に噴火した十勝岳の堆積物による火山泥流災害を防ぐため、美瑛川本流に複数建設された堰堤のひとつに水が溜まって偶発的にできた人造池。池の発見者とされるプロカメラマン「高橋真澄」が自身の写真集で【青の池】の存在を世に知らしめる。2012年発売の【Apple】の「MacBook Pro」の壁紙に採用されたことで広く知られるようになり、2014年の【青い池】を特集したTV番組によって【青い池】を訪れる観光客数が急増加。現在は世界各地からも観光客が訪れる超絶人気観光スポットへと成長(´ω`)


c0378174_10573647.jpg
c0378174_10574490.jpg
c0378174_10572140.jpg
うーむ。池の中でカラマツなどの木が立ち枯れていている景色がなんとも幻想的だなぁ(=ω=) 水色や緑色と表現する人もおり、見る角度や時間帯、四季によって様々な表情が見られるんだとか。これは今度別の時期に再訪問しなければならない。


ごちそうさま(風景的な意味で)m(_ _ )m


※記事 モコ平



青い池
●住所 北海道上川郡美瑛町白金
●電話 0166-92-4378
●営業時間
●定休日
●駐車場 有り




[PR]
by mocohe23 | 2018-01-01 18:00 | 上川地方 | Comments(4)